ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

東京メトロ銀座線日本橋駅:『杜の都 太助』      上品な雰囲気の中でいただく仙台牛たん焼でランチ

P7310850.JPG

打ち合わせのために日本橋へと向かったのでありますが、真夏日になったとのではと思うほどの炎天下でありましたので10分ほど歩いただけでも額からは流れるような汗が吹き出しまして…
持っていたタオルハンカチが絞れるのではないかと思うほどでありました



P7310841.JPG
14:00近くとなったランチをいただくのは『杜の都 太助』
創業地である山形に工場を構え、営業の拠点は東京という食品メーカーの外食事業部が運営しているようで…
特に仙台とは無縁のようにも思えるのでありますが、牛たん焼きの発祥とされる『味太助』からの分店とされる『旨味太助』との関係があるようですから期待が持てそうであります


P7310848.JPG
店内は落ち着きと上品さを兼ね備えていまして…
一人だということでカウンター席をいただいたのでありますが、狭さを感じることも無い居心地の良い空間での食事をたのしむことができました


P7310851.JPG
"塩焼き"か"味噌焼き"との2種の焼き方があるようで…
まだいただいたことの無い"味噌焼き"にも興味が湧いたのですが、先ずはベーシックであろう"塩焼き"の1.5人前をいただくことといたします
程よい厚みにスライスされた牛タンは歯応えを楽しむこともできますし、噛むたびに塩が引き出す旨みがお口の中に広がって…
これこそが仙台の牛たん焼だとひとり頷きます


P7310858.JPG
P7310860.JPG
添えられる熱々なテールスープのサッパリとしたテールの旨みとネギの香りを楽しむことができますし、ととろも文句なしのおいしさ満足いくものでありまして…
南蛮味噌漬のピリッとした辛味とともにいただきました



『利久』『喜助』『伊達の牛たん』『杜』などと、東京駅周辺には多くの牛たん焼のお店があるのですが…
上品な雰囲気の中でで牛タン焼をいただこうと思えば、こちらへお邪魔することが正解かも知れませんね



【仙台牛たん焼専門店 杜の都 太助】
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワーB1F
03-6214-3620


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-31 17:38 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線京橋駅:『ぐりる・てる』   デミグラスとの相性が抜群なふっくらジューシーハンバーグ

P7300836.JPG

昨年秋の開業から何度となくお邪魔しているエドグラン
当初はどんなテナントが入っているのかと興味もあったのですが、時間が経つにつれ銀座線京橋駅改札と直結する地下フロアを利用することが多くなっていまして…




P7300820.JPG
先日、たまたま一階の開放部をを通り抜けようとしたときに見つけたのが『ぐりる・てる』ってお店
エドグラン開業から数カ月遅れてオープンしたお店であるようで、これまで全く気付くことが無かったのですが…
お店の前に置かれたランチメニューの看板にあったハンバーグがおいしそうだったので、今日はそれを目的にお邪魔することといたします


P7300822.JPG
ニュージランドビーフ&ワインレストランと銘打ったレストランではありますが…
天吊りの棚にはたくさんのお酒が並べられていますし、黒板にはナチョスやフィッシュ&チップスなど一品メニューが書かれていることから、夜の時間にはバルとしての利用もできるようですね


P7300825.JPG
先ずは「コールスローサラダ」をチョイス
300円という手頃なお値段でありますから、多くのお客さまがプラス一品として注文されているのでしょうし、ワタシもまたこちらでランチをいただく際には注文させていただきたいですね


P7300829.JPG
そして目的とした「鉄板じゅうじゅうぐりるハンバーグ180g」に目玉焼きをトッピングしていただくことといたします
フックと焼き上がったハンバーグは180gとは思えないほどにボリューム感がありますし、ナイフを入れた切り口からは肉汁が滲み出てきまして…
たっぷりと掛けられたデミグラスソースとも良く合っていて、とてもおいしくいただくことができますね



メンチカツやポークジンジャー、ハンバーグドリアなどおいしそうなメニューが並んでいますので、またお邪魔させていただくことでありましょう



【ぐりる・てる】
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン1F
03-5205-1129


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-30 22:31 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線東京駅:『アロマ珈琲』   サイフォンで淹れられる香り高いコーヒーに惹かれて…

P7290813.JPG

ちょっと予定があって八重洲へ
雨は降っていないのだけど、湿度がかなり高いようでありますし気温は33℃ほどあるようで…
ちょっと歩くだけでもじわっと汗が滲んでくるような不快な日でありました



P7290784.JPG
ということで、八重洲地下街へ潜ってひと休み
STARBUCKSやTully’sも良いのですが、たまには昭和の空気が流れるような"喫茶店"も良いだろうと『アロマ珈琲』へお邪魔いたします


P7290788.JPG
いつもですと年配のお客さまが多いお店なのでありますが、今日は履歴書か何かを相談しながら書いている学生さんらしき姿もあって…
ちょっといつもとは違う光景に戸惑いもしましたが、自然とその空気にも慣れいつもの穏やかな時間を過ごすことができました


P7290802.JPG
ちょっと小腹を満たそうと「ハムトースト」
芳ばしくサクッとした食感に焼き上がったイギリスパンにハムと野菜がサンドされていて、パンに塗られた辛子バターの風味が食欲を誘ってくれるのであります
更にはこちらでいただくコーヒーはサイフォンで淹れられたものでありますから、コーヒーの酸味が渋み、苦味などをより感じることができ…
それをお替りすることもできるというのがうれしいサービスですね



【アロマ珈琲】
東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街中4号
03-3275-3532



[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-29 22:26 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『PIZZERIA PONTE CENTRO』    トマトソースとオレガノの相性を楽しむ

P7280776.JPG

今日も体調は優れず…
近場でランチを済ませ、のんびりと過ごすことにいたします



P7280762.JPG
マンションが立ち並ぶ住宅エリアにある『ポンテチェントロ』ってピッツェリア
お昼にはとってもリーズナブルにパスタやピッツァのランチをいただくことができますし、そんなランチを16:00まで提供していた立るというありがたいお店なのであります


P7280783.JPG
お昼どきにはいつも混み合っているのですが、お邪魔したのが15:00近くであったこともあり…
テーブル席でゆったりとランチをいただくことができました


P7280778.JPG
お店の中央にある石窯で焼かれるピッツァがウリではあるのですが、今日はパスタな気分でありましたので…
日替わりで提供されるランチメニューから「しらすとオレガノのトマトソーススパゲッティ」をいただくことといたします
多くの場合、白と赤のコントラストを活かそうと、スパゲッティの上にシラスをトッピングすることが多いのでしょうが…
こちらではトマトソースでシラスが煮込まれているにもかかわらず、オレガノの香りが臭味取りになっているだけでなく、食欲をそそる香りづけにもなっていますね



【PIZZERIA PONTE CENTRO】
東京都中央区佃2-1-6 リバーシティM-SQUARE 1F
03-5547-3030


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-28 22:45 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『上海ダイニング』      開放感溢れるカフェのような中華料理店

P7280756.JPG

目が回るような頭痛に悩まされる日
特に予定がなかったために、近場でランチを済ませて休養することにいたします



P7280749.JPG
中央大橋の袂にある『上海ダイニング』
隅田川の流れと緑に囲まれるという雰囲気ある環境に恵まれたお店でありますし、全面がガラス張りというカフェのような開放的な雰囲気もオシャレなんですよね


P7280750.JPG
今日はお昼どきを避けてお邪魔したために随分と閑散とした感じではありますが、食事時には近隣にお住いのマダムの利用も多いようで…
ゆったりとしたランチタイムを過ごしていらっしゃる光景が絵になるのであります


P7280757.JPG
食欲はあまりないのですが、元気が付くものを食べなければと…
日替わりで提供されるランチメニューの中から「細切り牛肉とニンニクの芽の炒め」をいただくことにいたします
ランチセットと言うことでサラダやスープが付いているのですが、この手のスープでおいしいものと出会うことは少ないのが現実でありまして…
期待せずにひと口いただきますと、しっかりと旨みがあるスープでビックリであります


P7280760.JPG
食後には杏仁豆腐が付いていて…
サッパリとする酸味が効いたソースが掛けられていることで、この時期にもおいしくいただけるモノでありました



【上海ダイニング】
東京都中央区佃2-1-3 共同通信社・研修交流センター1F
03-5166-0105



[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-27 23:09 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線東銀座駅:『越後屋八十吉』   身は薄くともしっかりと脂が乗った銀だらでありました

P7260742.JPG

ここ最近、隔週で築地へと通っていて…
その度に場外のお店でランチをいただいていたのでありますが、ちょっと気分を変えてみようと東銀座まで足を延ばしてみることにいたします



P7260738.JPG
歌舞伎座の2軒隣りにあるのですが、間口が狭いために見逃してしまいそうになる『越後屋八十吉』ってお店
晴海通りに面していることから近くにはチェーン店が並んでいますので、こちらの情緒ある店構えにホッとしますし、一枚板に掘られた老舗感溢れる看板が印象的でもあります


