ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2014年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

東京メトロ千代田線二重橋前駅:「CAFE GARB」  オープンな空気とヘルシー感あふれるサラダランチ

P9301459-a.JPG

丸ビルにあるオフィスの一室で商談がありまして…
そこへ向かうためにはガードマンがいるセキュリティーを抜けなければならないのですが、用事がある部署と担当者を伝えるだけでなく、身分を明らかにするものを提示しなければならないという厳重ぶり
そんな雰囲気が緊張を高めますね



P9301447-1.JPG
打ち合わせを終えて、折角丸の内に来てるのだからと、並木がキレイな仲通りを散歩したあとランチといたします
ブラブラとしながら美味しいサンドウィッチ食べさせてくれそうなお店を探していたのですが、それらしいカフェを見つけることが出来ずに…
それで、オープンな雰囲気がステキなこちらへお邪魔することにいたします


P9301451-1.JPG
正午前ってことでまだそれほど混み合っておらず、お店の奥にあるソファ席をいただきます
お店全体を見渡すことが出来るこの場所は人間観察を趣味とするワタシにとってはありがたいところでありまして…
ここなら2~3時間はまったりと時間を潰せそうですね


P9301455-1.JPG
で、ワタシはちょっとおしゃれにサラダランチをいただくことにしたします
ボリュームたっぷりの葉野菜と、きのこを使ったパテとキッシュなどが盛合されていますのでヘルシー感に溢れてまして…
コレをいただくワタシの姿はとっても滑稽であったことでしょう


周りにいる女性客のほとんどが、限定17食と言うハンバーグランチを注文されていまして、12:00を前に売り切れてしまうほどであります
お隣に提供されたソレを見ますと、ふっくらと丸く膨らんだ姿がとっても美味しそうでありまして、コレを目的に来られるお客さまがいることにも納得ですね



【CAFE GARB】
東京都千代田区丸の内2-2-3 丸の内仲通りビル1F
03-5220-0440


[PR]
by gurumeblog | 2014-09-30 23:00 | 東京都 | Comments(0)

豊鉄渥美線高師駅:「花くじら」   「ラーメン 餃子 めし」の文字が目立つシンプルなラーメン店

P9291429-a.JPG

豊橋へ出張
今日の豊橋はとっても過ごしやすい陽気でしたので、ちょっと足を延ばして渥美のビーチなんかへ行きたくなりますね
なんて言いながらも、そんな気持ちを抑えて真面目にお仕事いたします



P9291441-1.JPG
駅からお仕事先までの移動途中にあるお店の「ラーメン 餃子 めし」の文字にずっと惹かれていたのですが、なかなかお邪魔する機会が作れなかったのですが、今日はちょっと時間に余裕が出来ましたので…
ラーメン屋さんの店構えにもこだわりを感じるお店が増えてきた中、こう言ったシンプルなお店を見ると懐かしさとともに美味しさを感じるワタシなのです


P9291438-1.JPG
食事時にはちょっと早い時間ではあったので入店時点ではお客さまがいなかったのですが、ほどなくトラック運転手系のお客さまが続々と来店されてまして…
ちょっとやんちゃそうなお姉さんが調理からサービスまでをひとりでテキバキと対応する姿はカッコ良く見えますね


P9291428-1.JPG
醤油ラーメンをいただいてみますと、それは横浜での家系ラーメンによく似た、濃厚なスープとちょっと塩味が強い返しダレに中太のストレート麺
最近のワタシはサッパリ系のお店を選ぶことが多いのですが、こう言った濃厚なラーメンはガツンとお腹に溜まる感じが良いんですよね
そして、それに柔らかチャーシューをトッピングしたのですが、それが実に美味しくて…
脂がとろける感じが堪りませんね


P9291432-1.JPG
そして餃子
コレもお店で握られているのでは? と思える手作り感があるモノでして…
モッチリ感がある皮とジューシーな餡がとっても良いバランスで、カリッと焼かれた食感とともに美味しくいただくことが出来ました
もやしが添えらるところはご当地流なのでしょうね


スタッフが着ているTシャツの背中にあるロゴをみると、ここは「桃山」系列のお店であるようですね
随分と昔のことですので記憶も定かではありませんが、桃山のラーメンってこんな感じでしたっけ?
屋号も異なりますから、新しい挑戦なのでしょうかね?



