「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

都営地下鉄大江戸線月島駅:『MOS BURGER』   お客さまを惹きつけるのは安さではなく贅沢感なのです

P2196362.JPG

期間限定で販売されている『リッチ海老カツバーガー 蟹チリソース』
最近のトレンドとして"プレミアム"や"リッチ"といったちょっとした贅沢的なことがあるんだけど…
ココで提供されるリッチ海老カツバーガーとは如何なるものかと、勉強を兼ねてお邪魔してみることにいたします



P2196355.JPG
ということで、月島にあるモスバーガー
清澄通り沿いにあって、お隣に地域密着型のスーパーがあることでか、いつもたくさんのお客さまで賑わっているお店であります


P2196365.JPG
それなりに古い店舗のようで多少の傷みやくすみは感じられるもののきれいに掃除されていていますし、なにより、スタッフの方が感じ良いことが長くお客さまに支持されている秘訣なのでしょうね
今日、接客をしてくださった方も片言の日本語ではありましたが、一生懸命さが伝わってきて…


P2196364.JPG
海老カツと言えば、言わずと知れたモスバーガー
ワタシもこちらが提供する海老カツファンのひとりでありまして、あのサクッとした食感の中にあるプリッとしたエビ
それにかかるタルタル
思い出しただけでもよだれが出て来そうであります

そんな海老カツが“リッチ”なのだと聞いて、勝手に海老がたっぷりと入った厚みがあるモノを想像していたのですが…
リッチなのは海老カツではなく、蟹を使ったチリソースだったんですね
注文してから丁寧に調理されているので、サクッと揚がったカツの食感はとっても良いのだけど…
ちょっと残念




【MOS BURGER】
東京都中央区月島1-27-9
03-5547-3711


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-19 23:04 | チェーン店 | Comments(0)

JR山手線神田駅:『川崎苑』     黒毛和牛と川崎タンタンメンの両方を楽しめる「おまかせコース」

P2186326.JPG

昨年の夏、いつものように神田駅近くを歩いていると、『和牛ジンギス 界』ってお店が改装をしているではないですか…
和牛をジンギンスカン風に提供するという変わったお店だっただけに印象が残っていたのですが、やはり難しかったのでしょうかね
たぶん1年くらいしか営業してなかったような気がいたします



P2186315.JPG
で、新しくオープンしたのが『川崎苑』って焼肉屋さん
市場から直送されるという黒毛和牛と川崎タンタメンを2本柱としているようなのですが、この川崎タンタンメンというのが、ワタシがこよなく愛する『ニュータンタン本舗』が提供するタンタン麺らしきものでありまして…
これは是非ともお邪魔してくてはと思いながらも、半年以上が経過した今日、ようやくお邪魔することが出来ました


P2186320.JPG
こちらで提供されるのは「おまかせコース」と「お肉だけのコース」でありまして…
単品での注文が出来るのかを確認することも無く「おまかせコース」をいただくことにいたします
先ず「ハツ刺し」が提供されます
消化器系以外の内臓モノが苦手であるために滅多にいただくことが無いお料理ではありますが、全く臭みがなく適度な歯応えでありましたので、おいしくいただくことが出来ました


P2186322.JPG
続いては…
お店のメニューでは「出来立て白菜キムチ」と表現されていますが、これは漬けられたものではなく、生の白菜とキムチダレを合わせただけのモノでありますね
でありますが、このシャキッとした食感がおもしろく、これはこれでアリだなと思いながら箸が止まりません


P2186323.JPG
そして「葱 上タン塩」
ネギを落とさないようにクルクルっと巻いて網の上に乗せ、そこで丁寧に広げて片面だけを軽く焼きます
薄切りですので、モタモタとしているとあっという間に焼けてしまいますので手際よく焼くことがおいしさのポイントとなりそうですね


P2186329.JPG
「極上霜降り希少部位」として提供されたのはミスジでありまして…
焼き過ぎないように片面10秒程度で両面を焼き上げます
ホントはこの商品の前に「薄切り希少部位」と「厚切り赤身希少部位」としてマルシンと裏ミスジの盛り合わせが提供されたのですが写真を撮ることも忘れて食べてしまいました


P2186332.JPG
続いて「豚カルビ」と「コプチャン」
ホイルに入れられたコプチャンはそのまま網に乗せグツグツと煮込むようにしていただくのですが、この辛味があるタレが実においしいものでありますし、焼くのではなく煮ることで脂を落としてしまうことが無いためにプルンプルンとした食感を思う存分にいただけることもうれしいですね


P2186335.JPG
いよいよメインである「サーロイン」の登場です
これまでスタッフの方に焼いていただくことを拒んで来たワタシでありますが、これだけは焼かせてくださいとのスタッフの強い申し出もありまして…
これだけは譲れないというこだわりを感じまして、ココはスタッフに任せることといたします
網の上を滑らせるように炙ったサーロインを卵の黄身が掛けられたひと口大のごはんと一緒にいただきますと…
もうお口の中でとろけてしまうのではと思うほどの柔らかさに感動であります


P2186339.JPG
P2186345.JPG
その後「2種のナッツの塩サラダ」と「和牛切り落とし」「ミノ」「鶏もも」の盛り合わせが提供されたのですが、このサラダがまた良い感じでありまして…
ソフトな食感とほろ苦さがあるサラダ菜はレタス界の王様と言った感じでしょうかね


P2186347.JPG
そして、〆となる「川崎タンタンメン」であります
溶き玉子や挽肉にとうがらしと見た目は『ニュータンタン本舗』のそれとよく似ていますし、しっかりとしたにんにくの香りも良いのですが…
使われる麺も異なるようですし、全体的に薄味と言いますかパンチが欠けるようにも思えます
やはりそれ一本で勝負をしている専門店には敵いってことでしょう



スタッフの元気の良さが時にはうるさくも感じましたが、会話力の高さもあってきちんとしたコミュニケーションが取れるスタッフには好感が持てますね



【川崎苑】
東京都千代田区鍛冶町1-2-12
03-6206-0503


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-18 23:29 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線豊洲駅:『すし屋 銀蔵』   大した期待も無く訪ねたのですがネタのクオリティに満足

P2176296.JPG

いつものようにダウンを羽織って外出していたのですが…
とてもそれを着てはいられないほどに暖かさに思わず街頭にある温度計を見ますと20.6℃の表示されているではないですか
一瞬、何かの誤作動ではないかと疑いましたが、どうやら間違いではなかったようですね



P2176291.JPG
そんな日の夜、どうしてもお寿司が食べたいという衝動に駆られ…
それも上品に一人前なんてことではなく、思う存分にガッツリとお寿司に溺れたいほどであります
となると、予算的な面を考えると行けるお店は限られてしまいますね


P2176297.JPG
こちらで提供される“にぎり”は何を食べても2貫260円の均一料金ということでありますので、先ずはまぐろ三昧
大トロ、中トロ、赤身と遠慮すること無くいただいてみますと、これがホントに260円で良いの?と思うほどに立派なものなのです


P2176300.JPG
あれこれと色んなネタをいただきたいワタシにはシャリが小さめであることもうれしく、赤貝やいくら、カンパチなど、お財布を気にすることなく好きなものをドンドンと注文いたします
大した期待をすることなくお邪魔してみたのですが、どれも充分に満足できるレベルのネタであったことに感動を覚えます


P2176303.JPG
P2176309.JPG
しっかりと旨みが出て着るアサリ汁や、イクラがトッピングされた茶わん蒸しなど脇役でだってしっかりとしていますし、居酒屋的な利用もできるようにとサイドメニューも充実していますので、下手なお寿司屋さんへ行くよりも満足度が高いこと間違いなしでしょうね



ってことで、豊洲でお寿司が食べたくなったら…
これからはこちらへお邪魔する機会が増えそうです



【すし屋 銀蔵】
東京都江東区豊洲3-3-9 豊洲センタービルアネックス1F
03-3532-2526


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-17 23:26 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『Piasola』     もんじゃストリートにある一軒の洋食屋さんでハンバーグ

P2166286.JPG

1月が出張続きであったためにデスクワークが溜まっていて…
確定申告の準備もしなければならないのに、思うように仕事が進まないことに気ばかりが焦ってしまいます



P2166290.JPG
ちょっと夜ごはんに早い時間ではありますが、ランチをすることも無く書きもの仕事をやっていたためにお腹が空いて…
それで、100軒近いもんじゃ焼き屋さんが軒を連ねるもんじゃストリートの中にポツンとある洋食屋さん『ピアソラ』へお邪魔することにいたします


P2166282.JPG
月島と言う下町にある洋食屋ではありますが、その店内は高級感がある落ち着いた雰囲気でありまして…
時間的に先客がいなかったということもあり緊張してしまいますが、スタッフの明るい笑顔でそれも解される良いお店ですね


P2166287.JPG
前回こちらへお邪魔したときにはグラタン系のお料理をいただいたのですが、それがとってもおいしかったことに気を良くして、今日はハンバーグをいただいてみようと「荒挽きハンバーグステーキ」
ハンバーグ自体にはそれほどの特徴はありませんが、たっぷりと掛けられた色黒なデミソースにはほど良い酸味が効いていることで引き立てられていますね
目玉焼きが添えられた姿やポテトグラタンが添えられるなど懐かしさも感じておいしくいただくことができました


