ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

福岡市営地下鉄空港線博多駅:「フォルクス」   今年最後の日だからと分厚いリブロースで贅沢ランチ

L1060122-a.JPG

寒い!! と思ったら雪が舞っているではないですか
もちろん積もるような雪ではないのだけど、バス停まで歩いている間に肩にふんわりと雪の雲ができてました

このバス停からは天神と博多駅へ向かうバスが出ていまして、それぞれがふた通りの路線を通るってことで計4通りの路線
目的地を決めバスを選ぶのではなく、最初に来たバスに乗り、その行先でランチをいただくことにするのが暇を持て余しているワタシの楽しみごとになったのであります



L1060112-1.JPG
今日のバスは那の川経由の博多駅行き
ならば、途中にフォルクスがあったはずと、途中下車をいたします
フォルクスといいますとサラダバーを擁したステーキハウスの走りであったと思うのですが、その後多くのチェーン店がディスカウントの道を歩む中、こちらだけは当初の路線を変えることなく頑張っているのであります
こちらのお店は、経営会社が変わったことで屋号が変わったり店舗数を縮小したりしているなかで、30年ほど同地で変わらず営業を続けいているところを見ますとかなりの繁盛店であろうと思われます


L1060115-1.JPG
14:40頃に伺ってみますと満席の状態でありまして、5分ほどではありましたが席待ちをいたします
来店されているお客さまは、ファミリーやカップルが中心でありまして、想像以上に若い層に支持されているようですね


L1060116-1.JPG
焼き立てパンやスープ、そしてサラダバーと料理を注文するとフリーでいただくことができるのですが、そのメインであるはずのサラダバーがこれではちょっと情けない感じでありあす
あのサラダバーで有名な新興チェーンもそうなのですが、原価を意識するチェーン店のサラダバーには葉野菜が少なく魅力に欠けるのですよね


L1060119-1.JPG
ですから、いただいたものはこんな感じ
何度でもいただくことができるとは言え、この小さな器はどうしたものでしょうね
少々のレタスとポテトサラダ、それにコーンと枝豆をいただくことにいたします
さんざんと文句を言わせていただきましたが、品数は少ないモノの、その管理はしっかりとしていまして、清潔感もありますし、素材の瑞々しさも立派なものでありました


L1060120-1.JPG
ちょうどイベントをやっていまして、いつもは取り扱っていないリブロースがいただけるというのであります
そして、リブロースとはワタシがステーキの中でも一番好きなものでありまして…
200gか300gを選ぶことができるようでありまして、お肉は厚くなくっちゃ美味しくないと300gをチョイスいたします

さすがに300gともなりますと食べ応えあるものでありまして…
食べすすむにつれて鉄板で提供されるステーキの難点が現れます そうだんだんとお肉に火が入り、最初は柔らかくいただけたお肉も後半は固くしまったお肉をいただくことになってしまいました
提供された時とアツアツ感は演出効果もあり素敵なことなのでありますが、こうなるとそれが仇になると言いましょうか 折角の美味しいお肉も残念なものになってしまうのであります



焼き加減はミディアムでお願いし、提供された商品も見事なミディアム状態でありますし、更には注文を取ってくださった方から「焼き加減は如何ですか?」との声かけ
お客さまの好みを聞いたのでありますから、その要望にきちんと応えられているのかを確認してこそ完結ってことですね
こんな基本的なサービスができていないお店が多いってことが残念なことなのでありますが、それをごく普通にやっていることがこちらの繁盛にも繋がっているのでありましょう



【VOLKS】
福岡県福岡市博多区博多駅南3-16-27
092-481-0846


[PR]
by gurumeblog | 2012-12-31 22:26 | チェーン店 | Comments(0)

福岡市営地下鉄空港線赤坂駅:「長浜家」    長浜屋 長浜家 など強豪がひしめく激戦地で長浜ラーメン

L1060099-a.JPG

今日も雨、本当に雨が多い年の瀬でありますこと
雨が降りますと出かける気分を根っこから削がれるのでありますが、部屋に籠っていても何があるわけでもなく…
小雨になるのを見計らって、ランチへと出かけます


