ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2013年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧

東京メトロ日比谷線銀座駅:「鳥ばか一代」   焼鳥だけじゃ勿体無い これからの季節は美味しい鶏鍋で…

PA311859-a.JPG

日中に2件の打ち合わせを終えて、夜は友人と楽しくお食事会であります
お互いが集まりやすいと言うことで銀座なのでありますが、気楽な食事でありますので高級店は避けて…
リーズナブルでありながらも、美味しい料理を提供してくれるであろうお店を探します


PA311828-1.JPG
プランタン銀座の裏手にあって、「鳥ばか一代」というユニークな店名とその大きな看板、そして銀座の街並みに同化しない民家風の建物が一際目立っているお店であります
看板には焼鳥とありますが、その佇まいから美味しい鳥料理がいただけるお店であるに違いないと予感して…
一度お邪魔してみたいと思いながらもなかなかその機会が無かったのでありますが、ようやくお邪魔する機会に恵まれました


PA311834-1.JPG
暖簾を潜って、引き戸を開けて…
店内に入りますと、照明を落とした落ち着いた雰囲気であります
調理場と対面するカウンター席では目の前で焼かれる焼き鳥を眺めることが出来るモノでありまして、その臨場感と調理人との会話を楽しむことが出来るようでありますし、通路を挟んだ後ろには個室風に格子で囲まれたテーブル席があって… こちらではちょっとした会食を楽しむことが出来そうですね


PA311844-1.JPG
先ずは焼物を少々いただくことにいたします
水郷赤鳥と特選比内地鶏の朝引きにこだわっているらしく、見た目の大きさだけでなく、その締まった身の美味しい食感が楽しめるモノでありますね
山芋の串焼きではシャキッとした食感が楽しめ、砂肝胡瓜でも新鮮でみずみずしいきゅうりの美味しさを味わうことが出来まして…
これからいただきます、メインのお鍋への期待も高まります


PA311854-1.JPG
と、その前に大好物である出汁巻き玉子
奥久慈卵が使われていると言うことで、濃厚な卵の旨みと、ジュワっとお口に広がる出汁の風味がバランス良くて…
チェーン店のように焼き置きされたモノを温め直して提供されるのではなく、ちゃんと注文が入ってから焼いて下さるってことも美味しさの基本でありますね


PA311841-1.JPG
PA311839-1.JPG
お鍋に火を点けてコトコトとやってますと、濃厚で白濁した鶏がらスープの香りが広がって… もう、その時点で美味しさを確信いたしますね
キャベツがしんなりとして、その甘味を吐き出したころ、他の野菜も加えてもうひと煮立ちさせます
それをこのお鍋のスープでいただくも良し、ポン酢でいただくも良し 
大好きな柚子胡椒が添えられていましたので、ワタシはスープメインでいただきましたよ
鶏肉はタタキ状に皮目が焼かれたモノが提供されていますので、赤身が無くなるくらいに軽く火を加えていただきますと、その弾力ある食感と旨みたっぷりの味わいを楽しむことが出来るモノでありました

〆はもちろん雑炊
お店の方が丁寧に手際よく作ってくださいますから、お店のこだわりなどお話を伺ったりとコミュニケーション出来ることも美味しさのひとつであります
出来上がった雑炊を器によそって、残していた柚子胡椒を加えて…
そうしますと、旨みが詰まった甘いスープにピリッとした刺激が加わり、味が締まった感じがいたしまして、最後まで飽きること無くいただけますね
もちろん大満足であります


PA311862-1.JPG
デザートは濃厚半熟プリンと柚子シャーベット
プリンをいただくことで最後までこだわり卵の濃厚な味わいを楽しむも良し、後口をサッパリとさせてくれる柚子のシャーベットをいただくも良し
それぞれ特徴がある二品でありますから、それぞれの、その時々の気分でいただけますね


今日いただいた鶏がら鍋のほかに、ちょっと珍しい鳥すき焼きという商品がありまして…
それはそれで美味しいに違いないと思わるモノでありますから、次回はそれをいただくことにいたしましょう
これからは鍋の季節でありますので、利用させていただき機会も増えそうですね



【鳥専門個室 鳥ばか一代】
東京都中央区銀座3-3-8
03-5524-3240


[PR]
by gurumeblog | 2013-10-31 23:26 | 東京都 | Comments(0)

