ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

カテゴリ:熊本県( 16 )

JR豊肥本線肥後大津駅:『味の大津屋』     赤身がおいしいあか牛がいただける焼肉屋

P3116767.JPG

気持ちよく晴れ渡った土曜日
おいしい馬肉をいただこうと熊本まで足を延ばしたのだけど、目的としたお店が貸し切り営業とのことでありまして…
どうやら中学校の卒業式後のパーティーであるようですね



P3116776.JPG
気を取り直して向かったのは『大津屋』って焼肉屋さん
馬肉ではありませんが、肥後のあか牛をいただけるお店ってことで気になっていたのであります
もちろんサシが美しい高級なお肉も良いのですが、最近は脂身よりも赤身がおいしいお肉に惹かれる日が多くなったんですよね


P3116753.JPG
食べ放題をメインとしているお店ではありますが、お昼ってこともありカルトでいくつかのお肉をいただくことといたします
先ずはタン塩から
それほど上質とは言えませんが、950円というお値段でこれだけのボリュームがいただけるのであれば文句も無く…
硬さを感じることの無い厚みにスライスされたタンを焼き過ぎることの無いようにいただきます


P3116758.JPG
赤身が恋しいとは言いながらも、サシが入ったお肉も少しはいただきたく「和牛上ロース」をいただいてみますと…
キレイにサシが入ったお肉でありますし、その厚みだって十分に満足できるものと、期待を超えるレベルに大満足


P3116749.JPG
そして「和牛カルビ」
程よくサシが噛んでいるためにパサつくことが無く、かと言って脂がくどいってことも無く…
赤身の旨みを十分に楽しむことが出来る“ちょうど良い”おいしさに大満足
こういうお肉を食べたかったのですよ


P3116763.JPG
「ハラミ」は厚めに切られていて、その独特なしゃりっとしたような食感を一層楽しむことが出来るモノでありまして…
やはりハラミは厚切りに限るなと再認識させていただけました



タレはそれほど濃くなくて…
これなら食べ放題でお肉をいただいても飽きることなく食べ続けることが出来そうですね



【味の大津屋】
熊本県菊池郡大津町大字大津1487-1
096-293-4759


[PR]
by gurumeblog | 2017-03-11 23:40 | 熊本県 | Comments(0)

熊本市交通局幹線通町筋駅:『紅蘭亭』     老舗中華料理店でいただく熊本名物「太平燕」

P2136231.JPG

熊本での仕事を終えて…
せっかく熊本に来ているのだから、ご当地のおいしいものをいただくことにします
熊本のご当地料理と言えば、馬肉や辛子蓮根などなど思い浮かぶものも多いのですが…



P2136229.JPG
目指すのは太平燕
そしてその名店とも言われるのが『紅蘭亭』でありまして…
熊本市の繁華街「下通り」にある本店へお邪魔してみますと、想像を超えるほどに立派な佇まいであることにビックリ
それもそのはず、1934年創業という老舗中華料理店なのであります


P2136239.JPG
先の震災の影響を大きく受けたようで…
2Fのレストランは通常通り営業されていますが、飲茶をメインに営業されていた1Fはクローズされたままであったりと、全館での営業には至ってないようです
しかしこのフロアだけを見ますと、そんなことは一切感じることなく、チャイナドレスで迎えてくれるスタッフの笑顔とキレイに磨き上げられた店内が印象的であります


P2136232.JPG
老舗中華であるならば太平燕だけをいただいて帰るのはもったいないと、それを含んだ気軽なセットメニューをいただくことといたします
ちゃんぽんの春雨バージョンであると思っていた太平燕が真っ先に提供されたことには驚いたのですが、こちらのお店での位置付けは春雨スープと言うことなのでありましょう
こってりとした見た目ではありますが、実はとってもスッキリとしたスープでありまして、炒められたキャベツの甘みが優しいのであります
そして、素揚げされたゆで卵が使われるのは太平燕の特徴でもあるということで、スープが染みたおいしさを堪能させていただきました


