ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅:「金丸」     銀座でひとり、ラーメンを啜る夜

L1070180-a.JPG

打ち合わせを済ませた夜、銀座でひとり飯とあいなります
ひとりでの夜ご飯となりますとその選択肢はかなり絞られるものでありまして、このまま家に帰ってコンビニ弁当で済ませようかもとも思ったのですが…
やっぱりそれじゃ寂しすぎると、少し探してみることにいたします


L1070177-1.JPG
テクテクと歩き回っていて偶然に見つけたこのお店 なかなか美味しそうな店構えではないですか
更にそこが久留米らーめんのお店とあらば試さざるを得ないでしょうってことで暖簾を潜ります
久留米と言えばとんこつラーメン発祥とも言われているところでありまして、その濃厚でこってりな豚骨が特徴なんですよね


L1070178-1.JPG
カウンター席だけの10席ほどのお店ですが、そこには女性のひとり客が…
何だか、こういったお店で一人でラーメンを啜る女性って格好よく見えてしまいます
厨房を囲むカウンター席でありますから、茹であがった麺の湯切をする姿などを見ることが出来、臨場感満載なところもステキなお店であります


L1070179-1.JPG
初めてもお店でもありますし、こちらの基本メニューであるシンプルな“ラーメン”をいただくことにいたしたのですが、やっぱりコレだけじゃ、ちょっと物足りないような気もして…
チャーシューをトッピングすることにいたします
それが1枚100円と言う頼みやすいシステムでありましたので、2枚をいただくことにしました

豚骨をキレイに洗って煮込んでいるのでしょう まったく臭みを感じることがないスープは、豚骨が苦手と言う人にも食べていただけるモノではないでしょうか
そんなスープだからこそ、先のおひとり様である女性のお客さまが来られたりするのでしょうね

麺は博多ラーメンよりも少し太め
そんな麺の茹で加減も選ぶことが出来るようですね 本場である久留米にはそんな文化はなかったと思うのですが、これも今の時代には必要なことなのもかも知れませんね
同様に、積極的ではないようですが替え玉のシステムもあるようでして… それだけ長浜のラーメン文化が全国区になっているってことですかね


濃厚なスープを頭に描いていただけに、ちょっと物足りない感じであったのですが、卓上の置かれた辛子高菜をスープに入れて…
とっても美味しくいただくことが出来ました



【久留米らーめん 金丸】
東京都中央区銀座1-13-9 栄楽ビル1F
03-5524-5901


[PR]
by gurumeblog | 2013-02-28 21:23 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄大江戸線麻布十番駅:「ラム東京」   本場熊本の老舗馬肉料理店の味を東京で

L1070156-a.JPG

馬肉料理の本場である熊本に本店を構えるお店が麻布十番にあると聞き、会食の場をそこに決定いたします
昨日も九州料理と言うことで馬刺しをいただいたのでありますが、サッパリとした馬肉ですから、連日であっても苦にならないのです



L1070137-1.JPG
麻布十番駅を出て、3分ほど歩いたところにあるビルの7F ピーコックのお向かいのビルでありますから比較的わかりやすい場所ではあるのですが、ビルの階下に販促物を出すようなこともなく、ビルの壁面に埋め込まれたシンプルな看板だけが頼りですから、初めてだとちょっと見つけづらさや入りづらさがありますね
30席ほどのそれほど大きなお店ではありませんから、自信ある商品を提供することで、リピーターを獲得されているお店であるようです


L1070141-1.JPG
メニューは4,500円から8,500円ほどのラインナップがなされたコース中心でありまして、そのメインは馬肉の焼肉としゃぶしゃぶ
今日はお手軽な焼肉のコースをいただくことにいたします

