ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2014年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

都営地下鉄浅草線本所吾妻橋駅:「極美」     名物の出世餃子と焼鳥丼で軽く夜ごはん

P4300633-a.JPG

いま最もメディアに露出しているであろう「いきなり!ステーキ」
銀座に2店舗と吾妻橋に1店舗と、昨年12月に1号店を出店して以来好調に出店を進めていて、その全てのお店が行列になっている繁盛店なのですが、そこが年内に30店舗を目指すとの方針発表会を行うとのことで…
同社が毎月定例で行っている「美味しいステーキを楽しく食べる夕べ」と言うイベントに参加していたワタシは開業前からそのお話を聞いていましたので、その全てのお店のオープン直後にお邪魔していたのであります
そんなご縁で、いきなり!ステーキの応援団として、お店の魅力についてお話をさせていただきました



P4300620-1.JPG
ちょっと時間は早いのですが、せっかく吾妻橋へ来ているのだからと知人のお店へ立ち寄ることにいたします
一度お仕事をご一緒したフードアナリストさんのご主人が経営されるお店で、出世餃子なるものを看板料理にした居酒屋であります
カウンターを中心とした小さなお店でありますが、スタッフとのコミュニケーションを楽しめる地域密着型のお店でありますね


P4300636-1.JPG
お店に着いたのは開店の15分ほど前でありまして、どこか喫茶店で時間潰しをするほどの時間でも無いってことで、お店の前ブラブラとして開店を待ちます
当然一番乗りでありますし、続いて入って来られるお客さんもおらず…
気さくで話好きのスタッフを独り占めして、世間話を楽しみました


P4300626-1.JPG
これが看板料理である“出世餃子”
ひと口大の博多餃子のような形でありますが、その食べ方が独特でありまして…
添えられるのは醤油ダレでは無く、お味噌と大根おろし
餃子にお味噌を付けておろしと一緒に頬張ると言うのだけど、これがとってもサッパリといただくことが出来るモノでありまして…
大根おろしも鬼おろしという、大根の食感を残したモノでありますから、その食感も楽しいですね


P4300631-1.JPG
こちらは居酒屋であるのですが、夜でもいただくことが出来る食事メニューも充実していて…
先の餃子をおかずにいただく餃子定食なんてモノもあるのですが、それじゃちょっとつまんないってことで、焼鳥丼をいただきます
ちょっと大振りにカットされた鶏肉でありますので、表面はカリッと芳ばしく、身はフワッと軟らかくてジューシーに焼き上げられています
タレも甘すぎること無く、ご飯に程よくかかっていますので、最後まで美味しくいただくことが出来ました
小ぶりに見える丼でありまして居酒屋利用の〆にいただくハーフサイズほどのモノかと思っていたのですが、いざいただいてみますと結構なボリュームがありまして、しっかりとお腹を満たしてくれました


残念ながらオーナー夫妻は不在でありましたが、美味しい料理とスタッフさんとの楽しい会話に満足させていただきました



【出世餃子 極美】
東京都墨田区東駒形4-21-2 1F
03-3621-9634


[PR]
by gurumeblog | 2014-04-30 22:19 | 東京都 | Comments(0)

京浜急行本線安針塚駅:「一酵や」   鰹節と煮干し 和食に使われるような優しい出汁が活きるラーメン店

P4290607-a.JPG

葉山に美味しいラーメン屋さんが開店したらしいとのことで、友人から一緒に行かないかとのお誘い
なんでも東神奈川や西横浜で大人気である「イツワ製麺所食堂」を手掛ける樋田氏がプロデュースしているとのこと
ならば、わざわざではありますが、自宅から2時間かけて行って参りました



P4290599-1.JPG
場所は電車やバスでは用意に行けるところではありませんで…
誘ってくれた知人が車を出してくださいまして無事お店へ
そこは、国道でも県道でも無い、決して主要とは言い難い通りでありますし、しかもその通りからも「葉山インターサイドゴルフパーク」へと向かう道に入ったトコロという、ゴルフ客だけをターゲットにするかのような場所でありました
以前はお蕎麦屋さんであったようで、その名残なのでありましょうが、とっても雰囲気がある入り口でありまして…
どこかの邸宅にでも入るような緊張感や、ワクワクする期待感を持ちながらの入店であります


