ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

東京メトロ有楽町線月島駅:『玄粋庵』    挽きたての10割蕎麦がいただける佃の名店

P4217832.JPG

今日の予定は夕方からのアポンイントがひとつあるだけだということで、それまでの時間を自宅でゆっくりと過ごすことにして…
お昼も近場で軽く済ませることにいたします



P4217830.JPG
お邪魔した『玄粋庵』はお店でそば粉を惹くことから始めるこだわりのお蕎麦屋さんでありまして…
10割でありながらも喉越しが良いお蕎麦を提供してくれることがお気に入りなのであります


P4217833.JPG
これまで気付かなかっただけなのかも知れませんが、粗挽きの甘皮そばともりそばのふたつを一度にいただくことができる相盛りメニューを見つけまして…
先ずは“もり”
ほんのりと香る蕎麦の香りと、硬めに茹で上げられていることでの歯応えと喉越しを楽しみます


P4217834.JPG
そして、甘皮そば
蕎麦掻きとしていただいたたことは何度かあるのですが、それを蕎麦切りとしていただくのは初めてのことでありましたが、濃厚な味とシコシコとした食感を楽しむことができますね



ひと言にそばと言っても、その蕎麦の挽き方によっていろんな味わいが楽しめまして…
それの食べ比べが出来るなんて幸せでありますね



【玄粋庵 KITSUNÉ】
東京都中央区佃1-11-8 ピアウエストスクエア1F
03-3536-1919


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-21 23:19 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄大江戸線築地市場駅:『若葉』   毎日食べても飽きることが無いであろうスッキリ醤油ラーメン

P4207797.JPG

午前中で終わる予定で築地での所用を熟していたのだけど…
お昼を過ぎようとしてもなかなか終わりそうな気配がないために、一旦そこを抜け出しランチをいただくことといたします



P4207802.JPG
ゆっくりとランチをいただく時間は無いのですが…
“旨い” “安い” “早い” が築地
ササッとラーメンをいただこうと『若葉』へお邪魔することにいたします



P4207796.JPG
同じ通りにある『井上』よりも歴史が古く、スッキリとした清湯スープとコクある旨みの醤油、これ以上は細くすることは出来ないだろうと思うほどの細麺が特徴的なお店でありまして…
縮れた麺がカエシの旨みが魅力的なスープを連れて来てくれることでの一体感が実に良い感じですし、薬味ネギの存在がこれほど活きているラーメンは他で経験したことが無いものですね



これほどにスッキリとしたラーメンを作ることは難しく… 丁寧な仕込みやスープを炊く火加減など細かなところまでが受け継がれているのでしょうね
毎日食べても飽きることがないラーメンだと思います



【中華そば 若葉】
東京都中央区築地4-9-11
03-6264-3966


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-20 22:48 | 東京都 | Comments(0)

JR日豊本線南宮崎駅:『汐彩』      大淀川を望みながらいただくビジネスランチ

P4197774.JPG

宮崎出張二日目
午前中に都城市へと足を延ばし食品工場の経営者とお会いさせていただき、新商品開発に向けたマーケティングや商品案などについて話し合ったのですが、これが楽しくて楽しくて…



P4197791.JPG
お昼は宮崎を代表する老舗ホテルで、フランチャイズ展開をしたいという飲食店オーナーとの会食であります
なぜフランチャイズ展開をしたいのか? 自店が繁盛する理由は何か? などなどのお話を伺いながら、これから整備すべきことの大枠を決め…


P4197772.JPG
そんな前向きな話をしながらいただく食事はおいしくて…
前菜として提供された小鉢の中で最も気に入ったのはごま豆腐
その、ほんのりと芳ばしさを感じるゴマの風味やしっとりとした舌触りが実に良く出来ているのであります


P4197775.JPG
P4197779.JPG
そして、お刺身と椀物
この椀物がとっても優しいお味に仕上げられていまして…
やっぱり和食って良いなぁと実感させられます


P4197781.JPG
P4197782.JPG
メインとなるのが豚しゃぶせいろでありまして…
そこに使われるブロッコリーが何とも言えずおいしかったのですが、比較的涼しいところで育つブロッコリーでありますから、今の季節だと宮崎産が旬ってことなのかもしれませんね


P4197783.JPG
P4197787.JPG
天ぷらと筍ごはん
筍ごはんっていうから炊き込みごはんを想像していたのですが、普通の白ごはんに味付けされた筍が乗っているだけであったことにはちょっと残念な気がして…
でも、その筍はおいしかったですよ


P4197789.JPG
フルーツで〆
マンゴーだったらうれしかったのになぁ



大淀川を見下ろす空間でのビジネスランチをしていますと、その景色の広がりのようにビジネスも拡大するのではないかと思えてきますから不思議ですね



【焼酎・日向料理 汐彩】
宮崎県宮崎市松山1-1-1 宮崎観光ホテル西館8F
0985-32-5929


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-19 22:43 | 宮崎県 | Comments(0)

JR日豊本線宮崎駅:『あめいろCAFE』   カラスミの香りがおいしいパスタとゆっくりと空気が流れるカフェ

P4187764.JPG

ご縁があって宮崎へ出張してみますと、昨日の豪雨が嘘のように晴れ渡り、7~8年ぶりに訪ねるワタシを笑顔で歓迎してくれているようで…
やっぱり宮崎は太陽が似合いますね



P4187770.JPG
さて、最初にお邪魔するのは古民家を改装したというカフェでありまして…
県庁や県警、裁判所などが並ぶエリアの路地裏にひっそりと佇むことでの隠れ家的な雰囲気が良い感じですし、今日のような気持ち良く晴れ渡った日にはテラスで過ごす時間もオシャレですよね


P4187768.JPG
店内はテーブル席のほか座敷席など50席ほどの広さがあるのですが、障子や壁で仕切れられていることで自分空間が確保したような感じで寛げますし…
その障子がレトロな雰囲気を醸し出していますね


P4187765.JPG
定食メニューのほかに幾つかのパスタメニューが用意されているのですが、そんな中で目を惹いたのが「カラスミのパスタ」でありまして…
生麺のモッチリ感と、贅沢にもふんだんに振りかけられたカラスミとが見事に一体化したおいしさに驚かされますし、シンプルであるが故にカラスミの風味が活きていて、カラスミってこんなにおいしいものだったのかと改めて認識させていただけました



サービスを担当されるスタッフの方からも優しさを感じることができ…
古民家の落ち着いた雰囲気と供にココで過ごす時間を心が落ち着いたものにしてくださいますね



【あめいろCAFE】
宮崎県宮崎市宮田町10-18
0985-69-4566


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-18 22:32 | 宮崎県 | Comments(0)

福岡地下鉄空港線天神駅:『極味や』     常に行列ができるほどの人気店でいただく伊万里牛ハンバーグ

P4177755.JPG

常宿としているホテルの近くにあるハンバーグ専門店でランチをしようと向かったのだけど、未明から降っている雨の影響でかブレイカーが上がらなくなったらしく、お昼の営業ができるかどうかわからないとのことで…
ならばと、これまで気になりながらもお邪魔する時間が無かった福岡を代表する行列店ランチをいただくことといたします



P4177743.JPG
少し時間をずらした14:00過ぎにお邪魔したのでありますが、パーティションポールに沿った行列は絶えることなく…
一時間近く待つことになりそうですが、豪雨のなか他へ移動する気にもなれませんし、スケジュールがぽっかりと空いた日でもありますので、こんなときを逃しちゃずっと食べることが出来ないだろうと列の後尾に付くことといたします


P4177750.JPG
20席ほどのお店はオープンになっていますので、順番が近づくにつれ漂うお肉が焼ける香りが強くなってきまして…
ココまで来た頃にはお腹がグーっとな鳴ってしまいそうです


P4177756.JPG
伊万里牛を使っているというハンバーグは、軽く両面が焼かれただけのレアというよりも生な状態で提供されまして…
添えられるペレットで自分の好みに焼き上げていただくことができますし、ミンチというよりも赤身のタタキと言った食感ですので、お肉の旨みをダイレクトに味わうことができますね
しかし…
生肉を触るお箸も焼き上げたお肉を触るお箸も同じでありますから、衛生面においては如何なものかと…



