ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

関内:「敦煌」     美人小姐に迎えられる、ご機嫌な夜ごはん

DSC_4864-a.JPG

冷たい霙交じりの雨の中、東京マラソンが行われていた
テレビを観ているだけで、その寒さが伝わってきて外出する気にもならず
夕方からちょっと晴れ間が見えてきたので、切れかけていた日用品を買い出したり、クリーニング屋さんに行ったりと、ゴソゴソと活動開始


DSC_4861-1.JPG
夜ごはんは、お気に入りの「敦煌」
それにしてもこの概観、中国の裏路地みたいで雰囲気抜群
看板デザイナーがソコまで考えたのかな?


DSC_4866-1.JPG
週変わりの定食メニューから、ナスの四川風炒めをチョイス
中国醤油の独特な香りと甘み、その奥から出てくる辣の辛さ
それがナスに上手く馴染んでいて、ごはんが進むこと
一緒にたけのこや豚肉も炒められていて、食感も楽しい料理でありました


DSC_4863-1.JPG
そしてもう一品 「スブタ」であります
中華の定番中の定番なのでありますが、これが美味しいお店は少ないような・・・
黒酢を使って創作したようなものや、豚肉に独特な香辛料を使って臭みがあるものなどなど
あくまでもワタシ的には、美味しいスブタにであることが少ないのであります

が、ココのスブタ
基本に忠実と言いましょうか、日本人が想像する“スブタ”を見事に再現しているのであります

カリッと揚げられているのだけど、フンワリしている豚肉
これを甘酸っぱい餡に絡めてあって、具にはパイナップルが入っていたりもする
まさに日本的スブタであります


接客を担当する美人小姐3人と、黙々と鍋を振る中国人コック
日本語は片言だったりしますが、なかなかステキなお店なのであります



【敦煌】
神奈川県横浜市中区末広町2-4-8 第三平安ビル1F
045-253-1361


[PR]
by gurumeblog | 2010-02-28 23:05 | 神奈川県 | Comments(0)

黄金町:「コトブキ」    豚は牛に勝る そう感じさせてくれる「上ソテー」

DSC_4858-a.JPG

一日中、領収書の整理に追われる日でありました
ちゃんとコマ目にやっておけば、こんな苦労はしないで済むのにと毎年思うことなのでありますがいつもギリギリ
気が付くと2月はもう終わりで、確定申告の期限まで2週間しか無いということで、一日中、部屋に篭っておりました


DSC_4854-1.JPG
伊勢佐木の町の古くからある洋食屋さん「コトブキ」
特に素晴らしいところがあるわけではないのだけど、どことなく落ち着く昭和な感じが好きで、思い出したように、時折顔を出しています


DSC_4860-1.JPG
ココのポークステーキは中々のものでお気に入り
定番ではポークソテーやポーク生姜焼といったところですが、1日限定5食という「上ソテー」
定番でもソコソコの美味しさでありますから、限定かつ上モノとあればさぞかし素晴らしいでしょうと、それを注文

画像を見て「脂ばっかりじゃん」と思ったアナタ
まだまだですね

良い豚は脂が美味しいのであります
三分の一位が脂身なのですから、噛むとジュワッと溢れる脂の甘みをしっかりと堪能できます
もちろん、豚臭さなんかはありませんよ

それに、ここのメンテルがまた美味しくって・・・
ちょっと塩分が強いのですが、その加減はごはんのおかずにバッチリに調整されているかのようで・・・
ごはんもドンドン進んじゃいます


DSC_4855-1.JPG
ミニサラダもしっかりしていて、何よりもうれしいのがこのドレッシング
何十年も変わらないこのスタイルが良いですね



残念なのは、そのごはんがイマイチであること
ココさえクリアしてくれると、もっとココへ来る機会が増えるのに・・・
もったいないです



【コトブキ】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-129-9
045-251-6316


[PR]
by gurumeblog | 2010-02-27 23:00 | 神奈川県 | Comments(0)