牛肉のそれほど甘味やコクは強くありませんが、その分サッパリとした旨みを大根と一緒に楽しめるスジの煮込みをいただいたあとに馬刺しをいただきます
九州醤油の甘みとニンニクやしょうがの薬味がお肉の旨みを引き立ててくれますね
牛刺しをいただくことが困難になった今、生肉の美味しさを楽しめるってことが嬉しいですね
そして、こちらのお店が商標を持っているという「さくら納豆」
納豆と細かく切られたお肉をよく混ぜて、それを海苔に乗せていただくのですが、これがこれが癖になるほどの美味しさにビックリでありました


L1070160-1.JPG
焼肉はクラシタと呼ばれる、乗馬する際に鞍を乗せるトコロのにあたるお肉であります
サッパリといただける赤身と、旨みたっぷりの脂がいただけるモノ
そのお肉の美味しさはもちろんなのですが、これを調味している塩ダレが驚くほどに美味しくて、バラヒモと呼ばれるお肉も追加して楽しみました

〆として馬スジを煮込んだカレーをいただくことにしたのですが、お店の方から“とろ桜フレークご飯”との両方を楽しめる小さなサイズの組み合わせを勧めていただき、そんな贅沢な楽しみ方が出来るのならと、迷うことなくそれをいただくことにいたします
熱々のご飯でトロ身の脂がとろけて、玉子の黄身と一体となってご飯粒をコーティングしてくれ、これを一気に搔き込みますとお口の中が幸せいっぱいになります

でこぽんのシャーベットをいただいてお口もサッパリ
美味しい余韻を残して六本木の夜へと移動いたします

ハイセンスなお店で元CAだったいう美人女将の接遇を受けながらの食事
これは接待やデートに使えそうですね
お気に入りです


【Ramu Tokyo】
東京都港区麻布十番2-8-10 パティオ麻布十番7F
03-6809-4123


[PR]
by gurumeblog | 2013-02-27 23:37 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ半蔵門線渋谷駅:「九州」    味の九州一周旅行を楽しめる魅力的な居酒屋

L1070129-a.JPG

原宿でパンケーキのお店を運営する若き経営者との顔合わせ
その方のお店は、2時間近くもの行列を作る大人気店でありまして、近々2号店を出店する計画があるのだとか…
それも100席にも及ぶ大型店であるとのことですから、またまた話題を総ざらいしそうですね



L1070118-1.JPG
そんな元気がある経営者から力をもらえるような楽しい打ち合わせのあとは、宇田川町にある「九州」って居酒屋で盛り上がります
以前銀座にあったこちらの系列店へ数回伺ったことがありまして、ココでいただく馬刺しや鉄鍋餃子、さらにはちゃんぽんの美味しさに魅了されているのです


L1070120-1.JPG
地下へと降りる細い階段を下りますと、そこには昭和な雰囲気満載の客席が広がっていまして、冴えないオヤジが似合いそうなお店であります
そんな佇まいではありますが、ピークの時間ともなりますと女性のお客さまの楽しそうな笑い声に包まれています
もつ鍋と囲む宴でコラーゲンを補給しましょうってことでしょうかね


L1070124-1.JPG
そんなもつ鍋も良いのですが、ワタシかこちらで一押しするのが馬刺しでありまして…
脂身が多い部位や、サッパリとした馬肉に甘みが楽しめる赤身、そしてコラーゲン質そのままの“こうね”と呼ばれるたてがみ部分の脂身
それらを九州の甘みがあるお醤油で さらに添えられる生姜やニンニクでいただきますと、もう至極の幸せを感じるのであります


L1070126-1.JPG
鹿児島のさつま揚げや熊本のからしレンコン、福岡の明太などなど、九州の美味しいモノが盛り合わせされている5点盛りも捨てがたいですし、宮崎のチキン南蛮も必須ですね
店名の通り、こちらのお店に来ると、九州一周旅行をしたように九州を丸ごといただくことが出来るってことが魅力なのです


L1070130-1.JPG
鉄鍋餃子
いろんなお店で同様な商品は提供されていますが、こちらのモノはレベルが違いますね
鉄鍋に引かれた油で嫌な思いをすることもありませんし、熱々の鉄鍋で焼かれるあまりにバリバリに焦げてしまった餃子をいただくこともありませんし…
その出来栄えには、さすがと言う言葉しか思い当りません