それにしてもこのお店
韓国からのお客さまがとっても多くって…
きっと福岡観光で立ち寄るべきお店として話題になっているのでしょうね



【極味や】
福岡県福岡市中央区天神2-11-1 福岡パルコB1F
092-235-7124


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-17 23:40 | 福岡県 | Comments(0)

西鉄天神大牟田線蒲池駅:『福喜』      九州に出張したら食べたくなる「呼子の活イカ」

P4167722.JPG

昨日のこと
Wi-Fiルーターの電源が入らなくなったために近くにあったdocomoショップへ行ってみると、保証期間である3年を1カ月過ぎているとのことで…
修理をするとなると2万円ほど掛かるらしいのだけど交換ならば5,400円で済むとのこと
そんな不思議が腑に落ちないながらも交換をすることとして、その交換機を受け取るために再びdocomoショップへ



P4167717.JPG
で、近くにおいしいお店はないかと担当してくれたスタッフの方に聞いてみたところ、教えていただいたのがこちらのお店
1980年に創業と言いますから、40年近く地元のお客さまに愛され、多くの晴れの日を彩ってきたのでありましょう


P4167723.JPG
そんな店で先ずいただくのは「呼子の活イカ」でありまして…
身を刺身に切られていてもうねうねと動く足 それを突っつくと色が赤く変化するのも新鮮な証でありますが、なんと言っても、身が厚い剣先イカのコリコリとした食感と、その甘味は至福そのものですね


P4167729.JPG
もちろん足は天ぷらに2次加工していただき…
刺身とはまた異なるおいしさを楽しむことができるのも魅力でありまして…
サクッとした衣に包まれる柔らかい身は添えられるお塩に旨みを引き出されることで一段と甘みを増したおいしさを味わわせてくれますね


P4167726.JPG
そしてお寿司
正直、期待が高すぎたのかもしれませんが、お値段以上でも以下でもないごくごく普通のものでありまして…
いくらやウニ、中トロとごちそう感あるネタが使われてはいるのですが、シャリの握りは固く締まった感じが否めないことが残念に思えます
寿司屋との認識でお邪魔したのですが、どうやら会席料理のお店として利用したほうがこちらの魅力を享受することができるのかもしれませんね



スタッフの方との接点では感じが良い笑顔で対応していただけるのですが、“お・も・て・な・し”の精神と言った面の教育は不足しているようで…
言われたことはきちんとやるレベルであります



【旬の彩り 福喜】
福岡県大川市榎津834-1
0944-86-5062


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-16 23:04 | 福岡県 | Comments(0)

JR佐世保線高橋駅:『常楽軒』    ちゃんぽん街道にある地域密着型ちゃんぽん店でいただく濃厚な味わい

P4157702.JPG

春には桜やつつじ、夏は竹灯籠
そして秋の紅葉、冬の椿と一年中観光を楽しむことができるという御船山楽園と足を延ばした帰り道
ちゃんぽん街道とも呼ばれグルメマップまでもが作られる国道34号線で夜ご飯をいただくことにいたします



P4157697.JPG
ちゃんぽんを提供するお店が立ち並ぶというちゃんぽん街道
そこには井手ちゃんぽんの本店もあるのだけど、折角であればココでしか食べることができないお店の味を楽しんでみたいものだし、ラーメンを主としているお店や定食屋さんが提供するものでもなく…


P4157700.JPG
で、選んだのが『常楽軒』というお店
お店に入った瞬間に感じるスープの香りにココは間違いないと確信をいたしましたし、メニューにはラーメンの文字はありはするけども、こちらがメインとして提供しているのは間違いなく「ちゃんぽん」でありまして…
ご夫婦で営業されているのか、アットホームな雰囲気とともに期待が高まります


P4157703.JPG
ちゃんぽんと言えば魚介
そんなイメージを強く持っていたのでありますが、こちらで提供されるものは豚肉と野菜でありまして…
濃厚なスープと野菜の相性が抜群であるだけでなく、コシが無いちゃんぽん麵ならでの食感が良いのであります
炭鉱があった時代、そこで働く人たちには濃い味を好む方も多くちゃんぽんにソースをかけて食べるなんてこともあったそうで…
今でもその名残があるそうですね


P4157704.JPG
色んなものを食べてみたいと「皿うどん」
勝手にパリパリの麺を想像していたのですが、提供されたそれはちゃんぽんとなじ麺でありまして…
些かガッカリはしましたが、これはこれでちゃんぽんとはまた異なるおいしさが楽しめますね
皿うどんには酢やからしを… と思うところでありますが、こちらではそれが卓上に置かれてはいませんね
地域によって同じような商品でも食べ方が異なることも楽しみの一つであります


P4157708.JPG
そして「餃子」
さほど特徴があるものではありませんが、きちんとお店で握っているモノであるようで…
モッチリとした皮がとってもおいしい餃子でありました




【常楽軒】
佐賀県武雄市北方町大崎1218-3
0954-36-4320


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-15 23:00 | 佐賀県 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線豊洲駅:『石楽』     思わず頼んでしまった天せいろの大盛りでお腹がいっぱい

P4147648.JPG

福岡への出張を前に、軽く腹ごしらえをしておこうと豊洲フロントへ立ち寄ったのですが…
さすがにお昼どき、近くのオフィスタワーから下りて来られたビジネスパーソンでどこのお店もいっぱいであります



P4147639.JPG
かつて、一度お邪魔したことがある『石楽』ってお蕎麦屋さん
お蕎麦やつゆのおいしさには満足したものの、提供される商品のボリュームに不安を持ったことを思い出しますがランチだとそういうこともないだろうと…


P4147642.JPG
お店の中央にある大テーブル
その角っこに一席の空きを見つけて飛び込んでみますと…
ふた組のお客さまが待たれていたのですが、ワタシが一人であるということで先にその角席へ案内していただくことができました


P4147649.JPG
軽くお蕎麦を とのつもりだったのですが、メニューを眺めていますとやはり天せいろに目が行ってしまうのでありまして…
これが失敗だったのか提供までに少し時間が掛かり空港へ移動するリムジンの時間が迫ってくることに不安を覚えることとなりましたが、その後まもなく提供されましたので慌ててお蕎麦を掻き込むなんてこともなく済みひと安心でありました



先回のこともあり思わずお蕎麦を大盛りで頼んでしまったのですが、なんとお昼には腹持ちを考えてのことか“稲荷”がすべてのお蕎麦に添えられているんですね
こうなると、軽く… なんてものではなくガッツリとの域に達しておりまして…
満腹のお腹を抱えてのフライトであります



【石臼挽きそば 石楽】
東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント1F
03-6204-2670


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-14 23:00 | 東京都 | Comments(0)

JR総武本線浅草橋駅:『方味苑』   飲み食べ放題2,980円だけど外れのないおいしさとボリュームに大満足

P4137610.JPG

定例の交流会を終えて懇親会
いつもの流れで居酒屋を探すことになるのだろうと思っていたのだけど、誰からか中華が食べたいなぁって声が上がり…
二つ返事でそれに従うことにいたします



P4137637.JPG
とは言えココという目的があるわけでも無く駅前へと移動してみますと一階と二階に異なる中華料理店が入るビルを見つけまして…
そのどちらに入るかを悩んでいたところにタイミングよく2階のお店のスタッフが降りて来られ感じ良く声をかけてくださいましたので『方味苑』に決定いたします


P4137599.JPG
P4137604.JPG
P4137602.JPG
P4137608.JPG
P4137615.JPG
P4137623.JPG
なんとこちらのお店には2,980円でいただける食べ飲み放題ってコースがありまして…
あれこれといろんなものが食べたいメンバーと飲むことに生きがいを感じるメンバー その何れもが満足できるコースでありますし、なんと言っても、どれだけ飲んでも食べても3,000円ってことが魅力なんですよね
ってことで、それほど考えることもなく、前菜メニューの上から順番に食べたいものを遠慮くなく注文させていただきます


P4137626.JPG
P4137612.JPG
P4137605.JPG
P4137633.JPG
P4137632.JPG
P4137624.JPG
P4137619.JPG
同じように一品料理を注文してみたのですが…
これだけの商品を頼んだにもかかわらず、それほど待たされることなく提供されますし、そのどれをとっても外れのないクォリティーでありまして…
私的には「牛肉の醤油ソース煮込み」や「豆腐と豚肉のピリ辛炒め」がお気に入りでありまして、またそれをいただくためにお邪魔してみたいお店でありました


