ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

東京メトロ丸の内線東京駅:「バルバッコア クラシコ」   繁盛するビュッフェの真髄はココにある

DSC_2583-a.JPG

仕事で出張してきていた岡山の友人から、昨日のうちに仕事が済んだから、ランチを一緒にしないかとのお誘いをいただく
せっかく東京でランチするのだから、どこにでもあるようなお店だとツマラナイし、結構グルメな人でもあるので変なお店へ連れて行くわけにも行かない
男同士だから、洒落すぎるお店の避けたいし・・・


DSC_2578-1.JPG
で、バルバッコア
ココならビュッフェスタイルだから、気取ることもないし、お互いが好きなものを好きなだけ食べることが出来るし、何より、どこにでもあるスタイルのお店ではない と言うのが決め手であります

広いお店だからと高を括って予約もせずに11:30過ぎにお店へ行ってみると、13:00位にならないと席が空かないとこと
とりあえず携帯電話の番号を告げ、近くの「DEAN & DELUCA」で暇を潰すことにする


DSC_2585-1.JPG
思ったよりも早く席の用意が出来たようで、12:00過ぎには連絡をもらい店内へ
センターにビュッフェ台が用意され、葉物の野菜や、グラタン、パスタ、カレーなどが並べられている
こちらでうれしいのは、野菜料理が充実していていること 葉物だけのビュッフェだと飽きてしまうのだけど、ココなら色んな野菜料理があるから楽しくって、ついお替りをしてしまう


DSC_2580-1.JPG
今日の当たりはグラタン
ちょっとだけ塩味が薄いようだったのだけど、まだグツグツ言ってる状態なので熱々のモノであります
ベシャメルのトロッとした濃度が最適で、とっても美味しい 久しくグラタンなんてものを食べることが無かっただけに、その感動は一入だったのでありましょう


DSC_2582-1.JPG
そしてメインのシュラスコ
長い串に刺され焼き上げられたチキンや豚肉 そして牛肉
色んなお肉が次から次へと運ばれ、テーブルサイドでサービスされます
卓上に置かれたコインスタイルのものが合図になっていて、“青”だと、ドンドン持ってきてってことであり、“赤”だと一休みってこと


お肉の種類だけでなくいろんな部位があって、サービスに来るたびに説明してくれるのだけど、そんなこと覚えてられません
どうやって管理しているのかは分かりませんが、同じお肉をサービスに来ることがないってことが素晴らしいですね
時間制限が無いってこともこちらの魅力でありまして、自分達のペースでゆっくりと食事の時間を巣こすことが出来るんですよね



不景気とは言え、豊かになった今の時代
暴食するためにビュッフェを訪れる人は極わずかで、ココに訪れる人はいろんな料理を少しずつ食べたいってこと
だから、数多くの料理が並べられなきゃならない
そしてお腹を満たすだけでなく、食事という時間を楽しみたいって人たちだから、時間制限なんてあってはいけない
そして、メインとなる料理は出来立てで無ければならない

自然食ビュッフェと言うスタイルがブームになる前からあるお店であり、それらのお店が無くなりつつある今も繁盛を続けているお店でもあるバルバッコア
なるほどと、勉強させられるお店でありました



【BARBACOA CLASSICO】
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング6F
03-5224-5050


[PR]
by gurumeblog | 2011-08-20 19:58 | 東京都 | Comments(2)
Commented by ryuji_s1 at 2011-08-20 22:03 x
gurumeblogさん
BARBACOA CLASSICO
いろんな部位のお肉が楽しめ
最高ですね
しかもおいしそうです
いつぞや来丁寧なコメント有り難うございます
Commented by gurumeblog at 2011-08-23 19:04
ryuji_s1さま

お肉大好き 
だから、ココも大好きなんです

もちろんイタリア料理も大好きです
<< みなとみらい線日本大通り駅:「... 横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅... >>