ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2009年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

銀座:「銀座ライス」    炊き立てごはんと美味しいおかず

会社の帰り、チョット途中下車して銀座
クラブのお姉さんや、既にアルコールが入ったオジサンたちを掻き分けながら、目的のお店「銀座ライス」へ


DSC_3911-1.JPG
外堀通りの1本内側の通りで、資生堂本社の裏手にある、炊き立てごはんをウリモノにする和食屋さん
一人でも気軽に入っても、美味しいごはんと、そのおかずを楽しむことが出来るステキなお店である


DSC_3918-1.JPG
40人も入ればいっぱいになってしまう小さなお店は、オープンキッチン
お店のスタッフは全員女性で、笑顔がとってもステキな人ばかり
と言っても、香水が香る、夜の街の雰囲気は全く無い健全なお店でもある


DSC_3923-1.JPG DSC_3925-1.JPG
目的の炊き立てごはんは、注文が入ってから炊き始めるので、約20分ほどかかる
そのため、いくつかのツマミをとって時間を潰すことになる

じゃがいものゴロゴロ感は無いけど。しっかり手作りのポテトサラダ
優しい味付けが懐かしい筑前煮
そして、宇和島名産、じゃこ天


DSC_3929-1.JPG
身が厚く、ふんわり焼き上がった鮭の塩焼き
しっかりと出汁が利いていて、更に濃厚な卵の風味たっぷりな出汁巻き玉子

どれも満足に値する立派な料理
まるで板前さんがいるかのようである


DSC_3939-1.JPG
そして、メインディッシュの「炊き立てごはん」
おひつに入れられた、ツヤツヤの銀シャリ
蓋を開けると、湯気とともに、とっても美味しいごはんの香り

一緒に、味噌汁と香物のセットを頼み、〆とする
ごはんのお供に、四万十川の海苔の佃煮
コレがまた、ごはんの美味しさを倍増させる、魔法のお供
満足であります  満腹であります


で、ココのメニュー
西のほうの料理が多いので、チョット聞いてみたら、ココのスタッフは、大阪、山口、大分など、西の出身者が多いのだとか

親しみあり、懐かしさもあり

23:00以降の深夜メニューも気になるところ
きっとまた、途中下車して、夜ごはんをいただきましょう



【銀座ライス】
東京都中央区銀座 7-4-14 光ビル1F
03-3575-4158


[PR]
by gurumeblog | 2009-04-30 23:34 | 東京都 | Comments(0)

関内:味奈登庵       タクシーの人が集まる美味しい蕎麦屋

ふらふらと、ごはんを求めてさ迷ってたらタクシーがずらりと並ぶ蕎麦屋を発見
タクシーの人が多いお店は、安くて美味しい
って昔から言われることで、それを信じて入店


DSC_3902-1.JPG
「味奈登庵」
名前はは知ってはいたのだけど、場所がわからなくて忘れそうになってたお店
今日、偶然に見つけて良かった良かった

まずは、入口の大きな茹で釜がお出迎え
その隣にレジがあって、そこで注文してから席に座る
まるで、蕎麦のファストフード店であります
しかし、ココのお蕎麦は各店で朝と夕方にキチンと蕎麦を打っているのだとか
ですから、打ち立て、茹で立てのお蕎麦がいただける真面目なお蕎麦屋さんであります


DSC_3906-1.JPG
「つけ天」であります
「もりそば」のことを横浜では“つけそば”
それに天ぷらが付いているから「つけ天」なのです
何故そのような呼び名になったのか・・・
それは判りません・・・

無添加醤油を使っていると言う蕎麦つゆ
関東らしいチョット辛めなモノであります
麺はコシと喉越しがあるなかなかなものでありますし、天ぷらは揚げたて
それもボリュームたっぷり
蕎麦は普通お店の倍くらいは盛ってありそうだし、天ぷらの具材だって大きい
イカの天ぷらなんて、幅40mm×長さ150mm×厚さ10mm
測ったわけじゃないけど、そのくらい大きなものでありました