機会があったら、お昼の時間に提供されるボリュームあるランチをいただいてみたいとも思います



【新中華料理 方味苑】
東京都台東区柳橋1-13-4 浅草橋丹羽ビル2F
03-3866-4915


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-13 23:40 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄大江戸線門前仲町駅:『大金星』    キャッチフレーズである“お値段以上の…”に偽りなし

P4127586.JPG

昨日の寒さとは一転したぽかぽか陽気に、ジャケットを羽織っていたワタシは汗になりまして…
一日掛ると思っていた築地での所用が思いのほか早く終えること出来ましたので、一旦自宅へ戻ってシャワーで汗を流し予定していた会食へと出掛けます



P4127559.JPG
都内から千葉に掛けて8店舗を展開する『大金星』
中でもココ門前仲町が総本店と位置付けされるお店でありまして…
その派手な外観に、一度お邪魔してみたいと興味を持っていたのであります


P4127575.JPG
お邪魔した19:00という時点で、ほぼ満席の賑わいでありまして…
30代のビジネスパーソンを中心に、年配の奥さままで幅広いお客さまが利用されているようですね


P4127567.JPG
そんなお店で最初にいただくのはサラダ
「ベーコンたっぷりポテトサラダ」と一緒にお願いしたのは「大盛チョレギサラダ」
想像以上に大盛りであったのですが、それは水菜がメインでありまして…
その点にはちょっと残念な感じがしますが、ドレッシングはおいしくサッパリといただけますし、トッピングされたキムチがまたおいしいんです


P4127569.JPG
そして「厚切りハムカツ」
ハムカツというだけでもそそられるのに、厚切りなんて言われちゃうともう頼まずにはいられません
昭和のご馳走ですからね
そのハムカツ
期待を裏切ることなく厚切りにされたハムが薄衣を纏っているのですが、サクッとした食感を出しながらもハムのおいしさを邪魔することも無く…
これで280円とは驚きですね


P4127576.JPG
P4127580.JPG
「ジャンボ明太玉子焼き」
卵を3~4個ほど使っているように思える大きさでありますし、中にはたっぷりの明太クリームソースが仕込まれていまして…
ちゃんとお店で焼いていることも伝わりますし、たっぷりの明太子に贅沢感もあり、満足いく一品でありますね


P4127587.JPG
〆にはこちらの名物である「屋台風鉄板夜鳴き焼きそば」
一時間に一度ほど打ち鳴らされる鐘の音を合図に、スタッフの方が客席を回り注文を取っていくというエンターテーメントもありまして…
名物らしくベーシックな焼きそばに目玉焼きやオムレツなどをトッピングすることができるとのことでありますから、ワタシは目玉焼きとネギぼっかけをトッピング
いや、このぼっかけと呼ばれる牛スジの煮込みは癖になりそうですね
ゴロっと大きなスジも入っていて、それがとろけるように軟らかく…
ちょっとマヨネーズが多いようにも思えましたが、十分に堪能させていただきました



【大金星総本店】
東京都江東区門前仲町1-8-9
03-5809-8129


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-12 23:14 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線東京駅:『珉珉』     おいしいお料理と感じ良い接客 そんなコストパフォーマンスで大人気

P4117545.JPG

朝から降り続く冷たい雨の影響で2月並に寒い日
出来ることなら出かけたくないのですが、そんなワガママが許されるわけもなく…



P4117540.JPG
そんな雨に濡れることなく手軽にランチをいただけるお店と言うことで『珉珉』
八重洲地下街と直結してはいるものの東京駅からはちょっと離れた場所であるのですが、コストパフォーマンスの高さからかいつも多くのお客さまで賑わっているお店でありまして…
男性客だけでなく、女性のおひとりさまも多く利用されているようですね


P4117546.JPG
ラーメンにしようかチャーハンにしようか、それも定食?
何れにしても一品だけではちょっと寂しいなぁと思っていたことで見つけたのが青椒肉絲に唐揚げがセットになった「Cランチ」なるものでありまして、プラス200円で餃子と杏仁豆腐を付けることもできるとのこと
通常ですと340円で提供される餃子に杏仁豆腐まで付いて200円とは…
この定食のメインとなる青椒肉絲はご飯が足りなくなるほどのボリュームでありますし、熱々であることはもちろんのこととして、しっかりと調味されたおいしいものでありました



お店は中国人スタッフが中心となっているようですが、その方々はとっても感じが良い方たちでありまして…
笑顔だでなく、キチンと気遣いも出来る素晴らしさに会社の姿勢を感じることができますね
決して安さだけでない、繁盛店の秘密がココにはあるようです



【元祖餃子舗 珉珉】
東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワーB1F
03-3215-3030


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-11 22:59 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄大江戸線築地市場駅:『築地うなぎ食堂』    メディアでも紹介される激安うなぎ店でメガ鰻重

P4107530.JPG

今日も築地から始まります
8:30には着いていたかったこともあり、通勤時間帯の大江戸線に乗ってみますと勝どき駅で人の流れに潰されそうになりますし踏ん張る脚が攣りそうになったり…
たったふた駅の移動でありましたが慣れないことに疲労困憊であります



P4107535.JPG
なんとかお昼前に所用を終えることが出来ましたので、一度覗いておきたかった『うなぎ食堂』さんへと向かいます
店頭では焼かれたうなぎの販売が行われていますので、わんさかと人だかりが出来ておりまして…
その多くはアジア系の方々
海外の方にとって築地はテーマパークのようでありますね


P4107533.JPG
そんな人だかりを掻き分けて店内へと入りますと「食券を買ってくださいね~」との声が…
カウンター10席ほどの小さなお店ではありますが、焼き手を含め二人で営業されているようですし、お金を触った手で商品を扱うことを避けるためにも良いことかもしれませんね


IMG_1264.JPG
肝吸いが付くお重とシンプルな丼
それぞれに、乗せられるうなぎの枚数によりランク分けがされていまして…
欲張りなワタシは迷うことなく、うなぎ一尾が使われるという「メガうな重」をいただくことにいたします


P4107531.JPG
待つこと5分ほど
うなぎで敷き詰められたお重が提供されます
身が厚い鰻はひと口目にわずかな臭味を感じましたが、それは全く気になるほどではなく…
ふっくらと焼き上げられていますし、タレの風味も良い感じでありますからお値段以上の満足感にひたることができました



注文が入ってから焼くわけでも無く、それが炭火であるわけでもなく…
欲を言えばキリがありませんが、一般的なお店でいただく価格の半分でいただけることを考えますと必要十分でありますし、噂通りのコストパフォーマンスを感じることができました



【築地うなぎ食堂】
東京都中央区築地4-13-18
03-3248-1291


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-10 23:36 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『月島スペインクラブ』    大きな鍋で炊き上げるパエリアは迫力満点

P4097505.JPG

愛知で降っていた雨を連れて帰ったようで…
新幹線を降りると冷たい雨が降っていましたので、とりあえずまっすぐ自宅へ戻り、午後の時間をのんびりと過ごします



P4097516.JPG
今月に入っていろんなことがあって…
ちょっと凹んでいる気分を高めようと、陽気で明るいスペインの雰囲気を味わうことが出来る『スペインクラブ』へお邪魔することにいたします


P4097484.JPG
月島と言っても清澄通りなど目立つところではなく佃大橋の袂にある隠れ家的お店でありますから、わざわざココを目指して来なければ辿り着くことが無いのでありますが…
カップル、小さなお子さまを連れたファミリー、年配のご婦人方など、様々なお客さまが開店時間を待つように来店され、18:00過ぎには1Fフロアは全て埋め尽くされていましたね


P4097490.JPG
これまでに何度かアラカルトで利用させていただいたことがありましたので、今日はコースを楽しむことといたします
「イベリコ生ハムとカスパチョを少しずつ」
ほんのりと酸味を感じる野菜のスープは食欲を掻き立ててくれますし、噛むほどに旨みが出てくる生ハムはワインを飲まれる方には最高のおいしさでしょうね


P4097497.JPG
「特製イベリコ豚のパテ・サラダ仕立て」
パテ…
あまり得意なお料理ではないのですが、良い加減の塩味が苦手な臭味を消してくれているようですし、辛子の香りでおいしくいただくことが出来ました