【花くじら】
愛知県豊橋市神野新田町字ルノ割36
0532-31-7858


[PR]
by gurumeblog | 2014-09-29 15:16 | 愛知県 | Comments(0)

東京メトロ銀座線日本橋駅:「升寿司」   八重洲でいただく700円のにぎり寿司に大満足

P9281415-a.JPG

日曜日の八重洲
多くのお店が店休となっていまして、ランチをいただくお店に四苦八苦であります
三越前辺りまで移動するとやってるお店も多くあるのでしょうが、それほどの時間の余裕も無くて…



P9281411-1.JPG
そんなときの救世主となるのがこちら「升寿司」さん
無休で営業しているだけでなく、八重洲の一等地にありながらリーズナブルにお寿司を提供してくれるお財布にも優しいお店ですし、かしこまる雰囲気も無く気軽に入れるところも魅力でありまして、平日にはご近所にお勤めのビジネスマンで賑わうお店でもあるのです


P9281414-1.JPG
日曜日にもお昼のサービスメニューが提供されていまして…
大好きな海鮮丼に惹かれながらも、今日は握りをいただくことにいたします
赤身が2貫、それに大ぶりな海老など8貫もの握りと巻物が1/4本ほどが盛られますし、吸物として出汁が効いた温麺が添えられますのでボリュームも満足レベルし、にぎる職人さんも経験を積んだであろう年配の方たちでありますからお味だって間違いなし
これが700円でいただけるのでありますから人気のお店であることも当然のことですね



【升寿司】
東京都中央区八重洲1-8-7 第107東京ビル1F
03-3271-0275


[PR]
by gurumeblog | 2014-09-28 22:08 | 東京都 | Comments(0)

京急本線横須賀中央駅:「ベンガル」  美味しいカレーと心地良い接客で40数年続く人気店

P9271396-a.JPG

横須賀と言えばカレーの街
「横須賀海軍カレー」の打ち出しに成功したようで、今ではそんなイメージさえ持たれるようになってきましたが、それよりもずっと前から横須賀市民のソウルフードとして愛されるカレー屋さんがあるとのことで…
ならば折角横須賀まで来ているのだから、今日の〆はそこにしましょうと移動いたします



P9271388-1.JPG
そこは1971年に創業したという「ベンガル」ってお店でありまして、入り口置かれたインド人の姿をあしらった看板から昭和の香りが漂っています
40数年の歴史の中できっちりとファンを作っているだけではなく、観光などで来られた方々もココへ立ち寄っておられるようで… 近くに大手のカレーショップが出店しても人気が衰えることが無いようですね


P9271400-1.JPG
商品にはすべてコールスローがセットになっていまして、コレをいただきながら商品の提供を待つことになります
一つひとつの商品をキチンと手作りしていますので、提供まで少し時間が掛かったりすることもあるのでしょうが、シャキッとした食感を残したキャベツと爽やかなドレッシングの風味を楽しんでいることで待ち時間も苦になりませんね


P9271395-1.JPG
ポークカレーなど言わゆる昔ながらのルーを使ったカレーもあるのですが、ココのお勧めはドライカレーだと言う情報に基づいて…
大好きなソーセージをトッピングしていただきます
辛口を選んだってこともありますが、ドライカレーはピリッとした辛味が効いていますし、旨味が凝縮したような感じ
それに芳ばしく焼かれたジャーマンソーセージだってかなりのレベルでありまして、これだけでも立派な一品となるだけの美味しさなのです
なるほど、これだけの商品力でしたら、チェーン店は敵ではないかも知れませんね