美味しくて、安くて、ボリュームたっぷり
コレじゃ、タクシーの人が集まるのも当然ですね

そして、ココのサービスは基本的にセルフなのですが、出前からお姉さんが戻ってきて、手に余裕があったからなのでしょうか、商品を客席まで運んでいましたよ

期待しないサービス、予測しないサービス
ちょっと、良い感じであります




【そば処 味奈登庵】
神奈川県横浜市中区不老町1-6-10 苗場ビル101
045-662-8935


[PR]
by gurumeblog | 2009-04-29 23:40 | 神奈川県 | Comments(0)

新宿:「かどや」 ちょっと古いスタイルだけど、ステキなお店

昼、何を食べようかと迷いに迷う
「焼き魚が食べたいね」って言っていたのに、適当なお店が見つからず、あれこれ悩んでいるうちに何が食べたいのかわからなくなってきたのである


DSC_3892-1.JPG
で、同行いただいた方のお気に入り「かどや」へ
ココは昔、寿司屋だったお店だったらしく、9人ほど座れるカウンターと、4人掛けテーブルが4つの小上がり席
ちょっと狭っ苦しい感じもするけど、大将の人柄が感じられるような小さなお店であります

どうやら、出前もやっているらしく、お昼の時間がズレたお客さまもポツポツの時間であったのだけど、揚げ物を揚げる音がBGMのように聞こえ、「これから美味しいものを食べられるんだ」ってワクワクな気持ち


DSC_3890-1.JPG
ココはとんかつ屋と看板があるのだけど、実は洋食屋?
とんかつや豚肉を使った洋食を中心に、スパゲッティやピラフまである

とんかつもとっても美味しそうだったんだけど、今日の気分はちょっと違う・・・
で、ポークソテー
とんかつ屋らしく、豚肉を選ぶ目はしっかりしているようで、なかなか美味しいお肉
美味しいお肉だから、塩コショウで焼き上げたシンプルさが一番のご馳走
サラダ油より、ちょっとコクがあったのでラードを加えているのかな・・・


DSC_3891-1.JPG
「ココのピラフは美味しいんだよ」
と同行者がピラフを頼んだので、ワタシはドライカレー
カレーパウダーの香りがとっても食欲を誘う
コレは美味しそうだ・・・ と食べる前から大満足

こはんを炊いたブイヨンとカレーパウダーで、ちょっと出汁っぽい感じで、カレー屋のドライカレーってより、蕎麦屋のドライカレーってモノ


料理は古いスタイルだったりするけど、味は本物
新しい料理を追いかけるお店も多いけど、こう言ったキチンとした味にこだわるお店も良いね
同行者と2人、満面の笑顔であったに違いない



【とんかつ かどや】
東京都新宿区若松町25-20
03-3203-9517


[PR]
by gurumeblog | 2009-04-28 17:08 | 東京都 | Comments(0)

アッコのW焼肉弁当 by セブンイレブン

お昼のセブンイレブン
ちょっと出遅れたこともあり、陳列棚は雑然としていた
いつものセブンイレブンらしくない光景

お弁当の棚には、ズラリと並ぶ「うな重」
昨日が春の土用ということで売り出された商品であるが・・・
その価格が1260円と言うことが原因なのか、買い手が付いていないのだ
夏の土用の時には、コノ価格でも結構売れていたと思うのだけど、コレも昨年末からの不景気のせい?

DSC_3889-1.JPG
そしてもうひとつ、並んでいたのがコレ
「アッコのW焼肉弁当」

和田アキ子が経営する和食店の人気メニューと、牛と豚の焼肉を盛り合わせたお弁当
わさび醤油の牛焼肉、と柚胡椒の豚焼肉
それぞれ特徴があって美味しいのだけど・・・

やっぱり、コンビニのお弁当で680円は高い?
それとも、豚インフルエンザのせい?