P7260745.JPG
店内に入りますとうなぎの寝床のように細長い店内を奥へと向かってカウンター席があるのですが、そこに先客が座っていますと、その背を通り抜けるにも窮屈なほどに狭いものでありまして…
先ずは入口にある帳場で注文と会計を済ませ、指し示されたカウンター席に着席します
そこで気づいたのですが、番号札として渡されていたのは将棋の駒でありあまして、裏に番号が書かれているのですね



P7260743.JPG
ほどなく、注文していた「銀だら西京漬け定食」が提供されたのですが、それがあまりにも薄い切り身でありまして…
かなり気持ちが下がりながらも箸をつけてみますと、しっかりとした脂が乗っていますし、皮目がこんがりと芳ばしく焼かれた銀だらが実においしいのであります
添えられるご飯や味噌汁もしっかりとしていますので、総じて満足と言うものでありました



お隣に座っていらっしゃった女性が召し上がっておられたのは「大山鶏もも香味炙り」であったと思われるのですが、これがしっかりとしたボリュームでありまして…
干物メインのお店であるために、ついアジの開きやサバの文化干しなど魚メニューをいただきたくなるところではありますが、次回お邪魔したときには鶏ももの炙りもしくは豚肩ロース塩焼をいただくことにいたします



【炭火焼 干物食堂 越後屋八十吉】
東京都中央区銀座4-13-11
03-6661-4586


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-26 22:21 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線銀座駅:『大和田』     明治から続く老舗店でいただくふっくらと焼き上がった鰻

P7250715.JPG

土用の丑の日ということで、お昼は鰻をいただくことにいたします
古くからあったとされる栄養価の高い鰻を食べて暑い時期を乗り切ろうとする習慣でありますが、この土用の時期には暑い日が続くことが多いようで…
7月に入ってから連続する真夏日のお陰でバテバテであります



P7250699.JPG
明治26年創業という鰻の老舗『大和田』
新橋にある本店へお邪魔しようかとも思ったのですが、そこはサラリーマンの聖地とも言われる新橋でありますから間違いなくお昼どきには混み合うことであろうと、コリドー街にある支店へとお邪魔することにいたします


P7250707.JPG
5年ほど前にオープンしたお店だということもあり、老舗らしさを感じることの無い明るい店内でありまして…
40席ほどの客席が幾つかのエリアに区切られていますので、落ち着いて食事ができる空間となっていることもうれしいことであります


P7250716.JPG
こちらで提供されるうな重は、乗せられるうなぎのボリュームによって"兎""鶴""亀""特上""鳳凰"となっていまして…
お昼の時間には1/2尾の"華"もいただくことができるようですが、それではあまりにも寂しさがあるでしょうと1.5尾が盛られる「亀」をいただくことにいたします
ふっくらと蒸された鰻に甘めで上品な味わいがあるタレを付けて焼き上げる
そんな職人の技を感じることができるものであり、ふっくらとした食感と芳ばしい香りに舌鼓を打つことができました



今年は8月6日が二の丑となるようですので、またおいしい鰻をいただこうかと思うのですが、残念なことにこちらのお店は定休日であるようですね



【鰻割烹 大和田】
東京都中央区銀座7-2先 銀座コリドー1F
03-6228-5503



[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-25 23:04 | 東京都 | Comments(0)

JR中央本線八王子駅:『押忍!! 鶏番長』       6月12日オープン 低温熟成した大山鶏がいただけます

P7240692.JPG

今宵は八王子
東京駅から1時間ちょっとではあるのだけど、ちょうど帰宅のピーク時間と重なったために電車内はかなりの混み合いようで…
冷房は入っているもののムシムシとした不快な時間でありました



P7240695.JPG
目的のお店はこちら
八王子駅北口から1分ほどという好立地にオープンした『鶏番長』ってお店で、低温熟成した大山鶏のお料理がいただけるというのであります



P7240666.JPG
先ずは野菜から
ということで「彩り新鮮野菜のバーニャカウダー」
ほんのりと香るニンニクとアンチョビの塩味が効いたソースでパプリカやニンジン きゅうり ホワイトアスパラをいただくのですが、私的にはみずみずしいキュウリが一番好きですね


P7240656.JPG
野菜ダブりではあるのですが、鶏の生ハムがいただきたくて「熟成鶏の生ハムサラダ」
最近よく見かけるようになったとはいえ、おいしいと思えるものと出会うことは少ないのですが…
こちらで提供されるもには、ほど良い厚さにスライスされることでのしっとりとした舌触りとムチッとした歯応えがおいしくいただけますし、塩味のバランスが良い感じに仕上がってますね


P7240684.JPG
鶏目的で訪ねたお店ではありますが…
ちょっと気になったので「刺身三点盛り合わせ」
定番のサーモンやカンパチに加えて炙り鰹が添えられておりまして、その期待以上のボリュームにちょっとビックリ
わさびの香りも良くおいしくいただくことができました


P7240673.JPG
ちょっと箸休めに「鶏そぼろがけ玉子焼き」
きちんとお店で焼いているであろうことが伝わってくる玉子焼きでありまして、それはおいしくいただけるのですが乗せられたそぼろの塩っ気が少し強かったのが残念
あっ、お酒を飲まれている方にはちょうど良いのも…


P7240662.JPG
手作りされているお料理が多いためなのか商品の提供に時間が掛かるようでしたので、その間を潰そうと「バケツに入ったポテト」
それ自体はごくごく普通のシューストリングポテトであるのですが、バケツからこぼれるような盛り付けがされるだけでちょっとオシャレに見えちゃいますね


P7240677.JPG
「熟成鶏とキノコのアヒージョ」をいただいてみますと、これが熟成鶏の魅力なのかと思うほどに軟らくジューシーに仕上げられていまして…
トロトロになったオニオンの甘みがおいしく調子に乗っていただいていますと、熱いですから気を付けてお召し上がりくださいと言葉を添えて下さったにも関わらずお口に中を火傷しちゃいました
召し上がられる方は気を付けて!


P7240686.JPG
夏野菜の代表格でもあるトマトをいただこうと「鶏とトマトのチーズ焼き」
トマトは加熱されることで旨みを増すことはもちろんのこと、チーズと合わせていただくことで健康と美容の味方とも言われるリコピンの吸収が高まるとも言われていて…
ダイエット効果もあるというからうれしいですね


P7240693.JPG
最後は「大山鶏の熟成番長グリル」
お店の看板メニューらしく、シンプルに大山鶏のおいしさを楽しめるであろう"ナチュラル"のほか"オニオンペッパー" "バジル" "ガーリック" "すき焼き"とバリエーションが豊富に用意されていまして…
いろいろと考えた結果"バジル"をいただいてみますと、カリッと皮目が焼かれているにもかかわらず身はふっくらとしていてとっても軟らかくソースとの相性も良い感じですね
150gと280gが用意されているのですが、これまでにいただいたお料理でお腹もそこそこに満足していましたので150gをいただくことにしたのですが、このおいしさであれば280gでもペロッといただけましたね



最初に案内された個室の照明が目に刺さったことから部屋を変えて欲しいとの要望にも快く対応していたけましたし、その後の接客も多少バタバタとした感じはありましたが笑顔が感じ良く…
なかなか八王子までは足を延ばすことはできないでしょうが、またお邪魔したくなるようなお店でありました



【熟成地鶏の個室バル 押忍!! 鶏番長】
東京都八王子市旭町6-13 第95東京ビル4F
042-623-8720


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-24 23:27 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅:『宮下』    オシャレなお店でいただく黒毛和牛のすき焼き

P7230641.JPG

ちょっと買い物したいものがあって銀座へと出かけ…
マロニエゲートにある『宮下』ってお店ですき焼きをいただくことにいたします
2週間ほど前にも他のお店でいただいたばかりではあるのですが、そのおいしさが忘れられずに…



P7230649.JPG
12階へとエレベーターで上りますと、その正面で迎えてくれるのが『宮下』でありまして…
広々としたエントランスには落ち着いた雰囲気を感じますし、そこに掛けられた暖簾からは老舗店かと思うようなおいしさを感じることができます
吸い込まれるように店内へと入りますと一面の窓ガラスが迎えてくれまして、開放的な雰囲気でありますし、窓際の席からは銀座の街が一望できますので夜だと更に雰囲気が良くなることでありましょう


P7230636.JPG
A5ランクの黒毛和牛が使われるという「すき焼き御膳」をいただきますと…
さすがにランチとして提供されるものでありますからサシが入ったロース肉とはいかないようですが、お肉の柔らかさや脂身の甘みは黒毛和牛ならではのものでありますし、お肉で隠されるように長ネギや玉ねぎ、えのき しらたき お豆腐とボリューム感もあって満足度も高いものであったのですが…
炊き上がって時間が経っているであろうと思われるご飯とぬるいお味噌汁にはガッカリさせられました