関内:「たまや」    大衆居酒屋で鯖をおかずにごはんセットをいただく

DSC_4853-a.JPG

ちょっと最近、お魚に凝っている
と言うか、お魚料理が食べたい年頃なのかもしれない
お肉料理は大好きなのだけど、ガッツリお肉をいただいた次の日は身体が重たいと感じるようになってきたのだ


DSC_4849-1.JPG
で、近所で美味しいお魚を気軽にいただけるお店は無いものかと思案した結果、ココを思い出す
昔ココには萬里って餃子が美味しいお店があったのだけど、いつの日にか、お魚自慢の大衆居酒屋に変わっていたのであります

萬里時代のように油が回った小汚いお店とは異なり、雑然とした大衆的な造りではありますが嫌なイメージは拭い去られました


DSC_4850-1.JPG
雰囲気も大衆的でありますが、メニューも大衆的
アジフライ120円やハムカツ100円と言ったラインのモノがズラリと品揃えされております

あまりにもたくさんのメニューがあるので迷ってしまいますが、本日のお勧めにある「鯖の1本焼き」をおかずにごはんセットをいただくことに決めましたが、注文が入ってから焼き始めると言うことで、提供まで少々時間を要するようです

で、その時間潰しに、ブリの刺身とツナサラダをいただきます
醤油を弾くほどに脂がのったブリ 山葵がツーんと香って良い感じであります


DSC_4852-1.JPG
20分ほど待ったでありましょうか ようやく鯖の登場であります

1本焼き・・・
鰯や秋刀魚ならば当たり前のことでしょうが、鯖がド~ンと尾頭付きでやってくるとかなりの迫力であります

和歌山で漁獲されたと言う鯖
最近巷に出回っているノルウェイ産のものとは別格ですね
安い鯖をいただいてしまうと、一日中、あの嫌な脂の臭いに悩まされるのですが、コチラのものはコレだけ食べても全く嫌な臭いはありません



単品モノの品添えでありますので、その日自分が食べたいメニューをアレコレ選んで、ごはんセットを頼めば自分定食の出来上がり
気取った創作メニューなんかはありませんが、家庭の食卓に並びそうなメニューがズラリと揃えられた居酒屋ならではの楽しみ方が出来ますね

最近この界隈にはこんな大衆居酒屋が大流行
お酒を飲まないワタシも、ちょっとお気に入り



【たまや】
神奈川県横浜市中区末広町2-4-9 山口ビル1F
045-263-0425


[PR]
by gurumeblog | 2010-02-26 22:35 | 神奈川県 | Comments(0)

鎌倉:「甲羅本店」      春の陽気の鎌倉で大好きなタラバステーキ

DSC_4842-a.JPG

昨日に引き続きポカポカ陽気でありました
鎌倉の海岸線を走ると、透き通るような青さの海と空
心地よい海風が吹いて、春はソコまで来ていることを実感いたします


DSC_4844-1.JPG DSC_4846-1.JPG
そんな海沿いにある鎌倉パークホテル
大理石が張られたロビーには高級感が漂います

さて、その館内にある「甲羅本店」でランチであります
お昼からカニ尽くしはちょっと贅沢かと思い、和膳をいただくことに・・・
定番の、お刺身と天ぷらのご膳でありますね


DSC_4842-1.JPG
それだけだとやっぱりちょっと物足りなくて・・・
折角、カニ料理のお店に来たのだからと「タラバステーキ」もいただいちゃいました

プリップリに身が締まったタラバに塩コショウをして、バター焼したモノ
数ある甲羅本店のメニューの中で、ワタシはこれが一番のお気に入り
レモンをちょっと絞っていただくと更なる美味しさが・・・


DSC_4847-1.JPG
食後の楽しみはコレ 「あんみつ」であります

お洒落な器に盛られたフルーツの数々
それに、とっても濃厚なアイスクリームと餡子
幸せです

ステキな器ですねとお店の人に声掛けたら、なんと色違いの器が7種類もあるのだとか・・・
コレもなかなか面白いですね


それにしてもこのアイスクリーム
ホントに美味しいモノなのですが、あまりに美味しすぎるため、繊細や料理の味が全て消されてしまうのがちょっと残念



これからの季節、鎌倉の季節ですね
紫陽花なんかの見所もたくさんあるし・・・

また伺いましょう



【甲羅本店】
神奈川県鎌倉市坂ノ下33-6
0467-25-5126(直通)


