ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2012年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

JR香椎線酒殿駅:「資さんうどん」   ラーメンに並ぶ福岡の名物“うどん” ごぼう天とおでんをお供に

L1030183-a.JPG

福岡と言えばとんこつラーメン 
そんなイメージが強いのですが、福岡には“うどん”と言う文化もありまして、福岡ではうどん派とラーメン派に分かれているようで、ラーメン店に負けないくらいのうどん屋さんがあるのです
日本のうどんの歴史は中国から福岡へ伝わったことから広まったのだと聞けば納得ですね



L1030179-1.JPG
資さんうどん
北九州を拠点に県内に多く支店を構えるうどん店であります
福岡うどんの特徴と言えば、コシよりもアシが強いこと
讃岐で言うような力強いコシは無いのだけど、その分、アシとも呼ばれる滑らかさが味わえます
粉の味を楽しむようの顎を使って食べるな麺ではなくて、ツルツルっと滑らかさを楽しみながらのど越しを楽しむモノなのです


L1030186-1.JPG
そして、そのトッピングとして地元で愛されているのが“ごぼう天”
100mmほどの長さにきった牛蒡を、食べやすく立てに十字に切り、それを下茹ですることもなく衣を付けて揚げたものでありまして、その強い繊維の食感を楽しむモノであります

こんな美味しいものが・・ と思うのですが、九州以外の地域ではあまり見かけることがなくて・・・
コレって勿体無いことだと思っちゃいます


L1030188-1.JPG
そしてコレ
“とろろ”と呼ばている、昆布を薄く削ったモノであります
正しくは“とろろ昆布”と言うべきなのでしょうが、福岡で“とろろ”と言えばコレなのです
もちろん、山芋を下ろしたものも“とろろ”なのですが、そのシチュエーションで“とろろ”と言えば、キチンと通じてしまうんですよ
うどんに“とろろ”
コレも福岡うどんの定番ですね


L1030182-1.JPG
そして更に・・・
福岡のうどん屋さんに付き物なのが“おでん”であります
コンビニでも夏場にはレジ前から消えてしまう“おでん”なのでありますが、こちらでは年中売られていますね
気が短い福岡人
うどんが茹で上がるまでの時間を待つことが出来ないのでしょうか 多くのお客さまがこのおでんをつまみながら、うどんが提供されるのを待つのです


L1030192-1.JPG
このおでんはセルフスタイルでありまして、自分の好みのモノを鍋から選んでいただきます
九州のおでんと言えば“スジ”
アキレスと呼ばれるところをじっくりの煮込んでありまして・・・ そのトロトロが堪らないですね
そして天ぷら
丸天に代表される、練り物の天ぷら
鹿児島のさつま揚げが有名でありますが、九州全域でいただくことが出来るこの天ぷらも外せない一品ですね



【資さんうどん】
福岡県糟屋郡志免町大字南里24-5
092-410-7784


[PR]
by gurumeblog | 2012-06-30 23:52 | 福岡県 | Comments(0)

JR鹿児島本線博多駅:「椒房庵」   自社製の明太子とおくどで炊き上げるごはんがごちそう

L1030129-a.JPG

福岡へやって来ます
バードストライクって言う珍しいトラブルにあいまして、到着は少々遅れはしましたが大勢に影響なし!
ココ数日の南九州の大雨の影響も心配しましたが、今日の福岡は曇り 雨の心配も不要のようですね

まずは、博多駅に新しく出来た商業施設にある、日本最大?っていうレストランフロアの視察へ伺う事にいたします



L1030115-1.JPG
久しぶりの福岡でありますから、美味しい博多料理をいただきたくって・・・

こちらは、100年以上の歴史を持つ醤油蔵が、たらこ本来の味を大切に作ったという自慢の“明太子”とおくどで炊き上げるごはんを主力に、そのごはんに合う料理を提供するお店であります

お店に着いたのは13:30を回っていたかと思いますが、まだ行列が・・・
他のお店はそれほどでもないのに、こちらだけ
平日のこんな時間だからってこともあるのでしょうが、並んでいるのはほぼ100%女性客でありました


