ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2011年 03月 ( 36 )   > この月の画像一覧

みなとみらい線日本大通り駅:「大門」    超日常 毎日でも通いたくなる関西うどんのお店

DSC_1072-a.JPG

ちょっと春めいた日
重いコートを脱いで、色鮮やかなスプリングコートへと着替えたくなる陽気であります

先日見つけた立ち食いのうどん屋さん
そう言えば関内と言う街は、オフィス街であるにもかかわらず、この手のお店が無かったのであります


DSC_1073-1.JPG
見つけたのは日曜日で定休の日でありまして・・・
改めて平日に伺おうと決めたのですが、それから数日経った今日ようやく伺うことが出来ました

立ち食いスタイルのお店でなのですが、東京に居ながらにして、関西風のおうどんがいただけるってことに、ワタシの気持ちは動かされたんですよね


DSC_1071-1.JPG
200円のかけうどんをベースに、80円のちくわ天をトッピング
さらに白身魚フライ80円を加え、〆て360円
ワンコインでお釣りがもらえてお腹いっぱいになれるお店 コレはお昼のピーク帯は凄いことになっているのでしょうね

おつゆは澄んでいるのに、しっかりとした味と香り
麺は、プニュンとした弾力でアシがあるもの
大阪へ出張していた頃、天王寺駅にある立ち食い店でいただいたものと同じような美味しさ
まさに関西風であります

海老なんて高級な天ぷらはありませんが、野菜のかき揚げと、今日いただいたちくわの天ぷらがあればそれで十分
ワタシ的には、いなりがあれば、もう何も文句は無いのですが・・・






【製麺所の立ち喰いうどん・そば 大門】
神奈川県横浜市中区弁天通2-29-1
TEL:不明



[PR]
by gurumeblog | 2011-03-31 15:31 | 神奈川県 | Comments(0)

JR関内駅:「濱新」    吉田町ではまだ若造? 昭和4年創業の濱新さんで夜ごはん

DSC_1070-a.JPG

吉田町(よしだまち)
古き良き時代の横浜を残す町であります
横浜を代表する歓楽街である福富町と隣り合わせているのだけど、その雰囲気は全く異なるトコロ
福富町が色香を楽しむ町であるとするならば、こちらは粋にお酒を楽しむ町といった感じでありましょうか
伊勢佐木町とも野毛とも違う、大人の雰囲気が漂うステキなところであります

当然、歴史あるお店も多く、“野毛おでん”さんや“登良屋”さんなどが有名ですね


DSC_1065-1.JPG
明治生まれの両軒と比べてしまうと、まだまだ若造でと言うことになるのでしょうが、こちらの“濱新”さんも昭和4年創業と立派に歴史あるお店であります

鰻とふぐのお料理が有名なお店なのでありますが、いつも鰻ばかりで、ふぐをいただいたことが無いんですよね
2Fの個室なんぞに入り込んで“天然とらふぐコース”なんて贅沢をしてみたいものであります


DSC_1067-1.JPG
うな重をいただくつもりで伺ったのですが“夜ごはんのお献立”なるモノを見つけて、心変わりであります
そのお献立には、天ぷら御膳や刺身御膳など、数種類が用意されているのですが、最も気を惹いたのが“旬のお魚御膳”なるモノ
旬のお魚を“煮”“塩焼”“照り焼き”から、好きな調理でいただくことが出来るとのことであります
今日のお魚はブリとのことですから、やっぱり照り焼でしょう

小ぶりではありますが、脂が乗った美味しいブリ
それに、鮪の刺身までが付いてる贅沢感に満足
しかも、お新香がとっても美味しくって・・・ 

お新香が美味しいお店って、上質なお店って気がして大好きです



【横濱・関外料理 濱新】
神奈川県横浜市中区吉田町3-1
045-251-0039


[PR]
by gurumeblog | 2011-03-30 23:42 | 神奈川県 | Comments(0)

市営地下鉄伊勢佐木長者町駅:「つかさ鮨」    わざわざでも伺いたい美味しいお寿司がココにあります

DSC_1058-1.JPG

またまた、お寿司が食べたくなった



DSC_1055-1.JPG
伊勢佐木町にある「つかさ鮨」ってお店
多分この界隈では、最もクォリティーが高いお店ではないかと思うトコロ
そして、それだけのクォリティーでありながら、良心的なお値段でありますから繁盛しないわけが無いのであります


DSC_1060-1.JPG
伺ったのは13:00をちょっと回った頃
お昼の時間をちょっとずらしたことで待つことなく席をいただくことが出来ましたが、閉店間際までしっかりとお客さまが来店されてますね


DSC_1059-1.JPG
お昼の時間には“海鮮丼” “鉄火丼” “うにいくら丼” “みやび重” “おまかせ握り寿司”と5種のメニューが用意されています
大好きな鉄火丼にしようか、いや、ウニいくら丼も捨てがたい
18種ものネタが使われているらしい海鮮丼も良いなぁ
などと、たった5つのメニューから、何をいただくことにするのか決めるまでに時間を要してしましました

結局選んだのは、握り寿司
ランチのお寿司であるにもかかわらず、赤貝や中トロ、うに、いくらと豪華であります
もちろん、それらのネタはしっかりとしたモノばかりですよ
ネタは10貫
色んなネタを楽しめるようにシャリはちょっと小さめですが、ネタとのバランスという面でも良い感じですね

そして驚いたのは、お澄ましがビックリするほど美味しいこと
きっちりとお出汁が出ているし、塩加減が抜群でありました



たまたま、ワタシが頼んだ握りを作っていただいている向こうで、海鮮丼を盛っている姿を見ることが出来たのですが、コレが凄い!!
18種とは書かれていましたが、その圧巻ぶりに驚き、絶対あの海鮮丼をいただきに来ようと心に決めてお店を後にしました
お店を出るまで見送っていただいた奥さん
最後の最後まで、きっちりしてますね




【つかさ鮨】
神奈川県横浜市中区若葉町2-30-2
045-252-0321


[PR]
by gurumeblog | 2011-03-29 19:20 | 神奈川県 | Comments(0)

JR横浜駅:「大関」     横浜に居ながら名古屋名物がいただける貴重なお店

DSC_1038-a.JPG

昼過ぎに人と会う約束が会って横浜
3年ほどだったかな? 台湾で頑張ってた友人に用件があって、連絡したらば偶然にも今日帰国するとのコト
春には契約を終え帰ってくるとは聞いていたのだけど、それがまさか今日とは・・・
なんと言うグッドタイミングなのでありましょう


DSC_1035-1.JPG
彼に会う前にランチを済ませて置きましょうと、大関
横浜駅の西口に隣接するダイヤモンド地下街にある、きしめんのお店であります
きしめんの他、味噌煮込み丼もあって、横浜に居て名古屋の味が楽しめる貴重なお店でもあります

14:00を回って、いささか落ち着きを見せ始めてはいるものの、いまだ満席
相席となります


DSC_1037-1.JPG
大好きな味噌煮込みを食べたい
そんな思いもありますが、今日はそれほどゆっくりする時間もありませんので、簡単にきしめんで済ませることに
天かすにかまぼこ、それにたっぷりの青ネギ、その上に、花かつおを飾っただけの、シンプルなきしめんなのですが、“青ネギきしめん”と名付けられると、それなりの価値観が出てくるものですね

タイミングが悪かったのか、提供までちょっと待たされる
とは言え、立ち食いの蕎麦屋と比べれば・・・ ってほどのことでありまして、そんな待ち時間も美味しいモノをいただく前の心の準備の時間と思えば苦になりませんね

幅広で薄っぺら
だから、うどんのような、コシはあまりないし、刀削麺のようなモッチリ感もない
美味しいのか、そうでないのか・・・ 
なんとも判断しづらい、名古屋らしいモノでありますね


コレまで何回となくいただいたことがある“きしめん”
本場名古屋で、ココのきしめんが最高だよ と、地元の方に連れて行っていただいたこともあるのだけど、美味しいと思ったことが無いんですよね
どうしても、食べ慣れた、おうどんと比較してしまうからなのでしょうね
「きしめんとはうどんとは似て非なるもの」なのでありましょう」



【大関】
神奈川県横浜市西区南幸1-4 ダイヤモンド地下街
045-321-3053


[PR]
by gurumeblog | 2011-03-28 15:43 | 神奈川県 | Comments(0)

たまには自分で作る料理も良いモノですね

DSC_1032-a.JPG

仕事仲間のお肉屋さんから、美味しいお肉が届きました
添えられた文面には「たまには、ご自宅でお鍋でも召し上がってください」と添えられているのだけど、残念ながらおひとりでの生活にお鍋の道具なんてありませんよ・・・


DSC_1023-1.JPG
A3ランクの国産黒毛和種とあるのですが、その中でもきっと4番に近いものなのでありましょう
形は揃っていませんが、なかなか美味しそうな色目をしていますね
友バラと呼ばれるところのお肉を薄くスライスして、すき焼きや牛丼、プルコギなど、万能に使えるように加工してあるとのコトですので、今夜はひとりすき焼きでもやりましょうか・・・


L1000273-1.JPG
こちらのお肉屋さんでは、きちんと戸籍がわかっている牛しか使ってないのです
トレーサビリティの義務化が進む中、こう言った間違いないお取引先を選ぶってことも、飲食店の使命でありましょうし、そんなお店だけがお客さまに支持され生き残れるのだと、ワタシは信じています


DSC_1026-1.JPG
お昼前から近所のスーパーへ出掛け、すき焼きに必要な食材の買出しであります
玉ねぎ、しらたき、お豆腐、春菊にえのき
コレだけを買い物籠にいれレジへ向かうのですが、「今日はすき焼きです」って言っているようなものですね(笑)
しかし、スーパーと言うところ、一人暮らしには優しくないお店でありまして、しっかりと4人分ほどの材料が揃っちゃいましたよ
これらの半分以上はゴミとなるのですから、もったいないとコトですね

ひとりすき焼きだと、ちょっと寂しすぎるような気がして、思いついたのがコレ
“すき焼き丼”であります
同じモノを作っているのですが、食べ方をちょっと変えるだけで、お気軽なモノに変身してしまうのですから不思議なことですね

サシがたっぷり入ったお高いお肉は、それはそれで美味しいのでありますが、ある程度いただくと脂がしつこく感じてしまって・・・
しかし、今日のこのお肉、赤身の旨味と脂身の甘さが抜群のバランスでありまして、滅多に料理などしないワタシが作っても、とっても美味しくいただくことが出来ました


ところで、みなさんのお宅のすき焼きって長ネギですか?
ワタシは、長ネギでも良いのですが、どちらかと言うと玉ねぎ派でありまして、長ネギ以上に増す甘みがとっても好きなんですよね

おご馳走さまでした
[PR]
by gurumeblog | 2011-03-27 20:20 | weblog | Comments(0)

市営地下鉄ブルーライン阪東橋駅:「アトム」    横浜発のホットドックを頬張るブランチ

L1000271-a.JPG

伊勢佐木町って街、人通りが多いのは関内側から入って伊勢佐木町3丁目辺りまで
しかし、その界隈には古くからの伊勢佐木町を残すものはほとんど無くてチェーン店ばかりになったしまった
しかし、5丁目辺りまでやってくると、人通りは疎らになるのだけど、古き良き時代の伊勢佐木町の面影か残るトコロも多いようである


L1000267-1.JPG
こちらの喫茶店も、古くからあるお店で、地元の常連さん達に愛されているお店
いつも初老のお客さまで賑わっていて、その雰囲気から、入り込む勇気がもてなかったのであります

が、今日店内を覗いてみると、比較的空いている様子
コレならいける! と、念願のホットドックをいただくことにいたしましょう


L1000269-1.JPG
伊勢佐木町でホットドックと言えば“JohnJohn”さんが有名でありますが、なんとお初はこちらのお店だったのですね
それも昭和36年のこと なんと50年も昔のことであります


L1000270-1.JPG
コレがそのホットドック
ワタシたちの世代には懐かしいコッペパンに挟まれたウインナーが2本とキャベツに、自慢のデミソースがかけられたモノであります


プチッとはじけるようフランクフルトのような醍醐味はありませんが、どこか昔懐かしいようなホッとするモノ
軽く焼かれたコッペパンの食感が、そう思わせるのかも知れませんね
決して特別なホットドックではありませんが、コーヒーとセットのお値段が570円でありますから、小腹が空いたときにおやつ代わりにひとつ なんて良いかもしれませんね



【COFFEE ATOM】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-130
045-251-4170


[PR]
by gurumeblog | 2011-03-27 19:12 | 神奈川県 | Comments(0)

みなとみらい線馬車道駅:「勝烈庵」    横浜を代表する老舗のとんかつ屋さんであります

DSC_1018-a.JPG

かなり有名なお店なんだけど、地元に住んでいると、なかなか足を向けないお店って結構あるモノで・・・
地元に住んでいると、わざわざ、混んでいるであろう有名店に行かなくても、近くに行きつけのお店があったりするんですよね

実は今日伺ったお店もその一つで、かなり長いことご無沙汰をしてしまったトコロであります
そしてご近所に、お気に入りのお店「丸和」さんがあったりするんですよね


DSC_1015-1.JPG
「勝烈庵」 創業84周年と言いますから、横浜を代表する老舗とんかつ店と言っても良いでしょう
ココ馬車道本店の入り口脇には、“ハマの街灯点火の地”と書かれた碑がありますし、白壁と一本木の梁などが使われたお店は、そんな歴史に良く似合う雰囲気であります


DSC_1016-1.JPG
お店に入ると、白木のカウンターが迎えてくれます
先日伺った寿司屋さんもそうでしたが、ココまできれいに磨かれた白木って美しいですね

入店して不思議に思ったのは、そんなカウンターの正面、揚場の真ん前と言う特等席であろうトコロに椅子が置かれて無いこと
一体どうしたことだと、目の前にいた揚場の方に問いかけると・・・
なんと、先日の地震の日、その揺れで鍋の油が、バケツを返すようにカウンターへ飛んだとのこと
もし、そのときお客さまがその席に座っていたらと、考えただけでも怖くなります
ということで、余震がいつ来るかわからない状況下、椅子を外しているのだそうです


DSC_1017-1.JPG
勝烈定食と言うものがあり、店名の冠が付いているくらいですから、それがこちらのイチオシなのでありましょうが、それはヒレカツなのであります
ワタシにとっての“とんかつ”はあくまでもロースなのでありまして、それを譲ることは出来ないです

目の前でパン粉を付けて、それを大きなお鍋に投入
ジュワーという音とともに、油面からは気泡が上がります 見ているだけでも美味しいとんかつに揚がってくれることが伝わってきますね

ソースは2種類
多分、創業期から使われているであろう甘口のモノ それに加えて最近出来たのが辛口のソース
やはり、こちらでいただくとんかつには甘口が良いようですね

まだ日がある早い時間の夜ごはんであったのですが、次から次へとお客さまが来店される人気店でありますね
あっ最後に、年配の方が割烹着を着ている姿がとっても好きだったのですが、今回お邪魔してみるとファミレスのようなユニフォームに変わっておりまして・・・
唯一、コレが残念でありました



【かつれつの老舗 勝烈庵】
神奈川県横浜市中区常盤町5-58-2
045-681-4411


[PR]
by gurumeblog | 2011-03-26 20:23 | 神奈川県 | Comments(0)

市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅:「五葉亭」   お値打ちランチの“鮪あずま丼”をいただく

DSC_1008-a.JPG

ワタシの拙いブログを読んでいただいている貴重な方から勧められた「五葉亭」さんへ伺ってみました
ご近所でありますから、その存在はずいぶんと前から知ってはいたのですが、コレと言った魅力を感じなかったものですから、足を向ける機会が無かったんですよね


DSC_1011-1.JPG
鎌倉通りに面した商業施設兼マンションの大きな建物の1Fではあるのですが、お店は裏手にあるため知る人ぞ知るって感が否めないですね
今は閉店しちゃいましたが、コジマ電気さんが入っていた建物ですよ

店頭には、いくつかのメニューが掲示されてますが、一品料理を選んでいただくお店なのか、それとも会席スタイルが中心のお店なのか、大体の予算はどのくらいなのか・・・ など、どうも想像が着かず、足を踏み入れづらい感じがしますね


DSC_1007-1.JPG
ランチのメニューは、丼モノが中心で、日替わり?の定食メニューが一つ
今日はブリ大根でありましたね
折角ですから、主力にしているであろう丼モノから“鮪あずま丼”をいただくことに 

それほど待たされることも無く提供された“あずま丼”
漬けにされたマグロの赤身が黒光りしている様子を想像していたのですが、トロ鉄火丼のような鮮やかなピンク色ではありませんか
多少、漬け醤油を潜らされているようですが、それが染み込んだ様子はありませんね
コレを漬けと呼ぶか否かはおいて置いて、腹身のマグロを美味しくいただけたのですから、何の問題もありませんね


DSC_1006-1.JPG
店内は4卓ほどのテーブル席と、お座敷席
少人数での会食というより、宴会に力を入れたお店であるようですね

この界隈には美味しい和食で宴会出来るお店って少ないですから、貴重な存在なのでしょうね



P012984177_238[1].jpg
クーポン雑誌のHPから転載させていただいた、コチラの画像
“マグロのトロ角造り”って商品なんだけど、コレは魅力的であります
画像から想像するに、30mm角はあるであろうトロの角切り  よほど良いモノを遣っていないと、コレだけのものは出せないでしょう
コレを目当てに来店されるお客さまもいるというこの商品、一度はいただいてみたいものですね





【和食処 五葉亭】
神奈川県横浜市中区弥生町2-15-1 ストークタワー大通り公園Ⅲ1F
045-253-6733
[PR]
by gurumeblog | 2011-03-25 15:25 | 神奈川県 | Comments(0)

みなとみらい線馬車道駅:「伊達蔵」    こだわりの鶏居酒屋でいただいたチキン南蛮ランチ

DSC_1002-a.JPG

雨上がりの日
スカッとした青空が広がり、気持ちまで晴々するような気がします
コレからだんだんと暖かくなり、桜がきれいな季節になりますね


DSC_1000-1.JPG
前からちょっと気になっていたお店
なんでも、福島県の伊達鶏って言う鶏肉にこだわった、鶏料理の居酒屋さんらしい
鶏肉の刺身があったり、炙りがあったり、宴会メニューにはお鍋も・・・
何となく面白そうなお店なんだけど、夜にひとりで来るのはちょっと・・・ ってことでランチに入店


DSC_1004-1.JPG
ランチもやはり、鶏肉を使った料理が自慢であるようで、中でも唐揚げはかなりの人気があるとのコト
それを目的に伺ったのでありますが、メニューを見た瞬間に、宮崎名物“チキン南蛮”に決定!!

2段重と味噌汁が提供され、お重を開けると、下段が、チキン南蛮と香物、上段にご飯
ツヤツヤとした照りがあるチキン南蛮 コレは美味しそうですね~
そしてご飯だってツヤツヤしてお米が立ってるし・・・

早速いただいてみたのですが・・・
確かに南蛮酢のタレは美味しいし、タルタルだって悪くない
しかし、どうにも衣が硬たくて、竜田揚げみたい
コレが唯一、残念でありました

宮崎では、チキン南蛮は家庭の味と言われるように、その家庭毎の味を持っていて、どれ一つ同じものは無いってくらいでありますから、こちらの南蛮もアリなのかもしれませんけどね
ワタシのイメージとは違っていたってことで・・・




【和・Dining 伊達蔵】
神奈川県横浜市中区弁天通3-48
045-228-1642


[PR]
by gurumeblog | 2011-03-24 23:15 | 神奈川県 | Comments(0)

みなとみらい線日本大通り駅:「オリンピア」   美味しいギリシャ料理が楽しめるステキな雰囲気のお店

DSC_0986-a.JPG

夜、友人との会食に出掛けたのだけど・・・
寒い! 寒い!
みぞれ混じで、今にも雪になりそうなほど冷たい雨が降っていて、凍えそうなくらい寒かった
暦の上ではもう春なのに、そしてもうそこまで桜の開花が迫っているのに、どうしてこんなに寒いんだろう

夜の街、節電のために多くのお店が看板の明かりを消しているため、とっても薄暗くて気持ちの上でも寒かった


DSC_0979-1.JPG
オリンピアっていう、ギリシャ料理のお店
お店に入ると、カウンター席の背面にスラリと並んだお酒の数々
そこだけを見ると、まるでバーに来たような雰囲気なのですが、ちゃんとテーブルの席もたくさんあって、美味しい料理をいただくことが出来ます

こんな情勢だし、こんな天気だし、それほど忙しい感じはありませんでしたが、活発な感じの女の子がふたりで、フロアを頑張ってました


DSC_0976-1.JPG
馴染みが薄いギリシャ料理でありますので、カルトだと何をどう頼んで良いのか今ひとつつかめないため、“3月コース”なるモノをいただくことにいたします
季節に合ったギリシャの代表的な料理が楽しめるってことで、一体どんな料理がいただけるのだろうかと、期待が高まってきます

まずは前菜のマリネが数種
タコのマリネや、鰯?やニシンのマリネ、それにギリシャのフェタチーズなどなど
これはワインが進みそうですね~


DSC_0978-1.JPG
そして温かいサラダ
身が柔らかい春キャベツに、シャキシャキのオニオン、甘ーい完熟のトマト、それに塩味が効いたアンチョビ
たっぷり目のドレッシングをパンに付けていただきましたが、コレ最高ですね


DSC_0984-1.JPG
本来、このコースに付いているのは“パスティチョ”って言う、マカロニとミートソースをホワイトソースで重ね焼にした料理が付いているのでありますが、どうしても“ムサカ”が食べたくって・・・
お店の方にワガママをお願いしてみたら、快く受けていただけました

薄くスライスされたじゃがいもにはしっかりと味が染みていて、それとミートソースを重ねたものの上にホワイトソースのムースのようなモノが・・・
ギリシャを代表する料理とも言われる“ムサカ”
コレ、美味しいですね~ とくにホワイトソースが絶品 ハマリますよ


DSC_0992-1.JPG
メインは“ブリゾーラ” 骨付き豚のステーキであります
オリーブオイルで焼かれたのでしょうか ほんのりと優しい香り
そして、キチッと塩で下味されてますから、特別なソースも不要
微塵に切られたバジルとオイルだけで美味しくいただくことが出来ます

表面はカリッと、しかしジューシー
コレもなかなか絶品でありますね


DSC_0993-1.JPG
苺のムースで〆

ゆっくりと流れる時間
木に囲まれた店内
スタッフの笑顔溢れるサービス
そして、極めつけの美味しい料理

なかなか高レベルな良いお店を見つけることが出来ました



【OLYMPIA】
神奈川県横浜市中区太田町2-30 みどりビル1F
045-662-9115


[PR]
by gurumeblog | 2011-03-23 23:22 | 神奈川県 | Comments(0)