東急東横線代官山駅:「ブラッカウズ」    黒毛和牛100%のパテを使ったハンバーガーがいただけます

PA311816-a.JPG

打ち合わせを終えて、どこかでお茶でも…
ランチは済ませていたのですが、少し小腹がすいたような気もしますし、次の打ち合わせまでは時間もあるってことで、開店以来、気になっていながら伺うことが無かったハンバーガーのお店へ伺うことにいたします
恵比寿駅からメインである通りとは異なる生活道路を歩いて5分ほど
そこは坂の下からもその存在がわかるほどの存在感を持つお店でありました



PA311823-1.JPG
「ブラッカウズ」
ご存知の通り、行列が出来るハンバーグのお店として、未だにメディアに取り上げられている「ミート矢澤」の姉妹店であります
3年ほど前にオープンしたお店でありまして、「ミート矢澤」の美味しいハンバーグならば、ハンバーガーでも美味しくいただけるに違いないと話題になっていたのですが、お邪魔するのは初めてのことであります


PA311815-1.JPG
店内はスタイリッシュに造られていまして、調理している姿を望むことが出来るオープンキッチンが特徴的でありまして、ピカピカに輝くキッチンと言うのは本当に美味しいもの
まるでステージを見ているかのようでもあります
でありますから、そこで働くスタッフは演者と言うことでもありますので、常にお客さまに見られているという意識が必要でもありますね


PA311817-1.JPG
シンプルなハンバーガーを… とも思ったのですが、やはりハンバーガーにチーズは外せないでしょってことでベーコンチーズバーガーをいただくことにいたします
こちらのパティはグリドルで焼かれるふっくらとしたタイプでありまして、そのジューシー感を味わうモノでありますね
上質なお肉が使われていると言うことで、その甘味が強いパティではあるのですが、みじん切りに去ら多オニオンのシャキッとした食感と辛味がアクセントになっていまして、なかなか美味しくいただけるモノでありました


PA311818-1.JPG
夜にも会食を控えていましたので軽く済ませるつもりだったのでありますが、折角伺ったのだからとサンドもいただくことにいたします
“ローストビーフたっぷりサンド”
見た目はとってもステキなのでありますが、ホットサンドとのカテゴリーにある商品であるにもかかわらず冷たいモノでありまして…
更にはたっぷりと言う割にはそれほどでもないローストビーフのボリューム
これにはちょっとガッカリではあるのですが、そのお味としては悪くはありませんね


ミシュランガイドで星を獲った焼肉店にお肉を卸しているということで話題になった「ヤザワミート」
「ミート矢澤」の大成功に続いたホルモン焼きの専門店「ホルモン稲田」も大盛況であるようで…
いまや唐揚げの専門店の他、こちらのハンバーガー店など多店舗化に踏み出しているようですね
美味しいお肉をいただくことが出来るお店が増えると言うことはありがたいことではあるのですが、多店化のために効率を追求するようなお店にはなって欲しくはありませんね



【BLACOWS】
東京都渋谷区恵比寿西2-11-9 東光ホワイトビル1F
03-3477-2914


[PR]
by gurumeblog | 2013-10-31 17:52 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線日本橋駅:「嶋村」   老舗ならではの歴史や技を堪能できる日本橋の名店で“金ぷら重”

PA301811-a.JPG

テレビ番組制作会社より番組制作の監修をしてもらえないかとの依頼を受けまして、その打ち合わせをして参りました
飲食店開業をドキュメントするという番組企画でありまして、その開業にあたり、失敗が予測される点を洗い出し、その改善方法をアドバイスすると言うものでありまして…
今回は特番と言うことでありますが、来春からのレギュラー化を狙っているとのことですので、それが実現すると楽しそうですね



PA301800-1.JPG
そんな打ち合わせの前にランチをいただこうと、日本橋の老舗店「嶋村」へお邪魔いたいたします
今の時代溢れているグルメ本でありますが、実は江戸時代にも同様なモノが存在していたとのことでありまして、そのスタイルは相撲番付のようなモノであったのだとか…
そんな番付にも名前が乗っているこちらのお店は、嘉永3年(1850)の創業と言うことでありますから、老舗中の老舗ってことでありますね


