ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

カテゴリ:宮崎県( 43 )

JR日豊本線宮崎神宮駅:『風媒花』     わかりづらい場所にありながら行列ができる繁盛店

P9192797.JPG

福岡を飛ぶ時には秋らしい涼しい風が流れていたのだけど、宮崎へと降り立ったらばあまりにも強い陽射しにジャケットを脱ぎ捨てたくなるほどでありました


P9192785.JPG
宮崎へと着いたのがお昼時であったため、まずはランチをいただくことにしようと、おいしいお料理提供してくれるお店が多いと言われる一ッ葉エリアへ
比較的新しいお店が多い中、18年も前から営業を続けている『風媒花』ってお店が目的であります


P9192787.JPG
20席という小さなお店ではありますが、ハンバーグがおいしいとのことから席待ちのお客さまが列を作ることも多いようで…
13:00過ぎにお邪魔したのですが、若いカップルを中心に多くのお客さまで賑わっていました


P9192792.JPG
いただくのはもちろんハンバーグでありまして…
ワタシはオニオンソースをチョイスいたします
ラグビーボールのように丸く握られたハンバーグはふっくらとした焼き上がりでありまして、ナイフを入れるとその切り口からは肉汁が滲み出るのであります


P9192801.JPG
そして550円を足すことでハーフサイズのチキン南蛮をいただくことができるとのことでしたので、当然にようにそれもいただくことにいたします
家庭でも日常的に作られるというチキン南蛮でありますから、お店によってそれぞれ異なる味わいでもありまして…
こちらでは、甘味よりも酸味がを強く感じる南蛮酢が特徴であるようですね


【グリル風媒花】
宮崎県宮崎市阿波岐原町4276-689
0985-31-0668


[PR]
by gurumeblog | 2017-09-19 22:20 | 宮崎県 | Comments(0)

JR日豊本線宮崎駅:『あめいろcafe』  人生初? サクッと揚がった沖ボラのフライはふっくらとしていて淡泊

P6209464.JPG

福岡から45分ほどのフライトで宮崎へ
朝から降り続いていると言う雨はかなり本降りでありますし、その影響もあってちょっとムシムシしていて不快指数もマックス
折角の宮崎も台無しであります



P6209459.JPG
空港へ着いたのがお昼過ぎでありましたので、先ずはランチをいただきましょうと4月にもお邪魔した『あめいろカフェ』へと向かいます
こちらのお店の“あめいろ”は飴色であって雨色ではないのでしょうが、何となく今日のような日には雨に濡れた古民家風のお店の雰囲気が良く似合っているようにも思えます


P6209465.JPG
いただいたのは「ひむかの沖鰡フライ定食」
珍味として有名なカラスミがボラの卵巣で作られることは知っているのですが、そのボラの身を提供してくれるお店と出会ったのは初めてかもしれません
さてそのお味ですが…
淡白な味わいである白身のお魚でクセを感じることありませんし、食感はしっかりとしていて身崩れすることもなく、イメージにある臭味なんて全くありませんね



実はボラ
古くは高級魚としても扱われていたらしく…
イナ→ボラ→トドと成長することから、オシャレな人を指す「いなせ」や、最後を意味する「とどのつまり」なんて言葉の語源にもなっているとのことであります



【あめいろcafe】
宮崎県宮崎市宮田町10-18
0985-69-4566


[PR]
by gurumeblog | 2017-06-20 22:50 | 宮崎県 | Comments(0)

JR日豊本線南宮崎駅:『汐彩』      大淀川を望みながらいただくビジネスランチ

P4197774.JPG

宮崎出張二日目
午前中に都城市へと足を延ばし食品工場の経営者とお会いさせていただき、新商品開発に向けたマーケティングや商品案などについて話し合ったのですが、これが楽しくて楽しくて…



P4197791.JPG
お昼は宮崎を代表する老舗ホテルで、フランチャイズ展開をしたいという飲食店オーナーとの会食であります
なぜフランチャイズ展開をしたいのか? 自店が繁盛する理由は何か? などなどのお話を伺いながら、これから整備すべきことの大枠を決め…


P4197772.JPG
そんな前向きな話をしながらいただく食事はおいしくて…
前菜として提供された小鉢の中で最も気に入ったのはごま豆腐
その、ほんのりと芳ばしさを感じるゴマの風味やしっとりとした舌触りが実に良く出来ているのであります