P9271404-1.JPG
カウンターの中にいるスタッフは皆さん良いお年頃の女性でありまして、彼女たちだからこと出来る、味がある接客が居心地を高めてくれますね
音無美紀子さんに似ていると言われることもしばしばだと言う彼女の接客にワタシもしっかりと癒され、すっかりココのファンになってしまいました


やはり長く人気が続くお店と言うものは、美味しい商品だけでなく、お客さまを引き付ける魅力あるサービスを伴うものなんですね



【カリーすなっく ベンガル】
神奈川県横須賀市若松町1-9
046-825-8877


[PR]
by gurumeblog | 2014-09-27 23:42 | 神奈川県 | Comments(0)

京急本線横須賀中央駅:「KUROFUNE」  地元の魚介や野菜がいただけることで人気の居酒屋

P9271385-a.JPG

11月に創刊される「美」をテーマとするフリーペーパー『美toBE』 そこに掲載されるお店のクリスマスメニューを撮影するとのことで神谷町へ
2時間弱しか時間がありませんでしたが、美味しそうなお料理とたくさんのモデルさんに囲まれる楽しいお仕事でありました



P9271370-1.JPG
その後、友人との食事のために横須賀へ
地元で獲れる魚介を提供するお店だと聞いていたのだけど、オーシャンダイニングと書かれた看板からはその美味しさを感じることが出来ず…
大した期待も無くお店へ入ったのですが、テーブル席は全て予約で埋まっているとのこと
そのギャップに驚きながら、カウンターの席をいただきます


P9271384-1.JPG
とは言いながらも、地物との言葉に惹かれて刺し盛りを頼んでみますと、二人盛でありながらもこのボリュームでありまして…
ホタテ カンパチ 中トロ 鰹 鯵 シマアジ などなど
12種ものネタが盛られているだけでなく「ヘダイ(平鯛)」と呼ばれる、滅多に市場に出ることがなく地元で消費されることがほとんどだと言う珍しいモノまでもが…
どのネタも新鮮であるのは当然のこと こんな珍しいモノがいただけるのは地元に来たからこそのことでありますね


P9271377-1.JPG
同じく地元である三浦野菜が使われたバーニャカウダ
これまた、どの野菜にも自然の甘みがありまして… 
その甘みを感じるためにでありましょう キーンと冷やされることも無く提供されますし、トマトなどは箸で摘まみやすいようにヘタの部分と平らにカットして下さっているなどの気配りもされています


P9271381-1.JPG
そんな地元の旬野菜をもう少しいただきたいってことでお願いしたのが「海老と旬野菜のガーリック炒め」
ナスと玉ねぎがメインでありましたが、その玉ねぎが実に甘くって… それにナスと油の相性ってどうしてこんなに美味しいのでしょうね
それにこの海老
商品のお値段からは想像できないほどしっかりとしたモノが使われていまして、そのプリッと感をも楽しむことが出来るモノでありました


P9271374-1.JPG
そして何故だか、お勧めと書かれたA4サイズのメニューにドーンと載せられているローストビーフ
しっとりとした赤身が美味しそうであるだけでなく、10mm近くある厚みが肉好きの本能に火を付けます
いただいてみますと、そのお味は居酒屋レベルで提供されるモノではありませんね
お肉専門のお店でも、ココまでしっかりとしたローストビーフを提供してくれるお店は少ないと思うのですが、ココは海鮮をメインとしたお店でありますからその驚きは一層であります


メニューから想像する商品への期待を遙かに超える美味しさとボリューム
これは人気店であるのが頷けますね
〆は43年も続く横須賀市民のソウルフードとも言えるようなカレー屋さん『ベンカル』
女優 音無美紀子さん似のお姉さんのステキな接客に癒されました


【オーシャンダイニング KUROFUNE】
神奈川県横須賀市若松町3-16 中央武田ビル1F
046-823-9622


[PR]
by gurumeblog | 2014-09-27 23:29 | 神奈川県 | Comments(0)