L1070135-1.JPG
〆はもちろんちゃんぽん
濃厚でクリーミーなスープにたっぷりの野菜から出た旨みが溶け込んでいまして…  ムチッとした食感の麺との相性が抜群であります

このちゃんぽん
お昼の時間に提供していただけたらコレだけを目的に伺いたいモノなのですが、残念ながらこちらのお店は夜だけの営業なんですよね  あ~~~ 残念。。。



【九州】
東京都渋谷区宇田川町17-2 伸工ビルB1F
03-3463-0442


[PR]
by gurumeblog | 2013-02-26 23:38 | 東京都 | Comments(0)

名鉄名古屋本線男川駅:「ステーキ宮」   お値打ちリブロースとワンポンドハンバーグでお腹いっぱい

L1070108-a.JPG

3月1日開店を迎えるラーメン店の最終チェックへと、愛知県の武豊って町に向かいます
名古屋市の南部に位置する知多半島にある町なのですが、周辺の人口を加味すると10万人以上の商圏が期待できるところでありまして、先日行われたレセプションには多くのお客さまに来店していただくことが出来たようです

三河開化亭 武豊店
愛知県知多郡武豊町平井7-186



L1070103-1.JPG
その帰り道、遅くなったランチをいただくことにしましょうと、岡崎市にある「ステーキ宮」に立ち寄ることにいたします
ココは以前「えちぜん」って和食のファミリーレストランがあったところでありまして、かつてはかなりの人気店であったのですが、いつの間にか新しいお店に変わってしまったのですね

お昼と言うにはあまりにも遅い時間でありまして、こんな時間にステーキなんぞを食べる人はいないだろうけど、チェーン店だからクローズしていることはないだろう程度の気持ちで伺ったのですが…
つい先ほどまで、多くのお客さまがいらっしゃたであろう痕跡があちらこちらのテーブルに残っています
やはり、この場所はお客さまを集めることが出来るトコロなのでありますね


L1070107-1.JPG
タイミングよくイベントやっていまして、それがこのリブロース
リブロース好きのワタシは迷うことなくそれをいただくことにいたします
150gで1500円ほどと、比較的お手頃な価格でありますので、きっと人気の商品であることでしょう
4人で伺いましたので、4種のソースをいただきいろんな味わいも試すことにいたしましょうと…
甘口ソースの捨てがたいですが、やはりオニオンたっぷりでご飯に良く合う“宮のタレ”が一番ですかね


L1070109-1.JPG
メニューを眺めていますとワンポンドのハンバーグを見つけてしまいまして…
ボリュームが多くなったからって味に変わりが出るものでもないのでしょうが、そのボリュームを目で確かめたくって、それを4人でシェアすることにいたします
人数がいるってことは、楽しい会話で食事できるだけでなく、いろんなモノをいただくことが出来るってことも魅力ですね


愛知県には名古屋を中心に展開する「ブロンコビリー」ってお店もありますので、お互いに切磋琢磨していただき、我々消費者に美味しくお手頃なモノを提供していただけるようになれば良いですね
楽しみであります



【ステーキ宮】
愛知県岡崎市欠町字地蔵前25-1
0564-26-3750


[PR]
by gurumeblog | 2013-02-26 12:33 | チェーン店 | Comments(0)

JR東海道線川崎駅:「ビストロ ポチ」  こだわりの素材の鉄板焼きでワインを美味しくいただけるビストロ

L1070090-a.JPG

今週末には3月になろうというのになんという寒さでありましょう
頬が痛くなるほどに冷たい風がビューっと吹くたびに凍えてしまいそうであります
そんな中、仲間と一緒に川崎にある鉄板焼きのお店 さいか屋の裏辺りという地図で見た記憶だけを基に伺ったのでありますが、結構簡単に見つけることが出来ました



