ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

カテゴリ:福岡県( 152 )

福岡市営地下鉄空港線赤坂駅:『釜喜利うどん』   サクッと揚がったごぼう天とつゆがおいしいうどん店

PA306126.JPG

福岡の夜
ひとりごはんをすることになったので、先日東京でお邪魔したにわかや長介ってうどん屋さんの本店であるへ『釜喜利うどん』へお邪魔してみることにいたします



PA306115.JPG
福岡の中心と言える天神から歩いても移動できる赤坂というオフィス街にあって…
市内にある有名どころと比べますと200円程高いようでありますが、お昼はそこで働くビジネスパーソンの胃袋をうどんや丼もので満たす人気店であるとのことであります


PA306130.JPG
夜には天ぷらメニューのほか、お酒のあてがいくつか用意されていて…
そんな商品の名物とも言えるのが「雲仙ハムカツ」
薄いパン粉を纏った20mmほどの厚みがあるハムはインパクトがあるだけでなく、添えられるからしとソースをつけていただきますと、ソースのスパイシーな香りが加わって一層おいしくいただくことができますね


PA306129.JPG
そして「ゴボ天うどん」
薄くスライスされたごぼうがチップスにようにサクッと揚げられていますし、イリコと昆布でとられたであろうつゆのおいしが際立っているのでありますが…
上質な小麦粉が使われることで粉の香りを楽しむことができるものではあるのですが…
博多うどんファンとしてはもっと柔らかくなるまで茹でて欲しいと思うところであります


PA306120.JPG
福岡のうどん屋さんでは当たり前のように卓上に置かれているものなのですが、こちらの天かすには桜えびの粉が混ぜられていることからピンク色に染まっていまして…
ほんのりとした香りと芳ばしさが、おうどんのおいしさを引き立てますね


PA306123.JPG

PA306122.JPG
たまたまなのかもしれませんが、お邪魔したタイミングでは女性のお客さまの方が多く…
その楽しそうな笑い声が聞こえる中、ひとりカウンターでうどんをすする寂しさを感じます



うどん屋さんといえば夜の集客が望めないことから早い時間に閉店してしまうところが多いのでしょうが、福岡では飲んだ後のシメにラーメンではなくうどんを食す文化もあって24時間営業するうどん屋があるほどなのです
ならばシメのうどんだけでなく、居酒屋としても利用してもらうことはできないのかと開発したブランドがにわかや長介ということなのでありましょう



【釜喜利うどん】
福岡県福岡市中央区大名1-7-8
092-726-6163


[PR]
by gurumeblog | 2017-10-30 23:19 | 福岡県 | Comments(0)

福岡地下鉄七隈線桜坂駅:『MAIN DINING CABANA』   素材のおいしさと調理の技術が魅力的なビュッフェ

PA306087.JPG

ビジネスパートナーと会食
ゆっくりと落ち着いた雰囲気のお店でランチしたいねってことで選んでいただいたのは、繁華街である天神から少し離れたところにある山の上ホテルへと向かいます
経営母体が代わりリニューアルされているようですが、福岡の老舗ホテルのひとつに数えらるところであります



PA306106.JPG
若い頃にはサービスのスキルを高めようとホテルレストランへお邪魔することも多かったのですが、しばらくご無沙汰している間に朝食だけでなくランチまでもをビュッフェスタイルで提供しているところが多くなったようでありまして…
少々寂しさを感じてしまいますが、これも時流ということなのでありましょう
さて、こちらには和食を提供する『暦』とメインダイニングとして洋食を提供する『ガバーナ』がありまして、いずれもビュッフェスタイルであるとのことすから、市内を一望することができる『ガバーナ』をチョイスさせていただきます


PA306069.JPG

PA306067.JPG

PA306068.JPG

PA306075.JPG

PA306077.JPG

PA306081.JPG

PA306083.JPG

PA306097.JPG
決して高価な食材が並べられたビュッフェではないのですが、茄子 白菜 きのこと言った季節の素材を使ったお料理が並べられていまして…
それぞれに素材の味を活かしながらも、飽きることのない調理がなされた魅力的なものであります
2,000円でいただけるホテルビュッフェということで正直なところ全く期待をしていなかったのですが、素材の質を落とすのではなく、比較的コストのかからない食材を使い調理技術で魅力を付けるという素晴らしいビュッフェでありました


