ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2014年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

東京メトロ日比谷線六本木駅:「あんど」    水炊きと馬刺し 感じ良い接客に大満足

P3310101-a.JPG

21年ぶりに会う同僚と楽しむランチ
スカイツリーで待ち合わせをしたのだけど、春休みってことでか激混みでありまして、ココではゆっくり食事をいただくことは出来ないと場所を移動して話題のお店へと向かいます
同じ釜の飯を食った同僚だけに、永くご無沙汰していたとは思えないほどに親近感があり、一緒に働いていた頃の思い出や近況報告など話は尽きること無く、あっという間に4時間ほどが過ぎて…



P3310077-1.JPG
夜の西麻布
ちょっと隠れ家的な雰囲気がある「あんど」ってお店で会食であります
水炊きと馬刺しをメインとしているお店であるのですが、スタイリッシュに水炊きをいただけるお店ってことで、そんな演出だけに力が入れられていて、本来のお料理には期待が出来ないのでは? なんて思いもありながら伺ったのですが…


P3310083-1.JPG
お通しに提供される酢モツが苦手だと伝えると、嫌な顔一つなく「明太子はお好きですか?」と対応していただけた上に、炙らないでとのリクエストにも笑顔で応えて下さる臨機応変な対応に感心いたします
そんな好印象で始まった会食はお鍋の前にいくつかのお料理をいただくことにいたします
生のえのきがトッピングされた“生えのきサラダ”
きのこは自体の菌が自己発生を起こすことから生食できる期間は採取後2~3日程度 そんな希少な生えのきはシャキッとしていてフルーティーな香りがして…
あまり見かけることが無い“明太子の天ぷら”なる商品
サクッとした衣に覆われ中はまだ生のまま 炙りとはまた異なる味わいがちょっとお気に入り
熊本を代表する料理の一つであるからしレンコンは、これまでいただいたモノとはその姿が異なり、食べやすい一口サイズに調理されていますね


P3310093-1.JPG
そしてこちらのウリである商品の馬刺し
なんと、コウネやロースにバラなど5種が2貫ずつ盛られて1人前と言うことで、かなりリーズナブルな価格設定がされていますね
これなら、予算をさほど気にすることなく注文できますね
もちろん九州の甘みがあるお醤油が添えれていまして、その甘味が馬刺しの美味しさを倍増させてくれますね
低カロリーで高タンパク
牛肉の生食が禁止されたこともあって、最近ではちょっとしたブームにもなっているようです


P3310100-1.JPG
水炊きです
美味しいスープが取れてるでしょ? と言わんばかりに濃厚なスープをいただくことから始まります
唇にまとわるようなとろみと、程よい獣臭 良い感じでありますね
そんなスープにたっぷりの野菜を入れて… キャベツかしんなりとして甘みが出てきた頃がいただき時であります
ホロホロになるほどに煮込まれた鶏肉は、こだわりのありた鶏
地鶏ならではの歯応えある食感と、そこから滲み出る旨みはお替りしたくなるほどですね
〆はもちろんちゃんぽん麺
ラーメンや雑炊も用意されているのですが、そこはやっぱりちゃんぽんでしょ!
モチッとした食感と、野菜の旨みも足されたスープが上手く絡み合い… 柚子胡椒で調味しても良し、ポン酢を少し垂らしても良し 
明日目覚めたら、お肌がプルンプルンですね


P3310105-1.JPG
色んなデザートが用意されているとのことですから、それを一つずついただきます
ヘーゼルナッツのアイスクリームや柚子シャーベット それにフォンダンショコラやプリンなど手が込んだものまで…
どれも美味しいモノでありましたが、わたしはヘーゼルナッツアイスクリームが一番お気に入りです


実はココのオーナーは、ジローラモさんでありまして、知ってはいましたが、お店の方にさり気なく聞いてみますと口を濁していましたので、あまりそれをオープンにしていないようですね
芸能人のお店ってことで集客をするのではなく、美味しいお料理を目的として来ていただけるお客さまを大切にしようってことなのでしょう
ってことで、いただいたお料理のクオリティもしっかりとしていますし、何よりも接客が素晴らしいのです
お客さまを緊張させるような丁寧すぎるものでなく、気軽に話しかけることが出来るようなフレンドリーなトークと元気で笑顔ある対応に引き込まれてしまいました
夜の雰囲気もステキですが、お昼には博多うどんを提供されているようですので、次回はそれをいただきに伺いましょう