L1070085-1.JPG
「ビストロ ポチ」
ポチと言う名前の可愛さが印象的で、一度聞いたら忘れることが出来ないお店の正体は、鉄板焼きをつまみに美味しいワインを楽しみ、お好み焼きで〆るという珍しいスタイルのお店でありますね
そんなお好み焼きのソースは、香川県にある「ふみや」っていう老舗お好み焼きの門外不出のオリジナルなのだとか…
かなり期待が高まります


L1070086-1.JPG
おとなのの週末』や『東京カレンダー』に取材されたというから、かなり本格的な大人のお店であろうと想像していたのですが、お店の扉を開けますと、若いスタッフの方に迎えられまして…
そのギャップにビックリしながらも、案内されるがままに2階にある客席へと階段を上ります
結構小さなお店でありまして、並べられたテーブルの間隔が狭く、そこをサービスするスタッフの方は大変そうですね


L1070087-1.JPG
他のテーブルの方々も注文していた骨付きソーセージや、こだわりを感じるミノやホルモンからいただくことにいたします
商品の提供に時間を要したことが残念ではありますが、ミノのコリコリとした食感や脂がたっぷりとのったホルモンの美味しさで、このマイナス点はしっかりと補われましたね
そしてイチボステーキ
一頭の牛から少量しか取れない希少なモノでありまして、しかもそれがA5ランクのお肉から切り出されたモノというから、その美味しさも納得であります
それほどボリュームはありませんが、高価なお肉が手が届くお値段でいただけるってことが嬉しいですね


L1070097-1.JPG
こちらは“ネギ焼き”
たっぷりのネギを粉で解いて、それを薄く焼き上げたのに出汁醤油を塗って… そんなものを想像していたのですが、提供されたものはちょっと異なったものでありまして… お好み焼きのネギトッピングといったスタイルではありましたが、さすがに自慢のソースであります
コクや風味が美味しいモノでありました


L1070100-1.JPG
小さいサイズがありますので、先のネギ焼きに加えて、海老・イカなどの魚介と豚肉のミックスである“ポチMIX”をいただくことにいたします
基本的にはテーブルに備えられた鉄板で自分たちで焼くのでしょうが、お願いすれば焼いて提供していただくことも出来るようで…
自分たちで焼く楽しさもあるのでしょうが、ふっくらと焼かれた生地の美味しさを味わうにはプロが焼いていただくのが一番ですね
見た目にも美しいお好みでありました



大人の雰囲気のお店を期待して行ったワタシにとって、とっても残念だったのは後ろのテーブルで盛り上がっていたグループ客が騒々しかったこと
楽しく酔って盛り上がるのは良いのですが、周りのお客さまに迷惑をかけるような飲み方はして欲しくないですね
そしてお店側にも、こういったお客さまにきちんと注意していただけるお店に成長していただきたいモノであります



【ビストロ ポチ】
神奈川県川崎市川崎区小川町2-1 美須ビル1F.2F
044-244-5552


[PR]
by gurumeblog | 2013-02-24 23:52 | 神奈川県 | Comments(0)

JR山手線新宿駅:「ごだいご」  しっかりとした調理人の存在を感じる居酒屋

L1070077-a.JPG

新宿で夜
品川から山手線に乗ったのだけど、これが朝のピーク時間と変わらないほどの混雑ぶりでありまして、乗り切れない人が出るほどでありました
新宿で降りても、駅は人人人で溢れていまして、そんな人に酔いそうなほど
いったい何があったのでしょう???