最近変わり映えしなかったセブンイレブンにようやく新商品登場かと思いきや、それが売れ残る
コンビニの商品開発も大変なんですね
[PR]
by gurumeblog | 2009-04-27 18:51 | コンビニ | Comments(0)

横浜市:「ドミノ・ピザ」     宅配ピザで夜ごはん

チョットお疲れモードなワタシ
一日中、お出かけもせずグダグダと過ごしてしまった
ご飯に出かける気もせず、宅配ピザで夜ごはんとする


DSC_3881-1.JPG
宅配ピザ、実は先週も取ったんだけど悪くないんです
もちろん、ピッツェリアのモノとは別物だけど、これはこれで好きなのであります

まるでパンのような分厚い生地
コレが結構お腹にたまって、食事性も抜群

今日はスタンダードなペパロニとオニオンのトマトソースピザ、「アメリカンスペシャル」にマッシュルームのトッピングでいただきました

シャキッとしたオニオンスライス
牛脂の旨味たっぷりのペパロニ
それに、プチュッとした食感を加える缶詰のマッシュルーム
見事な調和であります



DSC_3884-1.JPG
そして季節限定商品「きのこのゆずこしょうサラダ」も合わせてオーダー
このゆずこしょうドレッシングが、かなりお気に入り
ノンオイルタイプで爽やかな柚子の香りが美味しさを引きたててくれるのです


ネットで注文して15分ほどで到着
恐るべし速さにビックリです



【ドミノ・ピザ】
神奈川県横浜市南区高根町3-17 ストーク大通り公園参番館
045-262-5422
[PR]
by gurumeblog | 2009-04-26 23:22 | チェーン店 | Comments(0)

宮崎市:マクドナルド       こんなマクドナルドだったら毎日でも行きたい 

お昼、打ち合わせをしていたクライアントのお店が満席になる
で、しばらく近所のマクドナルドへ非難したのですが、コレがとっても勉強になる時間となりました


DSC_3875-1.JPG
土曜のランチタイム
けたたましい忙しさでありました

ドライブスルーは切れ間無く次々とお客さまがやって来るし、店内は小学生位の子供を連れたファミリーで満席状態
この光景を見ていると、ココはファミリーレストランのようであります


全てのお客さまが、ココへ食事を目的にやって来ている
そして、笑顔でバーガーを頬張り、しっかりとお腹を満たすと笑顔で帰っていく
この時間のマクドナルドには、軽食で小腹を満たすファストフードの姿はありません

そういえば最近のファミリーレストラン
食事目的のお客さまよりも、待ち合わせや時間つぶしのお客さまが多いのでは・・・
そして、そこには笑顔が無い
多くのお客さまは携帯を扱い、下を向いているのであります
当然、お店のスタッフとお客様にはコミュニケーションがありません
なんか殺伐としたような冷たい空気
寂しい限りです


本末転倒と言うか、何かが違うような気がする




そんな忙しさの中、全てのスタッフが笑顔でテキパキと仕事をし、お客さまと会話をしている
それは、「作業をこなす」姿では無いのであります

さらに、みんなが自分のすべきことを知っている
そしてその自分の責任を果たした上で、周りの人をフォローしあっている
正しい分業
恐れ入りました

瞬間的にお客さまが途切れると、パッと散るように持ち場を離れ他の仕事へ
ある人は外回りの掃除に、ある人は店内のごみ入れの点検に・・・

しかしその作業に没頭することは無い
ちゃんと状況を見ながらその作業を進め、お客さまが増えてきたら、サッともとのセクションに戻っていく
全て自分の判断で

この素晴らしさに驚き、見入っていたら、アッと言う間に1時間が過ぎていました


マニュアルに支配されたようなサービス
それがチェーン店だと思い込んでいたのですが、ココは違いますね
しっかりとマニュアルに裏づけされた上で、その場に合わせた臨機応変な対応が出来る

久しぶりに感動できるお店と出会いました




【マクドナルド山崎街道店】
宮崎県宮崎市阿波岐原町竹割2042-1
0985-29-0688


[PR]
by gurumeblog | 2009-04-25 23:31 | チェーン店 | Comments(0)

佐土原:「小丸新茶屋」    大きなお寿司と天ぷらうどん

宮崎市の北部、佐土原って町にとてつもない繁盛店がある
うどんの本場讃岐で修行し、高鍋って町の小丸川の近くに開業したうどん屋さんが始まりと言うお店である
今では、お寿司のメニューも豊富で、昼も夜もご近所の方が楽しい食事をする場として賑わっている