P2166280.JPG
メニューブックには単品の商品だけが書かれていたのですが、黒板メニューにはそのディナーセットがありまして…
スタッフの声掛けでそれをいただくこととしたワタシに提供されたサラダはこれだけでも1品になるのではと思えるほどにしっかりとしたものでありました



【Restaurant Cafe Piasola】
東京都中央区月島3-4-5
03-3533-1139


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-16 23:31 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅:『ABCラーメン』    1977年創業 40年続く銀座の老舗ラーメン店

P2156271.JPG

最近、銀座周辺には何かと話題になっているラーメン店がいくつかあって、そのどこもが行列をしていたりするのだけど…
入れ替わりが激しいラーメン業界で生き残れるお店は少なく、その割合は1割ほどなのではないでしょうか
そんな中、銀座の目抜き通りである中央通りに1977年創業という老舗ラーメン店があるのです



P2156265.JPG
その場所は「CHANEL」「Louis Vuitton」「BVLGARI」と言ったブランド店がある銀座2丁目交差点からほど近いところにあるビルの地下でありまして、牛丼の吉野家の脇にある狭い階段を下ったところなのでありまして…
壁面には看板商品である「麻醤麺」の看板が貼られてはいるものの目立つことが無いお店であります


P2156266.JPG
階段を下ってそんなお店へと足を踏み入れますと…
照明が薄暗く、ちょっと怪しささえも感じてしまうほどの空間が広がっているのであります
そんな雰囲気を大切にしているのか、厨房内の照明はほとんど使われていないようですね


P2156268.JPG
そんなお店でいただくのは「麻醤麺」
他にも幾つかのラーメンがあるのですが、一度のこの商品をいただいて以来、癖になってしまったようで…
今日はそのバリエーションの中から「チャーシュー麻醤麺」であります
厚みがありながらも箸で崩れるほどに軟らかく煮込まれたチャーシューでありまして、これが実の良く出来ていること
そのままいただいても当然おいしくいただけるのですが、程よい大きさに崩して麺と一緒にいただくのもまた良い感じでありますし…
中太の縮れ麺とゴマの香りが効いたスープの相性も抜群だということでハマっているんですよね


まだいただいたことは無いのですが…
こちらで提供される餃子はお店で仕込まれているようですね
ってことで、次回は「麻醤麺」に3種類の唐辛子を加えたという「魔女麻醤麺」と餃子をいただいてみることにいたします



【銀座 ABCラーメン】
東京都中央区銀座3-5-5 南風ビルB1F
03-3564-2709


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-15 23:54 | 東京都 | Comments(0)

福岡地下鉄空港線天神駅:『ふじ』 懐かしい昭和の空気に包まれながらいただく「カツカレー&ナポリタン」

P2146262.JPG

福岡を後にする前にどうしても食べておきたい一品があって…
実は先月の福岡出張の際にも訪ねたのだけど、残念なことに臨時の3連休を取られていたために断念
それで、今回はそのリベンジも含めてお邪魔することにいたします



P2146250.JPG
場所は日銀の裏辺り
ホテルガーデンパレスや都久志会館が並ぶ通りから路地を入ったところにある、赤いテントが目印の喫茶店であります


P2146251.JPG
店内に入りますと、そこは昭和の時代にタイムスリップしたかのようなレトロな雰囲気でありまして…
ちょっと照明が落とされた落ち着いた雰囲気と、ゆったりと座ることが出来るベルベット生地が貼られるソファーに懐かしさを感じます
お店の奥にあるカウンターにはサイフォンが置かれている光景も最近では見かけなくなりましたね


P2146254.JPG
P2146258.JPG
目的としたお料理は…
ある特定人種にとっては夢のような高カロリー商品「カツカレー&ナポリタン」であります
きっとワタシのような欲張りなお客さまが「カツカレーとナポリタンを両方食べたいだよね」なんてひと言から始まったのでありましょうが、そのどちらもが一人前あるのではというほどのボリュームでお皿からこぼれそうなのです
しかし、ちゃんとお店で衣をつけて揚げられたであろうとんかつと昔ながらの懐かしさがあるカレールー
ナポリタンだって、これでもかってほどに使われたハムをメインにピーマンやオニオンが入った正統派なのです
私的には缶詰のマッシュルームが入ってなかったことだけが残念でありますが…
ってことで、約二人前のお料理をペロリと完食いたします



珈琲をいただき寛いでいますと12:00を過ぎたようで…
それまで静かだったお店に続々とサラリーマンが押寄せてきましたので、お店の営業の邪魔にならないようにと、そさくさとお店をあとにいたします



【RESTAURANT&TEA ふじ】
福岡県福岡市中央区天神4-7-11 クレアビル1F
092-781-2408


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-14 23:17 | 福岡県 | Comments(0)

熊本市交通局幹線通町筋駅:『紅蘭亭』     老舗中華料理店でいただく熊本名物「太平燕」

P2136231.JPG

熊本での仕事を終えて…
せっかく熊本に来ているのだから、ご当地のおいしいものをいただくことにします
熊本のご当地料理と言えば、馬肉や辛子蓮根などなど思い浮かぶものも多いのですが…



P2136229.JPG
目指すのは太平燕
そしてその名店とも言われるのが『紅蘭亭』でありまして…
熊本市の繁華街「下通り」にある本店へお邪魔してみますと、想像を超えるほどに立派な佇まいであることにビックリ
それもそのはず、1934年創業という老舗中華料理店なのであります


P2136239.JPG
先の震災の影響を大きく受けたようで…
2Fのレストランは通常通り営業されていますが、飲茶をメインに営業されていた1Fはクローズされたままであったりと、全館での営業には至ってないようです
しかしこのフロアだけを見ますと、そんなことは一切感じることなく、チャイナドレスで迎えてくれるスタッフの笑顔とキレイに磨き上げられた店内が印象的であります


P2136232.JPG
老舗中華であるならば太平燕だけをいただいて帰るのはもったいないと、それを含んだ気軽なセットメニューをいただくことといたします
ちゃんぽんの春雨バージョンであると思っていた太平燕が真っ先に提供されたことには驚いたのですが、こちらのお店での位置付けは春雨スープと言うことなのでありましょう
こってりとした見た目ではありますが、実はとってもスッキリとしたスープでありまして、炒められたキャベツの甘みが優しいのであります
そして、素揚げされたゆで卵が使われるのは太平燕の特徴でもあるということで、スープが染みたおいしさを堪能させていただきました


P2136234.JPG
P2136238.JPG
P2136241.JPG
続いて提供された中華料理は老舗の名に恥じないものばかりでありまして…
硬く締まることが無くサクッとした食感の豚肉が甘すぎることの無い甘酢でまとめられた酢豚
そしてふっくらと上がった唐揚げ
私的には最もお気に入りであったのがビリッとした辛さが特徴的な海老チリでありまして、この海老チリを目的に再訪したくなるほどでありました


P2136242.JPG
〆はチャーハンかかた焼きそばが選べるとのことでしたので、野菜をたくさん食べたいワタシは迷うことなくかた焼きそばをチョイス
これもまた大正解でありまして、たっぷりと具材はシンプルな塩味にまとめられているのであります
中華料理は脂っぽいとか味が濃いとか言われる方も多いのでしょうが、こちらで提供された品々はどれもスッキリとした優しい味付けですのでこれだけのお料理をいただいても胸焼け等することも無く最後までおいしくいただくことが出来ました



【紅蘭亭】
熊本県熊本市中央区安政町5-26
096-352-7177


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-13 22:43 | 熊本県 | Comments(0)

JR鹿児島本線羽犬塚駅:『おくの』   石畳を歩いて暖簾を潜ると… 個室でいただくリーズナブルな和食店

P2126190.JPG

常宿がある天神の帰り道
ちょっと落ち着いた雰囲気のお店で夜ごはんをしましょうと、国道3号線沿いにある『おくの』さんへお邪魔することにいたします



P2126181.JPG
庭木に囲まれるように敷かれた石畳を通って暖簾を潜りますと全席が個室という設えでありまして、ワタシが案内された部屋からはお庭を臨むことが出来ることもできるという純和風な雰囲気でありまして…
ちょっと緊張してしまいそうなお店ではありますが、メニューを眺めますとリーズナブルに食事をいただくことが出来るようですね


P2126185.JPG
P2126193.JPG
先ずはいくつかのアラカルトをいただきましょうと、白身魚フライと海老マヨをチョイス
実はここに来る前に“のり弁”の話をしておりましたので、メニューにあった白身魚フライに飛びついちゃったんですよね
油の臭みなどを感じることも無くサクッとした歯触りとふっくらとした食感に揚げられたフライは実においしいものでありましたし、ソフトシェルシュリンプが使われているかのような海老マヨにも満足させていただけました


P2126191.JPG
そしてメインとしていただくのは、魚系のお料理が得意だとのことでありましたので迷うことなく海鮮丼でありまして、彩り美しく丁寧に盛り付けられた丼は見事なビジュアルであります
盛られるお魚はゴマダレで塗されていますので醤油などを使うことなくそのままいただくのですが、いつもとはひと味違った味わいに満足させていただけました



お店やお料理だけでなく、サービスを担当してくれたスタッフの笑顔もステキでしたし…
ココはまた行きたくなるお店ですね



【海鮮料理茶屋 おくの】
福岡県八女市納楚754-2
0943-24-6011


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-12 23:02 | 福岡県 | Comments(0)