【水炊き・馬刺 あんど】
東京都港区西麻布1-8-21 エメロード西麻布ガーデンB1F
03-3470-7730


[PR]
by gurumeblog | 2014-03-31 23:53 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線銀座駅:「わだ家」    こだわりに出汁でいただくしゃぶしゃぶと土鍋ごはん

P3300044-a.JPG

桜の見ごろである今週末ですが、昨日の好天から一転して今日は生憎の雨
強く吹き荒れる風で花が散らなければ良いのですが…
そんな中、ワタシはと言いますと、代官山にあるカフェでお茶を楽しんだあと、銀座へと移動をして、和田アキ子さんのお店「わだ家」へと向かいます



P3300018-1.JPG
場所は銀座西6丁目交差点の近く
上階にはクラブなど入るテナントビルの地下1Fでありまして…
お店は認知をしていただくことが難しいとされる地下店舗ではありますが、内照式の大きな看板が付けられていたりと、目立ちやすく、そして入りやすくする努力がされていますね


P3300050-1.JPG
天井高が低い店舗なのですが、天井に鏡が張られていていることでその圧迫感が拭われていますし、目線化したに向くようにとアッコさんの足型?が浮きがっていますし…
と、かなりデザインに力が入れられたお店でありますね
落ち着いた雰囲気ですし個室も用意されているようですから、接待に使うことも出来ますし、家族や仲間でもちょっと上質な食事を楽しみたいときなど、いろんなシチュエーションで使うことが出来る便利なお店であります


P3300020-1.JPG
銀座のお店、更には地下のお店ってことで、ちょっと緊張してしまう面もあるお店なのですが…
冷アッコと名付けられた冷奴では、アッコさん本人がお店に来た時にスタッフが緊張して手が震えることを演出した不安定な器が使われていたりと、お客さまとのコミュニケーションのネタが用意されていて…
かしこまらないフレンドリーな接客のお陰で、お客さまの緊張を解していますね
季節感ある先付や、ジャガイモのゴロゴロ感を残したポテトサラダなど、料理のレベルも高いモノでありまして、自然とお客さまにも笑顔が出てきますね


P3300028-1.JPG
アッコさんの足の大きさ?
かなり大きなわらじコロッケはサクッと揚がっていますし、使われているジャガイモの甘さが際立つってことで、辛子ソースが添えられて提供されます
ココでは話題性だけでは無くて、全ての商品に美味しさが追及されているようですね
たかが出汁巻ではありますが、こだわりの卵が使われていまして、見た目にも他とは違う濃い黄色でありますし、その味も濃厚であります
トロサバの燻製では、燻された香りがとても印象的で後を引きますね


P3300037-1.JPG
そして、しゃぶしゃぶ
豚肉にこだわると言うことで、信州雪豚や上富良野豚など、4種の豚肉が用意されていまして、ワタシは茨城県産の美豚を選びます
もちろん関西出身のアッコさんは出汁にもこだわりがあって、甘みがある関西出汁に“あぶらかす”が浮かべられています
コラーゲン質のあぶらかすでありますから、女性のお客さまに喜ばれるでしょうね


P3300056-1.JPG
土鍋ごはん
重たい木蓋で密閉されて炊き上げられるご飯は艶々で…
それだけでいただいても十分に美味しいものなのですが、それにはこだわりのお供が添えられています
駒川あづまやのちりめん山椒、まつば汐ふき昆布などアッコさんお気に入りのお店から取り寄せているようですね


【お菜屋 わだ家】
東京都中央区銀座6-6-11 第4ポールスタービルB1F
03-3569-0410


[PR]
by gurumeblog | 2014-03-30 23:21 | 東京都 | Comments(0)

東急世田谷線三軒茶屋駅:「大三」    愛ちゃんの鉄板焼き屋さん ふわふわ感が半端ないです

P3290874-a.JPG

日中に経営者セミナー
銀行の方からは融資対象となる企業とはってことで講演をいただき、税理士さんからは経営計画書の策定についてお話しいただき…
友人でもある社労士からは助成金について学びました
久しぶりに受講生となりましたが、内容あるセミナーに刺激を受けて参りました



