ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

カテゴリ:佐賀県( 13 )

JR佐世保線大町駅:『マルトヨラーメンセンター』   ラーメン450円 コスパの高さに驚かされます 

PA296056.JPG

昨日から降り続いた雨は午前中に上がったのだけど、台風の影響もあってか強い風が吹き荒れていたのですが…
4月に行った御船山楽園で開催されている"かみさまがすまう森のアート展"を見てみたくって、武雄って町に向かいます




PA296037.JPG
帰りに立ち寄ろうと決めた焼肉屋さんが伊万里牛がいただける焼肉屋さんへと伺ったのでありますが、お店の都合とかで21:00に閉店されたそうでありまして…
地方の田舎町でありますから、こんな時間から入れるお店など無いのではないかとの不安に襲われ、急いで帰路へつきます
そんな帰り道で見つけたのが「マルトヨラーメンセンター」なるお店
トラック運転手でも遠慮することなく利用できるようにと大きな駐車場を持ったお店でありまして…
国道3号線にある有名店、丸星ラーメンセンターや丸幸ラーメンセンターと同じようなスタイルですね


PA296040.JPG
こんな時間ですからお客様はあまりいらっしゃいませんでしたが、お隣で食事されていたのは家族連れの方でありまして…
3年ほど前にオープンしたばかりとあって、まだまだキレイですから、ファミリーでも入りやすいのでありましょう


PA296052.JPG
特製であるとか九条ねぎであるとかいくつかのラーメンがありましたが、定番であろうシンプルなものをいただくことにいたします
スッキリとしたとんこつのスープに低加水のストレートな細麺といわゆる長浜ラーメンのようでありまして…
特別な印象はありませんが、安心のおいしいさでありますね


PA296041.JPG

PA296047.JPG

PA296045.JPG
そして、セットでいただいた焼きめしや唐揚げ、それに餃子も安心レベル
焼きめしにはお好みでソースをかけてと言われたのですが、これが佐賀流ってことなのでしょうかね?




【マルトヨラーメンセンター】
佐賀県杵島郡大町町大字大町276-1
0952-82-5050


[PR]
by gurumeblog | 2017-10-29 23:33 | 佐賀県 | Comments(0)

JR唐津線西唐津駅:『かべしま』    呼子大橋を渡った加部島の北端にある活魚料理店でいただく活イカ

P9182741.JPG

台風一過とまでいきませんが、スッキリとした青空が広がる月曜日
折角だからと呼子まで足を伸ばして、おいしいイカをいただくことにいたします



P9182714.JPG
観光で訪れるお客さまが多いエリアとは港を挟んんだ対岸にある『かべしま』ってお店でありまして…
周りには一軒のお店も無いことから、知る人ぞ知る隠れ家的な存在でありますね


P9182769.JPG
そんなお店の店内からは玄界灘を望むことができまして、おいしいお料理だけでなく、絶景までもを楽しむことができるのであります


P9182723.JPG
さてお料理ですが、イカだけではなく、地で獲れたいろんな海鮮を楽しむことができるコースをセレクトいたします
小鉢、茶碗蒸しに続いて提供されたのは、カンパチや鯛、それにアワビまでもがいただける「お刺身の3点盛り」でありまして…
ほんのりとした磯の香りとコリコリとした食感のアワビは実に幸せな気分にさせてくれますね


P9182733.JPG
続いては「イカしゅうまい」
ムチっとしたイカ団子が細かく切られたシューマイの皮で飾られていて、からしの風味と良く合いますね


P9182742.JPG
そしてメインともなる「イカの活き造り」であります
透き通る美しさもさることながら、ゲソのみならず頭の部分までもがピクピク動く活イカなんてそうそういただくことは出来ませんね


P9182760.JPG
もちろん後作りとしてゲソは天ぷらにしていただけまして…
サクッとした衣に包まれる甘みあるゲソのおいしさを楽しみました


P9182750.JPG
P9182752.JPG
ご飯セットに続くのは「旬魚の煮付け」と「サザエのつぼ焼き」でありまして、ちょっと味が濃く感じる煮付けもご飯のお供として最高のパフォーマンスを発揮しますね