サービスも期待されるものではなく…
言われたことだけを間違いなくこなすと言ったレベルでお客さまへの気遣いとまでは至っておらず、折角の雰囲気のお店であるだけに勿体無さを感じました



【江戸前肉割烹 宮下】
東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート12F
03-3538-4129


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-23 23:57 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線恵比寿駅:『Le Parc』  手作り点心と、こだわりのチョイフンがいただける希少なお店

P7220592.JPG

かつて日本で提供されていた点心と言えば餃子やシュウマイそれに春巻き程度のものであったのですが、海外への旅行客が増えるにつれ、点心の本場である香港でワゴンに乗せて提供される様々な点心を体験するお客さまも増え…
その口コミなどにより、最近では上海の小籠包や香港の点心を提供するお店へ人気が集まっているようであります



P7220603.JPG
おいしい点心を提供してくれるお店があるらしいよと友人から教えられた『ル・パルク』ってお店
かつてはフレンチを提供するお店であったとのこともあってか、"パリの下町チャイニーズ"をコンセプトとして、カジュアルな雰囲気の中、飲茶の本場である香港から呼び寄せたという点心師が手作りする点心を楽しませてくださるようであります


P7220580.JPG
お店は2フロアからなっていて…
2階席は恵比寿公園の緑を見下ろすことができるオシャレな雰囲気だとのことでありましたが、よりカジュアルにお料理を楽しみたいと1階席をいただくことといたします


P7220569.JPG
とりあえず…
とお願いした「前菜5種盛合わせ」には、クラゲや蒸し鶏というオーソドックスなもののほか、なんとアワビまでもが盛られていまして…
そのちょっとした贅沢感がうれしいですね


P7220584.JPG
海老餃子・ニラ餃子・蟹と海老の餃子・イカと大葉の餃子がいただける「蒸し点心盛合せ」
水晶のような透明感がある皮モッチリとしていますし、海老餃子ではエビのプリプリ感が、そしてニラや大葉の香りも生きていて…
これぞ、手作りだからこそのおいしさなのでありましょう


P7220586.JPG
そして、春巻・海老の衣揚げ・もち団子の「揚げ点心盛合せ」
パリパリの皮に包まれる熱々の餡がおいしい春巻き、サクッとしていながらも中のモチモチ感がたのしいもち団子をいただいたあとは…
揚げ春巻きの皮で包まれる海老の衣揚げをいただいたのですが、その春巻きの皮のパリパリ感は間違いなく癖になるものであります


P7220593.JPG
P7220594.JPG
おいしい点心をウリとするお店は数あるのですが、ワタシのお気に入りである「チョイフン」を提供してくれるところはあまりにも少なくて…
お店を教えていただいて以来、それをいただくことを楽しみにしていたのであります
その「チョイフン」でありますが、米粉と澱粉を水で溶いて作られるクレープのような薄い皮で食材を包み、それを蒸しあげたものを甘みのある醤油ベースのタレでいただくのでありますが…
トゥルンとした独特な食感は一日でなくなってしまうとのことで、朝のうちに仕込んだ数量だけを販売するというこだわりなのであります
"海老" "チャーシュー" "帆立と豆苗" と3つのバリエーションが用意されていることもありがたく、ワタシはチャーシューを除く2品をいただきましたが、いずれも納得のおいしさでありました


P7220600.JPG
蒸しあげられた麺を大量のもやしとともに焼き上げた「上海焼きそば」はオイスターソースの香りとシャキッとしたもやしの食感がみごとでありまして…
柔らかさがあるイカやムチッとした海老とともにおいしくいただくことができました



お店の雰囲気もオシャレでありますしサービスも心地良いことから、お昼を気軽に飲茶で… なんて時に利用したいお店であるのですが、残念なことに「チョイフン」はアラカルトとしての提供のみであるようで…
とは言え、おいしい点心を目的にまたお邪魔させていただくことでしょう



【香港点心飲茶 Le Parc】
東京都渋谷区恵比寿西1-19-6 UNパークビル1-2F
03-3780-5050


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-22 23:08 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:『Denny's』    パクチー好き必食!!だと言うハンバーグが食べたくて…

P7210544.JPG

ファミリーレストランの主役と言えばハンバーグ
一時は和食メニューなどを取り入れるチェーン店も多かったのですが、最近は原点回帰とでも言いましょうか、ハンバーグに力を入れているようですね



P7210530.JPG
そんな中でもデニーズが提供するハンバーグが面白いとの噂を耳にして…
"パクチー好きにはたまらない!"とのキャッチフレーズが付いたハンバーグをいただいてみようと、11日に販売開始後で日程を調整してお邪魔することにいたします


P7210555.JPG
先ずはグラントメニューにある「7種のチーズハンバーグ」から
チーズハンバーグと言えばガストが提供するチーズinハンバーグがあまりにも有名なところではありますが、こちらで提供されるものには"クリームチーズ" "カマンベールチーズ" "パルメザンチーズ" "エダムチーズ" "グリエールチーズ" "ゴルゴンゾーラチーズ" が合わせられたというチーズソースが掛けられておりまして…
がインスタ映えする真っ白なビジュアルが印象的であります
添えられたトマトソースをかけていただきますと、チーズのコクとトマトソースの酸味が合わさっておいしくいただけますし、ゴルゴンゾーラチーズが使われていることでの香りも楽しむことができます


P7210545.JPG
そして、今回お邪魔するきっかけとなった「パクチーと緑野菜のアジアンハンバーグ」
最も気になっていたのがそれに掛けられるソースでありまして、造語としても話題になっているジェノベーゼならぬ"パクチーゼ"が掛けられているに違いないと想像していたのですが…
少し香るナンプラーでアジアの雰囲気を演出したかのようなテリヤキっぽいソースでありまして、レモンを絞ったうえでパクチーと一緒にいただきますとスッキリとした酸味とともにおいしくいただくことができました


P7210540.JPG
夕食時にはファミリーレストランからお客さまが消える
なんてこともあったのですが、今日のこちらのお店では席待ちのお客さまがいらっしゃるほどの賑わいようでありまして…
安く売ることではなく、お客さまの興味を惹くような商品開発とそのクォリティの高さが求められているのだと再認識させられます



【Denny's】
東京都中央区八丁堀2-25-10 三信八丁堀ビル1F
03-3551-9812


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-21 22:55 | チェーン店 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線豊洲駅:『VOLKS』     ふっくらとジューシーに焼き上がったチキンステーキ

P7200525.JPG

宮崎からのフライトを前に空港内にあるコーヒーラウンジでミーティングをし、豊洲へと戻ってきたのは15:00過ぎのこと
当然ココはと思うお店のお昼営業は終了していますので、どこで遅いランチをいただくことにしようとかと…



P7200508.JPG
この時間になるとチェーン店であるCOCO壱番屋やフォルクスくらいしか営業してないだろうってことで、『フォルクス』へとお邪魔してみますと、何と16:00までランチメニューをいただくことができるとのことでありまして…
思いもしなかった幸せに喜びを隠すことができません


P7200526.JPG
ハンバーグ好きなワタシではありますが、メニューに載っている写真があまりにもおいしそうでしたので「チキンステーキ」をいただいてみますと…
メニュー写真よりも一回り小さく感じるチキンに気分が下がりはしたものの、思いのほかにふっくらと焼き上がった鶏肉がジューシーでありますし、皮目がパリッと芳ばしく焼かれていましたので和風系のサッパリとしたソースでおいしくいただくことができました
そして…
ランチタイムの商品にはお替りが出来る焼き立てパンとライス、それにスープバーまでもがセットになっていたいりと、お腹が空いているビジネスパーソンにはうれしいことでありますね


P7200512.JPG
別料金を支払うことでサラダバーを付けることもできるとのことでありますし、焼き立てパンが自由にいただけるという魅力に、近隣の奥さま方の利用も多いようですね



丑の日が近いということもあってのことでしょうが、ステーキハウスでありながらも「うな重」が提供されていまして…
ウナギのかば焼きが乗せられた牛丼「うな牛」を提供する『すき家』と同じ系列の会社だとはいえビックリでありました



【Steak House VOLKS】
東京都江東区豊洲3-3-3 あいプラザ1F
03-5546-0929


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-20 22:56 | チェーン店 | Comments(0)

福岡地下鉄空港線天神駅:『espressamente illy』    おいしいエスプレッソをセンスが光る空間で!

P7190462.JPG

宮崎への移動を前にまったりとしたモーニングをいただくことにしようと、ホテルを早めにチェックアウトして空港へと向かう地下鉄の改札口前にある『illy』へお邪魔することにいたします



P7190472.JPG
本物のエスプレッソを提供するバールでありますし、ファッションの街イタリアならではのデザインセンスが光る空間がお気に入りで…
日本橋に支店があった頃にはお邪魔することも多かったのですが、そこが再開発のために立ち退きとなって以降はすっかりご無沙汰だったのであります


P7190469.JPG
日本国内の展開はプロントが手掛けているようなのですが、その店舗数は10店にも及ばず…
おいしいエスプレッソも日本人には馴染まないのかと思いきや、ココ福岡には今日お邪魔している天神のほかに博多駅にもあるんですよね
福岡市民はエスプレッソ好きなのでしょうか?