JR大村線彼杵駅:『宗庵よこ長』   温泉水がお豆腐を溶かすことで仕上がるトロミがある湯豆腐を初体験

P2116166.JPG

先日、従妹とランチをしていたときに、彼女の実家がある長崎へ帰省するとどうしても食べたくなるものに温泉湯豆腐なるお料理があると言うのであります
ワタシにとっては初めて聞くものだったのですが、嬉野温泉へ行くと、どこのお店でも普通に提供されているほどに浸透しているものだということでありますし、食べることが大好きな彼女がわざわざ食べに行くのだと聞けばそれを体験ぜずにはおれず…



P2116163.JPG
友人にわがままを言って嬉野までドライブしてもらうことになったのですが、そこは佐賀と言っても長崎との県境に近いところでありまして…
約2時間ほども掛けてやって来たのでありますから、温泉湯豆腐発祥の店とも言われる1957年創業の『宗庵よこ長』さんを訪ねることにいたします
お店は建て替えられているようで老舗と言った佇まいを感じることはありませんでしたが、ココで使われるお豆腐は湯豆腐に最適な固さになるよう調節した木綿豆腐を先代の実家から取り寄せているのだと言いますから期待も高まるところであります


P2116167.JPG
湯豆腐以外にも、おうどんやおそば、丼ものなど幅広い商品が用意されていましたがそれには目もくれず…
看板料理でもある湯豆腐のラインナップから最も豪華である、お刺身付の特選湯どうふ定食をいただくことといたします
そもそも温泉湯豆腐とはその名の通り温泉水でお豆腐を煮込んでいるのだそうで、アルカリ性である温泉水がお豆腐を溶かすことで白濁し、それにトロミが出てきた頃が食べごとであるとのことであります


P2116176.JPG
海老やお野菜などは専用のタレに浸けていただき、お豆腐そのものは白濁した温泉水でいただくのだとのことでありまして…
シンプルではあるのですが、その温泉水がとっても優しい味わいであり、身体に良いものを食べているような気になります


P2116174.JPG
お刺身はハマチに甘海老とイカが盛らる3点盛
それほど豪華さはありませんが、隣県の長崎はハマチの産地でもあるということで、その新鮮さもあり歯応えのある食感がとてもおいしいものでありました



今日はこの温泉湯豆腐をいただくことだけを目的に嬉野までやって来ましたが、次回のチャンスがあれば温泉にも浸かってゆっくりとした時間を過ごしてみたいものでありますね
もちろんその際にもこの湯豆腐は必ずいただきますよ



【宗庵よこ長】
佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2190
0954-42-0563


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-11 23:31 | 佐賀県 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『つけ麺さとう』  ニンニクが香るコクがある味噌ラーメンが癖になりそうです

P2106160.JPG

福岡へと出張する前の腹ごしらえを何にしようかと思っていたら、寒さのせいか味噌ラーメンが食べたい気分になって…
『味噌樽』にしようか、それとも『ど・みそ』にしようか?
豊洲にはあまりラーメン店が無く、その選択肢は少ないんですよね



P2106145.JPG
ちょっと前から気になっていた『味噌樽』へと向かう道沿いにある『つけ麺さとう』
これまで一度もお邪魔することが無かったのですが、店頭に貼られたメニューボードを眺めていますと、何とこそには味噌ラーメンの文字が…
ちょうどお昼どきってこともあり店内には多くのお客さまがいらっしゃいますので、今日はこちらへ飛び込むことといたしましょう


P2106156.JPG
2台置かれる券売機にはそれぞれ異なる商品が並んでいまして…
夜には居酒屋的としての需要に対応すべく、いろんな商品が提供されているんですね
ってことで探すのにちょっと苦労しましたが何とか味噌ラーメンの食券をゲットし、店員さんに促される席をいただきます


P2106158.JPG
お隣のテーブルには大きな丼が置かれていて…
てっきり大盛りを召し上がっているのだと思いきや、ワタシのテーブルにも同じ大きさの丼が提供されます
麺を持ち上げますとその重さはずっしりとしていまして、多くのお店の1.5倍くらいはあろうと思われる麺が使われています
野菜は少なめではありましたがにんにくが香るスープは癖になりそうなものでありますし、麺にもそのスープが良く絡むことから残すことなく最後までおいしくいただけました


P2106155.JPG
お昼の時間にはサービスで付くという煮干しチャーハン
ご飯茶碗に軽く一杯ほどの量ではありますが、先のラーメンのボリュームもあり…
おいしいチャーハンでありましたので、これまた完食してしまったワタシのお腹はもうパンパン
餃子を頼まなくて良かったと胸を撫でおろします



卓上には一味や七味が置かれることが無く、残念に思っているところに…
スタッフの方が厨房から一味を持って来て下さるという気遣いもあり、おいしい商品やボリュームある商品だけでなく、接客の良さも光るお店でありました



【つけ麺さとう】
東京都江東区豊洲4-1-5 第二三京ビル1F
03-3532-7310


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-10 23:03 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『さくら亭』    薄衣で揚げられる天ぷらはサクッとした軽い食感

P2096141.JPG

2月9日ってことで肉の日
大好きな焼肉店でもメインとなる商品が半額になるという企画があって、それを食べに行こうかとも思ったのだけど都合が合う仲間を見つけることが出来ず…



P2096139.JPG
予報通りに先ほどまで吹雪いていたってこともあり、近場にある『さくら亭』で夜ごはんをいただくことといたします
和食店でありながら寿司カウンターを持つと言う珍しい存在なのですが、未だにそこを利用したことは無く… 
テーブル席でいただく海鮮丼からも扱われるネタはしっかりしたものであることが窺えるのですが、さすがにココで使う1万円の予算はありませんね


P2096140.JPG
ってことで、いつものように角にあるブース席をいただきます
この席からはお店全体を見渡すことも出来ることもお気に入りでありますし、ソファのようなシートがとっても座り心地が良くて…


P2096142.JPG
天ぷらとお刺身の両方をいただくことが出来る定食をいただくことにいたします
薄衣で揚げられる天ぷらはサクッとした軽い揚げ上がりでとても食感が良く、海老2本に加えて穴子半尾と野菜が盛られることでちょっとした贅沢感をも感じることが出来ますね


P2096144.JPG
お刺身には冬の味覚でもあるブリが盛られていまして…
ボリュームこそ控えめでありますが、そのクオリティはしっかりとしたモノでありまして、ネタだけでなく添えられるワサビも良い香りがいたします



【さくら亭】
東京都中央区佃1-11-8 ピアウエストスクエア1F
03-5560-3321



[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-09 22:35 | 東京都 | Comments(0)

JR総武線浅草橋駅:『肉食堂 優』    シズル感もおいしい、レアで提供される牛肉100%のハンバーグ

P2086127.JPG

浅草橋での打ち合わせを終えたのは16:00過ぎ
夜ごはんには早い時間ではありますが、ちょっと小腹も空いていましたし、何よりも折角浅草橋へ来ているのだからと、東京ミート酒場へ立ち寄り「のっけ麺」をいただきます



P2086126.JPG
そして…
その隣にあるのが、肉好きにとっては素通りできないほどに魅力的なネーミングである『肉食堂 優』ってお店
完食としていただいたのっけ麺でしたので替玉やスープ割をしておらず、お腹にはまだ余裕がありますので、ついでにココにもお邪魔してみることにいたします


P2086131.JPG
さすがにこの時間にはお客さまはいらっしゃいませんでしたが、椅子の並びやテーブル上のメニューやカスターがキレイに整えられていることから、ビジネスに対する姿勢がキチンと教育されていることが窺えます
ってことで、接客係の女性も感じ良く、身だしなみもキチンとしていますね


P2086128.JPG
そしてハンバーグ
肉食堂とはありますが、基本的にはハンバーグの専門店でありまして…
サービスハンバーグ(120g) レギュラーハンバーグ(150g) ラージハンバーグ(200g)をベースに、240g、300g、350g、400gと好みのボリュームを選択することが出来るうれしいお店でもありまして…
ワタシがいただいくのはダブルラージハンバーグと称される300gのモノ
レギュラーが2枚乗せられて提供されるのですが、その何れにもきれいな網目の焼き色が付いていますので見た目にもおいしさを感じることが出来ますし、チェダーチーズをトッピングしてみたのですがそのとろけ方もおいしそうです
レアに焼き上げられて状態で提供される牛肉100%のパティをパレットで自分好みに焼き上げるというスタイルでありまして…
同様の商品を提供するお店でおいしいと感じることは無かっただけに大きな期待はしていなかったのですが、肉の旨みだけに頼ることなくキチンと旨みを引き出すような調味がされていますし、冷めたパレットは交換していただけますので最後までおいしくいただくことが出来ました



【肉食堂 優】
東京都台東区浅草橋1-19-2 槇田ビル1F
03-5825-4290


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-08 22:40 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄大江戸線勝どき駅:『ソイナナ』     手軽なお値段で気軽に本格的なタイ料理がいただけます

P2076085.JPG

友人からタイ料理が食べたいとのお誘いがあって…
幾つかのお店が頭に浮かびはするものの、いつも同じお店じゃつまらないと新規開拓をすることといたします



P2076074.JPG
勝どきにある『ソイナナ』
駅前にあるタワーマンションの裏手でありますし、先は行き止まりと言う路地でもありますので通りがかりで見つけることは難しいお店なのでありますが…


