ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2012年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

東京メトロ銀座線赤坂見附駅:「ステーキくに」    とってもお値打ちな300gのステーキをいただくランチ

DSC_4427-a.JPG

いただいた食事券があったので、友人を誘ってステーキをいただきます
同行いただく友人の都合で、待ち合わせは13:30
こんな時間なら、お店も空いていることだろうと安心していたのですが・・・


DSC_4420-1.JPG
「ステーキくに」
お客さまの目の前で、好みの分量にお肉をカットしていただける「オーダーカット」をウリモノにしているステーキ店であります
それらのお肉は“g”単位での価格が決められていますので、同じ予算でも、高級肉を100gであるとか、普通のお肉を200gなどと、その日の気分と予算に合わせて選べるってのか楽しいですね


DSC_4426-1.JPG
そんなお店ではありますが、ランチタイムには、とってもお値打ちな商品が用意されてまして・・・
ガッツリとお肉をいただきたいという、まるでワタシのような肉好きのための、300gのハンバーグやステーキまであるではないですか

ならば・・・
300gのステーキをいただくことにいたしましょう
提供される鉄板からはみ出しているお肉、その厚さもしっかりとしたモノでありまして、肉好きの魂を鷲づかみでありますね

ガーリックの風味が豊かなメンテルバターがトッピングされていまして、それだけでも十分に美味しくいただくことが出来るのですが、すっきりとしたソースも用意されていまして、その醤油風味でいただくのも美味しいですね
レアに近い状態で提供されるお肉を、熱々の鉄板で好みの焼加減に調整していただくのもありがたいですね

300gのお肉が1,000円ほどでいただけるのですから、特別の美味しいお肉ってワケではありませんが、そのコストパフォーマンスは納得以上のモノでありまして・・・


DSC_4425-1.JPG
そんなコストパフォーマンスが人気なのでありましょう
13:30を過ぎてもほぼ満席の状態であることには驚きましたね
それも、男性中心かと思いきや、多くの女性客が・・・  

久しぶりに会う友人でありましたので、ゆっくりと積もる話を楽しみながら食事をいただき、お店を出たのは14:30過ぎのこと そんな時間になっても絶えないお客さま
素晴しい繁盛店でありますね



安さをを売り物にする、サラダバーが食べ放題だったりするチェーン店が増える中、このようにきちんとしたコストパフォーマンスを提供するお店ってありがたいですね
こんなお店が近所にある方をうらやましく思いますよ


【炭焼きステーキくに】
東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル1F
03-3519-5529


[PR]
by gurumeblog | 2012-01-31 23:59 | 東京都 | Comments(0)

京浜急行本線日ノ出町駅:「麻浦カルビ」   ワンコインでいただくキムチチゲ定食

L1010421-a.JPG

寒い!寒い!
今週は先週にも増した寒波が来るのだという
決して寒さが苦手ってことではないのだけど、今年の寒さはかなり厳しいように感じますね
そんな日はやっぱり温かいモノが食べたくなるものでありまして・・・


L1010413-1.JPG
福富町の真ん中くらいにある「麻浦カルビ」って言う、韓国焼肉と冠を付けたお店であります
この辺は夜の街でありますので、お昼に営業しているお店は皆無に近い状態なのですが・・・

店内の明かりはあまり外に漏れておらず、日中でありますので店頭の看板も付いていないため、ドアに掛けられた“営業中”との札が無ければ通り過ごしていたでしょうね
それでも、半信半疑で扉を開けてみますと先客がひと組
そして、オモニと言うには若い女性が笑顔で迎えてくれましたのでひと安心であります


L1010417-1.JPG
焼肉屋のランチとしてはかなり珍しく、料理モノのメニューがたくさん揃えられていますね
“スジ煮込み”“チゲ”“ビビンバ”などと言った焼肉やランチの代表格に並んで“干し鱈のスープ”や“参鶏湯”と言った本格的な韓国料理まで ざっと20種ほどが一冊のメニューが用意されています

“キムチチゲ定食”
寒い日にはやっぱりコレでしょう
グツグツと煮立った状態で運ばれてきます このシズル感は食欲をそそりますね
定食には、ごはんの他にほうれん草のナムルとキムチ、それに、たっぷりのごま油で揚げ焼された玉子焼きが添えられてます