L1070059-1.JPG
そんな新宿駅の中央東口に直結する武蔵野ビルの5階
IFにある看板を見た時には「アジアンキッチンごだいご」かと思ったのですが、実際には「アジアンキッチン」というお店と「ごだいご」って2軒のお店が5Fにあるのですね
美味しいつくね焼があるお店だと聞いていたので、アレッっと思ったんですよね


L1070063-1.JPG
お通しとして出された大根とうずらの煮物
これが、実に美味しくて… 
本来お通しとは、うちのお店の味を試してくださいね 的なモノであるべきと思っているワタシとしては、これだけしっかりとしたお通しをいただけば、これから始まる宴が満足なモノになることが間違いないと確信するのであります
その後いただいた“セロリの浅漬け”なんかも素晴らしいモノでありました


L1070072-1.JPG
お勧めにある“のれそれ”に“〆サバ”をいただいたのですが、これまた素晴らしいモノでありまして…
特にその〆サバは軽く酢に潜らせたもので、生サバが持つ旨みを引き出すためだけに〆られたもの
これだけのものが出せるなんて、よほど仕入に自信がある証ですね
そして、“和牛ロースとアボカドのたたき”
和牛が持つ脂の甘みがを閉じ込めたたたきでありまして、調理のレベルの高さを窺わせます


L1070078-1.JPG
これが名物のつくね焼
粗挽きのブラックペッパーや一味、ゆず皮にねぎと大根おろしがトッピングされていまして、いろんな風味がいただけるのが良いですね
つくねにはたっぷりの軟骨が入っていまして、そのコリコリとした食感も楽しいひと品であります

〆にと“焼きそばオムレツ”と“鮭チャーハン”をいただいてお腹も大満足
駅近というより駅直結でありながらも、あまり積極的に看板などを出していない隠れ家的な雰囲気もありまして…
ココはちょっとブックマークしておきましょう



【ごだいご】
東京都新宿区新宿3-27-10 新宿武蔵野ビル5F
03-3350-8501


[PR]
by gurumeblog | 2013-02-23 23:56 | 東京都 | Comments(0)

JR京浜東北線蒲田駅:「ばんざい」   期待を裏切らないワンポンドのハラミステーキに満悦

L1070040-a.JPG

横浜での仕事を終え、蒲田へと移動いたします
滅多に来ることがない街なのでありますが、美味しいお肉がいただける居酒屋があると聞きつけ、仲間を誘ってやってそんなお肉をいただきましょうってこと
一昨日にもお肉をがっつりいただいたというのに、どれだけ肉食なのでしょう。。。



L1070045-1.JPG
JR蒲田駅からダッシュで1分ほどのトコロ
細い路地を入ったところにある、何とも入りづらいビルの4Fにあるこのお店 エレベーターを降りると、お店の扉を開けることもなく店内へ
そこは、お客さまの笑顔があふれるお店でありました


L1070030-1.JPG
お肉メインのお店かと思いきや、本日のお勧めと言うことで鳴門で揚がった新鮮なお刺身メニューがありまして…
身を厚く切られたお刺身はコリコリとした食感が楽しめる素晴らしいモノでありまして、瀬戸内海の荒波で締まった身の美味しさを堪能させていただくことが出来ました


L1070042-1.JPG
コレですよ! コレ!
お肉料理を得意とするお店が自信を持って勧めているハラミステーキ
しかもそれはワンポンドもある豪快さでありまして、ひとりでいただくにはちょっと… でありますが、仲間とこれをシェアしていただきましょう
一塊のお肉が提供されるものだと勝手に思い込んでいたのですが、食べやすいようにカットされていまして…
想像したほど、見た目の豪快さはありませんが食べ応えがあるモノでありました


L1070043-1.JPG
そして、ステーキと言えばガーリックライス
ニンニクの香りたっぷりで、ほんのりと効いた塩味が食欲をそそります
その中には牛スジが入っていまして、その甘みと旨みが味を引き立てますので、最後のお米ひと粒まで残すことなくいただきました


初めて入るには勇気が必要なお店ではありますが、一度このお肉をいただいたならば、きっとまた足を向けてしまう
そんなお店でありますね
ランチをやっていないのが残念なくらいです



【和洋創作ビストロ ばんざい】
東京都大田区西蒲田7-5-6 FDI蒲田西口駅前ビル4F
03-3735-5770


[PR]
by gurumeblog | 2013-02-22 23:05 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅:「備長」  カリッと芳ばしいひつまぶし専門店でランチ