P9182764.JPG
〆にはメロンとぶどうがいただけるのですが、この時点でお腹はかなり満足していて…
地元だからこそできるのであろう、コストパフォーマンスでありました



【活魚料理 かべしま】
佐賀県唐津市呼子町加部島260-1
0955-82-5187



[PR]
by gurumeblog | 2017-09-18 21:53 | 佐賀県 | Comments(0)

JR長崎本線佐賀駅:『牛匠』    溶岩石のプレートで焼き上げる国産牛のハンバーグ

P8261865.JPG

福岡出張2日目
先月に引き続いて、滞在地の周辺に多くあるハンバーグ専門店の視察をいたします



P8261854.JPG
今回は車で小一時間走った佐賀市内にある『牛匠』ってお店
佐賀牛をメインとした国産牛で作るハンバーグを溶岩石で作られたプレートに乗せて提供する「炭焼き溶岩ハンバーグ」をウリとしているようであります


P8261861.JPG
粗めのメッシュでひかれたミンチをラグビーボールのように丸めて…
表面は炭火でしっかりと焼き上げていながらも、中はお客さまの注文に合わせた焼き上がりとしていて…
ミディアムレアでお願いしたハンバーグを二つに割ると綺麗なピンク色した生肉が現れます
それを熱々に焼かれた溶岩石好みに仕上げていただくのですが、ほど良い塩が使われているためにソースを掛けずともおいしくいただけますし、お店がお勧めするわさびステーキソースをかけると一層おいしくいただけますね



【炭焼き溶岩ハンバーグ 牛匠】
佐賀県佐賀市若宮2-5-59
0952-97-9124


[PR]
by gurumeblog | 2017-08-26 23:34 | 佐賀県 | Comments(0)

JR長崎本線神崎駅:『百年庵』     1873年創業 140年以上の歴史を持つ老舗製麺所直営

P7170392.JPG

連続する真夏日
こんなに暑い日が続くと頭に浮かぶのは冷たい麺を啜る姿ばかりでありまして…
とくに目的も無くランチへ出掛けたところで気付いたのですが、素麺を名産とする佐賀県の神崎って町は筑後からは意外と近いんですよね


P7170374.JPG
そんな神崎市内から15分ほど車で走ったところにある『百年庵』
背振渓谷の水系を利用している老舗製麺所が営むお店だということから、そのお味には間違いないであろうとお邪魔してみますと、炎天下の中で20人近いお客さまが並んでおられるではないですか
そんな光景を目にして怯みはしたものの折角ここまで来たのだからと…


P7170381.JPG
とは言え、ちょうど先客と入れ替わるタイミングであったようで…
15分足らずで席へと案内をしていただくことができたのですが、城原川の清流を眼下にする座敷席で無かったことが残念でなりません


P7170393.JPG
メニューを眺めますと…
通りにある大きな看板にも"神の白糸"とあるように素麺の専門店かと思いきや、冷麦やうどんにとどまらず、蕎麦までもがあることにビックリでありますし、いろんなセットメニューなんかもあって観光地のレストランのようですね
さて、そんなメニューの中から選んだのは「桶そうめん」でありまして、氷水に泳ぐ白糸がとっても涼しげで良い感じであります
気さくなスタッフの方にわがままを言って、少し多めにいただいた生姜でサッパリといただくことができ大満足であります


P7170384.JPG
素麺だけではちょっと物足りだろうと天ぷら盛り合わせをいただきます
とくに何の捻りもないシンプルなものではありますが、麺料理と天ぷらの相性ってホントに良いですよね
しかも、これで580円とはお安くないですか?