チゲは思ったよりもしっかりとしたコクと辛みがありまして・・・
額や頭皮から汗が吹き出ているのがわかります
先ずは、美味しくチゲに入っている豆腐やえのきなどの具材を先にいただき、残ったスープにご飯を入れて・・・
雑炊スタイルでいただくのがワタシ流 コレが一番美味しくいただけると思うのですけどね



「麻浦」
韓国の中でも焼肉が有名なところでありまして、“テジカルビ”や“チュムルロッ”と呼ばれる牛もみ肉焼きが名物なんだとか
そんな地名を、お店の名前にいただいたのでしょうね

夜のメニューにあった“ホルモン鍋”
ちょっと気になっています・・・




【麻浦カルビ 】
神奈川県横浜市中区福富町東通38-4 KIMGAビル1F
045-243-9606


[PR]
by gurumeblog | 2012-01-30 22:03 | 神奈川県 | Comments(0)

京浜急行本線黄金町駅:「じゃのめや」    とっても上質なお肉を割り下に潜らせて・・・

DSC_4418-a.JPG

スカッと青空が広がる日
だけど、とっても冷たい風がビュービューって吹いていまして、そんな風が上着の襟口から吹き込むと、心臓が凍り付いちゃうのではと心配になるほどでありました

そんな中、テクテクと伊勢佐木町を歩いてお目当てのお店へ


DSC_4412-1.JPG
「じゃのめや」であります
午前中に報告書をまとめていたため、ちょっと出遅れてしまい、いつもの“小口ステーキ”は売り切れ覚悟であります

こちらのお店、牛鍋やしゃぶしゃぶをメインにしたところでありまして、なかなか一人では使いづらいのでありますが、土曜日と日曜日にだけ、お昼に気軽なメニューを提供して下さっています
ですから、それを目的に集まるお客さまも多くて・・・
特に大人気の“小口ステーキ”は早々に売切れてしまうんですよね


DSC_4414-1.JPG
お店に入ると、いつもに無くガラガラでありまして・・・
ビックリした顔をしたのでありましょう 
「今日は早い時間にお客さまが集中しちゃって・・・ 小口が売り切れたらパッタリと暇になっちゃったのよ」といつのサービスを担当してくれる田中さん
顔見知りになっちゃうと、いろんな世間話まで出来ちゃって楽しいですよね

で、今日は“牛鍋定食”
折角ですから、ちょっとだけの贅沢を楽しみましょうと、それを頼みます


DSC_4415-1.JPG
お鍋がセットされますと、定食と呼ぶには勿体無いほどに立派なお肉が提供されます
その姿はまるで牛刺しのよう
こんなキレイなお肉は久しぶりでありまして・・・ それを見ているだけでテンションが揚がります

先ずはお野菜と白滝をお鍋に入れてグツグツと煮込みます
美味しい割り下を徐々に吸い込み美味しい色に変わっていく姿を見ながら、お腹がグーって鳴くのを抑えつつ、しばし我慢の時間であります
だんだんと美味しい香りも拡がり始めて、もう我慢の限界
さぁ、いただきましょう

お肉はサッと割り下を潜らせ、煮過ぎないように注意して・・・ 薄ピンク色に変わった頃が食べ頃
溶いて準備しておいた卵に潜らせていただきます
とっても柔らかいお肉に割り下が絡んで、それを卵でまろやかにして・・・
 

似たようなメニューで“牛鍋弁当”ってモノがあるのですが、こちらは調理されたものがお弁当箱で提供されます
もちろんこちらでも十分に美味しいのですが、こうやって、自分のタイミングでお肉を調理しながらいただくことで、その贅沢な気分も高まりますね
ゆっくりと、お鍋と相談をしながら過ごす時間を楽しみましょう




【牛鍋 しゃぶしゃぶ 会席料理 じゃのめや】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-126
045-251-0832


[PR]
by gurumeblog | 2012-01-29 16:45 | 神奈川県 | Comments(0)

横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道駅:「馬車道十番館」     ココで過ごすひと時は至極な時間

L1010408-a.JPG

ランチの後、珈琲をいただくことにします
美味しい食事をいただいた後には、ゆっくりとした時間が過ごしたくなるのでありまして・・・
ならば、ステキな雰囲気のお店で珈琲をいただきましょうってコトで


L1010410-1.JPG
丸和さんと同じ通りにある「馬車道十番館」
歴史感ある建物は、40年ほど前に、明治の洋館を模して作られたモノなのだとか・・・
壁面の赤レンガがステキですね