東京メトロ銀座線日本橋駅:「まえ田」  銀座の路地でいただく炙り穴子一本が乗る海鮮丼

P9261352-a.JPG

再開発が進む日本橋ではありますが、まだまだ昭和の雰囲気を残すたくさんの路地やお店がありまして…
日本橋は歴史ある町であるだけに奥が深いですね



P9261347-1.JPG
画廊などが並ぶ路地を抜けたところにある「まえ田」さん
その佇まいから年配の大将が仕切るお店かと思いきや、ココは35歳の若きオーナーが腕を振るうお店でありまして…
銀座の高級店で修業をした技術と築地で厳選した食材を使いながらも、1000円ほどでいただけるランチを提供してくれるありがたいお店なのです


P9261354-1.JPG
2Fには20人ほどが入れるテーブル席もあるのですが、1Fは一人でも気軽に利用できるカウンター席でありまして…
奥行きがあるカウンターですから、窮屈感も無く居心地も良いからでしょう 女性お一人さまもいらっしゃいますね


P9261353-1.JPG
炙り穴子一本って言葉に惹かれて、それが乗せられる海鮮丼をいただきます
中トロに〆サバ、旬である脂がのった秋刀魚に鰹のタタキや鯛など、たくさんの具材が乗せられた贅沢感ある海鮮丼は彩りも美しく…
ネタのカットも大振りでありますからボリュームも十分ですね


添えられる汁もあおさ海苔がたっぷりで熱々と、幸せ感あるランチに大満足
また足を運びたいお店ですね



【にほんばし まえ田】
東京都中央区日本橋3-1-14
03-3275-1830


[PR]
by gurumeblog | 2014-09-26 21:37 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線田町駅:「肉芝」  お肉たっぷりの肉芝つけ麺をいただくご機嫌ランチ

P9251342-a.JPG

久しぶりに田町での打ち合わせ
2年ほど前から打ち合わせを重ねている案件を年内には具現化しようってことで話がまとまって…
新しいビジネスの展開に胸躍ります
そんな打ち合わせを終えて、ランチまでの時間を潰そうと、近くにあった「カフェ・ベローチェ」でひと休み
そこで、ワタシの目を見つめながら両手でレシートを手渡してくれる店員さんの笑顔にキュンとして…
天気は良くありませんが、ワタシの心は晴天であります



P9251329-1.JPG
折角田町に来ているのだからと、以前お邪魔して以来ご無沙汰をしているピッツェリアでランチをいただこうと思ったら、なんと営業時間の変更でランチはやってないとのこと
美味しいピッツァを提供するために、お昼はその仕込みに専念すると言うことでありますから、改めて夜の時間にお邪魔することにいたしましょう
ってことで、その近くにあるうどん屋さんへ


P9251345-1.JPG
夜は居酒屋 お昼はセルフでいただくうどん屋さんであるようで…
「肉芝」って店名の通り、肉うどんを看板商品としているお店でありまして、ランチで提供されるうどんは「肉芝うどん」「肉芝つけ麺」「肉芝ぶっかけ」が3本柱
そのどれもがお手軽なお値段で提供されるほか、厨房が臨める外観からも美味しさも伝わって来て、食べる前から期待に胸膨らみますね


P9251343-1.JPG
で、いただいたのは「肉芝つけ麺」
熱もり、冷もり 何れにも対応してくださるようですのでワタシは熱もりを注文
大きな釜でゆであげらるうどんではありますが、それには大したこだわりを持ってないようですが、ちょっと柔らかめに茹であげられたそれは、ワタシにはほど良いモノでありまして…
ラー油とゴマが加えられたつけ汁にはたっぷりのお肉が入っていまして、それが柔らかく煮込まれていますので麺とのバランスも良くとっても美味しくいただけますね
そこには生卵が添えられるのですが、それをどのように使うのか… 
ちょっと悩みましたが、先ずは溶き卵にしてそのお肉をすき焼きのように玉子に潜らせていただきますと、これがなかなかでありまして、かなりお気に入り
周りのお客さまを見てますと、つけ汁に浮かべて月見のようにしている人や、麺と絡めて釜玉のようにしている方もいて、自由に楽しんでいるようですね



