ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

横浜市営地下鉄ブルーライン阪東橋駅:「酔来軒」   名物“酔来丼”と果肉弾ける“トマト肉団子”

DSC_4068-a.JPG

打ち合わせに向かう前に友人とランチであります
よこはま橋周辺でとのリクエストに思い出したのが、おばぁちゃんの定食屋「三河屋」さんなのでありますが、残念ながらのお休みでありまして・・・
ならばと、久しぶりに、あのお店へ伺うことにいたします


DSC_4073-1.JPG
よこはま橋と言えば・・・ そう「酔来軒」さん
浦舟側からよこはま橋商店街に入ろうとする、その右手にあるお店であります
かなりレトロな佇まいでありまして、一見ではかなり入りにくい雰囲気なのですが、そこはたくさんのお客さまで賑わっているのです


DSC_4066-1.JPG
12:00を少し回った時間に伺って、テーブルの席は全て埋まっておりまして、座敷の席をいただきます
その座敷には、ちゃぶ台と言うのでしょうか、漫画巨人の星でお父さんがひっくり返す、あの丸いテーブルが置かれているのです
今どき、いったい何処でこんなものをどこで買ってくるんでしょうね

お客さまはといいますと、ご近所にある会社の方でありましょう、スーツ姿の人や、どこかにジムの帰りでしょうか スポーツウエアを着た女性の方、そして、既に仕事を引退したのであろう年配のお客さま
その幅広い客層にはビックリであります


DSC_4067-1.JPG
ココの名物メニュー2つをいただくことにいたしましょう
その一つは“トマト肉団子”

プチトマトを豚肉ミンチで包み、それを甘酢あんで絡めたモノであります
油断していただきますと、熱々なったトマトの果肉が弾けて、お口の中が大火傷なんて大変なことになったりもするのですが、その美味しさは絶賛に値するものでありまして、名物と言う名に相応しい一品なのであります


DSC_4070-1.JPG
そしてもう一つ
コチラは賄から生まれたのであろうモノでありまして、その名も“酔来丼”

丼に盛られたご飯の上に、チャーシュー、茹でもやし、メンマ、ネギといったラーメンのトッピングであろうモノと目玉焼きを乗せたものでありまして、それに、からし酢醤油を掛けていただくのでありますが、その、程よい酢の酸味と鼻にツーンとくるからしの辛味が何とも言えない味わいでありまして・・・
お店の入り口にも「美味!! 酢来丼」との看板が立っていることもあるのでしょうが、今日のお昼に来店されていたお客さまの多くが、コレを召し上がっているようですね



庶民の台所と呼ばれるよこはま橋商店街
その入り口にある中国家庭料理のお店「酔来軒」 とっても感じが良い接客と、程よいお値段での品揃え そんなことがお客様とマッチしているのでしょう
いつも多くのお店で賑わう、地元密着のお店であります




【酔来軒】
神奈川県横浜市南区真金町1-1
045-231-6539


[PR]
by gurumeblog | 2011-12-26 23:13 | 神奈川県 | Comments(0)
<< JR山手線神田駅:「ブラッスリ... 相鉄本線海老名駅:「箱根そば」... >>