PA306088.JPG

PA306093.JPG
メインディッシュはそれぞれで異なるお料理をいただきシェアしましょうってことで「糸島豚ロースのグリル」と「生ハムのブッタネスカ」を…
「糸島豚ロースのグリル」では豚肉のおいしさである脂身の甘みが際立っていて、マスタードのソースとよく合っていますし、「生ハムのブッタネスカ」ではニンニクの香りがとってもおいしく、ケッパーの酸味やトマトの甘味とバランス良く仕上げられたものであり、これまた満足なものでありました


PA306071.JPG
ということで、も開店時間を狙って来たであろうご婦人方で賑わっていまして…
おいしいお料理は人を幸せにするものであるようで素敵な笑顔と楽しそうな笑い声が聞こえてくるのであります
一階には和食ビュッフェのお店があるのですが、そちらは予約でいっぱいとなっているようでしたし、このホテルはちょっとした穴場としてこれからも使わせていただくことにいたします



【MAIN DINING CABANA】
福岡県福岡市中央区輝国1-1-33 アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ 5F
092-771-2254


[PR]
by gurumeblog | 2017-10-30 17:22 | 福岡県 | Comments(0)

JR久大本線筑後吉井駅:『まぁぼや』   辣の辛味が際立つおいしい麻婆豆腐と心地良い接客に大満足

PA286004.JPG

おいしい麻婆豆腐を提供するお店が隣町にあるんですよ
とのお誘いをいただいて、久留米市街地から車で1時間ほどの浮羽という町に移動することにいたします



PA285985.JPG
渋滞にはまってしまい、お店に着いたのは13:30
8テーブル22席と小さなお店ではありますが、こんな時間になりながらもお店の前には席待ちのお客さまがいらっしゃって…
30分近く待っていただくことになるかもとのことでありますが、折角ここまで来たのですし他に当てがあるわけでもありませんので、のんびりと待つことにいたしましょう


IMG_2692.JPG
麻婆豆腐専門店と謳うだけあってメニューは至ってシンプルでありますので、迷うこともなく「麻婆豆腐」をプラス100円でいただける大盛りでいただくことにいたします
辛さを好みに調整していただけるとのことですから辛めでお願いし、さらにミニサイズの坦々麺を添えることにいたします


PA286005.JPG
日本に四川料理を広めたと言われる陳健民が率いる四川飯店で修行をされたオーナーであるらしく…
山椒の辛さだけが引き立っているものではなく、自家製かと思われるラー油が使われることで、辣の辛味の奥にしっかりと旨味がある麻婆豆腐を提供していただけます
食べている時にはそれほどの辛さを感じることはないのですが、食べ進めるうちにジワッと額に汗が滲んで来ましたよ
卓上に花山椒が置かれていますので、お好みの量をふりかけその香りとともにいただくことをお勧めします


PA286011.JPG
そして担々麺
スープにコクがあまりなくゴマの風味も物足りない点は残念な感じではありますが、低加水のストレート麺が使われていることでスープとの絡みがよく、メインに添えられるものとしては十分なものであると思います



PA285991.JPG
流石に名店で修行をされた方らしく、オーナーは一点のシミもない真っ白なコックコートを着ておられますし、接客5人 調理2人 全てのスタッフがビシッとユニフォームを着こなしていることにも好感が持てるお店でありますし、その対応も心地よく…
繁盛とはおいしいお料理だけではないと感じさせられます



会計をしていると、ちょうどオーダーが途切れたタイミングだったのでしょう
オーナーが一声かけてくださりましたので一言二言お話をさせていただきましたが、優しい言葉遣いや笑顔に人当たりの良さを感じる方でありました



【麻婆豆腐専門店 まぁぼや】
福岡県うきは市吉井町1349-1
0943-75-2196


[PR]
by gurumeblog | 2017-10-28 21:14 | 福岡県 | Comments(0)