[PR]
by gurumeblog | 2010-02-25 23:31 | 神奈川県 | Comments(0)

銀座:「唐井筒」     夜は敷居が高い高級店も、昼には気軽な定食屋

DSC_4839-a.JPG

銀座でランチをしようとのお誘いを受け、喜び勇んで出かける
銀座という街には、ちょっと路地を入ったところやビルの地下等わかり辛いところに、大した看板も無く小さな暖簾だけで商売していているお店がたくさんあるのであります


DSC_4840-1.JPG
今日のこのお店もその一つ
ソワレドと言う、夜のお店がたくさん入ったビルの地下でひっそりと営業している、すっぽん料理のお店であります

昼の時間は、ココの若い衆が作る料理を、手頃なお値段で提供していると言うのでやって来たのでありますが、そのコストパフォーマンスの高さに驚きであります

ほぼ開店と同時にお店に入ることが出来たので、調理している姿が一望できるカウンターの特等席を陣取り、テキバキと手際よく仕事をこなす姿を楽しみながらの食事を楽しむことと相成りました


DSC_4838-1.JPG
ワタシがいただいたのは“ぶりの七味味噌焼”
真っ黒く見えるのは決して焦げているわけではなく、田楽味噌がたっぷり塗られているためであります

注文を受けてからサラマンダーで焼き始めるので、提供までは少々時間が掛かりますが、作り立てをいただく醍醐味を楽しむことが出来ます

甘さが強い田楽味噌
どちらかと言うと苦手なほうなのですが、コチラの味噌には七味が練りこんであってピリッとした辛味がとっても美味しく、この味噌だけでごはんが何杯でもいただけそうなものでありました


敷居が高く感じてつい敬遠しちゃうのですが、勇気を持ってお店に入ると、想像以上にステキなお店に出会えるかも・・・
“虎穴に入らずんば虎児を得ず”ではありませんが、コレも銀座の楽しみ方の一つでありましょう



【すっぱん料理 唐井筒】
東京都中央区銀座7-6-19 ソワレド銀座弥生ビルB1F
03-3571-0755


[PR]
by gurumeblog | 2010-02-24 23:31 | 東京都 | Comments(0)

東京:「広東炒麺」     塩と生姜が絶妙に美味しい焼きそば

DSC_4832-a.JPG

千葉への出張
いつものように、成田へ入り鹿島へ移動し、ソコから高速バスで東京駅に戻るルートであります
鹿島から東京まで約100分のバスの旅 お腹が空きます


DSC_4833-1.JPG
キッチンストリートにある南国酒家ってお店で焼きそばをいただいましょう
最近、コチラでは「牛たん喜助」にはまり気味でありますので、今日はちょっと変わったものにしましょうと、バスの中でずっと思案していたのであります


DSC_4827-1.JPG
アレコレと焼きそばメニューが豊富なお店でありますが、最も目を惹いたのが“タラバ蟹と季節野菜の焼きそば”
カリカリになる一歩手前までしっかりと焼いたそば
これに、熱々の餡をかけると、その水分と一緒に旨みも吸い込み実に良い味になるのであります
ほんのりと香る生姜の香り
コレがまたまったりとした味にインパクトを加える
う~~ん さすが
そう言いたくなるほどの絶品でありますね


DSC_4830-1.JPG
席を片付けるちょっとの間、テイクアウトコーナーに置かれたサンプルを眺めていたら、シウマイが実に美味しそうで・・・

熟成シウマイなる、ココのもう一つの名物を一緒にいただくことにいたしました
一つ150円 それを好きな数だけ注文できるという、お客さまの立場に立ったメニュー
シウマイの味は当然のこと、この売り方に感動いたしました


日中は暖かだったのですが、夜になるとまだまだ冷えます
家路を急ぐことにいたしましょう

ご馳走さまでした




【あんかけやきそば 広東炒麺】
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅1Fキッチンストリート
03-5224-5560