P4290615-1.JPG
やはり、話題店のオーナーがプロデュースしただけのことはあって、この辺りでも知る人ぞ知るお店になっているのでありましょう
開店から間もないタイミングで満席に近い状況になってしまうほどの盛況ぶりでありまして…
そのお客さまを見ていますと、ゴルフとは関係なく、わざわざココを目指して来られている方であるようですね


P4290604-1.JPG
ワタシたちはカウンターの席をいただいたのでありますが、そこから見える庭園の緑が鮮やかで…
こんな景色を眺めながらいただけるラーメン店なんて他にはないのでは?と思えるものであります
そんな雰囲気のお店を活かすためか、“つけ麺”をメインとしている「イツワ製麺所食堂」とは異なる商品構成になっていますね


P4290608-1.JPG
それは“つけ麺”を得意としないワタシにとってありがたいことでありまして… ワタシは一番人気だと言う“豚醤油らーめん”をいただくことにいたします
海鮮系のスープであるらしいと道々友人から聞いていて、それが最近よく見かける節粉をたっぷりと使ったモノで無ければ良いが… との思いが通じたのか、こちらのスープは和食などで良く使われる鰹節と煮干しでとられたモノ
その甘味があるスープと、こだわりの醤油で作られていると言うカエシが見事に調和していまして…
コレは実に身体に優しいと感じるラーメンでありますね


P4290611-1.JPG
コレは知人がいただいた“鶏塩らーめん”
ベースとなるスープはワタシがいただいたモノと同じなのでありますが、ミネラルをたっぷりと含んだ岩塩が使われているために、その塩味の中にも旨味と甘味がありまして…
醤油よりも優しい感じに仕上がっているようですね


何れもつけ麺に使われるような、しっかりと麺の旨みがを感じられる、太目な麺が使われているために、優しい塩味のスープだと麺に負けてしまっているような気がいたしますね
近く細麺も登場するとのことでありますから、そうなれば、この塩もより美味しくいただけるようになることでしょう



ここ数年はコテコテや濃厚なんてスープが人気ではありましたが、これからはこちらのようなスッキリとした優しい味わいのスープが来るとワタシは思っているのですが…
きっとこちらも同じようなことを感じているのでしょう
これからますますの繁盛が楽しみであります



【一酵や葉山】
神奈川県三浦郡葉山町木古庭236-4
046-878-6863


[PR]
by gurumeblog | 2014-04-29 23:23 | 神奈川県 | Comments(0)

JR山手線渋谷駅:「魚がし日本一」     ひと肌のシャリが美味しい立ち食い寿司

P4280580-a.JPG

今日は午後から渋谷でお仕事
ならばと午前中に始めた作業が思ったよりも時間が掛かってしまって、渋谷に着いたのがアポイントの30分前
お店を探す時間もないし、ゆっくりとランチを楽しむことも出来ない中途半端なタイミングでありまして…



P4280574-1.JPG
軽く蕎麦でも啜ることにしようとセンター街を歩いていて見つけたのがこちらのお店でありまして、ココなら時間をかけること無く美味しいモノがいただけるでしょうと迷うことなく入店
タイミング良く外人さん3人組が退店したばかりでありまして、いつもは窮屈なほどに混み合っているであろうカウンターでゆっくりと板さんとお話をしながらお寿司をいただくことが出来ました


P4280585-1.JPG
真っ先に目についたのが“こぼれネギトロ”
想像を超えるくらいにたっぷりに剥き身が乗せられていまして、普通のお店の4倍くらいはあったのではないでしょうか
脂がしっかりと乗った剥き身でありますので、添えれらたわさびをたっぷりとつけてもツーンと鼻に来ることも無く、しっとりとした舌触りを楽しむことが出来ました


P4280579-1.JPG
そしてあれこれといただくことにいたします
先ずはお勧めメニューにもあった、今の時期が最も美味しいであろう金目鯛
サッと皮目だけを湯通ししてありまして、その色の美しさに惚れ惚れいたしますね
そして、聞いてもいないのに板さんが勧めてくれたハマチ
腹の部分なのですが、とっても身が締まっていて歯応えがあるもので… この歯応えは今日だけしか味わうことが出来ず、明日になると柔らかくなってしまうのだとか
ネタの美味しさもさることながら、ひと肌であるシャリの美味しさがすばらしく、これだったらいくらでも食べられそうな美味しさでありました