P3290851-1.JPG
頭を使った後はお腹を使ったお仕事で…
三軒茶屋にある「大三」ってお店へ伺います
JRA近くではありますが、路地を入ったところにあるお店でありますから、それほど目立ってはいないのですが通りからは大きな提灯に書かれた店名と、窓からこぼれる温かい明かりから雰囲気あるお店であることが窺えます
ココははるな愛ちゃんの鉄板焼き屋さんでありまして、彼女?は料理上手な方だと聞いていますし、一度お邪魔してみたいと思っていたお店なのであります


P3290856-1.JPG
そんな外観に見惚れていますと…
お店の方が出てこられまして、ご予約の方ですか? と声を掛けて下さいました
店内にいるお客さまだけでなく外にまで気を配ることが出来るお店であれば、これから始まる宴も楽しいものになることでしょう
照度が落とされた店内はオープンキッチンになっていまして、そんなキッチンを眺めることが出来る特等席とも言えるカウンター席も…
そんな洒落た雰囲気からか、お客さまは女性の方が多いようでありますね


P3290857-1.JPG
春を感じる若竹煮はとっても優しい味付けでありまして、出汁の香りとほんの少しの醤油味 振られた鰹節の旨みと若竹の食感 いやぁ、これは美味しかった。。。
そして、細切りされたオニオンのフライが乗せられたポテトサラダでは、そのオニオンのサクサク感との相性が良いですね
美味しさだけでなく、食感までもに気を使われた商品は女性受けしそうですね
厚切りハムカツでは、想像した厚みを超える10mmほどの厚みに驚かされまして…


P3290863-1.JPG
信玄鶏のこんがり焼き
皮目がカリッと焼かれ、辛子マヨネーズ?がお皿に敷かれていて…
見事なまでに決まった塩味も手伝い、ジューシーな鶏肉はとても美味しくいただくことができました


P3290865-1.JPG
薄切りされた豚バラがカリッとか焼かれ、それをフワフワの卵で包んだとんぺい焼き
お好みソースとマヨネーズが玉子ととっても良く合っていて、女性以上に女性らしい愛ちゃんらしい、女性受けしそうな商品に仕上がってますね
青のりの風味も良いアクセントになっています


P3290871-1.JPG
こちらで提供されるお好み焼きには、長芋が使われた“なにわ焼き”と、山芋が使われた“どろろ焼”とが用意されていますので、その両方を食べ比べてみることに…
先ずはどろろ焼
いくつかあるどろろ焼の中からはるなスペシャルをいただいたのですが、提供されたその姿は厚み30mmほどありそうなモノでありまして、かなりボリューミーに見えたのですが、それが実はフワフワなものでありますので、ペロッと1枚食べてしまえそうですね
チーズがとろけて焦げた風味や、おもちのモチモチ感が楽しめるのですが、ちょっとキムチのタレが多かったのか、全体的にキムチ味一色になってしまっていることが少し残念に感じます
なにわ焼きではフワッとした中にもモッチリ感があり、どろろ焼よりも生地が締まっている感じ
ミックス焼きをいただきましたが、大き目のにカットされた海老やイカなどが入っていて贅沢感も味わえます

何れもフワッとした食感にこだわっているようで、女性受けしそうな商品ではあるのですが、春キャベツってことからでしょうか? キャベツの甘みや旨みがあまり感じれなかったことがもったいないですね


P3290878-1.JPG
十分に満足して寛いでいますと、料理長さんが「お味は如何でしたか?」と席まで来てくださって…
「ロール寿司にも自信がありますので、次回はぜひそれも召し上がってみてください」と仰いますので、それもお願いしちゃいました
厚切りのサーモンが炙られレアな状態 それをアスパラやアポカドを巻いたお寿司の上に乗せられて、更にわさび味のトビッコで彩りと香りを添えて提供されました
そのままお召し上がりくださいとのことではありましたが、ちょっとだけ醤油を付けたほうが美味しくいただけますね


雰囲気が良いお店でありますし、お料理もしっかりとしたモノですから、デートや仲間内での食事会などに使うにはピッタリのお店でありますね
愛ちゃんに会えなかったことは残念でありますが、またの機会に期待することにいたしましょう