P2136234.JPG
P2136238.JPG
P2136241.JPG
続いて提供された中華料理は老舗の名に恥じないものばかりでありまして…
硬く締まることが無くサクッとした食感の豚肉が甘すぎることの無い甘酢でまとめられた酢豚
そしてふっくらと上がった唐揚げ
私的には最もお気に入りであったのがビリッとした辛さが特徴的な海老チリでありまして、この海老チリを目的に再訪したくなるほどでありました


P2136242.JPG
〆はチャーハンかかた焼きそばが選べるとのことでしたので、野菜をたくさん食べたいワタシは迷うことなくかた焼きそばをチョイス
これもまた大正解でありまして、たっぷりと具材はシンプルな塩味にまとめられているのであります
中華料理は脂っぽいとか味が濃いとか言われる方も多いのでしょうが、こちらで提供された品々はどれもスッキリとした優しい味付けですのでこれだけのお料理をいただいても胸焼け等することも無く最後までおいしくいただくことが出来ました



【紅蘭亭】
熊本県熊本市中央区安政町5-26
096-352-7177


[PR]
by gurumeblog | 2017-02-13 22:43 | 熊本県 | Comments(0)

JR豊肥本線南熊本駅:『焼肉なべしま』  創業期から受け継ぐ秘伝のタレで揉み込まれたお肉がおいしい焼肉

PA173524.JPG

万全とは言えないものの熱っぽさは無くなり、元気いっぱいに熊本へと移動いたします
これまで福岡でのみ行っていた勉強会ですが、より多くの方に参加していただきたいと熊本と福岡で交互に開催することにしまして今日が熊本での第一回目
10名ほどの参加者ではありましたが、少数だからこその盛り上がりもあったように思います



PA173499.JPG
懇親会は『なべしま』で焼肉
鹿児島に拠点を置く焼肉屋さんではありますが、ココ熊本でもしっかりとお客さまの支持を得て…
今では九州一円に店舗網を拡げるチェーンへと成長されていますね


PA173510.JPG
チェーン店でいただくお肉と言いますと、スライスされたお肉が冷凍で店舗に運ばれてアルバイト君がそれを解凍するだけでお客さまへ提供することが多いために、リーズナブルではあるものの、それほどおいしいと言うものではないと言うイメージがあるのですが、ココなべしまで提供されるお肉は各店舗で加工されているのだとか…
それは技術を持った職人がいると言う証でもありまして、見事な包丁細工を加えたカルビをいただくことが出来ました


PA173508.JPG
タンだって見事な色艶でありまして…
これはもう高級店でいただくモノに劣らないレベルでありますね
今日は限られた会費の中でということで食べ放題コースでお願いしていたのですが、それでこれほどのお肉がいただけるとはビックリであります


PA173528.JPG
ハラミだって新鮮であることが見てわかる色艶ですし、サシの美しさが際立つカルビでありまして…
最近では下味も付けてないお肉を提供する焼肉店が増えていますが、こちらでは1970年の創業期から受け継ぐ秘伝のタレで揉み込まれていますので、その甘みやコクでご飯がおいしくいただけるってことも魅力のひとつでありまして、ワタシが贔屓にする理由でもあるんですよね


PA173530.JPG
お肉だけでなく、お料理物もしっかりとしていまして…
〆にいただいた冷麺にはリンゴ酢が使われるってことでサッパリとした酸味を楽しみながら、コシのある麺をツルツルっといただき大満足
サラダバーもあっていろんな野菜をいただくことも出来ますし、デザートとしてパイナップルをいただくことで酵素の力で消化を助けるなんてヘルシーさを楽しむことも出来ますね




【焼肉なべしま】
熊本県熊本市南区田井島1-12-15
096-370-8929


[PR]
by gurumeblog | 2016-10-17 23:04 | 熊本県 | Comments(0)

JR豊肥本線肥後大津駅:『楠の家』 食べ放題のお店とは思えないほどにクォリティー高いお肉がいただけます

P9092307.jpg

震災後、初めてとなる熊本出張
羽田からフライトして熊本空港へと着いてみますと壁面の至るところにヒビが入っておりまして…
営業の再開はされているものの完全な復旧では無いことを感じるとともに、今回の地震が如何に大きなものであったのかを認識させられました



