ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2011年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

JR根岸線桜木町駅:「川村屋」    駅の開業以来、みんなの胃袋を支えてくれた立ち食い蕎麦屋さん

DSC_3070-a.JPG

食欲をそそる良い香り
桜木町駅を利用する度、その香りの美味しさに惹かれていたのです
「1ヵ月1万円生活」のオードリー春日であれば、間違いなくココで換気扇飯をやっていることでしょう


DSC_3067-1.JPG
「川村屋」
いつも元気なおばちゃん店員たちと、常連さんらしきおじさんたちの元気で溢れるお店であります
なんとこのお店、桜木町駅の開業当時からこちらで商売をしているらしく、その歴史は111年なんだとか
正に駅とともに発展し、駅を利用するお客さまを見続けていることでありましょう


DSC_3069-1.JPG
ちょうど今日、お昼どきにこちらの駅を利用する用事がありまして・・・
ですから、ココでお蕎麦をいただく時間を考慮しての時間調整をいたしました

「かき揚げ」
手揚げのこだわる天ぷら とは言え、そこは立ち食い蕎麦屋
大したレベルは期待しちゃいけません

麺はもちろん茹で置きのモノ
回転が勝負の立ち食いでありますから、注文が入って麺を茹でていたりしたのではお客さまがいなくなってしまいますからね
ってことで、この麺にも大した期待をしちゃいけません

しかし、しかし・・・
ココのつゆがホントに素晴らしいのであります
甘く香醤油風味の出汁 この香りが駅周辺そこいら中に拡がって、お客さまを呼び込んでいるのでありますが、間違いなく立ち食い店NO1だと思いますね

そんなつゆの美味しさを目的に来るお客さまも多いのでありましょう
「つゆの増しはお断りしています」的なことがレジ近くに貼られています
コレだけのつゆを作るにはかなりの原価がかかっているのでしょうから、仕方ないことですね
頑張って回数通うことにいたしましょう ソレが結局、大好きなお店を長続きさせることになるのですから・・・
みんなで力を合わせて150周年や200年周年が迎えられるよう頑張りましょう



DSC_3072-1.JPG
さてその帰り、偶然に見つけた自転車部隊
パチンコ屋さんの開店告知なのでありますが、自転車をこのように改造してとは・・・
以前日ノ出町に「すた丼」がオープンした時には、同様に看板を施した軽自動車でしたね

なかなか面白いビジネスと言うか、販売促進の形が勉強できました
みんな色んな努力をしているんですね




【川村屋】
神奈川県横浜市中区桜木町1-1 桜木町駅構内
045-201-8500


[PR]
by gurumeblog | 2011-09-30 23:42 | 神奈川県 | Comments(0)

JR東海道線川崎駅:「がんこ」   大阪出身 関東でもハタチになったがんこ寿司

DSC_3061-a.JPG

夜に友人と会食
川崎で待ち合わせとなったのだけど、滅多に来ることがない川崎
どんな美味しいお店があるのかとの事前調査も無く来ちゃったものだから、銀柳街辺りをブラブラといたします


DSC_3063-1.JPG
19:00を回っているのに、多くのお店がガラガラ
チェーン店系のお店では、通りにスタッフを立たせて客引きに一生懸命 大変な時代でありますね

そんな中、ちょっと高級な構えをした一軒のお店というか一棟のビル
なんと、あの「がんこ」ではありませんか
このチェーンが大阪から都内に出来てたとき、お勉強のためにと何度も足を運んだものであります
あれから、20年ほどでありましょうか
久しぶりに「がんこ」を楽しむことにいたします


DSC_3052-1.JPG
先ずは、旬のお刺身から
旬と言いながら・・・ それほど旬を感じるものではありませんね
真ん中にドンと陣取る“鱧”が夏の名残ってことでありましょうか
昨日、あの豪華でお値打ちなお刺身をいただいたばかりでありますから、どうしても見劣りしちゃうんですけどね


DSC_3059-1.JPG
こちらはこれからの旬“松茸”
一貫から頼める松茸のにぎりってのがあったので、ちょっと旬を味わうことにいたしましょう

シャキッとしたこの食感
やっぱり良いですね~ 「香り松茸、味しめじ」なんて言いますけど、松茸のこの食感だって捨てがたいですよ
香り松茸であるはずなのに柑橘の香りが・・・ これ、必要なんですかね? 