P4280588-1.JPG
コレを見ると頼まずにはいられないほどに大好きなネタがコレ
“生さば”であります
こだわりの酢で〆たサバも嫌いではないのですが、やはり生の美味しさに敵うものはなくて…
甘みがあるしっとりとした美味しさは生でこそ味わえるものですね


P4280590-1.JPG
外国人が観光する場所として最も人気があるのが渋谷であるそうで…
そこで、日本の食文化を楽しもうってことなのか、こちらのお店にはそのようなお客さまが多いとのことでありまして、今日のこの時間、ワタシともう一人のオジサンを覗くと全てイタリアの方だったようですね


どうやらこのイタリア人
ミラノから観光できている人であるようで、英語ではありましたが板さんとお客さまが、ACミランに属する本田の話題で盛り上がっていましたね



【魚がし日本一】
東京都渋谷区宇田川町25-6
03-5728-5451


[PR]
by gurumeblog | 2014-04-28 21:30 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ半蔵門線渋谷駅:「ウーピーゴールドバーガー」   ワタシの中では5本の指に入る絶品バーガー

P4270570-a.JPG

午前中に横須賀
知人が主宰している『三浦半島大収穫祭』ってイベントがあって…
そこには、春キャベツや新玉ねぎなどの野菜が売られていたり、横須賀ビーフのローストビーフがあったりと、美味しそうなモノがいっぱいあったのですが、ワタシは「走水の美味しい海苔 山形の美味しいお米 味付けは塩… それだけで最高なご馳走!」と書かれたPOPに惹かれておにぎりをいただきます
いやぁ、磯の香りがとご飯の甘み それを引き立てる塩と、正に最高なご馳走でしたね
“のりだんだん弁当”なるものにも興味があったのですが、今日はパス
次回の楽しみとしておきましょう


 
P4270567-1.JPG
そして渋谷へと移動
ちょっとした勉強会に参加させていただくのですが、その前に腹ごしらえをと「ウーピーゴールドバーガー」へ
横須賀のどぶ板通りで、立ち並ぶハンバーガーショップを見たからでしょうか ギュッと締まったパティの美味しさを思い出したのであります
久しぶりにお邪魔するこのお店、都内で、いや国内で美味しいハンバーガーショップの5本の指に入るのでは? とワタシが勝手に思っているお店だったりするのです

そこはちょっと分かりづらいトコロにある小さなお店でありまして…
それほど目立った看板も無いお店なのでありますが、いつも多くのお客さまで賑わっている話題店でありますね
入り口前に置かれたテーブルにもお客さまがいらっしゃいましたので、てっきり満席なのだ等と諦めかけたのですが、なんと1席だけ空いているではないですか
ちょっと窮屈な席ではありますが、このタイミングを逃しては… と飛び込みます


P4270568-1.JPG
きっとワタシが座った席は、出来ることなら空けておきたかったであろう席でありまして…
カニ足でしか歩けないカウンター席の後ろは料理を持って歩くには窮屈すぎますし、ワタシの肩越しに会計作業を行わざるを得なかったりと、かなり大変そうでありました
が、ワタシにとってはお店全体を眺めることが出来る特等席
お店の方には申し訳ないとは思いますが、そんな光景を楽しませていただきました


P4270571-1.JPG
ほどなくして、ワタシが注文した“ウーピーゴールドバーガー”が到着
店名を背負ったこの商品がこちらのお店の基本となるモノでありまして… これにアポカドが加わったりダブルパティであったりと商品が構成されているのであります
サクッと焼かれたバンズはパティの味わいを邪魔することが煮ないシンプルなモノ そしてシャキシャキのレタスとトマト
なによりもお肉の食感が活きているパティに濃厚なチーズと、やはりこれは何度いただいても絶品でありまして、しっかりと、お肉を噛みしめる感覚が美味しいバーガーを楽しませていただくことが出来ました
卓上にケチャップやマスタードが置かれていますが、バーガーにはしっかりと調味がされていますので、それを使うのは添えられているポテトくらいでしょうかね



【w_p_gold_burger】
東京都渋谷区渋谷1-9-4 トーカンキャステール渋谷1F
03-3407-0232



[PR]
by gurumeblog | 2014-04-27 23:12 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線三越前駅:「金子半之助」   あの天丼の名店が、13席の小さな天ぷらめしの専門店を開店

