ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2008年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

延岡市:おぐら チキン南蛮を食べるならココ

東国原知事になって、有名になった宮崎
その県下に、5店ほどを構えるローカルチェーン「おぐら」
今日はそんな「おぐら」でランチ

IMG_9793.JPG
宮崎ブームで“地鶏”や“チキン南蛮”が、かなり有名になったようである
最近は、コンビニのお弁当でも見かけることが出来る“チキン南蛮”だけど、本場のモノとは似て非なるもの
そしてココ「おぐら」がその発祥だと言うのである

IMG_9790.JPG
本場宮崎、そして、その原点「おぐら」で、チキン南蛮をいただくことにする
チキン南蛮とハンバーグ
おぐらの2本柱を一度に楽しめるコンビメニューをチョイス

ジューシーな鶏肉、甘酢の香りとタルタルソース
やっぱり本物は、ひと味もふた味も異なるものである
フワッと揚がった、ホクホクの鶏肉
東京で味わうものとは、全く異なる美味しさである

IMG_9791.JPG
店内には、この2本柱を告知する看板が・・・
この写真を見るだけで、その美味しさが伝わる
自信があるモノをしっかりとお勧めする姿勢
なかなか素晴らしい

美味しい料理をいただきながら、しっかり勉強までさせていただいたランチであった




【おぐら】
宮崎県延岡市出北2丁目14-24
0982-32-2136
[PR]
by gurumeblog | 2008-02-29 23:56 | 宮崎県 | Comments(0)

宮崎市:うを佐 宮崎発祥“レタス巻き”

今日は研修会
難しい問題を仲間で、
どう解決していくのか? 何かヒントは無いのか?
などと、ディスカッションして、これからの戦い方を考える

IMG_9778.JPG
ようやく研修会を終え、楽しみにしていた懇親会
学園都市と言う、宮崎の郊外にあるお店へ行く
このお店、ドーンと居座るような存在感で、一際目立つのである

IMG_9779.JPG
先ずは、お刺身
地物のお魚や鮪など、新鮮なものがズラリと並ぶ豪華なもの

IMG_9781.JPG
宮崎名物“レタス巻き”
大手の回転寿司チェーン店では、同様なものを“サラダ巻き”と称しているが、ココ宮崎ではレタス巻き
巻き寿司の中身はレタス、味付けはマヨネーズで、海老も一緒に巻かれている
なんでも、その発祥は宮崎市の寿司店「一平」だとか・・・
先代の友人である作曲家“平尾昌晃”氏の野菜嫌いを何とかしようと作り出したものだそうだ

IMG_9784.JPG
ココ「うを佐」のオーナーも寿司職人
だから、ココでいただくお寿司は本物なのである
特にシャリの美味しさが抜群で、ついつい食べ過ぎてしまうほど
同じように作っても、シャリのにぎり方で、食感が違う
これぞ、職人技なのである


そう言えばお寿司
皆は何処で食べるのだろうか?
お寿司屋さん? 回転寿司? 和食店?
最近お寿司は、贅沢品でなく、スーパーの惣菜コーナーで買う持ち帰り寿司が人気で、とっても日常のものとなったようである

しかし、たまにはこう言った本物を体験できることは、うれしいことである




【海鮮茶屋うを佐】
宮崎県宮崎市学園木花台桜1丁目21-5
0985-58-3532
[PR]
by gurumeblog | 2008-02-28 23:53 | 宮崎県 | Comments(0)

宮崎市:てんぷら家 揚げたてのてんぷらを定食で

宮崎へ移動
強い向かい風ってことで、ちょっと遅れたけれど無事に到着

まだお昼と摂ってなかったので、先ずは腹ごしらえ

IMG_9761.JPG
空港から比較的近い赤江って町
コの字型のカウンターの中に揚場があって、その揚げたてを提供してくれるありがたいお店である

IMG_9757.JPG
海老、キス、イカ
どれも、身はふっくら、衣は薄くってサクサク

IMG_9760.JPG
続いて、茄子、さつまいも、かぼちゃ
このお野菜がとっても美味しくって・・・

IMG_9759.JPG
ご飯のお供は好きなだけ
ココのイカの塩辛は柚風味でさっぱり
鮮度が良いイカを使っているのか、へんな生臭みは全く無い
かなり、お気に入りです