DSC_3058-1.JPG
旬を味わった後で、かに雑炊で本格的に〆 であります
実は、かにサラダがガッカリだったので、そのリベンジってこともあって・・・

少し落ち着き始めたとは言え、まだまだ高額なレタス
ソレを使うわけにいかなかったのでしょうが、キャベツの千切りサラダはないでしょう
しかも、何の断りも無く・・・
本来のレタスで提供できないのなら、出さなきゃ良いのに・・・ なんて思っちゃいました

さて、そのリベンジメニューであるかに雑炊
しっかりとカニの風味がする出汁でありまして、大満足であります
程よくかに身も入っていましたし・・・



先の述べましたが、大半のお店がガラガラである中、こちらは満席であります
タイミング良く、先客が帰った後のテーブルを片付ける間だけ待つことで済みましたが・・・

決して安いとは言いがたいお店でありますけど、その内容はしっかりとしたモノでありますから、落ち着いた雰囲気で美味しい料理を食べたいって言うお客さまが来店されているのでしょうね

“安いことが大切”と言うような風潮ではありますが、ソレにも終わりが来ていると感じますね
やはり飲食店というもの、“ご馳走であることが大切”と変わっているように感じます




【がんこ】
神奈川県川崎市川崎区砂子2-6-7
044-230-1860


[PR]
by gurumeblog | 2011-09-29 23:44 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ千代田線赤坂駅:「ジムトンプソンズテーブル」   大人な雰囲気がステキなタイ料理

DSC_3050-a.JPG

赤坂サカス
開業して、まだ3年ですね なんとなく、街にも馴染んでいてもっと昔からあったような・・・ そんな気がします
そんなサカスよりも一足先に開業したのが「Bizタワー」
美味しいレストランがたくさん入った、美味しいビルなのであります


DSC_3041-1.JPG
久しぶりにタイ料理が食べたいということで・・・
繊維質たっぷりの野菜の料理、カプサイシンの効果が期待できるピリッと辛い料理
そんなヘルシー感溢れる料理が、バイキングでいただけるお店へ
こちらは、タイ本国で高級シルクを扱う「ジムトンプソンズ」が、日本で展開するタイ料理のお店であります


DSC_3045-1.JPG
お昼のメニューは、5種ほどの料理の中からメインとする料理を一つ選び、野菜の料理や春雨などの料理などの前菜系がバイキングでいただけるってモノであります

どの料理も本格的なものでありまして、酸味が楽しめたり、ピリ辛が楽しめたりと、大満足なのでありますが・・・
その品数はバイキングと呼ぶにはちょっと物足りないのであります
サラダが出来るように葉物の野菜と、そのトッピングになるようなミニトマトやコーンがあって、他には、ワタシがいただいた3種の前菜とスープ、そしてデザートにと、タピオカココナッツミルクがあるだけであります
これなら、わざわざバイキングにしなくても、“3種の前菜付き”ってことでも良いように思うのですが・・・


DSC_3048-1.JPG
メインに選んだのは、シーフードと玉子のカレー炒めであります
この料理は、本場タイでは渡り蟹で作られることが一般的でありまして、その発祥は、小泉元首相も訪ねたと「ソンブーン」だとも言われてますね
同店を訪ねてソレをいただいて以来、虜になってしまった料理でありまして、タイ料理のお店でこれを見つけると必ず頼んでしまうのであります

シャキッとした玉ねぎと、ふんわりとした玉子、それに数種のシーフードが、ピリッと辛いカレーの風味でまとめられて・・・
あー ソンブーンのプーパッポンカリーを彷彿させる完璧さであります