【百年庵】
佐賀県神埼市神埼町的1779
0952-53-2853


[PR]
by gurumeblog | 2017-07-17 23:04 | 佐賀県 | Comments(0)

JR長崎本線佐賀駅:『クレソン』    この地にお店を構えて30余年 地元に愛されるハンバーグ専門店

P7150317.JPG

九州出張の前半に滞在することが多いのが筑後エリアなのでありますが、不思議なことにこのエリアにはハンバーグとステーキの専門店が多く存在しているようで…
先月にお邪魔した『はんばぁーぐ亭』を皮切りにいくつかのお店を訪ねてみることにいたします



P7150331.JPG
ということで、今回は『クレソン』ってお店
厳密にいうとココは佐賀県であるために筑後地方とは言わないのかも知れませんが、県境となる筑後川を渡ってすぐのところにあるということで…


P7150327.JPG
開業当初は神崎と言う町でご商売をされていたようなのですがこの地に移り30余年
今では70歳を超えたオーナーシェフとその奥さまとで頑張っておられるとのことでありますが、落ち着いた色合いで統一された店内はピカピカに磨き上げられていて…
当時を懐かしむ喫茶レストラン的な雰囲気を残しながらも、古ぼけた感じはありませんね


P7150318.JPG
さて、そんなお店でいただいたハンバーグがコレ
ランチタイムと言うことでお得な商品もあったのですが、お腹が空いていたってこともあり、ひとつ100g強かと思われる塊が3つ乗せられた「ビッグハンバーグ」であります
和風ソースにガーリックソース、そして梅ソースと3種ものソースを提供していただけましたので、3つのハンバーグにそれぞれのソースを掛けていただきます
ハンバーグに使われるお肉は和牛100パーセントとのことではありますが、パン粉や玉子といったつなぎを使うことでふっくらと焼き上がっていて、とてもジューシーなものでありますし…
ワタシとしては和風ソースのと相性がベストだと思えたのですが、どのソースともうまく絡み合いますのでとってもおいしくいただくことができますね



一人2回までとの制限があるものの、サラダバーが設置されていまして…
時代に取り残されることが無いようきちんと勉強されていることが窺えるお店でありました



【ハンバーグの店 クレソン】
佐賀県佐賀市諸富町山領325-1
0952-47-2391


[PR]
by gurumeblog | 2017-07-15 22:30 | 佐賀県 | Comments(0)

JR佐世保線高橋駅:『常楽軒』    ちゃんぽん街道にある地域密着型ちゃんぽん店でいただく濃厚な味わい

P4157702.JPG

春には桜やつつじ、夏は竹灯籠
そして秋の紅葉、冬の椿と一年中観光を楽しむことができるという御船山楽園と足を延ばした帰り道
ちゃんぽん街道とも呼ばれグルメマップまでもが作られる国道34号線で夜ご飯をいただくことにいたします



P4157697.JPG
ちゃんぽんを提供するお店が立ち並ぶというちゃんぽん街道
そこには井手ちゃんぽんの本店もあるのだけど、折角であればココでしか食べることができないお店の味を楽しんでみたいものだし、ラーメンを主としているお店や定食屋さんが提供するものでもなく…


P4157700.JPG
で、選んだのが『常楽軒』というお店
お店に入った瞬間に感じるスープの香りにココは間違いないと確信をいたしましたし、メニューにはラーメンの文字はありはするけども、こちらがメインとして提供しているのは間違いなく「ちゃんぽん」でありまして…
ご夫婦で営業されているのか、アットホームな雰囲気とともに期待が高まります


P4157703.JPG
ちゃんぽんと言えば魚介
そんなイメージを強く持っていたのでありますが、こちらで提供されるものは豚肉と野菜でありまして…
濃厚なスープと野菜の相性が抜群であるだけでなく、コシが無いちゃんぽん麵ならでの食感が良いのであります
炭鉱があった時代、そこで働く人たちには濃い味を好む方も多くちゃんぽんにソースをかけて食べるなんてこともあったそうで…
今でもその名残があるそうですね


