ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2009年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

横浜 福富町:「美紀」     油っこさを感じないヘルシー中華

横浜No1の歓楽街である福富町
この街には韓国料理店が立ち並ぶのだけど、ここは台湾料理看板を掲げている
なんでも台湾から野菜を空輸しているとのことで、以前から気になっていたお店なのである


DSC_2846-1.JPG
店内は明るく清潔感があるお店
かなりディープなお店が多い中、ここは比較的入りやすい雰囲気である
しかし、直輸入の食材を使っていると言うこともあって、お値段はちょっと高めである

お店を覗いていたら店員が出てきて、「どうぞ~」と笑顔で声をかけてきた
その気さくな雰囲気に誘われ入店


DSC_2841-1.JPG ピーマンとジャガイモの細切り炒め
細切りであるにもかかわらず、その歯ざわりを残した見事な炒め
全く油っこさが無くて、まるでオリーブオイルで調理したかのようなサッパリとした風味
僅かに感じる唐辛子の辛味が良いアクセントになっている


DSC_2839-1.JPG 芝えびの特製チリソース炒め
ニンニクは強めだけど、全体の味はサッパリしているので、澄んだ唐辛子の辛味を味わうことが出来る
プリプリの海老がゴロゴロしていて、食べ応えある1品であった


DSC_2843-1.JPG 揚州炒飯
麺飯の括りとは別に、“美紀看板料理”とある揚州炒飯
普通の炒飯の倍近い価格であるが、それも納得の美味しさであった

蒸したお米を使っているのか、パラパラのご飯
それに、海老、干し椎茸、干し貝柱、鶏肉などなどの具材が入り、見事に卵でコーティングされているのである
旨味を凝縮した干し椎茸や干し貝柱
これらから出た旨味が、炒飯の味を一層奥深いものにしているのだ


このお店、中華特有のくどさや油っこさを全く感じない
今日いただいたものが、たまたまそうだったのかもしれないが、かなりヘルシー感を感じるモノである

良いお店を見つけて、ちょっと良い気分
またお邪魔いたします



【台湾料理 美紀】
神奈川県横浜市中区福富町東通38 石井ビル1F
045-261-9371
[PR]
by gurumeblog | 2009-01-31 23:58 | 神奈川県 | Comments(0)

須坂市:「魚魚魚」     脂が乗った鰤の塩焼きと豪快盛りの刺身に舌鼓

今日は須坂市でのお仕事
自宅を出て、東京駅まで約50分
長野新幹線で長野まで約100分
長野電鉄ってのに乗り換えて須坂まで約30分
乗り換え時間などを含めると、片道約4時間の旅


DSC_2830-1.JPG
須坂でのお仕事もひと段落して、いつもの「魚魚魚」で、ちょっと早い夜ごはん
かなり人気のお店なので、早めに行かないと待つことになるのである
時間に余裕があるときならソレも良いのだけど、今日はこれからまた4時間の帰りの旅があるので・・・


DSC_2833-1.JPG
メニューブックには、寿司や海鮮丼がズラリ
鮪をタップリ使った鉄火丼にもバージョンがあって、メニューの写真は真っ赤か

そして、もうひとつの目玉は黒板のメニュー
その日に仕入れた美味しいお魚を、焼いたり煮たりの定食メニューであります


DSC_2838-2.JPG
そんな中から、“鰤の塩焼き定食”
当然、刺身付きであります
定食は、ご飯と味噌汁、それに茶碗蒸しとサラダが付いて880円
それに刺身を付けても1380円と言う破格

生ネタの大きさが自慢のお店だから、添えられる刺身だって豪快そのもの しかも3点盛り
これだけで、ご飯一膳いただけちゃいそうです

そして、メインの鰤の塩焼き
カリッと焼かれた皮が香ばしく、身はほんのりとした塩味
ごの塩味がご飯をさらに美味しくいただかれてくれる魔法の味
焼きたてだから、箸で身を崩すとほんのりと蒸気と一緒に美味しい香りが拡がります

美味しさもとより、ほんとにコレで経営は大丈夫?
なんて心配しちゃうほどのコストパフォーマンスに感動です

だから、須坂でのご飯はココに決定なんですよね



【海鮮蔵 魚魚魚】
長野県須坂市大字井上1700-14   
026-246-4470
[PR]
by gurumeblog | 2009-01-30 23:33 | 長野県 | Comments(0)

九段下:「魚鐡」     市場直送の美味しいお魚と親父の笑顔

今日は九段でお仕事
九段会館と言う由緒正しいところでの賀詞交歓会であった
九段会館は、その昔軍事会館であり、2.26事件の時にはココに戒厳司令部が置かれたのである