PA301804-1.JPG
伺ったのはお昼の営業時間ギリギリのことでありまして、既に先客は全てお帰りになられてしまったようで、ひとりぽつんと食事をいただくことになりました
このような環境での食事は緊張してしまうモノなのでありますが、そんなタイミングであるにも関わらずスタッフの方が笑顔で迎えてくれたお蔭で、美味しくお料理をいただくことが出来ました
開店直後屋や閉店間際というのは最もお客さまに不快感を与えることが多い時間でありまして、その不快感から徐々にお客さまを減らしてしまうケースが多いのですが、こちらのような対応でありますとその心配はないようですね


PA301808-1.JPG
いただきましたのはこちらの看板料理であります“金ぷら重”
江戸の時代には天ぷらのことを金ぷらと呼んでいたようで、その名残を今の時代にも残していらっしゃるのですね
提供さレた金ぷら重は器から海老の尾がはみ出したものでありまして、上蓋を開けると美しそうな大海老がドーンと2本 その長さは150mmほどでありましょう
サクサクであろうことが見ただけでもわかる天ぷら 食欲をそそる、香り豊かな丼タレを纏った芸術的な姿は、思わずヨダレがこぼれそうなほどであります
特別に高価な海老が使われているわけでは無さそうですが、見た目に負けることのない、しっかりとした食感と旨みを感じることが出来るモノでありました


老舗割烹店でありながらランチメニューが充実していていますし、日替わりも含めて1000円前後が中心の良心的な価格設定でありまして…
そのコストパフォーマンスの高さが嬉しい一店であります




【割烹 嶋村】
東京都中央区八重洲1-8-6
03-3271-9963


[PR]
by gurumeblog | 2013-10-30 22:31 | 東京都 | Comments(0)

豊橋鉄道東田本線東八町駅:「モリスパ」  並盛スパゲッティは300g もっちりとした極太麺でお腹も満足

PA291794-a.JPG

10月19日にオープン
昔懐かしいナポリタンとミートソースを気軽にお腹いっぱいいただくことが出来るお店だというので、早速伺ってみることにいたします
女のコとオシャレな雰囲気でいただくイタリアンも良いのですが、ガッツリとお腹を満たすためのスパゲッティと言うのもありがたいことでありまして…
こう言ったお店が近所にあると、かなりヘビーユーズしてしまいそうなお店であります



PA291790-1.JPG
お店の外外壁や駐車場の案内看板に貼られたインパクトある画像がとっても美味しそうでありまして、それを見るだけでお腹がグーッとなりだしそうな… そしてお口にはヨダレが…
いやぁ、見事にお客さまの心を掴む看板でありまして、コレに惹かれて入店されるお客さまも多いことでありましょう


PA291798-1.JPG
店内はカウンター席が中心でありまして、店頭に置かれた券売機で食券を買ってからの着席であります
メニューはナポリタンとミートソースの他にジパングと呼ばれる醤油バターで炒められた和風のスパゲッティと、ハンバーグメニューが3種ほど 今後ステーキの販売も予定されているようですね
スパゲッティメニューは並盛、大盛、メガ盛とサイズが選べるシステムでありまして、並盛でも300gと男性が満足できるボリュームなのでありますが、さらに450g、600gと選ぶことが出来、1kgという裏メニューがあるとの噂も…


PA291794-1.JPG
券売機にも画像が貼られていまして、それがどれも美味しそうな画像でありますので何をいただくのかを迷ってしまいまして…
醤油バターのジパングにかなり惹かれましたが、たっぷりとかけられたミートソースに惹かれて…
コレだけのソースが掛けられていますと、麺とソースとのバランスを考えることなく思い切ってソースと絡めていただくことが出来ますね
って、それでも最後にはミンチが残ってしまうほどにたっぷりでありました もちろんそのミンチも残すことなくいただきましたよ
入口を入ったところにガラス張りの製麺スペースがありまして、そこで作られると言う極太麺は歯応えもあって食べ応え感たっぷりでありますので、並でもかなり満腹感を味わえるものですね


PA291797-1.JPG
そして、ベイシックな和風ソースがかけられたハンバーグもいただいて見ることに…
想像以上に大判のハンバーグはしっかりとした厚みもありまして、そのふわっとした柔らかさとジューシーさが際立ったモノでありますね
ケチャップで炒められたスパゲッティのガロニがたっぷりと添えられていまして、ライスも付くのですがそれが不要なほどにボリューミーなのであります