P4157704.JPG
色んなものを食べてみたいと「皿うどん」
勝手にパリパリの麺を想像していたのですが、提供されたそれはちゃんぽんとなじ麺でありまして…
些かガッカリはしましたが、これはこれでちゃんぽんとはまた異なるおいしさが楽しめますね
皿うどんには酢やからしを… と思うところでありますが、こちらではそれが卓上に置かれてはいませんね
地域によって同じような商品でも食べ方が異なることも楽しみの一つであります


P4157708.JPG
そして「餃子」
さほど特徴があるものではありませんが、きちんとお店で握っているモノであるようで…
モッチリとした皮がとってもおいしい餃子でありました




【常楽軒】
佐賀県武雄市北方町大崎1218-3
0954-36-4320


[PR]
by gurumeblog | 2017-04-15 23:00 | 佐賀県 | Comments(0)

JR大村線彼杵駅:『宗庵よこ長』   温泉水がお豆腐を溶かすことで仕上がるトロミがある湯豆腐を初体験

P2116166.JPG

先日、従妹とランチをしていたときに、彼女の実家がある長崎へ帰省するとどうしても食べたくなるものに温泉湯豆腐なるお料理があると言うのであります
ワタシにとっては初めて聞くものだったのですが、嬉野温泉へ行くと、どこのお店でも普通に提供されているほどに浸透しているものだということでありますし、食べることが大好きな彼女がわざわざ食べに行くのだと聞けばそれを体験ぜずにはおれず…



P2116163.JPG
友人にわがままを言って嬉野までドライブしてもらうことになったのですが、そこは佐賀と言っても長崎との県境に近いところでありまして…
約2時間ほども掛けてやって来たのでありますから、温泉湯豆腐発祥の店とも言われる1957年創業の『宗庵よこ長』さんを訪ねることにいたします
お店は建て替えられているようで老舗と言った佇まいを感じることはありませんでしたが、ココで使われるお豆腐は湯豆腐に最適な固さになるよう調節した木綿豆腐を先代の実家から取り寄せているのだと言いますから期待も高まるところであります


P2116167.JPG
湯豆腐以外にも、おうどんやおそば、丼ものなど幅広い商品が用意されていましたがそれには目もくれず…
看板料理でもある湯豆腐のラインナップから最も豪華である、お刺身付の特選湯どうふ定食をいただくことといたします
そもそも温泉湯豆腐とはその名の通り温泉水でお豆腐を煮込んでいるのだそうで、アルカリ性である温泉水がお豆腐を溶かすことで白濁し、それにトロミが出てきた頃が食べごとであるとのことであります


P2116176.JPG
海老やお野菜などは専用のタレに浸けていただき、お豆腐そのものは白濁した温泉水でいただくのだとのことでありまして…
シンプルではあるのですが、その温泉水がとっても優しい味わいであり、身体に良いものを食べているような気になります


P2116174.JPG
お刺身はハマチに甘海老とイカが盛らる3点盛
それほど豪華さはありませんが、隣県の長崎はハマチの産地でもあるということで、その新鮮さもあり歯応えのある食感がとてもおいしいものでありました



今日はこの温泉湯豆腐をいただくことだけを目的に嬉野までやって来ましたが、次回のチャンスがあれば温泉にも浸かってゆっくりとした時間を過ごしてみたいものでありますね
もちろんその際にもこの湯豆腐は必ずいただきますよ



【宗庵よこ長】
佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2190
0954-42-0563


[PR]
by gurumeblog | 2017-02-11 23:31 | 佐賀県 | Comments(0)

JR鹿児島本線けやき台駅:『KIRINYA』     1954年創業 今でも大人気のハンバーグ専門店

P8211901.jpg

関東に台風が上陸しそうだと言うニュースが流れていますが、こちら九州はビックリするほどの晴天でありまして…
陽射しが強い日中の外出を避け、陽が沈むのを待って夜ごはんへと出掛けます