P7190463.JPG
そんなお店でいただいたのは、ドリンク付きで450円からというお手頃が魅力的な、ホットサンドセットから「トマト&モッツアレラ」
セサミトーストってこともヘルシー感があって良い感じですし、テッパンとも言えるとろけたチーズとトマトソースとの相性も抜群で…
バジルの香りがあると更においしくいただけたであろうと、ちょっとぼやいてみたりして…



次回はフォカッチャでサンドされた「ツナチェダー」をいただいてみようとの楽しみができて…
便利な場所にあることもあって、こちらへお邪魔する機会が増えそうであります



【espressamente illy】
福岡県福岡市中央区天神2 福岡天神地下街東2-300
092-732-1686


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-19 23:10 | 福岡県 | Comments(0)

福岡地下鉄空港線中洲川端駅:『てら岡』   老舗料理店でいただく活いかは見惚れるほどに透き通る美しさ

P7180416.JPG

お気に入りの『THE CITY BAKERY』が運営する『BAR & BURGER RUBIN』でランチを済ませ…
軽く打ち合わせをした後は福岡で一緒に仕事をしている仲間との会食であります



P7180442.JPG
で、お邪魔させていただくのは1976年創業という福岡を代表する日本料理店『てら岡』
お店の看板にもあるように一年を通じていただくことができる"活いか"が名物であるとのことですし、創業以来の人気メニューでもあるとのことですから「いかづくしコース」をいただくことにいたします


P7180424.JPG
九州一番の歓楽街である中洲への入り口となる春吉橋の袂にあるということで、今回いただいた3階のお部屋からは那珂川の流れを望むことができ…
水の流れで涼しさを感じることもできますし、向こう岸に見える"Grand Hyatt"も良い感じであります


P7180412.JPG
提供された前菜には「てら岡の三珍」と名付けられていまして…
柚子を加えた唐辛子のタレに生いかを漬け込んだてら岡オリジナルの名物商品である「いかじゅぽん」と明太子、そしてもう一品は…
白身魚のフライだったのですが、そのお魚はあらだったのかふぐだったのかわかりませんでした


P7180418.JPG
そしてメインとなる「いか活造り」
博多に来たなら…
と、これまでにも活いかをいただいたことはあるのですが、これほどまでに身が厚いものは初めてでありまして、そのコリコリとした食感と甘味は期待以上でありまして…
仲居さんにお勧められた藻塩でいただいてみますと、その甘みが一層引き立てられるような感じでおいしくいただけますね


P7180432.JPG
いつの頃からか、博多のお土産ランキングに名を連ねるようになった「いわし明太子」
確か、その始まりは老舗明太子屋さんが開発したと記憶しているのですが、こちらてら岡でもお土産として販売されているようですね
とは言え、これがいかづくしコースに入れられる必要性は無いようにも思えるのですが…


P7180434.JPG
「いかしゅうまい」
確かにリーズナブルなお料理ではありますが、先のいわし明太に続いてまたもや既成商品が提供されまして…
確かにおいしくはいただけるのですが、福岡を代表する料理屋さんとの期待にはそぐわないように思えるのですがね


P7180428.JPG
「いかの後作り」
先にいただいた活造りのゲソやエンペラーを塩焼きのほか天ぷらや唐揚げに二次加工していただけるとのことですから、天ぷらにしていただけるようお願いいたします
活いかを提供するお店では当たり前になっているサービスではありますが、そこは歴史ある料理屋さんだけにサクッと揚がった衣の食感は見事なものでありますし、出汁の旨みが感じられる天つゆはさすがといえるモノでありました


P7180437.JPG
〆の食事は白飯の上に刺身と卵黄が乗せられた「いか丼」は、九州の甘みある醤油でいただく卵かけご飯のおいしさの中にイカのコリコリとした食感と甘味が加わって…
海苔の風味も良いアクセントになってますね
そして…
添えられた味噌汁の、甘みある白味噌がまた良い感じでありました


P7180441.JPG
ゼリー寄せのツルンとした舌触りが涼しげな感じがするデザートで「いかづくしコース」も〆
おいしい活いかもいただきましたし、仲間との楽しい時間も過ごせましたし、大満足のひと時でありました



次回こちらへお邪魔することがあれば…
ふぐの白子がたっぷりと入った白子の雑炊をいただいてみたいものであります



【日本料理 てら岡】
福岡県福岡市中央区西中洲1-3
092-734-3988


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-18 23:42 | 福岡県 | Comments(0)

JR長崎本線神崎駅:『百年庵』     1873年創業 140年以上の歴史を持つ老舗製麺所直営

P7170392.JPG

連続する真夏日
こんなに暑い日が続くと頭に浮かぶのは冷たい麺を啜る姿ばかりでありまして…
とくに目的も無くランチへ出掛けたところで気付いたのですが、素麺を名産とする佐賀県の神崎って町は筑後からは意外と近いんですよね


P7170374.JPG
そんな神崎市内から15分ほど車で走ったところにある『百年庵』
背振渓谷の水系を利用している老舗製麺所が営むお店だということから、そのお味には間違いないであろうとお邪魔してみますと、炎天下の中で20人近いお客さまが並んでおられるではないですか
そんな光景を目にして怯みはしたものの折角ここまで来たのだからと…


P7170381.JPG
とは言え、ちょうど先客と入れ替わるタイミングであったようで…
15分足らずで席へと案内をしていただくことができたのですが、城原川の清流を眼下にする座敷席で無かったことが残念でなりません


P7170393.JPG
メニューを眺めますと…
通りにある大きな看板にも"神の白糸"とあるように素麺の専門店かと思いきや、冷麦やうどんにとどまらず、蕎麦までもがあることにビックリでありますし、いろんなセットメニューなんかもあって観光地のレストランのようですね
さて、そんなメニューの中から選んだのは「桶そうめん」でありまして、氷水に泳ぐ白糸がとっても涼しげで良い感じであります
気さくなスタッフの方にわがままを言って、少し多めにいただいた生姜でサッパリといただくことができ大満足であります


P7170384.JPG
素麺だけではちょっと物足りだろうと天ぷら盛り合わせをいただきます
とくに何の捻りもないシンプルなものではありますが、麺料理と天ぷらの相性ってホントに良いですよね
しかも、これで580円とはお安くないですか?



【百年庵】
佐賀県神埼市神埼町的1779
0952-53-2853


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-17 23:04 | 佐賀県 | Comments(0)

JR鹿児島本線大牟田駅:『リンガーハット』    サラダ感覚でいただける野菜がおいしい冷やしちゃんぽん

P7160344.JPG

九州出張の楽しみの一つに、おいしい麺をいただくことがありまして…
福岡を代表するうどんやラーメンだけでなく、長崎を本場とするちゃんぽんも提供するお店も多いってことも魅力なのであります



P7160334.JPG
使われる野菜全てを国産に切り替えたことや厚生労働省が推奨している1日に必要な野菜の摂取量350gを超える480gが使われるという「野菜たっぷりちゃんぽん」の販売などで、業績のⅤ字回復を果たしているリンガーハットでありまして、女性セブン(2017年3月9日号)にも掲載された外食チェーン顧客満足度ランキングのファストフード部門において『モスバーガー』『丸亀製麺』に次ぐ3位にランクインしたことでも注目されているようでありまして…


P7160335.JPG
所用で出かけたついでに大牟田市郊外にあるお店へお邪魔してみますと、日曜日の19:00近くではありましたが10人近くのお客さまが席待ちされている光景にビックリさせられますし、その半数以上が女性のお客さまであったことには驚きでありまして…
「健康、安全、安心」をウリとすることで、健康志向の強いお客さまや女性客へのアピールにもなっているようであります


P7160345.JPG
そんなお店でいただいたのは「冷やしちゃんぽん」でありまして…
エビ 白 赤 とのバリエーションから、定番であるちゃんぽんを冷製に仕立てたであろう 白 をチョイスいたします
たっぷりのもやしにレタスと水菜、それにミニトマトとオクラが添えられていまして、サラダのようなシャキシャキ感が冷たいスープと良く合っていまし、柚子風味のちゃんぽんドレッシングと合わせていただきますとその柚子の香りが加わることで一層おいしくいただけますね



【長崎ちゃんぽん リンガーハット】
福岡県大牟田市八江町69-1
0944-56-2566


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-16 22:26 | チェーン店 | Comments(0)

JR長崎本線佐賀駅:『クレソン』    この地にお店を構えて30余年 地元に愛されるハンバーグ専門店

P7150317.JPG

九州出張の前半に滞在することが多いのが筑後エリアなのでありますが、不思議なことにこのエリアにはハンバーグとステーキの専門店が多く存在しているようで…
先月にお邪魔した『はんばぁーぐ亭』を皮切りにいくつかのお店を訪ねてみることにいたします