P2076079.JPG
しかしながらお店はかなりの人気店であるようで、ファミリーやカップルだけでなく仕事帰りだと思われるお一人さまが次から次へと入れ替わっていくではありませんか
厨房を覗きますとタイ人であろう男性が調理を担当されていますし、接客を担当する日本人の女性はとっても感じ良い子でありまして…
このお店は当たりであるに違いないと直感いたします


P2076081.JPG
P2076089.JPG
海老のすり身揚げをいただこう思っていたのですが、それは残念ながら売り切れてしまっているということで…
青パパイヤサラダ、生春巻きから始めることといたします
パパイヤのシャキっとした食感と特有の香りと辛味がとっても刺激的ですから、辛いモノが苦手な方はこのサラダは避けた方が良さそうですね


P2076087.JPG
P2076091.JPG
続いては身体を温めようとパクチー入りの肉団子スープをいただきます
煉瓦夜気のようなユニークな器で提供されたそれをひと口いただきますと、キャベツの甘みが出た優しいあじわいのスープにほんのりとパクチーが香って…
思わず「おいしい~」と心の声が口から出てしまいます


P2076083.JPG
タイ料理と言えば外すことが出来ないのがカレー炒めでありまして、こちらで提供されるのはソフトシェルクラブを使ったものであります
ワタリガニの味噌の旨みも捨てがたいところではありますが、こちらの方が食べやすくはあり…
何れであっても大好きな一品であることには変わりありません


P2076107.JPG
P2076112.JPG
〆のお料理として、パクチーを丸ごと一束使っているという鶏ラーメンと、これまたタイ料理の定番でもあり、最近では炊飯器で手軽に作ることもできるということで人気沸騰中のカオマンガイ
こんなに食べられるわけないなと思いながらもいずれかを選ぶことが出来ずに二つとも注文してしまったのでありますが…
あまりのおいしさに、完食とまではいきませんでしたがカオマンガイのごはんとラーメンのスープを少し残してだけでありました



20席ほどと小さなお店ではありますが…
飲み客よりも食事目的で来店されるお客さまが多いようですから、混んでいてもさほど待つことなく席をいただくことが出来ると思われますので、また近いうちにお邪魔させていただくこと間違いなし
新しくお気に入りのお店となりました



【勝どきアペニンのタイ王国食堂 ソイナナ】
東京都中央区勝どき3-4-18 アペニンハイム1F
03-3531-5173


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-07 23:40 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線京橋駅:『牛印』     カルビ焼とハンバーグのふたつがいただける欲張りプレート

P2066070.JPG

アポイントの時間が午後からであったため、朝を自宅でのんびりと過ごしランチへと出掛けます
オフィス近くのどこかで… とも思ったのですが、京橋エドグランにある『牛印』へお邪魔することにいたします
お気に入りである焼肉屋さん“TORAJI”が手掛ける新業態ということで、気になりつつも伺えてなかったんですよね



P2066061.JPG
自慢のおいしい焼肉をワインとともに!ということでありましょう
『焼肉ビストロ 牛印』と銘打たれたお店には目印となる赤い牛が置かれていまして、エスカレーターを下ると直ぐに見つけることが出来ます


P2066073.JPG
店内は落ち着いた雰囲気にまとめられていてますので、コンセプトであるワインを楽しむお店としての雰囲気は十分でありましょう
天井高があるゆったりとした空間には非日常感がありますし、寛げる設えとなっている椅子に座ると時間が経つことを忘れてしまいそうな…


P2066071.JPG
そんな落ち着きがあるお店でいただいたのは「牛印プレート」
カルビ焼肉と牛タンハンバーグの両方をいただくことが出来るイチオシの商品であるようで…
デミグラスで煮込まれる牛タンハンバーグは特にその特徴を感じることも無く残念な感じでありましたが、そのデミグラスソースには程よい酸味とコクがある甘みがあって…
ロコモコって商品もありましたがご飯にも合うソースに仕上げられていますね
カルビ焼肉はさすがTORAJIって感じでご飯に良く合うタレのおいしさが際立っていますので、次回は必ずご飯を大盛りでお願いすることといたしましょう



夜には焼肉だけでなくステーキも用意されているようですし、ビストロ定番のアヒージョやエスカベッシュなどもあるようで…
ソムリエと相談して決めたワインとおいしいお料理を楽しめるようですね



【焼肉ビストロ 牛印】
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグランB1F
03-3516-1729


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-06 19:13 | 東京都 | Comments(0)

JR中央本線八王子駅:『GB』  木のぬくもりが感じられるオシャレな店内でいただけるイタリアン

P2056055.JPG

ちょっとしたお仕事の絡みでやって来た八王子
ワタシが横浜に住んでいた頃には、山梨や長野への出張する際の乗換駅であったために、ちょくちょくと街を歩いたこともあったのだけど…
最近では滅多に足を向けることもなく、直近でも一年以上前のことであります



P2056037.JPG
ちょっと夜ごはんには早いのだけど…
八王子駅北口からは歩いても5分も掛からないであろう場所にある『GB』ってお店が土日祝日には16:00から営業をしているというのでお邪魔してみることにいたします
エレベーターで5階へと上った先には木造りの明るく清潔感溢れる空間が広がっていまして、落ち着いた雰囲気でもありますしパーテーションで区切ることでちょっとした個室感も演出されていて…
お邪魔したタイミングではまだ他のお客さまはいませんでしたが、普段だときっとF1層を中心として賑わっていることでありましょう


P2056042.JPG
さて、そんなお店でいただくのは…
アラカルトでいくつか注文しようかとも思いましたが、ふたりであれこれといただくにはコースをお願いしたほうが良いであろうと「Basicコース」をお願いします
本来だとコースは予約のみだということなのですが、気持ちよく対応して下さったスタッフには感謝であります


P2056044.JPG
前菜として提供された生ハムとチーズに続くのはミックスサラダでありまして…
最近至るところで提供される水菜ではなく、ソレルやトレビスなど色んな葉野菜がミックスされていて楽しいですね
ドレッシングも程よい酸味でありますし、野菜の香りを邪魔しないサッパリ系であったことにも好感が持てます


P2056046.JPG
小ぶりなピッツァがやって来ます
マリナーラだということで、オレガノの香りが効いたトマトソースとニンニクのチップが乗ったシンプルなものでありまして…
私的にはもっとオレガノが香ったほうが好きなのですが、あまり個性が強くなりすぎても好き嫌いがありますしね


P2056048.JPG
P2056050.JPG
フライドポテトに続いては「桜えびのペペロンチーノ」
モッチリとした食感の生麺が使われ、オイルソースと芳ばしく香る桜えびの相性が抜群でありまして…
見た目の美しさだけでなくおいしくいただくことができました


P2056054.JPG
「チキンのオーブン焼き」
ゴロっとした身が厚いチキンがふっくらと焼き上がっていることから、その柔らかさとジューシーさを楽しむことが出来る一品でありますね
バジルソースの風味も良く、ワインなどを飲まれている方にはビッタリなお料理でありましょう


P2056056.JPG
と、コースのお料理はここで終了なのですが、飲むことよりも食べることに情熱を燃やすワタシにはちょっと物足りなく…
お店イチオシではないかと思われる「Tボーンステーキ」を追加いたします
1枚250gとのことですから豪快な印象はありませんが、程よいお値段であるために気軽に追加できるってこともうれしいですね
柔らかいヒレ肉とコクがあるサーロイン
同時に二つの味わいを楽しみ、お腹も満足であります


P2056059.JPG
キチンとお店で作られているであろう濃厚パンナコッタで〆
チョコレートソースがかけられたバニラアイスがトッピングされていることでさらに濃厚な味わいであります



サービスを担当してくれたスタッフはとても感じが良い笑顔でありますし、マニュアルに縛られた一方通行のトークでも無く…
ちゃんとコミュニケーションが取れた応対が出来るステキな娘でありました



【イタリアンカフェ×肉バル GB】
東京都八王子市三崎町5-16 ピッコロビル5F
042-649-7931


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-05 23:19 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線京橋駅:『ERICK SOUTH』    パラパラとしたバスマティライスがおいしい「ビリヤニ」

P2046034.JPG

昨夜はおうどんで済ませたものだから、目覚めたときからずっとお腹が空いていて…
やろうとしていた仕事も手に付かないためにとりあえずランチに出掛けようと八重洲
しかし今日は土曜日であるために、この界隈のお店は店休としているところが多いんですよね



P2046030.JPG
それで八重洲地下街へと入り『エリックサウス』なるお店をチョイス
“南インドカレー&バル”をコンセプトとしているためか、その外観はカレーショップともインド料理店とも異なるもので…
あまりおいしさ感を感じることが無かったために、これまでお邪魔することがなかったんですよね


P2046036.JPG
しかし、お店の中を覗いてみますと、カウンターを中心とするお店には多くのお一人さまで来店されている女性の姿があって…
ならば大きく外すことは無いであろうということで、入り口近くのカウンター席に座ります


P2046035.JPG
いただいたお料理は…
これまで訪ねたインド料理のお店では見かけることが無かった「ビリヤニ」
何でもインド風のパエリアと言った感じだそうで、提供された時点からスパイスが香っています
日本のお米ともタイ米とも異なる、麺を短く切ったようにも見えるお米はバスマティと呼ばれるモノであるようで、全く粘り気が無いためにパラパラとした食感が楽しめます
キチンと調味されていますのでそれだけでもスパイシーな香りとともにおいしくいただけるのですが、添えられたカレーソースを加えていただきますとより辛さが増すことで異なった味わいを楽しめます
そんな辛さに疲れたら、ライタと呼ばれるキュウリやトマトが入ったヨーグルトで舌をリセットして…
初めていただいたお料理ではありましたが、すっかりお気に入りです