P8211884.jpg
国道3号線沿いにある『キリンヤ』ってお店
かつては大きなキリンがお店の前に立っていて、それが目印にもなっていたのだけど20数年前の台風で壊れてしまったとのこと
何故新しく作らないのかと残念に思うところもありますが、昔ながらの外観に懐かしさを感じてお邪魔してみることにいたします


P8211908.jpg
こちらのお店が出店されたのは産声を上げたばかりのファミリーレストランが急成長していた1970代のこと
そんなこともあってか、ソファー席が並べられた店内は当時のファミリーレストランを模したような印象がありますね
大した改装もされること無く時代に取り残された感じさえするお店には多くのお客さまがいらっしゃいまして…
若者のグループからファミリーまで多様なお客さまで賑わっていますね


P8211894.jpg
サラダやサイドメニューそれにハンバーガーと言ったものも多少はありますが、こちらで提供されるメイン商品はハンバーグでありまして…
来店されているお客さまの大半がハンバーグセットを召し上がっておられるようですね
セットにはコーンスープとサラダ、それにライスが付いておりまして…
サラダは大根サラダなのですがドレッシングとの相性が良くおいしくいただけますし、コーンスープにおいてはコーンの甘みが活きたホントにおいしいものでありました


P8211902.jpg
さて、こちらがメインとして提供するハンバーグ
デミグラスソースもしくは和風ソースを選ぶことが出来るのですが、周りのお客さまが召し上がっておられるのはほとんどが和風ソースでありまして…
当然ワタシも和風をチョイスさせていただきます

自家製にこだわるハンバーグはとってもふっくらとしていまして、それに掛けられたソースはたっぷりと使った玉ねぎの甘みがおいしいモノ
とりだてて特徴があるハンバーグではありませんが、このソースと一緒にいただくことで他店ではいただくことが出来ないおいしさを体感することが出来ますし、なんと言ってもご飯が進むこと進むこと
これは癖になりますね

今は残ってないようですが1954年に筑紫野市で創業されたとのことですが、その当時からハンバーグの専門店としていたと言うから驚きですね



それほど大規模なリニューアルがされることも無く老朽化さえも感じられるお店ではありますが、店内はキレイに手入れされていて…
鉄板からの油でベタベタとしていても不思議ではないのですが全くそんなことは感じられませんし、アラフィフであろうと思われるスタッフをまとめるのは創業者のお嬢さまであるそうで…
先代のキチンとした想いを引き継いでいることが繁盛の原点なのでしょうね



【KIRINYA】
佐賀県三養基郡基山町大字小倉1963-1
09429-2-5311


[PR]
by gurumeblog | 2016-08-21 23:38 | 佐賀県 | Comments(0)

西鉄天神大牟田線大善寺駅:『天建寺うなぎ屋』     自宅のようなお店でいただく鰻は地産の天然物?

P5151274.JPG

九州での鰻料理と言えば柳川のせいろ蒸しが有名なところではありますが、筑後川沿いでも多くの鰻が獲れるようで多くの鰻店が軒を連ねているのだとか
そんなお店の中でも、通が通うお店として人気を集めていると言うお店へお邪魔してみることにいたします



P5151267.JPG
地元の方しか通ることが無いであろう小さな道をくねくねと走って、ようやくたどり着くことが出来る『天建寺うなぎ屋』さん
ココを目的に走らないと絶対に見つけることが出来ないお店でありますね


P5151270.JPG
お店は民家(自宅?)を改装されているようで、玄関で靴を脱いだあと四畳半のお部屋がいくつか並ぶ店内へと案内されまして…
知人のお宅にお邪魔しているような雰囲気でもありますが、一部屋ひと部屋はすだれで区切られていますので、ちょっとした個室感を感じることも出来るようですね


P5151273.JPG
先ずは塩焼きから
白焼きをいただくことは多いのですが、塩焼きとは珍しく…
こちらのお店では、その塩焼きのせいろ蒸しが名物であるようですね
地焼されたうなぎはとっても芳ばしく、塩焼きされることでの旨みもあって…
おつまみ商品として良く出来ていると感じます