P7150331.JPG
ということで、今回は『クレソン』ってお店
厳密にいうとココは佐賀県であるために筑後地方とは言わないのかも知れませんが、県境となる筑後川を渡ってすぐのところにあるということで…


P7150327.JPG
開業当初は神崎と言う町でご商売をされていたようなのですがこの地に移り30余年
今では70歳を超えたオーナーシェフとその奥さまとで頑張っておられるとのことでありますが、落ち着いた色合いで統一された店内はピカピカに磨き上げられていて…
当時を懐かしむ喫茶レストラン的な雰囲気を残しながらも、古ぼけた感じはありませんね


P7150318.JPG
さて、そんなお店でいただいたハンバーグがコレ
ランチタイムと言うことでお得な商品もあったのですが、お腹が空いていたってこともあり、ひとつ100g強かと思われる塊が3つ乗せられた「ビッグハンバーグ」であります
和風ソースにガーリックソース、そして梅ソースと3種ものソースを提供していただけましたので、3つのハンバーグにそれぞれのソースを掛けていただきます
ハンバーグに使われるお肉は和牛100パーセントとのことではありますが、パン粉や玉子といったつなぎを使うことでふっくらと焼き上がっていて、とてもジューシーなものでありますし…
ワタシとしては和風ソースのと相性がベストだと思えたのですが、どのソースともうまく絡み合いますのでとってもおいしくいただくことができますね



一人2回までとの制限があるものの、サラダバーが設置されていまして…
時代に取り残されることが無いようきちんと勉強されていることが窺えるお店でありました



【ハンバーグの店 クレソン】
佐賀県佐賀市諸富町山領325-1
0952-47-2391


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-15 22:30 | 佐賀県 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線豊洲駅:『石楽』   シャキシャキの山芋 梅肉の酸味でおいしくいただけます

P7140292.JPG

九州への出張の日
いつものように豊洲から羽田空港へと向かうリムジンに乗る前にランチをいただこうと出掛けたのですが、それが少し出遅れてしまったために、どこのお店にも長蛇の列ができていまして…



P7140280.JPG
改めて豊洲のランチ事情を体験したワタシは、そんな中でも最も列が短かかった蕎麦屋さんに並ぶことにいたします
女性のお客さまが多くいらっしゃったことで、席の回転が遅いのではとの不安もあったのですが…
こちらのお店の中央にある大テーブルがひとり客をドンドンと飲み込んでいって、10分も待つことなくその大テーブルの一角をいただくことができました


P7140284.JPG
赤い椅子が印象的なカフェのようなオシャレな雰囲気が女性客を呼び込むのか、蕎麦屋としては珍しいのではないかと思う客層でありまして…
それがまた、あたらな女性客を引き込むのでありましょう
ワタシが席をいただいた大テーブルには女性おひとりさまも多くいらっしゃいました


P7140293.JPG
あまりの暑さだったこともあり、いただくお料理は「たたき長芋と梅肉の冷かけそば」
冷たく冷やされたかけ汁によりサッパリといただけるだけでなく、叩かれた長芋のシャキッとした食感や梅肉の酸味や大葉の香りが食欲を掻き立ててくれる一品でありますね
出汁は鰹節と昆布でとられているようで、その旨みもあっておいしくいただくことができました


P7140295.JPG
お昼のサービスとして提供されるいなり寿司
これがまたしっかりと旨みを染み込ませた揚げでありますので、先のかけ汁との相性も良く…
お腹を空かせたビジネスパーソンにはうれしい一品ですね



忙しいお昼どきではありますが、手が空いた瞬間には冷たいそば茶のお替わりに回るなどサービスもしっかりとしていまして…
おいしさだけでなく、心地良いひとときを過ごすことができました



【石臼挽きそば 石楽】
東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント1F
03-6204-2670


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-14 23:10 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『傳々分家』     おいしい銘柄牛を提供してくれる焼肉屋さんのランチ

P7130274.JPG

100軒近いもんじゃ焼き屋さんが軒を連ねるもんじゃストリートが有名な月島ではあるのですが…
実は焼肉店の激戦区でもありまして、60余年続く老舗店からや厚切りタン発祥として知られるお店、飛騨牛や神戸牛などブランド牛を扱うお店などと名店も多く存在しているのであります



P7130263.JPG
ちょっと元気を付けようとお邪魔したのは、もんじゃストリートにある『傳々分家』へお邪魔することにいたします
但馬牛や松坂牛、近江牛・前沢牛・米沢牛など全国の銘柄牛から、その時々に最もおいしいお肉を厳選して提供しているという『傳々』の支店であるのですが、リーズナブルにいただけるランチメニューを提供して下さるのであります


P7130275.JPG
限定数で提供されるハンバーグをいただくことにしようと思ったのですが、三年蛾ながらそれは売り切れだということでしたので「スタミナ鉄板焼き牛肉」をいただくことにいたします
熱々に熱せられた鉄板でジュージューと音を立てながら運ばれてきたときにはおいしさを感じていたのですが、卓上の置かれたそれを見ますと、お肉の姿はあまりなく細切りにされたキャベツばかりが目立っていて…
テンションが下がりながらもそれをいただき始めますと、焼肉屋さんならではのタレのおいしさや炒められたことでのキャベツの甘みをおいしくいただけますし、その下に隠れていたお肉は夜に提供される銘柄牛の端材が使われているのでしょうか…
決してたっぷりとは言えないものの、キャベツを食べ進めるにしたがって顔を出してくれるお肉はとっても軟らかく、甘みと旨みがありますので満足することが出来ました




【傳々分家】
東京都中央区月島3-8-9
03-3534-8929



[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-13 23:06 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線築地駅:『鳥藤分店』     これぞふわトロ 究極の親子丼がココにあり

P7120253.JPG

定例の築地
いつもお寿司や海鮮丼ばかりをいただいているので、今日はちょっと気分を変えて…
明治40年創業という老舗の鶏専門精肉店『鳥藤』が手掛けるお店で親子丼をいただくことにいたします


P7120256.JPG
場所は築地本願寺がある築地四丁目交差点から場外の路地を入ったところ
いまではココを目的に築地へやってくる観光客も多いとの噂も聞いていましたので、長蛇の列を覚悟していたのですが先客として並んでいたのは3組だけでありまして…
こんなチャンスを逃してはならぬと、強い日差しの中ではありましたがその列に並ぶことといたします


P7120250.JPG
カウンター席と4名掛けのテーブル席が2つあるだけの小さなお店でありまして、そのカウンター席は椅子の間隔が狭くちょっと窮屈なんですよね
とはいえひとりでお邪魔したワタシは当然カウンターへ座ることとなるだろうと思っていたのですが、運良くテーブル席へと案内されます
もちろん相席ではありますが…


P7120248.JPG
名物である「親子丼」をはじめ、「鳥めし」や「ぼんじり温玉丼」のほか、軍鶏を使った親子丼や塩味でいただく親子丼、さらにはカレーが掛けられる親子丼などメニューは豊富であります

それだけあると何をいただこうかと迷うところではありますが、やはりふわトロの魅力に勝るものはないであろうと、最もシンプルな親子丼をいただいてみますと…
大山鶏の柔らかくジューシーな味わい、想像以上にふわトロに仕上げられた卵の食感、サッパリとしていながらもコクがあるタレの風味と様々なおいしさが拡がるのでありまして…
これこそが一杯の丼に込められた、職人の思い入れなのでありましょう



忙しい営業ではありますが、手が空いた瞬間には冷茶のサービスに回ってくれるなど、サービスもしっかりとしていまして…
人気に胡坐をかくことの無い営業姿勢にも感心させられるお店であります



【鳥めし 鳥藤分店】
東京都中央区築地4-8-6
03-3543-6525
http://www.toritoh.com/


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-12 22:36 | 東京都 | Comments(0)

岡電東山本線西川緑道公園駅:『華菜家』    米粉で作られる柔らかい皮が魅惑的なチョイフンとの出会い

P7110214.JPG

米子から移動してきた岡山は30℃を優に超える真夏日でありまして…
曇天であったことで湿度も高くサウナの中でスーツを着ているような不快感のなか、岡山市と倉敷市を移動しながら打ち合わせを進めます



P7110241.JPG
仕事を終えて…
空港へ向かう前に夜ごはんいただくことにしましょうと、岡山駅前の繁華街 西川沿いにある『華菜家』へお邪魔することといたします
地産の岡山野菜を中心としたお料理をいただくことができる中華料理のお店でありますが、こちらが提供する小籠包がおいしいと話題になっているとのことであります


P7110237.JPG
ということで先ずは「小籠包」
モチッとした皮にはたぷんたぷんの肉汁が包まれていますので、それを箸で盛り上げようとしますと皮を破ってしまいそうでなのでありますが…
ステンレスの上に乗せられていますので、それをそのままレンゲ代わりにしていただけるってことが助かります