大好きな玉子にカレーの風味 これは虜になるのも当然と言ったモノですね


DSC_3047-1.JPG
たぶんタイの方と思われる人たちも、笑顔でこちらのバイキングを楽しんでおられますし、働いている方にもタイの方がいらっしゃいますし・・・
「笑顔の国」を実感できるステキなお店ですよ

高級感ある店内の調度品なんかもステキですし、ちょっと大人な時間を過ごすには良いお店でありますね



【JIM THOMPSON'S Table Thailand】
東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー1F
03-5545-7760


[PR]
by gurumeblog | 2011-09-29 22:13 | 東京都 | Comments(0)

横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅:「はなたれ」  大漁だった真いわしを驚きのボリュームとプライスで

DSC_3025-a.JPG

台風前の気温から10℃近くも一気に下がったことで、風邪でも引いたのでしょうか?
昨日の夜からちょっと調子が悪くて、今日は1日中のんびりと休養することにいたします
やらなきゃならないことがいくつかありはしますが、それほど急を要するものでもないし・・・ と後回しであります
皆さんも体調の管理には気をつけてくださいね


DSC_3038-1.JPG
さて、夜になり仲間から誘い出されるままに、近所の居酒屋さんへ
お肉って気分ではないと言う彼のために選んだのが「はなたれ」、新鮮なお魚をお値打ちに提供することで有名なお店なのであります

7~8年ほど前にココ長者町店を開店して以来、連日の賑わいでありまして、桜木町店や鶴屋町店、そして横浜東口店と出店を続け、昨年には品川にまで支店網を拡大したようですね


DSC_3023-1.JPG
今日のイチオシは“真いわし”であるとのこと
千葉の銚子港で大漁であったため、格安のお値段で仕入れることが出来たから・・・ と、ワタシ達にも格安で提供していただけるのだとか ありがたい話ではないですか

そんなイワシを色んな料理で楽しませてくれる“いわし3種盛りと天ぷらセット”をいただきます
この料理、一体何尾のイワシを使っているのでしょう???
イワシ3種盛りとは、お刺身、たたき、なめろう でありまして、そのボリュームは圧巻であります
見た感じ、10尾くらいは使っているようですね

ヒカリモノはちょっと生臭い気がして・・・
そんな方も多いかと思いますが、このイワシ、全くそんな臭いを感じることがありません
ただただ、脂の甘味が拡がる美味しいものでありました


DSC_3029-1.JPG
どんなに美味しいお魚でも、生でばかりじゃ味が単調になろうって言うモノ
ならば、煮つけを一品いただきましょう

注文が入ってから煮付けるのでしょうね
ちょっと時間が掛かりましたが、その美味しさに感動であります
濃すぎず、薄すぎず、程よい味付けの煮汁の美味しさが印象的でした


DSC_3030-1.JPG
その他あれこれ
〆にいただいた丼モノですが、このごはんがしっかりとしてまして・・・
魚の仕入や料理にばかり気が取られ、こう言ったごはんの炊き上がりに気が回っていないお店が多い中、こちらのモノはツヤツヤでほっこりとしていて・・・
お米の甘味を感じることができるモノでありました

そして、多分ではありますが・・・
こちらのお店では、注文した商品の組み合わせによって料理の内容を変えていただいてるようですね
というのも、コレだけ生のお魚を頼んだのに、〆のまかない丼に至るまでの料理に、ソレほどお魚のかぶりが無いってことなのです




本当にお客さまの気持ちになって考え行動する
若いチームでありますの、多少の不出来も感じることはありますが、そんなことを吹き飛ばしてしまうほどの気配り
だからこそ、こんな時代にでも、確実に出店・成長しているのでありましょう
なかなか、お気に入りの一軒であります




【魚と酒 はなたれ】
神奈川県横浜市中区長者町5-56 千歳観光第二ビル1F
045-243-4339


[PR]
by gurumeblog | 2011-09-28 23:31 | 神奈川県 | Comments(0)