DSC_2802-1.JPG
で、九段でのランチは「魚鐡」
築地市場から毎日仕入れると言う、ピチピチのお魚を食べされてくれるお店で、お昼時には11:30の開店を待つかのようにたくさんのお客さまが訪れるのらしい

ちょっと出遅れたのだけど、12:00前には到着
既に満席で数組が待っていた
が、ちょうど開店を待って入ったお客さまが入れ替わるタイミングであったようで、さほど待つことなく席に着くことができた


DSC_2806-2.JPG
ズラッと並ぶ刺身メニューは、さすが魚河岸直送である
が、そんなメニューの中に、「銀ダラの西京焼き」を発見

脂が乗った銀ダラは焼いていただくのが最高
しかも西京味噌ときたら、美味しいこと間違いなし!
と、コレを注文

箸で簡単に身崩れするほど身が柔らかく、コレ以上無いくらい脂が乗っている
味噌漬けにすると浸透圧関係で脂が落ちてしまう
しかし、ココでは味噌の香りは付くけれど、脂を落とさない絶妙なタイミングで漬けているのであろう、プロを感じる料理である


カウンター中心で、テーブル席が数卓
そのカウンターの中では、親父とお見受けする男性が黙々と魚を卸していた
つまり、新鮮な魚を仕入れ、それを卸したてで提供しているのである

その親父、私が席を立つと「銀ダラ、美味しかったでしょ?」とニッコリ
それに釣られて、ワタシも「最高でした」とニッコリ


ただただ美味しいだけでなく、人情味を感じるこのお店
かなりお気に入りであります



【魚河岸直送魚料理 魚鐡】
東京都千代田区九段北1-9-7
03-3261-3438
[PR]
by gurumeblog | 2009-01-29 20:29 | 東京都 | Comments(0)

水道橋:「とんがらし」 揚げたての天ぷらがいただける立ち食い蕎麦屋

ある雑誌に、ダイエットの記事が載っていた
それによると、朝食を抜くことと、お昼を蕎麦など簡単なもの済ませば、夜は美食をしても構わないというのだ

DSC_2801-1.JPG
で、お昼はお蕎麦(笑)

水道橋駅西口を出て、南へ少し歩く
ちょっと路地に入ったところにある「とんがらし」って、立ち食いそば屋なんだけど、コレがステキなお店

何がステキかって・・・
天ぷらが揚げたてであること
注文を受けて揚げ始めるので、汁に入れたときにジュッっと音を立てるほど

夫婦らしき2人で切盛りしていて、蕎麦を茹でるのが奥さんの仕事
そしてご主人が天ぷらを揚げる
その2人がタイミングを計りながら、蕎麦と天ぷらを同時に仕上げるのだ
だから、ジュッなのである


DSC_2798-1.JPG
注文を受けてから揚げ始めるので、店内には列が出来る
その後ろについて周りを見ていたら、ほとんどのお客さまが注文しているのがコレ “盛り合わせ”

「海老3コ+なす+イガ」もしくは「海老4コ+イカ」のどちらかを選ぶことが出来るのだ
麺は、蕎麦・うどん・きしめんから選べて、全て550円

そば自体は特記するほどではないが、この天ぷらは素晴らしいモノ
ごま油が香り、サクッとした歯ざわりの衣
コレは揚げ置きのチェーン店では、味わえない感動である

立ち食い蕎麦のわりに、ちょっと提供まで待たされることを覚悟すれば、コストパフォーマンス高いお店である
ちょっと時間をずらして伺うことをお勧めしたい




【とんがらし】
東京都千代田区三崎町3-2-10
03-3234-1610
[PR]
by gurumeblog | 2009-01-28 14:59 | 東京都 | Comments(0)

横須賀市:「ファミリーガーデン」     古き良き時代のファミリーレストラン

横須賀にある「ファミリーガーデン」って言うお店
ココは牛肉100%のハンバーグが人気商品で、お客様の約半数がコレを注文すると言うほどである
ワタシもいつもはそれを注文するのだけど、今日はちょっと気分が違う

何となくだけど、ちょっとヘルシーなものが食べたい
そんな感じ


DSC_2789-1.JPG
で、注文したのがコレ “ガーデンピラフ”
多くのファミリーレストランでは、手間がかかると言うことからか、あまり販売されて無い商品

ココのピラフにはたっぷりのサラダが盛られていて、その野菜がとってもみずみずしくて、シャキシャキしたもの
そしてライスだって、ちゃんとアルデンテ
レンジでチンとやったものではないことが一目でわかる優れものである