P9092326.jpg
空港からタクシーで15分ほど
7月21日に開店したばかりだと言う焼肉屋さんへお邪魔することにいたします
鹿児島に拠点を持つなべしまホールディングスって会社が運営するお店でありまして、このお店もかつては同社の基幹事業である『なべしま』ってブランドで営業されていたようなのですが、それが近くに移転することになったために新しいブランドとなる『楠の家』を立ち上げることになったのだとか…


P9092325.jpg
全てのお肉を店内で手切りすると言う『なべしま』のおいしさはそのままに、食べ放題と言うスタイルでより多くのお客さまに楽しんでいただけることを目指しているとのことでありまして…
『なべしま』の魅力でもあるサラダバーは健在であることはうれしいことでありますね


P9092308.jpg

P9092310.jpg
サラダバーとドリンクバーまでが付いて2980円と言うリーズナブルなコースもありましたが、スタンダードなコースだと言う3480円をいただくことにいたします
最初にいくつかのお肉が盛合されて提供されるのですが、この牛タンのクォリティーを見た瞬間に「さすが、なべしま」と声を出してしまいそうでしたし、ホルモンやハラミなど何れにしても注文するであろうお肉でありますから、そのシステムに嫌な思いをすることはありませんね
ひとつだけ“かさ増し”かと思ってしまった牛バラでありますが、ビックリするほどに脂身がおいしいものでありまして…


P9092318.jpg
タブレットのようなタッチパネルが卓上に置かれていることで、追加注文も遠慮なくすることが出来るってこともありがたいことでありまして…
ハラミやホルモンなどをいただいてみたのですが、食べ放題でこれほどに美しい色をしたハラミを提供してくれるお店を他に知りませんね


P9092319.jpg
〆には冷麺お腹も大満足
しっかりとしたコクがありながらもスッキリとした味わいのスープでありますから、お肉をお腹いっぱいに食べたあとでも不思議なくらいにスッと入っていきますしコシのある麺の喉越しも最高ですね


上質な和牛を好まれる方のためには4980円のコースも用意されているなど、その時の利用動機に合わせて使い分け出来ることもうれしいですし、何よりも予算管理がしっかりと出来るってことが食べ放題の魅力でもありますね



【焼肉 楠の家】

熊本県菊池郡大津町室534-1
096-293-8929


[PR]
by gurumeblog | 2016-09-09 23:00 | 熊本県 | Comments(0)

JR豊肥本線武蔵塚駅:『火の国 文龍』    今、熊本で大人気だと言うこってりラーメンをいただきます

P2242282.JPG

鹿児島から熊本へと移動
途中、サービスエリアで大好きなすり身のてんぷらを食べて小腹を満たしながら…



P2242278.JPG
熊本への移動の目的はココ
今、最も熊本で人気があるお店だというので、それを視察しましょうってわけ
"熊本で最強のこってりラーメン"を謳うお店には週末には交通渋滞を招くほどのお客さまが訪れるといいますので期待は山よりも高く…


P2242281.JPG
平日の14:00近くの訪店となりましたが店内にはほぼ満席のお客さまがいらっしゃいますし、その後もお客さまの足が絶えること無く…
"こってり"と言うから若い男性のお客さまばかりかと思いきや、カップルで来店される方や年配のサラリーマンなんかもいて、正に老若男女って感じですね


P2242283.JPG
提供された「こってり」がコレ
これでもかってほどに背脂が降られていて、それが乗せられたチャーシューを隠すほど…
まるでとろろそばを見るかのようであります
熊本には熊本ラーメンと呼ばれる博多ラーメンに焦がしニンニクを浮かべたようなラーメンがあるのですが、ココで提供されるラーメンは横浜家系のような豚骨醤油ラーメンを思い出させるようなモノでありまして、カエシの甘みがとっても印象的です
最強のこってりラーメンと言う謳い文句や背脂たっぷりの見た目ほどくどさを感じること無く、その甘みがリピーターを作っているようにさえ感じさせます
卓上には直径100mmほどのボールに入れられたニンニクが用意されていることから、そのニンニクをたっぷりと入れて召し上がられるお客さまも多いのでしょう


