ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2014年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

東京メトロ日比谷線茅場町駅:「長寿庵」  二八にこだわる喉越しが美味しいお蕎麦と甘みがあるつゆが魅力

PC310475.JPG

大晦日
今年も多くの方と出会うことが出来た一年でありました
そして、健康に過ごせたことに感謝をいたします
来年は、多くの方の力添えをいただきながら、書籍の出版や新しいビジネスにも挑戦したいと思っていますのでよろしくお願いいたします



PC310467.JPG
100年を超える名店にあやかり、ワタシのビジネスも細く永く続くようにと願いを込めて…
外食修めとなる年越し蕎麦は今年もこちらでいただきます
20年ほど前に同地にビルを建てそのB1Fにお店を構えているのですが、茅場町と言う場所柄、多くのビジネスマンに利用されているようでありますね



PC310468.JPG
年越しと言いながらもお店の営業が20:00まででありますので、それほど混み合っていないであろう、夕方の早い時間にお邪魔いたします
と言いながらも、つい先ほどまではお昼からのお客さまで賑わっていたようで、ようやく落ち着いたタイミングであったようですね


PC310476.JPG
こちらのお店ではお刺身や焼鳥なども提供されているのですが、今日はさすがにお蕎麦に限定されたメニューで営業されていまして…
天せいろにしようか、それとも鴨せいろにするべきか
そこが迷うところでありますが、創業期からの"二八"にこだわるコシがあるお蕎麦はもちろんのこと、ココで提供される蕎麦つゆの甘みに惚れ込んでいるワタシは、今年も天せいろをいただくことにいたします
お醤油に辛みが効いた関東風のつゆも悪くは無いのですが、しっかりと出汁の旨みと甘みがあるこちらのつゆは飲み干したくなるほどでありまして、どれだけの材料費を掛けているのだろうかと心配してしまいます


サービスを担当してくれた若い男性スタッフがとっても感じが良い方でしたので、そのことを会計のときにレジを担当してくれた女性に伝えると… その彼はこちらの5代目なのだとか
まだまだ4代目が頑張っていかれるのでしょうが、こう言った5代目がいると次世代も安泰でありますね
そしてお店を後にしていたところで、その5代目がわざわざ出てきていただけ、ワタシの後姿に「ありがとうございました 来年もよろしくお願いします」と声を掛けてくださるではないですか
こう言う姿勢こそが、永年に渡る繁盛店を作るのでしょうね



【茅場町 長寿庵】
東京都中央区日本橋茅場町1-9-4 長寿ビルB1F
03-3666-1971


[PR]
by gurumeblog | 2014-12-31 22:41 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:「PONTE CENTRO」   専用の石窯で焼き上げるピッツァなのですが…

PC300463.JPG

仕事納めをして何の予定もない日
きっと気が緩んでいたのでしょう 宅配便のお兄さんが鳴らしたインターホンで目覚めたのは11:00を過ぎた時でありました
その後も何をするわけでも無くダラダラと過ごして… 



PC300455.JPG
夜、近所のイタリアンでピッツァをいただくことにいたします



PC300457.JPG
お店の中央にはピッツァ専用の石窯が置かれていまして、そこで焼き上げるピッツァはかなり本格的なモノ
更にはパスタやセコンドもなかなかのレベルであることから、近隣に住む方々のファミレスとして利用されているようであります
ってことで、年末の今日、皆さん忙しかったのでありましょう
お店は多くのお客さまで賑わっていますね


PC300461.JPG
ってことで、ワタシもそのピッツァを目的に何度となく通っているのですが、今日いただいたモノはかなりガッカリなモノでありまして…
生地の水分が抜けてしまっていて、モッチリとした食感では無くサクサクとした仕上がりになっていたのであります
きっと窯の温度が低かったのでしょう
焼き上がるまでの時間も長いように思えましたし、途中で火力を高めてもいましたし… 


飲食店に於いていつも一定のクォリティーを提供することは大きな課題ではありますが、コレを重視し過ぎると、美味しさのレベルも必然と下がってしまうことも多くあることでして…
難しいことですね



【PONTE CENTRO】
東京都中央区佃2-1-6 リバーシティM-SQUARE1F
03-5547-3030
[PR]
by gurumeblog | 2014-12-30 22:54 | 東京都 | Comments(0)