JR鹿児島本線羽犬塚駅:『松の』    昭和32年創業だという松喜屋精肉店直営のお店でいただく焼肉

P9172694.JPG

台風18号が鹿児島に上陸
ってことで福岡でも強い雨風でありまして…
日中の外出を控えることにいたします



P9172672.JPG
そんな台風が過ぎ去るのを待って…
一度お邪魔したことがある『松の』へと出かけます
前回はすき焼き鍋をいただいたのですが、その際に多くのお客さまが召し上がっておられた焼肉が今回の目的であります


P9172710.JPG
精肉店直営ってことからリーズナブルなお値段でいただけるってことでファミリーでの利用が多いお店でもありますし、台風のために臨時で休んでいるお店も多いだろうことから、満席なんてことになったら嫌だと予約をしてお邪魔したのでありますが…
さすがにこんな日に出てくる人って少ないんですね


P9172687.JPG
P9172684.JPG
「カルビ」や「ロース」など焼肉店を代表する商品は690円
佐賀県産和牛が使われているとのことで肉質には申し分ないのだけど、厚み3mmであることや盤も小さめであることから旨みを感じるには物足りなく…
"餅は餅屋"ではありませんが、焼肉は焼肉屋でいただくものだと改めて感じます


P9172682.JPG
あまりサラダメニューが充実していないってこともあり「巻き野菜」をオーダーしてみますと、サンチュが小ぶりにカットされていることから、巻くというよりも焼き上がったお肉を乗せていただく感じでしたね
しかし、添えられたお味噌は実においしくて…
残ったお味噌をご飯に付けていただいちゃいました


P9172689.JPG
「メガハラミ」なる商品を頼んでみたらば、これは肉塊状態で提供されまして…
ちょっと火力を落として、ローストビーフ的に表面を焼き固めながらじっくりと火を通していきますとしっとりとした柔らかさを楽しむことができました


P9172695.JPG
注文が忘れられたのかと思うほどに提供時間を要した「厚切りタン」
10mmを超えるほどの厚みには満足でありますし、粗挽きブラックペッパーの香りにおいしさを感じるのですが…
一部筋張ったところもあり硬さを感じてしまったことが残念ですね


P9172708.JPG
ここまでで十分にお腹は満足していたのですが、どうしても〆として冷麺を食べたい気分でありましたので「ソウル冷麺」を注してみたらば提供までに20分を要してしまう始末ではあったのですが…
ごま油の香りと酸味が効いたすっきりとしたスープやシャキッとしたきゅうりで実においしくいただくことができるものでありました



前回お邪魔した時にいた店長らしき人の姿はなく…
サービス面に残念な印象を残してしまう結果となってしまったことが惜しまれます



【肉料理 松の】
福岡県八女市蒲原340
0943-24-2023


[PR]
by gurumeblog | 2017-09-17 22:47 | 福岡県 | Comments(0)

西鉄天神大牟田線東甘木駅:『ROTARY』  1975年の創業からハンバーグ一筋 ふっくらとした食感が懐かしい

P9162665.JPG

台風が近づいていることから荒れた天気になるのだろうと思っていたのだけど、大して風が吹くこともなく、朝からしとしと雨が降ってる程度でありまして…
台風のピークは明日になりそうですね



P9162659.JPG
雨風が強くならないうちにと向かったのは『ロータリー』なるハンバーグの専門店
黒毛和牛と国産豚の合挽きを使っているとのことで、お値段はリーズナブルでありますし、ハンバーグのボリュームを選ぶこともできるってことで、ファミリーでのご利用も多いようですね


P9162664.JPG
定番とある「目玉焼き付き」はオーソドックスにデミグラスソースでいただきます
刻まれた玉ねぎの風味と甘みがどこか懐かしく…
昔、家庭で食べていた母親が作るハンバーグのようであります
ふっくらと焼き上がったハンバーグをフォークで食べることは難しいのか、お箸のみが提供されるってことも気取らない感じで良いですね


P9162666.JPG
「チーズ付き」ではチーズとの相性を考えサルサソースをチョイスしてみますと…
チーズのコクにサルサソースに入っているハラペーニョの辛味がアクセントになっていて、ハンバーグそのものが一層おいしくなったように思えます