L1070018-a.JPG

ちょっと忙しい日々が続いていましてお疲れ気味なワタシ ちょっと元気を付けましょうと鰻をいただくことにいたします
ひつまぶしの本元である名古屋に本店を構える「備長」ってお店 ひつまぶしの専門店へと伺います
昨年開業したスカイツリーにも出店しているようで、今が正に旬と言った会社でありましょう



L1070001-1.JPG
銀座マロニエゲートの12階 壁面一面に“ひつまぶし”と書かれた専門店らしい店構え
入り口の横では鰻を焼く姿を見ることも出来まして、美味しさ感が伝わるお店であります
12:00過ごし前に伺うことが出来ましたので席を待つことなく入店できましたが、壁沿いには席待ちのお客さまのために置かれた椅子がズラリと並んでいるところから、週末ともなればココにたくさんの人が並んでいるのでしょうね


L1070008-1.JPG
暖簾を潜りますと、お店の中央に大きなテーブルがありまして、それを囲むように4人掛けや6人掛けのテーブルが並んでいます
一人で伺ったワタシは真ん中の大テーブルに案内されたのですが、そこにはキレイなお花が飾られていましてとっても良い感じでありました
お客さまはスーツ姿の接待とも思える方やご婦人方などなど 皆さん笑顔でひつまぶしを召し上がっておられますね


L1070017-1.JPG
もちろんワタシもひつまぶしをいただくことにいたします
最初に骨せんべいにサラダとうざくが提供されまして、それをいただきながら鰻の焼き上がりを待つことにいたします
15分ほどでメインでありますひつまぶしがやって参ります
こちらの鰻は蒸すことをしない直焼きという焼かたでありまして、カリッと芳ばしい鰻をいただくことが出来るのです


L1070014-1.JPG
「美味しい召し上がり方」と書かれたPOPがテーブルに置かれていますので、それに従いいただくことにいたしましょう
お櫃のご飯を4等分して、一膳目はカリッと焼かれた鰻とタレが染みたつやつやなご飯をそのままいただき、二膳目はそれに薬味を添えてわさびの辛味やねぎの風味を加えて楽しみます
三膳目はさらに出汁をかけてお茶漬けとして…
それぞれに美味しい味わいがありまして、どれが一番とはいいがたいものなのでありますが、最後の一膳はもっともお気に入りのいただき方で〆ましょうってことで、シンプルないただき方である一膳目にわさびだけを加えていただきました
鰻と山椒 この相性も美味しいのですが、ワタシは鰻とわさびっていうのも好きなんですよね

最後にはゆず風味のシャーベットまで提供されて後味もスッキリ
たまの贅沢を満喫いたしました



【ひつまぶし 備長】
東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート12F
03-5159-0231


[PR]
by gurumeblog | 2013-02-21 23:07 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線赤坂見附駅:「ステーキくに」     毎月第3水曜日は美味しいステーキをいただく日

L1060987-a.JPG

『美味しいステーキを楽しく食べる夕べ』
毎月1回 第3水曜日の夜に行われているイベントへ参加させていただきました
そのタイトルの通り肉好きには堪らないイベントでありまして、毎月この日が来るのが楽しみなのであります
ちょっと業務と重なったりして今回は3か月ぶりの参加でありますから、そのワクワクは天にも届きそうなほどであったりします



L1060973-1.JPG
会場となるのは赤坂見附駅前にある「炭焼ステーキくに」
赤坂の一等地にありながら、お手頃なお値段で美味しいステーキを提供してくれる大人気店が催すイベントでありますから、その参加者も大勢でありまして…
一人で参加しても同じテーブルになった方々との出会いや会話を楽しむことが出来る有意義な会でもあるのです
今日同じテーブルを囲んだのはステキなご婦人方でありまして… いつもにも増して楽しい時間が流れていきました