L1060100-1.JPG
今日はラーメンをいただくことにしましょうってことで目的地は長浜
長浜とはその名の通り、長浜ラーメン発祥の地なのであります
この地には魚市場があって、そこで働く忙しい人のために茹で時間を少しでも短くしようとしたのが細麺の始まり
そして、体力仕事である彼らの空腹を満たすために始まったのが替え玉のシステムであるとのことでありますね

伺ったのは「長浜家」
ホントは「長浜屋」が目的だったのでありますが、明日からのお正月休みの備えて今日は売り切れ御免とのことで、残念ながらそれに間に合わず…
それにしても、この一角は長浜ラーメンの激戦でありますね
この2軒だけでなく、「長浜ナンバーワン」というお店や「長浜屋台」などが軒を連ねているのです


L1060097-1.JPG
「長浜屋」が閉店していたってこともあるのでしょうか
お店はかなり混んでいますね そのお客さまは観光で来られた方たちなのでしょうか 
ちょっとオシャレをしたカップルやグループのお客さまで、女性の方が多かったことが印象的でありました
今や長浜ラーメンは市場で働く人たちのモノではなく、福岡を代表する観光名所ってことなのでありましょうかね


L1060098-1.JPG
商品はラーメン一本
替え玉や替え肉というシステムがありますから、大盛りやチャーシューメンなどの商品もありません
ですから、入店したら麺の硬さを聞かれるだけで、待たされることなく商品が提供されます
豚骨といえばこってり そう思っている人も多いのでしょうが、長浜の豚骨はすっきり味なのであります
ですから、きっと観光で来られた女性の方にも抵抗なく召し上がっていただけるのではないでしょうか
それでも匂いが気になるようでしたら、紅しょうがをトッピングしていただくなんてことも出来ますし…



【元祖ラーメン 長浜家】
福岡県福岡市中央区港1-1-16 鶴一ビル1F
092-731-0589


[PR]
by gurumeblog | 2012-12-30 18:03 | 福岡県 | Comments(0)

JR鹿児島本線博多駅:「柳川屋」   国内産のウナギにこだわる専門店でいただくお手軽ランチ

L1060089-a.JPG

博多駅前
この辺りには多くのオフィスがあるため、そこで働く人をターゲットとした飲食店も数多くあるトコロである
ならばきっと美味しいお店があるに違いないとちょっと散策してみることに…



L1060068-1.JPG
大通りにはチェーン店ばかりが立ち並んでいるため裏通りを歩いていると、どこからか美味しそうな蒲焼の香りがしてくることを発見
その香りの元はこちらのうなぎ店であります
長年ウナギを焼き続けたことで炭火の煤や焼かれたタレの芳ばしい香りがしみ込んだような、歴史を感じる店構えが商品の美味しさを教えてくれているように感じます
で店頭に置かれた看板を見ていますと、とっても気軽にいただくことができるランチのメニューが用意されていますので、今日はココでランチをいただくことに決定であります


L1060087-1.JPG
お手頃なお値段で美味しいウナギをたっぷりといただくことは無理なことでなのでありますが、ウナギはやっぱりいただいてみたい
そんな我儘なお客さまの気持ちを察したような商品が揃えられています
そんな中から“3色炙り丼”をいただくことにいたします
3色とは豚肉と鶏肉、それにウナギでありまして、それぞれを芳ばしく焼き上げたものが丼の上に乗せられているのです
しかも、半熟に仕上げられたポーチドエッグが添えられていまして、このとろりとした黄身がご飯と絡んで、とっても美味しくただくことができますね


L1060091-1.JPG
ランチでいただくお手軽な商品であるにもかかわらず、お吸い物には肝が入っているとは驚きであります
きっちりと出汁が出ているモノでありまして、これまた美味しくいただきました
やっぱり、本物を提供するお店は細部にもこだわりがあるのですね



「本日は宮崎産ウナギを使用」と書かれた看板が出されていることから、こちらが使うウナギは国産にこだわり、その時々で最も良いモノを厳選していて入荷されいるのでしょうね
今日いただいた丼には4分の1尾ほどしか使われていませんが、その美味しさは十分に堪能させていただくことができました