そんな建物の1Fには喫茶室と呼ばれるところがあって、こちらの美味しいお菓子と珈琲をいただくことが出来るのであります


L1010403-1.JPG
テーブルに置かれたPOPにあったこちらのデザート “焼りんご”であります
コレが、とっても美味しそうで・・・

小ぶりなりんごの芯をくり抜き、焼き上げた後にクリームを詰め込んだモノであります
焼かれた皮目からはほのかにほろ苦い風味が、そしてりんごからは、ちょっぴりと酸味を感じる甘みが・・・
そして、詰められたクリームが上品な甘さでありまして・・・
更に、お皿に敷かれたはちみつの甘みとが、見事な調和を織り成しているのです
コレは、手間隙掛けられた、上品なデザートでありますね


そして珈琲
コレ自体は特別なモノではありませんが、一緒に提供されるシュガーやミルク
コレと一緒にあるのが、上品な泡立ちのホイップクリーム
こんなサービスは他では味わえませんよ


L1010409-1.JPG
天井が高いホールにはステンドグラスがありまして、そこから入る陽射しがとっても柔らかで・・・
ゆったりと過ごす時間には、素晴しすぎるロケーションですね
置かれる調度品も良い品でありまして、古くはありますがキチンと手入れされてます


レトロな雰囲気を楽しみながら過ごす、優雅なひと時
ココは別世界であります



【馬車道十番館】
神奈川県横浜市中区常盤町5-67
045-651-2621


[PR]
by gurumeblog | 2012-01-28 23:23 | 神奈川県 | Comments(0)

横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道駅:「丸和」   関内で一番美味しいとんかつをいただくならココ

L1010398-a.JPG

飯ともからのランチのお誘い
「勝烈庵」でとのお誘いだったのですが、どうもソコには気が乗らず・・・

ワタシがお気に入りのお店へと、ご招待することにいたします


L1010390-1.JPG
とんかつが食べたいのなら、やっぱりココでしょう
馬車道通りの1本裏の細い通りにある「丸和」さん ワタシ的に関内でとんかつと言えばココが一番のお気に入りなのであります
「先代がやってる頃からのお付き合い」なんて言うと大袈裟でありますが、美味しいとんかつが食べたくなったら、ココへ足を運ぶのであります


L1010391-1.JPG
今では若いイケメン大将がお店を仕切っていますが、その美味しさはキチンと引き継がれています
手際良く衣を付けて、油の中に入れたら真剣勝負 油の温度や泡の立ち方などを真剣な目で見つめていますね
一枚一枚を丁寧に、心を込めて揚げているからこそ、この美味しさが提供できるのでありましょう


L1010395-1.JPG
「とんかつ定食」
コチラの基本メニューは「とんかつ」「ヒレかつ」「ロースかつ」でありまして・・・
ロース肉の、脂が乗った頭の部分を「ロースかつ」、そして、ちょっと細くなった尻の部分を「とんかつ」として提供しているのであります

果実をたっぷりと使って作られているのでしょう
その甘みが美味しいソースをたっぷりと、そしてからしを少し付けていただくのですが、サクッと揚がった衣の食感と、じわっとにじみ出てくる豚肉の旨み、そしてソースやからしの味わいが調和して・・・
やっぱりココのかつは美味しいですね



「ヒレかつ」を注文した飯とも
それに釣られるように「とんかつ」を注文したワタシ
お肉を油に泳がせた後に気付いたので、既に“後の祭り”なのですが・・・ 
いつもは、脂身がのった「ロースかつ」をいただいていたんですよね
 
もちろん同じロース肉を使っているのでありますから、この「とんかつ」でも十分に美味しいのですが、あの脂身の美味しさは味わえないんですよね
そんなことがワタシの顔に出ていたのでしょうか?
大将が一言 「今日はロースかつじゃなくて良かったんですか?」
それほど足繁く通っているわけではないのに、覚えていてくれたんですね
それが、何だかとってもうれしくって・・・

また伺いますね
そして、間違いなくロースかつをいただくことにいたしましょう




【とんかつ 丸和】
神奈川県横浜市中区住吉町5-61
045-641-0640


[PR]
by gurumeblog | 2012-01-28 19:39 | 神奈川県 | Comments(0)

横浜高速鉄道みなとみらい線日本大通り駅:「たんぽぽ」  ゴロッとした俵型の煮込みハンバーグでランチ

DSC_4407-a.JPG

お肉が食べたい
出来れば、分厚いステーキかハンバーグを・・・
朝からそんな気分だったのですが、関内の街には高級ステーキをウリモノする鉄板焼のお店はあっても、手軽にガツンとお肉を食べさせてくれるお店って無いんですよね
たとえば、ひと昔前東海地方を中心に一世を風靡した「あさくま」のようなお店が・・・

ブラブラと歩いていて見つけた鉄板焼のお店で、ハンバーグランチの文字を目にしたんですけど、それは120gのハンバーグであるとのこと
少食な女性ならしも、ワタシのお腹を満たすには絶対的なボリューム不足なんですよね

お昼に使えるお値段で商品を提供しようとしたとき、このボリュームで無いと経営的に合わないのでありましょうが・・・
お客さま視線とは言い難いですね


DSC_4409-1.JPG
いつもお世話になっている「醐杜羽」さんと同じビルにあります「たんぽぽ」ってお店
コレまでも気にはなっていたのですが、お邪魔するのは今日が初めてのこと

歩き回っているうちに体が冷えていたのでしょう
“煮込みハンバーグ”って文字に惹きつけられてしまったのであります


DSC_4405-1.JPG
店内はこんな感じ
ステーキを美味しく焼き上げるチャコールを囲むように置かれたカウンター席
そして、その周りにいくつかのテーブル席が・・・
想像していたような高級感は無く、美味しいステーキをいただくにはちょうど良い規模のお店であります
ちょっと殺風景な印象を与えてしまうのが残念であるようにも思えますが・・・


DSC_4404-1.JPG
で、コレが“煮込みハンバーグ”
俵のように丸々とした、ゴロッとしたモノでありまして・・・
じっくりと煮込んでもバサバサとした食感になること無くいただけるのであります
しっかりとした食感を感じられるようにしっかりと握り固めてあるのもうれしいですね

程よい香辛料の香りをつけたハンバーグは、煮込んでいるデミソースとの相性が良くて、なかなか美味しくいただくことが出来ますね
ごはんと一緒に定食スタイルで提供されるモノでありますから、ごはんにも良く合う味付けに仕上げられていていますね
一緒に味噌汁が付いてくるなんて言うのも庶民的でステキかも・・・



13:00を過ぎてお邪魔しましたので、ドリンクがサービスになるとのこと
美味しいハンバーグのあとに、ゆっくりと珈琲をいただき余韻を楽しませていただきました

そう言えば「あさくま」
一時は経営の危機が噂されていましたが、V字の回復を遂げまして、フランチャイズの展開を始めるのだとか・・・
早くワタシの近所にも出来ないかな



【ビストロ&ステーキ たんぽぽ】
神奈川県横浜市中区弁天通3-36 関内プリンス会館2F
045-663-4322


[PR]
by gurumeblog | 2012-01-27 16:08 | 神奈川県 | Comments(0)

JR根岸線関内駅:「ぷらむ」   にんじんゴロゴロ 懐かしさを感じる昭和のお家カレー

DSC_4402-a.JPG

毎日のランチ選びにちょっと疲れて・・・
何を食べたいのか? どこに行こうか? あれこれ悩んでいるうちに、とっくにお昼の時間が過ぎてしまって・・・
こんな時間になっちゃいますと、もうお昼の営業を終えたお店ばかりとなってしまって、余計に悩み始めてしまいます


DSC_4398-1.JPG
それで、思いついたのがコチラ
レストランと言うよりも喫茶店としての毛色が濃いお店でありますから、ランチの時間が終わっても、閉店時間まではずっと営業してくれているのです


DSC_4400-1.JPG
カレーやナポリタンなど喫茶店の王道メニューのほかにも、ハンバーグやメンチカツと言う惹かれるメニューもたくさん揃えられていて、食事をいただくお店としても立派に用を足すことが出来るお店なのであります
しかも、こちらの商品は冷凍のモノなんかはほとんど使わず、お店で丁寧に作っているモノばかりなのです

このカレーも、そんな料理の一つでありまして・・・
何とかって言う香辛料を使っていますとか、どこどこの国のカレーでありますとか、何かにスゴイこだわりを持った商品かといいますと、それとはちょっと違うのです
しいて、そのこだわりはと言うと・・・
西城秀樹さんが、りんごにはちみつ♪ バーモンドカレーだよ♪ なんてコマーシャルをしていた時代に、お母さんがお家で作るカレーというシロモノでありまして、ニンジンや玉ねぎがゴロゴロ

それに、何故だかお味噌汁が付いてきて・・・
コレが、ホッとすると言うか、懐かしいと言うか、なぜかうれしいんですよね



こちらのお店を仕切っているのは、80歳近くのおばあちゃん
そんなおばあちゃんが作る昭和な家庭料理のような商品がステキなお店なのであります
毎日の外食に飽きたら・・・ 毎日のランチに迷ったら・・・
こちらへお邪魔するってのもありですね




【レストラン喫茶 ぷらむ】
神奈川県横浜市中区相生町3-60
045-651-9330


[PR]
by gurumeblog | 2012-01-26 23:10 | 神奈川県 | Comments(0)

JR総武線市ヶ谷駅:「オー グー ドゥ ジュール」  気取らないフレンチランチで美味しいフォアグラを堪能

DSC_4380-a.JPG

いつも仲良くしていただいている仲間が胃がんだと診断された
手術の日取りは決まってないらしいが、胃の全摘になるとのこと
そうなる前に、みんなで美味しいものをいただきましょうと集まったランチ
無事に手術が成功しますようにと乾杯をして・・・


DSC_4357-1.JPG
市ヶ谷にあります「オー グー ドゥ ジュール」って言うフレンチのお店であります
手術を前にした彼のクラシカルなフレンチをいただきたいって言うリクエストに応えて、同行していただいた、もう一人の仲間がセッティングしてくれたのであります

市ヶ谷駅から麹町駅へ向かう途中、日テレの近くでありますが、通りからちょっと入り込んだところにありますので、ちょっと見つけづらいかも知れませんね


DSC_4362-1.JPG
4つのランチコースが用意されているのですが、最もシンプルなコースをいただくことにいたします
それは、前菜を2品と、メインを一つ選ぶというモノでありまして・・・

フォアグラが美味しいお店という事前情報に基づき、前菜の一つをフォアグラで
3種の調理法を施されたフォアグラが3層になったものがやってきます
下処理がきちんとされたフォアグラのパテを最下層に、そしてソースが塗られて、その上には蒸したフォアグラが・・・ 最上段には代表的なソテーが乗せられていて・・・ その異なった食感を一度にいただくことで、美味しさが数倍に
素材を知り尽くしたシェフだから出来る技でありますね


DSC_4385-1.JPG
メインはスズキのポワレ
身が厚いスズキを塩味で焼き上げてあるのですが、その塩加減が見事でありますし、身がふわっと焼き上がっていて・・・
これまた、技術の高さが窺えるひと品であります
添えられた野菜も彩が良くて、見た目にも美味しい商品ですね




会話を邪魔しない、食事のタイミングを外さない、お客さまを緊張させない笑顔、などなどサービスも素晴しいお店でありますね
美味しい料理とステキなサービス この両方を掛け備えるお店ってそうはありませんよ
それでいて、お値段も・・・
もちろん、普段使いできるお値段ではありませんが、そのコストパフォーマンスの高さでは一番かもしれませんね



【Au gout du jour】
東京都千代田区四番町4-8 野村ビル1F
03-5213-3005


[PR]
by gurumeblog | 2012-01-25 23:21 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線新橋駅:「百干」    美味しい煮魚と、ごはんのお供でお腹いっぱいの幸せランチ

DSC_4328-a.JPG

5月に開業しようと計画を進めているレストランの打ち合わせ
場所は汐留
だから、近くのオフィスに勤める方々に日常的に使ってもらえるレストランじゃなきゃ成り立たない
と言っても、普通の食堂じゃつまらない
かなり悩ましいところ
カフェの形式を取りながらも、デリとしての役目も果たし、朝食からランチ、そしてテクアウトまでも・・・


DSC_4319-1.JPG
そんな打ち合わせに向かう前にランチをいただきます
新橋駅の銀座口 そこからそれほど遠くないところにあるのが「百干」と言うお店
“あぶりゃんせ”と言う冠が付いてだけあって、夜には、炙った旬のお魚かメインであります
それをつまみにお酒を楽しむところなんですね
そんなお店のランチがとってもお値打ちなんだよと、連れて来ていただきました


DSC_4324-1.JPG
お昼のメニューは5つ
お肉のランチに、煮魚のランチ、お刺身のランチと麺と小丼のセット、それに日替わりのランチで5種類なのですが、お肉や煮魚なんかも、チョコチョコと変わっているようですね

どれも美味しそうで迷ってしまうのですが、日頃いただくことが少ない煮魚をいただくことにいたします
今日のお魚はカレイ
脂が乗っていて皮目はトロントロン ちょっと甘めのタレはごはんのお供に最高であります


DSC_4327-1.JPG
どうしても諦めきれないお刺身のランチを、わがままを言って単品でいただきました
盛り付けは雑ですが、鮪に目鯛、すずきにぶりに鯛と豪華なモノであります
どのネタもぶつ切りと言いますか、厚めに豪快に切られていまして、その歯応えある食感が美味しくいただけます


DSC_4332-1.JPG
そして、更に嬉しいのがコレ
ごはんのお供の代表格である、明太と高菜がいただき放題
もちろん、ご飯やお味噌汁のお替りも大丈夫なのです
炊きたての艶々ごはんに、高菜や明太 コレがあればお替りが何杯でもいただけそうですね


DSC_4321-1.JPG
新橋と言う場所柄なのか、お客さまの大半は男性客でありまして・・・
多くのお客さまが、ご飯のお替りを頼んでますね もちろんワタシもお替りしちゃいましたよ

さすがにお昼の時間は限られているのでしょう
その多くのお客さまが、13:00の声が聞こえてきたならば、一斉にお帰りになっていかれます
そのお客さまの顔は、美味しい料理をお腹いっぱいにいただいた幸せに満ちていまして・・・
きっと午後のお仕事にも力が入ることでしょう


ワタシもこれから打ち合わせ
知恵を絞って頑張ります



【あぶりゃんせ 百干】
東京都港区新橋1-5-6 銀座第3誠和ビルB1F
03-3574-0061


[PR]
by gurumeblog | 2012-01-24 20:45 | 東京都 | Comments(0)

横浜高速鉄道みなとみらい線日本大通り駅:「小島屋」    午後のひと時を美味しいサンドイッチで・・・

DSC_4317-a.JPG

ノンスケジュールな一日
ちょっとだけ朝寝坊をしたあと、のんびりとバスタブに浸かって身体をリフレッシュいたします
そして、遅めのランチをしようと支度をして・・・


DSC_4310-1.JPG
お気に入りの喫茶店で、午後のひと時を過ごすことにいたしましょうと「小島屋」さん
ビジネス街関内の真ん中付近にあるお店で、いつもお客さまでいっぱいのお店であります
ランチ時には、食後の珈琲を楽しむお客さま その後はここで打ち合わせをするビジネスマンや、移動の途中なのでしょうか? ちょっと気持ちを切り替えようとする営業マンなどなど
いろんなお客さまが居ますね


DSC_4316-1.JPG
サイフォンで淹れる珈琲も美味しいのですが、こちらでいただくサンドイッチもなかなかのモノ
そんなサンドイッチでランチも兼ねましょうと“BLTサンド”

サクッと音がするほどに焼かれたトーストで、シャキシャキのレタスや甘いトマトと、ベーコンがマヨネーズを伴って挟まれています
BLT以外にも、いくつかのサンドがあるのですが、ワタシはいつもこれ
たっぷりと野菜がいただけることが嬉しくって、ついついコレを頼んじゃうんですよね


DSC_4314-1.JPG
パソコンを開く人、本を読んでいる人、そして携帯と睨めっこをしている人
そのスタイルは様々ですが、ココでのんびりとした時間を過ごしていることは同じ
ゆっくりとした空気が流れる喫茶店で過ごす時間って、心をリフレッシュしてくれるんですよね


最近、時間を余しているひとが多いのでしょうか?
こういった喫茶店がひそかな人気でありまして、お昼の1時間ほどを除くと、いつも多くのお客さまが自分のための時間を過ごしているなんて光景を見かけますね
コレもちょっとしたビジネスチャンスかも。。。 なんて思うのですけどね





【コーヒー専科 小島屋】
神奈川県横浜市中区相生町1-26 第一小島屋ビル1F
045-681-4109


[PR]
by gurumeblog | 2012-01-23 23:00 | 神奈川県 | Comments(0)