P4097501.JPG
「黒むつのソテー」
こんがりと焼かれた皮目がとても芳ばしく、厚みがある身はふっくらと焼き上がっていますし…
ヤングコーンや蕪など、添えられるお野菜もとってもおいしく仕上がっています
コクがあるソースはパンに付け、キレイにいただいちゃいました


P4097503.JPG
「イベリコ豚の肩ロースソテー」
これまでに何度もイベリコ豚をいただいたことはありますが、これほどにおいしいと感じたのは初めてのことでありまして…
脂身の甘みは癖になりそうですし、なんと言ってもこのオニオンの香りとビネガーの酸味が効いたソースが堪らなくおいしいのです
こちらのお料理にもピストが添えられていて…
これがまた、うれしいおいしさですね


P4097506.JPG
P4097508.JPG
と、ココで鐘が打ち鳴らされて…
大音量でスペイン音楽が流れる中、大きな鍋で炊かれたパエリアを持ったスタッフが客席を回りはじめます
その量は40人前ほどだということで、それを小分けしたものをいただくのですが、魚介の旨みたっぷりのパエリアは見事なものですね


P4097513.JPG
コースの〆はおいしいデザートとエスプレッソ
いただいたお料理の余韻を消すことの無いスッキリとした味わいがほど良くて…
数々のおいしいお料理と明るくフレンドリーなサービスに、お腹も心も満足であります



【月島スペインクラブ】
東京都中央区月島1-14-7 旭倉庫1F
03-3533-5381


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-09 23:17 | 東京都 | Comments(0)

愛知環状鉄道四郷駅:『ステーキイタリアン マリノ』 4月11日オープン マリノの新業態はステーキイタリアン

P4087465.JPG

随分とご無沙汰してしまっていたのだけど…
かつてお世話になった会社が新しいコンセプトのお店を出店することになったとのことで、そのレセプションへお邪魔することにいたします



P4087452.JPG
東海地区を中心に『Pizzeria MARINO』を展開しているのだけど、もっと幅広いお客さまに利用していただけるお店を作ろうと、ステーキに主軸を置いたお店をオープンさせるとのことであります
アメリカ視察の際に感動したのステーキハウスのおいしさを何とか提供できないものかと試行錯誤されたとのことで、ようやく4月11日にオープンを迎えることが出来るとにこやかに社長が仰っておられました


P4087473.JPG
ステーキ店だと思い込んでいただけに、コーポレートカラーとも思える“赤”がセンス良く施されたお店を見たときには驚きを隠せなかったのだけど…
おいしいステーキがいただけるイタリアンなのだということでそれも納得でありますし、おしゃれな雰囲気であることから小さなお子さま連れのお客さまも気軽に利用できるようですね


P4087462.JPG
先ずはサラダ
シェアできる大盛りサイズもあるのだけど、いろんなお料理をいただいてみたいってことからレギュラーサイズをいただいたのですが…
想像を超えるボリュームにビックリではありますが、シャキッとしたレタスにバルサミコ酢が効いたドレッシングがおいしくてペロリといただけてしまいます


P4087466.JPG
800gで提供されるTボーンステーキに惹かれはしましたが、ブラックアンガスのプライムという最高級ランクのお肉を使ったステーキをいただきますと…
ミディアムに焼かれたお肉はとっても軟らかく肉汁も滲み出ますし、なんと言っても噛むほどに赤身のおいしさが広がるものでありました


P4087472.JPG
そしてハンバーグ
牛肉100%で作られたというハンバーグは、そのおいしさを味わって欲しいとレアで提供されるようで…
ふっくらとした柔らかい食感が魅力的でありますし、付け合わせに野菜がたっぷりと使われていることもうれしいですね


P4087475.JPG
P4087478.JPG
とは言っても、ココはマリノ
専用の石窯で焼き上げるピッツァや生麺を使ったスパゲッティをいただくことが出来まして…
お肉の食感を残すように粗挽きされたミンチとコクがあるソースがおいしいボロネーゼに大満足
さすがに安定感がありますね



【ステーキイタリアン マリノ】
愛知県豊田市上原町一丁田71-1
0565-85-7888


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-08 23:50 | 愛知県 | Comments(0)

豊橋鉄道運動公園前線運動公園前駅:『おひつや 叶山』    おいしいおひつごはんがいただけます

P4087446.JPG

定例の豊橋出張
先ずはお昼をしましょうと、駅で迎えてくれたクライアントさまと一緒に、1月にオープンしたばかりというお店へ向かいます



P4087450.JPG
豊橋駅から車で15分ほど
新しく建て替えられたビルの1階に出来たお店で、市内にあるお寿司屋さんの系列であるらしく、お櫃に盛られる海鮮丼がウリであるようです
メニューを大きく分けると、ひつまぶしをメインとしていただく「おひつまぶし」と、小さなひつまぶしに野菜のせいろ蒸しや茶わん蒸しがセットになった「おひつ御膳」、そしてご飯とネタが別盛りにされた「おひつ定食」の3本柱で構成されていまして、それぞれに好みのひつまぶしを選ぶことが出来るのであります


P4087447.JPG
築地でおいしい本マグロをいただいたばかりってこともあり「黒毛和牛ひつまぶし」をいただくことにしようとタッチパネルを手に取りますと、メニューに書かれる表記とタッチパネルのそれが異なっているためにちょっと戸惑いながらも何とか注文することが出来ました
15分ほど待った頃に商品が提供されたのですが、メニュー写真にあった赤身のミディアムレア感がなくちょっと残念な見た目でありまして…
少々テンションが下がりながらもそれをいただいてみますと、しっとりと柔らかいお肉とチョイスしたタレの相性がとってもよくおいしくいただくことが出来ました


P4087448.JPG
先ずはそのまま、そして2杯目は好みの香味を乗せて…
香味は“卵黄”“温泉卵”“とろろ”“うに醤油”と4種が用意されていて、ワタシは温泉卵を選んでいたことが大正解 牛肉丼と玉子は良く合いますね
3杯目は出汁を掛けてお茶漬けで!
っとここで…
海鮮ものにはわさびが付いているようですが、ワタシがいただているお肉のひつまぶしにはわさびが無いのであります
わさびが無いお茶漬けなんて… とスタッフの方にお願いますと、嫌な顔をすることも無く対応していただけ満足いくお茶漬けをいただくことが出来ましたし、その出汁のお替りにも対応していただけました



開店して3カ月弱
まだまだ改善すべき点も多いようですが、2000円から3000円ほどでいただくことが出来る和食店は多くありませんので、こちらには頑張っていただきたいと思います



【おひつや 叶山】
愛知県豊橋市三ノ輪町本興寺41-1 第一丸中ビル1F
0532-43-5663


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-08 22:56 | 愛知県 | Comments(0)

都営地下鉄大江戸線築地市場駅:『鮪富士』     豪快さはありませんが、ムチッとした伊勢海老の食感

P4077435.JPG

午前中に予定を終わらせ、井上か若葉でラーメンをいただこうと思っていたのだけど、何だかんだで解放されたのは16:00前となりまして…
当然のことではありますが目的としたラーメン店がやっているわけもなく、朝ごはんもお昼も食べることが出来なかったワタシは途方に暮れます



P4077431.JPG
ほとんどのお店が閉まっている築地をぶらぶらと歩いていますと、路地の奥にラーメンと書かれた提灯があるではないですか
すっかり頭の中がラーメンモードであったワタシは、そんな提灯に吸い込まれるように路地へと入っていきまして…


P4077433.JPG
ラーメンと書かれた提灯を下げてはいますが、こちらは店名にもあるように生本鮪をウリとするお店であるようでありまして、店内にはおいしそうなお寿司や海鮮丼の写真が貼られています
それにつられるように海鮮丼をいただこうかとも思ったのですが、やはり頭の中はラーメンモードでありますし伊勢海老が乗ったラーメンと言うことで興味もありましたので…


P4077436.JPG
お値段からすると当然のことなのでしょうが…
勝手に期待した伊勢海老とは比べ物に小さなモノが乗っているのですが、その身はギュッと締まっていてムチッとした食感は期待通り
あらと豚骨を煮込んだというスープはスッキリとしていて嫌味もなく、花かつおが乗せられたことで“和”の風味が加わりおいしくいただくことが出来ますね