DSC_2790-1.JPG
デザートに“あんみつ”

寒天は自家製と手間隙かけたもの
変色しやすいバナナ、乾燥しやすい牛皮や餡子
管理しづらい上に、手間が掛かる
だから、多くのチェーン店は商品化しないモノ

でもココでは、お客さまに美味しいものを食べていただくことが一番と、その手間を惜しまず頑張っているのである


20数年前、まだファミリーレストランが輝いていた時代
美味しい料理を、笑顔が絶えないスタッフが提供していた
まるで、そんな古き良き時代のファミリーレストランを思い出させるこのレストラン 素敵であります



【ファミリーガーデン】
神奈川県横須賀市三春町4-8
046-822-5657
[PR]
by gurumeblog | 2009-01-27 21:35 | 神奈川県 | Comments(0)

セブンイレブン:ベーコンの濃厚カルボナーラ生パスタ

セブンイレブンに、ちょっとこだわりのパスタ「パスタリストランテ」シリーズがあって、コンビニのパスタとしてはちょっとだけ高いような気もするのですが、その内容はお値段以上であります


DSC_2786-1.JPG
その中の1つ“ベーコンの濃厚カルボナーラ生パスタ”をいただいたのですが、コレが素晴らしいモノ
モッチモチ生麺はとてもよくソースが絡むもの
麺をレンジアップしても、このレベルが保てるなんて・・・
驚きです

そしてソース
良い生クリームを使っているのか全く嫌な風味がしない
さらに、濃厚なチーズの風味
コレは本物です その辺のパスタハウスより、ずっと美味しいですよ

ブラックペッパーの香りもしっかり効いていて・・・
ホントに素晴らしいカルボナーラでありました


一緒にサラダをいただいてヘルシーランチの出来上がり

気軽に、いつでも、そして美味しいものが・・・
セブンイレブンって素晴らしいところですね
[PR]
by gurumeblog | 2009-01-26 17:01 | コンビニ | Comments(0)

羽田空港:「丸福珈琲店」 フライトの疲れを癒す珈琲店

丸福珈琲店
12月19日に開店した大阪の老舗珈琲店であります

今年初めてのフライトで発見して以来、気になっていたお店で、今日初めて立ち寄ることが出来ました


DSC_2777-1.JPG
茶を基調とした落ち着いた雰囲気で旅の疲れを癒せそうなお店であります
お店って、美味しい料理や感じが良いサービスをすることも大切なのですが、入りやすい顔をしたお店であること
コレが一番大切なように感じます
だって、先ず入っていただかないと、美味しい料理もステキなサービスも体験していただくことは出来ないのですから・・・


DSC_2775-1.JPG
ちょうどお昼の時間に到着したと言うこともあり、サンドイッチメニューが目に留まった
チキンサンドを頼もうと決めていたのだけど、いざ注文する際に“ハンバーグサンド”を頼んでしまうワタシ
どれだけ、ハンバーグが好きなの? って感じ

このハンバーグ、提供時間を早くするためか、ブイヨンのようなものに浸けてあったであろうモノ
細かなメッシュのハンバーグで、肉の食感は無いのだけど、ふんわりと柔らかく、肉汁溢れるもの



それはそうと、ココの珈琲
凄く深入りなんです

だから、香りを楽しむというより、苦味を楽しむ珈琲であります
とは言え、エグイ苦味ではなくコクが楽しめるモノ
かなり特徴的です

ちょっと、羽田からのフライトが楽しみになりました




【丸福珈琲店】
東京都大田区羽田空港3-3-2 第1旅客ターミナル 北ウイング 1階到着ロビー
03-5757-8865
[PR]
by gurumeblog | 2009-01-25 14:47 | 東京都 | Comments(0)

岡山市:「秀吉待庵」       身体を温めようと、しゃぶしゃぶをいただく

今日の岡山は小雪がチラつくほど寒かった
で、鍋で温まろうと出かけたのだけど・・・


DSC_2772-1.JPG
秀吉待庵という焼肉屋なんだけど、ココにはしゃぶしゃぶもあると言うことでやって来た
確かにしゃぶしゃぶも鍋には違いないが・・・


DSC_2767-1.JPG
六白黒豚のしゃぶしゃぶをいただきました
六白黒豚とは、4本の足と鼻、尻尾の6ヶ所が白いことから、六白と名付けられた、鹿児島の高級黒豚であります
が・・・
この豚肉をしゃぶしゃぶすると、コレでもかっ!ってほどにアクが出て・・・
上質な黒豚はアクが少ないはずなのに・・・