【南インドカレー&バル ERICK SOUTH】
東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街2番通り
03-3527-9584


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-04 23:25 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『相馬屋』   ムチッとした食感がおいしい海老の天ぷらが映える鍋焼きうどん

P2036024.JPG

陽射しがある日中は暖かだったのだけど、日が落ちてからは一気に冷え込んだように感じて…
それで何か温かいものが食べたい気分であります



P2036028.JPG
それで向かったのか佃にある『相馬屋』ってお蕎麦屋さん
佃と言っても高層のマンションがたちならぶエリアの裏手にある下町情緒を残す場所にあるため目立つことはないのですが、丼メニューなんかもあって使い勝手が良いことでお気に入りなのであります


P2036020.JPG
歴史もそれなりにあるようで店内は昭和そのものでありまして…
とくにメニューブックなんてものは存在せず壁に掲げられた昔ながらのメニューボードから商品を選ぶのですが、これがまた粋なようにも思えてきます


P2036025.JPG
こちらにお邪魔した際にはいつも喉越しが良いお蕎麦をいただくのですが、今日は身体が暖まるような温かいお料理ってことで…
土鍋でグツグツと音を立てるようにやってきた「鍋焼きうどん」
見た瞬間からそのおいしさが伝わってくるようでありますし、出汁の香りが湯気とともに広がってくることもおいしさの一つでありますね
モッチリとした食感があるおうどんに澄んだおつゆ
それにネギやかまぼこなどの具材がたっぷりと入っていまして、ほうれん草のおいしさも際立っています
そしてそして…
鍋焼きと言えば欠かせないのが海老の天ぷらなのでありますが、これがまたムチッとした食感がある太めの海老であることに大満足
こういった海老に出会うことは少ないんですよね



【そば處 相馬屋】
東京都中央区佃2-6-3
03-3531-4405


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-03 22:59 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線銀座駅:『柿安』     落ち着いた雰囲気と丁寧に作られたお料理が楽しめるお店

P2026004.JPG

従妹がご主人の仕事の関係でサンフランシスコへ行くことになったらしく…
ならば、その前に一度ランチでもしましょうと銀座で待ち合わせ
と言ってもそれほど交流があったわけでもなく、父の葬儀で顔を合わせたのが何十年かぶりのことでありましたし、その後もフェイスブックで繫がっている程度でありましたので、うまく会話が続くのかと心配な気持ちもありながら…



P2026001.JPG
何が食べたいのかと聞いたところ、程よい予算でおいしいお肉が食べたいとのこと
ならばと、お邪魔したのは『柿安』でありまして…
とくに予約をしていたわけでは無いのですが、運が良いことに個室をいただくことが出来ました


P2026007.JPG
いただいたお料理は「柿安御膳」
前菜やお造り、それとごはんが三段のお重で提供されるというオシャレなご膳でありまして…
一つひとつのお料理が丁寧に仕上げられていますので、どれをいただいても納得がいくものばかり
こういったお料理をいただいているときって本当に幸せを感じることが出来ますね


P2026008.JPG
これまたオシャレに盛り付けられた3点のお造り
マグロも舌触り良くしっとりとしていますし、イカだって甘みがと食感が楽しめるモノとやはり満足度が高いクォリティーでありまして…
ツーンと香るわさびが引き締めてくれますね


P2026009.JPG
そして干し貝柱が使われる炊き込みご飯
旨みがしっかりとしていておいしくいただくことが出来ます
添えられるお新香だってそれぞれが立派なものでありますから、ちょっとした会食などにはピッタリなお店でありますね


P2026012.JPG
そしてメインとなるすき焼き
しゃぶしゃぶのチョイスも出来るのですが、不思議なことに二人とも声をそろえるようにすき焼きをチョイスしていまして…
割り下の程よい甘さで煮込まれるお野菜やお肉がとっても上品で良い感じであります


P2026013.JPG
デザートをいただきながら…
お互いに食べることが好きってことで、話が尽きることも無く…
気付くとお昼の営業が終わる頃になっていましたので、場所と変えることといたします



銀座の目抜き通りである中央通りに面したビルでありながら、その面には大した看板もなく…
お店へと上るためのエレベーターは裏にあるということで、通りがかりの一見客は少なく落ち着いた雰囲気で食事が出来るってことがありがたいですね
とくに今の時期は大陸からのお客さまも多いことですから…



【柿安】
東京都中央区銀座7-9-15 GINZA gCUBE7F
03-3289-3771


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-02 22:40 | 東京都 | Comments(0)

東京モノレール羽田線羽田空港第1ビル駅:『CURRY SMILE』   清潔感あるお店でいただくピリ辛なカレー

P2015984.JPG

鹿児島から戻った羽田
バスの時間まで一時間近くあるため、ココで遅めのランチを済ませることにしようと頭の中でお店を思い浮かべます



P2015991.JPG
これまで何度もこのお店の前を通り、時にはバスを待つために、お店の前に置かれたベンチで数十分を過ごすこともあったにもかかわらず…
これまで気にも止まらなかったのですが、今日は到着口を出た途端に、こちらのお店から漂うカレーの香りに惹きつけられます


P2015981.JPG
清潔感が感じられる明るい店内にはカレーの辛さをイメージしているのであろう赤や黄色の差し色があって…
それが洗練された印象を与えてくれていますし、何より『カレースマイル』との店名にもあるようにスタッフの気持ち良い笑顔で迎えてくれることが気持ち良いお店であります


P2015985.JPG
お店の前に置かれた券売機で買った食券を渡すと5分も待つこと無く商品が提供されますので、時間がない時にでも安心して使うことが出来るお店でありますね
お皿ではなく赤い丼で提供されることでカレーソースもたっぷりと掛かっているようですから、ご飯とのバランスに気遣うこと無くいただけるってこともありがたいことであります
肝心なお味はと言いますと…
カレーに加えられるお肉は“それなり”という言葉がピッタリなのでしょうが、カレーソースはなかなかおいしいものでありまして…
程よい辛味とコクがある旨みのバランスがとっても良い感じであります



ごはんもちょっと硬めに炊かれていることでカレーと良く合っていますし、お値段もお手頃ですので羽田へ降り立った時に立ち寄ることが多くなりそうな気がいたします




【CURRY SMILE】
東京都大田区羽田空港3-3-2 羽田空港第1旅客ターミナル1F
03-5757-8866


[PR]
# by gurumeblog | 2017-02-01 20:36 | 東京都 | Comments(0)

鹿児島市交通局谷山線騎射場駅:『焼肉なべしま』  各店舗でお肉を手切りすることだわりがおいしさの秘密

P1315968.JPG

今日は鹿児島
ひと昔前であれば博多から鹿児島への移動には半日ほどを要していたのでありますが、九州新幹線が開通した今となっては90分ほどで移動できてしまう身近な町でありますね



P1315977.JPG
業界関係者100名ほどがあつまる交流会でお邪魔するのは『焼肉なべしま』
100名を超える人数にも対応できる宴会場を備えているということも選択肢の一つなのでしょうが、それだけの大箱でありながらも本当においしいお肉を提供していただけるってことが、ワタシとしてはありがたいことでありまして…


P1315959.JPG
先ずはテーブルにセットされていたお料理の数々
チャプチェやナムルなどの定番に加えて、他ではあまりいただくことが出来ないであろうハチノスの燻製や郷土色を感じるボンタンが乗せられれたサラダが提供されるなど、お店側の“お・も・て・な・し”をも感じることが出来ます


P1315957.JPG
そしてキムチ
これまた、九州を代表する焼物である古伊万里の器に盛られるというおもてなしを受けて気分も揚々
アルバイトさんではあると思うのですが、スタッフの方にこの器について尋ねてみたのだけど、この器が古伊万里であることは知らなかったようで…
折角のおもてなしなのですから、器についてもちょっと触れる話などがあれば一層すばらしかったのにと残念に思います


P1315962.JPG
いよいよメインとなるお肉が登場いたしまして…
まず始めは黒毛和牛の網切カルビ
お肉の両面から包丁を入れ、それを伸ばすと網のようになることから名付けられた商品でありまして…
豪快に焼いてハサミで切り分けながらいただきます



P1315971.JPG
続いてはタン塩と赤鶏の砂ずり
タン元のおいしいところだけが使われる上塩タンの素晴らしさは言うまでも無いのですが、あまり好まないワタシでもおいしくいただける砂ずりの新鮮さにはビックリでありまして…
コリコリの食感をしっかりと堪能いたしました


P1315973.JPG
そして、ヒレ、ロース、イチボの盛り合わせ
お口の中でとろけてしまいそうなロースは絶品でありますし、ヒレの柔らかい食感は高級ステーキ屋さんでいただいているかのようであります


P1315976.JPG
ご飯をお持ちしましょうかと食事の途中にサジェッションをいただいていたのですが、その意味がここにきてようやくわかりました
と言いますのはこのご飯が驚くほどにおいしいのでありまして、自信があるモノだからこそキチンとお客さまにお勧めする
そんなことが浸透しているんでしょうね



鹿児島を拠点に九州一円に60店ほどの店舗を構えていながらも、提供するお肉は各店で手切りすることにこだわり続けているそうで…
おいしいものを提供するためとはいえ、このこだわりには頭が下がります