何となくSNS対策としての商品のようにも思え不安もあったのですが…
驚くほどのおいしさもありませんが外れということも無く、無難なところを攻めているラーメンだと感じました



【築地 鮪富士】
東京都中央区築地4-13-13
080-5294-6677


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-07 23:27 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄大江戸線築地市場駅:『きつねや』    1947年創業 ホロホロトロトロに煮込まれた肉豆腐

P4067415.JPG

今日も築地
築地で働く人にとって“早い”“安い”“旨い”は重要なこと
そんな三拍子を満たすお店として、かの『吉野家』だってここから生まれたのであります



P4067414.JPG
そんな一軒として名を連ね、70年の歴史を持つのが『きつねや』でありまして…
“煮込み”を目的にいつも行列が出来ていますし、早い時には13:00前には売り切れてしまうこともあり、なかなかそれをいただくことが出来なかったのであります


P4067416.JPG
それで今日、ちょっと遅い朝ごはんをココでいただくことにしようと意を決し10:00前にお邪魔いたします
朝が早い築地でありますから10:00と言えども既に行列が出来てはいましたが、時間には余裕を持って来ていますので…
基本となるお料理はホルモン丼と牛丼なのですが「肉豆腐」の文字を見つけて即決
ホロホロでトロトロ
これ以上煮込んでしまったら肉の形が無くなってしまうのではないかと心配になるほどにしっかりと煮込まれていて、スッキリとした醤油味の出汁にその旨みが溶け込んでいるのであります


P4067426.JPG
丼でいただこうと思っていたのですが「肉豆腐」は丼で提供できないとのことに疑問を持っていたのですが、この焼き豆腐を見て納得
ほぼ一丁あろうかというお豆腐でありますから、これを丼にすると器からこぼれちゃうんでしょうね
木綿豆腐の粗い目にはしっかりと出汁が染みていまして、これは煮込みに負けないほどのおいしさであります



ある程度いただいた後には、ご飯に残った煮込みを掛けて、お豆腐をぐちゃぐちゃに潰してご飯と一緒にいただきますと…
やっぱり旨い
今度はシンプルに牛丼をいただいてみることにいたします



【きつねや】
東京都中央区築地4-9-12
03-3545-3902


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-06 22:03 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線豊洲駅:『珉珉』   薄皮でサッパリとした味わいの餃子はいくつでもいただけそうです

P4057397.JPG

CT検査と超音波検査のために何も食べることが出来ず…
検査そのものはそれぞれが10分から15分なのですが、それを待つ時間や先生との面談を待つ時間などで病院内に4時間ほど拘束されてしまいました



P4057409.JPG
開放されたのは16:00過ぎってこともあり、こんな時間だとやっているお店も少ないだろうし…
あまりにも疲れたのでいったん自覚へ戻ったあと、豊洲に勤める友人を誘い出し、おきにいりのぎょうざをいただくことといたします


P4057403.JPG
待ち合せたのは『珉珉』ってお店
リーズナブルにおいしい餃子がいただけるってことでか、いつも多くのお客さまで賑わっていまして…
豊洲に勤める方にとってなくてはならないお店ってことなのでありましょう


P4057398.JPG
席についてまずお願いしたのは餃子3人前
二人ではあったのですが、こちらの餃子は薄皮であるだけでなくサッパリとした薄味であることから、ペロッと平らげてしまうんですよね


P4057407.JPG
そして「大根もち」
外はカリカリ! 中はモチモチ! そんなふたつを同時に楽しめますし、添えられる醤を乗せていただきますと、そのピリッとした辛味がアクセントとなって一層おいしくいただけますね


P4057400.JPG
「鶏肉の辛味噌炒め」
軟らかさを残した胸肉の食感が見事であるだけでなく、炒められた辛味噌が実においしくて…
これは白飯と一緒に定食でいただくと最高の組み合わせとなるのでしょう


P4057404.JPG
「麻婆飯」
それほど挽肉が入っているわけではありませんが、辣の辛味とコクを感じることが出来る麻婆豆腐でありまして…
絹ごし豆腐の柔らかい食感とごはんの相性が良いところがお気に入り
ココへ来たなら、餃子とともに是非ともいただきたい一品であります



【珉珉】
東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント1F
03-3536-0030


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-05 23:16 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線赤坂見附駅:『赤坂水産』     牡蠣好き必見 大粒の牡蠣を生で食すも焼くも良し

P4047365.JPG

築地での所用を終えて赤坂へ
実はこの予定をすっかりと忘れていたのですが、昨夜に確認の連絡をいただいたことですっぽかさずに済みました



P4047329.JPG
お邪魔したのは俺のフレンチ/イタリアンが入るビルの5Fにある『赤坂水産』
先月10日に開店したばかりだという、産地直送の牡蠣をウリとしているお店でなのでありまして…
もちろん生牡蠣をいただくこともできるのですが、ホタテや蛤などと一緒に卓上に置かれたコンロで焼き上げるBBQ感覚での楽しさも提供されているようですね


P4047335.JPG
お通しとして提供されたのは蒸し牡蠣でありまして、牡蠣ばかりそんなに食べられないと注文していた焼き牡蠣をキャンセルしたのですが…
こんなに大粒な牡蠣ならもう少しいただいても良かったと少し後悔をいたします


P4047348.JPG
「コブドレッシングサラダ」
一見サウザンドアイランドに似たドレッシングではありますが、そこには食欲を掻き立てるかのようなスパイシーな味わいがありまして…
シャキッとしたレタスを一層おいしく引き立てていますね


P4047338.JPG
P4047341.JPG
焼き牡蠣はキャンセルしたものの、折角コンロがあるのだから…
と、「特大23cm牛串」と「特大23cm豚串」をいただいてみますと、特にこだわりなどが書かれているわけでも無い豚肉でありましたが、キチンと塩コショーされていることで旨みが引き出されていますしツケダレのおいしさもあって満足いく一品でありました


P4047359.JPG
何の期待をすること無くいただいた「出汁巻き玉子」でありますが、注文が入ってからキチンと焼かれているようで…
居酒屋さんでおいしい出汁巻き玉子と出会えることが少ないだけにちょっと感動ですね


P4047360.JPG
そして「牡蠣フライ」
小ぶりの牡蠣ではありましたが、サクッとした衣の食感も見事でありますし、何より新鮮な牡蠣を使っていることでのジューシーさがおいしさの決め手でありますね


P4047366.JPG
〆にといただいたのは「おすすめ牡蠣ご飯」
注文が入ってから炊き上げているものではなく、冷凍保管しておいたものをレンジ加熱して提供しているようで、ご飯が団子になってしまっていることが残念ではありましたが…
しっかりと牡蠣の風味がするおいしさには満足させていただきました



390円でいただける商品が充実していますし、一品のボリュームはそれほど多くありませんので、少人数でお邪魔しても色んなお料理を楽しむことが出来るってことがうれしいですね
また、お店にはテラス席もあるようですから、これからの時期は開放的な気分を楽しむことも良さそうですね



【赤坂水産】
東京都港区赤坂3-10-1 対翠館ビル5F
050-5305-3791


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-04 23:49 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄大江戸線築地市場駅:『かん乃』   ひと肌のシャリとしっとりとした舌触りの本鮪がおいしい丼

P4047320.JPG

今日も所用で築地
目的の前にちょっと腹ごしらえをしておこうと場外を歩きます
ラーメン? それともホルモン煮?
海鮮以外にも食べたいものがたくさんあって、どこへお邪魔しようかと迷ってしまいます



P4047326.JPG
昨日は天丼を食べたし…
今日はやっぱり海鮮をいただくことにしようと『かんの』を覗いてみますと…
いつもは行列が絶えないお店であるにもかかわらず、今日は不思議なことに待つことなく席をいただけるというではないですか


P4047321.JPG
数ある海鮮丼のメニューを眺めていますと…
スタッフのおばちゃんが「今日はおいしい本鮪のぶつ丼が汁付で1500円ですよ」と声をかけてくれましたので、迷うことなくそれをいただくことにいたします
しっとりとした舌触りと濃厚なマグロの旨みが感じられますし、赤身だけでなく中トロとも思えるものまでが盛られているのであります
更に、ほど良い酸味と甘味が効いたシャリは見事なまでの人肌でありましたので、満足感が高いらんちとなりました