[PR]
by gurumeblog | 2010-02-23 23:59 | 東京都 | Comments(0)

水道橋:「羅生門」     切り落としでも十分に美味しい名店の焼肉

DSC_4814-a.JPG

仕事帰りに焼肉であります
昔、水道橋に会社があった頃、良く仲間で利用していたのでありますがちょっとご無沙汰
お店のスタッフの方も様変わりしたようで、ミャンマー出身って言う日本語が堪能な女の子が頑張っておりました


DSC_4821-1.JPG
ビルの地下と言う場所にありながら、なかなか繁盛しているお店でありまして・・・
その魅力は、やっぱりお肉の美味しさでありましょう

タレの甘みと、お肉の旨みが喧嘩することなく見事に調和する美味しさ
もちろん塩モノもあるのですが、ワタシはこの調和を楽しむためにココへ来ると言っても過言ではないでしょう


DSC_4815-1.JPG
サシが入った高級なお肉も良いのですが、今日はファミリー盛りなる商品を
以前には無かったメニューであります

コレもデフレの影響なのでありましょうか?
ランチで提供していた切り落としを大皿盛り込みにした、お気軽メニューなのであります

切り落としと言っても元は同じ牛
赤身の甘さや、お肉の柔らかさは高級部位と然程変わりはありませんから、とってもお得であります

レバーはちょっと・・・ とわがままを言うと、鳥肉に代えてくれてる親切さ
コレもちょっとした人気の秘密かもしれませんね


DSC_4817-1.JPG
野菜も忘れずに・・・ とサンチュ
とっても瑞々しい葉っぱと、胡瓜とニンジンのスティック
コレに特製の味噌を付けお肉を巻いていただくと、食べた後のお腹が軽いような気がするのですが・・・ 気のせい?


DSC_4819-1.JPG DSC_4820-1.JPG
〆にいただいたカルビクッパと、デザートのサービスしていただいた苺

ココはお肉だけでなく料理モノもしっかりしているお店で、特にこのカルビスープと、冷麺は極ウマであります

昔のデザートはフルーチェのような、甘味料・香味料たっぷりのゼリーでありましたが、今日はフレッシュな苺
なんかレベルアップしてますね


【羅生門】
東京都文京区本郷1-4-4 ホテルサトーB1
03-3816-2403


[PR]
by gurumeblog | 2010-02-22 23:15 | 東京都 | Comments(0)

千石:「海外天」     コスパに優れた中華ランチがお気に入り

DSC_4813-a.JPG

時間に余裕があったので、お昼はちょっとだけ遠出して海外天
会社から歩いて15分くらいのところにあるお店で、お値段以上の商品がいただけるのでお気に入り


DSC_4810-1.JPG
14:00過ぎに伺ったのに、まだお客さまが7割ほどいらっしゃいます
ホントにココは人気があるようですね

大衆店のように雑然ともせず、真っ赤な中国チックでもなく、高級店のように落ち着き払いもせず、ファミレスのように安っぽくもない
実に、程よい空間
コレもお気に入りであります


DSC_4812-1.JPG
なんと言っても魅力的なのはこのボリューム
回りのお客さまを見ていると、3分の1位残して帰るお客さまも多数いらっしゃるようで・・・

今日も湯気を立てながら運ばれてきた「豚肉入り玉子とキクラゲ炒め」
同じくらいの大きさに細切りにされた豚肉と竹の子、それをたっぷりの玉子と一緒に炒めてあるのだけど、これが実にバランス良い食感なのであります


さぁ、午後から一つ打合わせ
頑張りましょう




【海外天】
東京都文京区本駒込2-28-10 文京グリーンコート
03-5977-3510


[PR]
by gurumeblog | 2010-02-22 15:35 | 東京都 | Comments(0)