【焼肉なべしま】
鹿児島県鹿児島市与次郎1-9-53
099-255-8929


[PR]
# by gurumeblog | 2017-01-31 23:29 | 鹿児島県 | Comments(0)

JR鹿児島本線西牟田駅:『沙都使』  わかりづらい場所ではありますが、わざわざでも行きたいお店ですね

P1305945.JPG

おいしいお魚料理を提供してくれるお店へ連れて行ってくれるとのことで、その友人の車で八女へと向かいます
昨晩降った嵐のような雨もすっかりと上がり、窓を開けると春のような心地よい風が吹いていて…
正にドライブ日和でありますね



P1305937.JPG
センターラインも無くようやく車がすれ違うことが出来るほどの細い道へと車が入りまして…
てっきり抜け道なのだろうと思っていたところに『沙都使』の看板が現れます
特に住宅地と言うことでも無く、もちろん交通量が多いところでもないところにありながら、駐車場は満車となるほどの賑わいですので期待でワクワクしてきます


P1305941.JPG
白壁のお蔵のような建物を眺めながら暖簾を潜って店内へと入りますと、そこはなんとも立派な佇まいでありまして…
お部屋は全て埋まっているとのことでカウンター席をいただくことと成ったのですが、そのテーブルは15mmほどの厚みがある一枚板なのでありますし、厨房内にある棚にまで立派な板が使われているのです
そこに立つ大将は思いのほかに若く…
まだ30代でありながら、この地で10年以上商売をやっているのだということにもまた驚かされます


P1305946.JPG
しゃぶしゃぶやすき焼きをメインとしているようですが、お魚だって毎日市場から取り寄せているとのことでありまして…
今日のランチは太刀魚の唐揚げとのことでありましたが、ワタシは新鮮なお魚はシンプルにいただくのが一番であろうと「漬け丼」をいただきます
漬けに使われるタレもごま風味でとってもおいしく、そのままいただいても良し、お茶漬けにしても良しと、新鮮さを活かしながら最高の調味がされていまして…
安さやボリュームで人気になっているお店が多い中、こちらはお料理のおいしさが魅力となっていることがわかります


P1305949.JPG
〆にはケーキとともにお茶が提供されるのですが、そのお茶は温めのお湯で入れることで甘みが引き出されたものでありまして…
これ一杯にお金を払っても良いと思うほどのものでありました
さすがお茶の町八女でありますね



気取ることの無い接客とおいしいお料理
更には木のぬくもりを感じるステキなお店
またお邪魔したいと思います



【和食乃沙都使】
福岡県八女郡広川町川上651-8
0943-32-5502


[PR]
# by gurumeblog | 2017-01-30 22:07 | 福岡県 | Comments(0)

長崎電鉄本線築町駅:『江山楼』    たっぷりの野菜と魚介から出た旨みがおいしい本場のちゃんぽん

P1295925.JPG

この時期、急に寒くなったり暖かくなったりするので、出張に出る際の洋服選びには気を使うのでありまして…
今回は4泊5日の出張でありますし、その移動も福岡から鹿児島と離れていることもあって万が一の寒波にも対応できるよう準備を整えていたのであります
ところが今日は曇天であるにもかかわらず20℃を超えるほどに暖かく、コートだけでは無くジャケットまでもを脱ぎ捨てるほどでありました



P1295909.JPG
そんな日に向かったのは長崎
長崎市内へ来るのは随分と久しぶりのことだったのですが、いつの間にか長崎までの高速道路が出来ていて便利になっているんですね
長崎へ来たらばいただかなければならないのが本場のちゃんぽんでありまして…
新地中華街にある『江山楼』へお邪魔することにいたします


P1295915.JPG
ちょうどランタンフェスティバルとも重なる日曜日だということもあって…
30分近く待ってようやく2階の席へと案内されますと、ずらりと円卓が並ぶ宴会場のようなフロアが超満員であります


P1295926.JPG
さすがに名物と言うだけのことはあって、ちゃんぽんだけでも「ちゃんぽん」「上ちゃんぽん」「特上ちゃんぽん」とのバリエーションが用意されていまして…
その違いは具材の差によるようですから最もシンプルなものでも良いかと思いもしたのですが、折角ここまで来たのだからと特上を注文してみますと、庶民の味であるちゃんぽんに憧れの食材フカヒレが乗っているではないですか…
もちろん小さなものではありますが、その存在感は抜群であります


P1295935.JPG
ふたりでお邪魔していましたので、同じモノをいただいたのでは芸がないと「皿うどん」
こちらもフカヒレが乗った特上であります
どちらも納得のおいしさではあるのですが、年配のワタシとしましては、食べ進むうちに膜を張るほどに濃厚なちゃんぽんよりもサッパリといただける皿うどんの方が好みに合っていましたね



皿うどんと言えば…
それにソースをかけるのかお酢を掛けるのかで物議を醸すこととなるのでしょうが、こちらの卓上に置かれているのは「ソー酢」なるもの
さすがにその両方の意見をまとめたソースと酢を合わせたモノでは無いようですが、何とも愉快なネーミングでありますね
それは昆布出汁とお酢を合わせたようなものであるのですが、これを掛けた皿うどんがまた一層おいしいこと
すっかりファンになってしまいました



【中國菜館 江山楼】
長崎県長崎市新地町13-13
095-820-3735


[PR]
# by gurumeblog | 2017-01-29 23:10 | 長崎県 | Comments(0)

福岡地下鉄空港線福岡空港駅:『牧のうどん』   溶けるほどに軟らかく茹で上げられた博多うどん

P1285900.JPG

福岡へ出張
ちょうどお昼どきのフライトであったため、福岡空港へ着いたときにはお腹がペコペコでありまして…
ワガママを言って、空港近くにある『牧のうどん』へ



P1285893.JPG
福岡市民のソウルフードと言っても過言ではないであろうと思われるのが、ココでいただくうどんでありまして…
もともと腰が無くなるほどに軟らかく茹で上げられるのが“博多うどん”ではあるのですが、こちらでいただくうどんは更に柔らかく、出汁をドンドン吸ってさらにブヨブヨになっていくのであります


P1285895.JPG
お昼どきには100席ほどのお店に溢れるほどのお客さまで賑わっているのですが、さすがにこの時間となりますとお客さまの数も疎らとなりまして…
お店の奥にあるテーブル席をいただくことが出来、ゆっくりとお気に入りのおうどんを楽しむことにいたしましょう


P1285901.JPG
博多うどんと言えばごぼ天であるとか丸天うどんがポピュラーなところでありまして…
お腹が鳴きそうなほどに空腹であったワタシはそのいずれかを選ぶことが出来ずに両方を乗せていただくことといたします
もちろん麺の茹で加減は“軟めん”で!
お好みにより“硬めん”や“中めん”を選ぶことが出来ますよ
麺がスープを吸うので、スープが少なくなると一緒に提供されるヤカンに入ったスープを足しながら…

さて、それほど太くないごぼうを包むように厚めの衣を纏ったごぼ天
そのサクッとした食感を楽しむも良いのですが、その厚めの衣がスープを吸うことで柔らかくなった衣とごぼうの食感とのコラボもまた乙なものであります




【牧のうどん】
福岡県福岡市博多区東平尾2-4-30
092-621-0071


[PR]
# by gurumeblog | 2017-01-28 20:59 | 福岡県 | Comments(0)

東京モノレール羽田線羽田空港第2ビル駅:『アカシア』 ロールキャベツを作り続けて50余年

P1275888.JPG

泊まっていた駅前のホテルをチェックアウトして、獣道のように雪を掻いた歩道を転ぶことが無いように細心の注意を払いながらヨチヨチと駅へ
その後、羽田上空に強風があったとのことで30分ほど遅れはしたものの、大したトラブルもなく帰京することができたことに安心したのか急にお腹が空いて来て…


P1275885.JPG
空港からの移動を前にランチをいただこうと到着ロビーから上階へと上り、目的とした『アカシア』へと向かいます
新宿に本店を持つこちらのお店は1963年の創業以来ロールキャベツシチューをメイン商品としていて、それはスプーンで切れるほどに柔らかくなったキャベツが特徴なのであります


P1275887.JPG
20席ほどと小さなお店はカウンター席が中心でありまして…
空港を利用されるビジネスパーソンを中心に人気が高いようで、今日もチョコンとカウンターに座り素早く食事を済ませて出て行かれるお客さまが多くいらっしゃいました


P1275889.JPG
そんなビジネスマンに人気なのが「豚メンチカツとロールキャベツ」というコンビネーションであるようで…
周りにいる方たちは皆それを召し上がっておられます
“郷に入れば郷に従え”ではありませんが、ワタシも右に倣って同じものを注文いたします
左記の通りスプーンでも切れる… が売り物でありますから、セットされるシルバーもスプーンだけ
メンチカツは箸で食べてくださいってことなのでしょうね
クリームシチューはご飯のおかずになるのかという点においては賛否両論あるところでしょうが、こちらのシチューは濃い目でありますので、これだけでもおかずとしていただくこともできますね


P1275891.JPGそして揚げたてが提供されるメンチカツ
揚がりが速いようにと薄めに作られているのですが、カットする際に包丁を斜めに入れることで見た目にはあまり気になることはありません
サクッとした食感が良い感じに仕上がっていましたよ