【つきじ かん乃】
東京都中央区築地4-9-5
03-3541-9291


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-04 23:00 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線築地駅:『黒川』     天ぷら一筋三十云年、場外にお店を構えて20年以上

P4037312.JPG

急遽、築地へ
ホントは電話で済ませるつもりだったのだけど「ただいま電話が混み合っております。少し時間をおいてお電話をいただくか、そのままお待ちください」とのアナウンスが流れるばかりで…
やっと繋がったと思ったら受付の方が要領を得ない人でしたので、これでは埒が明かないと直接窓口に出向くことにいたします



P4037318.JPG
P4037308.JPG
面と向かって話をすれば早いもので、あっという間に用件は終了
折角だからおいしいお寿司をいただくことにしようと歩いてみますと、観光地化している築地には中国語や韓国語が溢れていまして…
ならばと向かうのは、裏路地にある“知る人ぞ知る”お店であります


P4037310.JPG
お向かいにある『本種』には何度かお邪魔したことがありますので、気分を変えて天ぷらをいただくことにしようと『黒川』
こちらは場外にお店を構えて20年以上という老舗的天ぷら屋さんでありまして、天ぷら一筋三十云年という大将自らが揚げてくださるありがたいお店なのであります


P4037314.JPG
こちらのお店でいただくホタテと本芝海老のかき揚げは秀逸なものでありまして、それを目的にやって来られる方も多いと聞くのですが…
欲張りなワタシはそれだけではちょっと物足りないでしょと「特製天丼」をいただいてみますと、先のかき揚げを枕に海老や穴子などなどが豪華に丼一面を彩っていますね
もちろん衣はサックサクですし、穴子もホックホク
タレの甘辛さも程よいものでありますし、ちょっと硬めに炊き上げられたご飯も最高の状態で… 
ホタテもミディアムレアな状態で提供され、期待を超える満足感でありました


P4037316.JPG
添えられる汁や香の物にもこだわりを感じることが出来まして…
海老の旨みが出た汁は絶品ですね


P4037317.JPG
今日は丼でいただきましたので使うことはありませんでしたが、天ぷらとの相性はお塩が一番であるとのことで、アンデス、岩塩、カレー、抹茶味と4種類の塩がご用意されていまして…
その食べ比べや自分好みのを探すのも楽しそうですね



天ぷらとはタネを食べるもの
だから衣は極力薄くというのが大将のこだわりだそうですよ



【てんぷら 黒川】
東京都中央区築地6-21-8
03-3544-1988


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-03 20:28 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『めし屋』    天然の寒ブリを塩焼きでいただく夜ごはん 佃煮最高!

P4027300.JPG

明日の予約をしようと美容院へ行ってみたら、担当の方から「明日来られると思ってましたよ」と声を掛けられて…
今、空いてますから良かったらどうぞと促されるままに、カットをしていただきました



P4027296.JPG
そして、その足で夜ごはん
陽が落ちたせいか肌寒さを感じるので遠出は止めて、近場のお店で済ませようと『めし屋』
ここ数日お肉系のごはんが多かっただけに、干物を使った焼魚定食メニューが豊富なこちらが重宝するのであります


P4027301.JPG
残念ながら“かれい”が品切れでだとのことで、ブリ定食をいただくことといたします
照り焼きか塩焼き いずれかを選ぶことが出来るのですが、そのどちらもがおいしそうで…
焼鳥屋のように塩とタレを1本ずつなんて行かないことが悩ましく、しばらく悩んだのちに塩焼きでお願いいたします
10kg以上の天然ブリだけを使っているとのことで、その脂ののりや寒ブリならではの身の締まりだけでなく、塩がその旨みを引き出してくれるのか、ブリならではおいしさをいただくことが出来ました


P4027306.JPG
そして卓上に置かれた佃煮
これがあったら何杯でもごはんがいけそうで…
居酒屋として利用されるお客さまも多いようではありますが、“めし屋”である以上、ご飯がおいしくいただけるからこその繁盛ですよね



【めし屋 奈良間】
東京都中央区月島1-5-2 キャピタルゲートプレイス ザ・レジデンス1F
03-3534-0486


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-02 22:41 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線新富町駅:『そば新』     香り高いおつゆと喉越しが良い細打ちの蕎麦

P4017284.JPG

昨日から降り続いた雨が上がった午後
ちょっとお昼には遅いタインミグではあるけども、どこかやっているお店は無いものかと八丁堀界隈を散策いていたのですが、週末ということもあってやっているお店はチェーン店ばかりでありまして…
気付くと新富町近くまで来ていました



P4017282.JPG
で、以前近くに来た際に見つけて気になっていた『そば新』にお邪魔することにいたします
こちらは「小諸そば」や「富士そば」といったチェーン店と同様なシステムのお店でありまして、シンプルな“もり”や“かけ”は300円もせずにいただくことが出来るようですね
このような立ち食いそば店には新しいウエーブが来ているようで…
新興勢力とされる「いわもとQ」や「嵯峨谷」などに継ぎ、「さ竹」であるとか、今日お邪魔する「そば新」だったりもその店数を増やしているようですね


P4017285.JPG
さてさて、そのそば新の実力は…
お腹が空いていたので「ミニかつ丼セット」をいただいたのですが、かつ丼はそれなりなものでありまして、もともと期待していなかったために落胆もありません
しかしお蕎麦はおつゆを一口いただいた時点でその香りの良さに驚かされますし、肝心なお蕎麦も細打ちで喉越しが良いものでありまして、御三家ともいえるチェーン店のものとは一線を画したおいしさでありますね


P4017288.JPG
さらに驚くのはこの肉厚なわかめでありまして…
薄っぺらい“増えるわかめ”とは別格なものが使われていますね
このように新勢力のお店は、麺だけでなく、おつゆやトッピングまでにこだわることで、多少のコスト高になってもこれまでのお店とは異なるレベルの商品を提供することに力を入れているようですね


P4017290.JPG
残念なのは…
奥行きが400mmも無いであろうカウンター席の正面に、七味など調味料を置く棚が作りつけられていて、その棚の下に間接照明が入れられるなどオシャレ感はあるのですが…
これが頭に当たることでとっても食べづらいんですよね



多くのファストフードチェーンが価格競争をする中、これからの立ち食いそば市場がどのような動きをしていくのか…
楽しみであります



【そば新】
東京都中央区入船3-1-12 CENTER VILLAGE築地1F
03-5540-5100


[PR]
# by gurumeblog | 2017-04-01 16:48 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:『HACHI』    路地裏にある隠れ家的な肉バルでいただくランチ

image4.JPG

夕方からは雨になるとのこと
ならば、それまでに用事を済ませておこうと早目に外出し…
ランチをいただいて帰ることといたします



image5.JPG
新川二丁目の交差点
ラーメン屋さんの脇にある細い路地への入り口で、“肉足りてる!?”と書かれた看板を発見
焼肉も食べたばかりだし、最近焼き鳥もたくさん食べてるし… 決してそれが不足しているわけでは無いのだけど、こう書かれたものを見てしまうと頭の中は肉モード


image1.JPG
そのまま引き込まれるように路地の奥へと入りますと…
黒い外壁に赤い入り口が特徴的な小さなお店がひっそりと佇んでいまして、その赤い扉を開けますとコの字型のカウンター席が迎えてくれますので、ひとりで気軽に利用することも出来ますね
2Fにはゆったりと座れるテーブル席があるらしく、貸し切りでのパーティーなどの利用も多いのだとか…


image3.JPG
お昼のメニューはいろんなお肉が使われるプレートランチが中心でありまして、そのお肉の増量が出来るってこともうれしいですね
今日のワタシは…
カルビにしようか、それともハラミかと迷ったのですがカルビに決定


image2.JPG
5分ちょっと待って提供された「中落ちカルビプレート」
想像以上に肉厚なお肉がミディアムレアに焼き上げられていて…
これだけでも十分に魅力的なのですが、シャリアピンソースが掛けられていることでご飯のお供としての相性が高まりますね
なかなか満足な一品でありました