JR武蔵野線吉川駅:「焼肉屋 ごんたか」 しっかりとタレに揉まれたお肉がいただけるリーズナブルな焼肉店

PC290444.JPG

知人のご子息さまが焼肉店をオープンさせたと言うので訪ねてみることにいたします
これまでお父さまが経営するお店をずっと手伝ってきたのだけど、機が熟したってことで、そのお店で学んだ多くのノウハウを基に独立をしたのであります
まだまだ若い経営者でありますから師匠でもあるお父さまの支援も必要なこともあるでしょうが、巣立っていくことは素晴らしいことですね



PC290451.JPG
そのお店の名前は「焼肉屋 ごんたか」
良い肉の日でもある11月29日が開業予定だったそうではありますが、開業には色んなトラブルが付き物でもありまして…
実際にオープンできたのは今月になってからのこと
直ぐにでも伺いたかったのですが、オープン当初は何かと忙しいでしょうと、年の瀬も迫った今日、お邪魔したのであります


PC290443.JPG
美味しい焼肉を前に「チョレギサラダ」をいただいてみますと…
大きな器にたっぷりのレタスが盛られていまして、これ一皿で4人くらいでもいただくことが出来るほどのボリュームですね
そのごま油と塩味のドレッシングがとっても良いバランスでありましたので、野菜好きなワタシはペロリといただいちゃいました


PC290436.JPG
厚切りのタン塩は、元の部分と中ほどの部分がうまく組み合わされていまして、サシの甘みととろけるような柔らかさが楽しめたり、ちょっとした歯応えと旨みを楽しめたりと楽しい一皿であります
厚切りの名に恥じない7mmほどにカットされていますので、表面はカリッと焼きながらも、中のジューシーさは失わないうちにいただきます


PC290442.JPG
そしてハラミ
味噌ベースのタレで揉み込まれたハラミはとっても柔らかく…
ワタシが好みのミディアムウェルほどに焼き上げても、硬さを全く感じることが無いモノでありました
鮮度が落ちると黒みを帯びたり臭味が出たりするハラミがこれだけの状態でいただけるなんて… しっかりしたお店であることが窺えます


PC290445.JPG
そしてカルビの盛り合わせ
上等なモノからリースナブルなモノと3種のカルビが盛合されていまして、その上等なモノが美味しいのは当たり前としまして、最もリーズナブルなカルビでも十分に満足できるほどのモノでありました
これなら、お肉をガッツリと食べたい若いファミリーから、美味しいお肉を少しだけって年配のお客さままでに満足していただけること間違いないでしょう


PC290441.JPG
そんなお肉以外にもいろんな商品が揃えられていまして…
これは「ごん煮込み」と名付けられたモノ 
モツ煮のようなモノかと思っていたら、そこにはおでん種のように大きな大根などたっぷりの野菜と一緒にスジ肉が煮込まれているんですね
濃厚なモノでは無くスッキリサッパリとした味わいですし、それほどの辛味も無いのでお子さまでも大丈夫なもので、結構ハマるお客さまも多そうですね


PC290450.JPG
〆にいただいた冷麺は韓国風のそれでは無く盛岡冷麺的なモノでありまして…
しっかりとした旨みと甘みがあるスープにコシが強く太めの米麺が良く合いますし、結構サッパリといただけますので〆の一品にもピッタリですね



最近ではお肉をタレで揉み込むことをしないお店が増えている中、若い経営者がこのような商品を出すことは珍しいのかも知れません
しかし焼肉とは本来こうあるべきだと言う持論を持つワタシにとってうれしいお店でありました




【焼肉家 ごんたか】
埼玉県吉川市木売新田5-1
048-940-2988


[PR]
by gurumeblog | 2014-12-29 23:47 | 埼玉県 | Comments(0)

東京メトロ銀座線虎ノ門駅:「いきなり!ステーキ」  30号店目となるお店が虎ノ門にオープン

PC280425.JPG

今年の仕事納めだと気合が入ったのか、15:00のアポイントを14:00だと思い込んでクライアント先へお邪魔してしまいました
遅れなかっただけ良いのですが、最近こう言った失敗が多いんですよね
これも歳のせいなのでしょうか? なんてちょっと心配になって来ます