P4260548-a.JPG

今日は夏日になるとの予報
レザージャケットを脱ぎ捨て、綿のサマージャケットで出かけたのでありますが、それでも暑いくらいでしたね
コレド室町
開業してからひと月ほど経っているので多少の落ち着きみせている頃かと訪ねてみたのですが…
ゴールデンウイーク初日ってこともあってかかなりの賑わいでありましたね



P4260542-1.JPG
そんなコレドの開業を狙っているのか、2週間ほど前にオープンした「日本橋天ぷらめし 金子半之助」
直ぐご近所に天丼の専門店として大行列を作る「金子半之助」が、“天ぷらめし”の専門店としてオープンさせたのであります
コレドからは歩いてすぐのところなのでありますが、大きな通りに面することも無く、ひっそりとしたお店と言う印象がありますね


P4260562-1.JPG
ゆったり目に作られたカウンターだけのお店でありまして、その白木の美しさが上品さを感じさせてくれますし、目の前で揚げてくださる天ぷらをいただくことが出来ます
商品は至ってシンプルで…
天ぷらめし…980円を基本に、穴子好きな方や海老好きの方のために用意された、穴子の天ぷらめし…1380円と海老の天ぷらめし…1380円の3種のみ
この雰囲気にしてはお手軽なお値段でありますね


P4260547-1.JPG
卓上にはお好みでいただくことが出来る漬物が用意されていまして…
白菜の浅漬けにきんぴら、それと柚子イカ
腸を使っていないと言う柚子イカはとっても爽やかな香りがしまして、いくらでも食べられそうですね
これらもすべて手作りだと言いますからビックリですね


P4260550-1.JPG
ワタシがいただいたのは“穴子の天ぷらめし”
天ぷらめしとききますと、それは一体どんなものなのかと興味をそそるところでありますが、世でいう天ぷら定食のことでありまして…
定食と言ってしまうと大衆的に感じてしまう商品も、そのネーミング次第で上品に聞こえてしまいますから不思議ですね
提供されたソレは、穴子の天ぷらめしと言う名に恥じることがない1本そのままが揚げられた穴子がドーンと…
これがとってもサクッと揚がっていまして、全く臭みを感じないモノ
もちろん油臭さもありません


P4260556-1.JPG
最近では良く目にするようになった半熟卵の天ぷらでありますが…
ココではそれをご飯の上で崩して、お醤油を垂らしていただくのがお勧めだと言います
トロリととろける濃厚な黄身に醤油の塩味が加わって、何とも言えぬ懐かしさを感じてとっても美味しくいただくことが出来ますね


P4260560-1.JPG
揚げたてのモノを2回に分けて提供して下さるのがこちらのスタイルであるようで…
次に出てきたのは海老とイカのかき揚げ
このくらいのお値段で天ぷらを提供するお店では加水された海老が使われていることが多いのですが、こちらの海老は違います
プリッとした自然な海老の食感と、海老本来の風味が感じられるものでありまして、お値段以上の価値を感じることが出来ますね
この時点で天つゆを交換してくれるサービスは、これまで体験したことが無いことでありまして…
こんなことまでしてくれるのかと驚かされます


お昼過ぎに伺った時には、あまりの行列に断念したのでありますが…
用事を済ませた後、夜に覗いてみますと待ち客どころか、席もガラガラでありましたので、このチャンスを逃しては… と入店
しかし、美味しく天ぷらをいただいている最中にはワタシの後ろには席待ちのお客さまが列を作りはじめまして、お店を出ることには外にも列が出来ていましたね



【日本橋天ぷらめし 金子半之助】
東京都中央区日本橋本町1-4-3 ヴィラアート日本橋1F
03-6262-3734


[PR]
by gurumeblog | 2014-04-26 22:23 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線茅場町駅:「新八」    鯵と鰯のたたきにネギトロを加えた3色丼が絶品

P4250517-a.JPG

そう言えば、ひと月ほどお寿司を食べてないような…
そう思い立って、気になっていたお寿司屋さんの暖簾を潜ることにいたします
と言っても今日の目的は“にぎり”では無くて… もちろんどこにでもあるような海鮮丼でもありません
ココでしかいただけない というか、ココでしか味わえないであろう3色丼を目的にテクテクと…



P4250514-1.JPG
場所は茅場町
住所表示は新川ではありますが、茅場町駅から徒歩3分という場所にありまして…
ヴィラフォンテーヌ茅場町ってホテルの裏辺りにあります
裏でありますから表通りからは目立つお店ではありませんが、お昼時にはぎゅうぎゅうなほどにお客さまが入っているようであります