このロールキャベツ
不思議なことに、思い出したように食べたくなる味わいでありまして…
明るい笑顔で接客してくれるスタッフ共々、またお邪魔したくなるお店であります



【アカシア】
東京都大田区羽田空港3-4-2 羽田空港第2旅客ターミナル4F
03-6428-9511


[PR]
# by gurumeblog | 2017-01-27 22:52 | 東京都 | Comments(0)

JR山陰本線米子駅:『中海の郷』   古民家レストンランでいただく日本三大そばの一つである割り子そば

P1265866.JPG

数日前の寒波で交通網が大混乱した島根
そんな豪雪の日に出雲へ出張した友人がいて…
飛行機が欠航になるとのことで寝台特急であるサンライズ出雲で向かったらしいのですが、除雪、倒木、信号故障などなどの影響で、なんと到着までに24時間を要したのだとか
それから二日、ずいぶんと平常を取り戻してはいるとのことではあるのですが、そんなことを耳にしていただけに今日の出張が不安だったのだけど何事もないように予定通りにフライトができ無事に米子へ到着することができました



P1265869.JPG
さて、まずは米子の隣町である安来にある道の駅「あらエッサ」へと向かいます
この道の駅、昨年の行ってよかった道の駅ランキングで10位になったのだとか… 全国にいくつの道の駅があるのかは知りませんが素晴しいことですね
そんな道の駅にある『中海の郷』ってお店でランチをいただくことにいたしましょう


P1265867.JPG
島根に来たらいただきたくなるのが、岩手県のわんこそば、長野県の戸隠そばと並ぶ、日本三大そばの一つでもある割り子そばでありまして…
こちらの主力商品でもある「天ぷら割り子そば」をお願いいたします
三段に重ねられた朱塗りの丸い器には色が濃いお蕎麦か小分けされていまして、刻みネギや海苔、それに柚子胡椒が薬味として添えられますので、それぞれを異なった風味でいただけることはうれしいことであります
天ぷらだって、むちっとした海老が2尾も乗せられていますし、衣もサクッとしていて…
お値段の満足度でありました



古民家を移築して作られたという店舗も魅力的でありますし、そこで提供される商品やサービスも素晴しい…
なるほど、先のランキングにも頷けますね
“行ってよかった”だけでなく“また行きたい”お店でありました




【中海の郷】
島根県安来市中海町118-1 安来道の駅あらエッサ
0854-23-2501


[PR]
# by gurumeblog | 2017-01-26 22:29 | 島根県 | Comments(0)

JR山手線神田駅:『堀堀』   少人数でもいただけるリーズナブルな飲み放題付きコースが魅力の個室居酒屋

P1255857.JPG

久々に夜の神田であります
駅周辺には多くの居酒屋が立ち並ぶ激戦地でありますから、お客さまを誘導しようするキャッチの数も半端なく…
商品やサービスに魅力がなくお客さまを惹きつけることが出来ないお店がキャッチを雇って集客するのでしょうから、彼らから情報を得ることをせず自分の感を信じてお店を探します



P1255843.JPG
神田駅南口から歩いて30秒ほど
1Fにローソンがあるビルのエレベーターで3階へと上ったところにある全席個室の居酒屋でありまして…
ココなら落ち着いた雰囲気の中で食事が出来るであろうとこちらを選択したのですが、運悪く10人ほどのグループ客が盛り上がっていたために折角の雰囲気も台無し
お酒が入っていることもありますので多少は仕方ないと思うのですが、何もあそこまで大声で騒がなくても… 


P1255848.JPG
3時間の飲み放題が付いて4,000円というお値打ち価格に惹かれて…
2種から選べる鍋料理をメインにお刺身の3種盛りなど9品が提供されるコースをいただくことにいたします
最初に提供されるのはお通し感覚でいただく「ごま油風味のナムル」と「食べるラー油の冷ややっこ」であります
これらも料理として数えられるのか? と厳しい目でものを言いたくなるところでありますが、シャキッとした食感を残したもやしにはピリ辛な味付けがされていまして、これがちょっと癖になりそうでもあるのです


P1255849.JPG
続いては「蒸し鶏と有機野菜のゴマドレサラダ」
ピザ用の木皿で提供されたことには驚きましたが、蒸し鶏の柔らかさがおいしいサラダでありました


P1255853.JPG
そしてプチメインとなる「旬のお刺身の3点盛り」なのですが…
旬と言いながらなぜカツオが盛られるのかとブツブツと小言を言いながらいただいたのですが、何れも程よい厚みで切られていますし、その鮮度の良さも感じられるモノでありましたので自ずと笑みも浮かんできますね


P1255860.JPG
「皮つきコンソメポテトフライ」と「さくさくタコのから揚げ」
この辺のお料理を見ますと、こちらがメインのターゲットとするのは比較的若い層なのでしょう
確かに来店されているお客さまを見ましても20代の方が多いように思えますし…


P1255858.JPG
お鍋はキムチ鍋かもつ鍋を選べるとのことでしたので、迷うこと無くもつ鍋を注文
小ぶりではありましたがしっかりとした旨みがあるモツでありますし、醤油ベースのスープも専門店顔負けのモノでして…
これは正直、期待以上のおいしさでありました
スープが沸騰したら火を弱め、グツグツと時間を掛けてキャベツが柔らかくなるまで煮込んで… 
スープにその旨みが溶け込んだ頃にいただきます


P1255865.JPG
〆は雑炊
ネギや海苔を仕上げに乗せて見栄えも美しく写真に収めたかったのですが、それらはご飯に乗せられた状態で提供されましたので残念ながら…
とは言え、これをおいしくいただくためにスープが煮詰まることの無いように気を使っていただいたってこともあり、そのお味は満足いくものでありました


P1255862.JPG
箸休めにと提供された「お新香盛り合わせ」と一緒に雑炊をいただきお腹も大満足
やっぱりこの時期のお鍋は身体も暖まりますし、なんと言っても鍋の魅力は〆に雑炊がいただけることですね



【炭焼炉端 堀堀】
東京都千代田区鍛冶町2-2-9 共伸会館ビル3F
03-3526-4023


[PR]
# by gurumeblog | 2017-01-25 22:59 | 東京都 | Comments(0)

JR中央本線立川駅:『海鮮山鮮』    しっかりとした料理人がいるのだと思わせる料理のおいしさが魅力

P1245833.JPG

中央線に青梅線、そして南武線やモノレールなどが集まるターミナル駅「立川」
近年は駅ビルのリニューアルであったり大手商業施設の出店であったりと、多摩エリアの中核へと成長しているようであります
その商勢圏の広さもあって、これまで都心部を中心とした店舗展開を行ってきた飲食店の中にも、このエリアへの展開を狙っているところも多いようですね



P1245816.JPG
こちらは昨年12月にオープンしたばかりの『海鮮山鮮』
立川駅南口を出て2~3分ほど歩いたところという好立地なのですが、建物が少しセットバックされていることから通りから店舗を視認することできませんのでホテルを目印にされると良いでしょう


P1245819.JPG
こちらのお店で最も人気があるコースだと思われる「海鮮山鮮プラン」をいただきます
金目鯛を使った蒸籠鍋にも興味がありますし、3時間の飲み放題がセットとなって3,999円とはお値打ち価格であります
そんなコースで最初に提供されるのは前菜の三点盛
200席を超える客席を有するお店でありますから多少の作り置きは致し方ないことではありますが、炙り焼きまでが冷たい状態で提供されたことにはちょっと残念に思えるのですが…
そのお味は割烹という冠に恥じないモノであります


P1245822.JPG
続いて提供されたサラダには蟹やいくらといった贅沢食材が使われていまして…
それほどたっぷりと言うことではありませんが、おいしくサラダをいただくには十分でありますし…
彩りも美しく、シャキッとしたレタスのおいしさもありますね


P1245830.JPG
お刺身の三種盛りにはこの時期最もおいしくいただけるブリまでもが盛られていまして…
ブリ好きなワタシとしてはこれだけでもテンションが上がります


P1245836.JPG
鱧と海老の天麩羅
なぜこの時期に鱧なのか… 些か不思議には思えますが、淡白で上品な味わいには満足させていただけます
また、海老だって有頭でしっかりとした歯応えがあるモノが使われるというこだわり
なかなかしっかりとしたお料理を提供してくれるお店であります


P1245825.JPG
そして、メインとなる蒸籠鍋
15分ほどお湯を沸かし続けることで火が通った素材を5分ほど馴染ませて…
しんなりとした白菜やメイン食材である金目鯛などをポン酢でいただくのですが、そのシンプルな味わいこそが素材のおいしさを損なわないおいしさであったりするんですよね


P1245839.JPG
土鍋で炊き上げられた「蟹といくらの海鮮飯」
たっぷりの蟹身が乗せられていることでの満足感や、イクラの弾ける食感がおいしくもあり…
ほんのりとしたおこげも芳ばしさもあって、これまたおいしくいただけるモノでありますし、そのボリュームがまた憎いほどに適量なのであります
おいしいもので満腹になることも良いのでしょうが、もう少し食べたいと思わせるくらいが次回の来店にも繋がるんですよね


P1245840.JPG
デザートにはくずきりが提供されます
モチッとした食感に甘みを抑えたきな粉、それに黒蜜の甘みとコクが良い感じであるのですが、おいしい煎茶と一緒に提供していただけたりするとより満足度が高まることでありましょう



筍であったり鱧であったり…
ちょっと季節感という点では、アレッと思うこともあるのですが、総じてお料理はおいしく満足度があるモノばかり
キチンとした料理人がいらっしゃるのでしょうね
ごちそうさまでした



