ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

多摩都市モノレール立川南駅:『なまら屋』    ネタが新鮮なお造りと赤字覚悟の海鮮丼は食べておくべき

PB214388.JPG

東京駅から一時間弱
多摩地区の中心都市として成長を続ける立川へと足を延ばしてみることにいたします
と言っても、駅に直結する『立川タクロス』がオープンしたりと話題が絶えない北口ではなく…
雑多な雰囲気が昔のままに残る南口であります



PB214399.JPG
駅から歩いて3分ほど
ちょっと路地に入るとキャバクラなどが並び、そこ呼び込もうと多くのお兄ちゃんが通りに出ていて…
そんな怪しさを感じるエリアにあるビルの3F
ちょっと入りづらさを感じながらも、北海道漁港という響きに釣られてエレベーターに乗っちゃいます


PB214360.JPG
ワクワクしながらメニューを開いて…
とりあえずは刺し盛りでしょ ってことになるんだけど、こちらでは1人盛なんて商品が用意されているではないですか
5種のネタが一貫ずつ しかもそれが厚切りであるだけでなくコリコリと身が締まっているんですよ


PB214371.JPG
北海道料理といえば…
「ザンギ」を外すことはできませんね
しっかりとした味が付けられた鶏肉がカリッと揚げられていているのですが、中はとってもジューシーでありまして…
油断してかじると火傷しそうになりました


PB214380.JPG
つづいては「じゃがバター」
北海道では塩辛を乗せていただくのがポピュラーであるようで…
ゴロっと丸ごと一個のジャガイモに十字の切り込みを入れ、そこに塩辛を乗せている姿を想像していたのですが、こちらでは食べやすさを重視したのかスライスされたものでしたね


PB214377.JPG
そしてカニ身が入っただし巻き玉子
出汁巻と言うのは手間が掛かるお料理だけに多くのお店が作り置きのモノをチンしていたりするのですが、こちらで提供されたものは注文を受けてから丁寧に焼いたものであるようで…
ちょっと提供まで時間は掛かりましたが、おいしいものがいただけるのであれば待てますよね


PB214389.JPG
焦らされていたのか…
かなりの時間を要して提供された焼ズワイガニ
小ぶりではありますが身がぎっしりと締まった姿にはテンションが上がって…
つい、話はそっちのけでカニ身をほじることに専念してしまいます


PB214395.JPG
〆には「いくらとサーモンと蟹の豪華海鮮丼」
それぞれのネタがしっかりとしていますし、お値段からは想像がつかないほどのボリュームでありまして…
メニューに書かれた「赤字覚悟」との言葉も納得です



雰囲気こそチェーン店のように思えるのですが、提供されるお料理はどれもキチンとしていて…
お刺身や海鮮丼に乗せられた山葵もコストが安い粉わさびじゃないんですよね
手作り感あり、細部へのこだわりあり
ハッキリ言って想像をしていなかったクォリティに驚かされるお店でありました



【北海道漁港 なまら屋】
東京都立川市錦町2-1-33 三紀ビル3F
042-548-5252


[PR]
by gurumeblog | 2016-11-21 23:29 | 東京都 | Comments(0)
<< 東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅... JR山手線東京駅:『鶏繁』  ... >>