【あげたての天ぷら 揚げたて家】
宮崎県宮崎市大字恒久字今井手914-1
0985-50-1326
[PR]
by gurumeblog | 2008-02-27 23:08 | 宮崎県 | Comments(0)

スタバでお目ざ

朝のスタバ
なかなか心地よい時間である

最近は駅構内にお店が増えてきて、ちょっとありがたいと思っている
今日も、新幹線の待ち時間、スタバに寄る

IMG_9754.JPG
たっぷり目にコーヒーが呑みたくてトールサイズ
そして一緒に“シュガードーナッツ”
最近ちょっと疲れ気味なのか、甘いものを食べたくなる
そんな時このドーナッツ
程よい甘さが、朝のお目ざとしても、最適なのである

さぁ、今日も1日頑張りましょう!
[PR]
by gurumeblog | 2008-02-27 12:20 | チェーン店 | Comments(0)

深谷市:三峰 とんかつ&うなぎの繁盛店

勉強会が終わって、勉強と食事を兼ねて「三峰」へ行く
ココは、“うなぎ”と“とんかつ”が美味しいと地元で評判のお店なのである

IMG_9746.JPG
入口には、こだわりの薀蓄が書かれた看板が・・・
それほどならば、評判どおりに美味しいはず
楽しみである

IMG_9748.JPG
閉店間際に大勢で駆け込み、あれやこれやとたくさん頼む
カツは、さすがに自信作
120gの小さめのモノを頼んだのだけど、しっかりと肉厚でジューシー
更に、サクッとした食感のパン粉が美味しいロースであった

IMG_9749.JPG
エビフライだって、手抜きのお店のモノとは違う
しっかりと身の食感が残った大き目の海老
パン粉も厚すぎず、海老の旨味とのバランスも良い

IMG_9750.JPG
そしてカキフライ
広島産の大粒のものを使っているらしい
揚げすぎることなく、きちんと牡蠣の磯の香りを残している

IMG_9747.JPG
気になったのがコレ “とんかつ専用塩コショー”である
素材や調理にだけでなく、食べ方にもこだわる
こだわったモノだけに、ちゃんと美味しく召し上がっていただきたい
そんな気持ちが窺えるモノ
早速試してみたが、コレはイケる ハマる


そしてこのお店、美味しさだけでなく、かなりのボリューム
揚げ物にはてんこ盛りのキャベツが添えられていて食べきれないほど
地方都市では、コレも繁盛に欠かせない要素なのであろう




【三峰本店】
埼玉県深谷市荒川660-2
048-584-0124
[PR]
by gurumeblog | 2008-02-26 23:14 | 埼玉県 | Comments(0)

千代田区神田神保町:アルカサール 炭の香り漂う牛肉100%のハンバーグ

昨日のハンバーグ談義が頭から消えない
で、今日もまたハンバーグ
会社から一駅離れた神保町まで、テクテク歩く

IMG_9744.JPG
ちょっと早めに会社を出たのだけど、お店に着いたのは12:00
既に半分以上の客席が埋まっていたのだけど、何故かオジサンばかり
かなり年齢層が高いお店のようだ

IMG_9742.JPG
ほぼ全員が食べているのが、炭焼きハンバーグ
ココの一番人気だそうである
俵型のハンバーグを客席で半分に切る良くあるスタイルであるが、その切口から見える赤身から、肉の鮮度を窺い知ることが出来るモノ

IMG_9743.JPG
毎日お店で挽いているらしいフレッシュなミンチのだけど、コレほどまでのレア
アツアツに焼かれた鉄板で、焼き上げながらいただく
肉の旨味を引き出すための、塩コショーがキッチリされたハンバーグはソースを必要としない美味しさである