JR山手線有楽町駅:「ラ・メール・プラール」   “伝説のオムレツ”その名に相応しく素晴らしいオムレツ

DSC_3003-a.JPG

伝説のオムレツをいただけるお店が東京フォーラムにできたと言う
世界一の朝食と話題になった「bills」のスクランブルエッグに類するお店なのかと思っていたら・・・
そのオムレツってのが、フライパンを器用に使って巻き上げた、朝食でいただくソレはと随分と異なるものであるらしい
ならば・・・


DSC_2991-1.JPG
東京フォーラム
その会議場と言うか展示場と言うかに用事があることはほとんど無いのだけど・・・
並木に囲まれた雰囲気が素敵で、ちょくちょくと便利に使わせていただいている場所であり、移動車による軽食や珈琲の販売がされていたりして、それらをベンチに座っていただくOLさんたちも絵になっていたりするんですよね

そんな場所にひと際目立つ赤い壁が・・・ そして牢屋のように重たそうな木の扉が・・・
そこが、今回の目的である「ラ・メール・プラール」であります

この大きな扉を入ったところにカフェのスペース
コレがとっても開放的で素敵な空間であります ココでお茶をしながらの待ち合わせっていうのもお洒落でありますね


DSC_3013-1.JPG
奥に入ったレストランはこんな感じ
お客さまの大半は素敵な奥さま方でありますね
お昼の時間にゆっくりと食事を楽しめる方々というと、そういうお客さまになるのでしょうけど・・・

そんな奥さまも、今日はちょっとだけ普段と違うお洋服を着てみたり、いつもよりもちょっとだけ長く鏡の前でメイクをしてお越しになっているような・・・
そんな緊張感が素敵なお店であります

ランチメニューの柱は、オムレツかマルミットのふたつ
最近ルクルーゼってお鍋やさんで有名になったマルミット料理にも関心はあるモノの、やはり今日はオムレツでありましょう



DSC_2996-1.JPG
こちらはランチセットについているオードブル
ローストしたチキンをメインに、ドレッシングでマリネされた新鮮な葉野菜
それに、松の実とりんごが添えられています
まだりんごの季節には早いような気もいたしましたが、その相性は抜群でしたね


DSC_3005-1.JPG
コレが、伝説のオムレツ
あまりの大きさにいくつの玉子を使っているのかと尋ねてみると・・・
たった3個の卵でコレだけ大きなモノを作っているのですね 
オムレツのベースになるような生地を焼き、メレンゲのように泡立てられた玉子を乗せて折り返す
なるほど、意外に単純な料理なのでありますね
だからといって、誰にでも出来るってモノではないのでしょうけど・・・

驚くほどフワッとしていて、お口に入れると泡が消えるように蕩けてしまう
そんな口溶けが堪らなく美味しいオムレツであります

もちろんこのオムレツを美味しくいただくためのソースが、小さなストウブで提供される姿にも演出を感じることが出来ますね
ランチのセットに付くソースは、ほうれん草とじゃがいものクリームソース
このソースがまた格別に美味しくできてまして・・・

オムレツももちろん美味しくはありますが、その感動は美味しさ以上にプレゼンの手法の方、しかしこのソースの美味しさが加わってこそ、このオムレツの完成ってことなのでありますね


DSC_2998-1.JPG
ちょっと贅沢なコースでは、その美味しいソースが更にバージョンアップしまして・・・
いくつかの贅沢食材を選ぶことが出来るようになっています
画像は、お誘いいただいた仲間が頼んだフォアグラときのこのソテーであります



DSC_3011-1.JPG
オムレツって料理で、ココまで楽しませてくれるとは、正に伝説のオムレツと謂わしめるに相応しい料理でありますね
食後の珈琲を楽しみながら、その余韻に浸ります



東京フォーラム
有楽町の駅前でありますし、東京駅からでも歩ける距離
東京へ来られたお客さまをご招待するに相応しいお店がまた一軒増えました 本当にありがたいコトであります



【LA MERE POULARD】
東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム内
03-5252-7171


[PR]
by gurumeblog | 2011-09-27 23:53 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線有楽町駅:「牛や」    1000円でお釣りがいただける「すき焼き重」に舌鼓 

DSC_2982-a.JPG

有楽町でランチ
以前、同じビルにあるとんかつ屋さんへ伺ったとき、こちらのお店の店頭に並べられたお弁当が美味しそうで・・・
夜は、しゃぶしゃぶやすき焼き、ステーキと、お肉を中心とした会席を提供するお店なのですが、ランチはとってもお値打ちにステーキやすき焼き重を食べさせてくれるようであります


DSC_2985-1.JPG
「牛や」って店名の通り牛肉がメインのお店ではありますが、日本料理って冠を被っていますので、お刺身のランチメニューもありますね
しかし、ソコは初志貫徹ってことで、お肉メニューから「すき焼き重」を注文

12:00前であるにもかかわらず、店内には結構な先客がいらっしゃいまして、「すき焼き重」はワタシが注文したモノで売り切れに・・・
かなりの人気メニューであるようですね

夜のしゃぶしゃぶやすき焼きなどのメニューは4番~5番の和牛が使われているようなので、このランチはその切り落としが使われていたりするのかと過剰な期待をしていたのですが、ソコはソレ
それほどの和牛ではないようですが、十分にお値段以上の価値は感じられるモノであります



何よりうれしいのは、有楽町の駅前と言う好立地であるにもかかわらず、ゆったりとしたテーブル席で食事が出来たこと
この界隈のお店では、お昼の時間は相席も当たり前ってコトがありまして、とにかくお腹を満たすだけってお店が多い中、こういったお店は希少ですね



【日本料理 牛や】
東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルB1F
03-3214-7939


[PR]
by gurumeblog | 2011-09-26 21:10 | 東京都 | Comments(0)

みなとみらい線馬車道駅:「ラバウザ」    9月22日開店 ファミレス系イタリアンが馬車道に登場

DSC_2975-a.JPG

横浜を拠点に居酒屋を展開していた「コロワイド」
いつの間にか、北関東のステーキチェーンや東海の回転寿司チェーンをM&Aして、上場企業にまで成長した、横浜を代表する外食企業
そこが展開しているイタリアン業態がコレ、「ラパウザ」
とっても気軽なお値段と雰囲気で人気のお店ですね


DSC_2972-1.JPG
そんな「ラバウザ」が9月22日、横濱馬車道に開店しました
伊勢佐木町界隈には、チェーン店系の“スパゲッティ食堂 ドナ”やCAFE系の“プロント” ファミレス系では“サイゼリア”とファストフード店の“ファーストキッチン”などがあるのですけど、関内には、そういったお店が無かったんですよね
きっと、ご近所のOLさんたちのランチで賑わうことでありましょう


DSC_2973-1.JPG
週末までも17:00までいただくことが出来るランチメニュー
スパゲッティやピッツァに、スープとドリンクバーがセットになるんですね

ちょっとうれしかったのは、ドリンクバーにあるグラスと言うかコップ?
コレが他のお店のモノよりも大きくって、何度もバーに足を運ばなくて良いのはありがたいですね

スープ コレはいただけませんね
お湯で解いただけのようなブイヨンスープが湯飲み茶碗のようなもので提供されて・・・
これを、わざわざスープ付きだなんて謳わないで欲しいって感じですね 

選んだスパゲッティは「しらすと小海老 いくらのせ」ってモノ
見栄えはとってもキレイで美味しそうなのですねぇ 
個人的に、スパゲッティーニと呼ばれる細い麺はあまり好きではなくて、これにはちょっと残念  
しかし和風のバター醤油の風味が美味しいなぁと満足して食べ進んでいただのですけど、醤油漬けイクラの塩味、釜揚げシラスの塩味が加わるに連れて・・・
のどが渇くほどの塩味に、ドリンクのお替りをしてましたね


ムチッとした太麺のパスタを、和風系のソースや魚卵で和えたスパゲッティを食べさせてくれるお店が出来てくれないかと思うこの頃
ラバウザはやっぱりチェーン店なりのモノでしたね


DSC_2979-1.JPG
帰りに見かけたミスタードーナツ
ちょうど今日まで100円のセールが行われていて長蛇の列が・・・
セールの魅力って凄いですね




【LaPausa】
神奈川県横浜市中区太田町4-55 横浜馬車道ビル1F
045-650-1788


[PR]
by gurumeblog | 2011-09-25 23:13 | チェーン店 | Comments(0)

東京メトロ千代田線赤坂駅:「松乃家」    牛丼の松屋が展開する和定食のお店でチキングリル

L1000744-a.JPG

土曜日 しかも三連休の中日と言う今日の赤坂
これってお店を見つけることが出来ずに、ランチを求めて彷徨います
打ち合わせの時間も迫り、あれこれと悩んでる場合ではないと焦り始めたときに偶然に見つけた、「和定食のお店」へ飛び込むことにいたします


L1000730-1.JPG
和定食と言えば・・・
頭に浮かぶのが天ぷらや刺身、それに焼魚や野菜の煮物だったりでありまして、炊きたてのごはんと一緒に、それがいただける定食ってスタイルは男のDNAを揺さぶるモノであります
果たしてどんな料理をいただくことが出来るのでしょう?
ワクワクしながら、お店の扉を開けます


L1000738-1.JPG
店内は、長いカウンター席と、4人掛けのテーブルが4つほど
結構ゆったりとした席でありまして、定食屋って雰囲気が感じられず、女性の方も入りやすいお店であるように思います


L1000743-1.JPG
メニューを開きますと、想像していたわ定食とは異なるラインナップでありまして・・・
とんかつメニューが中心であることに、ちょっとガッカリであります
そんな中に見つけたのがチキンのメニューでありまして、竜田揚げをメインに何かとのコンビネーションメニューを発見
ひょっとしたら・・・ 最近話題のあの商品「チキン南蛮」があるのでは・・・ と期待したのだけどそれは無し

で、結局ワタシが選んだのは、チキングリルと唐揚げ、更にソーセージとのミックスグリルであります

チキンはたっぷりの黒胡椒でグリルされたもの 特にソースは用意されていないのでありますが、ちょっと物足りない感じがしますね
そして唐揚げ、コレはにんにくの風味が強いものですから、ちょっと後の打ち合わせが心配に・・・

まぁ、特別の美味しいと評するものではないですね


実はココ
あの牛丼の松屋さんを運営する松屋フーズの新業態でありまして、既にチェーン化に取り組まれているお店のようですね 
同じチェーン店なら、「ほっともっと」ってお弁当屋さんがやってる「やよい軒」さんの方に軍配が上がるのでは? 
ワタシはそう思いますが・・・



【和定食の店 松乃家】
東京都港区赤坂6-4-22
03-5545-3220


[PR]
by gurumeblog | 2011-09-24 23:55 | 東京都 | Comments(0)

横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町:「闘牛家」    和牛焼肉が3000円ほどでいただけるお値打ちな焼肉店

DSC_2968-a.JPG

先日の打ち合わせで、以前にお仕事をさせていただいた焼肉屋さんのことが話題になった
店舗を少し改装して、メニューも変えて、ご近所のファミリーが入りやすいお店に変えたことが功を奏して、週末には行列が出来るほどの大繁盛
その後、厚木の方に支店を出して頑張っていただのだけど・・・  


DSC_2950-1.JPG
それで、どうしても焼肉が食べたくなって“ひとり焼肉”
ご近所の「闘牛家」ってお店にやって来ます
実はココへ来るのは4年振りのこと 前にお邪魔したときにもひとり焼肉であったようですね


DSC_2953-1.JPG
ココはこの界隈で生まれて都内へと拡がっていった「闇市倶楽部」ってお店の系列店
だから、このキャベツのサービスは同じなんですね
細切りのキャベツが、お皿にひと盛  ちょうどとんかつ屋さんのそれと同じくらいの量でありますね
キャベツそのものは特別なモノではないのですけど、好きなだけ使うことが出来る酸味が効いたドレッシングがキャベツに良く合うモノで、美味しくいただくことが出来るんですよね


DSC_2961-1.JPG
300℃近くにまで焼かれた石鍋で提供されたのが「牛スジ煮込み」
トロトロに煮込まれたコラーゲンたっぷりのアキレス、赤身のお肉に絡んでいるスジも一緒に、辛いスープで煮込まれているのだけど、スジの旨みが溶け込んでいるので、辛いけど甘味を感じるモノ
熱々の豆腐も美味しいですね
グツグツと湯気にまみれてとっても美味しそうですし、コレは勉強になる料理でありましたね

そしてカルビとハラミ
こちらも4年前と変わることが無い美味しさで満足させてくれますね
タレにはブラックペッパーが入っていて、甘みと刺激が楽しめます

キャベツの千切りが提供されるのですから、別に頼まなくても良いのでしょうが、野菜はたっぷりといただきたいですからチョレギも頼んじゃいました
スッキリとした酸味が美味しいチョレギでありますから、ちょっと濃く感じた焼肉のタレとうまくバランスを取ってくれました



和牛を中心にした焼肉店でありながら、3000円ちょっとで楽しめるリーズナブルさが受けているのでありましょう
入ったときにはそれほど混んでいなかったのですが、その後ドンドンとお客さまがお越しになられて満席の状態に・・・
席が無いためお帰りになるお客さまが数組出るほどであります

業界的には売上の回復が遅れている焼肉業態でありますが、やり方によってはコレだけの繁盛店も出来るってことですよね
売上の低迷が続き閉店するお店が後を経たない焼肉店 「厳しい時代だからこそ、そこにチャンスがある」と考え頑張りましょう




【ホルモン道場 闘牛家】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町3-101
045-243-2989


[PR]
by gurumeblog | 2011-09-23 22:52 | 神奈川県 | Comments(0)

相鉄本線横浜駅:「横濱珈琲店」    昭和の香りとタバコの煙が漂う懐かしい喫茶店

DSC_2946-a.JPG

横浜での打ち合わせ
西口にエクセルホテル東急があった頃には、そこのコーヒーショップで打ち合わせるコトが常だったのだけど・・・
そこが無くなってホントに困ってるのであります 


DSC_2947-1.JPG
それで相鉄口で待合わせをして五番街へ
50年ほどの歴史を持つ商店街でありますが、滅多に行くことが無いトコロでもあります
しかし、そこには“味”のあるお店がたくさんありまして、はまってしまうと抜け出せなくなるような、そんな雰囲気がします
そんなお店のひとつがココであるかもしれませんね


DSC_2945-1.JPG
小さなテーブルがズラリと並べられた店内
そして比較的ゆったりとしているコーナーの席には予約席とのプレートが置かれている
駅前の喫茶店らしく、お客さまの回転が勝負ってことでありますね

デカイ男がふたり、その小さなテーブル席に座ろうとしていたら、カウンターの中にいたマスターが、笑顔でコーナー席へ座ることを勧めてくれる
そんなちょっとした心遣いが、バイト君中心のチェーン店とは違いますね


DSC_2944-1.JPG
いただいたのは「ブレンド」
420円という、決して高くも安くも無いお値段で提供される珈琲はドリップにて淹れたモノ
但し、一杯ずつってモノではなくて、数杯分をまとめて淹れておいたモノを、都度温め直して提供しているようです
昭和の時代の喫茶店の多くがそうであったように・・・

珈琲一杯で粘るには、申し訳ないほど長居をしてしまいまして・・・
そんなワタシたちに嫌な顔ひとつしないマスターって、やっぱり素敵です


ちょっとディープな五番街に昭和が香る喫茶店
このマッチングもピッタリで・・・
「横濱珈琲店」
しばし通ってみましょう




【横濱珈琲店】
神奈川県横浜市西区南幸1-5-24
045-312-6767


[PR]
by gurumeblog | 2011-09-22 22:33 | 神奈川県 | Comments(0)