これだけのモノでありながら、スパゲッティが680円~ ハンバーグもご飯付きで780円~ と言うお値段にも大満足でありますし、カウンター席ということで、ひとりでも入りやすいってことがありがたいことであります
三河開化亭ってラーメン屋さんを展開している会社の新業態ってことで、このようなシステムのお店になったのでありましょうが、これまでになかったスパゲティ屋さんと言うことでこれまた繁盛のにおいがするお店でありますね



【生パスタ製麺所&手ごねハンバーグ モリスパ】
愛知県豊橋市前田町2-16-4
0532-35-7391


[PR]
by gurumeblog | 2013-10-29 22:28 | 愛知県 | Comments(0)

JR飯田線船町駅:「福島屋」   肌寒さを感じ始めたら思い出す湯豆腐と旬の魚

PA281780-a.JPG

業界関係者との会食であります
ワタシの都合で20:00という遅い時間のスタートとなってしまいましたが、楽しい話で盛り上がりあっという間に時間が過ぎてしまいました


PA281758-1.JPG
豊橋市街から離れた住宅地の一角 それもこの辺りに住んでいる人しか通らないであろう細い路地を入ったところにある「福島屋」ってお店
ご近所の方に気を使っておられるのか看板に明かりを灯すこともすことも無く、ひっそりと営業をされていますので、たまたまお店の前を通りがかって入るなんてことは皆無に近いようなところなのでありますが、16:00の開店から満席になると言う人気店なのであります


PA281773-1.JPG
2年ほど前に改装されたのですが、これまでの雰囲気を無くすことなく新しいお客さまにも快適に過ごしていただけるようにと苦労されたことでありましょう
そのおかげで、3代続く歴史を感じながらも居心地好く利用することが出来ます
提供される商品は20品ほどとかなり少なめなのですが、大将が毎朝市場へ出かけ自分の目利きで選んだ、その日の美味しいモノだけを仕入れていると言うお刺身が中心でありまして、何をいただいてもそのこだわりを感じることが出来るようなものばかりなのであります


PA281769-1.JPG
角がピンと立った切り口から技術の高さが窺える鰹や秋刀魚にはたっぷりと脂がのっていまして、とろけるような舌触りから旬を味わうことが出来るモノであります
本当に美味しいモノを仕入れているという自信からか、薄造りの食感では無く、ふぐの旨みを堪能して欲しいとあえて厚めに切られたふぐ刺し まだ、小ぶりなんだけど… と提供してくれた茹で牡蠣は旨みが凝縮したモノ
その時期に一番美味しい食材を選び、その美味しさを最高に引き出せる調理を施しお客さまに提供する そんな姿勢を感じることが出来る品々ですね


PA281778-1.JPG
肌寒さを感じるようになってきたら、ココの湯豆腐が食べたくなるのでありまして…
と言っても、こちらのモノは他のお店でいただくようなシンプルなモノでは無くて、たっぷりと大和芋のとろろが掛けれているのであります
注文入ってからすりおろすと言うとろろは、メレンゲのようなフワフワ感があって香り高いモノ もちろんお豆腐やお出汁も美味しいのですが、このとろろが堪らなく美味しくて癖になってしまうほどのモノなのです
こだわりのあまり一日限定10食ほどだと言うことですし、かなりの人気商品でありますから、早い時間で売り切れてしまうこともしばしばでありまして、なかなかコレにあり付けるってことが出来ないと言う幻の逸品なのであります


PA281784-1.JPG
そしてもう一つの看板商品がコレ 豚足であります
豚足と言えば多くのお店が茹でただけのモノを提供しているのでしょうが、ココではそれにもうひと手間が掛けられていまして… ニンニク醤油で焼かれているのです
この芳ばしい香りのおかげで、豚足がそれほど得意ではないワタシにも美味しくいただくことが出来るのであります
美味しさを残すために細かく切り分けることなく、一足そのままの形で提供されるソレにかぶりついていただくことがこちら流なのでありますね



こんなお店を知っているってことは幸せなことでありまして…
今日のように業界の人間を連れて行っても、間違いなく喜んでいただけるのであります
21:00過ぎには閉店してしまうようですので、なかなか伺う時間が取れないのでありますが、また季節の内に湯豆腐をいただくに伺いたいものであります




【福島屋】
愛知県豊橋市北島町44
0532-52-7439


[PR]
by gurumeblog | 2013-10-28 23:03 | 愛知県 | Comments(0)