【鉄板焼き・和食 大三】
東京都世田谷区三軒茶屋2-16-16
03-3414-5151


[PR]
by gurumeblog | 2014-03-29 23:54 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線渋谷駅:「塚田農場」    接客が楽しい サプライズが楽しみ 人気の秘密を勉強いたします

P3280798-a.JPG

新業態開発業務で渋谷へ通い詰めた数日
希少であり、その美味しさが話題になっている石垣牛と沖縄料理と宮崎料理を提供するお店でありまして、ココでしかいただくことが出来ないであろう商品の数々が出来上がりました
話題性もある商品が用意されていますので、皆様にお披露目できる日が楽しみであります



P3280809-1.JPG
で、その打ち上げを塚田農場で
実はワタシ、その前身とでも言える「じどっこ」へお邪魔したことはあるものの、恥ずかしながら「塚田農場」は初体験なのです
塚田農場はココから始まった… 
そんな一号店がココ道玄坂下のお店でありまして、本店と位置付けられた存在であるようですね


P3280806-1.JPG
まだ開店して間もない時間でありましたのでお客さまの姿は多くありませんが、予約がいっぱい入っているようで…
なんとか、その予約時間の前までってことで、お店の真ん中にあるテーブル席をいただくことが出来ましたが、フリーでは入ることが困難なほどに予約が入っているようです
今日は週末ってことで特別なのかもしれませんが、多くのお店が呼び込みに必死な中、お客さまからの予約だけで席が埋まってしまうお店ってそうそうあるものではありませんから、こちらの人気のほどが窺えますね


P3280794-1.JPG
お通しとして提供されたきゅうりとキャベツ
最近はこういったお通しを提供するお店が増えてきたように思いますが、ココのきゅうりの鮮度には驚かされまして、油味噌を付けてパキっと頬張りますと、そのみずみずしい甘みがお口いっぱいに広がってくるほどなのです
サツマイモのフライは、ジャガイモのそれとは異なる甘みがありますし、ホクッとした食感は焼き芋をいただいているかのような印象を受けますね その甘味を活かしてデザート感覚でも召し上がって下さいとかわいい絵が描かれたホイップクリームが提供されるサプライズもあって…
こういったサプライズがどのお客さまにも提供されるモノでは無くて、ココを利用する度に異なったサプライズに驚かされるってことがリピーターの多さの秘訣だったりするですよね


P3280799-1.JPG
「お願いランキング」ってテレビ番組で満点を獲得したと言う“チキン南蛮”
ってことは、チキン南蛮の本場である宮崎出身の川越シェフも満点を出したってことですから、その期待値は頂点でありまして…
その期待値が高すぎたせいか、もちろん美味しくはあるのですが、それほど感動することも無く…
ワタシ的には、南蛮酢の甘みとコクがもう少しあったほうが良かったかな


P3280804-1.JPG
そして肉巻きおにぎり
この商品には力を入れているようで、オリジナルのバリエーションも揃えられていまして、そのどれをいただこうかと迷いましたが、やはりもっともオーソドックスなものをいただきます
ココでは牛肉ではなく豚バラが巻かれていますが、それがタレとしっかり馴染んでいまして、とっても美味しくいただきました


ココのスタッフ
決められた作業をこなすような接客では無くて、お客さまと一緒に楽しんでいるような…
色んなサプライズをお客さまに合わせて提供したり、商品の説明はもとよりお店の特徴などを語ってけれたりとお客さまとのコミュニケーションをとることに力を入れてらっしゃるようですね
これまでの多くのチェーン店とは異なる新しいスタイルがお客さまに受けているのでしょう また伺わせていた来たいお店であります



【宮崎県日南市 塚田農場】
東京都渋谷区道玄坂2-6-1 岩崎ビル3F
03-5456-6277


[PR]
by gurumeblog | 2014-03-28 23:10 | チェーン店 | Comments(0)

JR山手線渋谷駅:「天馬堂」    ゆったりした店内でいただける気軽なカレー屋さん 

P3270788-a.JPG

今日も渋谷での打ち合わせ
途中テレビ局の方との打ち合わせが急に入ったりもして、バタバタとする一日でありました
そんな打ち合わせもようやく終わり、このまま帰っても夜ご飯を食べ損ねてしまいそうで…
それで、渋谷で夜ご飯をいただくことにいたします
とは言え若者で騒々しいお店は嫌だってことで、比較的空いているお店を選んでカレーをいただくっことに相成りました