PC280416.JPG
そんなお仕事を終えて向ったのは「いきなり!ステーキ虎ノ門店」のレセプション
毎回のようにお誘いをいただいていまして、今年一年でどれだけのステーキをいただいたのだろうと思ったりもしますが、コレも今日が今年最後でありまして…
ステーキの食べ修めってことでもありますね


PC280422.JPG
いきなり!ステーキでは「肉マイレージ」と呼ばれる食べたお肉の量だけ特典がもらえるカードが発行されているのですが、その保持者はなんと30000人近くも
その中にはかなりの強者がいて、20kg以上を食べた人だけに授与されるプラチナカードをの所持者が13人も…
この肉マイレージが始まったのが6月のことでありますから、平均すると毎月3kg以上を召し上がられたってことですよね


PC280427.JPG
さてさて、本日ワタシがいただいたのはリブロースステーキ410g
いつもながらにこんがりと芳ばしく焼かれて提供されます
大手チェーン店で提供されるポーションごとに冷凍されたステーキとは異なり、目の前でブロックから切り分けられるモノでありますから、お肉のジューシーさは半端ないですね


PC280417.JPG
立ち食いだから男飯なんでしょ?
なんて思われる方もいらっしゃるでしょうが、実は先の肉マイレージの登録者にも多くの女性がいらっしゃり300g超のお肉をペロリと平らげているようですね


今年は都内中心の出店であったようですが来年には地方への出店も積極的に行うことでしょうから、来年末には100店近くになっているかも知れませんね



【いきなり!ステーキ】
東京都港区虎ノ門1-1-16 虎ノ門中央ビル1F
03-6206-6929


[PR]
by gurumeblog | 2014-12-28 22:09 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線日本橋駅:「FEI・Little TaiKouRou」  肉汁たっぷりのジャンボ餃子が名物

PC270408.JPG

日経レストランなる業界紙の編集者と打ち合わせた後に、どこか参考になるお店でランチでもしませんかってことで喫茶店を出たのですが…
目的とした数店のお店は何処も昨日までで年内の営業を終了してしまったようですね



PC270412.JPG
そこでココならやっているでしょうとやって来たのが「FEI・Little TaiKouRou」
手作りのジャンボ餃子が名物である「泰興楼」って老舗中華料理店の支店でありまして、以前にお邪魔して以来お気に入りの一軒でもあります


PC270405.JPG
ランチのセットにはそんなジャンボ餃子がセットになっていると言うことで、それを目的にやって来られるご婦人方も多く、いつも賑わっているお店であります
中国の裏路地をイメージしたと言う店内も、ちょっとオシャレな感じがして良い雰囲気ですね


PC270407.JPG
いただいたお料理は、こちらのもう一つの名物でもある「担々麺」
それは、濃厚なゴマの甘みと言うよりも、スッキリとしたゴマの香りが効いたモノでありますね
辛味はそれほどでも無く、細麺とゴマの香り豊かなスープをの絡みを楽しめるひと品でありまして… シャキッとしたもやしの食感とともに美味しくいただけますね


PC270410.JPG
そしてジャンボ餃子
お昼のセットには2つが付くのですが、二人分がひと皿に盛られて提供されます
お隣のテーブルにいた5人組には10個の餃子がひと皿に盛られていますので、その姿は豪快でありますね
お料理というものは美味しいことだけでなく、このように更に美味しく見せるような盛り付けの工夫も大切であることを再認識させられます


ひとつ120mmほどの大きさがある餃子は、普通のモノの3倍以上のボリュームがあるようで…
麺と、ふたつの餃子をいただきますとお腹いっぱいですね



【FEI・Little TaiKouRou】
東京都中央区八重洲1-4-16 八重仲ダイニングB1F
03-6265-1837


[PR]
by gurumeblog | 2014-12-27 23:17 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線六本木駅:「喰ふ人」  小さなお店だからこそのこだわりがお客さまを満足させます

PC260392.JPG

忘年会第三弾
本日も仕事仲間との忘年会であります
感じなんて大したものではないのですが、お店のチョイスを任せていただけまして…
知人のお店で開催することにいたします


