ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

東京メトロ銀座線日本橋駅:『海老バル』    量り売りされる活オマール海老はプリッとしていて美味

PC305292.JPG

年の瀬が押し迫った日
友人と今年最後の食事会をしましょうと、東京駅で待ち合わせをいたします
今日からお正月休みに入るお店も多いことから選択肢は限られるのですが、折角ですからおいしいものを食べたいとお店をチョイスいたします



PC305322.JPG
これまで何度もお店の前に停められた軽トラックの荷台に積まれたオマール海老のオブジェを見かけていて…
気にはなっていたのですが地下にあるお店と言うことで何度も二の足を踏んでいたのでありますが、年末ということもあり、ちょっと贅沢をしてみようとお邪魔してみることにいたします


PC305291.JPG
さほど広くはない階段の壁に描かれるかわいいオマール海老に笑みを壁ながら店内へと入りますと、まず最初に目にするのがオマール海老の水槽でありまして…
これからこいつをいただくのだと思うとちょっとかわいそうな気にもなりますね


PC305281.JPG
『海老バル』だけあってお通しも海老
殻ごといただくことが出来るソフトシェルシュリンプでありまして、素揚げされていることでのサクッとした食感が良い感じですね


PC305303.JPG
いくつかの種類の海老をお刺身でいただくこともできまして…
その甘みにも惹かれるところではありますが、海老は調理した方がおいしいとの持論に基づき「ポップコーンシュリンプのフリット」をいただきます


PC305288.JPG
こちらは「赤海老マヨ」
生食が出来るほどに新鮮なものであることから、かつてはアルゼンチンボタンエビと称されたこともある赤海老
それが有頭のままに調理されていますので味噌までをも一緒にいただくことが出来るひと品であります
本物のボタンエビのように高価なものではありませんので、大振りのモノが4尾も乗って680円とはありがたいことでもあります


PC305289.JPGPC305293.JPG
水槽のオマール海老は量り売りでありまして…
自分で選んだものを手づかみで取り出すこともできるようで、奥の席にいらっしゃった女性グループのお客さまはキャッキャッと奇声を発したり写メを取ったりと楽しそうであります
ホントに女の子ってこういった体験型のイベントって好きですよね
ワタシはと言いますと全てを店員さんに委ね、それを目の前で量っていただきますと517g
ちょっと大きめのモノを選んでくださったようですね
オーブンで焼かれたオマール海老は食べやすくカットしていただけていて…
プリッとした身の弾力を思う存分に楽しむことが出来ますね


PC305306.JPG
先のオマールをパスタにしなかったのはこれが食べて見たかったから
「海老オイルのブラックペペロンチーノ」とのネーミングから、芳ばしく海老の香りが漂うパスタを想像していたのですが…
残念ながらそれは海老オイルが香るものではありませんでしたが、しっかりとしたアルデンテで提供された食感は納得いくものであります



【yaesu 海老バル】
東京都中央区八重洲1-8-9 八洲ビルA B1F
03-6262-3893


[PR]
by gurumeblog | 2016-12-30 23:28 | 東京都 | Comments(0)
<< 東京メトロ日比谷線茅場町駅:『... 東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅... >>