ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2011年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

JR根岸線関内駅:「利久庵」    プリプッリの牡蠣が美味しい“牡蛎そば”で年越し

L1010211-a.JPG

大晦日
今年一年、いろんなことがありました それは、良いことよりも、悪いことのほうが多かったような・・・
東北の地震に始まり、原発の問題、そして台風による災害などなど
来年はきっと良い年になりますように・・・


L1010204-1.JPG
今年は例年よりも早く、年越しのお蕎麦をいただきに出掛けます
例年でありますと18:00位に伺うのですが、その時間だと、多くのお客さまで賑わっておりまして、寒空に並んで待つことになるのです
で今年は、こんな時間にやっているのかな? と不安を感じながらも16:00前に出掛けたのですが・・・


L1010206-1.JPG
恐るべし「利久庵」
そんな時間でありながらも、満席でありました
決して小さなお店ってことではなく、1Fと2Fを合わせますと120席超 しかも今日は合席でお願いしますということですから、限りなく満席率が高いってことなのに・・・
と言いながらも、ワタシの前に待っている人は3組でありましたので、寒空で待つこと無く案内されました


L1010210-1.JPG
いただきましたのは「牡蛎そば」と「加薬ごはん」

そばつゆで生牡蠣と野菜を煮込んでいるのでしょうが、身が締まることも無く、プリッとした牡蠣の食感が活きていて・・・ しかも5つも入ってました
シメジやえのきといったキノコに、白菜やほうれん草 ちょっとヘルシーなトッピングもステキでありまして・・・
コレ、お気に入りであります 
いつもこちらでは、“ざる”をいただいていたのですが、今日は寒さに負けて汁そばにして大正解でありました

そして、加薬ごはん
こちらはシンプルなモノでありまして、ニンジンと菜の花でありましょうか
とっても薄味で炊き込まれてまして、これがまた美味しいのであります



L1010217-1.JPG
帰りにKFCさんへ立ち寄って、パーティーバーレルを購入いたします
テレビを観ながら、チキンをつまみに一人っきりのカウントダウンといたします
もちろん、コレだけの良を一晩で食べるわけではなくて、私にとってのお節代わりとでも言いましょうか
冷蔵庫で寝かしながら、お正月の間、ちょっとずついただきます

三つ子の魂百までなんて言いますが、面倒くさがり屋の母が揚げ物を作るときには、いつも多量に作り、ソレを冷蔵庫で寝かしながら何日もソレをいただくってことが習慣でありましたので、今になっても冷蔵庫で寝かした唐揚げって好きなんですよね


さぁ、年越しの準備は万端
来年は良い年になりますように・・・



【かんない蕎麦処 利久庵】
神奈川県横浜市中区真砂町2-17 利久ビル
045-641-3035


[PR]
by gurumeblog | 2011-12-31 20:11 | 神奈川県 | Comments(0)

金沢シーサイドライン鳥浜駅:「ベイサイド デリ」   100%ビーフの肉汁を味わうバーガーでランチ

DSC_4121-a.JPG

抜けるような青空の日、友人の買い物に付き合いベイサイドマリーナへ出掛けます
年の瀬が押し迫っている今日、更には年明け早々にバーゲンが控えているからでありましょう、人出はかなり少なく、ゆっくりと買い物をするには最適な環境でありました


DSC_4122-1.JPG
買い物の前に腹ごしらえから始めましょうと「ベイサイド デリ」
バーガーとサンドイッチをメインとしたお店でありまして、ハンバーグステーキほどの大きさがあるパテに惹かれます
肉厚でジューシー そんなパテの美味しさを想像するだけで、ヨダレが出てきそうでありまして、その欲望には勝てませんね


DSC_4113-1.JPG
流石にテラス席を使っているお客さまは無く、100席ほどの店内は満席であります
しかし待ち客は無く、たいしたロスも無く席へ案内されます
ドリンクバーに近い席でありましたので、少々落ち着きが無い場所ではありますが、満席状態でありますので仕方ないこと
大した待ち時間無く案内されたことで良しといたしましょう


DSC_4115-1.JPG
170gのパテが3枚重ねられた“トリプルパテバーガー”なるものにも惹かれましたが、さすがにソレは・・・
男の3枚パテバーガーってコメントも愉快ですね

で、オーソドックスなチーズバーガーをいただきます
170gのパテにとろーりとチェダーチーズが・・・ それにオニオンとトマトのスライスが添えてありまして・・・ 
コレですよコレ ハンバーガーの王様とでも言いましょうか、コレこそがスタンダードなバーガーですよね

このパテは牛肉100%なのだそうで、その美味しさを味わっていただくために、薄ピンク色のミディアムレアで提供されるとのメニューにありましたが・・・
ワタシたちのテーブルに届けられたモノは、しっかりと火が通ったモノ
ですが、そのジューシーさは失われることが無く、たっぷりの肉汁とともに美味しくいただくことができました


DSC_4119-1.JPG
そしてもう一つ
スパイシーチキンサンドをいただき、シェアしましょうって・・・

トーストされたパンなのですが、そのトーストが甘かったことがちょっと残念でありますし、チキンもちょっとパサパサ
バーガーの美味しさに比べて、力が入っていないって感じでありますね
とは言え、スパイシーなタレで漬け込まれたチキンは良い感じでありますし、BBQソースの美味しさも納得なモノであります
それだけに、焼き置きされたパサパサ感が残念でなりませんね



このお店、テラス側が海に面しているため、天気が良い日にデッキに置かれたテラス席で、開放感と海風を感じながらいただくランチ
なんてステキでありましょうね
このロケーション好きですよ



【Bayside Deli】
神奈川県横浜市金沢区白帆2-2 三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド
045-770-5230


[PR]
by gurumeblog | 2011-12-30 23:52 | 神奈川県 | Comments(0)

みなとみらい線日本大通り駅:「オリンピア」   美味しいギリシャ料理と楽しいギリシャの話で楽しい夜

DSC_4104-a.JPG

友人との夜ごはん
久しぶりにピッツァでもいただこうかと思ったのだけど、そのお店はかなりの繁盛店でありまして、当日予約が入るほど甘くは無いのであります
案の定、ほぼ予約で埋まっている状態でありまして、「17:00から80分間で良ければ・・・」とのことであります
とりあえず予約は入れましたが、同行予定の友人が、どうしてもその時間には間に合わないとのことで、あえなくキャンセルすることに・・・


DSC_4093-1.JPG
で、ご無沙汰している「オリンピア」さんでギリシャ料理をいただくことにいたします
こちらのお店では月替わりのコースメニューが用意されていまして、今月のメイン料理はローストビーフであるとのこと
ギリシャ料理のローストビーフって???  
ちょっと気にはなりますが、美味しければ、なーんの問題も無し
早速いただくことにいたしましょう


DSC_4103-1.JPG
先ずは前菜から
タコ、にしん、エビのマリネと、トマトにフェタチーズを乗せたモノとオリーブ
この辺の料理は、イタリア料理とそれほどの差はありませんね

そして、温サラダ
ブイヨンで煮込まれた野菜たちでありますが、これが寒さで冷えた身体を暖めてくれるものでありまして・・・
とっても美味しくいただくことが出来ました まるで、フランス料理のポトフのようでありますね

それに野菜のスープ
野菜の旨みが出た、身体に優しいスープ 身体の中からポカポカしてきましたよ

そして、パスティッチョ
ギリシャを代表する料理でありまして、マカロニとミートソースとチーズ、ベジャメルソースを重ねてオーブンで焼きあげたモノであります
ラザニアの平たいパスタがマカロニになったと言えば、イメージし易いかもしれませんね

このミートソースがちょっと独特でありまして・・・
ピリッとした辛味は、チリペッパーのモノのようですね



DSC_4107-1.JPG
メインであるローストビーフの登場
それは、想像以上にボリュームがあるモノでありまして・・・
レアで焼き上げられたソレではなくて、ミディアムウエルで焼き上げられていまして、特製のソースが掛けられています
そのソースがギリシャ風ってトコでしょうか

バターに生クリーム、それに何らかの香辛料で調味されたソースなのですが、これがとにかく美味しいのです
ごはんに良く合いそうなモノでありますから、日本人の嗜好にもピッタリですね


DSC_4112-1.JPG
〆にいただいたデザートは、セレモナ粉で作られるという“サマリ”に、マルメロのジャムが添えられています
このサマリ しっとりとした食感でありながら、ポロポロと崩れる・・・
ソフトクッキーのような、いや、何と言えばよいのでしょう
ちょっと適切な表現が思い浮かびませんが、程よい甘みが印象的であります

マルメロとはカリンのこと
それを砂糖で煮たものなのですが、甘みだけでなく、果実が持つ酸味も活きてまして、ジャムというには、ちょっとイメージが違うような・・・


Twitterのフォロワーさんでもある、こちらの店長さん
ギリシャ好きの方でありまして、ギリシャの話になると止まることがありませんね
そんな店長のお人柄、ステキだと思いますよ


DSC_4096-1.JPG
店内にはカウンター席もあって、BARとして使うことも出来ますから、そんな店長とギリシャの話で盛り上がりながらカクテルをいただくってことも良さそうですね

美味しいギリシャ料理と楽しいギリシャの話
楽しい夜になること間違いなしでありましょう




【ギリシャ料理&BAR OLYMPIA】
神奈川県横浜市中区太田町2-30 みどりビル1F
045-662-9115


[PR]
by gurumeblog | 2011-12-29 23:09 | 神奈川県 | Comments(0)

JR根岸線関内駅:「長八」    横浜に居ながらいただく、秋田の名品「稲庭うどん」

DSC_4083-a.JPG

いつも一緒にランチしている友人と今年最後のランチであります
病院での診察が早く終わったとのことで10:45に待ち合わせをしまして、何をいただこうかと悩みます
今年最後ってこともありまして、何か美味しいものが食べたいね
そんなことで、鰻をいただくことにしようと「濱新」さんへ向かったのでありますが、残念ながら、開店は11:30であるとのこと
どこかで時間調整をして出直しましょうってことで歩き出したのですが・・・


DSC_4087-1.JPG
野毛おでんさんであるとか、登良屋さんであるとかの名店が並ぶ一角にある「長八」と言う居酒屋さんの前を通りがかったとき、その友人の目に留まったのが“稲庭うどん”の文字
しかも、それが「佐藤養助商店」のモノとなれば、外すわけにはいかないでしょうと言うことで・・・
鰻を捨てきれないワタシも、今年の春に初訪問して以来、ご無沙汰してしまっているお店でありますので、まぁ、ココなら良いかってことで暖簾を潜ります


DSC_4082-1.JPG
まだ開店したばかりでありまして、ワタシたちが一番乗り
お客さまが居ない店内はガランとしていて、ちょっと寂しげでありますが、昭和の香りが漂う店内には美味しいモノがいただけそうな空気が流れています
その空気は、春に訪れた時と変わることが無いですね


DSC_4085-1.JPG
親子丼と稲庭うどんがセットでいただけるメニュー
好きなモノが一緒にいただけるってことで、ソレを注文することにいたします

この親子丼
とろとろの卵ってモノではありませんが、ふんわりと出汁を含んでいて、とっても美味しくいただくことが出来ます
大きな鶏肉がゴロゴロと入っていたり、こだわり卵を使っていたり・・・
そんな贅沢なモノではありませんが、家庭的な味わいの親子丼に懐かしさを感じます


DSC_4084-1.JPG
そしてコレが稲庭うどん
稲庭うどんと言いますと、冷たいお水でキュッと締めた“ざる”でいただきながら、そのコシを楽しみたいところでありますが・・・
今日の寒さに負けて、温かい出汁を張ったおうどんでいただくことにいたします
とは言え、モッチリとしたコシは失われることも無く、しっかりとした喉越しを楽しむことが出来ました

出汁もすっきりとした薄味でありまして、ワタシの好みにピッタリ 大満足であります



DSC_4090-1.JPG
美味しいランチの後は、オープンして間が無い「上島珈琲」さんでひと休み
松坂屋さんの後に来年2月にオープンする「カトレアプラザ」 その1Fのお店なのですが、こちらだけ先行オープンしたようですね

天井が高い開放的な空間が良い雰囲気でありまして、この界隈にゆっくりと出来る喫茶店が少なかっただけに、ありがたい存在になりそうですね




【長八】
神奈川県横浜市中区吉田町2-2
045-252-7216


[PR]
by gurumeblog | 2011-12-28 23:08 | 神奈川県 | Comments(0)

JR山手線神田駅:「ブラッスリーザン」   町場系豪快フレンチ&しこたまワイン

L1010165-a.JPG

今年最後の(かな?)忘年会であります
日頃一緒に仕事をしている仲間と、話題のお店をクリニックしながら年忘れをしましょうと集まります
神田駅に集合し徒歩1~2分ほど 路地に入り込んだところにあるお店でありますが、なかなか予約が取れないと言う繁盛店なのです