P3270785-1.JPG
場所はスクランブル交差点を渡った道玄坂の入口
そこにあるグルメタウンなる飲食施設でありまして、6F~8Fが飲食フロアに10店以上のお店が入っているのですが、そのほとんどが日本レストランシステムって言う、“洋麺屋五右衛門”を展開している会社のお店なのであります
名前は古臭くても渋谷の一等地でありますから、キチンとした儲かるシステムを持つチェーン店でなければ家賃が払えないってことなのでしょう
どこの街に行っても、その中心には見慣れた看板しか無いというのは残念なことなのですが…


P3270786-1.JPG
店頭にあるサンプルにはカレーとシチューの店と書かれ欧風カレーがメインだったように思うのですが、店内に入るとナンを焼き上げるタンドールがお出迎え
アレっと思って聞いてみますと、以前は本格的なインドカレーのお店だったのだとか…
納得であります
が、お客さまはと言いますと…
閉店の時間が迫っている時間だったからでありましょうか ほぼノーゲスト状態でありまして、これで経営が成り立つの?って感じではありますが、静かに食事をいただきたいワタシにはありがたいことであります


P3270787-1.JPG
北海道のスープカレーやタイのグリーンカレーなどもありまして、そのカレーの種類は豊富に揃えられています
スタンダードにビーフカレーの美味しそうですし、ちょっとボリューミーなカツカレーにも惹かれたりしましたが、最終的に選んだのはチキンバターカレー
カレーとチキンの組み合わせは王道ですからね
トマトを煮込んだ優しい味のバターチキンカレーでありますので、本来はそのまろやかさを楽しむべきなのかもしれませんが、辛いもの好きのワタシは10倍と書かれた極辛でいただくことにいたします
チキンはホロホロになるまで煮込まれていまして、スプーンで押さえるだけで身が骨から外れるほど
際だった美味しさとは言えませんが、気軽にいただけるカレー屋さんとしては十分な美味しさでありますね


商品は悪くないのですが、とっても気になるの接客のレベルでありまして…
アルバイトさんはただ決められた作業をこなしているだけって感じでありまして、そこに笑顔やヤル気と言うモノが全く感じられないんですよね
これでは働いている人も楽しくないでしょうし、何よりお客さまにとっても不快なモノでありまして…
ココがガラガラである要因の一つであるように思えますね



【カレーとシチューの店 天馬堂】
東京都渋谷区宇田川町23-3 渋谷第一勧銀ビル7F
03-5459-3398


[PR]
by gurumeblog | 2014-03-27 23:20 | 東京都 | Comments(0)

JR東海道線横浜駅:「首里」    オープンして8年ほど 未だに繁盛を続ける沖縄料理居酒屋

P3260769-a.JPG

渋谷での打ち合わせを終えて横浜へと移動
ブームが去った感がある沖縄料理で未だに多くのお客さまを集めていいるお店を視察しましょうってこと
今の時代、同じコンセプトもお店を長く続けることは難しいことでありまして、長くてもの5年、多くは3年ほどで新しいスタイルのお店にお客さまが動いてしまうのであります



P3260780-1.JPG
横浜駅前にある岡田屋モアーズって商業施設の8F
同じフロアには、横浜の方々のソールフードとも言えるようなハンバーグの名店「ハングリータイガー」も出店していて、そこは席待ちのお客さが列をなしていますね
人が集まる商業施設と言えどもココ横浜駅周辺には多くの施設がありまして、その施設間でも集客を狙った改装やテナントの入れ替えを積極的に行われていて。余程の人気店でなければ撤退させられるなんてことも多いようであります



P3260752-1.JPG
お店に入りますと、ほとんどのお客様が女性客でありまして…
女性人気のお店は繁盛するとも言われていますが、反面、新しいものに敏感な部お客さまでもありますので、その人気を保つってことは難しいことでもあるのです
そんな中、10年近く経って今でもお客さまを集めているコチラはかなりの努力をされているのでしょうね