P2242289.JPG
替玉も用意されているのですが、先に自家製だと言う中太麺と一緒にスープを半分ほどいただいてしまいましたので、お店の一角に用意される無料取り放題の辛子高菜が用意されていますので高菜ライスを…
それほど辛味が強いものではありませんので、ご飯に乗せてもおいしくいただけますね



【火の国 文龍】
熊本県熊本市東区戸島4-2-47
096-388-7055


[PR]
by gurumeblog | 2016-02-24 22:40 | 熊本県 | Comments(0)

熊本市交通局幹線通町筋駅:「桃花源」   芝麻の旨みとコクを堪能できる絶品担々麺

PC080908.JPG

熊本へ出張
チケットを取る頃には阿蘇山の噴煙で飛行機が飛ばないってニュースが流れていて…
ちょっと心配していたのですが何の問題も無く熊本へ到着
明日のプレゼンに向け、事前打ち合わせをいたします



PC080891.JPG
ふた月前のこと
知人の結婚式で熊本を訪ねた際に利用したお店でありまして… 四川料理の名店ってことで、先回ワタシがいただいた麻婆豆腐も絶品だったのですが、その知人曰く、それ以上にココの担々麺が素晴らしいとのこと
それを聞いて以来ずっと食べてみたいと思っていたのですが、そのチャンスが意外にも早くやって来たのであります


PC080911.JPG
入店は18:00ちょっと前
さすがのまだお客さまはポツポツでありましたが、19:00ほどになると宿泊の方なのでしょうか、家族でのお客さまが入店され始めましたし、奥ではかなりの人数の宴会が始まるタイミングでもあったようで、続々とスーツ姿のオジサマ方が吸い込まれていました


PC080894.JPG
先ずは前菜の3種盛りから
3種盛りと言うので一皿で提供されるモノとばかり思っていましたら、ご丁寧にも別々のお皿で… しかもとりわけのようお箸もそれぞれにいただきまして… さすがホテルのレストランだなと感心いたします
辛子と酢の相性がお気に入りであるワタシはクラゲの冷菜にちょこっと辛子を加えて… コリコリとした食感に酸味と辛味のバランスを楽しみます
そしてカラッと素揚げされた海老は殻まで美味しくいただきます


PC080897.JPG
ゴロゴロっとした大海老が贅沢な海老チリは、四川の名店らしくキラキラと輝くようなソース
もうこのビジュアルだけでも美味しいのが伝わりますよね
加水などされない自然なプリッと感と甘みが楽しめる海老 そして、ラー油の辛味と豆板醤の旨味がトロミをつけることで一つにまとまって… 海老との一体感が味わえます


PC080904.JPG
そしてそして… 〆にいただいた担々麺
見た目にもわかるほどに芝麻醤がたっぷりと使われる濃厚なスープであります それが中細ほどのストレート麺に絡まって…
胡麻の風味とコク、それが麺と一緒にお口の中で拡がります
ココまで来ると、麺をいただく料理というよりも、スープをいただくための料理って感じですね
しっかりと美味しくいただきましたよ


今日は熊本で泊まり、明日の早朝に鹿児島へ向け出発
しっかりとプレゼンして参ります
良い感触になると良いのですが…



【中国四川料理 桃花源】
熊本県熊本市中央区城東町4-2 熊本ホテルキャッスルB1F
096-326-3368


[PR]
by gurumeblog | 2014-12-08 23:13 | 熊本県 | Comments(0)

熊本市交通局幹線通町筋駅:「桃花源」   陳建民氏の愛弟子が作る四川を味わう

PA110347-a.JPG

お世話になっている知人の結婚披露宴に出席すべく熊本へ
熊本と言う町 まだ蒸気機関車が走っている頃、その煙でお城を中心として栄える町を汚したくないと駅を中心部から離れたところに作ったとのこと
その後も、駅周辺は山と川に挟まれていることもあり、さほど発展することも無く、主要駅と繁華街が離れている珍しい街なのであります



PA110335-1.JPG
そして熊本に来たなら是非とも立ち寄っておきたいのが「桃花源」って四川料理のお店
偶然披露宴の会場となるホテルがそのお店が入っているトコロってこともあって、これはこのチャンスを逃すことは無いと、ココでランチを済ませた後披露宴へ出席することにいたします