が・・・
このお店、とにかくうるさい
お客さまの会話であれば問題ないのだけど、雑音の原因は厨房
鉄板が、ガチャガチャとしきりに雑音を出し続けているのである

落ち着いて食事できないこのお店、ちょっと残念である





【炭焼ハンバーグ&ステーキ アルカサール】
東京都千代田区神田神保町1-5-10 堀内神保町ビルB1
03-3295-7070
[PR]
by gurumeblog | 2008-02-26 13:50 | 東京都 | Comments(0)

文京区湯島:さくらい      厳選の名に負けない美味しさ

日中、会社で「美味しいハンバーグってどんなの?」的な話題で盛り上がる
100%ビーフのモノ、しっかりミンチしてオーブンで焼いたモノなど、好みは様々
それはそれは、楽しい時間であった

そんな話をしていると、どうしてもハンバーグが食べたくなるのが性
で、ボスに我侭を言って連れてきていただいた

IMG_9730.JPG
ビルの7・8階にある洋食店
店内はちょっとお洒落で今風な感じで、デートにも適した雰囲気である

アラカルトは、洋食の王道メニューがずらりと並ぶ
その数、約60アイテム
どれも食べたいものばかりで、どれも美味しそうで・・・
コレ! と決めかねたので、食べたいものをランダムに注文する

IMG_9731.JPG
まずは、“エビサンド”
キチンと海老の香りがするモノ
タルタルととんかつソースが、その美味しさを倍増させてくれる
手づかみでいただくサンドウィッチ
正におつまみ的な存在である

IMG_9733.JPG
続いて“牡蠣のチャウダー”
粉っぽくも無く、乳臭くも無い
中にジャガイモが入っているが、コレが最高の茹で加減
煮崩れることも無く、しっかりと食感を残した見事なもの
このスープ、かなりお気に入り!

IMG_9736.JPG
で、“ハンバーグ”
しっかり練られた柔らかさと、肉の食感を残した粗挽きが、見事に調和したモノ
しっかりと煮込まれたデミグラスソースも絶品
コレほどまでに、丁寧に作られたハンバーグは、早々お目にかかることは無いだろう

IMG_9737.JPG
〆は“オムライス”
玄米が混ぜてあるチキンライス
コクがある味が、玉子に負けてない
自家製と言うケチャップを混ぜると更に深い味わいが・・・

半数以上のメニューにハーフサイズがあるから、色んなものを食べたい私にはピッタリのお店
お客様に楽しんでいただくためには手間隙を惜しまない
そんな雰囲気を感じ取れるお店である

家族中心で構成されたスタッフ
だから、アットホーム
「さくらい」の店名も、家族の名前なんだそうだ

“厳選洋食”
名前に負けないお店である




【厳選洋食 さくらい】
東京都文京区湯島3-40-7 カスタムビル7-8F
03-3836-9357
[PR]
by gurumeblog | 2008-02-25 22:59 | 東京都 | Comments(0)

横浜市:ローマステーション    牡蠣が美味しいフェットチーネ

昨日の強風は春一番だったらしいのだけど、今日も冷たい風が吹き荒れている
そんな中、開催れた横浜国際女子駅伝
残念ながら日本は2位でしたが、選手の皆さん、強風の中お疲れ様でした

IMG_9724.JPG
さて、この山下公園近くにある「ローマステーション」
実は、私と同じ歳
いわゆる第1次イタリアンブームよりも早くに開店していた歴史あるお店であります

IMG_9719.JPG
開店当時から使われているという、質感溢れるタイルのテーブル
かなり良い雰囲気です

IMG_9720.JPG シーフードフリットサラダ
地中海の味を横浜でも・・・
って創業の想いを受け継ぎ、今でも毎朝、市場へ足を運んでいるのだとか
そんなシーフードのフリッターがゴロゴロ
海老、タコ、ホタテ・・・
そんな素材を美味しくいただけるように工夫された、醤油ベースのドレッシングは、なかなかのものです

