ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2012年 04月 ( 34 )   > この月の画像一覧

横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅:「杜記」    肉汁が飛び散る餃子とモッチモチの刀削麺で夜ごはん

L1020265-a.JPG

世は連休に浮かれているときではあるのだけど、パソコン仕事に追われるワタシ
どうしても連休中に片付けたくって・・・
さすがに、一日中パソコンに向かってますと、目と肩が疲れてしまいますね




L1020263-1.JPG
夜を久しぶりの「杜記」でいただきます
お手軽価格で、美味しい中華定食をいただくことが出来るお店とあって、今日は家族連れのお客さまで賑わっておりました
入店したらば、そんなお客さまで満卓状態
ならば他のお店を探すしかないと諦めかけたとき、タイミングよくひと組のお客さまが退店されましたので、その席をいただくことにいたします


L1020264-1.JPG
今日は定食ではなく担々麺
こちらでは刀削麺が自慢でありまして、中華街にはその専門店があるほど・・・
これまでに何度もこちらの刀削麺をいただいたことはあるのですが、その美味しさが記憶に甦ってきたのが今日こちらを選んだ決め手でなのであります

モチッとした麺の食感
これは普通のラーメンでは味わうことが出来ないモノ
塊の麺体を削りだして作るだけにその表面はざらざらとした仕上がりなのでありまして、そのざらざらがスープを良く連れて来てくれるのであります
スープは胡麻風味と言うよりは、コクがある辛味と坦々肉から出る旨みが活きているモノ
辛いもの好きには癖になる商品でありますね


L1020269-1.JPG
一緒にいただいた餃子
これが驚くほどに良く出来たものでありまして・・・
小籠包の真っ青ってほどに肉汁をたっぷりと含んだものなのであります
ですから、注意していただかないとテーブルや洋服に肉汁を飛ばしてしまうことになるのです
と言うワタシも、しっかりとシャツの袖を汚してしまいました・・・


さぁ、明日はクライアントさんのお店をスーパーバイジングするお仕事
そろそろ寝ることにいたしましょう
おやすみなさい




【杜記 海鮮火鍋菜館】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町3-107-32
045-231-2310


[PR]
by gurumeblog | 2012-04-30 23:31 | 神奈川県 | Comments(0)

京浜急行本線日ノ出町駅:「角丸(?)」      今月開店したばかりの立食い蕎麦屋さんは、ザ・関東風

L1020257-a.JPG

伊勢佐木モールから日ノ出町駅へ向かう大通り
カニ道楽の向かいのブティックが改装をしていたのかと思いきや、そこが立

食いそばのお店として生まれ変わったのであります
工事中から気に掛かっていたのですが、それが開店したのかそうでないのか・・・
なかなか暖簾が掛かっている姿を見ることがかなったのでありますが、今日は店頭に黒板メニューも出ているし、暖簾も掛かっている
ならば、お邪魔してみることにいたしましょう



L1020254-1.JPG
食券を買うスタイルでありましたので、レシートはありませんし、わざわざ領収をもらうほどのことでもないし・・・
ってことで、正確な店名はわからないですが、角という字を丸でかこんでありますので、「角丸」とでも読むのでしょうか?


L1020260-1.JPG
店内のカウンターには、一人用の囲いがありまして・・・ 立食いそば界の「一蘭」といったとこでしょうかね
それほどまでに麺を啜っている姿を人に見られることっていやなことなのでしょうかね? ワタシにはりかいできないトコロであります

1杯260円と言う低価格であるにも拘らず、無料サービスも天かすに止まらず、キムチまでも・・・
太っ腹でありますが、経営のほうが心配になったりもいたしますね 
若いスタッフでやっているようですので、何とか永く頑張っていただきたいものでありますから・・・


L1020257-1.JPG
イカ天のうどんを頼んだのでありますが、残念ながら品切れであるとのこと
同価格の海老天を勧めていただきましたが、美味しい海老天は期待できないであろうと、ちくわ天に変更していただきました

関西風のうどん店が主流である昨今、こちらのお店はザ・関東風でありますね
かなりみりんの甘みが効いたお出汁でありますし、濃い口醤油を使うだけあって真っ黒でもあります
最近ではこの見た目にも味にもなれましたが、西から出てきたワタシにとって最初にこれと出会ったときにはかなりのショックを感じたものであります

お味はと言いますと、お値段なりというところでありましょう
駅そばなどと比較をしますと、出汁はこちらのほうが香り豊かで美味しいものであり、麺は互角といったところであります


L1020258-1.JPG
ミニカレー丼
うどんだけではちょっと物足りないだろうと、カレー丼を一緒にいただくことにいたします
まぁ、主力の商品ではありませんので、それほど期待もしなかったために失望感も大きなものではなく済みました
決して美味しくないわけではなく、既成感バッチリであったことだけが残念なことでしたね


営業時間や連絡先などの告知はどこにもなく詳しいことは全くわかりませんが、お腹が空いたタイミングと、こちらの営業時間とのタイミングがあったときには、またお邪魔してみましょうかね



【立ち食いそば・うどん 角丸(?)】
神奈川県横浜市中区長者町8-123 第三伊勢ビル1F



[PR]
by gurumeblog | 2012-04-29 19:34 | 神奈川県 | Comments(0)

京浜急行本線黄金町駅:「やよい軒」   彩りだけでなく、その美味しさ驚きであります

L1020250-a.JPG

ゴールデンウィーク初日
真夏日のような気温になったそうでありますが、ワタシは部屋で事務仕事に励んでおりました
この連休中にまとめておきたい仕事が少々あるモノですから・・・



L1020247-1.JPG
夜、少々早い時間ではありますが「やよい軒」へ伺います
お手軽な価格で定食がいただける便利なお店でありまして、けっこうお気に入りのチェーン店であったりするのです
ステーキなどの肉系から、サバ味噌といった和食系まで
商品も充実していますし、そのお味も悪くない 一時ブームになったセルフスタイルの定食チェーンとは比にならないモノです


L1020249-1.JPG
いただきましたのは「彩定食」
以前はこんな商品はなかったように思いますので、こんなに手間が掛かる商品までもを販売するようになったんですね
ポテトサラダ、豚の角煮、インゲンの胡麻和え、かぼちゃと挽肉の煮物、さばの塩焼き、お豆が入ったコロッケと6つものおかずを盛り合わせた、栄養バランスがよさそうなモノでありまして、これなら女性や年配者にも支持されること間違いなしでありましょう
ごはんの変わり自由を武器に、ガツンと系の男性だけでなく、女性が年配者など新しい顧客を掘り起こそうってことなのでしょうかね?

驚くべきことは、既成感バリバリのポテトサラダ以外は、そのどれもが下手な和食屋さんよりも美味しいこと
かぼちゃの煮物なんてビックリでしたよ
チェーン店でありながら、こういった商品を人品一品、キチンと手作りしているのでしょうか?
ありえないことだと思いながらも、その美味しさに舌鼓を打ちながら、ご飯のお替りをいただきます


L1020251-1.JPG L1020252-1.JPG
こちらは別注した“玉子焼き”
雑な巻き方ではありますが、キチンとお店で焼き上げられた玉子焼きでありまして・・・
程よくレアな卵の状態には驚かされます


やよい軒
以前から、お値段以上の美味しさを提供する定食チェーンであると認識していたのですが、これほどまでにレベルアップしているとは・・・
お客さまとして利用するにはうれしいことでありますが、業界の人間としては脅威であります



【ごはん処 やよい軒】
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-125 登美屋第5ビル1F
045-253-3975


[PR]
by gurumeblog | 2012-04-28 22:44 | チェーン店 | Comments(0)

東急東横線渋谷駅:「ラ ロブロス」    オシャレな空間でいただくフレンチトースト

L1020233-a.JPG

変貌を遂げる東京駅を視察した後、渋谷へ移動
昨日オープンしたばかりの「ヒカリエ」へと向かいます
開店直後でありますから、かなりの人出ですごいことになっているのでは・・・ と予想していたのですが、意外とスムーズに視察することが出来ました
ゴールデンウィーク直前、しかも雨であったことが功を奏したのかもしれませんね



L1020241-1.JPG
大人女性をターゲットにしたと言うだけあって、そこにはセレブを感じさせる女性が集まっていましたね
地下3階から地上8階までをじっくりと視察しましたが、そのコンセプト通りオジサンには無縁の場所って感じでありまして・・・ 大人女性のエスコートを除いて、こちらへお邪魔することは稀になることでありましょう

さてさて、そんな視察にも疲れ、7Fのカフェで休憩することにいたします
厨房で焼き上げるパンと、有機野菜をコンセプトにしたと言うこちらのお店、焼きたてのパンをビュッフェスタイルでいただくことが出来るってのも魅力ですね


L1020234-1.JPG
そんなお店でいただいたのは「ダブルフレンチトースト」
フレンチトーストでサンドされた、異なるソースの2種類が一皿でいただけるという魅力に惹かれてオーダーいたします
サクッと焼き上げられているのですが、しっとりとカスタードを含んでいましてとっても柔らかいモノ
これは美味しいですね

同行者がいただいた「パンプティング」を少しいただいてみたのですが、これも濃厚な味わいがステキなモノでありますね


パスタなどの食事メニューも充実していますので、軽くお茶をするにも、しっかりと食事をするにも使えるこちらのお店
なかなか雰囲気も良く、ちょっとお気に入り
ヒカリエでのショッピングには無縁でありますが、こちらのお店を目的に伺うってことはありかも・・・



【PAN TABLE CAFE La LOBROS】
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ7F
03-3486-8401


[PR]
by gurumeblog | 2012-04-27 22:53 | 東京都 | Comments(0)

JR東海道線東京駅:「リーゾカノビエッタ」     まさかエキナカにリゾット専門店があるとは・・・ 

L1020231-a.JPG

久しぶりの東京駅
ずっと長い間、改装工事が行われているのだけど、徐々にその姿を現し始めているとの情報を得て、ちょっと視察であります



L1020232-1.JPG
駅の地下、銀の鈴広場から八重洲地下中央口改札へ向かったところにある1軒のレストラン
とてもレストランがあるとは思えないようなところに、ポツンとあるのがこちらのお店
しかも、それがリゾットの専門店と言うから驚きであります
改札の中でありますから、乗換えをする人がわざわざここまで来るとも思いがたいですし、改札の外にいる人は当然利用することが出来ない
そんな不思議なレストランへ突入いたします


L1020225-1.JPG
リゾット
女性ターゲットの商品でありますから、お店のデザインはシャープで清潔感があるモノ、そしてそこで働く人の多くはターゲットするお客さまと同世代の女性でありまして・・・
これなら、ひとりの女性客も入りやすいこと間違いなしでありましょう


L1020228-1.JPG
電磁気で調理するために開発したのでしょうか?
そこが平らになったステンレスのパエリアパンで提供されたリゾット
メニューではネギやチキンがキレイに盛り付けられていたのですが、実際のモノは・・・
鶏肉やネギも一緒に煮込む調理法であるようで、このような形になったのでしょう

ライスはアルデンテと言うよりは、硬めに炊き上げたごはんって感じでありまして・・・
それにはちょっと残念でありましたが、チーズのコクが良く効いていてなかなかのお味にまとまっています
ちょっと味が単調だなと思われる方は、ブラックペッパーを少々振り掛けますと、味が引き締まった感じでより美味しくいただけますね


L1020230-1.JPG
一緒いいただいたメンチカツ
トマトソースとチーズが意外にも良く合いまして、リゾットだけじゃ物足りないって時にはいただきたい商品でありますね


マーケットがそれほど大きくないリゾットの専門店でありますが、かなりシステムが出来上がっているようですので、投資額や人件費などが抑えることが出来ているようですので多店化も可能なように思われます
ココ東京駅のみならず、いろんなところでこの店と出会えることが出来る日が来ると良いですね


【RISO CANOVIETTA】
東京都千代田区丸ノ内1-9-1 GRANSTA
03-5220-2374


[PR]
by gurumeblog | 2012-04-27 22:12 | 東京都 | Comments(0)

横浜市営地下鉄阪東橋駅:「八舟」     少し値上げされたようではありますが、安くて、うまい鰻屋さん

L1020221-a.JPG

この1週間、鰻を食べたいと思うことがしばしばありまして、身体が疲れているのかな? なんて思っていたのでありますが・・・
そう言えば今は春の土用だったのでありますね
夏の土用の丑の日に鰻を食べることはイベント化されていますが、春だって季節の変わり目に体調と整えるためにもスタミナを補給しなさいと身体から指令が出ていたのかもしれませんね



L1020222-1.JPG
そんなことで、鰻をいただきましょうと「よこはまばし商店街」へと足を向けます
この商店街、横浜市民の台所とも呼ばれるように、食品を扱うお店が軒を連ねてまして、ココ「八舟」さんは、その阪東橋側の入り口から近いところにあります
当然、お店の前には焼き上げた鰻を外販するコーナーがありまして… というより、こちらがメインで飲食できるスペースが併設されていると言った方が良いかも知れませんね


L1020220-1.JPG
鰻の高騰が騒がれる昨今、鰻屋さんは大変なことでありましょう
そんなことが影響してか、以前とメニューが少々変わっていました
単純に値上げをするのは忍びないってことなのでしょうか、これまでの、並、上、特上に加えて、並ダブルと言った商品が登場していましたが、全体的に500円ほど値上げされたようですね
「安い、うまい、本格炭火焼のうなぎ蒲焼」が謳い文句であったのですが・・・ と言っても街中の鰻屋さんと比べると十分にお値打ちなのですがね・・・

さて、いただきましたのは“並ダブル”であります
その名の通り、鰻をたくさん食べたい人に・・・ ってことで、並みの鰻がダブルで入っているモノであります。
ご飯とご飯の間に一人前、そして、ご飯の上にも一人前 これだけ鰻が入ってますと、「あー、今日は鰻を食べたなぁ」って満足感に浸ることが出来ますね

吸い物はちゃんと肝吸いでありますから、元気の補給もバッチリ
ゴールデンウィークは元気に乗り切れることでありましょう


土用とは、立春・立夏・立秋・立冬の直前約18日間のことを言い、その間にある丑の日を土用の丑の日というのであります

従って今年の土用の丑の日は、
春:4月22日、5月4日
夏:7月27日
秋:10月31日
冬:1月29日
ってことですね
ゴールデンウィークの後半、その疲れを取るためにも、また鰻を食べなきゃですね


【うなぎ蒲焼 八舟】
神奈川県横浜市南区真金町2-18
045-251-5270


[PR]
by gurumeblog | 2012-04-26 19:23 | 神奈川県 | Comments(0)

JR根岸線関内駅:「カフェ レジェンド」    カウンターに並んでいただくパスタはボリュームたっぷり

L1020215-a.JPG

お昼 今日は何を食べようかなぁ~
中華は昨日食べたし、お肉の気分ではないし・・・
なんて考えながらブラブラとしていましたら、レジェンドの看板を見かけてパスタに決定



L1020205-1.JPG
メニューを見ますと、今週の週替わりランチはハンバーグとのことでありまして・・・
お肉の気分ではないってことで、こちらを選んだはずなのに、そのハンバーグに惹かれるワタシ
やっぱり肉食なんですね
そして和牛薄切りステーキなんて商品もあって・・・ もう気持ちはグラグラであります


L1020213-1.JPG
とは言え、やっぱり今日はパスタをいただくことにいたしましょう
いくつかのパスタメニューが用意されていますが、久しぶりにカルボナーラを・・・

こちらのカルボナーラ
かなり濃厚なチーズの香りとコクが楽しめるものであります
程よいアルデンテに茹で上げられた麺にベーコンの塩味がが加わり、この濃厚なソースとの相性が抜群なのです
ワタシの苦手な生クリームぽさを感じることが無い見事なカルボナーラ
ワタシの好きなタイプのモノであります


L1020210-1.JPG
一緒に提供されるサラダとピクルス
たっぷりのサラダには酸味が強いドレッシングが掛けられてますので、とってもサッパリとした食感であります
また、ピクルスにはセロリが入っていまして、その爽やかな香りも美味しいですね
子供の頃には苦手だったセロリの香りが、今ではこんなに好きになるなんて・・・


L1020206-1.JPG
こちらのお店はカウンター席だけの10席ほど
小さなお店ではありますがホテルで修行したシェフがひとりでやっているお店でありますから、いつでも変わらぬ美味しさを楽しむことが出来るのです
混み合ったときには少々待たされることのありますが、美味しいものをいただくためには少々の我慢も必要ってことで・・・

パスタだけでなく肉料理もありますし、そのボリュームもしっかりとしてますので、男性でも十分に満足できるお店でありますね



【CAFE LEGEND】
神奈川県横浜市中区常盤町4-52 松むらビル1F
045-641-7399


[PR]
by gurumeblog | 2012-04-25 23:14 | 神奈川県 | Comments(0)

JR根岸線関内駅:「鳥清」    回りはカリッと、中はふっくら 美味しい焼き鳥屋さん

L1020191-a.JPG

ランチの後、1時間ほど上島珈琲店で時間を潰し、次の打ち合わせであります
長く飲食店での勤務をしていた人が、独立をして飲食店の開業をしようということで相談をいただいたのであります
どんなお店を作りたいのか 
彼の頭の中には、しっかりとした方向性が決まってますので、それを一つひとつ丁寧に具体化していきましょうってことであります




L1020185-1.JPG
初回の打ち合わせを終え、食事を共にいたします
「鳥清」
去年の8月にランチで伺いお気に入りになったお店なのですが、それ以来なかなかチャンスが無くて・・・
焼き鳥は好きなのですが、お酒を飲まないワタシには縁遠いお店なんですよね

大和駅前に本店を構え、東神奈川や関内へ店舗網を拡大している人気店でありまして、その歴史は、屋台時代を含めると50年なのだとか
それだけの長い期間、お客さまに支持されるだけの美味しさを楽しみに伺うことにいたします


L1020187-1.JPG
ポテトサラダにもつ煮、それから焼き鳥や焼豚など数品をいただきます

ゴロゴロと形を残したままのポテトサラダは、マヨネーズだらけでもなく身体に優しそうな味付けでありまして、お酒をいただく人にはちょっと物足りないかも・・・ でも、ワタシにはちょうど良い味付けでありますね

名物のモモ焼き
豪快にかぶり付きますと、ジュースが滴るほどのモノ
カリッと焼かれた皮目に、程よい塩味 身はふわふわでジューシー
これは、名物の名に恥じない商品でありますね


L1020197-1.JPG
入店したときの先客はひとりだったのですが、だんだんとお客さまで賑わってきまして、お店を出るときにはほぼ満卓状態でありました

美味しい焼き鳥をいただくには程よい規模のお店でありますし、それほど造り込まれてない気軽な雰囲気の店内も良いのでしょう
大和だけでなく、関内のお店も大人気のようですね




【鳥清】
神奈川県横浜市中区常盤町2-11
045-228-8020


[PR]
by gurumeblog | 2012-04-24 23:33 | 神奈川県 | Comments(0)

横浜高速鉄道みなとみらい線馬車道駅:「生香園」   美味しい中華を友人とシェアしていただく

L1020180-a.JPG

今日は暑い
なんでも夏日であるようで、ジャケットを羽織っていたのでは汗が流れてしまうほどでありました
友人が手作りのアップルパイをプレゼントをくれると言うので、馬車道のジョナサン前で待ちあわせといたします




L1020183-1.JPG
ちょうどお昼時でもありましたので、先ずはランチをいただきましょうと「生香園」
言わずと知れた周シェフのお店でありますね
本館と新館 それが同じ通りの一角だけ離れたトコロにありまして、その両店を行き来する周シェフの姿を見かけることもしばしばであります


L1020178-1.JPG
新館にはビジネス向けのランチメニューなどがあるのですが、こちら本店ではそれらは用意されてないようでありまして・・・
ならば、お勧めの商品からいくつかをチョイスして、2人でシェアすることにいたしましょう

前菜として棒棒鶏をいただき、しっとりと柔らかな蒸し鶏に、コクがある胡麻ダレのおいしさを楽しんだ後は麻婆茄子
たっぷりの挽肉と一緒にラー油や豆板醤で茄子が炒められたモノでありまして、挽肉から出る旨み美味しくいただけますね


L1020182-1.JPG
そして、〆には海鮮炒麺
分厚いホタテやプリプリの海老にアワビまで入った豪華なものでありまして、たっぷり野菜とともにいただくことが出来ます
オーソドックスな醤油ベースの味付けでありまして、これが麺との相性も良く、なるほど人気メニューであることがわかります
タラッとお酢を垂らしていただいても美味しいですね


L1020201-1.JPG
そしてお土産でいただいた“アップルパイ”
丸いパイ生地の上にりんごが並べられたものを想像していたのですが、全く異なるスタイルが新鮮であります
パイ生地に包まれたりんごは、甘く煮込まれているのにシャキッとした食感を残していて・・・
シナモンなどの香りに頼ること無く、りんご本来の甘みでおいしくいただけるモノでしたよ

って書いていますと、この友人は女性のように思われる方もいるでしょうが、この友人は今流行のイケメンスィーツ男子だったんですね




【生香園 本館】
神奈川県横浜市中区相生町5-80
045-651-5152


[PR]
by gurumeblog | 2012-04-24 15:36 | 神奈川県 | Comments(0)

JR相模線厚木駅:「たいざん」   海老名SAで海老油が美味しく香るラーメンをいただく

L1020176-a.JPG

お仕事で海老名サービスエリア
新東名の開通で混んでいるのかと思いきや、GW前の平日、しかも雨の日 そんなことが影響したのでしょうか?
閑散としていて拍子抜けであります




L1020172-1.JPG
フードコートもガラガラでして、一番人気の「たいざん」さんも並ぶこと無く商品を買うことが出来ました
前回は深夜にお邪魔しまして、深夜帯限定の商品である“紅富士大麺豚W”なる特盛をいただいてみたのですが・・・
やっぱりこの手の商品は若者限定ですね 必至で完食はしたものの二度と食べることは止めようと誓ったのであります


L1020174-1.JPG
で、今回は最もノーマルなというか、こちらの一番商品であろう“えびしお”をいただくことにいたします
カウンターで商品をいただき、テーブルまで運ぶ間にも、香ってくるのが海老の芳ばしい香り
これがホントに良い香りなんですよ
スープをいただいても、麺を啜っても、この美味しい香りが鼻を抜けまして・・・
食欲を掻き立ててくれるんですよね

スープは塩味
ほんのりと塩が持つ甘みを感じることが出来るスープですから、岩塩とかミネラル分をたっぷりと含んだお塩が使われているのでしょうね
身体に優しい感じがいたします

ちょっと茹で湯の温度が低かったのか、今日の麺はボソボソとしたものでありましたが、そんなマイナスを吹き飛ばすくらいに美味しいスープであります


本店は静岡県の富士市なのですが、川崎にも支店があって・・・
これまでに何度か、その川崎のお店でいただいたことがあるのですが、ココはフードコートってことで、何かが違うのでしょうね
美味しくいただけはするものの、川崎の店のそれとはちょっと違う・・・ 
そんな感じがするのが残念ですね



【らーめん たいざん】
神奈川県海老名市大谷南5-1-1 海老名サービスエリア(上り線)EXPASA2F
046-244-5300


[PR]
by gurumeblog | 2012-04-23 23:22 | 神奈川県 | Comments(0)