都営地下鉄大江戸線勝どき駅:「築地食堂 源ちゃん」   シャリやわさびなど脇役がしっかりとした海鮮丼

PA271753-a.JPG

スッキリと晴れ渡った心地良い日
散歩がてらに「晴海トリトンスクエア」なる商業施設へやって来たのでありますが…
どうしたことでしょう 日曜日と言うのに閑散としていまして、地方都市にある寂れた商業施設にいるかのような雰囲気であります
まぁ、これと言ったメインとなるようなテナントもありませんので、致し方ないことかもしれませんね



PA271741-1.JPG
20店を超える飲食店には「炭火焼肉トラジ」「かつ工房和幸」「旭鮨総本店」など、名が売れたお店が入っていますので、どこでランチをいただこうかと迷うところでありますが…
気分的に“和”な感じでありますし、“築地食堂”って冠に誘われて、こちらのお店に決定であります


PA271755-1.JPG
どこもガラガラな状態だったのですが、こちらのお店にはそれなりのお客さまがいらっしゃったのですが、150席ほどある大きなお店だけに、それでも寂しく感じてしまいますね
場外食堂をイメージされているとのことで、お店の作りはシンプルなモノなのですが、それが気軽さを演出していることが良いのかも知れませんね


PA271752-1.JPG
煮魚などの商品にも惹かれましたが、今日は店名を背負っている“源ちゃん丼”なる海鮮丼をいただいてみますと…
盛られているのは、マグロの赤身と中トロをはじめに、鯛、鯵、サヨリ、鰹、はまち、それに穴子と豪華なモノではありまして… 大葉の裏には“めかぶ”まで隠れていましたよ
丼からこぼれるような… そんなてんこ盛りではありませんが、新鮮さが感じられる上品に盛り付けられたモノも良い感じであります
もちろん練りわさびではあるのですが、そのツーンと鼻にくる辛味や、ひと肌の暖かさと寿司酢の甘みがあるシャリが、それらのネタを更に美味しいものに感じさせてくれまして、満足いくランチでありました



【築地食堂 源ちゃん】
東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
03-5547-1161


[PR]
by gurumeblog | 2013-10-27 20:15 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄大江戸線勝どき駅:「松乃家」    かつ丼メインへと方向転換をした「松乃家」

PA261731-a.JPG

週明けにはかつ丼の試食と言うお仕事が控えているのに…
しかもランチをいただいた後なのに…
偶然に見つけてしまった、かつ丼のファストフード店へと潜入いたします



PA261724-1.JPG
牛丼の松屋フーズが展開するかつ丼のチェーン店
2年ほど前にも訪ねた時にはとんかつと和食ってコンセプトだったように記憶していますが、かつ丼メインへとシフトしたようですね
コレだけの企業でありながら、看板は以前のままと言うのは些か気になるところではありますが…


PA261734-1.JPG
まずは店頭にある券売機で食券を買い、その隣に置かれた冷水器からお冷を準備して… というセルフスタイル  以前はフルサービスだったのですが、ワンコインほどのかつ丼をメインにしたと言うことでシステムも変更されたようですね
入店時に先客はいなかったのですが、立て続けに3組のお客さまが来店されまして… 食事時では無い時間にも利用されるお客さまも多いようですね


PA261730-1.JPG
かつ丼に味噌汁が付いて590円
この手のお店の先駆者は「かつや」ということになるのでしょうが、最近では同様のお店もちらほらと増え始めていますので、これまでのような独壇場って訳にはいかないでしょうね
お肉は柔らかく、お値段を考えますと十分に納得できるものなのですが… 出汁が少なくご飯が美味しくいただけませんし、玉子か固く固まっていたことも残念であります


PA261729-1.JPG
単品価格120円のポテトサラダなのですが、先の丼とのセット価格で700円
ワタシにはポテトサラダと言うよりも、ギャベツサラダにポテトサラダが添えられているようにしか思えないモノ
ポテサラが既成であることは致し方ないことであるのでしょうが、ワタシ的にはこれがふた山盛られていた方がポテトサラダらしいと思うのでありますが…