PC260375.JPG
西麻布の交差点からほど近いところではあるのですが、タクシーの抜け道になっているような目立たない場所にひっそりと佇む隠れ家的なお店でありまして…
お店のHPは送ってはいたものの皆が迷わずに辿り着くのかちょっと心配していたのですが、誰ひとり迷うことなく集合できました


PC260377.JPG
お料理は予算だけを伝えたお任せですので、どんなお料理をいただくことが出来るのか…
そんなワクワクした気持ちも新鮮で良いモノですね
大した予算でもありませんでしたし、忘年会ってことで鍋料理かな? なんて思っていたら手間が掛かる会席で用意していただけてまして…
身が厚く美味しいサーモンが使われた前菜に始まり、肝までが乗ったカワハギの薄造り そしてこれまた身が厚い鯛の酒蒸しに鯖のお寿司と色んなお魚をいただくことが出来ました


PC260394.JPG
続いてはお肉
とっても柔らかく骨離れも素晴らしい豚肉に舌鼓を打った後は、女将からのサービスとして提供していただいた蛤のフライと贅沢感もバッチリ!
お腹も程よく満たされたタイミングでお蕎麦をいただき、そのコシの良さにも大満足
何から何まで心が満たされるモノでありましたし、料理にうるさい面々にも満足をいただけたようです


PC260384.JPG
もちろんお料理だけでなく、女将のサービスも心温かく…
実に良い忘年会の時間を過ごすことが出来ました
ご夫婦を中心に営まれる小さなお店だからこそ出来ることを一生懸命にやってらっしゃるこのお店
これからも贔屓にさせていただきます



【喰ふ人(クラフト)】
東京都港区西麻布1-10-14 アビターレ霞町ビル1F
03-5772-8568


[PR]
by gurumeblog | 2014-12-26 23:11 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線日本橋駅:「元祖 札幌や」   東京駅周辺では珍しい西山ラーメンがいただけるお店

PC250373.JPG

八重洲にある2軒の「札幌や」
前回は「日本橋札幌や」へお邪魔いたしましたので、今回は「元祖札幌や」
メニューや価格も異なりますので、支店関係がある訳ではなさそうですね



PC250366.JPG
間口が狭く奥行きがあるL字型のビルにあるお店でありまして、通りからその姿を見ることが出来ないにもかかわらず、大きな看板を出すことも無く、ビルの結構高いところに小さな袖看板があるだけ
更にはA看板などによる告知をすることも無く…
良くこれで商売が出来るものだと感心いたします


PC250368.JPG
ビルのエントランスを入りますと、ずっと奥にお店の存在を知らせる看板があるのですがなかなか入りづらい雰囲気を感じまして…
尻込みしたくなるような気持ちを奮い立たせて入店してみることにいたします


PC250370.JPG
L字を曲がったトコロにあるお店は想像以上にゆったりとしていて…
入り口にあるレジで、食券ならぬ札を買うというレトロなシステムなんですね そんなことを知らないワタシはすぐに席に着いてしまいまして…
そんなワタシの注文を普通に聞いていただけまして、商品の提供とともに代金を伝えられたのですが、麺が伸びてはいけないからと会計は食事のあとで良いですよとの気遣いまでいただけました
自らのシステムよりも、お客さまに美味しくお料理を食べてもらいたいって気持ちが感じらるステキなお店ですね


PC250371.JPG
いただいたのは味噌ラーメン
少し甘みがある白みそをベースにしたもので、麺は少し黄色味を帯びた縮れの玉子麺の組み合わせはとっても優しい味わいでありまして…
その麺は西山ラーメンのモノであるようですが、ワタシが好むほどのコシはありませんでしたね
とは言え、この辺りでは西山ラーメンがいただける貴重な一軒でありますね




【元祖札幌や】
東京都中央区日本橋2-2-3 リッシュビル1F
03-3271-8809


[PR]
by gurumeblog | 2014-12-25 22:15 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄浅草線三田駅:「駒八」  35年以上もの永きに渡って繁盛を続ける和風居酒屋

PC240344.JPG

数寄屋橋での会合を終えて…
ビューンとタクシーでひとっ跳び 三田へと移動いたします
と言いますのも、あの美味しいお料理を提供してくれることで有名な「駒八」さんが、クリスマスイブのブレゼント企画をやっていると言うのでココを外すわけにはいかないでしょ


