ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅:『銀座佐藤養助 養心蔵』    1860年創業 160年以上続く老舗店の味

PB224406.JPG

幾つかやらなきゃならないことがあって銀座の街をあちこちと歩き回ります
今日は久しぶりに20度を超える陽気であったこともあってかツルツルっと冷たいおうどんをいただきたいような気分でありましたので…



PB224403.JPG
稲庭うどんの本場である秋田県湯沢市稲庭町に本社を構える『佐藤養助商店』
井伊直弼が暗殺された桜田門外の変が起こった年であり、勝麟太郎や福沢諭吉が咸臨丸でアメリカへ行った年でもある1860年に創業したというから160年以上もの歴史を持つ老舗店であります
東京へ初出店したのが10年前のことで、当時はその銀座店へと良く足を運んだものでしたが最近はちょっとご無沙汰をしていて…
それで今日は久しぶりに老舗の稲庭うどんを堪能することにしようと、都内4店目となる『銀座佐藤養助 養心蔵』へとお邪魔することにいたします


PB224407.JPG
いただいたのは1日限定10食だという旬の魚を使った海鮮丼とおうどんがセットになった定食
おうどんは大盛りが無料というのでそれをお願いいたします
キラキラと輝くような艶が美しく、冷水でキュッと締められた麺にはしっかりとしたコシがあり、細麺であるが故の喉越しは滑らかで...
せいろに盛られた姿も美しく、これはもう一つの芸術の域に達していますね


PB224414.JPG
そして海鮮丼
鮪、鯛、鰆、しらす などが盛られた丼にはイクラがトッピングされていまして…
その美しさも然ることながら、ネタのすべてが新鮮なものであるようでシコシコとした歯応えまでもを楽しむことができるものであります



ビルの9Fということで、それほど知られていないためなのか…
6丁目のお店ほど混み合っていないようですから隠れ家的に利用するのも良さそうですね



【銀座佐藤養助 養心蔵】
東京都中央区銀座2-6-9 Ginza269ビル9F
03-3538-6099


[PR]
by gurumeblog | 2016-11-22 22:50 | 東京都 | Comments(0)
<< 都営地下鉄大江戸線勝どき駅:「... 多摩都市モノレール立川南駅:『... >>