P4250516-1.JPG
店内に入りますと、先ずは白木のカウンターがお出迎え
そこにいかにも職人さんって雰囲気の大将がいらっしゃいまして… 恐る恐るではありますが、その大将の前の席を陣取ります
が、その大将 意外にも話好きな方であるようで、お客さまへ気さくに話しかけていらっしゃいますね
壁面に「すし屋の勘八」店長一同からと書かれた飾り物がありましたので、この大将は勘八出身の方なのかもしれませんね


P4250517-1.JPG
そんな光景にひと安心して、周りのお客さま総てが召し上がっていらっしゃる“3色丼”をいただきます
鯵と鰯のたたきとネギトロが盛られていまして、色合い的には2色なのですが3色丼
その味と鰯は注文が入ってからトントンと叩かれたモノでありますから、見た目からもその鮮度を感じることが出来るモノでありました
それには味が付けてあるから、ネギトロにだけ醤油を付けて召し上がりくださいとのことでありまして…
まず、そのたたきをいただいてみますと、ほんのりと香るごま油の香りと、とってもスッキリとした生姜の香り
鮮度の良さもあるのでしょうが、それらの香りで全く臭みを感じること無くいただくことが出来るんですね
そしてネギトロはたっぷりのわさびを付けてもツーンとくることが無いほどに脂がのったモノでありまして…
これまた、とっても美味しくいただくことが出来るモノでありました


多くのお客さまを集める寿司屋のランチと言えば…
原価を無視したようにたっぷりの鮪を乗せた鉄火丼を売るお店が多かったりするのですが、こちらではちょっとした味付けにこだわることで、しっかりと儲けを出すことが出来る商品でお客さまを集めていらっしゃるのですね
しっかりとお勉強させていただきました



【すし屋の新八】
東京都中央区新川1-7-2 今井ビル1F
03-3553-7521


[PR]
by gurumeblog | 2014-04-25 19:29 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線茅場町駅:「おらぶさる」     出汁が香る美味しい讃岐うどんでお手軽ランチ

P4240501-a.JPG

ポカポカ陽気の中、テクテク歩いて…
この時期、お散歩はとっても心地よいですね
ってことで、茅場町近くへと出掛けてランチといたします


P4240494-1.JPG
毎日のようにうどんを食べている知人がいて、そのアップされる画像を見るたびにうどん好きの血が騒ぎ始めたのであります
それで今日はツルツルっと、軽くランチを済ませることにいたしましょう
お店の前には大きなうどん釜が置かれる演出
お店って、このように入る前から美味しさが伝わるような工夫が必要なんですよね


P4240497-1.JPG
で、店内はスッキリとした清潔感あるイメージ
こちらはセルフスタイルのお店でありますから上等な調度品が使われることは無いのですが、決して安普請な印象を受けることも無く、心地よく食事をいただける環境が整っています
こちらは讃岐のうどんを全国に広めようと都内数か所に出店している「麺通団」の運営もしているようで、水道橋や吉祥寺のお店はこちらの直営店であるとのこと
ならば、そのお味にも信頼が持てますね


P4240500-1.JPG
これが“あつかけ”
今日のような暖かい日には“ざる”って選択肢もあるのでしょうが、お蕎麦は“ざる”、うどんは“かけ”と言うのがワタシのこだわりでありまして…
こちらでは、お出汁を好きなだけセルフでいただくことが出来るのでありまして、そのタンクから注いでいる際に広がる香りが、これからいただくものが美味しいモノであるってことを伝えてくれますね
麺通団では讃岐から取り寄せいている麺が使われているようですが、ココではお店で打ったモノが使われているとのことでありまして…
その美味しさに期待を膨らませたのですが、今日の出来は今ひとつであったようで、ちょっと残念でありました


P4240504-1.JPG
うどんと言えば天ぷら
あれこれと天ぷらが用意されていますが、ワタシがいただくのはいつもコレ
かしわ天とちくわ天ですね
玉子があればそれもいただくところであるのですが、今日はタイミング悪かったのか並べられていませんでしたね
“かしわ”とは鶏肉のこと
ソテーではモモを、唐揚げやてんぷらなどはムネをというのがワタシのこだわりでありまして…
ココで提供されるかしわ天は、そんなワタシの好み通りのムネが使われているモノでありますから大満足でありますね