220gが使われているとのことでありますが、そのおいしさのあまりペロッと平らげてしまいましたので、次回はハラミ100gを増量して…
お肉が足りてないなと思ったらこちらへお邪魔することにいたしましょう



【Meat Dinner & Bar  HACHI】
東京都中央区新川2-12-5
03-3555-1088


[PR]
# by gurumeblog | 2017-03-31 22:50 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線神田駅:『酒場五郎』    ねぎ塩でいただく鶏レバ刺はレバーが苦手なワタシでも大丈夫

P3307250.JPG

東京大手町『よいまち』視察ツアー
〆は『二◯加屋長介』で博多うどんをいただこう決めていたのですが…
この施設は閉店が早いようで、まだ22:00を過ぎたばかりであるにもかかわらずオーダーストップとなっていました



P3317274.JPG
博多うどんをいただくために空けておいた胃袋を埋めることなく解散する訳にもいかず…
場所を神田へと移し『酒場五郎』で〆ることにいたします
大手町から神田
地下鉄で移動しようとなると日本橋で東西線から銀座線に乗り換えてと面倒なのですが、外堀通りを歩けば1㎞ほどで行けちゃうんですよね
とは言え、タクシーの初乗り料金が安くなった今、それを使わない手は無いでしょうと…


P3307254.JPG
P3307258.JPG
オヤジが集う大衆酒場ということで懐かしさを感じる商品の数々
そんな中でも最も惹かれるのが「チューリップ揚げ」でありまして、子供の頃のお弁当に良く入っていたんですよね
同じ思いのオッサンや、それに新鮮さを感じる若い子たちがいるのか、この商品は売れ筋No.1でもあるそうですね
そして「ハムカツ」
これを見つけちゃうと頼まずにはおれず…
ワタシ世代の人にはご馳走だったりするんですよね


P3307251.JPG
お店イチオシの「鶏レバ刺し 三味盛り」
と言っても生で提供さるのではなく、低温調理法でミディアムレアに仕上げたということでレバーを苦手とするワタシでもおいしくいただくことが出来ました
おろしポン酢 自家製味噌 ねぎ塩と3種の味わいで提供されるのですが、ネギ塩は最高においしいですね


P3307262.JPG
P3307264.JPG
P3307266.JPG
P3307268.JPG
そして焼き鳥をいくつか
「やげん軟骨」
多くのお店で提供されるひざ軟骨ではなく“やげん”が使われているところにこだわりを感じますし、火を通しすぎると固く黄色くなってしまう部位であるにもかかわらず、見事な焼き加減でもあります
軟骨はコリコリとした食感を楽しめるものの特徴的な味があるわけでも無いために、こちらでは身を一緒に焼いているんですね
「噂のねぎま五郎」
数ある串ものの中で圧倒的な存在感を放っている一品でありまして…
串の先端にあるひと口目はしっかりとしたボリュームで満足感を味わっていただこうというこだわりでありますし、にんにくダレは後を惹くおいしさとリピート必至な商品ですね


P3307270.JPG
〆にいただいたのは…
お酒を飲まれるお客さまの健康を気遣ってか、しじみ出汁で提供される「五郎のしじみうどん」
もちろん“とり天”乗せでいただきます
昆布出汁の甘い香りの中にしじみの香りがほんのりと漂う一品は、明日も元気に仕事が出来ると感じることが出来るモノですね


P3307261.JPG
で、こちらは看板娘と店長
店長のキャラクターも楽しくて良いのですが、オッサン的には看板娘の笑顔が一番でありまして…
今日の疲れも一気に吹っ飛んでしまうのであります



とってもリーズナブルなお店だと聞いて、正直あまり期待していなかったのだけど…
いただくお料理のほとんどは手作りされているようでおいしいものばかり
会計では予想していた金額よりも一人当たり1000円ほどお安くて大満足であります



【酒場五郎】
東京都千代田区内神田3-4-6 富士エレベータービル1F
03-5256-2626


[PR]
# by gurumeblog | 2017-03-30 23:56 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄三田線大手町駅:『たん之助酒場』 TORAJIが手掛ける牛タン酒場でいただく牛タンのタタキは絶品

P3307235.JPG

東京大手町『よいまち』視察ツアー
参加者4名それぞれが、お店のイメージやコンセプトなどから入ってみたいお店ランキングを付けてみますと…
ある程度予想はしていたものの、そのランキングは様々なのですが上位に入るお店はいくつかに絞られますね



P3307248.JPG
で、2軒目に選んだのはコンセプトが明確であるとのことで高評価だった『たん之助酒場』
牛タンのおいしさに定評がある『焼肉トラジ』が手掛ける業態であるだけに、タンの美味しさには期待が高まるところであります


P3307234.JPG
びっしりとお客さまで埋め尽くされていたのですが、タイミング良く一組のお客さまがお帰りになられるところでありまして…
牛タンというわかり易い食材とお料理が人気なのでしょうか 閑散としている『よいまち』に中でも、こちらのお店が最も人気であるようです


P3307236.JPG
さて、そんなお店で最初にいただくのは「牛タンのたたき」でありまして…
その、美しいまでもピンク色には食欲が掻き立てられます
厚切りであるにもかかわらず柔らかくいただけるのも素晴らしいのですが、添えられるニンニクや生姜と一緒に醤油をつけていただきますと、その風味豊かな味わいに感動を覚えますね


P3307240.JPG
「牛タンかつ」
茹でタンをカツにされているようで、その柔らかさは魅力的なのですが、パン粉がバリバリであったことが残念
これはもうひと工夫欲しいところですね


P3307242.JPG
ちょっと箸休めにと「珍味三種盛り」
クリームチーズチャンジャ、タコわさ、イカの塩辛とシンプルなものなのですが、これが予想外に秀逸でありまして…
とくに、チャンジャの辛味にコクとまろやかさが加わったクリームチーズチャンジャにはハマりそうです


P3307246.JPG
もうひとつ
とってもお気に入りになったのが「ほろほろテール焼き」
煮込んだテールを焼き上げたものなのですが、これがとってもトロトロですし、旨みも濃厚で…
食べるところがそれほど多くないことが残念ですが、こちらで頼むべき一品であろうと思います



スタッフの方も明るくフレンドリーで…
このお店、とってもお気に入りであります



【肉匠の牛たん たん之助酒場】
東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディングB1F
03-5220-1129


[PR]
# by gurumeblog | 2017-03-30 23:16 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄三田線大手町駅:『ルンゴ』    オシャレなカウンター席でいただく肉豆腐とジビエ

P3307214.JPG

先日の吉祥寺繁盛店ツアーがあまりにも楽しかったので…
美魔女ひとりとオッサン二人というメンバーに新しくオッサンひとりを加えた4人で、東京大手町にオープンした『よいまち』を視察することにいたします



P3307211.JPG
皇居のほとりにあるエリアであることから名付けられた三菱地所がてがける『大手町ホトリア』
そこにある「大手門タワー・JXビル」と「大手町パークビルディング」の地下をつないだ商業施設『よいまち』には、わざわざでも行きたくなる個性豊かな16店舗がラインナップされているということなのですが…
たまたまかも知れませんが、開業から一ヵ月でこの閑散とした状況に些かビックリであります


P3307232.JPG
そんな中から最初の視察店として選んだのは『ルンゴ』ってお店
一見したところでは何を売っているお店なのかはわかりませんが、その個性あふれるお店造りに興味をもちまして…


P3307212.JPG
お通しとして提供されたぬか漬けと生きくらげ
なんと150年もの間受け継がれたという“ぬか”で漬けられているというだけあって、その風味は格別なものでありますし、ポン酢で和えられたきくらげも初めていただく感覚でおいしくいただくことが出来ました


P3307218.JPG
厨房内の目立つところに置かれている銅鍋
そこでは、こちらの名物である「肉豆腐」が煮込まれていまして、スタッフの方が焦がすことが無いように、そして丁寧に灰汁を取っていたりと、ずっとお守りをしているのであります


P3307215.JPG
それほどまでに手間を掛けているのならばと、先ずはソレをいただくことにいたします
一昼夜寝る間を惜しんで煮込んだという肉豆腐はお豆腐にしっかりと味が染みていますし、お肉だってトロトロ
もちろんそのままいただいても充分においしいものなのですが、お昼の時間にはこれをご飯に乗せた丼が提供されていると聞くと、もう頭の中は丼モード
次回はそれを目的にお邪魔することにいたしましょう