P4197775.JPG
P4197779.JPG
そして、お刺身と椀物
この椀物がとっても優しいお味に仕上げられていまして…
やっぱり和食って良いなぁと実感させられます


P4197781.JPG
P4197782.JPG
メインとなるのが豚しゃぶせいろでありまして…
そこに使われるブロッコリーが何とも言えずおいしかったのですが、比較的涼しいところで育つブロッコリーでありますから、今の季節だと宮崎産が旬ってことなのかもしれませんね


P4197783.JPG
P4197787.JPG
天ぷらと筍ごはん
筍ごはんっていうから炊き込みごはんを想像していたのですが、普通の白ごはんに味付けされた筍が乗っているだけであったことにはちょっと残念な気がして…
でも、その筍はおいしかったですよ


P4197789.JPG
フルーツで〆
マンゴーだったらうれしかったのになぁ



大淀川を見下ろす空間でのビジネスランチをしていますと、その景色の広がりのようにビジネスも拡大するのではないかと思えてきますから不思議ですね



【焼酎・日向料理 汐彩】
宮崎県宮崎市松山1-1-1 宮崎観光ホテル西館8F
0985-32-5929


[PR]
by gurumeblog | 2017-04-19 22:43 | 宮崎県 | Comments(0)

JR日豊本線宮崎駅:『あめいろCAFE』   カラスミの香りがおいしいパスタとゆっくりと空気が流れるカフェ

P4187764.JPG

ご縁があって宮崎へ出張してみますと、昨日の豪雨が嘘のように晴れ渡り、7~8年ぶりに訪ねるワタシを笑顔で歓迎してくれているようで…
やっぱり宮崎は太陽が似合いますね



P4187770.JPG
さて、最初にお邪魔するのは古民家を改装したというカフェでありまして…
県庁や県警、裁判所などが並ぶエリアの路地裏にひっそりと佇むことでの隠れ家的な雰囲気が良い感じですし、今日のような気持ち良く晴れ渡った日にはテラスで過ごす時間もオシャレですよね


P4187768.JPG
店内はテーブル席のほか座敷席など50席ほどの広さがあるのですが、障子や壁で仕切れられていることで自分空間が確保したような感じで寛げますし…
その障子がレトロな雰囲気を醸し出していますね


P4187765.JPG
定食メニューのほかに幾つかのパスタメニューが用意されているのですが、そんな中で目を惹いたのが「カラスミのパスタ」でありまして…
生麺のモッチリ感と、贅沢にもふんだんに振りかけられたカラスミとが見事に一体化したおいしさに驚かされますし、シンプルであるが故にカラスミの風味が活きていて、カラスミってこんなにおいしいものだったのかと改めて認識させていただけました



サービスを担当されるスタッフの方からも優しさを感じることができ…
古民家の落ち着いた雰囲気と供にココで過ごす時間を心が落ち着いたものにしてくださいますね



【あめいろCAFE】
宮崎県宮崎市宮田町10-18
0985-69-4566


[PR]
by gurumeblog | 2017-04-18 22:32 | 宮崎県 | Comments(0)

宮崎神宮:「武蔵野麺道場」     セルフでいただく美味しいうどん

DSC_2962-a.JPG

今月13日に開店したドン・キホーテ
安売りの伝道ドン・キホーテが宮崎県内に初出店であります
開店からかなりの反響のようで国道10号線は大渋滞
お店に入るのにもひと苦労であります


DSC_2960-1.JPG
その一角にあるのが「武蔵野麺道場」
ドン・キホーテが出来る前、同地にあった「武蔵野」って蕎麦屋さんが、新しい挑戦としてうどんのセルフ店を出店したのであります


DSC_2963-1.JPG
おろし醤油うどん
麺の美味しさを味わうならコレ
うどんに出汁醤油をかけていただくという最もシンプルなものであります

さすがに老舗の蕎麦屋さんが経営するお店であります
そばとうどん、異なるものではありますが、そこは麺のスペシャリスト
しっかりと美味しいおうどんを完成させていました


DSC_2965-1.JPG
一緒に天ぷらとおにぎり
10種以上の天ぷらと、6種位のおにぎりから、自分が好きなものを選ぶことが出来ます
揚げたてと握りたてにこだわっているようで、どちらも温かいものをいただくことが出来ました

美味しいものを気軽に食べていただきたい
そんな経営者の思いから、セルフと言うスタイルにしたのだとか・・・
500円ほどで、お腹いっぱいになることが出来るステキなお店であります