P3260754-1.JPG
店名を背負ったサラダには沖縄素材である、海ぶどうや島らっきょ、それにハンタマなる紫色の野菜も使われていまして、あれこれといろんなものを楽しむことができるモノであります
そして、ゴーヤチャンプルーでは、本当でいただくソレのように優しい味付けではなく、お酒のつまみになるように濃い目の味付けがなされていたりと、工夫もされているようであります
麺好きのワタシが愛する沖縄料理といえば、ソーミンチャンプルーでありまして、こちらでいただくそれにはホワイトペッパーが利かせてあり、ちょっと癖になるような味に仕上げられていますね


P3260770-1.JPG
いろんなお料理を楽しんだあと締めのご飯としてタコライスをいただくことにいたします
沖縄というところ、琉球王朝時代の名残や、アメリカの占領下にあった時代の名残など、いろんな文化が混じっているところでもありまいて、このようなメキシカン的な料理も沖縄に根付いているのでしょうね
ピリッとした辛味と酸味がマッチしたサルサソースと挽肉をご飯と混ぜ合わせていただく料理なのですが、それを石焼として提供するなどのオリジナリティーも加えられていますね
チーズが溶けて石焼きで香ばしく焼かれた香りや、その塩味も食欲をそそります


P3260778-1.JPG
更にもう一品
どうしても食べておきたいのが沖縄のそばでありまして…
ラフティーが乗せられた沖縄そば屋、あばら肉の煮込みが乗ったソーキそばなども良いのですが、最近では沖縄のお店でも見かけるようになった創作料理である“沖縄焼きそば”であります
卵を使っていない、小麦粉だけで作られる沖縄の麺、それを野菜と一緒に焼いたものでありまいて、その味付けはソースではなくて塩
都内でも塩焼きそばをうるお店も増えていますので、その良いとこ取りをした商品でありますね


こちらのお店は中華料理店を展開する会社がやっているってこともあって、島豆腐を使った麻婆豆腐や島唐辛子を使った坦々麺があったりと、自分たちの得意分野を生かした創作メニューがたくさんあって…
そんなお客さまを飽きさせない努力が繁盛の継続になっているのでありましょう



【南国食堂 首里】
神奈川県横浜市西区南幸1-3-1 横浜岡田屋モアーズ8F
045-324-2538


[PR]
by gurumeblog | 2014-03-26 23:03 | 神奈川県 | Comments(0)

京浜急行本線追浜駅:「うれしたのし屋」    三浦半島丸かじり!! 地モノの美味しいお魚をいただきます

P3250745‐a.JPG

横須賀での打ち合わせがあって、今日もまたずっと訪ねてみたかったお店へと向かいます
「三浦半島丸かじり!!」をテーマに、生産者さんや漁師さんから直に食材を仕入れることで、新鮮で美味しいことはもちろんのこと、中間業者を省くことで、お客さまにお値打ちな価格で商品を提供していると評判の居酒屋さんなのでありあす
本当ならば夜に伺って、その真髄を見たいところではありますが、なかなかその時間取ることができず…
仮にワタシの時間が取れても、お店側がお客さまでいっぱいでは入れなかったりもするですけどね


P3250730‐1.JPG
追浜駅前とは言えども、そこは各駅しか止まらない駅でありますし、駅前の通りから車一台がようやく通れるほどの細い路地の奥にあるお店ですから、通りがかりにふらっと立ち寄るようなお客さまは皆無と言っても良いかと思われます
そんなお店に、開店と同時に伺ったのですが…


P3250747-1.JPG
ほとんどの席が既に予約で埋まっていまして、残り少ない空き席を何とかいただくことが出来ましたが、予約のお客さまが続々と来店されまして、あっという間に満席状態になってしまいました
お客さまはご近所のご婦人方がほとんどで、ご婦人というよりもお母さま方と言ったほうが似合っているかもしれませんね


P3250736‐1.JPG
今日は地アジが勧めだということで、そのフライをいただくことにいたします
細かなパン粉を丁寧に付けたフライは、とってもサクっと揚がっていまして身はふっくらとしているです
もちろん揚げ油にも気を使われているのでありましょう スッキリと軽い揚げ上がりでもありますから、これなら胸焼けをするなんてことは無さそうですね