PC240338.JPG
田町駅や三田駅から5分ほどのところ
近くには多くのお店が並んではいるけども、駅前の繁華街としては外れの方ですかね
とは言え、この地で35年以上も営業されているのですから、多くのファンを付けているのでしょうね


PC240340.JPG
お店からのクリスマスプレゼントがコレ
ココに書かれた30種ほどの商品が1225円でオーダーバイキング形式で食べ放題なのでありまして…
メニューを眺めますと、どれをとっても美味しそうなモノばかりでありまして、何から順にいただけば良いのかと迷うほどであります


PC240343.JPG
先ずはやっぱりお刺身からでしょうかね
角が立った切り口から、このお刺身が新鮮であることが窺えますし、きれいに発色したマグロからはキチンとしたお魚の取り扱いが出来ていることを察することが出来ます
ってことで、このお刺身を見ただけで、これから提供されるお料理総てが心を込めて調理されるモノだと期待感が高まります


PC240353.JPG
こちらの名物メニューだと言う「土佐風揚げだし豆腐」
お豆腐の周りに削り節が塗されていまして、それが旨みをたっぷりとお口の中に広げてくれますから、これまでいただいていた揚げだし豆腐とは全く異なる美味しさですね


PC240350.JPG
そして焼鳥
ネギ間とつくねを塩でいただきましたが、そのどちらとも立派なモノでありまして…
ネギ間に使われた鶏肉がとってもフワッとしていて、これはキチンとお店で串打ちされたものだと察することが出来ますね


PC240356.JPG
これはモツ煮
丁寧に掃除された新鮮なモツが使われているのでしょう 全く臭みを感じることが無い上質なモツが旨味がある白味噌で丁寧に煮込まれています
トロトロになるまでじっくりと煮込まれたものも美味しいのですが、ココで提供されるモノはさっぱりとしたもつ鍋のような味わいでもありまして… 何よりモツの食感が活きていることが美味しさですね


PC240363.JPG
他にもいろいろといただいてお腹は十分に満たれていたのですが…
最所にいただいたお刺身の美味しさが忘れられずに。お寿司で〆ることにいたします
こう言ったお店でいただくお寿司はシャリがなってないトコロが多いのですが、ここて提供されるモノはお寿司屋さんと比べても損傷が無いほどにしっかりとしたモノでありまして…
いやぁ、何から何までしっかりとした商品が提供されますね


こう言ったお客さまが喜ぶ姿を想像した商品が提供されているからこそ、チェーン店などの全盛期を乗り越え、35年以上もの永きに渡っての繁盛があるのでしょう
そして、もうひとつ
15店ほどの支店を持っていながらも、常にお客さまの間に立つオーナーの姿勢も素晴らしいことですね



【駒八】
東京都港区芝5-16-1 橋本ビル1F
03-3453-2530


[PR]
by gurumeblog | 2014-12-24 23:28 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:「上海ダイニング」   自家製豆鼓を使ったと言う「黒の麻婆豆腐」をいただく

PC230330.JPG

クリスマス前の休日をゆっくりと過ごして… 夜には近所にある中華料理店へと出掛けます
隅田川に面するウォーターフロントとしての佃
スカイツリーをも望むことが出来るお者なお店であります



PC230327.JPG
一面がガラス張りになっていて、そこからこぼれる温かい明かりに美味しさまでもを感じさせるお店でありまして…
今の季節にはちょっと寒いかも知れませんが、テラスの席ではペットを連れての食事を楽しむことも出来るのです


PC230328.JPG
クリスマスと中華と言うのは相性が悪いのでしょうか
いつもはカップルやファミリーで賑わうお店も、今日はガラガラの状態でありまして…
ちょっと寂しさを感じてしまいますね


PC230331.JPG
何度か利用したことがあるのですが、この「黒の麻婆豆腐」をいただくの初めてのこと
麻婆豆腐好きであるワタシがどうしてこれまで気付かなかったのでしょう?
なんでも、自家製の豆鼓を使ったものだそうで、お店としてはかなりの自信作であるとのことなのであります
"黒"というほど黒々しいものではありませんが、確かにしっかりとした豆鼓の甘みを感じるモノでありまして… そこに山椒のシビレ感とラー油の辛味が加わっていますし、木綿豆腐が使われることで豆腐にもしっかりと味が入っていることでの美味しさがあるものですね