IMG_9722.JPG 牡蠣とキノコのブラウンソースフェットチーネ
冬のお勧め料理の一つを注文
小ぶりだけど、旨味を凝縮したような牡蠣をたっぷりと使ったモノ
それに、椎茸、えのき、しめじなどのキノコがたっぷり
様々なキノコの味わいと食感も楽しめるのもうれしい

濃厚なブラウンソースは肉料理に使うのが定番
ソレをパスタに、しかも魚貝に使うのはちょっと珍しいのですが、コレがなかなか良く合っているのにビックリ
ある程度のルールは必要でしょうが、固定観念に縛られちゃいけないってコトですね

細部にまで気を使った料理
なかなかステキなお店であります
また伺いましょう



【ローマステーション】
神奈川県横浜市中区山下町26
045-681-1818
[PR]
by gurumeblog | 2008-02-24 19:51 | 神奈川県 | Comments(0)

横浜市:清風楼     絶品 炒飯と焼売

辛いものが食べたいと、四川料理の「景徳鎮」へ向かう
が、「清風楼」を覗くと、オーダーストップの5分前、しかも焼売が残っているとのコト
となれば、「清風楼」の焼売に決定

IMG_9715.JPG
古いお店だけど、味は抜群
特に炒飯と焼売はとっても有名で、焼売がこんな時間に残ってるなんて珍しいこと
今日は、急に冷え込んだから、客足が悪かったのかな

IMG_9709.JPG
コレがその焼売
創業以来の味を守る自家製手作り
ジューシーな肉の旨味が堪らない一品
私の苦手な香りもしないし・・・

そう、その苦手な香り
新幹線で売られている焼売
それをツマミにビールなんで人が近くにいたら・・・
もう迷惑極まりないって感じですよ 全く(怒)

IMG_9711.JPG
特炒飯
コレぞ中華街でNO1、いや日本でNO1と思える炒飯
パラパラのご飯に、贅沢なまでの具材
カニ、海老、叉焼・・・
ご飯ひと粒ひと粒から香るカニの風味が旨さの決め手なのである


ちょっと横柄な感じもあって、決して感じよい対応ではない
が、この美味しさだけを目的に集まる人も多いはず
一度食べたら癖になる
そんな究極の炒飯はココで召し上げれ



【清風楼】
神奈川県横浜市中区山下町190 
045-681-2901
[PR]
by gurumeblog | 2008-02-23 23:40 | 神奈川県 | Comments(0)

春日井市:とんかつマ・メゾン     塩でいただく厚切りとんかつ

今日は、東海でのお仕事
腹ごしらえに“とんかつ”でランチにする
春日井駅からタクシーで10分ほどのところにある“とんかつ屋”へ行く

IMG_9689.JPG IMG_9691.JPG
ココは名古屋市で有名な洋食屋「マ・メゾン」のとんかつ店
洋食屋が作るとんかつとは如何なるものか? って興味でココを選択
大正時代の洋風って言った感じであろうか
コジンマリとしたお洒落なお店である

IMG_9699.JPG
銘柄豚や熟成豚、その他にもいっぱいメニューがあって選ぶのが大変
今日は、熟成豚の厚切りロースをチョイス
コレが大正解!
まだピンク色を残した揚げ色、そして切り口から溢れる肉汁
お肉の旨味がしっかりと楽しめます

IMG_9697.JPG
ご飯だって炊きたてのツヤツヤ
入口にある、大きな“おくど”で炊かれたご飯だから、その美味しさも抜群
白飯のほかに、五穀米も選べるのだけど、やっぱり白飯が一番


ココのとんかつ、
まずは塩で、次にとんかつソース、更にはデミソースで・・・
と、3つの楽しみ方があるのだけど、美味しいお肉は塩が一番!でしょう
それにしてもデミソースでとんかつとは、さすが洋食屋さんですね



【とんかつマ・メゾン】
愛知県春日井市篠木町8-2627
0568-89-0988
[PR]
by gurumeblog | 2008-02-22 23:01 | 愛知県 | Comments(0)