L1010187-1.JPG
ちょっと暖かい日には、外でも食事が出来るようにビニールシートで囲われた店構えでありまして、1Fはふらっと立ち寄れるスタンド形式、そして2Fではゆっくりと座って楽しむことが出来るテーブル席が・・・
その2Fを予約しようとしたのですが既に満席状態でありまして、1Fの樽をテーブルにした席をいただくことになりました


L1010178-1.JPG
「町場系豪快フレンチ&しこたまワイン」
そう書かれた、壁面いっぱいの黒板に書かれたメニューの数々 そのどれもが美味しそうで、何をいただこうかと楽しく迷ってしまいます
狭いお店でありますから、階段を上るときにその黒板に身体が当たってしまうのでしょう その部分だけ文字が消えていたりするところにも、なんとなく味を感じて・・・


L1010157-1.JPG
カウンターにはドーンと生ハムが鎮座してまして、それを削りながら提供される生ハムは、ワインのお供として最高なのでありましょう
ですが、今日は他にいただきたい人気メニューがたくさんあると言うので、ちょっと我慢であります


L1010179-1.JPG
こちらのウリはロテサリーチキンでありまして、お店の入り口にそれを焼き上げるロテサリーマシンが置かれています
じっくりと1時間ほど掛けて焼き上げるロテサリーチキン 最近チラホラとコレを売りにするお店が増えてきたようですね
出数の予測など、なかなか管理が難しい料理なのではありますが、これをキチンとやりきることが出来ればお店の顔になる料理が出来るってことでもありますね


L1010159-1.JPG
そんな名物料理を、4人で1羽を取り分けることにいたします
マリネされたハーブや香辛料の香りがしっかりと染みていますし、ふっくらと柔らかく焼きあがったソレはとっても美味しくいただくことが出来ます
1羽で1800円、半羽では1000円と手頃なお値段で提供されますので、先ずはコレをテーブルの真ん中に置いて・・・
楽しいひと時の始まりですね


L1010158-1.JPG
先日テレビを観ていて食べたくなっていたグラタン
牡蠣がおいしい季節ですから“牡蠣グラタン”といきたかったのですが、残念ながらこちらでは扱っていないとのコト
で、ポテトのグラタン
ホクホクのジャガイモに濃厚なクリーム ほんのりとベーコンの塩味が効いてまして、寒い日にはコレでありましょう

パクチー・パクチー・パクチーと名付けられたパクチーのサラダ
きゅうりや青唐辛子と一緒に、塩コショウとレモンで調味したオリーブオイルで和えられているようですね
程よくパクチーの癖が感じられまして、とっても美味しくいただくことが出来ました
緑の野菜、ヘルシー感もたっぷりですね


L1010168-1.JPG
お料理にももちろん大満足なのですが、こちらの接客もすばらしくて・・・
今日一番のお気に入りが、この子の笑顔
屈託の無い自然な笑顔に、心から癒されましたよ
もちろん、マニュアルに支配されたような言葉ではなく、自然な会話が楽しめることも重要なポイントでありますね


L1010183-1.JPG
〆にいただいた“高井プリン”
想像通り、スタッフの一人である高井さんが作ったプリンであるとのコト
奇をてらわず、オーソドックスなプリンでありまして、とっても基本に忠実に作られています
最近こういった基本的なプリンがいただけるお店が少なくなりましたから、逆に希少価値を感じてしまいますね



このお店、かなりお気に入り
近くで何かの用事がありましたら、必ず立ち寄りたいお店としてブックマークいたします
しかし、超繁盛店でありますので、ふらっとスタンドで利用するってコトが難しいようで・・・
それだけが、ちょっと残念でありますね



【BRASSERIE LE ZINC】
東京都千代田区鍛冶町1-7-1
03-3251-2233


[PR]
by gurumeblog | 2011-12-27 23:33 | 東京都 | Comments(0)

横浜市営地下鉄ブルーライン阪東橋駅:「酔来軒」   名物“酔来丼”と果肉弾ける“トマト肉団子”

DSC_4068-a.JPG

打ち合わせに向かう前に友人とランチであります
よこはま橋周辺でとのリクエストに思い出したのが、おばぁちゃんの定食屋「三河屋」さんなのでありますが、残念ながらのお休みでありまして・・・
ならばと、久しぶりに、あのお店へ伺うことにいたします