PC230336.JPG
一緒にいただいたのは「海老あんかけご飯」
プリッとした大き目の海老がゴロゴロとしていますし、ミネラルを感じるような見事な塩味が絶妙なバランスでとても美味しくいただけますね


これまで何度か利用する中で麺をいただくことが多かったのですが、こちらのお店ではこう言ったお料理が得意なようですね



【上海ダイニング】
東京都中央区佃2-1-3 共同通信社・研修交流センター1F
03-5166-0105


[PR]
by gurumeblog | 2014-12-23 23:15 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線目黒駅:「大衆ビストロ ジル」  行列が絶えない話題店 ビストロ餃子とストウブ飯は必食ですよ

PC220308.JPG

忘年会第二弾
飲食店の開業を志している若い二人と一緒に、繁盛店の視察も兼ねた宴であります
この方たちとの出会いはちょうど3年前のことでありまして、当時はこんなお店をやりたいって夢を語っていたのですが、だんだんと現実を考えるようになり形が見えてきたように感じます



PC220323.JPG
目黒駅前にある冴えない飲食街 しかもその地下と言うことで…
そこにあるお店はお世辞にも流行っているとは言い難いのですが、その中に一軒だけ店前にお客さまが並ぶ繁盛店あるのです
「ビストロ」と言えばおしゃれな雰囲気のお店を想像するのですが、ココは「大衆ビストロ」と名付けられ、その冴えない飲食街に馴染むよう工夫されているようですね


PC220307.JPG
お店の真ん中にはドリンクを作るスタッフを囲むように馬蹄形のカウンターが据えられていますので、ココなら一人で来てもお店の方との会話を楽しみながら過ごすことが出来ますね
そんな馬蹄形のカウンターを取り巻くように4名で掛けられるテーブル席も配置されていますので、仲間と一緒に来ても楽しい時間を過ごせること間違いなし
もちろんお店にとってもカウンター席にお客さまが座ってくださることは効率的にありがたいことでありますから、両者ともを幸せにするお店ってことですね


PC220300.JPG
先ずはお手軽なお料理をいくつか…
白菜を生でいただくってことはそれほど馴染みがあることではないのですが、みずみずしさを感じる食感はレタスや他の野菜では味わえないモノですね
そして、ポテトサラダに使われるじゃがいもは燻製に掛けられていまして… その燻し香が癖になりそうです
さらにさらにアンチョビと一緒に炒められたキャベツでは、甘みと塩辛さが見事に調和していまして、熱々の美味しさが楽しめます


PC220308.JPG
これは「ビストロ餃子」と名付けられたモノで、クレソンの香りと海老のプリッと感、それにバターのコクで中華料理での餃子とは全く異なる味わいが楽しめます
何処となくラビオリで作ったカルボナーラをいただいているような… そんな気にさせてくれるのもビストロ餃子の所以なのでしょうかね


PC220315.JPG
お肉もいただいちゃいます
300gの牛ロースを芳ばしく焼かれていて、それをレフォールやお塩でいただくのですが…
程よく脂がのっていますので、赤身のコクを脂身の甘みをバランス良くいただくことが出来ましすし、なりより柔らかい食感が肉好きには溜まりません


PC220320.JPG
そしてそして、季節ごとに変わる「ストウブ飯」はココの名物でありまして…
今の季節は牡蠣であります
ストウブで炊き上げられるごはんは、ひと粒ひと粒がしっかりとしているだけではなくたっぷりとスープの旨みも含んでいます
芳ばしいオコゲも出来ていますので、オコゲ好きの方には堪らないでしょうね
そして、それに乗っている春菊のシャキッとした食感や、プリッとした牡蠣 それに柚子の風味が加わって…
名物の名に恥じない逸品ですね


ワタシたちが滞在している間、ずっと席待ちのお客さまがいらっしゃって…
その6~7割が女性のお客さまであるってことにも驚きです
やっぱり飲食店ってトコロは美味しいお料理を提供するってことが基本なんですよね



【大衆ビストロ JILL】
東京都品川区上大崎2-26-5 メグロードB1F
03-6417-0015


[PR]
by gurumeblog | 2014-12-22 23:11 | 東京都 | Comments(0)