ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

京浜急行本線日ノ出町駅:「長八」    焼魚に生卵 日本人らしい朝食を久しぶりに・・・

DSC_3862-a.JPG

お腹が空いて目覚める朝
滅多にこんなことは無いのだけど、今週は現場でのお仕事で身体を動かしているからでありましょうか? 珍しいことであります
本来こうであるべきなのでしょうが、デスク前の仕事であったり、何時間も座ったままでの打ち合わせだったりで、身体を動かすことって少ないんですよね


DSC_3858-1.JPG
日本人らしい、オーソドックスな朝食が食べたくって、ご近所の「長八」さんへ
こちらは24時間やっていて、朝の時間は焼魚をメインとした和朝食がいただけるのです
その焼魚は、アジや秋刀魚、それに鮭と用意されていて、好きなモノを選ぶことが出来るという、何ともありがたいお店なのであります


DSC_3859-1.JPG
カウンター越しに調理場が覗けまして、そこには年季が入ったベテランの調理師さんの姿が・・・
アルバイト君が料理を作るお店が多い中、こう言ったお店は今や貴重な存在になったのかも知れませんね
ベテランの調理師さんが造るから美味しい料理が出来るのかといえば、必ずしもそうではないのでしょうが、なんとなく安心できると言いましょうか・・・


DSC_3861-1.JPG
朝鮭定をいただきます
注文が入ってら焼き始めますので、提供まではちょっとだけ時間が掛かります
ですが、出された鮭は身がふんわりと焼きあがっていて、なかなかですよコレ 
身を解して、ごはんに乗せて・・・ それを一緒に頬張ると鮭の塩味とごはんの甘みが良い感じのバランスであります
生卵に焼き海苔何かも付いていて、これぞ日本の朝食って感じでありますね



DSC_3867-1.JPG
そしてお仕事
プロデュースさせていただいた、海老名サービスエリアに出店するお店のレセプションであります
一部は近隣にお住まいの方、そして二部にはマスコミの方、そして三部では近隣の事業所の方々をお招きして盛大に・・・

オーナーである脇屋シェフのご挨拶もあり、マスコミ関係者の方々からのフラッシュをたくさん浴びていらっしゃいました
赤坂の「一笑美茶楼」や「臥龍居」といった高級店を手掛けるシェフが、初めて挑戦するサービスエリアのレストランと言う業態
一人でも多くのお客さまに喜んでいただけるお店になりますよう、スタッフの方ともども、ワタシも精一杯ご支援しなければ・・・ ご挨拶を聞きながら、そう決意するひと時でありました



【とんかつと和食のお店 長八】
神奈川県横浜市中区長者町8-125
045-251-8888


[PR]
by gurumeblog | 2011-12-14 23:50 | 神奈川県 | Comments(0)
<< JR相模線厚木駅:「上海DOL... JR相模線厚木駅:「どんぶり&... >>