【うなぎ処 柳川屋】
福岡県福岡市博多区博多駅前3-10-14
092-451-7105


[PR]
by gurumeblog | 2012-12-29 18:29 | 福岡県 | Comments(0)

福岡市営地下鉄空港線赤坂駅:「かほうや」   優しいお味のお出汁が身体に染み込むようなおうどん屋さん

L1060066-a.JPG

今日も雨
福岡ってこんなに雨が多いところでしたっけ?
なんて愚痴をこぼしたところで晴れ間が出るわけでもなく、傘を片手にお出かけであります
バス停までテクテクと15分ほどの山下り 行きはヨイヨイ帰りは… 



L1060061-1.JPG
先日から気になっていた「かほうや」さん
歴史あるおうどん店ではありませんが、どことなく美味しさ感が漂う雰囲気に惹かれていたのであります
老舗感や本物感を感じさせてくれる大きな暖簾 それに程よい解放感から入り易さも感じます
お店って、そんな雰囲気作りがとっても大切なことなんですよね


L1060063-1.JPG
店内はすっきりとしたデザインでありまして、ココなら女性一人でも抵抗なくは理想でありますね
事実、ご近所にお勤めの方でありましょうか、おひとりさまの女性客も数人いらっしゃっていますね
お昼の忙しい時間は過ぎているのですが、お客さまが絶えることない人気店であるようです


L1060067-1.JPG
メニューを眺めますと、そのTOPにあるのが“かほう天”なる、これまで耳にしたことが無いモノ
聞いてみますと、ごぼう天であるとのことではありますが、通常のスティック状にされたごぼうの天ぷらではなく、薄くスライスしたごぼうをかき揚げのようにあげたコチラのオリジナルであるとこと
ならば、それを乗っけたおうどんをいただくことにいたしましょう
もちろん定番である鶏天も乗せて…


L1060065-1.JPG
美味しいお出汁であります
昆布とカツオのダブル合わせ出汁 これがとってもスッキリとしていまして…
その優しさが身体に染みるようでありますね

コチラのおうどんは自家製の手打ち麺であります
博多うどんというよりは讃岐うどんを博多の人に好まれるように柔らかめに茹でたようでありまして、それほどのコシはありませんが、しっかりとした粉の美味しさを感じることができるものであります


なんと、そんなこだわりの麺を3玉までなら追加料金なしでいただけるそうでありまして… 
これはありがたいことだと、ふた玉でお願いした上に稲荷までいただいてしまいましたのでもうお腹一杯
雰囲気良し、味良し、ボリューム良し
これは近所にあったら通ってしまいそうなお店であります
ごちそうさまでした





【匠家の麺づくし かほうや】
福岡県福岡市中央区赤坂1-6-21
092-741-3313


[PR]
by gurumeblog | 2012-12-28 17:59 | 福岡県 | Comments(0)

福岡市営地下鉄空港線赤坂駅:「泰元食堂」    一頭買いをウリにする焼肉屋さんがやってるお肉食堂

L1060052-a.JPG

今日もお気に入りの街である警固へとランチへ出かけます
良い天気なのではありますが気温はそれほど上がらずちょっと肌寒さを感じますので温かいおうどんにしようかとも思いましたが、お肉の魅力も捨てがたく…



L1060050-1.JPG
こちらは一頭買いをウリにしている焼肉屋さんがやっているお肉料理の定食屋さんでありまして、美味しいお肉が手頃なお値段でいただけると人気のお店であります
13:30過ぎに伺ったのでありますが、まだまだ満席に近い状況であります
それで、1席空いていたカウンター席を勧められたのですが、その隙間にワタシの体が入るような気がしなかったってことで、お店の一番奥にある2名掛けの小さなテーブル席をいただきます

お客さまは近隣のサラリーマングループやOLさん、それにカップルの方もいらっしゃっているようですね
年齢的にも幅広く、いろんなお客さまに支持されているようでありますね
メニューは以前に伺ったときよりもメニューが絞り込まれているようで、日替わりランチと呼ばれるものと、日替わりで提供されるステーキ定食、定番であるハンバーグ定食とミックスグリル的な泰元定食の4種類
ハンバーグは焼きあがるまでに15分程を要するようですが、そのほかの商品はメニューを絞り込んだことでスピーディーな提供が実現しているようですね
選ぶ楽しさこそ失われますが、料理が早く提供されることでお客さまの回転が速くなり、お客さまにとってもお店にとっても良いこと尽くめってことであります


L1060054-1.JPG
いただきましたのはステーキ定食
本日のステーキは“カメノコ”“ヒウチ”“ウチモモ”の3種が用意されていたようですが、霜降りのモモ肉である“ヒウチ”は既に売り切れであるとのこと
ならば“シンタマ”とも呼ばれる“カメノコ”をいただくことにいたしましょう
脂はそれほどありませんが、お肉の身質は柔らかく、旨みがあるものですから、ワサビ醤油でいただきます

ボリューム的には120~150ほどでありましょう 
ワタシにはちょっと物足りなさもありましたので、お肉の大盛りなんてものがあると嬉しかったりもするのですがね


安く売ることでお客さまを集めようとするお店も多くありますが、こちらのように決して安くはないお値段であっても、そのお値段以上の美味しさを提供することができれば、しっかりとお客さまを集めることができるのですね




【泰元食堂】
福岡県福岡市中央区赤坂1-1-5 鶴田けやきビル1F
092-752-5589


[PR]
by gurumeblog | 2012-12-27 17:18 | 福岡県 | Comments(0)

JR鹿児島本線博多駅:「旭軒」    お手軽なお値段で美味しい餃子が頂けるお店

L1060037-a.JPG

夜、久しぶりに会食であります
福岡に滞在して1週間、特に何の用事もなく暇暇にしていましたので、たまたま福岡に出張していた仲間を呼び出しリニューアルした博多駅で待ち合わせをいたします
駅近くに餃子が美味しいお店があるというので、そちらへ向かおうと危うい記憶をたどりながら…



L1060036-1.JPG
王将の看板を見て「餃子が美味しいお店って王将じゃないよね」なんて言いながら歩いていたのですが、ぐるっと回ってたどり着いたお店は、その王将の隣でありまして…
ちょっと遠回りをしたようですが、無事にお店へたどり着くことができました
裏路地とも言えそうな静かな通りにひっそりと… 決して目立つ場所ではありませんが、知る人ぞ知る そんなお店であります


L1060046-1.JPG
店内は厨房を囲むカウンター席といくつかのテーブル席、そして座敷席と50席ほどでありますが、お店も開店して間がない時間ということで、それほどお客さまもいらっしゃらいませんでしたので座敷席をいただきます
18:00を回りますと続々とお客さまが来店され、あっという間にカウンター席が埋まってしまします
カウンター席から埋まるお店というのは、常連さんに愛されるお店であるって証拠ですよね
(画像はワタシが帰るときに撮ったもので、そのお客さまがお帰りになられた後であります)


L1060043-1.JPG
餃子の専門店ということですから、メニューは至ってシンプルであります
これだけの商品で50席のお店を埋めるということは大変なことでありまして、余程その商品の評判が高くないとできないことなのでありますが…
こちらには持ち帰りだけのお客さまも多くいらっしゃるようですし、上記の通りカウンター席を好む常連のお客さまも付いているようですので、きっとその美味しさに違いはないと確信いたします



L1060038-1.JPG
焼餃子と手羽先が評判であるとのことですので、とりあえず餃子2人前と手羽先6本を注文いたします
一人前10個という餃子でありますが、博多の名物である一口餃子でありますので、あっという間に平らげてしまいまして…
さらに2人前を追加していただきました
サクッと焼かれた皮に包まれたサッパリとした餡、これを柚子胡椒を溶かした酢醤油に浸けて…
ピリッと辛く柚子の香りが漂うスッキリとした味わいで何個でもいただくことができそうです


L1060040-1.JPG
そして手羽先
こちらも時間をかけてじっくりと揚げておられるのでしょう パリパリッとした食感としっかりと味が染みたお肉の味わいが素晴しくって…
これも何本でもいただけそうなモノでありますね


L1060041-1.JPG
そして水餃子
折角ですから全メニュー制覇しましょうってことで、こちらも2人前を注文いたします
パリッと焼かれた皮も美味しいのですが、茹で上げられたモチッとした皮もまた良いモノでありまして…
焼き餃子と水餃子 この組み合わせで更にいくつもの餃子をいただくことができ、こちらのお店の楽しみ方も増しますね




【餃子の店 旭軒】
福岡県福岡市博多区博多駅前2-15-22 産興ビル1F
092-451-7896


[PR]
by gurumeblog | 2012-12-26 22:46 | 福岡県 | Comments(0)

西鉄天神大牟田線高宮駅:「勝龍軒」    半世紀に渡り100円でラーメンを提供する貴重なお店

L1060032-a.JPG

今日もしとしとと小雨が降っています
移動にとっても不便なところに滞在しているワタシにとって、雨というものがとっても困るのであります
日頃、それほど悪い行いはしてないと思うのですがね



L1060023-1.JPG
野間四角近くにある勝龍軒というラーメン屋さん
なんと半世紀も変わらぬお値段でラーメンを提供しているのであります しかもそのお値段が100円というのですから驚きであります
学生時代、高宮駅の前に100円でラーメンを提供しているお店がありまして、そこへ良く通ったものなのですが、そのお店がこちらへ移転したのでしょうか
その頃、“100円ラーメン”とばかり呼んでいましたので同じお店がどうかはわかりませんが…


L1060026-1.JPG
100円というお値段に不安を持ちながらも暖簾を潜ってみますと…
厨房と向かい合った8席ほどあるカウンター席と、その背には6名ほどの立席カウンターという小さなお店でありまして、着席できるカウンターは年配のお客さまで埋まっています
まだ12:00前だというのになかなかの繁盛ぶりであります
あまりに安いお値段でありますとその品質を疑ってしまったりもするのですが、これだけお客様がいらっしゃるのであれば、そんな心配も不要かもしれませんね


L1060033-1.JPG
メニューは100円ラーメンのほかに、とんこつ系として5種、その他ラーメンとして醤油や味噌など4種
すべてが300円以内の商品ばかりが揃えられていますが、餃子といったサイドメニューはありません
女性一人でやっておられますので、当然といえば当然ですね


L1060031-1.JPG
さて、そのラーメン
特にボリュームが少ないなんてこともなく、ちゃんとチャーシューも入っています
気になったのはネギの切り方が荒かったことくらいですかね
チャーシューはモモか肩が使われているようで、ちょっと固くはありますが、しっかりと味が入っていてキチンと美味しいものでありました
もちろんスープだって立派なもので、いただいた後に唇に周りにヌメリが出るなんてこともありませんので、化学調味料を多用しているものでもなさそうです
そう言えば博多ラーメン店の定番であります紅しょうがや高菜漬けなどはありませんでしたが、これなら500円を払っても嫌ではないですね



1日に100杯のラーメンを提供しても月間に30万円にしかならないのですから、原価や家賃を引くと…
良くやっていけるなぁ なんて心配してしましますが、これからも頑張って欲しいですね




【勝龍軒】
福岡県福岡市南区野間1-6-9 丸明ビル1F
092-562-0107


[PR]
by gurumeblog | 2012-12-25 16:25 | 福岡県 | Comments(0)

福岡市営地下鉄空港線赤坂駅:「だるま」  お手頃な定食メニューで揚げたての天ぷらがいただけます

L1060019-a.JPG

福岡には警固という街があって、そこにあるけやき並木はワタシが好きなトコロなのであります
もちろん風景も好きなのですが、何より美味しいものを食べさせてくれるお店が多いことが一番であります
で、今日のランチはそんな街でいただきましょうってことで、牡丹雪が舞う中、お出かけいたします
雪が舞うけやき並木 いつも以上に雰囲気がありステキでしたね