PA110337-1.JPG
設えはかなりしっかりとしていて上品さを感じるモノになっていますし、サービスのスタッフもキチンとしていて、高級を感じさせるお店でありますが…
開店直後にお邪魔したにも関わらず、既に3組ほどの先客がいて…
こちらの人気の高さを窺うことが出来ますね


PA110342-1.JPG
四川のお店と言うことですので麻婆豆腐をいただくことにいたします
こちらでは、山椒が効いた辛いモノと、ラー油の辛味が効いたモノとが用意されていますので、自分のお好みで選択することが出来ます
山椒がそれほど得意ではないワタシが選んだのは“辣”を効かせたモノをちょっと辛めに… そんなワガママも聞いてくださるんですね
ランチのセットでいただいたのですが、鶏白湯を使った大根のスープが添えられており、そのとっても優しい味付けに釘付けでありまし、絹ごしの豆腐が使われる麻婆豆腐は言うに及ばず素晴らしいモノでありまして、しっかりと辛味が付けらた挽肉もたっぷりであります
これで1100円でありますから素晴らしいコストパフォーマンスにも驚きです


ココは担々麺も素晴らしいと評判でありますから、次回熊本へ行く機会がありましたら是非いただいてみたいものです



【中国四川料理 桃花源】
熊本県熊本市中央区城東町4-2 熊本ホテルキャッスルB1F
096-326-3368


[PR]
by gurumeblog | 2014-10-11 22:14 | 熊本県 | Comments(0)

JR鹿児島本線有佐駅:「みやべ食堂」    八代うまかもん認定氷川町名物 みやべ食堂の激ウマちゃんぽん

P2270138-a.JPG

鹿児島を後にして熊本へ
熊本市に住む知人がこよなく愛するちゃんぽん屋さんが八代にあるというので、そこへ向かうためにずっと前からお世話になっている方にお願いして車を出していただいたのであります
何もそこまで… ってことなのでしょうが、そこを愛するという知人はかなりのグルメな方でありますので間違いはないでしょうから…



P2270130-1.JPG
そのお店は八代市街から国道3号線を北上した氷川町と言う小さな町にある小さなお店でありまして…
あまりにちゃんぽんが美味しいというからその専門店かと思いきや、うどんや焼きめし、少しの丼メニューもあるのですね
周りのテーブルを眺めますと、そのほとんどのお客さまがちゃんぽんを召し上がっておられますし所々には焼きめしも置かれていますね


P2270132-1.JPG
家族経営であるようで、厨房の中には白髪のおじいさんとそのご子息であろう同じ顔をしたおとうさん
おばあちゃんも現役であるようですね
熊本市内でのアポイントもありましたので、開店直後を狙って伺ったことが大正解
12:00が近づきますと、どんどんとお客さまが増えてきて… ワタシたちがお店を出るときには10人以上の方が席待ちをしていらっしゃいましたよ


P2270137-1.JPG
隣の席に提供されているちゃんぽんを見ますと小ぶりな丼でありまして、ならばと大盛りを注文したのですが…
提供された商品は、丼からこぼれそうなほどに盛られた、まさに山盛り
そしてその麺の量に驚きであります
ハッキリ言って麺がスープに浸かっていませんので、先ずは麺をモグモグと食べて… なのですが、麺にしっかりと味が染みていると言うか麺そのものにも味がありますので、それだけでも美味しくいただけました
半分ほどいただいた頃にようやくスープにたどり着くのですが、このスープがまた素晴らしいモノ
鶏がらスープにしょうゆ風味と言ったスッキリ系のスープなのですが、野菜の炒め油がスープと馴染んでコクを出していて…
豚骨のちゃんぽんとは異なる美味しさを楽しめました


P2270139-1.JPG
コレは肉めし
通常盛りと大盛り、それに加えて小盛りや“肉めし少々”なんてモノがありまして、その少々って言葉に釣られて頼んじゃいました
予想通りに牛丼でありましたが、これもなかなか美味しいモノでありましたよ