P3250743‐1.JPG
そして、プラス100円でお刺身を付けることが出来るというので、さほど期待することも無くそれをいただいたのですが…
まずはコレが100円? と声が出そうなほどの見栄えにビックリ
続いて、そのお刺身の鮮度の良さにビックリなのです
一番手前にある鯛にも見えるお刺身は、脂坊主とも呼ばれるタラの仲間であるお魚であるそうで、水深300m以上のところで生息していることから、それを網で捕ることが出来ず、市場にも出回らないことから幻の高級魚とも言われているのだとか…
脂がたっぷりとのっているので、食べ過ぎるとお腹を壊すとも言われているようですが、蕩けるような舌触りは格別でありますね


お昼のお勧めとは言え、これだけのものが締めて980円でいただけるとあれば、お昼から予約を入れるお客様でお店が溢れるのも納得でありますね
今度は絶対に夜に伺おうと心に決めて、お店を後にいたします



【うれしたのし屋】
神奈川県横須賀市追浜町3-38
046-865-6641


[PR]
by gurumeblog | 2014-03-25 23:26 | 神奈川県 | Comments(0)

豊橋鉄道東田本線駅前大通駅:「かつさと」    ふわふわ玉子と丼タレの美味しさが光るワンコインかつ丼

P3240725-a.JPG

新幹線までの時間を利用して、駅前にオープンした「かつさと」へ
豊橋に来た時には必ずのようにたり寄りたいお店なのですが、これまでは郊外にしか無くて、それが叶わないことも度々だったのですが、ココがオープンしたくれたおかげで美味しいかつ丼をいただく機会が増えそうであります



P3240719-1.JPG
店頭にはたくさんの商品画像が張られていますので、遠くからでもココが何屋であるかが一目でわかる設えになっています
以前のセルフうどんを改装したお店なのですが、そんな外観が功を奏したのか多くのお客さまが利用されているようです


P3240723-1.JPG
お店に入りますと、かつ丼のお店に相応しい体格をしたお客さまがいらっしゃいまして…
親近感を感じるからでしょうか そんなお客さまがいらっしゃいますとホッとするんですよね
窓の外眺めるカウンター席や馬蹄形のカウンター席など、そのほとんどの席がカウンタースタイルなのですが、奥にはいくつかのテーブルもありましたので、今日はそこをいただくことにいたします


P3240724-1.JPG
かつ丼メインのお店ではありますが、とんかつ定食やカツカレーもありますし、いつもお肉じゃ飽きちゃうよってお客さまのためにイカフライやアジフライなんて商品も…
どれにしようかと迷う楽しみの後で、やっぱりワタシはかつ丼をいただくことにいたします
フワッとした玉子がカツとうまく絡んでいまして、しっかりとした丼タレで煮込まれたカツをまろやかにしてくれていますね
お値段はとってもリーズナブルなのですが、カツはしっかりとしたボリュームがありますので、物足りないなんてことはありませんね


ワンコインでいただけるかつ丼のお店は他にもありますが、これだけの満足度を提供していただけるのはココだけではないかとおもうほどに、コストパフォーマンスが高いお店であります



【かつさと】
愛知県豊橋市広小路1-27 大石広小路ビル1F
0532-57-6638


[PR]
by gurumeblog | 2014-03-24 23:03 | 愛知県 | Comments(0)

東京メトロ東西線東陽町駅:「さざんか」     美しい器て提供される旬の食材あれこれは優しい調味

P3230704-a.JPG

ポカポカ陽気の日曜日
ランチをいただきながらの打ち合わせの予定があって、ホテルイースト21へと出かけます
ロビーでの待ち合わせをしていますと、ディズニーランドの袋を持ったファミリーが出入りされていまして…
今日のような日のディズニーランドは過ごしやすかったでしょうね



P3230714-1.JPG
21Fにある「さざんか」なる日本料理店へ
打ち合わせをする方がココの料理長と知り合いであるってことで、間違いなく美味しいお料理がいただけるからと、こちらのお店の個室をいただき、パワーランチといたします
いくつかの案件をどのようにコラボレーションしましょうかという打ち合わせは盛り上がり、とっても楽しいモノでありました