P4240507-1.JPG
そしてコレ
本日のお勧めとして150円で提供されていた“肉たまご丼”
これが無くてもお腹を満たすには十分な商品をいただいていたのですが、どうしてもそれに興味があって…
暫くはテーブルで格闘したのでありますが、とうとう追加注文のためにカウンターへ
牛丼に卵の黄身が落とされた姿を想像していたのですが、お肉がたっぷりと残ったすき焼きを卵でとじたようなモノがご飯に乗せられていて…
ちょっとそのお味は濃いめであるように感じましたが、美味しくいただけましたよ
当然お腹はパンパンになりましたが…



それにしても気になるのが「ORABSAL」と言う、カフェのような店名でありまして…
こちらでは自分たちのことを「さる軍団」と称しているようで、その猿がおらぶ(叫ぶ)から「おらぶ・さる」なんだそうですね
ちょっと楽しい店名のうどんやさん
朝からお昼過ぎまでしかやっていませんが美味しいお店です



【ORABSAL】
東京都中央区新川1-6-11 ニューリバータワー1F
03-6280-3619


[PR]
by gurumeblog | 2014-04-24 22:21 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線茅場町駅:「パリカリ」    新川の路地裏にあるオシャレカフェでランチ

P4230487-a.JPG

今日はとっても良い天気
どこかに出掛けたい気分にもなりますが、お仕事の予定もあって…
でもランチだけはオシャレにしてみたいって気持ちになって素敵カフェへ


P4230476-1.JPG
新川と言うビジネスパーソンが多いエリアではありますが、路地を入ったところにあるこちらは、無意識に歩いていては見逃してしまいそうお店であります
天井から足元までの大きなガラス扉が開放感を出していますし、軒先にはいくつかのテーブルが出されていますので、今日のような日のランチはココでいただくのも心地良さそうですね


P4230493-1.JPG
店内は調理する姿を眺めながら一人でも気軽に食事が楽しめるカウンター席、お店の中央にはひとりでも大人数でも利用できる大テーブルが…
もちろん、ゆっくりと座ることが出来るテーブル席もありまして、いろんなシチュエーションで利用できそうですね
壁面の鏡に描かれた煙のような絵が何とも不思議で…
これも話のネタになりそうですし、何と言ってもスタッフの方が優しくてステキなお店であります


P4230490-1.JPG
いただいたお料理はコレ
たまたまではありますが、今日のパスタが“わたり蟹のトマトクリームソース”であるとのことで、それはワタシの大好物なのであります
しかも、しかも、それを生パスタであるフェットチーネに替えることも出来るとのことでありまして、益々テンションが高まります
それがテーブルに運ばれて来ようとしているとき、蟹の旨みが詰まっているであろう香りが先に届きまして…
商品を手にする前に、それが美味しいモノであることを察することが出来ました

旨みが詰まったソースをしっかりと煮詰めていますのでその濃厚な香りと味わいは見事でありますし、麺はモッチリとしたアルデンテ
が、ちょっと茹でる際のお塩が少なかったのでしょう 折角の麺の旨みを引き出すには至っていませんでしたね
なんて言いながらも満足するには値する商品でありまして、しっかりと美味しくいただきましたよ


ココは創作料理のカフェであるとのことですから、パスタ以外にもガパオなんて商品もあって…
ご近所の方にを飽きさせないお店であるようですね



【CAFEDINING PaliKari】
東京都中央区新川1-6-12 AIビル茅場町1F
03-3537-6663


[PR]
by gurumeblog | 2014-04-23 22:15 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「新川デリー」    鼻の頭に汗をかくほどの辛さを楽しむカシミールカレー

P4220473-a.JPG

午前中は暖かさを感じるほどの陽射しがあったのだけど、お昼を過ぎたあたりからどんよりとしてきて気温も急降下
ちょっと肌寒さを感じながらも、傘を持ってランチへと出掛けます



P4220469-1.JPG
外観から美味しさが伝わってくるようなお店では無いのだけど、「大人の週末」や「dancyu」なんてグルメ本にも掲載されたことがある有名店でありまして、その名からもわかるように、銀座、上野に店を構える超有名店「デリー」からの暖簾分け店であります
デリーで修行をされていた方々がお店を出していく中で、唯一のデリーから暖簾分けを許されたお店だとのことでありますから、ちょっとお邪魔してみることにいたしましょう