P7110212.JPG
「海鮮、甘長ししとうの塩炒め」
生でもいただくことができれるというしし唐でありますから、ざく切りにされたものは軽く脂が馴染むほどに炒められていまして…
名の通り甘みがあっておいしいのでありますが、そこは唐辛子
時にその辛味が襲ってくるのもまた楽しさでありますね


P7110215.JPG
香港では「腸紛(チョイフン)」と称される、米粉で作られる柔らかい皮で海老などを包んでいただくお料理なのでありまして…
その皮のトロンととろけるような食感は女性ならば誰もが虜になると思うのですが、これを日本で提供してくれるお店ってホントに少ないんですよね
そんな「腸紛」に思いもせず出会えた幸せにテンションが高まります


P7110219.JPG
P7110226.JPG
暑くなると不思議に食べたくなるのが辛いお料理だということで…
「岡山県産ナスと豚肉の四川炒め」と「鶏肉とカシューナッツの赤唐辛子炒め」
油とナスの相性が良いことは周知なことでありますし、鶏肉と唐辛子の相性も抜群であることから、このふた品を外すことはできませんね


P7110235.JPG
「海老のふんわり揚げマヨネーズ和え」
辛いお料理のあとはマヨネーズの優しい味わいが舌を休めてくれます
プリッとした大ぶりの海老の食感は海老本来のムチッとしたものでありまして、キチンとお店で下ごしらえをしていることが窺えます



お料理だけでなく、個室として使えるように間仕切りされる空間がある店内はオシャレでもありまして…
おいしいお料理をいただきながら過ごすひとときも幸せなものであります



【安心野菜の中華とオーガニックワイン 華菜家 -HANAYA-】
岡山県岡山市北区本町8-15 フローレンス本町グランドシティ本町プラザ1F
086-224-8802
https://hanaya.owst.jp/


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-11 23:31 | 岡山県 | Comments(0)

JR山陰本線米子駅:『PENTORA mamma』      気軽に入れるピッツェリアはスパゲッティもおいしかった

P7100176.JPG

5日ほど前に島根で降った大雨
10,000人近くの人に避難指示が出される程だったと聞いていただけに、今回の出張を心配していたのですが…
この辺りはそれほどの豪雨ではなかったとのことで羽田空港から100分
無事に米子空港へ到着いたします



P7100171.JPG
仕事を終えた夜
ホテルへのチェックインを前に『ペントラ・マンマ』へお邪魔することにいたします
今回宿泊するのは駅前にあるホテルなのですが、常宿としているところからは歩いて1~2分ほどということで、これまでにも何度かお邪魔しているお店でありまして…
石窯で焼き上げるピッツァだけでなく、お店で焼き上げるケーキも魅力的なお店なのでもあります


P7100177.JPG
が、今日はお腹を満たすことが目的でありましたので、パスタをいただくことにしようと「海老とアスパラのトマトクリームソース」をチョイス
最近では生麺のパスタを提供するお店が増えている中、こちらではプリッとした食感と程よいアルデンテを楽しむことができる乾麺が使われていることでもお気に入りなのでありまして…
濃厚なトマトクリームソースが絡まることでおいしくいただけました



ビルテナントの共有ではありますが駐車スペースもしっかりとしていますし、客席も広くゆったりとしていまして…
カップルだけではなく女子会にもピッタリでありましょうし、それほどシャレ過ぎてはいませんので男同士でも照れることなく利用できると思います



【PIZZERIA PENTORA mamma】
鳥取県米子市加茂町2-180 国際ファミリープラザ1F
0859-32-6560
http://hakuraifood.jp/pentola/


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-10 22:26 | 鳥取県 | Comments(0)

東京メトロ銀座線三越前駅:『こけこっこ』    スタイリッシュな雰囲気の中でいただける薄皮の餃子

P7090108.JPG

友人から餃子が食べたいとのリクエストを受けて幾つかのお店を候補としたのだけど、それらのお店は全て日曜日が定休でありまして…
最近話題に餃子バルにしようかとも思ったのですが、その多くはチープな店造りであることから好みに合わないんですよね



P7090087.JPG
そこで思い立ったのがこちら
『こけこっこ』という店名がどうにも餃子に結びつかず、おいしさを感じることができないためにこれまでお邪魔することが無かったのですが…
今日のこの機会に思い切って挑戦してみることにいたします


P7090088.JPG
日本橋三井タワーの地下一階
こちらの飲食フロアは、隣り合うお店との仕切りが設けられず統一したイメージでまとめられていまして、ランチタイム以外では他のお店で提供するお料理をデリバリーしていただくこともできると言う楽しいシステムでもありますし、何より三井タワーのブランドもあってかオシャレな雰囲気であることもうれしいですね


P7090096.JPG
P7090099.JPG
P7090100.JPG
P7090106.JPG
とりあえず…
10品ほどが用意されたALL300円との商品群から「メンマ&煮玉子」「ネギ豆腐」「甘酢胡瓜」「肉味噌もやし」といただきます
餃子の提供にはそれになりに時間が掛かるものでありますから、こういったすぐに提供される商品があると言うのはありがたいことですね


P7090112.JPG
P7090109.JPG
「パクチー野菜サラダ」と「パクチー水餃子」
"パクチーあるところに女子集う"と言っても良いほどにパクチー女子が世に溢れているのでありまして…
こちらでもしっかりとそれを狙った商品が組まれているのですが、餃子そのものにパクチーが包み込まれていたり皮に練り込まれたりといったものではなく、ただトッピングされただけの商品であったことは残念に思えます


P7090128.JPG
P7090124.JPG
定番の「薄皮餃子」は3個 5個 10個 15個 20個と選ぶことができまして…
餃子目的でお邪魔しているワタシとしては10個といきたいところではありますが、初めてのお店でもありますし他にもいろんな餃子を試してみたいと5個をチョイス
薄皮であることや包まれる具材も野菜が多めであることからサッパリとしていますし、お酢&ブラックペッパーというお勧めのタレでいただきますと一層サッパリといただくことができ、これなら何個でもいただけちゃいそうです
そして「しそ焼き餃子」では香り高い大葉がアクセントとなっていてこれまたおいしくいただけます


P7090146.JPG
〆でいただくのは、夏季限定で提供される「冷やし塩ラーメン」
これが思いのほかに絶品でありまして…
ミネラルが豊富であることから甘味を感じることができる塩、油っこさが無くスッキリとしていながらも旨味があるスープ、そして加水が少なめの細麺
これらが見事なバランスでまとまっているんですよね
そして、トッピングされたネギのシャキッとした食感と香りが加わることで更においしくいただくことができました



日曜日と言うことでそれほど忙しいと予測していなかったのでしょうか
ワタシがお邪魔したタイミングでは、ホールも調理場もそれぞれ一人で営業されていましたので商品の提供やサービスにも無理が出ていたのですが…
ホールを担当されていた小柄な女の子の笑顔でカバーできていたように思えます



【餃子と炙り こけこっこ】
東京都中央区日本橋室町2-1-1 日本橋三井タワーB1F
03-6214-2365


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-09 22:50 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『相馬屋』     サクッとした揚げ玉の食感がおいしい冷やしたぬきそば

P7080073.JPG

ちょっとした所用のために出かけていたのだけど…
猛暑日とも言えそうな暑さのために早々に予定を切り上げ帰宅したあと、ちょっと暑さが和らいだであろうと夜ごはんへと出掛けます


P7080067.JPG
とは言え、この厚さの中で食べたくなるものと言えば、ツルツルっと啜れる麺料理ばかりが頭に浮かんでくるのでありまして…
近場にあるお蕎麦屋さんで蕎麦を手繰ることにいたします


P7080070.JPG
平日だと仕事終わりのビジネスマンが一杯やっていることが多いのですが、今日は土曜日だと言うことでか近隣にお住いのファミリーと思われるお客さまで賑わっていまして…
気取ることの無い雰囲気が地元密着として人気なのでありましょう


P7080074.JPG
で、いただいたのは「冷やしたぬきそば」
これまでは、蕎麦と言えば"ざる"をいただくことが多かったのですが、今年ハマっているのが「たぬきそば」でありまして、揚げ玉のサクッとした食感の虜となったのであります
冷たく〆られていることでの蕎麦の喉越し、そして節が香る出汁のおいしさ 
とリーズナブルでありながらも、こちらはホントにおいしいお蕎麦を提供してくださいますね



いつもだと蕎麦屋の出汁で作ったおいしい丼を一緒にいただくところではあるのですが、今日は暑さに負けて食欲ダウン
お蕎麦だけをいただいて帰る寂しい夜ごはんでありました



【そば處 相馬屋】
東京都中央区佃2-6-3
03-3531-4405


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-08 22:41 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線銀座駅:『松重』    松阪牛専門の老舗精肉店直営 お肉の舌触りがおいしいすき焼き

P7070026.JPG

この春に開業したGinzaSix
ひと月ほど経ったときに見学へ行ったのですが人が多くって…
それで、そろそろ落ち着いて来たようですので再訪してみることにいたします