P9162660.JPG
先代が開業したお店を二代目が手伝うというお店は6テーブルだけと小さくはありますが…
ログハウスかのような木の温かみもあって、アットホームな雰囲気で心が和みます



【ROTARY】
福岡県大牟田市橘932-1
0944-50-0400


[PR]
by gurumeblog | 2017-09-16 17:45 | 福岡県 | Comments(0)

福岡地下鉄空港線赤坂駅:『利花苑』   1964年創業 福岡を代表する焼肉店でいただく上カルビは美味

P8281970.JPG

お昼に会食ができなかった仕事仲間が夜に時間を作ってくれましたので、一度お邪魔しておきたいと思っているイタリアンのお店へと伺ったのですが残念なことに今日は予約でいっぱいであるとのこと
さらに次に伺った中華のお店も貸し切り営業だとのことでありまして…



P8281983.JPG
気を取り直し、焼肉をいただこうと『利花苑』へと向かいます 
地下鉄赤坂駅から歩いて数分
如何にも高級店だという印象を受けるレンガ造りのビルの2階へと上りますと、レトロな高級感とともに黒服の店員さんに迎えられ…
ちょっとした緊張感とともに、プロがもてなしてくれるであろうという安心感も感じられますね


P8281958.JPG
いただくのは「真セット」
カルビやロースなど牛肉だけをいただくことができるセットメニューでありまして、先ずはキムチ三種盛合せとナムルから始まります


P8281964.JPG
続いては塩ものでありまして…
最近流行りとなっているタン先からタン元までを一度に楽しむことができるカットがなされたタン塩をメインにリブやミスジをいただきます


P8281971.JPG
タレものとして提供されるのは上カルビ・上ロース・ホルモン・上ミノの4種でありまして、上質なお肉の証でもあるしっとりとした滑らかな舌触りを楽しみます
歴史ある焼肉店らしくタレのおいしさも際立っていまして、甘みの中にフルーツのほんのりとした酸味を感じることができました


P8281977.JPG
食事ものは石焼ビビンバかクッパを選ぶことができるとのことで、散々迷いましたがクッパをいただくことに…
野菜の旨みが出たスープには疲れた身体をいたわるような優しさを感じることができ、十分にお腹も満たされていたのですがハーフではなくフルサイズでいただきたいほどでありますね



【利花苑】
福岡県福岡市中央区大名2-3-12
092-752-8833


[PR]
by gurumeblog | 2017-08-28 23:01 | 福岡県 | Comments(0)

西鉄天神大牟田線西鉄福岡天神駅:『たつみ寿司』   1980年創業 福岡を代表する創作寿司の名店

P8281934.JPG

九州での仕事仲間であるコーチングの先生とビジネスランチをしようと思っていたのだけど、ワタシのスケジュールミスで…
今日ではなく、明日と連絡をしていたようであります



P8281951.JPG
とは言え、頭の中は会食に予定していたお寿司屋さんのことでいっぱいでありまして…
他に食べたいものが思い浮かばず、とはいえ本店に1人でお邪魔するには敷居が高すぎるようにも思えますので岩田屋の7階にある支店にお邪魔することといたします


P8281921.JPG
カウンターをいただくことができましたので…
お好みでいただこうかとも思いましたが、A・B・Cと3つ用意されているコースの中から、9貫のお寿司にサラダ・吸い物・茶碗蒸し・デザートまでが付く「Bコース」をいただくことといたします


P8281920.JPG

P8281923.JPG

P8281926.JPG

P8281929.JPG

P8281935.JPG
茶碗蒸しとサラダをいただいたあとにお寿司が提供されるのですが、そのどれもにキチンとした仕事がされていて…
お醤油を付けずにそのままいただくというのがこちらのスタイルであるようですね
中でも、こちらの名物的なお料理であるのが「南関いなり」であるそうで…
熊本 南関町の名産であるサクサクとした食感が特徴の"南関揚げ"を使っているとのことであります
袋状にした揚げの中にシャリを詰めると言った一般的なスタイルではなく、揚げでシャリを包むという独特なものでありまして…
レンコンの薄切りが挟まっていることでのシャキッとした食感が華を添えてくれますね
そして「雲丹といくらのカクテル」
これをお寿司と呼ぶかどうかはさておいて、カクテルグラスを器として使ったこのお料理はインスタ映えすること間違いなしであります