【うどん酒場 肉芝】
東京都港区芝浦3-12-10
03-5765-9870


[PR]
by gurumeblog | 2014-09-25 22:07 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線豊洲駅:「RIBLAB KITCHEN」  手づかみでいただくスベアリブが売り物と言うことで…

P9241296-a.JPG

書類の作成に追われてお腹がペコペコになった夜
豊洲で勤める友人を誘いだしてフォレシアへ
開業からほぼ1ヶ月経った今、ここを訪ねるお客さまも一巡したのでしょうか それとも迫り来る台風の影響なのでしょうか
今日のフォレシアにある飲食店は、ラーメン店を除いてどこもガラガラでありますね



P9241278-1.JPG
スパニッシュにしようか それともココで手づかみでいただくと言うリブにしようか と、しばし両店のメニューを見比べるワタシ
迷い始めると、よほど何かの決め手がないとそこから抜け出せないんですよね
それにしても気なるのが客席の真ん中にある馬のオブジェでありまして… ココの名物であるリブは豚肉でありますし、メニューを眺めても馬との関連は見当たりませんし…


P9241288-1.JPG
アルコールをいただかないワタシたちに申し訳なく思ったのか「夜はチャージ料が掛かりますけど、よろしいですか?」とスタッフの方から説明を受けて…
お通しとして提供されたのがこの生ハム チャージ料がいくらだったのかは確認していませんが、これがお通しであれば納得もしますね
しかしサラダを頼もうと思ったときに困ったことがおきまして…
唯一のサラダメニューであるシーザーサラダには生ハムがトッピングされているとのことですし、スタッフの方からその代替え案も無く… 今日はサラダを諦めます


P9241298-1.JPG
まずは名物であるスペアリブから
ココで提供されるリブには6種類ほどのソースが用意されていますから、いくつかの味を楽しむことが出来るのですが、その分ワンピースが小ぶりに出来てまして…
メインとするにはインパクトに欠けるボリュームでありますね
ワタシがいただいたのは、ピリッと辛い「ハラペーニョサルサ」と甘みがある「オニオンガーリック」でありまして、その組み合わせは我ながら良く出来たと感心いたします


P9241291-1.JPG
そしてあれこれとお料理を…
リブがしっかりとした味付けだからでありましょうか? ココで提供されるお料理はどれも薄味に仕上げられていまして、ちょっと物足りなさを感じていたのですが…
お店特製だと言うニンニク醤油に漬け込まれたチキンがカラッと揚げられた唐揚げは、今日いただいたモノで一番の美味しさでありまして、思わずコレを名物にしちゃえば良いのになんて思うほどでありました


オープンになったお店がお客さまで埋まっていると絵になるのでしょうが、今日のような状態では逆にさむざむとした感じが出てしまいまして…
今日の雰囲気はマイナスでありましたね



【RIBLAB KITCHEN】
東京都江東区豊洲3-2-24 豊洲フォレシア1F
03-5547-4857


[PR]
by gurumeblog | 2014-09-24 23:36 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線日本橋駅:「赤木屋珈琲」 3年と言う期間限定もそろそろ終わりに? 名残惜しいお店です

P9231272-a.JPG

午前中に行ういつもの業務が意外にも早く終わり、天気も良いのでちょっと歩いて美味しいランチをいただくことにしようと勇んで出かけたのですが…
今日は祝日だったんですね それで目的のお店は店休日でないですか



P9231258-1.JPG
テクテクと歩きながら、開いてるお店を探しているうちにたどり着いたのは日本橋
先ずはココでひと休みといたしましょう
ココで提供されるコーヒーは、選び抜かれた豆を店内で焙煎をすると言う、かなりのこだわりでありまして、独特の酸味を楽しむことが出来ます