【個室割烹居酒屋 海鮮山鮮】
東京都立川市錦町1-2-16 立川アーバンホテル本館2F
042-512-7631


[PR]
# by gurumeblog | 2017-01-24 23:52 | 東京都 | Comments(0)

名鉄名古屋本線加納駅:『桔梗苑』     岐阜の夜は桔梗苑の代名詞である「タン塩」で

P1235800.JPG

久しぶりに岐阜
昨夜から降り続いた雪で米原付近が積雪したようで…
新幹線が遅れることを心配していたのだけど、名古屋までは定時で運転されるとのことで一安心であります



P1235789.JPG
岐阜に来たならば…
夜はこちらで焼肉でありましょう
岐阜を代表する焼肉屋さんでありまして、その創業は1968年だと言いますから50年近く愛され続けるお店であります
大きな通りに面することも無く、住宅街にひっそりと佇むその姿は料亭のようでもあります



P1235793.JPG
こちらの歴史は一軒の小さなキムチ屋さんから始まったらしく…
その技術を今に受け継ぐことで変わらぬ美味しさを提供していただけるのです
シャキッとした歯応えを残し、透明感がある辛味が特徴であるこのキムチ 思わずお替りをしたくなるほどであります


P1235794.JPG
P1235797.JPG
P1235799.JPG
ごま油が香るナムル、そしてサラダ菜のおいしさを活かした塩味のドレッシングが決め手のチョレギサラダ
そして、韓国風刺身タレの定番であるチョジャンがおいしいセンマイ刺し
やはり技術がある焼肉店はお肉以外のお料理もしっかりとしてますね


P1235801.JPG
先ずはこちらの看板料理でもあり、お客さまの9割が注文するという「タン塩」
お客さまに喜んでいただくためにタンの中心部分のおいしいところだけが使われるこの商品はほぼ原価売りなのでありましょう
そんなタンには塩がふられるだけではなく、塩とゴマ油、それにニンニクを合わせたオリジナルのタレが塗されることで、素材の旨みを引き出し一層おいしくいただるのでありましょう


P1235804.JPG
そして「和牛特上カルビ」を塩で
薄切りにされたお肉を炙る程度にサッと焼いてポン酢でいただきますと、お口の中に旨みが広がるだけでなく、溶けてしまいそうなほどであります


P1235806.JPG
「和牛上ロース」をタレで
こちらのお肉にはしっかりとした厚みがありますので、片面を焼き色が付くほどにしっかりと焼いて…
裏返した後はサッと炙るほどのレアな状態でいただきますと、タレが焼けた芳ばしい香りとお肉の柔らかさの両方を一度に味わうことが出来ますね


P1235809.JPG
P1235810.JPG
「和牛上ミスジ」「和牛上ランプ」
大判で提供されるミスジは見た目にインパクトがあるだけでなくハサミでカットしていただく楽しみも添えられてますし、ランプでは赤みが持つおいしさを堪能できます
やっぱりタレで揉み込まれた焼肉をいただきますとご飯が欲しくなりますね


P1235813.JPG
そして「和牛ホルモン」
プルンプルンの脂を焼き落とすことがないように細心の注意を払いながら皮目の部分をしっかりと焼いて…
コリッとした皮目と上質な脂の甘みを逃すこと無くいただきます


P1235815.JPG
〆は冷麺
コシがある麺の喉越しがおいしいだけでなく、スッキリとした甘みがあるスープがお口の中をサッパリとさせてくれて…
ワタシの中で焼肉の〆は冷麺と言うのが決まりごとになりそうですね



残念ながら日帰りでの出張でありますし、新幹線の遅れも気になりまして…
おいしい焼肉をいただいた後の余韻を楽しむことも無くお店を後にいたします
またいつか、この味を楽しめる日が来ますように!



【和牛焼肉処 桔梗苑】
岐阜県岐阜市加納矢場町2-32
058-274-0291


[PR]
# by gurumeblog | 2017-01-23 23:18 | 岐阜県 | Comments(0)

西武新宿線西武新宿駅:『新宿魚屋商店』  ジューシーな身がぎっしりと詰まったズワイガニがおいしい蟹鍋

P1225774.JPG

新鮮なお魚がリーズナブルにいただける居酒屋があると聞き…
通常価格5,800円の「北海道タラバ蟹付きコース」が、今だけ3,980円でいただけるというサービスメニューを予約し、アルタ前で待ち合わせをした友人と一緒にお邪魔してみることといたします



P1225762.JPG
前菜として提供されたのは「玉子豆富のウニ添え」と「イカとオクラの合混ぜ」
あまりオクラを好まないワタシではありますが、イカのコリコリとした食感と梅肉の酸味と旨みでおいしくいただきます


P1225766.JPG
「冷しゃぶ胡麻サラダ」
こちらのお店に限ったことではないのですが、取り皿の大きさとは野菜のカットの大きさのバランスが悪く食べづらくはありますが…
胡麻ドレッシングが良い味を出してますね


P1225769.JPG
基本では3種のお刺身であるのですが800円(だったと思います)をプラスすることで贅沢な刺し盛りへと変更できるとのことで…
『魚屋商店』との店名でもありますから、たっぷりとおいしいお魚をいただくことにしましょうとアップグレードをお願いいたします
ネタは薄切りではありますが10種ものお刺身がいただけるなんて嬉しいことであります


P1225782.JPG
「銀鮭の西京焼き」
脂が乗っておいしいものでしたので、もっと厚めの切り身でいただけたら… と残念な気もいたしますが、コース全体のボリュームを考えるとこのくらいがちょうど良いのかも知れませんね


P1225776.JPG
そしてそして… タラバガニがやって来ます
期待を裏切らない大きさ、そして殻いっぱいに詰まったみずみずしい身
最近は蟹との相性が悪くスカスカのモノと出会うことが多かっただけに感動も一入であります


P1225775.JPG
メインとなる「蟹鍋」
タラバガニで出汁を取ったというスープは優しいお味でありますし、野菜を煮込むことでその旨みが加わり一層おいしくなって…
折角のスープですから、煮詰めてしまわないように火加減には気を使いながらいただきました


P1225787.JPG
そんなお鍋の〆は…
なんとスープに片栗を溶かして作る「かた焼きそば」であります
最初に具材を少し残しておいた方が〆がおいしく召し上がっていただけますよと言われたことの意味がココでようやくわかったのですが時すでに遅し
ほぼ、残しておいたカニ身だけの焼きそばとなりましたがおいしくいただけましたよ



地図を頼りにやって来て、ビルの4Fということで袖看板ばかりを見ていたワタシはなかなかお店を見つけらず何度も何度もビルの前を往復していたのですが…
袖看板は旧店名である『魚魚魚』のままだったんですね



【海鮮個室居酒屋 新宿魚屋商店】
東京都新宿区歌舞伎町1-6-6 橋本ビル4F
03-6205-6821


[PR]
# by gurumeblog | 2017-01-22 23:48 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『Piasola』 ベシャメルと合わさるチキンライスがおいしいオムライスグラタン

P1215759.JPG

昔ながらの中華料理屋さんでいただく、ラードべったりのチャーハンが恋しくなって、もんじゃストリート近くにあるコテコテの町中華へと出掛けたのですが…
お店に入るとグルメサイトへの投稿はご遠慮願います的な貼り紙がありましたので、今日はこちらをご遠慮申しあげて他を探すことにいたします



P1215751.JPG
頭の中はすっかりチャーハンだったのですが、こちらのお店の間に置かれた看板にはオムライスの文字がありまして…
まぁ、オムライスも毛色は違いますがチャーハンみたいなものでしょうと自分に言い聞かせてお邪魔することといたします


P1215752.JPG
この辺りでは希少である洋食屋さんでありまして、ハンバーグやオムライスを中心とする商品がいただけるということで…
近くのマンションにお住まいであろうファミリーにも人気のお店であるようです


P1215754.JPG
ブラブラと歩いていたせいもあって暖かいお料理がいただきたくて…
先ずは冷え切った身体を暖めようと「オニオングラタンスープ」をいただきます
ちょっとオニオンのソテーが甘いようでスープに奥深さはありませんでしたが、それはそれでおいしくいただくことが出来ましたし、熱々のスープは目的である身体を暖めるには十分であります


P1215757.JPG
メニューを眺めますと、幾つかの不思議な商品を見つけます
一つは「チーズハンバーグステーキ ピッツァ仕立て」というモノなのですが、その“ピッツァ仕立て”とは如何なるものなのか…
聞いてみますと、チースとトマトソースをかけてオーブンで焼き上げるところが“ピッツァ仕立て”だということで納得
ふたつ目は「オムライスグラタン」
これはある程度想像できるモノではあるのですが、チキンライスを包んだ玉子がどんな状態になるのかが気になりますので、それを注文してみることにします
ビジュアルは想像と違わないモノでありまして、気になる玉子はと言いますと…
やはり水分が飛んでしまっていることからしっとりとした食感がありませんので、あえてグラタンにする必要は無いなと思うのですがベシャメルと合わさったチキンライスはとってもおいしくいただけますね



初めてこちらへお邪魔したのですが、感じ良い接客でありますし、お料理もおいしいし…
ふっと洋食メニューがいただきたくなったらまたお邪魔させていただくことといたします



【Piasola】
東京都中央区月島3-4-5
03-3533-1139


[PR]
# by gurumeblog | 2017-01-21 22:47 | 東京都 | Comments(0)