責任者らしい男性が在庫チェックをされていたのですが…
サイズが合わないシャツでありますし折り目も付いてないモノ しかもズボンから裾が出ていたりしまして、その身だしなみがだらしなく見えてしまいます
決まり事をキチンと徹底するのがチェーン店の安心感だったりするのですが、こう言った姿を見ますと、調理や清掃も適当にやっているのだろうと思ってしまい、リピートする気にはなりませんね



【松乃家】
東京都中央区勝どき4-11-10
03-6219-5033


[PR]
by gurumeblog | 2013-10-26 22:55 | チェーン店 | Comments(0)

JR根岸線関内駅:「来々軒」    札幌の美味しさをそのままに 美味しいチャーシューと餃子も侮るなかれ

PA251718-a.JPG

ここのところ雨が降ったりしますとかなり肌寒さを感じる日がありまして、今日もまさにそんな日
そんな時に食べたくなるもののひとつに味噌ラーメンがありまして、ここ数日はそれが頭から離れなくて…
横浜での仕事終わり、日ノ出町駅で途中下車をすることにいたします
目的は… もちろん札幌ラーメンの老舗店「来々軒」で味噌ラーメンをいただくことであります



PA251709-1.JPG
ワタシがこのお店を初めて訪ねたのはもう20年ほど前のこと
小学生の頃にライライマンなるキャラクターをテレビで見たことがありますので、それを考えますと、もう40年近くも営業されているってことなんですね
以前は伊勢佐木町や長者町にも支店があったのですが、今はココだけになってしまいまして… 残念なことであります


PA251714-1.JPG
永い営業期間の中では改装もされているのでしょうが、このピカピカな厨房は仕事に対する真面目な姿勢の表れでありますね
そんなお店でありますから、一品一品が丁寧に調理されていますし、チャーシューや餃子も手作り、麺は札幌の「西山製麺」さんから空輸で取り寄せられているモノでもありまして…
本格的な札幌ラーメンがいただけるお店として、大のお気に入りなのであります


PA251715-1.JPG
味噌チャーシュー麺
中華鍋で丁寧に作られる味噌ラーメンは白味噌ベースでありまして、特有の甘さや旨味が良いんですよね
ですから、いつも一滴残さずスープを飲み干したくなるんですよね
厚切りにされた大判のチャーシューは、身の旨みは強いのですがちょっと硬さが感じられる肩ロースが使われているようなのですが、それがとっても柔らかく煮込まれていまして… 箸で解けるほどですよ
ですから、そのままチャーシューにかぶりつくも良し、崩して麺とともにいただくも良し 何れにしても激ウマであることに間違いはなしであります


PA251720-1.JPG
そして餃子
プリッとしたジューシーな餃子でありまして、その焼き目がパリッと芳ばしいところが素晴らしいですし、餡がたっぷりと入った大振りなモノであるにも関わらず、必要以上の味が加えられていないシンプルなモノでありますから、ココの餃子はお替りしたくなるほどでなんですよね
ですから、コレを2皿、3皿と頼んで餃子定食でいただきたいくらいですよ


PA251713-1.JPG
メニューも面白くって…
この辺りに競馬場はありませんから、きっとオーナーが競馬好きなのでしょうかね?
伊勢佐木辺りには安売りのチェーン店が乱立してきましたので、かなり厳しさもあるのでしょうがこれからも永く頑張っていただきたいお店でありますね



【来々軒】
神奈川県横浜市中区末広町2-3-11
045-252-9495


[PR]
by gurumeblog | 2013-10-25 22:20 | 神奈川県 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「神谷」  美味しい手料理がいただけるお手頃価格の定食屋さん

PA241705-a.JPG

肌寒さを感じる夜
ご近所で夜ごはんを済ませようと新川へと向かいます
ちょくちょくと利用させていただいてるセルフ式の定食屋さんにしようか、それとも一度お邪魔してお気に入りになってしまった中華料理のお店にしようか そう思っていたのですが、その中華料理屋さんの1軒隣りにある「神谷」ってお店が気になって…



PA241699-1.JPG
お店の暖簾に神谷という屋号とお食事処と書かれているだけで、店頭にはメニューのようなものは一切なく、暖簾の隙間から店内を覗いてみても、壁面にはお酒のメニューががいくつか貼られているだけでありまして…
ココは居酒屋なのか料理屋なのか そしてお幾ら位のお店なのか 全く情報が無く入りづらさを感じるのですが、何となく興味が沸いてしまったのであります