P9231261-1.JPG
このお店、元証券会社が自社ビルでやっているとのことでありまして… 
その場所は日本橋でも一等級の場所にあるってことでいつも多くのお客さまで賑わっているのですが、この地域の再開発のため社屋が取り壊されるまでの期間限定出店だとのことですから、間もなく閉店してしまうことになるのでしょうね 


P9231269-1.JPG
歩き疲れただけでなくお腹もペコペコってことで、日本橋ブレンドと一緒にホットドッグをいただいてみますと…
サクッと焼き上げられたパンの食感にノックアウト プチッと弾けるソーセージと粒マスタードの香りが実に良い感じでありまして、一瞬にしてお気に入りになってしまいます
シンプルであるからこその美味しさって感じですね


レギュラーサイズのコーヒーとホットドックをいただいて500円
そんなワンコインで過ごす日本橋でのひとときをまたいつか…
新しい施設になってもまた戻って来ていただきたい喫茶店であります



【赤木屋珈琲】
東京都中央区日本橋2-7-1 赤木屋証券ビル1-2F
03-3271-0010


[PR]
by gurumeblog | 2014-09-23 23:20 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:「新川デリー」 辛いカシミールと酸味が効いたトマトサラダの相性がバッチリ

P9221252-a.JPG

朝晩は随分と涼しくなりましたが、まだまだ日中には少し汗ばむ陽気
とは言え、心地良い風が流れていますので、歩いてランチへと向かいます 
そんな時テレビ局から連絡が入り、「いきなりのことで申し訳ないのですが…」と言いながらも、今夜にでも収録できないかとのこと
予定していた誰かがぶっ飛んじゃったんですかね?



P9221241-1.JPG
そんな電話をしているうちに目的のお店へ到着 新川にある「DELHI」ってカレー屋さんであります
ココは上野の「DELHI」から、唯一暖簾分けを許されたお店でありまして、日本人シェフが作るデリケートなインドカレーをいただくことが出来ると評判なのです
今年の春先に伺って以来、半年ぶりでお邪魔してみますと…


P9221245-1.JPG
15:00近くになっているにも関わらずテーブルは全て埋まっていますので、うなぎの寝床のようなお店の奥にあるカウンター席をいただくことにいたします
そこは厨房が目の前ですから、調理している姿が見えるだけでなく、香辛料の香りに食欲がそそられて、つい食べ過ぎてしまいような危険な場所でもありますね


P9221248-1.JPG
ここのコルマカレーは評判高いものでありますからそれにしようかと思ったのですが、香辛料の香りとともに味わえる旨辛が忘れられずに、先回に続きカシミールカレーをいただきます
つなぎを一切使わず、野菜の旨みと香辛料だけで作りだすと言うカレーにはじゃがいもとチキンが入っているだけ
見た目はシンプルでありますが、いろんな風味が複雑に絡み合うことでの美味しさが魅力なんですよね


P9221256-1.JPG
一緒にいただいたのは酸味が効いたドレッシングでマリネされたトマトサラダ
みずみずしい完熟トマトとドレッシングの酸味が見事な相性でありまして、辛いカレーの舌休めとしては最適なひと品であります


P9221247-1.JPG
卓上に置かれた漬物とチーズ
なぜチーズ? とも思うのですが、チーズの程よい塩加減がコクと旨みが溢れ出すのだそうです
が、カレーソースに入れてしまうと香りの妨げになるとのことで、ご飯に乗せていただくのがポイントなのだとか…
次回試してみることにいたしましょう



そして夜、無事に収録を終えることが出来たのですが、これまで経験したバラエティーとは異なる雰囲気にちょっと緊張してしまいましたかね
どんなふうに映っているのか オンエアが楽しみです



【DELHI(新川デリー)】
東京都中央区新川1-28-35 鳴門ビル1F
03-3297-8922


[PR]
by gurumeblog | 2014-09-22 22:03 | 東京都 | Comments(0)