P8281940.JPG
こんなスタイルで"ガリ"を出されたのは初めてでありましたので、最初にこれが出されたときにはそれが何だか分からなかったのですが…
意外にもそれは柔らかく、辛味も少ないものでありました


P8281946.JPG
デザートが提供され、おいしく楽しいひとときも終宴
おいしいお寿司と感じ良いサービスが提供されるステキなお店でありましたので、福岡でプチ贅沢なランチを楽しみたいときにはここで決定ですね



【たつみ寿司】
福岡県福岡市中央区天神2-5-35 岩田屋本店 新館7F
092-723-0236


[PR]
by gurumeblog | 2017-08-28 22:37 | 福岡県 | Comments(0)

西鉄天神大牟田線蒲池駅:『Taj』   親不孝通りから移転して15年 多くのファンに支持されているようです

P8271902.JPG

1日をのんびりと過ごした日曜日
ちょっと足を延ばして、大川市にあるカレー屋さんへとお邪魔してみることにいたします



P8271911.JPG
田んぼの真ん中にあるお店であり、道路側には何故だかCOFFEEの文字が…
それがなぜかはわからないものの大きな目印になっていることは間違いのだけど、お店の正面に回って見ても店名が入った看板を目にすることができないためにここが目的のお店なのかと不安になるのであります


P8271873.JPG
入り口脇の壁面にあった小さな看板を見つけ、店内に入りますと…
これまたインドカレーを提供するお店とは似つかない雰囲気であることにもびっくり
どうやら、かつては家具の町大川らしく、家具屋さんの倉庫として使われていた建物を改装されたようですね


P8271879.JPG

P8271903.JPG
いただいたのは2種のカレーとナン、それにタンドリーチキンやサラダ、ドリンクまでがセットになった「 タージプレミアムセット」
10数種のカレーメニューから選んだのは、お店で最も辛いと言われるインドカレーとカシミールカレーであります
黒胡椒が使われるというインドカレーは確かに激辛ではあるのだけど、辛いものが好きな人であれば問題なく食べられるレベル
そしてカシミールはちょっとコクがなくて残念な感じに思えます



かつては福岡市内でお店をやられていたそうですが、2002年にこちらへ移転されたそうで…
1981年に福岡市で創業してから30余年、それそれの場所できちんとお客さまに支持され続けているお店であるようです



【Taj】
福岡県大川市大字上巻436-4
0944-87-0855


[PR]
by gurumeblog | 2017-08-27 20:16 | 福岡県 | Comments(0)

福岡地下鉄空港線天神駅:『espressamente illy』    おいしいエスプレッソをセンスが光る空間で!

P7190462.JPG

宮崎への移動を前にまったりとしたモーニングをいただくことにしようと、ホテルを早めにチェックアウトして空港へと向かう地下鉄の改札口前にある『illy』へお邪魔することにいたします



P7190472.JPG
本物のエスプレッソを提供するバールでありますし、ファッションの街イタリアならではのデザインセンスが光る空間がお気に入りで…
日本橋に支店があった頃にはお邪魔することも多かったのですが、そこが再開発のために立ち退きとなって以降はすっかりご無沙汰だったのであります


P7190469.JPG
日本国内の展開はプロントが手掛けているようなのですが、その店舗数は10店にも及ばず…
おいしいエスプレッソも日本人には馴染まないのかと思いきや、ココ福岡には今日お邪魔している天神のほかに博多駅にもあるんですよね
福岡市民はエスプレッソ好きなのでしょうか?