P7070037.JPG
6階にある銀座大食堂
こちらには全国から選りすぐられたという7店舗が軒を連ねるのれん街と、そのお店に囲まれるモダンテラスエリアと言うものがあって…
各店に用意される10席ほどのカウンター席でこだわりのおいしさを楽しめるのはもちろんのこと、モダンテラスエリアでは各々のお店が用意したセレクトメニューをランダムにいただくこともできるようですね


P7070031.JPG
ってことでお邪魔したのは『松重』
三重県津市で60年近い歴史を持つ松阪牛専門の精肉店『朝日屋』の直営店として、おいしいすき焼きと牛しゃぶを提供して下さるお店であります
店内にはピシッと白衣を着た、いかにも肉職人らしき方がいらっしゃいまして…
ちょっと緊張しながらも仲居さんに促されるままにカウンターに着席いたします


P7070007.JPG
P7070011.JPG
松阪牛を…
とも思いましたが、さすがにお値段も立派なものでありますので、今回は比較的リーズナブルな黒毛和牛のすき焼きをいただくことといたします
とは言え、そのサシの美しさは見事なものでありますし、思いのほかしっかりとした厚みにスライスしていただけますからご馳走感は半端ないですね


P7070018.JPG
P7070002.JPG
そんなお肉を仲居さんが丁寧に焼いて下さいまして…
ジューっと立つ音とともに拡がる割り下が焼ける香りに幸せを感じます
そして焼き上がったお肉を玉子に潜らせてお口へと運びますと、とろけるように柔らかな舌触りとサシの甘みが拡がる至極のひと時を満喫
お肉のおいしさだけでなく、程よい甘みがある割り下のおいしさも光ります



数あるお肉料理のなかで一番好きなのがすき焼きでありますし、最期の晩餐に何が食べたいと聞かれると間違いなくすき焼きと応えるでありましょう



【すき焼き 牛しゃぶ 松重】
東京都中央区銀座6-10 GinzaSix 6F 銀座大食堂内
03-6274-6829


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-07 22:17 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ半蔵門線水天宮前駅:『つじ村』     職人の技術と選りすぐられた食材のおいしさが光ります

P7069964.JPG

箱崎での打ち合わせがあって…
ならばと、以前からチェックしていた天ぷら屋さんでランチをいただくことにしようと、そのお店の開店時間を目指して出掛けることにいたします



P7069955.JPG
で、お店に着いてみますと…
半年ほど前に改装されたとのことで思い描いていたお店の雰囲気と異なっていたために、移転もしくは閉店してしまったのではないかと心配になったのですが入口扉脇にある小さな看板を見つけてひと安心であります


P7069961.JPG
店内はカウンター9席と2名掛けの小さなテーブルがふたつ
小さなお店でありますが、ひとりの職人さんが天ぷらを揚げるにはほど良い大きさでありまして…
これはおいしい天ぷらがいただけるに違いないとテンションも高まります


P7069965.JPG
P7069967.JPG
お昼に提供されるお料理は天ぷら御飯と天丼、それに季節の食材が織り込まれた特選定食の三つだけでありまして…
特選にしようかとも思いましたが、今日は天ぷら御飯をサッといただくことにいたします

先ずは海老から
薄衣で揚げられたサクッとした食感と、小ぶりでありながらもムチッとした海老本来の食感を楽しむことができまして…
期待通りのおいしさに大満足であります
そして、キスと穴子、かぼちゃとしし唐と提供されるのですが、ふっくらと揚がったキスのホッコリとしたおいしさに素材の良さを感じます


P7069970.JPG
最後はかき揚げ
一口ふた口とお塩でいただき、残りは天つゆを付けてご飯に乗せて…
天ぷらのみならず、一粒ひと粒がしっかりとしたご飯も立派なものでありますし、添えられる漬物や味噌汁までもがしっかりとしています



1990年にホテルオークラの山里を退職された先代がオープンしたお店とのことですが、今では同じく山里で修業をされた二代目に譲られているようですね
素材を知り、しっかりとした技術を持った職人さんが揚げる天ぷらをリーズナブルにいただけるなんて…
なんと幸せなことでありましょう



【天麩羅 つじ村】
東京都中央区日本橋箱崎町27-5 ニューシティハイツ日本橋1F
03-3666-3419


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-06 22:33 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:『SHUNGOURMAND』  売り切れ必至の大人のお子さまランチは肉のオーケストラ

P7059949.JPG

東京駅へと向かうバスの車窓から工事中のお店を見つけ、どんなお店が出来るのだろうと気になっていたのですが一度もお邪魔することも無く3年が過ぎてしまったのですが…
数カ月前にお店の前を通りがかった際に見たランチメニューが肉好きにとってはあまりにも魅力的なものでありましたのでどうしてもそれを食べてみたくなったのであります



P7059943.JPG
京橋にあった人気店『東京バルバリ』がビルの建て替えのために閉店
それを機に同店のシェフを務めていた方が独立し『シュングルマン』をオープンさせたのだとか…
となれば、おいしいお肉料理がいただけるに違いないと期待が膨らむところであります


P7059945.JPG
30席ほどのお店はお昼どきにはいつも多くのお客さまで賑わっていますし、予定数のランチが品切れになると閉店しまうために…
これまでに2回お邪魔しようと試みていたのですが満席であったり閉店していたりと夢叶わずに終わっていたのですが、今日初めてお邪魔することができました


P7059950.JPG
そんなランチメニューがコレ
大人のお子さまランチとも称されるワンプレートディッシュでありまして、お昼の時間に提供される商品はコレ一種だけなのでありまして、カレーソースが掛けられた鶏肉のフリートにハンバーグ、豚ロースやサルシッチャと、オーケストラのように肉料理が盛られておりまして…
女性専用だと言うSSサイズから、Sサイズ Mサイズ 更には牛ロースがプラスされるLサイズとお腹の具合に合わせてチョイスできることもうれしいですね


P7059952.JPG
ワタシはと言いますと、当然のようにLサイズをいただくことといたします
ふっくらと焼き上がった鶏肉はジューシーでありますし、ハンバーグはギュッとお肉を噛みしめる食感がおいしいですし、プチッと皮が弾けるサルシッチャも納得のもの
さらに塊で焼かれると言う豚ロースは周りがカリッと焼かれ中はしっとりとしていますし、ヅケになった牛ロースはレアな状態で提供されることでの柔らかさは納得のおいしさですね
相盛りされるナポリタンもまた魅力的なのでありまして…



そんな商品を目的にわざわざ予約をして来店されるお客さまも多いとのことですが、それも頷けるものであるのですが…
これだけの人気になりながらも高飛車になることなく、優しい接客をしていただけることがまたうれしくファンになりそうであります



【SHUNGOURMAND】
東京都中央区新川2-3-7 浪商ビル1F
03-6222-8464


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-05 23:22 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線恵比寿駅:『焼肉 うしみつ』     低温調理されたシャトーブリアンは驚くほどの柔らかさ

P7049902.JPG

予約が取れないことでも有名な、焼肉割烹『西麻布けんしろう』
その姉妹店として恵比寿に『焼肉 うしみつ』がオープンしたのが2月のことでありまして…
いつかはお邪魔したいものだとチャンスを狙っていたのでありますが、偶然にも友人の誕生日でもある今日、その機会をいただくことができました



P7049940.JPG
恵比寿駅西口から徒歩3分とのことではありますが…
台風が近づいているとのことで雨脚も強くもありますしロータリーから続く坂道でもありますので、道を間違えたくはないと何度も携帯のナビゲーションで確認をしながらお店へ向かいますと、目線の先の中二階にも思えるようなところに掲げられたお店の看板が飛び込んできます


P7049876.JPG
照明が抑えられた店内には高級なイメージが漂っているのですが、いわゆる無煙のロースターではなく、昔ながらのコンロが卓上の置かれていまして…
実はワタシ、このコンロで焼く焼肉が一番美味しいと思っているだけに思わずテンションが上がってしまいます


P7049868.JPG
もちろんアラカルトでいただくこともできるのでしょうが、今回は「おまかせコース」と言うことで…
まず最初に提供されたのが「季節野菜の前菜盛り合わせ」でありますが、ホタルイカのキムチが白菜キムチに乗せられていること以外は、ウコンでマリネされている人参、ゴーヤにコリンキーなどが彩りよく並べられる姿は焼肉屋さんとは思えないようなものであります


P7049871.JPG
そして「うしみつサラダ」
ごま油をベースとするドレッシングで和えられた、いわゆるところのムンチュサラダなのでしょうが…
みずみずしいキュウリや完熟した甘味があるトマトなど、素材へのこだわりが感じられるサラダでありました