DSC_3870-1.JPG
本店である高鍋のお店と、ココ佐土原のお店の2軒であるが、どちらも恐るべき繁盛振り
うどんと寿司を中心に居酒屋メニューまで、豊富なメニューでお客様の様々なニーズに応えているのである
チェーン店とは全く異なる考え方であるが、地方都市ではこういった考え方が必要なのだと、改めて勉強になる


DSC_3864-1.JPG
讃岐のうどんを宮崎の人が食べやすいようにアレンジしたうどん
讃岐のものほど強いコシは無いけど、九州のブヨブヨうどんとは異なるしっかりした麺
それに、立派な海老が2尾ドーンと乗っかっている


DSC_3867-1.JPG
そして寿司
普通の寿司屋さんの2倍はあるのでは?
そんな大きなお寿司が2つに切られて提供される
だから、お客さんも寿司屋の寿司とは異なるものとして見てくれるのでハードルが下がる
しかし、決して寿司屋に負けないお寿司であるから、期待をはるかに超える満足になるのでありましょう
素晴らしいです


DSC_3863-1.JPG
うどん屋のカレーと言うより、カレー屋のカレー
かなり本格的であります
専門店のこだわりカレーをベースに、うどん店で提供できるカレーにするために必要以上の贅沢をマイナスしたようなカレー
立派です


DSC_3866-1.JPG
宮崎の飲食店でなくてはならない「チキン南蛮」
たっぷりの南蛮酢でジューなものであります


全ての商品が、専門店には及ばなくとも、うどん屋のレベルをはるかに超えたもの
繁盛するのも納得

また行きたくなるお店であります



【小丸新茶屋】
宮崎県宮崎市佐土原町下那珂3045-1
0985-30-1155


[PR]
by gurumeblog | 2009-04-25 22:34 | 宮崎県 | Comments(0)

えびの市:慶珉        残したい味がある

鹿児島中央から隼人へ
その後、1両しかないローカルな電車で約90分
海あり、山あり
自然の中を、各駅停車でガタゴトのんびり旅
心が洗われるような素敵な時間でありました


DSC_3839-1.JPG
京町温泉って無人駅から、徒歩3分
京町温泉銀座って商店街の入り口にあるラーメン屋さん
もう30年以上経ったお店はいろいろと問題が出てきて、そろそろ立て替えましょうってことで先週完成


DSC_3843-1.JPG
ココの名物は「野菜餃子」
自家農園で作られた野菜を使った新鮮な餃子
もちろん冷凍なんかはしてません

お店は新しくなっても、美味しいものを作る気持ちは変わらない
そんな意味を込めて「残したい味がある」と書かれたTシャツがユニフォーム
ステキであります


DSC_3844-1.JPG
てんこ盛りの「野菜炒め」
湯気が上がるほどアツアツな状態で運ばれてきました
まだシャキッとした食感を残す炒め具合はバッチリです


DSC_3848-1.JPG
ココの唐揚げは冷めても美味しいのであります
醤油ベースの下味に漬け込み、味が染みたものをカラッと揚げる
コレが、やっぱり唐揚げでしょう


DSC_3849-1.JPG
コレ、痛いです
ピリピリらーめんなるものを注文
それも上級
辛いって言うのを通り越して、痛いです
舌が痛い、喉が痛い  そして汗が吹き出る
辛くて美味しいラーメンであります
上級の上には“イヤガラセ”ってのがありますので、辛党の人は挑戦してみては?


DSC_3852-1.JPG
らーめんが美味しいお店は数あれど、炒飯が美味しいお店はあまり無い
しかし、ココの炒飯は別格
ワタシの中では、このお店はラーメンよりも炒飯のほうが上なのであります
パラパラのごはんに、ふんわり玉子
チャーシューの煮汁の旨味が加わり、お口の中に拡がる美味しさが堪らないのです


昔のお店は19席
今回の改築ではお店を拡張して40席
大きくなったとは言え昔の雰囲気は残したいと、昔の19席の部分はまるでそのまま
狭く窮屈なところまで同じなのです