P3230695-1.JPG
で、いただいたお料理は…
ウニとイクラ、それにキャビアが飾られた桜豆腐から始まり、いろんなお料理を少しずつ楽しめる会席スタイルでありまして、そのどれもがしっかりとしたモノでありまして、お碗の結び人参に、このビジネスが成功することの前祝のような気がしてちょっとうれしくなりました


P3230707-1.JPG
炊き合わせは使われている食材だけでなく、見た目にも季節感を感じるものでありまして、これぞ季節を大切にする日本料理だと感心させられますし、一つひとつのお料理に手間暇をかけた調理や盛り付けからは、心からのおもてなしが伝わりますね


P3230708-1.JPG
焼き物として提供されたのは、黄身焼と筍
お料理はもちろんですが、使われる器のセンスの良さが窺えまして…
滅多のこのような食事をいただく機会はありませんが、たまにはこんな食事をして自分のセンスを磨くことも必要ですね


P3230713-1.JPG
〆のご飯にはカニ身がたっぷりと乗せられていまして…
一体このランチだけでどれだけの食材をいただいたのでしょう
優しい味付けと旬の素材の数々に、お値段以上の贅沢を感じることが出来るものでした


こちらの料理長である永濱氏は「なだ万」出身
なんでも「料理の鉄人」中村孝明氏の弟弟子なのだとか
ってことで、その素晴らしいお料理には大変満足させていただきましたがサービスは少し残念な感じでありまして…
若いスタッフでありましたので経験が不足しているってことは致し方ないトコロではありますが、もう少し自然な対応をしていただけるとありがたいですね



【日本料理 さざんか】
東京都江東区東陽6-3-3 ホテルイースト21東京21F
03-5683-5683(代表)


[PR]
by gurumeblog | 2014-03-23 22:19 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:「麗江」    古き佃の街並みに溶け込む人気の中華料理店

P3220679-a.JPG

打ち合わせを終えて、佃の街を散策したします
今では高層のマンションがにょきにょきと生えたような街になっていますが、その裏手には昔ながらの佇まいも残っていますので、そんな街並みを楽しみながら散歩するのも楽しいトコロなのであります
春の陽気が射し始めましたので、こういったお散歩が心地良い季節にもなりましたね



P3220670-1.JPG
佃小橋と言う赤く小さな橋の袂で見つけた一軒のお店
そのお店はマンションの1Fにありながらも、どことなく美味しさが伝わってくるような、素敵な雰囲気の設えでありまして、店頭に置かれた紹興酒の瓶から、ココが中華料理のお店であることを察することが出来ます


P3220684-1.JPG
マンション群がある大通りに面しているわけでも無く、地下鉄の駅に向かう通りに面しているわけでも無く…
わざわざ訪ねないとココへ来るとはないトコロにありながらも、多くのお客さまを集めているお店
そのお客さまも様々で、年配のご婦人方であったり若いカップルであったり
ならば、ココの料理がかなり魅力的あるの違いないと期待が膨らみます


P3220680-1.JPG
いただいたのは、本日のAランチである野菜入り酢豚
ゴロっとしたお肉も硬すぎること無く、野菜のシャキッと感も残されたモノでありまして、何よりもそれらが炒められている甘酢があまりにも見事なのであります
そんな美味しい甘酢を残すこと無く食べていただきたいってことでありましょうか スプーンが添えられていまして… 
ご飯にそれをかけていただきたくなるほどであります


P3220688-1.JPG
卓上に敷かれたランチョンには小籠包の美味しい食べ方が書かれていますので、きっと自信があるのだろうと、それをお願いしようと思っただのだけど、残念ながらお昼の時間には提供していないのだとか…
ならばと、プラス500円でいただくことが出来る点心セットをいただくことにいたします
シウマイに春巻き、それに海老餃子がそれぞれ1個ずつなのですが、そのどれもがなかなかのものでありまして、シウマイや春巻きは自家製なのかもしれませんね


自宅からは10分もかからないところでありますので、今度は夜に伺ってみることにいたしましょう
きっと美味しい料理でもてなしていただけること間違いなしでありましょうから。。。



【麗江】
東京都中央区佃1-6-7 大栄マンション1F
03-3531-6631


[PR]
by gurumeblog | 2014-03-22 22:52 | 東京都 | Comments(0)