DSC_4073-1.JPG
よこはま橋と言えば・・・ そう「酔来軒」さん
浦舟側からよこはま橋商店街に入ろうとする、その右手にあるお店であります
かなりレトロな佇まいでありまして、一見ではかなり入りにくい雰囲気なのですが、そこはたくさんのお客さまで賑わっているのです


DSC_4066-1.JPG
12:00を少し回った時間に伺って、テーブルの席は全て埋まっておりまして、座敷の席をいただきます
その座敷には、ちゃぶ台と言うのでしょうか、漫画巨人の星でお父さんがひっくり返す、あの丸いテーブルが置かれているのです
今どき、いったい何処でこんなものをどこで買ってくるんでしょうね

お客さまはといいますと、ご近所にある会社の方でありましょう、スーツ姿の人や、どこかにジムの帰りでしょうか スポーツウエアを着た女性の方、そして、既に仕事を引退したのであろう年配のお客さま
その幅広い客層にはビックリであります


DSC_4067-1.JPG
ココの名物メニュー2つをいただくことにいたしましょう
その一つは“トマト肉団子”

プチトマトを豚肉ミンチで包み、それを甘酢あんで絡めたモノであります
油断していただきますと、熱々なったトマトの果肉が弾けて、お口の中が大火傷なんて大変なことになったりもするのですが、その美味しさは絶賛に値するものでありまして、名物と言う名に相応しい一品なのであります


DSC_4070-1.JPG
そしてもう一つ
コチラは賄から生まれたのであろうモノでありまして、その名も“酔来丼”

丼に盛られたご飯の上に、チャーシュー、茹でもやし、メンマ、ネギといったラーメンのトッピングであろうモノと目玉焼きを乗せたものでありまして、それに、からし酢醤油を掛けていただくのでありますが、その、程よい酢の酸味と鼻にツーンとくるからしの辛味が何とも言えない味わいでありまして・・・
お店の入り口にも「美味!! 酢来丼」との看板が立っていることもあるのでしょうが、今日のお昼に来店されていたお客さまの多くが、コレを召し上がっているようですね



庶民の台所と呼ばれるよこはま橋商店街
その入り口にある中国家庭料理のお店「酔来軒」 とっても感じが良い接客と、程よいお値段での品揃え そんなことがお客様とマッチしているのでしょう
いつも多くのお店で賑わう、地元密着のお店であります




【酔来軒】
神奈川県横浜市南区真金町1-1
045-231-6539


[PR]
by gurumeblog | 2011-12-26 23:13 | 神奈川県 | Comments(0)

相鉄本線海老名駅:「箱根そば」   すっかりお気に入りになったお店で腹ごしらえ

DSC_4065-a.JPG

クリスマスの余韻が残る日、週末の夜の営業確認のために海老名の現場へ出掛ける
本来クリスマスとは今日の事を指すのだけど、日本では“イブ”の方がメインの日でありまして・・・
しかし、今日もケーキ屋さんでは、最後の追い込みのようにクリスマスケーキの販売に力が入ってますね


DSC_4061-1.JPG
海老名駅にある立ち食いの蕎麦屋「箱根そば」
そばつゆの香りに誘われて利用したことがきっかけで、すっかりお気に入りになってしまったお店でありまして・・・
今日も仕事前の腹ごしらえで利用いたします


DSC_4064-1.JPG
クリスマスには無縁でありそうな蕎麦屋さんでありますが、店内にはクリスマスデコレが・・・
オジサンご用達と思われがちな立ち食いの蕎麦屋 そこにこのような飾り付けがあるとは意外でありまして、ちょっと可愛い感じ

さて、今日のお蕎麦
かき揚げそばをいただくことにいたします
もちろん揚げ置きのかき揚げではありますが、まだほんのりと温かみがありまして・・・
キチンの出数の予測の基に揚げられているのでしょうね
そのかき揚げが想像以上に厚いモノでありまして、サクッとした食感とともにしっかりとした食べ応えがあるのです

そんなことな人気の基なのでありましょう
今日もご婦人の利用客や、子連れの若いご夫婦など、広い客層の方が来店されてます


さぁ、これからひと頑張り
現場へ移動いたしましょう


【箱根そば】
神奈川県海老名市上郷570 小田急海老名駅改札内
046-236-3181


[PR]
by gurumeblog | 2011-12-25 23:48 | 神奈川県 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線六本木駅:「小天地」   美味しい上海蟹と楽しい会話で笑顔溢れる忘年会

DSC_4028-a.JPG

広島から、美味しいモノ大好きな仲間がやって来るってことで、最近話題のお店や美味しいお店を巡る、食べ歩きツアーなるものが企画されました
残念ながらワタシは、溜まった業務を消化しなければならず、その企画に参加することは出来なかったのでありますが・・・
何とか時間の調整をして、忘年会にだけは出席して参りました


DSC_4022-1.JPG
会場は西麻布にあります「小天地」
お向かいにある高級中華料理店「中国飯店」の姉妹店であり、カジュアルな中華がいただけるお店であります

東横線の中目黒で日比谷線に乗り換え六本木へ
駅を降りると、ソコは人、人、人でごった返しておりまして、何か事件でもあったのかと思うほどであります
しかし、その人の波は六本木ヒルズに吸い込まれるように移動していまして・・・
イブの夜に、ココで何かがあったのでしょうかね???


DSC_4046-1.JPG
そんな人の波に飲み込まれたため、予約の時間ギリギリなったのですが、食べ歩きツアーの面々よりも一足先にお店に着きまして、ひと安心
面々は渋谷からの移動で使ったバスが渋滞に巻き込まれたとのことで、10分ほど遅れての到着でありました
六本木周辺は人も車も大渋滞であったようですね

お店はといいますと、こちらもアダルトな面々でほぼ満席の状態でありまして・・・
若いカップルはヒルズへ向かうのでしょうが、大人はこういった落ち着いたお店で、しんみりとイブの夜を過ごすのでしょうかね


DSC_4026-1.JPG
先ずは、こちらの名物でもある、“中国パセリと豆腐の和えもの”を前菜としていただきます
豆腐干糸と呼ばれる、麺のように長い豆腐を乾燥させたものを戻して使うのですが、その際に味が豆腐に良くしみこむために、とっても美味しくいただくことが出来るヘルシーな一品でありますね

そして、今日のメインであります“上海蟹”
ますは、紹興酒で漬けた酔っ払い蟹であります
皆が無口になって、チュウチュウと蟹を啜る姿と、そこに流れる音には、笑が出そうでありました
しかし、このムッチリとした食感は至極でありますね

続いて蒸し蟹
とにかく上海蟹はミソが美味しいのでありまして・・・ それを身と混ぜていただく幸せを堪能いたします
上海蟹のシーズンとしては遅めに時期でありますが、メスよりも美味しいといわれるオスがいただけるのもこの時期でありまして、当然のようにオスを指定させていただきました


DSC_4056-1.JPG
〆には、これまたこちらの名物であります“サンラータン麺”と“黒酢の酢豚”
サンラータンとは、酸辣湯と書かれるように、酸っぱさと唐さを楽しむスープなのであります
お米の甘さを感じる美味しい酢と、唐辛子の辛味と胡椒の辛味がバランスよく出来てまして・・・
さすが名物というに値するモノでありますね

そして酢豚
こちらも中国飯店を代表する料理でありまして・・・
豚肉が漬け込まれたタレに何か秘伝の香辛料が入っているのでしょう その香りと黒酢の酸味が特徴的であります

他にも、担々麺や中国醤油で味付けられたチャーハンを頼んで、みんなでシェアしていただきました
中華料理というモノ
こうやって数人のメンバーが集まって、色んな料理をシェアしながらいただくスタイルでこそ、美味しさを発揮するものですね
美味しい料理に楽しい会話、そのどちらもで笑顔が絶えず、楽しい忘年会でありました



【小天地】
東京都港区西麻布3-1-22 クレストビル
03-3405-5508


[PR]
by gurumeblog | 2011-12-24 23:36 | 東京都 | Comments(0)

相鉄本線横浜駅:「すしくろ」   蕩ける煮穴子と弾ける子持ち昆布の花ちらし

DSC_4017-a.JPG

今日も海老名でお仕事
先週末の課題を、どのくらい改善できているのか それを確認することが今日の目的でありまして・・・
思った以上の改善に、ひと安心であります
で、その帰りに夜ごはんであります


DSC_4012-1.JPG
「すしくろ」ってお店に来ます
ココが開店したのは、ちょうど1年前のこと
滅多にジョイナスへ来ることが無いものですから、コチラへお邪魔するのも初めてなのです

全く知らなかったのですが、ココは「築地玉寿司」さんの新しい業態なんですね
と言っても、その違いは良くわかりませんが・・・


DSC_4013-1.JPG
コチラのお店のお客さまは年配の方が中心でありまして、周りのお店のような賑やかさはありませんね
しかしその分、落ち着いた空気が流れておりまして、この空気が心地よく感じるワタシもしっかりと年配と呼ばれる歳になったと言うことですかね


DSC_4015-1.JPG
いただいたのは「花ちらし」
バラちらしにも惹かれたのですが、コチラのほうがネタに贅沢なモノが入っているようでしたので・・・

その勘は見事に的中
赤身の美味しさと脂身の美味しさの両方がいただける中トロ
トロッと柔らかい穴子、それに白身やイクラ、更には分厚い子持ち昆布
そのどれもが上質なモノでありまして・・・
これほどに柔らかく煮込まれた穴子は久しぶりでありますし、子持ち昆布のプチプチとした歯ざわりも美味しくて・・・ 
久しぶりに幸せ気分でいただくことが出来ました



横浜での食事はルミネを利用することが多いのですが、先日の「寅福」と言い、こちらと言い、ジョイナスの飲食店街も魅力的なお店が増えてきましたね
美味しいお店がたくさんある街 幸せになれる街であります



【築地 すしくろ】
神奈川県横浜市西区南幸1-5-1 相鉄ジョイナスB2F
045-328-1366


[PR]
by gurumeblog | 2011-12-23 23:31 | 神奈川県 | Comments(0)

JR東海道線横浜駅:「アマポーラ」    一人でもパエリアをいただくことが出来る貴重なお店

DSC_3993-a.JPG

友人からランチのお誘いがありまして、横浜に出掛けます
有隣堂に用事があるというので、ルミネにあります、ソコで待ち合わせといたします
ルミネで待ち合わせとなりますと、ずっと入ってみたいと思っていたお店がありまして・・・
そこは、パエリアをウリモノにするスペイン料理のお店なのですが、何と言っても魅力的なのが一人前のパエリアがあるということ  多くのお店では2~3人前のモノしかありませんからね


DSC_3996-1.JPG
「アマポーラ」 新宿や池袋のルミネにも入っているお店でありますね
メインであるパエリアに加えて、タパスも充実していていますので、いろんな使い方が出来る楽しいお店でありまして・・・
一人でもパエリアがいただけるってコトが、うれしいお店でありますね


DSC_3991-1.JPG
平日のお昼、女性を中心に多くお客さまで賑わっていますね
正にルミネがターゲットとしている層のお客さまと言った感じの方々ですね

ビジネスランチで賑わうお店と異なり、そこにはゆったりとした空気が流れていまして、ステキな笑顔で楽しい会話で時を過ごすお客さま みんな楽しそうであります
思わず、飲食店というモノは、本来こうあるべきなんだと感じました


DSC_3992-1.JPG
いただいたのはランチのメニューから“パエリア&タパスランチ”
5種ほどのパエリアと、9種ほどのタパスから、好きな組み合わせを選べるというモノ

季節商品である牡蠣を使ったパエリアを選びます
プラス110円ではありましたが、そのプリプリの牡蠣は、オーブンで焼かれることで程よく水分が飛ばされていて、濃縮した牡蠣の旨みをいただくことが出来るものでありました


DSC_3987-1.JPG
タパスは“プリプリ海老のガーリックオイル炒め”を選びます
そのガーリックオイルが美味しくて・・・
セットになっているパンをコレに浸けていただきますと、その美味しさを更に楽しむことが出来ますもちろん香草オイルも付いていたですが、それの比にならないほどコチラのほうが美味しくいただけますね 思わずパンのお替りまでしちゃいました



パエリアと言う料理
オーブンで焼き上げる料理でありますので、一度のたくさんの注文が入ると・・・
当然オーブンの大きさには限りがあるわけですから、その提供に時間が掛かってしまうことになるのであります
ですから、多くのお店はパエリアを一人前で提供することをしないのでありますが・・・
その辺はサービスの中でクリアしていきましょうと言うことなのでしょう
今の時代、お店の都合を押し付けるのではなく、お客様の要望に応えることこそが繁盛への近道ってことなんですよね
 


【Amapola】
神奈川県横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜6F
045-453-6851


[PR]
by gurumeblog | 2011-12-22 22:39 | 神奈川県 | Comments(0)