新しくキレイになったお店だけど、昔の温かさは変わらない
そんなステキなお店でありました



【慶珉】
宮崎県えびの市大字向江943
0984-37-0336


[PR]
by gurumeblog | 2009-04-24 23:29 | 宮崎県 | Comments(0)

日置市:「横綱」      名物「鯖寿司」は絶品であります

葦北の町から、ルート3の旅
海岸沿いをひたすら南下し、日置市までの2時間のドライブ
途中、道の駅で「肥薩揚げ」を購入し車内でいただく
魚介のすり身を油で揚げたもので、コレも九州ならではの甘さ
やっぱり美味しい


DSC_3834-1.JPG
夜ごはんは、「横綱」って回転寿司
全皿100円っていう大型の回転寿司ではなく、その半分ほどのお店
以前、立ちのお寿司屋さんだった大将が、10年ほど前に回転寿司に転換したお店であるらしい


DSC_3820-1.JPG
夕方、それもワタシ達の入店とほぼ同時に入荷したばかりの鯵
それを刺身でいただきます
回転寿司で刺身
これも、すし屋だったお店だからなのでしょうか


DSC_3822-1.JPG
この付近は太刀魚が名産なんだとか
コレだけ大きな太刀魚だと、東京ではびっくりするほどのお値段なんですが、ココでは手が届く範囲でありました


DSC_3826-1.JPG
そしてカワハギ
肝や特性のポン酢ゼリーが添えられてます
肝までいただけるとは、さすが元すし屋
ネタも、仕事も立派であります


DSC_3831-1.JPG
中トロに程近いマグロ赤身であります
九州ではあまり重宝されることがないマグロでありますが、ココの隣町“串木野”はマグロの漁獲地
その影響でありましょうか、立派なマグロであります


DSC_3830-1.JPG
そしてコレが、このお店の名物「鯖寿司」であります
秘伝だと言う、橙酢が利いてるポン酢を使ってあるらしく、鯖の嫌な香りは全くありません
だから、鯖好きはもちろん、鯖はちょっと・・・ 
って方でも大丈夫
身が厚く、脂がのった美味しい鯖でありました

お持ち帰りしたいほどでありますが、まだまだ出張が続く身
泣く泣く諦め、宿を取った鹿児島市内へ向かうことに・・・
後ろ髪惹かれる気分でありました




【回転寿司 横綱】
鹿児島県日置市東市来町湯田2627
099-274-4238


[PR]
by gurumeblog | 2009-04-23 23:10 | 鹿児島県 | Comments(0)

芦北町:「よしみ」      小さな町の繁盛店

熊本空港から、約1時間
八代と水俣の間にある、八代海に面した芦北という町へやってきた

DSC_3810-1.JPG DSC_3809-1.JPG
その町で古くから営業している、「よしみ」って言うレストランで昼食をすることにした
天ぷら定食あり、ハンバーグ定食あり、そんな、田舎特有のレストラン
ちょっと懐かしさを感じるお店であった


DSC_3812-1.JPG
まずは刺身の盛合せで九州を楽しむ
甘エビとイクラは北海道からの直送品らしいが、他はすべて地モノ
身が締まったシコシコした新鮮なお魚
それを九州の甘いお醤油でいただき大満足


DSC_3815-1.JPG
コレが30年も前からの名物商品「石焼ステーキ」
とっても柔らかいお肉が、アツアツの溶岩石に乗ってやってくる
これをポン酢でいただくのだけど、とってもさっぱりして美味しいこと
お肉の脂が、ポン酢でさっぱりと流されるのでありましょう


DSC_3813-1.JPG
そしてコレが、近所で獲れた「赤あし海老」
それをフライにしているのだけど、頭の殻が香ばしくて、鼻から美味しい一品、絶品であります
ぎっしりと詰まった、プリプリの身
甘いです 旨いです


これらの美味しさが1500円前後でいただけるのだから、永く人気店であるのは当たり前

素敵なレストランでありました





【レストランよしみ】
熊本県葦北郡芦北町大字花岡1661-1
0966-82-2737


[PR]
by gurumeblog | 2009-04-23 23:05 | 熊本県 | Comments(0)