阪東橋:「八舟」     コストパフォーマンス最高の鰻で夜のお腹を満たす

DSC_4808-a.JPG

先週の久しぶりの出張に、ちょっと疲れが出たのでありましょうか?
目覚めも悪いし、身体も重たい
熱かあるとか、風邪をひいたとか、そんなことではないのですけど、身体がけだるいので、鰻でも食べて元気をつけるといたしましょう


DSC_4804-1.JPG
“よこはまばし”って言う、南区民の台所的な商店街
いつも多くの人で混みあっている元気一杯のトコロ

お目当てのお店はその中にある小さなお店なのであります


DSC_4805-1.JPG
店頭にショーケースが置かれるテイクアウト中心のお店なのでありますが、店内には8人ほど座れるカウンター
ソコにちょこんと座って、鰻をいただくことにいたします


DSC_4808-1.JPG
残念がなら、器に蓋をするような鰻が乗っかる上は売り切れだとのコト
で、仕方なく中をいただくことにいたします

やはり中になると豪快さはありませんが、美味しさに変わりはありませんから・・・
キチンと蒸された鰻を炭で焼き上げる
待っている間、タレが焼ける香ばしい香りで、お腹が鳴きそうです

身がふっくらとしていているのだけど、皮目はカリッと
ワタシの好きな状態に大満足
更にコチラのお店は、これ以上ないほどのコストパフォーマンスなのであります

贅沢なイメージがする鰻でありますが、コチラでいただけばとっても大衆的
テイクアウト価格でいただけることがうれしいですね

残念なのは、お店に中に鰻を焼く煙がこもってしまうこと
もちろん換気扇は一生懸命に働いているのですけど、その能力以上にたくさんの鰻が焼かれているからでありましょう

今日もご馳走様でした



【うなぎ 八舟】
神奈川県横浜市南区真金町2-18
045-251-5270


[PR]
by gurumeblog | 2010-02-21 19:45 | 神奈川県 | Comments(0)

伊勢佐木長者町:「Mix!Mix!」     ちゃんぽんで野菜をたっぷりいただく夜

DSC_4793-a.JPG

温かくて、野菜がたっぷり食べられて、簡単なモノが食べたい
そう考えると、なぜか中華しか思い浮かばない
しかし、昨日も中華だったのでそれは避けたいと色々と考える


DSC_4791-1.JPG
そして、ようやく思いついたのがココ「Mix!Mix!」
ちゃんぽんのお店であります
ちゃんぽんとは、いろいろなモノを混ぜると言う意味でありまして、英語に直すとMixと言うことでありましょうか?
勝手な判断ですが、そんな愉快なネーミングが好きです


DSC_4799-1.JPG
コチラでは、基本のちゃんぽんに、麺大盛や野菜大盛なんてメニューがあって、そのときの気分で使い分けることが出来るので良いですね

今日のワタシは当然のように野菜大盛であります
大盛メニューは作ったけれど、それようの丼は用意してないのでありましょうか?
溢れんほどのてんこ盛りで提供されました
それとも、一つの演出と言うことなのでしょうか?
麺大盛+野菜大盛なんてメニューもありますから、きっと他に丼はあるのでしょうね


DSC_4802-1.JPG
野菜の山を崩さないように細心の注意を払いながら上から丁寧に食べ進んでいって、ようやく麺にたどり着きました

コチラの麺は浅野製麺所という、直営のうどん店を持つ製麺所から仕入れているようです
モッチリとしていてコシが強い太麺が、鶏がらスープとよく絡んで美味しくいただくことが出来ます


DSC_4796-1.JPG
その鶏がらスープで作ると言うカレー
いつもあるわけではないようで、店頭に「本日、鶏がらカレーあります」と看板が立っていました
コレはチャンスと、小盛りのカレーをいただくことにいたしました

このカレーもなかなかのモノで、ちょっと酸味を感じる特徴的なモノでありました


野菜を気軽にいただける外食って意外に少ないので、こういったお店ってありがたいですね
同じコトを考える方も多いのではないでしょうか?



【Mix!Mix!】
神奈川県横浜市中区長者町2-5-11 馬場ビル105
045-568-0994


[PR]
by gurumeblog | 2010-02-20 22:25 | 神奈川県 | Comments(0)