L1030123-1.JPG
玉子焼き定食
大きな玉子焼きに、サラダと小鉢、それに高菜漬けと自社製の明太子
一緒に博多名物である“がめ煮”をいただきたかったのですが、お昼の時間には用意がないとのコト 残念でありますが諦めるしかないですね

この玉子焼き
注文が入ってから一つひとつ丁寧に作っていますので、熱々でありますし出汁もたっぷり
それに、伝統の醤油を垂らしたおろし醤油を乗っけて・・・

おくどで炊き上げた銀シャリに、高菜漬けと明太子
美味しいご飯とは、それに合うお供だけで、ご馳走になるんですね  お替りが出来るってことでしたので、しっかりお言葉に甘えちゃいました


L1030118-1.JPG
厨房の前にカウンター席がありまして、目の前にはおくどが・・・ そして、玉子焼きを丁寧に焼いている姿も演出ですね
キチンと磨き上げられた白木のカウンターからは清潔感を感じることが出来ますし、サービスを担当するスタッフの笑顔もステキだし
なかなか良いお店でありました 行列が出来るのも納得でありますね




【ごはん家 椒房庵(しょうぼうあん)】
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ9F
092-409-6611


[PR]
by gurumeblog | 2012-06-29 14:41 | 福岡県 | Comments(0)

京急本線日ノ出町駅:「清香楼」  薄く叩いた豚肉をカレー風味でカリッと・・・ ボリュームが魅力です

L1030112-a.JPG

何を食べようかと・・・
いつものコトながら、この悩みは尽きないものです
明日から3日間、福岡へ行きますから、きっとチャンポンやうどん、そして博多ラーメンと麺類の日が続くでしょうから、今日はそれ以外のモノで・・・


L1030107-1.JPG
「清香楼」
伊勢佐木町を終身に4店舗を構える中華料理のお店でありまして、お手軽な価格でお腹一杯に中華料理を食べていただこうってのがこちらのコンセプト
ですから、ほとんどの商品が1000円前後であるとともに、そのボリュームがしっかりしているのであります


L1030111-1.JPG
海老チャーハン、高菜チャーハンなど、いくつかの商品があるのですが、そんな中で目を惹くのがコレ “パイコーチャーハン”をいただくことにいたします

わかりますかねぇ このボリューム
たぶん他所のお店のモノと比べますと、1.5倍いや2倍くらいはあるかもしれませんね
そんな大盛りチャーハンに乗っているパイコー それは、一枚のお肉を叩いて薄く延ばしてあって、それにカレー風味の衣を着せて高温で揚げてあるモノ
カリッとした食感を楽しむことが出来ますし、カレーの風味が食欲を増してくれますので、大盛りのチャーハンだって意外と食べられちゃうんですよ


L1030108-1.JPG
チャーハンだけじゃちょっと味気ないだろうってことで、“玉子とニラの炒め物”
フワッとした玉子でニラを包むように炒められていますね ほんのりと醤油の風味がしてコレまた良い感じなんですよ



決して特別に美味しい料理ではないのだけど、そのボリュームとお手軽な価格で人気があるお店でありまして、いつも多くのお客さまで賑わっているんですよね
時には満席では入れないことさえも・・・
横浜の大衆中華を代表するお店でありますね



【清香楼】
神奈川県横浜市中区福富町仲通4-5
045-261-2999


[PR]
by gurumeblog | 2012-06-28 21:54 | 神奈川県 | Comments(0)

みなとみらい線馬車道駅:「福久」     見事なぎんだらと銀シャリ 美味しい和食がいただけます

L1030104-a.JPG

気がつけば、ココのところ麺類ばかりを食べているような・・・
それで、今日は和食ランとをいただきましょうと、お気に入りの和食店へ
関内の街の中にありながらも比較的人通りが少ないところにあるのですが、ご婦人方はちゃんとこちらの存在を知っているようで、いつも数組のご婦人グループが会食を楽しまれています
人通りが少ないことが逆に、落ち着いて食事を楽しむ場を作り上げているようでもあります