L1060980-1.JPG
美味しいステーキだけでなく、それを彩る様々な前菜が提供されるコース
サーモンアボカドや蟹のスープなどの他に、今回はハンバーグまでもが提供されるとのことで肉好きが喜ぶ、肉尽くしのコースでありました
60人近くのお客さまが集まった会であるにもかかわらず、ちゃんと炭火で焼き上げたものを提供してくださいます


L1060986-1.JPG
熱々の鉄板で運ばれて来まして、それにソースを掛けますと、このシズル感
その香りに刺激され脳がお肉モードに切り替わります
俵型のハンバーグをテーブルで切り分けてくださいまして、テーブルを囲んだ4人でシェアしていただくのですが、あまりの美味しさに1個そのままを食べてしまいたい衝動に駆られます


L1060993-1.JPG
もちろんいつも通りのステーキもたっぷりと!
オーナー自らが客席を回りながら、好みの厚さにカットしてくださるのもこの会の魅力の一つでありまして、気さくな人柄のオーナーと交流も楽しむことが出来ます
サシの脂身が美味しい和牛と、赤身が美味しいモノ それを相盛りしてくださいますから、そのボリュームたるや…
しかしその美味しさから、「こんなに食べられない」なんて言っていた女性の方々もペロッと食べてしまわれていましたよ


来月は第3水曜日が祭日にあたるってことで1日前倒しの19日火曜日に実施とのこと
スケジュールを空けて肉まみれになる日といたしましょう



【炭焼ステーキくに】
東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル1F
03-3519-5529


[PR]
by gurumeblog | 2013-02-20 23:23 | 東京都 | Comments(0)

JR東海道線東京駅:「頂上麺」  東京駅八重洲北口改札を抜けて熱々のフカヒレ麺をいただきます

L1060919-a.JPG

今日は寒いです 雪が舞ってます
そんな日には、グツグツと熱々なモノが恋しくなるものでありまして、東京駅のキッチンストリートにある、あのお店へ伺うことにいたしましょう



L1060927-1.JPG
お店に着いたのがまだ12:00まであったってことで待つことなく入店することが出来たのですが、お店を出た時には席待ちのお客さまの列が…
東京駅構内と便利な場所にあるってこともありますが、2000円ほどの予算を必要とするお店であるにもかかわらず、平日のお昼から列を作るなんて…
やはり単純に値段が安いお店だけでなく、支払う代金以上の価値を感じることが出来るところにはお客さまが集まってくるのですね


L1060921-1.JPG
フカヒレ飯をいただこうかと思ってこちらへ伺ったのですが、フカヒレ麺とエビマヨがセットになっている商品の魅力に負けまして、それをいただくことにいたします
このセットメニューの麺は基本的はハーフサイズなのだそうですが、300円をプラスすることでフルサイズに変更することが出来るとのことでありましたので迷うことなくフルサイズで…
混んでいる時間帯ではありますが、ほとんどのお客さまがフカヒレ麺を注文しているってことで調理の効率も良いのでしょう 待たされることなく商品が提供されました


L1060922-1.JPG
プリプッリな海老が3個も乗ったエビマヨであります
最近、こういった海老本来のプリプリ感を提供してくれるお店が少なくなっていることを残念に思っているところでありましたので、余計にその美味しさを堪能させていただけました


L1060923-1.JPG
添えられていたご飯に麺をいただいた後のスープをかけてフカヒレ飯の出来上がり
簡易的ではありますが、念願だったフカヒレ飯までいただくことが出来まして“ひと粒で2度美味しい”までも堪能いたします

〆にはプルンプルンの杏仁豆腐までもをいただいて、身体の芯からポカポカ、心も温まりましたし、当然お腹も大満足
ご馳走さまでした



【頂上麺 筑紫楼ふかひれ麺専門店】
東京都千代田区丸の内1-9-1
03-5224-6080


[PR]
by gurumeblog | 2013-02-19 23:22 | 東京都 | Comments(0)