DSC_2771-1.JPG
こちらは、霜降り和牛
美味しいものは最後に・・・
と、残していたらだんだんサシの脂が溶けてきて、しゃぶしゃぶしたら全部脂が落ちちゃったみたい
やっぱり、美味しいものは先にいただくべきですね


DSC_2769-1.JPG
でも、タップリのお野菜がいただけて、とってもヘルシーな夜ごはんです

お腹も満ちたし、身体も温まったし、楽しいお話も出来たし・・・
鍋って本当に良いモノですね



【焼肉・しゃぶしゃぶ 秀吉待庵】
岡山県岡山市下中野190
086-243-0129
[PR]
by gurumeblog | 2009-01-24 23:55 | 岡山県 | Comments(0)

羽曳野市:「菜の花」       旬の牡蠣をフライでいただく

昨年10月に開店したというとんかつ屋
確か前は居酒屋だったような気がするのだけど、その外観は面影を残さないほど変わっていてた

道路交通法が変わり、飲酒運転の取締りの強化と、驚くほど高い反則金
もちろん飲酒運転は良くないことですから、当然の対処なのですが、コレでは、郊外の居酒屋は大打撃ってことなのでしょう

DSC_2747-1.JPG
町屋風の建物に変わり、窓から中の雰囲気が感じられ、かなり入りやすいお店に変わっている
中を覗くと、夜ごはんには早い時間ということもあってノーゲストであった


DSC_2746-1.JPG
季節のお勧めから「牡蠣ロース定食」
牡蠣フライとロースかつを一緒にいただける欲張りさん向けのメニューであります
昨日、牡蠣の天ぷらをいただいたばかりなのでありますが、今しか食べられない旬のモノですから・・・

牡蠣のエキスが滴るようなジューシーさを提供したいと、大粒のモノにこだわるのだとか・・・
その大きさは、大人の指を3本纏めたくらいで、大口のワタシでも2口でも無理なほど・・・

添えられたタルタルソースをたっぷり付けて、少しは冷えたであろうと思ったのだけど、それは表面だけ
一口齧ると中から熱々のジュースが吹き出てきましたよ

で、ロースかつ
こちらはパン粉が大き過ぎず細か過ぎずのモノで、サクッとしたパン粉の歯ざわりと、ふんわりしたお肉の食感が味わえます


ソースも2種類
酸味が効いた“特製ソース”と、まろやかな甘みの“いちぢくソース”
どちらも美味しくいただけます
羽曳野市はいちぢくが名産なんですって・・・


お隣のドルチェピアットとの共有駐車場なので、お昼の時間はちょっと混み合いますが、そこは気合を入れていくだけの価値ありかも・・・




【かつ家 菜の花】
大阪府羽曳野市伊賀5-1-8
072-930-3535
[PR]
by gurumeblog | 2009-01-23 22:36 | 大阪府 | Comments(0)

宮崎市:「天ぷら家」       アツアツの揚げたて天ぷら

天ぷらは揚げたてが美味しい
そんな当たり前のことを、ちゃんとやろうと頑張っているお店
だから、お店の名前も「揚げたて 天ぷら家」と、そのまま


IMG_0510-1.JPG
地元の老舗蕎麦屋さんが、自店の美味しい天ぷらを、更に美味しく食べていただきたいと開店したお店
それも、蕎麦屋に来るのと同じくらい気軽に、いただけるお店なのである


DSC_2745-1.JPG
お勧めのメニューから「冬の天ぷら定食」
冬の味覚である牡蠣の天ぷらをいただけるものである

小ぶりな牡蠣ではあるが、ジューシーに揚がっていてお口の中に牡蠣の旨味がパッと拡がるモノ
フライにしたものとは異なる美味しさと言うか、天ぷらのほうが衣が邪魔をすることなく牡蠣の旨味を堪能できるのである

そして、驚くのはかき揚げの大きさ
直径100mm、高さ100mmほどの円筒形で、衣がとっても軽くて箸で割ることができるほどの、サクサク感が美味しいかき揚げであった


そして、これらを食べ終わるタイミングで、野菜の天ぷらが運ばれてきた
2回に分けて提供してくれるので、全てがアツアツの揚げたてをいただくことができるのだ

揚げたてのアツアツ感と、薄衣のサクサク感
コレこそ、天ぷらの醍醐味でありましょう

ごちそうさまでした



【揚げたて 天ぷら家】
宮崎県宮崎市大字恒久914-1
0985-50-1326
[PR]
by gurumeblog | 2009-01-22 23:27 | 宮崎県 | Comments(0)