L1030102-1.JPG
「福久」
まだいただいたことはないのですが、ここは鰻も評判が良いお店でありまして、今日はちょっと奮発して、ソレをいただこうかと思ってみたのですが・・・
うな重4100円 うーん 鰻が高騰しているとは言え、このお値段はちょっと・・・
そういう人たちのためにか小さめのモノも用意されていたのですが、コレでは鰻を食べたいって気持ちは満たされないであろうほどに可愛いもの
やっぱり今年は鰻は諦めるしかないですかね


L1030104-a.JPG
で、ランチのメニューから“ぎんだら定食”
寿司ネタのように身が薄くスライスされていることに多少の不満があるものの、その味付けは抜群でありまして、アツアツのご飯と一緒にとっても美味しくいただくことが出来ました

添えられています“炊き合わせ”も見事なものでありましたし、ご飯の炊き上がりも素晴らしいものでありまして、ツヤツヤとした姿は正に銀シャリとの言葉が相応しいモノ
さすが老舗の暖簾を背負う和食店として、その名に恥じないお店であることを感じさせていただけます


夜は接待などでの利用が多い高級割烹でありますが、お昼の時間ですと比較的リーズナブルなお値段で利用できますから、とってもお得であります
美味しい和食がいただきたくなったら、ちょっとした集まりでの会食の予定が入ったら・・・
先ず候補に挙げたいお店の一軒ですね



【割烹 福久(ふくきゅう)】
神奈川県横浜市中区南仲通4-49
045-201-2636


[PR]
by gurumeblog | 2012-06-27 23:44 | 神奈川県 | Comments(0)

JR飯田線豊川駅:「星乃珈琲店」     厚さ30mm以上の分厚いパンケーキはフワッ!サクッ!

L1030096-a.JPG

7月末~8月上旬の予定で開店の準備が進んでいるクライアントさまの新店舗
今日はそのお店の工程会議ってことでしたので、しばらくの間、同席させていただきました
運良く涼しい日でありましたので助かりましたが、これがギラギラと陽射しが射す日だったら・・・ と思うとゾッとします
しかしそんな現場で一生懸命に作業してくださる方がいるから、お店が出来上がるのでありまして・・・
1軒のお店が出来るまでには、多くの方の協力があるってことを再認識する日でありました



L1030100-1.JPG
その後、コーヒーでも飲みながら打ち合わせをしましょうってことで星乃珈琲店へ

スターバックスを代表とするシアトル系のコーヒーショップが乱立する中、ジワジワと店数を増やしているのが、椿珈琲店や上島珈琲店などのドリップスタイルの珈琲を提供する喫茶店でありまして・・・
シアトル系の珈琲に飽きた人、ゆっくりとした空間で香り高いドリップスタイルの珈琲が飲みたい人と2極化してきているようにも思えますね
そしてこのお店、同社が展開していた「ハンバーグ&ステーキ俵屋」を、ドンドンと業態転換しての出店であるところが多いところをみますと、俵屋は上手くいってなかったのでしょうかね?


L1030095-1.JPG
こちらのお店の名物はコレ!(画像はダブルでありますが…)
スフレパンケーキと呼ばれるものでありまして、1枚でも厚さが30mmほどありますので、かなりインパクトがある商品であります
スフレの名の如く、フワッ、サクッとしていますから、見た目ほどの重たさはなく、ダブルでもすんなりといただいちゃうことが出来ますね

実はこの商品、鎌倉駅前にある昭和23年創業という「イワタコーヒー店」ってところが大昔から販売している名物商品でありまして、そこのモノをリスペクトしたってコトでしょうが中々良く出来ていますね
もちろん、イワタコーヒーのソレのほうが美味しいようには思いますが・・・


L1030097-1.JPG
そしてこちらはスフレ皿で焼き上げられたものでありまして、コレはこちらのオリジナルであるようですね
よりフワフワ感がありますし、バニラの風味が効いていまして、これも中々のモノでありました

コメダ珈琲店であれば“シロノワール”というように、喫茶店でも看板となる商品がお客さまを集めるってことなのでしょうね
時間に余裕があるミドルシニア世代だけでなく、若い世代を取り込むための様々な努力ってことでもあるでしょう
ちょっとこれから、喫茶店の競争が見られるかも・・・ そんな気がいたします



【星乃珈琲店】
愛知県豊川市東名町2-99-1
0533-89-2533


[PR]
by gurumeblog | 2012-06-26 23:20 | 愛知県 | Comments(0)

名鉄名古屋本線新木曽川駅:「プーリア」    薪釜で焼き上げるローマピッツァと工房での手作りドルチェ

L1030072-a.JPG

夜に会合の予定があって岐阜への出張
ならば、ちょっと寄ってみたいお店がありまして、早めの新幹線のチケットを取ります
この新幹線がかなりの乗車率でありまして、なんと3名掛けの真ん中しか空いてないとのコト グリーンにしようか、次の新幹線にしようか・・・ ちょっと悩みましたが、この事態を諦め真ん中の席で名古屋まで
名古屋で在来線に乗り換え木曽川へ



L1030057-1.JPG
駅からは車で5分強のところに、白く浮かび上がる壁面ととんがりお屋根
それは正にイタリア南部の都市アルベロベッロにある、世界遺産トゥルッリそのものであります
初めてのイタリア旅行とき、とっても長時間のバス旅行でありましたが、バーリやアルベロベッロへ行ったんですよ
で、楽しかった旅行のことを思い出しちゃいました


L1030062-1.JPG
店内はとっても明るくて開放的
そこに、若い奥様方が集っていまして、その姿は、ちょっといつもより念入りに化粧をして、いつもよりちょっとだけオシャレな洋服を着て…
ドレスコードなんて堅苦しいのも困りますが、レストランってこうあるべきトコロなんだよな なんて思います


L1030064-1.JPG
先ずは前菜とスープ
こう行った脇役の商品にまで、全てが手作りであり、手間隙をキチンと掛けたお店
お客さまの姿勢にキチンと応える、お店の姿勢も立派であります

そしてピッツァは、薪釜で焼かれる本格的なローマピッツァであります
最近はナポリピッツァを提供するお店が多いのですが、こちらでは昔からこのスタイルでありまして、生地の配合から熟成まで、しっかりとこだわりを持っていることが伝わってくるモノであります

サクッとした食感とモッチリとした食感
そしてマルゲリータではたっぷりのモッツァレラをいただくことが出来ます


L1030071-1.JPG
そしてパスタ
久しぶりにお邪魔いたしましたので、あれこれといただくことにいたします
季節の商品である冷製のパスタは、たっぷりのサーモンとイクラ、それにホタテまでもが…
シャキッとした水菜も良い感じにまとまっています

シンプルだからこそ、その技量が問われるとされるペペロンチーノ
しっかりとニンニクの風味が出ていますし、唐辛子の辛味もしっかりと効いている
そして、最も難しいのが塩味なのですが… コレも見事でありました

他に大人気のカルボナーラや、自家製の生麺を使ったアラビアータなど、もうお腹がはち切れそうなほどに、美味しいパスタをいただいちゃいました


L1030078-1.JPG
〆のドルチェ
これまた、お店に併設されている工房で作られたモノ
甘みは控えめで、しっとりとしていて… 
フリードリンクでコーヒーをいただきながら過ごす食後のひと時  周りの奥様方も楽しそうな笑顔で、楽しそうな会話に花を咲かせてます


何年か振りにお邪魔したお店でありますが、変わらぬ美味しさに大満足
重たいお腹を抱えて、会合へと向かいます
また機会がありましたら、是非ともお伺いしたいお店であります



【Puglia】
愛知県一宮市木曽川町黒田一ノ通り51-2
0586-84-2588


[PR]
by gurumeblog | 2012-06-25 23:52 | 愛知県 | Comments(0)

JR東海道線横浜駅:「アジオ」    美味しい豚肉を使った薪釜焼のポークロースでランチ

L1030050-a.JPG

友人からランチの誘い
日曜日にお誘いは無いだろうと油断をしていたところに電話が入り、15分後に待ち合わせようとのこと
さすがにそれには間に合わうはずもなく、30分ほど時間をいただきルミネの有隣堂で待ち合わせることにいたします



L1030054-1.JPG
「AGIO」ってイタリアンレストラン
なんと銀座の老舗フレンチである三笠会館がやっているんだそうですね
伊勢丹・高島屋といった有名百貨店に出店しているようなのですが、実はワタシ、こちらにお邪魔するのは初めてのことなんです
あの、三笠会館の運営なら・・・  ちょっと期待が高まっちゃいますね



L1030041-1.JPG
まだお昼前って時間ではありますが、お店はかなり賑わっていまして、数組のお客さまが案内を待っています
イタリアンと言う業態、ココ最近ちょっと下火になったと言いますか、繁盛店を見る機会が減ってきているように思えるのですが、ココは違うようですね
それだけレベルが高いと言うことなのでしょうか?  ますます期待が高まるワタシであります


L1030048-1.JPG
定番とも言えるパスタランチやピッツァランチの他に用意されているのが、ハンバーグや白身魚のフリット、それに鶏肉や豚肉のグリルなどの料理もお手頃な価格で用意されています

ココ数日、麺モノばかり食べていましたので、“やまと豚の薪釜焼”のランチをいただくことにいたします
このメニューでは、スープかアンティパストのどちらかをチョイスすることが出来るとのことなので、迷うこと無くアンティパストを選んでみたのですが・・・
なんと、蒸し鶏の黒酢ソース、ラタトゥーユ、鰊のマリネ、海老とアボガドの和え物にキノコのマリネといった、5種ものアンティパストの盛合わせがやって来ました
こらは価値観高いですね 
もちろん見た目だけでなく、美味しいものばかりでした


L1030050-1.JPG
“やまと豚の薪釜焼”
ピッツァを焼き上げる薪釜で焼き上げている豚ロース
この豚がとっても良いものでありまして・・・  身の繊維が細かいモノですから、しっとりとした食感を楽しむことが出来ますね
表面はカリッと焼きあがっているのに、身はしっとりとジューシー
お肉をフォークの背で押さえますと、肉汁が滲んできましたよ

それに、キッチリと塩が振ってありまして、その塩味がバッチリ決まっています
さすが三笠会館と言うところでしょうか?
ハーブの香りも活きていまして、とっても美味しく仕上がってました


L1030052-1.JPG
コレは相方がいただいたピッツァ
ハーフ&ハーフにすることも出来ると言うので、マルゲリータとツナコーン
生地はしっかりとした強力粉の配合が多いタイプですから、お腹を満たすには適してモノであります
残念ながら、コレは感動するほどに美味しいものとは言いがたいものでありまして、またコレをいただくためにワザワザと言うことにはなりそうにありませんね
昔はコレでも十分に美味しいと思うものだったのでしょうが、最近ですと、もっと美味しい専門店が増えてきましたので・・・


L1030046-1.JPG
最も残念なのはサービスでありまして・・・
このパンもお替りがいただけるという割にはそれをお勧めすることもありませんし、他のことでもでファミレスレベルのマニュアル的なものでありますし・・・
これからの飲食店での差別化にはサービスが占める割合は大きいようですね



【AGIO】
神奈川県横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜店 7F
045-461-6500


[PR]
by gurumeblog | 2012-06-24 23:58 | 神奈川県 | Comments(0)

みなとみらい線日本大通り駅:「ザ・ホフブロウ」  古き横浜を感じる店内でいただく、懐かしい洋食料理

L1030037-a.JPG

不在中に届いた郵便物を受け取るために郵便局へと出掛けます
折角ココまで来たのだから・・・ 
と大盛りのカツカレーでもいただきましょうかと産業貿易センターへと伺ったのですが、残念ながら今日のカレーは売り切れましたとの張り紙
平日は混んでいて、ゆっくりと食事をすることが出来ませんので、土曜日である今日は狙い目だと思ったのですが・・・ 縁が無かったのでしょうね



L1030028-1.JPG
で「ホフブロウ」
ずいぶん前にお邪魔して以来、ご無沙汰でありましたので・・・
創業1951年という、横浜を代表する洋食屋さんでありまして、古き横浜の雰囲気を感じることが出来ます
こちらのお店で提供される商品は気取ること無く、普段使いできるモノが揃えられていますから、このようにふらっと訪ねるにも適したお店であったりするんですよ


L1030030-1.JPG
横浜デートでありましょうか? 横浜本を持ったカップルがランチを楽しんでいたり、どこかでの会合が終わったのでしょうか? 着物姿のご婦人グループがビールを傾けていたり・・・
それぞれの目的で楽しく使うことが出来るレストラン  ステキなお店であります

こちらにはいくつかの魅力的な商品がありまして・・・
そのひとつはジャーマンポテト
ボイルされたジャガイモをスライスして、ベーコンと一緒に炒められたモノで、ワタシの好物のひとつ
コレをいただけるお店って意外と少ないので、是非ココでいただいてみたいのですが、いつもひとりなもので・・・


L1030033-1.JPG
今日もそのジャーマンポテトは諦め“スパピザ”をいただきます
コレも、お店のお勧め料理のひとつでありまして、喫茶店が全盛の頃には、多くのお店でいただくことが出来た、昔懐かしい商品ですね

鉄板にスパゲッティミートソースが敷かれ、それにピザトーストの具のような、ピーマンやマッシュルームとたっぷりのチーズを乗せて、オープンで焼き上げられたモノでありますから、とっても熱々 火傷しないように気を付けながらいただきましょう
熱々のミートソースも美味しいのですが、最も美味しいのは鉄板で焦げた部分のチーズでありまして、カリッとした食感とチーズの塩分 これはツマミにも最高なのでしょうね



他にもカツレツやハヤシライスといった商品が揃っていますから、チョコとチョコとお邪魔しながら順番にいただくことにいたしましょう
美味しい料理と気軽な雰囲気 良いレストランであります



【THE HOF BRAU】
神奈川県横浜市中区山下町25-1 上田ビル1F
045-662-1106


[PR]
by gurumeblog | 2012-06-23 17:16 | 神奈川県 | Comments(0)

横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅:「ふくろう」     立ち食いなのにこの美味しさ

L1030024-a.JPG

伊勢佐木町、オデオンの近くに出来た、立ち食いのおそば屋さん
行こう行こうと思いながらも今日になってしまいました
同じ交差点のはす向かいには、ふた月ほど前に開店したばかりの立ち食いうどん屋やさんがありますから、ちょっとした競合地になってしまいましたね



L1030021-1.JPG
「天ぷらそば ふくろう」
一軒ほどの間口を潜りますと、その両脇に立ち食いのスタンドがあり、一番奥に厨房であります
それほど広くないお店でありますから、10人ほど入りますと一杯ってトコロでしょうか
とは言え、立ち食いでありますから、長居するお客さまも少ないでしょうから、たとえ一杯であってもそれほど待たされることは無いでしょう


L1030022-1.JPG
お店に入ったすぐの左手にある券売機で食券を買い、それを奥の厨房へもって行き注文をいたします
そこには揚げ置きの天ぷらが用意されてはいますが、そこには「非常にお急ぎで、揚げ置きでもいいお客様だけお申し付けください」との張り紙が・・・
ですから、あえてそれを頼まない限り、注文毎に揚げていただけるようですね


L1030023-1.JPG
お店のテントに、“にしんそば”と“鴨そば”と書かれていましたので、それにはかなりの自信があるのだろうと、“鴨そば”をいただくことにいたします

提供されましたときには、まだほんのりとピンク色を残した鴨肉のスライスが乗っています
ほどなく熱々のお汁で火が入っていくのですが、ギッシリと締まって固くなることがありません 柔らかい鴨肉をいただくためのこだわりなのでしょう

そして、おそば
コレがしっかりとコシがあるモノで、その辺の立ち食いではいただくことが出来るものとは異なります
次は絶対に“もり”でいただき、その食感を楽しむことにいたしましょう

おつゆ
鴨の煮汁だったりするのでしょうか その出汁から感じる甘みがとっても良いんですよ
返しにこだわるとの張り紙もありましたので、その甘みの奥深さだったりもするんでしょうね


L1030025-1.JPG
そして、一緒にいただたのは炊き込みご飯
おそばのファストフードでありましょうから、天丼と言ったようなご飯モノは用意されていません
天ぷらにも自信があるようですから、ちょっと残念であるような気もいたしますが・・・



コレだけのおそば、立派な暖簾をかけたところのモノより美味しいかもしれません
次は絶対に“もり”と“天ぷら”をいただくことにいたしましょう
きっと、ココに出来てくれてよかったと思わせていただける存在になるのではないでしょうか
ちょっとうれしいお店のオープンでした



【天ぷらそば ふくろう】
神奈川県横浜市中区長者町7-112
TEL:非公開


[PR]
by gurumeblog | 2012-06-22 21:34 | 神奈川県 | Comments(0)

JR東海道線横浜駅:「匠 Jang」    お昼どきには行列が出来る担々麺と麻婆豆腐の専門店

L1030008-a.JPG

移動途中の横浜駅でランチをいただくことにします
横浜駅には西口、東口とそれぞれに地下街がありまして、そのどちらにも担々麺の専門店があるのです
そして、両店ともが繁盛店でありますから、担々麺の人気を察することが出来ますね


L1030011-1.JPG
地下街の飲食ゾーン
豚骨ラーメンの一風堂さんが行列を作っているのに対し、ガラガラのお店もあったりして・・・
こちらの中でも、勝ち組と負け組みがハッキリとしているようですね
こういう光景を見ていますと、ホントにお客さまはシビアに、価値があるお店を探しているんだなぁ なんて感じることが出来ます

その一風堂の近くで、いつも席待ちを作っているのがコチラ
中華街にある「菜香」ってお店がやってる、麻婆豆腐と担々麺の専門店であります
数ある中華料理の商品の中から、このロケーションで戦える商品に絞り込んでの出店、ウリが明確であることと、お店側としても効率が良いこと 良く考えられています


L1030007-1.JPG
客席のレイアウトも理に適ったものでありまして、この大テーブルがひとり客をドンドン飲み込んでいきますね
その回りには2名席や4名席も配置されていて、とても効率が良いように思えます
担々麺という商品からか、女性のおひとり様の利用も目立ちまして、このロケーションにピッタリのコンセプトでもありますね


L1030009-1.JPG
白胡麻を使った担々麺と麻辣の担々麺の2本柱 それらに色んな具材をトッピングをする楽しみを提案していますから、飽きることなくリピートすることも出来そうですね
で、麻辣担々麺をいただこうとも思ったのですが、今日はとっても湿度が高い日でありますから、そんな辛いものをいただいてしまいますと汗だくになりそうな危険予測をいたしまして・・・

“坦坦冷麺”
冷たいスープでいただく担々麺であります
芝麻醤のドロッと感を無くしたモノでありまして、スッキリと、飲み口を良く仕上がってはいるのですが・・・
芝麻のコクが全く感じられず、ボケボケの味であったことがとっても残念です
お好みで酢を加えて召し上がってください とのことですが、これは酢を加えないと味気なくて味気なくて・・・


L1030010-1.JPG
折角だからと、もう一つの商品である“麻婆豆腐”をミニサイズでいただくことにいたします
こういったミニサイズの商品があるってことはとってもうれしいですね

絹ごしの豆腐が使われていますから、そのトロンとした滑らかな食感を楽しむことが出来ます
辛い料理をウリにしているとすれば四川風の山椒が効いた麻婆豆腐が出てくるのだと思いきや、ココのは違いましたね
トウチの甘みが効いた、どちらかと言えば家庭料理っぽい麻婆豆腐でありまして、絹ごしの豆腐と相性が良いモノでありました

個人的な意見ではありますが・・・
山椒が効いた四川風のものには木綿豆腐、こういった優しいトウチの甘みがあるモノには絹ごしと言った組み合わせが好きなんですよ



なかなか魅力的なお店であるのですが、ちょっとサービスに難があるようでして・・・
お客さまに対する気配りがないんですよね ココ
大きなグラスでお冷を提供していることで安心しているのかお冷のサービスはほとんどありませんし、注文だって、「お決まりのころ伺います」なんて言いながら、呼ぶまで来ないし・・・
折角ステキなコンセプトなのでありますから、もうちょっと頑張って欲しいですね



【麻婆・担担麺 匠 Jang】
神奈川県横浜市西区高島2-16 横浜駅東口地下街ポルタ
045-440-0141


[PR]
by gurumeblog | 2012-06-21 23:25 | 神奈川県 | Comments(0)