てんこ盛りのちゃんぽんに肉めし少々をいただき、ワタシのお腹はパンパン
夜の会食までにお腹が空いてくれるかどうか心配であります



【みやべ食堂】
熊本県八代郡氷川町宮原566-6
0965-62-2031


[PR]
by gurumeblog | 2014-02-27 14:15 | 熊本県 | Comments(0)

熊本:「麻婆亭」    熊本の夜、繁華街のお店で腹黒餃子をいただく

DSC_2192-a.JPG

上司の友だちの友だち
そんな感じの人がやってるお店が市内にあるらしい
住所と電話番号だけを頼りに、出かけてみる


DSC_2169-1.JPG
麻婆亭
市街地で風俗街
そんな場所で、大通りから1本入ったトコロ
そこに黒尽くめで、店内の様子がわからないお店
ドアを開けるのに、ちょっと勇気が必要かも・・・


DSC_2175-1.JPG
麻婆亭と言うからには、麻婆豆腐に自信ありなのでしょうと、ソレを注文

待つこと数分
かなり赤みを帯びた、いかにも辛そうな麻婆豆腐登場
辛味が得意ではない同行者は、3口ほど食べた頃から汗が噴出し止らない様子でありました

麻辣という四川の基本の辛さ
ワタシは、「麻」の花椒のしびれる辛さは苦手でありますが、「辣」の唐辛子のホットな辛さには強いのであります

そう自信を持っていたのですが・・・
彼ほどではありませんが、ワタシの額にも汗がにじみます


DSC_2180-1.JPG
芝麻醤という、ゴマの風味が美味しい調味料
それを惜しむこと無くたっぷりと使う
ソレが美味しさの秘訣でありましょうか・・・

辛みに勝る、ゴマの甘み
コレが見事に調和した抜群の坦々麺でありました


DSC_2187-1.JPG
腹黒餃子
けっして、腹黒いマスターが作ったからではありません
餡に炭を練りこんだ、腹が真っ黒な餃子だから腹黒餃子なんだとのこと

こちらの餃子も一口サイズの小ぶりなモノ
ソレを握るのではなくて、折りたたむように作られております

皮がとってもモチモチして、羽根の部分がサクサクしてて・・・
とっても食感が美味しい餃子
これなら、何皿もいけちゃいそうですね


18:30頃に入店したのですが、ノーゲスト
あまり流行ってないのかなぁ と心配していたら・・・
その後、ドンドンお客さまがやってきてカウンター10席とテーブル一つ
そんな小さなお店はいっぱいになる勢いでありました





【本格麻婆豆腐専門店 麻婆亭】
熊本県熊本市中央街5-17
096-356-2022


[PR]
by gurumeblog | 2009-10-29 23:09 | 熊本県 | Comments(0)

熊本:「センターリバー」      価値あるお店にはお客さまが集まる

DSC_2162-a.JPG

久しぶりの熊本
ちょっとしたビジネスの打ち合わせにやってきた
まずは、とっても繁盛しているお店があるからと、打ち合わせ前の腹ごしらえであります


DSC_2147-1.JPG
センターリバーというハンバーグのお店
14:00って時間でありながら、ご近所の奥様方で満席
ハンバーグって若い男性ってイメージであるけども、今日のココはおばちゃん天国


DSC_2158-1.JPG
ランチハンバーグ
150gほどの、ちょっと小さめのハンバーグに、ごはんと、スープ・サラダが付いて780円 お値打ちでありますね
なるほど、お値打ちに敏感な奥様方が贔屓にするには訳があるのですね・・・(笑)


DSC_2151-1.JPG
更に4種のソースが用意してあって、「お好みのものをどうぞ」ってシステム
梅肉や洋わさび、にんにくに塩ダレ
どれも美味しさが伝わる馴染みあるモノでありますね
馴染み=安心ということでありましょうか・・・



美味しさや価格だけでなく、馴染みある商品と親しみある接客こそが、リピーターを増やし、そして離さない
そんなことを考えたランチでありました




【センターリバー】
熊本県熊本市石原2-3-1
096-389-0515


[PR]
by gurumeblog | 2009-10-29 16:35 | 熊本県 | Comments(0)