P5151275.JPG
そして鰻重
やはりこちらではせいろ蒸しが主流であるようなのですが、蒸されることでご飯がベチャっとした感じになってしまうのがあまり得意では無くて…
2000円ほどとのお値段でしたので、それほどの期待はしていなかったのですが、半尾だけが使われた寂しいものでしたね
養殖されたように丸々と太った鰻でも無く、カリッと地焼されたことでの芳ばしさと甘めのタレとの相性も良く…
地元で採れた天然物ってことなのでしょうかね?


P5151277.JPG
肝吸いにはキチンと肝が入っていまして、レモンの皮が浮かべられることで爽やかな風味とともにいただくことが出来ますし、なにより肝をいただくことでの精力アップできそうですね



なかなかこの辺りに来ることがありませんが、出来ることなら数軒並ぶお店を食べ歩いてみたいものですね



【天建寺うなぎ屋】
佐賀県三養基郡みやき町天建寺4134-46
0942-96-2291


[PR]
by gurumeblog | 2016-05-15 23:02 | 佐賀県 | Comments(0)

JR長崎本線新鳥栖駅:『恵比須』    エリアNo1‼ 特濃 そんな豚骨は意外にも脂くどくないものでした

P4170561.JPG

とんこつラーメンと言えばコッテリとしたスープを連想される方も多いでしょうが、実は博多のラーメンはそれほどコッテリとしたものではなくて…
博多から南下した久留米のラーメンのほうがコッテリとしているんですよね



P4170544.JPG
そんな博多と久留米の間にある鳥栖って町にあるラーメン屋さんに立ち寄ってみますと、"エリアNo1‼ 特濃"であるとか"特濃豚骨"と書かれた文字を目にしまして…
その濃厚とは如何ほどのモノかとの興味にそそられお邪魔してみることにいたします


P4170559.JPG
お店に入ってもさほど豚骨臭が漂うこともありませんでしたし、お母さんとその娘さん二人なんてお客さまもいらっしゃることから、言うほど濃厚ではないのではないか…
そんなことも思いながら「あのラーメン」をいただくことにいたします


P4170554.JPG
これが「あのラーメン」
ひと口スープを啜ってみますと、それはかなりの骨紛が溶け込んだものでありまして…
このエリアでNo1かどうかは他県人であるワタシにはわかりかねますが、これまでに体験したとんこつラーメンと比べてみますと確かに濃厚であります
ココで言う濃厚とは、脂っこいと言うものではなく、骨紛によるトロミでありますね
ちょっと濃いめではありますが、それに飽きたときには添えられる茹でもやしで口直しをして…
ちょっと気が利いていますね


P4170556.JPG
欲張りなワタシは、ラーメンいっぱいで終わるにはちょっともったいないと「満腹‼ 焼めしセット」をお願いしておりまして…
半チャーハンレベルのモノが提供されるのだと思い込んでいたのですが、それはまるで一人前はあろうかと言うボリュームにビックリ
まぁ、そのお味はそれなりでありましたね


P4170557.JPG
更にセットには焼き餃子も一緒になっていまして…
芳ばしくパリッと焼かれた小ぶりな餃子はとてもシンプルなモノ
餡がジューシーであるとか述べるほどに何かを感じることも無く、美味しい食感だけが印象的でしたね



入店時にはまだ空席があったお店も退店する頃には満席の状態でありまして、ココが人気高いお店であることを認識させらることとなるのですが…
確かに嫌な臭味もありませんし悪い点も無いのですが、わざわざココというほどのことも無いように思えるのですがね
好きな人には好きなハマる味ってことなのでしょうかね
ご馳走さまでした



【博多ラーメン 恵比須】
佐賀県鳥栖市古賀町319-3
0942-84-3482


[PR]
by gurumeblog | 2016-04-17 22:50 | 佐賀県 | Comments(0)