【武蔵野麺道場】
宮崎県宮崎市神宮東1-1-5 ドン・キホーテ宮崎店内



[PR]
by gurumeblog | 2009-11-26 23:38 | 宮崎県 | Comments(0)

延岡:「ピアンピアーノ」    冬野菜のスパゲッティをいただく延岡の夜

DSC_2957-a.JPG

久しぶりに延岡へ主張
羽田から宮崎まで約2時間、宮崎空港から延岡まで1時間ちょっと
乗換えなども含めて5時間近い移動でありました

打ち合わせを終え、市内の「ピアンピアーノ」ってお店で夜ごはん
ココは、延岡ではもちろん、宮崎でも数少ない大型のピッツェリア
お店の中央に薪で焼き上げるピザ釜がある本格派であります


DSC_2955-1.JPG
たらことイカのスパゲッティ
茹で上げのパスタにたらこを絡めるってシンプルなものが多い中、ここではしっかりとたらこでソースを作ったパスタがいただけます


DSC_2956-1.JPG
こちらは冬野菜を使った和風のパスタ
季節限定メニューから見つけました

熱々に焼かれた鉄板で提供されるスパゲッティには、白菜やにんじん、レンコンなどパスタにはあまり使われない野菜が盛りだくさん
やっぱり和風味って、日本人のDNAにしっくりきますね


DSC_2958-1.JPG
そして、熱々でグツグツのグラタン
ベシャメルとチーズが美味しいグラタンは、冬にいただくには最高の料理でありますね


東京でいただくピッツエェリアのような洗練されたものではないのですが、それもまた良し
気取らずに利用できます



【ピアンピアーノ】
宮崎県延岡市川原崎319-1
0982-32-8618


[PR]
by gurumeblog | 2009-11-25 22:57 | 宮崎県 | Comments(0)

宮崎市:「枡元」       辛いが幸せ そんな辛い麺をいただきました

DSC_0750-a.JPG

宮崎でちょっと話題になっているのがコレ
「辛麺」
元々は、県北部で開店したお店であるようで、その特徴ある商品が話題になって、宮崎市内へも出店したようであります
県内には、ココだけでなく、数軒の辛麺屋さんがあるようですが・・・


DSC_0742-1.JPG
市内の海側、最近イオンが出来て賑やかになってきたところで、色んな飲食店が続々と出店しています
かなり交通量も多く、その車の流れはかなり早い場所
そこ、とっても小さなお店がポツンと出来たのですが、見過ごしてしまいそうです


DSC_0747-1.JPG
ココのメニューは辛麺と、いくつかのサイドメニューだけ!
潔いと言うか、自信が溢れているのでありましょう

麺は辛さと麺の種類が選べるシステム
何と辛さは1辛から25辛まで
3辛をいただいてみましたが、コレくらいだとまだまだ余裕ですね
唐辛子の辛さと旨み、それに、にんにくの旨みも加わった癖になる味でありますね
遠慮無く、にんにくが5片位入ってますよ

麺は「こんにゃく麺」と呼ばれるモノが基本で、普通のラーメンやうどんなんかも選ぶことが出来ます
こんにゃく麺と言って、こんにゃくでは無くて、そば粉と小麦粉で作ったモノ
韓国冷麺のような麺ですね
あの、強いコシも、そのまんまです


ヘルシーだし、美味しいし、癖になるし・・・
良く出来た商品であります
コレは全国に拡がりそうですね
いつか、我が家の近所にも・・・  楽しみであります



【辛麺屋 枡元】
宮崎県宮崎市新別府町土田574-1
0985-64-8730


[PR]
by gurumeblog | 2009-09-03 23:33 | 宮崎県 | Comments(0)

宮崎市:「どんぶり道場」      カレーの香りに誘われて

宮崎市で有名な外食通り「大島通線」
その北のはずれにあるこのお店、気軽にお腹を満たせるから好きである


DSC_5223-1.JPG
お隣のジョイフルってファミレスを目印にすると比較的見つけやすいかも・・・
大きな看板に書かれた「丼とそば」
何屋さんかがすぐにわかって良いですね


DSC_5221-1.JPG
お店に入ると、仕込みをしていたからなんだろうか、カレーの香りが漂っていた
カレーの香りって食欲をそそるというか、急にカレーが食べたくなったりする