P3307223.JPG
P3307225.JPG
そして、もう一つの名物がジビエ
まずは“雉”をいただいてみたのですが、レアに焼き上げられたそれは…
コリッとした歯応えがあって地鶏をいただいているかのようでありますし、ビネガーを掛けられていることもあってか全く癖を感じることが無くいただけます
そして“猪”
大きくカットされたものには強い歯応えを感じますが、これまた全く嫌な癖を感じることは無く…
これなら、ジビエ初心者にも抵抗なく召し上がっていただけそうですね


P3307229.JPG
そしてそしてそして…
佐賀県の黒木農園で育てられたという新鮮な“白石れんこん”
素焼きされただけの商品が出されたときには驚きましたが、ひと口目にはお芋のようなホクッとした食感もあり、その後は蓮根のおいしい風味が…
灰汁が少ない蓮根だからできることだというのですが、新しい蓮根のいただき方を知ったような気がいたします



このお店
渋谷神宮前にある『ALA』を運営する会社の新業態であるそうで…
センスある店造りと商品づくりも納得ですね



【ルンゴ】
東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルB1F
03-6551-2503


[PR]
# by gurumeblog | 2017-03-30 23:00 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線豊洲駅:『TORAJI』   毎月29日は肉の日 名物である「ダイヤモンドcut」が半額

P3297188.JPG

29日
肉の日ということで、お気に入りのお店では大盤振る舞いのイベントが行われていまして…
会社帰りの友人と焼肉をいただくことといたします



P3297173.JPG
18:30にお邪魔してみますと、お店の前に行列は無いものの既にお店は満席でありまして…
19:15にならないと席が空かないとのこと
今日は90分という時間制限を設けているらしく、次に席が空く時間が明確になっているんですね


P3297182.JPG
ちょっと小さ目な2名席ではありましたが、時間通りに席をいただくことが出来まして…
逸る気持ちを抑えてメニューを眺めるのですが、お腹ペコペコであるワタシはついつい頼み過ぎてしまいようであります


P3297184.JPG
先ずは「4代目トラジサラダ」
摩り下ろした野菜や果物のドレッシング、そして何よりもドライベジタブルが使われていることでの食感の変化が楽しいんですよね
また、干されていることで旨みが凝縮しているだけなく、栄養価の凝縮も期待できますし…


P3297189.JPG
こちらでいただくタンは格別で…
いつもならば、厚切り“生”上タン塩をいただくところではありますが、今日は肉の日ということで「ダイヤモンドcutタン」が半額でいただけるのですから他を頼む気にはなれません
大判にカットされたお肉を豪快に片面だけ焼き、程よく焦げ色が付いたところでハサミでひと口大にカット
そして、もう片面を軽く炙るように焼いたくらいがいただきどきであります


P3297192.JPG
そして…
同じくダイヤモンドcutである、ハラミ・ロース・カルビをいただくことといたします
これらも全て半額で提供されるというの大盤振る舞いには感謝の言葉しかなく… つい調子に乗って頼み過ぎてしまいます


P3297203.JPG
〆には、いつもの「ユッケジャン麺」
おいしくいただいた焼肉の脂をスッキリとさせようと冷麺を… と思うのですが、トラジではいつも決まってコレなんですよね
辛味の中に旨味とコクがあるスープと麺のコシ
これが見ごとに一体となったおいしさが癖になっているようであります



名物である「ダイヤモンドcut」が半額でいただけるだけでもうれしいのに、会計時には3000円の優待券を人数分いただくことが出来まして…
こんなにサービスしていただいて良いのかと思いながらも、ニッコリとしてしまう自分に気付きます



【焼肉トラジ】
東京都江東区豊洲3-2-24 豊洲フォレシア1F
03-3531-4129


[PR]
# by gurumeblog | 2017-03-29 23:41 | 東京都 | Comments(0)

西武新宿線本川越駅:『おいでや』   新鮮なモツが自慢 おいしい焼鳥もいただけます

P3287159.JPG

川越市
人口は約35万人と埼玉県内ではさいたま市、川口市に次ぐ都市であることから、その名前は知っていたけど訪ねる機会は無く…
池袋から東武線に乗って初めてやって来ました



P3287146.JPG
川越と言う町には多くの商店街があるようで…
そのひとつであるクレアモール川越新富町商店街をテクテクと歩いて、本川越駅近くにある『おいでや』ってお店で仕事がらみで仲良くさせていただいている管理栄養士さんとの懇親することといたします


P3287161.JPG
18:00位からお邪魔させていただいたのですが、こちらはかなり繁盛されているようで…
客席は幾つかのエリアに区切られているにもかかわらず、テンションが上がったお客さまの声で、店内には活気が溢れていますね


P3287160.JPG
P3287158.JPG
P3287162.JPG
新鮮な素材に自信があるようで、タン刺しやハツ刺しなどの“モツ刺し”がイチオシとしてお勧めになっているのですが…
残念なことに二人とも臓物が苦手でありましたので、焼鳥をいくつかいただくことにいたします
「とりかわ」に「もも」
それに「ささみ」と「つくね」
提供には少し時間が掛かるようですが、これはおいしさにこだわるために丁寧に焼かれているからでありましょう
どれも芳ばしくはありながらも身はふっくらとしているものでありました


P3287149.JPG
P3287152.JPG
一緒にいただいた「シーザーサラダ」はカリカリに焼かれたベーコンとサクッとした食感のクルトンがアクセントとなっていて、とってもおいしくいただけましたし、熱々に焼かれた「三代目じゃが明太チーズ」ではとろけるチーズとホックホクのじゃがいもに明太の絡みが合わさって…
たぶん、よりおいしくするために改善を加えたことでの三代目なのでしょうね


P3287172.JPG
水炊きもお勧めのひとつであるようでしたが、一昨日にいただいたばかりでしたので今日は注文しなかったのですが…
〆にといただいた「鳥ラーメン」をいただきますと、あまりのスープのおいしさから水炊きを注文しなかったことを少し後悔いたしましたね
濃厚な旨みと香りにほど良い塩味のスープに、コシがある麺
ラーメンもおいしくいただくことが出来ました



【焼き鳥 やきとん おいでや】
埼玉県川越市新富町2-1-15 小熊ビル 1F
049-299-8604


[PR]
# by gurumeblog | 2017-03-28 23:51 | 埼玉県 | Comments(0)

東京メトロ銀座線京橋駅:『伊勢廣』     1921年創業 老舗の暖簾に恥じない職人技をたのしめる焼鳥屋

P3277136.JPG

とくに体調が悪いと感じているわけでは無いのだけど、先日の検診で不整脈があると言われ、念のためにと冠動脈CTなるものを撮ることとなりまして…
お昼過ぎまでの2時間ほどを病院で過ごしたあと、おいしいランチをいただくことにしようと銀座へと向かいます



P3277129.JPG
京橋にある『伊勢廣』って焼鳥屋さん
1921年創業と間もなく100年を迎える老舗でありまして、熟練した職人が焼き上げる焼き鳥を目的としたお客さまがいつも列を作っているのでありますが…
昨日から残る雨の影響なのか、スムーズに焼場を臨む特等席をいただくことが出来ました


P3277132.JPG
次から次へと入ってくる注文に手際よく対応しながらも、その目は真剣そのものでありまして…
一切の妥協を許さず一串ひと串を丁寧に焼き上げる姿を目の当たりにしながら、お料理の提供を待つことが出来る幸せ
これも醍醐味の一つでありますね


P3277137.JPG
「焼鳥5本丼」をいただきます
丼一面に盛られる焼鳥は、皮身・もも肉・団子・ささみ・肝ということでありまして、その肝においてはレバーとハツの2種が一本の串に打たれていますね
肝を苦手とするワタシでありますから何か他のものに変えていただこうかとも思ったのですが、ココで提供されるそれには全く臭みがないことを知っていますので…
きちんと近火で焼かれることでの芳ばしさ、そしてふっくらと焼き上がった身の柔らかさ
これぞ職人技と言えるおいしさをいただくことが出来ました



【伊勢廣】
東京都中央区京橋1-5-4
03-3281-5864


[PR]
# by gurumeblog | 2017-03-27 21:55 | 東京都 | Comments(0)