PA241703-1.JPG
店内には先客がひと組
店内にはフライものやハンバーグなどのサンプルが置かれていますが、メニューブックのようなものは見当たらず…
どうやら、そのサンプルにある商品から注文をするようでありますね
ってことで、ココが定食屋さんであることを、ようやく理解することが出来ました


PA241704-1.JPG
目玉焼きが乗っかったハンバーグにも惹かれましたが、先ずは定食屋さんの定番である豚ロースのしょうが焼きをいただくことにいたします
10mmとはいきませんが、そこそこの厚みがあるロース肉が2枚 フライパンで丁寧に焼かれたのであろうことが伝わるものでありまして、表面には粗めに卸された生姜が貼りついています
それはとってもご飯に合う調味でありますし、ご飯も甘いお米の味が感じられる美味しいモノでありました


PA241706-1.JPG
それだけではちょっと物足りないような気がして、もうひと品、魚フライをいただいてみたのですが、それはサクッとした衣が美味しいアジフライでありました
卓上に置かれたウスターソースのほかに、わざわざとんかつソースを持ってきていただけたのですが、ワタシは醤油派なんですよね
特に魚のフライには決まって醤油なのでありまして… タラタラっとそれを垂らしていただくことにいたします
折角ですので、持ってきたいただいたとんかつソースをキャベツに掛けて…


サンプルに書かれたお値段は単品のモノだか、定食のモノだかよくわかりませんでしたが、会計していただいた金額から察しますと、その表示は単品価格であって、ご飯とお味噌汁のセットが50円ってことであるようでして…
年配のご夫婦が丁寧に調理した商品をお手頃価格で提供してくれる定食屋さんに感動であります



【神谷】
東京都中央区新川2-12-9
TEL:不明


[PR]
by gurumeblog | 2013-10-24 23:04 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線東京駅:「竹若」   マグロの剥き身たっぷりの海鮮丼は一度に二度美味しい海鮮丼

PA231692-a.JPG

午後からの仕事の前に、東京駅でランチをいただきます
八重洲口にオープンしたグランルーフで最も目立つ場所にある「竹若」ってお店
1Fはテイクアウトの、そして2Fはイートインすることが出来るお店は、開店以来、気になっていたトコロなのであります



PA231685-1.JPG
厨房を囲むカウンター席と外を眺めるカウンター席だけの小さなお店でありまして、お昼時には行列が出来ていることもしばしばでありまして…
なかなか入ることが出来なかったのですが、今日はタイミング良く席が空いているとのことでお邪魔してみました


PA231686-1.JPG
間口が広く目立つお店なのですが、その奥行きが無くて…
厨房も窮屈でありますから提供されるメニューも限られていてのですが、その商品が魅力的であることから多くのメディアにも取り上げられているようですね
今の時代、あれこれと商品をそろえるお店よりも、こちらのように限られた商品で勝負するお店の方が特徴が明確になって、お客さまにも支持される傾向がありますね


PA231690-1.JPG
そんな商品がコレ
マグロの剥き身がドーンと乗っかっていて、それにウニやアボカド、彩りにはいくらが乗せられた豪華な海鮮丼であります
お昼のメニューはこの海鮮丼“並”と、それに鯛の刺身が付いた“特上”があるだけでして、ほとんどのお客さまは“特上”を召し上がっておられるようですね
この海鮮丼はわさび醤油では無く、ゴマダレでいただくことが推奨されていまして… 
半分ほどをそれでいただいた後は、お決まりのお茶漬けでという最近流行りのスタイルでありますね
トロンとしたマグロの剥き身に、柔らかい食感のアボカド、そしてさらにとろけるようなウニと、滑らかな舌ざわりなモノばかりでありますから歯を使うことが無くいただけそうですし、ゴマの甘みと風味で美味しくいただけますね
添えられたゴマダレの鯛刺しをご飯に乗せていただくお茶漬けも美味しくて…
一度に二度美味しい海鮮丼でありました



駅に隣接していて便利でありますし、お手頃なお値段でもありますから、人気になるのは当たり前のこと
ちょっとピークの時間をずらして伺うことをお勧めいたします



【東京米BARU 竹若】
東京都千代田区丸の内1-9-1 グランルーフ1F/2F
03-6269-9556


[PR]
by gurumeblog | 2013-10-23 23:45 | 東京都 | Comments(0)