P7049878.JPG
P7049883.JPG
規制が厳しくなったユッケではありますが、こちらのお店は認定生食用食肉取扱者の認定を受けているらしく、他の焼肉店との差別化商品として力を入れているようであります
並べられた一口サイズのユッケは、スダチの酸味と香りでサッパリといただけるものから、ツーンとわさびが効いたものなどたさいでありまして…
雲丹やキャビアが添えられる「うしみつユッケ」のおいしさには格段の差がありますね


P7049888.JPG
「タンの食べ比べ」
雪室の中で熟成させる“スノーエイジング”という手法が取り入れらたというタンを、塩コショーでいただく厚切りとネギオイルで揉まれた薄切りとを食べ比べるのですが…
軽く炙る程度でいただく薄切りタンはトロンととろけてしまいそうな魅惑的なおいしさででありますし、表面を強めに焼いたミディアムレアほどの厚切りタンは驚くほどに軟らかく塩コショーで引き出された旨みを味わうことができるのであります


P7049895.JPG
「特撰塩焼物盛合せ」として提供されたのは、モモ肉の中でもシンタマと呼ばれる部位の中心にあることから希少価値が高いとされる“シンシン”と“ハラミ”でありまして…
キメの細かいシンシンの柔らかさわさびでいただくことで、サッパリとした赤身のおいしさがより一層引き立ちます


P7049898.JPG
続いては「花ブロッコリーの天ぷら」
花の部分が肉詰めになっていたのですが、それが実にジューシーでおいしくて… さらに茎の部分のホッコリとした食感も見事であります
器の模様かと思ったピンク色のソースはビーツで作られているとのことで、細部にまでいろんな趣向が凝らされていますね


P7049903.JPG
そして登場したのが話題の「けんしろう焼き」
仕上げに瞬間燻製をかけているのだということで、テーブルで蓋が開けられますとその煙と一緒に燻製の良い香りが拡がりまして…
そのサービス手法や拡がる燻香が周りのお客さまの目を惹き更なる注文へとつながるのでしょうね
さて、そのお肉
シャトーブリアンが使われているのでありますが、低温調理されることでお肉が持つ水分が残されているために驚くほどに軟らかく…
トリュフ塩で調味されていると言うこともあり、これまでに体験したことが無いほどに贅沢な気分にさせてくれるものでありました


P7049911.JPG
P7049913.JPG
箸休めのあとに提供されるのは「特撰タレ焼物盛合せ」は“クリミ”と“ヒレ”
ミスジと肩肉をつなぐ人間で言うところのデコルテ付近のお肉であるクリミは脂身が少なくサッパリとした赤身肉でありまして…
薄切りにされたクリミを炙るように焼き、小さなソースパンで温められた白ワイン仕立てのウニソースでいただくのですが、これは「うしみつ焼」とも呼ばれる名物であるとのこと
そしてもう一品のヒレは、同じようにソースパンで温められたペリグーソースでいただくのですが、このフォアグラやトリュフなどで作られるソースは先のウニソースと同様に二枚のお肉が焼かれたあとに下げられてしますのは勿体ないですね


P7049920.JPG
P7049924.JPG
サーロインとトモサンカクが重ねられた「すき焼き」
甘味のあるタレが焼きつけられたお肉は正に“すき焼き”でありまして、見るからに新鮮である卵黄と絡めることでおいしさが引き立ちまして…
ワタシは醤油ベースのタレに絡まったお肉が一番好きなのだと再認識いたします


P7049930.JPG
食事として提供されたのは「トマトとバジルのうしみつ冷麺」だと言うのですが、その見た目にはトマトを感じることが無く不思議に思っていたワタシの気持ちを察したのでしょう
トマトリキッドと出汁を合わせているのだと説明して下さったのですが、あまりにもイメージと異なる見栄えに不信感を抱きながらもスープをいただいてみますと…
すっきりとしたスープからほんのりとトマトの香りが拡がってきますね
そして細麺でありながらも噛み切ることができないほどにコシがある麺が、そのスープをよく連れて来てくれますし…
器に添えられたバジルのペーストを合わせていただきますと、ひと味の変化があって飽きること無くいただける一品でありました


P7049933.JPG
デザートは「さらさら粉雪のスノーケーキ」でありまして、真ん中に鎮座するパンナコッタに見える塊はミルク氷を削ったものを型取りされているのだとか
スプーンを入れることで崩れたそれはまるでシルキーなミルクパウダーのような舌触りでありますし、マンゴーソースと絡みながらお口の中で溶けていく儚さが、今日の楽しくおいしかったひとときの終焉にも相応しいものであります



全てのお肉はスタッフの方が丁寧に焼いていただけますので、最もおいしい状態でいただけることは基より、楽しい会話に華を咲かせたい女子の集まりなどにも最適であるようですね



【焼肉 うしみつ】
東京都渋谷区恵比寿南1-14-12 ル・ソレイユ3 M1F
03-3710-2933


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-04 23:39 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『PIZZERIA PONTE CENTRO』    本格的なパスタやピッツァがいただけます

P7039863.JPG

昨日に続いて真夏日になるとの予報が見事に的中し、ちょっと外に出ただけで倒れてしまうのではと感じるほどでありまして…
とてもどこかへ出掛けようと言う気にはなれず、近場でお昼を済ませることにいたします



P7039848.JPG
こんな暑さの日はツルツルっとお蕎麦を手繰りたくなるところではありますが、そこは先日お邪魔したばかりだと言うことで『ポンテチェントロ』
おいしいピッツァがいただけるってことでお気に入りのお店であります


P7039851.JPG
お昼どきには席待ちのお客さまが出るほどに賑わうお店でありますので、ちょっと時間をずらした14:00過ぎにお邪魔したにもかからず…
さすがに待つことなく席をいただくことはできましたが、近隣のご婦人方で満席に近い状態であることにはビックリであります


image1.JPG
17:00まで提供していただけるランチメニューがこれ
毎日異なるピッツァやパスタが用意されることで飽きることなく利用できるってことがうれしいですね


P7039857.JPG
パスタランチだけをいただくつもりではあったのですが、石窯で焼き上げるこだわりのピッツァも捨てがたく…
「ゴルゴンゾーラとクルミのクリームピッツァ」を単品でいただいてみますと、お手軽価格で提供さるにもかかわらずたっぷりのチーズが使われていて、ゴルゴンゾーラの濃厚な風味を楽しむことができました


P7039864.JPG
こちら「桜エビとケッパーのトマトソーススパゲティ」
ちょっと細めの麺ではありますが、乾麺が使わることでプリッと感とアルデンテが楽しめますし、桜えびの香りとスッキリとしたトマトソース、それにケッパーがアクセントになっていておいしくいただけますね



【PIZZERIA PONTE CENTRO】
東京都中央区佃2-1-6 リバーシティM-SQUARE 1F
03-5547-3030


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-03 22:10 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線三越前駅:『金子半之助』    コシの強さを楽しめる稲庭うどんと一緒にぜいたくめし

P7029828.JPG

チキンバスケット発祥のお店として知られる『銀座キャンドル』が惜しまれつつも64年の歴史に幕を下ろしたのが2014年11月のことでありまして…
あのチキンバスケットをまた食べたいとの声が多かったのか【銀座キャンドル復活祭】なるイベントが開催されるとの情報を得て、今日、それに参加して参りました



P7029845.JPG
おいしいチキンに満足したとはいえ、それだけで夜ごはんを終えるにはあまりにも寂しくて…
お邪魔したのはコレド室町にある『金子半之助』
このお店、連日行列が絶えないことで有名な日本橋の天丼専門店『金子半之助』や八重洲の海鮮丼専門店『つじ半』の系列店でありながら、並ぶこと無くその両方の名物である丼をいただくことができるのであります


P7029843.JPG
それぞれを単品でいただくことはできずメイン商品である稲庭うどんとのセットでいただくこととなるのですが、落ち着いた雰囲気の店内でゆっくりと食事を楽しむことが出来ることを考えると、こちらの利用価値は高いと思うであります


P7029830.JPG
フライドチキンをいただいた後でありますので、今日いただくのは「つじ半のぜいたくめし」
サイズが小さいことや鯛茶漬けがいただけないことなど残念な点もありますが、そのおいしさは変わることなく…
十分に満足することができます


P7029837.JPG
そして稲庭うどん
今日は(冷)のぶっかけをチョイスし、テーブルに作り込まれた薬味入れから温泉卵と山菜、それに天かすをトッピングいたします
キュッと冷たいお水で絞められた稲庭うどんのコシと、冷たく冷やされていながらも出汁の風味を感じることができるおつゆでおいしくいただくことができます


P7029822.JPG
薬味ケースには5種のトッピングと、ひとつの漬物が用意されていまして…
好きなものを好きなだけいただけるってことも魅力なのであります



次回は…
海老 小柱 イカと言った海鮮のほか、舞茸やシシトウなどが添えられる「金子半之助の天ばらめし」を目的にお邪魔することにいたしましょう



【稲庭うどんとめし 金子半之助】
東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2 B1F
03-6265-1650


[PR]
# by gurumeblog | 2017-07-02 23:12 | 東京都 | Comments(0)