L1060009-1.JPG
今日は天ぷら
福岡には「ひらお」という天ぷら定食の有名店があるのですが、こちらをリスペクトしたことから始まっているとの話も…
そんな老舗的なお店でいただく天ぷらでありますから、自ずと期待が高まろうというものであります


L1060018-1.JPG
イカの塩辛と高菜漬けは食べ放題なのでありますが、きっと常識がないお客さまもいらっしゃるのでしょうね 壁面に「小皿にとったものは残さず召し上がってください」的な張り紙があります
こんなことをしなくてはならないなんて… きっとお店の方も悲しい思いをされているのでしょうね
福岡の方は、この塩辛の好みで、ひらお派とだるま派に分かれるのだとか それほどに魅力的なものでありますから、そんな常識ない方のために廃止なんてことにならないことを願います


L1060015-1.JPG
天ぷらはもちろん揚げたて
今日は、海老3本に野菜2点の海老天定食をいただきましたが、それを3回に分けて揚げたてのモノを席まで運んでくれるのであります
まずは海老が2本、続いて3本目の海老とナス、そして最後に玉ねぎ やっぱり天ぷらは揚げたてをいただくことで美味しさが倍増いたしますね
そんな美味しさにアナゴの1本揚げを追加でいただきます
これがまた、サクッとしていてまったく臭みがないものですから、素材や技術もしっかりしていますね


L1060014-1.JPG
カウンターからは厨房内が丸見えですので、それを覗いていますと大将は手が空く度にエビの殻を剥いているのです
人気がある海老でありますから、1日に何本の海老を剥くのかと想像しますと気が遠くなりますが、そんな手間が美味しい天ぷらと人気の基になるのでしょう



「ひらお」や「だるま」を視察した全国の経営者が、あちらこちらで同様な天ぷら店を開店させてはいるのですが、それは必ずしも成功していないのが現状でありまして…
食文化の違いということもあるのでしょうが、そんな、経営者は、原価であるとか人件費であるとかの効率のことを考えすぎることでありましょう
手間暇をかけて美味しいものを提供する この食べ物屋の原点をキチッと守ることこそが、繁盛の基であると思うのですが…



【天ぷら だるま】
福岡県福岡市中央区大名1-2-15
092-714-3015


[PR]
by gurumeblog | 2012-12-24 23:00 | 福岡県 | Comments(0)

西鉄天神大牟田線平尾駅:「中田中」    カップルでも利用できるおしゃれな定食屋でサイコロステーキ

L1060006-a.JPG

雪交じりの小雨が降る寒い日
所用を済ませてみると、お昼の時間を大きく過ぎた午後3時
こんな時間にランチが頂けるお店があるのだろうかと不安になっていたところで1軒のお店を思い出します

そこは「博多 田中田」という割烹料理の人気店が、その美味しさを気軽に味わっていただくお店として出店した定食屋さんなのであります。
ですから、その味の良さは折り紙付きで、開店当時に伺ったときには行列を成すほどのお客さまで賑わっていたのです


L1050998-1.JPG
福岡の中心街である天神から車で10分ほどのところにある那の川四つ角という交差点
交通量が多い大通りに面したマンションの1Fにあるお店ですし、店前が駐車スペースとなっていますから車ではちょっと見つけづらいかもしれませんね
今日もお店に前にある駐車スペースはいっぱいでありましたし…


L1060001-1.JPG
お店に入ってみますと15:00という時間でありながらもほぼ満席の状態でありまして、大テーブルにあった残り僅かな空席をいただくことができました
その雰囲気がオシャレということからか、お客さまの多くは若いカップルでありました
カップルで気軽に利用できるおしゃれな定食屋さん これって有りそうで無いお店でありますね


L1060004-1.JPG
定食屋と言えば和食 そんなイメージでお魚料理をいただくつもりでお店へ入ったのでありますが、メニューを見ていますとサイコロステーキという文字が目に飛び込んできまして…
しかもそのお肉が黒毛和牛となれば、それを頼むしかないでしょう
ってことで、それをお願いいたします
待つこと5分強 やって来たのは、ソースが見事にお肉に絡んで艶々とした輝きを放った、見るからに美味しそうなモノ
しかもお肉と一緒に、ナスやネギが炒められているのもうれしいですね
お肉の表面はパリッとしているのに、その中はとってもジューシーでありまして、その柔らかさが“これぞ黒毛和牛”って感じであります

サラダもシャキッとしてますし、ご飯も艶々でアツアツ
しかもご飯のお供として、海苔の佃煮や梅干し、卵焼きまでが添えられていて…
美味しいだけでなく、これほどの至れり尽くせりの心づくしに大満足であります


メニューも以前伺った時よりも充実しているように思えますし、美味しさも増したような…
そんなことが、お客様の支持を守っているのでしょうね



【キッチン 中田中】
福岡県福岡市南区那の川2-4-32 シングルレジデンス平尾1F
092-533-1313


[PR]
by gurumeblog | 2012-12-23 22:03 | 福岡県 | Comments(0)

西鉄天神大牟田線高宮駅:「長住喫茶堂」   ステーキけんの跡にオープンしたオシャレなお店

L1050990-a.JPG

しとしとと雨が降る中、福岡市の郊外にある長住と言う町を散歩してみる
この辺りには多くに住宅があることから、スーパーが立ち並ぶトコロでもありまして・・・
ならばきっと美味しいお店も多いに違いないと思ったのですが、このあたりには駐車スペースが無いことからか、人通りも疎らでありまして、テナント募集の看板が出ている空きテナントが多く目に付きました



L1050987-1.JPG
そんな中、一軒のシャレたお店を見つけまして、そこでランチをいただくことにいたします
出店コストを削減することや管理の簡素化ばかりを考えているチェーン店とは異なりまして、お店に周りには芝生や植栽があり“癒し”を感じさせてくれるものであります。
緑って、人の心を安らかにしてくれるものですから、飲食店には必要なモノであるように感じます


L1050991-1.JPG
カフェレストランとありますから、喫茶商品を主力に軽食系の商品が用意されているのかと思いきや・・・
メニューを見ますとハンバーグレストランのように思えるほど、ハンバーグの品揃えが充実していますね
ならば・・・ とも思いましたが、ハンバーグセットと言う気分でもなく、さりとて他に気になる商品も見つからないので、ハンバーガーをいただくことにいたします

10分ほど待ったでありましょうか やって来たハンバーガーがコレ
画像ほど見た目のボリューム感が無く、失敗したことを予感させるものでありまして気分が下がります
パティにはデミソースのようなモノが掛けられてはいますが、ケチャップやマスタードなどを持ってきてくれる気配も無く・・・
忘れているのかと尋ねてみますと、小さなスフレ皿に入れられたケチャップを持ってきていただけたところを見ると、忘れていたのではなくそういったサービスが無いってことなんですね

いただいてみますと、パティは思った以上にジューシーなモノでありますし、疲れている野菜もシャキッとしていて良い感じであります
特に水にさらされたオニオンの美味しさにはビックリであります
バンズも、この辺りで有名なパン屋さんから仕入れているようで、芳ばしく焼かれた表面はカリッとしていますし、生地はモッチリでありましてなかなかのモノですね
なのですが、トータル的にはどうなのかと申しますと、インパクト不足というか、コレといった味の決め手も無いモノでありまして・・・
ちょっと残念でありますね
ビンで提供されるコカ・コーラにちょっと懐かしさを感じました


L1050996-1.JPG
店内はゆったりとした客席のレイアウトでありまして、その開放感と言いましょうか、
ステキな空間でありますから、ココで過ごす時間は心地良いものでありました
入れ替わりが激しい物件であるようですし、コレだけステキな空間なのでありますから、スタッフの教育や商品のレベルを高めることで、更に良いお店に育てて欲しいものですね



【長住喫茶堂】
福岡県福岡市南区長住2-20-10
092-408-8387


[PR]
by gurumeblog | 2012-12-22 23:58 | 福岡県 | Comments(0)