P4220470-1.JPG
それほど大きくは見えなかったお店でありますが、想像以上に奥が深い店舗でありまして…
入り口近くには3つほどのテーブル席があり、その奥に厨房とそれに面したカウンター席がありますね
お隣にはテイクアウトの専門店を構えるほどに、お昼の時間は近隣事業所からのお客さまで列が出来ている光景を見ていましたので、今日はちょっと時間をずらして…


P4220474-1.JPG
いただいたのは“カシミールカレー”
一切ルーを使わない、野菜と香辛料だけで作ったカシミールは辛いことで有名なモノなのですが…
こちらメニューを眺めていますと、“ストロングカシミールカレー”や“ハバネロカシミールカレー”なんて商品があるではないですか
辛いもの好きとしましては惹かれるところではありますが、一応お店の方に「どのくらい辛いですか?」と尋ねてみますと、通常のカシミールの3倍くらいとの返答でありましたので、先ずはカシミールを食べてみないとその辛さは想像できないってことですね
で、通常のカシミールを注文したのでありますが、「普通よりもちょっと辛くしたホットも出来ますよ」とのことでありまして、それをお願いいたします

提供されたソレは、想像通りに黒光りしたサラサラのカレーでありまして、その色艶からも辛さが伝わってくるものであります
一口いただいてみますと、ジワッとお口の中に辛さが広がりまして…
だんだんとその辛さが実感されるモノではありますが、その中に香辛料の香りを楽しむことが出来るくらいに程よいモノでありますね
ジワッと鼻の頭に汗をかくほどの辛味はありますが、頭皮から汗が噴き出すほどではありませんので、次回はストロング? なんて挑戦の気持ちも沸いてきました


そしてこちらには玉葱ベースのとろみとコクのあるコルマカレーなる二本柱の商品もあるようですので、次はそれにしてみましょうかね
何れにしても本格的なインドカレーがいただけるお店であるようですので、今後も贔屓にさせていただきましょう



【新川デリー】
東京都中央区新川1-28-35 鳴門ビル1F
03-3297-8922


[PR]
by gurumeblog | 2014-04-22 22:57 | 東京都 | Comments(0)

JR東海道本線三河大塚駅:「かつさと」   天候まで考慮した日替わりうどんとのセットでお腹も心も大満足

P4210453-a.JPG

豊橋出張二日目は雨
それもしっかりと降る雨に気持ちも下がるところではありますが、そんな気持ちを立て直して、お仕事へと出かけます
今日の業務は…
スーパーバイジングの手法を伝達することがテーマでありますから、若手有望株の社員さまと同行し、チェックポイントと、その見るべき視点を伝授いたします



P4210450-1.JPG
臨店の途中、ラグーナ蒲郡近くにある「かつさと」さんでランチをいただきます
かつ丼をメインとしたファストフード的なお店でありまして、そのスタイルは牛丼屋さんのような馬蹄形のカウンターが中心でありますから、気軽に素早くかつ丼がいただけます
そんなスタイルでありますし、メインとする商品が男飯の代表格でもあるようなかつ丼でありますから、当然男性客ばかりだと思っていたのですが…
意外にもこちらではご婦人の方の利用も多いようですね


P4210456-1.JPG
いくつかのバリエーションのかつ丼メニューもありましたが、保守的なワタシは定番である普通のかつ丼をいただきます
ランチの時間でありますと、ハーフサイズのうどんをセットにしても600円でありますから、そのコストパフォーマンスの高さに驚かされますね
かつ丼がお手軽価格でいただけるお店が増えてはいますが、ココほどにしっかりとしたかつが乗っているお店は他には無いのではないでしょうかね
ってことでワタシも常連化していまして…
こちらの看板を見つけてしまいますと、ついついお邪魔してしまうんですよね
かつはいつもながらに満足できるものでありますし、日替わりで提供されるうどんは“かき玉子うどん”
玉子スープのように、うどん出汁に溶き玉子をかき入れ、それを餡とじにしたうどんはいつまでも熱々で…
今日のような肌寒い日にはピッタリでありますね


優しい出汁の味が効いたうどんに心落ち着き、ボリュームあるかつ丼でお腹も満足して…
さて、午後のお仕事も頑張りましょう



【かつさと】
愛知県蒲郡市大塚町十能43-1
0533-75-6846


[PR]
by gurumeblog | 2014-04-21 23:09 | 愛知県 | Comments(0)