で、カレー南うどんのセット
ココは「武蔵野」って老舗のお蕎麦屋さんがやってるから、その出汁の美味しさは抜群

うどんをいただいた後、残った出汁をご飯にかけて・・・
ちょっとお行儀悪いかもしれないんだけど、コレがまた美味しくって・・・


ミニ南蛮ってのがあったから、一緒にいただいちゃいました
南蛮
もちろんチキン南蛮であります
一度に何度も美味しい
で、お腹いっぱいであります

午後のお仕事も頑張りましょう



【武蔵野丼ぶり道場】
宮崎県宮崎市大島町387
0985-28-5372


[PR]
by gurumeblog | 2009-07-03 17:45 | 宮崎県 | Comments(0)

都城市:「日本一たい焼」     シッポの先まで餡子がたっぷり

最近元気良く出店している全国的に展開するチェーン店
その仕組みをお勉強しようと思ったのだけど、宮崎県には都城市にしかないとのこと
で、宮崎市内から90分ほどドライブとなる


DSC_4547-1.JPG
その途中で見つけたたい焼き屋さん
その名も「日本一たい焼」
なんでも、「ココのたい焼きは、日本一たい!」と言う九州弁から名付けられたのらしい
ちょっと笑える


DSC_4546-1.JPG
たい焼きには、養殖と天然があって・・・
一度に数個焼ける機械で焼き上げるたい焼きは養殖モノ
そして、1匹ずつ丁寧に焼き上げるモノを天然と呼ぶのだそうです
こんな雑学をして、ちょっと通になった気分です(笑)


DSC_4551-1.JPG
たっぷりと、餡子がシッポの先まで入って得した気分であります

最近は甘みを控えたものが多いようだけど、ココの餡子は昔ながらに甘いモノ
ワタシで的はありがたいことです

皮はサクッとしていて、さすが天然って感じであります
少し高めの温度で、焦すことなく何度も返しながら焼き上げる
だから、サクッと焼きあがるのでしょう

変わりダネも増えてきましたが、やっぱり黒餡が一番美味しいような気がしますね
もちろん好みなのでしょうが・・・



【日本一たい焼】
宮崎県都城市下川東3-20-3
0986-25-5860


[PR]
by gurumeblog | 2009-06-04 23:02 | 宮崎県 | Comments(0)

宮崎市:「にくまき本舗」     隠れた宮崎名物

宮崎へ出張しようと羽田ARP
そこは大変なことになってました


DSC_4518-1.JPG
なんでもJALのシステムがダウンしたらしく、始発から9:00位までの便が全て結構になったらしい
で、チェックインカウンターには、人、人、人
システムダウンは仕方ないとして、その後の対応の悪さには毎度のことながら嫌気が差すなぁ

何だかんだと60分遅れで宮崎へ到着
http://www.asahi.com/national/update/0603/TKY200906030021.html

仕事を終え、ホテルへチェックインする前に「肉巻き焼おにぎり」
宮崎と言えば、チキン南蛮、地鶏の炭火焼などが有名ですが、これも地元の人には有名な、列記とした宮崎名物なのであります


DSC_4529-1.JPG
「にくまき本舗」
元祖って文字が看板にあるってことは・・・
やはり数軒となりに同様なお店がありました(笑)

繁華街の入口にお店があって、深夜3:00まで営業しているらしく、遅い時間まで、飲み屋へのお土産や、飲んだあとの〆にとお客さまがやってくる
やはり地元に根付いた名物のようであります


DSC_4533-1.JPG DSC_4536-1.JPG
早速買って帰り、ホテルでお夜食
なんと高カロリーなお夜食でありましょうか・・・

醤油ベースの、とっても濃い味のタレに漬け込まれたお肉で、おにぎりを巻き焼き上げたモノ
宮崎だからと、勝手に牛肉だと思い込んでいたのでありますが、実は豚肉だったんですね

DSC_4542-1.JPG
おにぎりもしっかりと握られていて、かなりのボリュームだし、ニンニクしょうがの風味が強いから、一つで十分に満足できる、まさに宮崎版ジャンクフードでありますね
とは言え、かなり癖になる味で、また今度宮崎に来たときには食べてみようかなって、ハマっちゃいそうです

一つひとつ食べやすいように、バーガーと同じような包装がされているので、手を汚すことなくありがたくいただきましたk



【元祖にくまき本舗】
宮崎県宮崎市橘通西3-8-12
0985-20-2900


[PR]
by gurumeblog | 2009-06-03 23:48 | 宮崎県 | Comments(0)