P7190463.JPG
そんなお店でいただいたのは、ドリンク付きで450円からというお手頃が魅力的な、ホットサンドセットから「トマト&モッツアレラ」
セサミトーストってこともヘルシー感があって良い感じですし、テッパンとも言えるとろけたチーズとトマトソースとの相性も抜群で…
バジルの香りがあると更においしくいただけたであろうと、ちょっとぼやいてみたりして…



次回はフォカッチャでサンドされた「ツナチェダー」をいただいてみようとの楽しみができて…
便利な場所にあることもあって、こちらへお邪魔する機会が増えそうであります



【espressamente illy】
福岡県福岡市中央区天神2 福岡天神地下街東2-300
092-732-1686


[PR]
by gurumeblog | 2017-07-19 23:10 | 福岡県 | Comments(0)

福岡地下鉄空港線中洲川端駅:『てら岡』   老舗料理店でいただく活いかは見惚れるほどに透き通る美しさ

P7180416.JPG

お気に入りの『THE CITY BAKERY』が運営する『BAR & BURGER RUBIN』でランチを済ませ…
軽く打ち合わせをした後は福岡で一緒に仕事をしている仲間との会食であります



P7180442.JPG
で、お邪魔させていただくのは1976年創業という福岡を代表する日本料理店『てら岡』
お店の看板にもあるように一年を通じていただくことができる"活いか"が名物であるとのことですし、創業以来の人気メニューでもあるとのことですから「いかづくしコース」をいただくことにいたします


P7180424.JPG
九州一番の歓楽街である中洲への入り口となる春吉橋の袂にあるということで、今回いただいた3階のお部屋からは那珂川の流れを望むことができ…
水の流れで涼しさを感じることもできますし、向こう岸に見える"Grand Hyatt"も良い感じであります


P7180412.JPG
提供された前菜には「てら岡の三珍」と名付けられていまして…
柚子を加えた唐辛子のタレに生いかを漬け込んだてら岡オリジナルの名物商品である「いかじゅぽん」と明太子、そしてもう一品は…
白身魚のフライだったのですが、そのお魚はあらだったのかふぐだったのかわかりませんでした


P7180418.JPG
そしてメインとなる「いか活造り」
博多に来たなら…
と、これまでにも活いかをいただいたことはあるのですが、これほどまでに身が厚いものは初めてでありまして、そのコリコリとした食感と甘味は期待以上でありまして…
仲居さんにお勧められた藻塩でいただいてみますと、その甘みが一層引き立てられるような感じでおいしくいただけますね


P7180432.JPG
いつの頃からか、博多のお土産ランキングに名を連ねるようになった「いわし明太子」
確か、その始まりは老舗明太子屋さんが開発したと記憶しているのですが、こちらてら岡でもお土産として販売されているようですね
とは言え、これがいかづくしコースに入れられる必要性は無いようにも思えるのですが…


P7180434.JPG
「いかしゅうまい」
確かにリーズナブルなお料理ではありますが、先のいわし明太に続いてまたもや既成商品が提供されまして…
確かにおいしくはいただけるのですが、福岡を代表する料理屋さんとの期待にはそぐわないように思えるのですがね


P7180428.JPG
「いかの後作り」
先にいただいた活造りのゲソやエンペラーを塩焼きのほか天ぷらや唐揚げに二次加工していただけるとのことですから、天ぷらにしていただけるようお願いいたします
活いかを提供するお店では当たり前になっているサービスではありますが、そこは歴史ある料理屋さんだけにサクッと揚がった衣の食感は見事なものでありますし、出汁の旨みが感じられる天つゆはさすがといえるモノでありました


P7180437.JPG
〆の食事は白飯の上に刺身と卵黄が乗せられた「いか丼」は、九州の甘みある醤油でいただく卵かけご飯のおいしさの中にイカのコリコリとした食感と甘味が加わって…
海苔の風味も良いアクセントになってますね
そして…
添えられた味噌汁の、甘みある白味噌がまた良い感じでありました


P7180441.JPG
ゼリー寄せのツルンとした舌触りが涼しげな感じがするデザートで「いかづくしコース」も〆
おいしい活いかもいただきましたし、仲間との楽しい時間も過ごせましたし、大満足のひと時でありました



次回こちらへお邪魔することがあれば…
ふぐの白子がたっぷりと入った白子の雑炊をいただいてみたいものであります



【日本料理 てら岡】
福岡県福岡市中央区西中洲1-3
092-734-3988


[PR]
by gurumeblog | 2017-07-18 23:42 | 福岡県 | Comments(0)