ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2015年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

JR山手線上野駅:「ペッパーランチダイナー」    いきなりステーキも楽しめるお店に変わります

P6300528.JPG

いつもお世話になっている会社のイベントへお誘いをいただきまして…
昨日もレセプションへお邪魔した『いきなり!ステーキ』の肉マイレージカード10万枚突破
そして、その肉マイレージの全国ランキングを見ることが出来るアプリの完成
最後にペッパーランチダイナーUENO3153店が、これまでのペッパーランチのメニューに加え、いきなり!ステーキの商品もいただける『いきなり!ペッパーランチダイナーUENO3153店』へのリニューアル記念としてのパーティーなのであります



P6300515.JPG
上野駅不忍口の目の前
かつては上野の顔とも称された『聚楽』ってレストランがあった場所が、いくつかのレストランが入る『UENO3153ビル』へと生まれ変わったのが3年ほど前のこと
多くのお客さまに利用していただいている『ペッパーランチダイナー』でも、好きなお肉を好きな量に切り分けていただく『いきなり!ステーキ』の商品が楽しめるようになるとことで、ますます話題も高まりまそうですね


P6300516.JPG
そんなパーティーには関係者を中心に、お店の定員を大きく上回る150人近くが集まりまして…
少々窮屈ではありましたが、ステキなゲストも招かれており盛大な盛り上がりでありました
卓上にはサラダやサーモンのマリネが用意されており、フリーでいただける飲み物を楽しみながら、同じ席を囲んだお客さまとの交流も楽しめました


P6300520.JPG
一瀬オーナーシェフ自らが切り分けるローストビーフは和牛で作られているそうで…
その柔らかさには感動モノでありました
しっとりとした舌触り、そして脂身の甘みと、赤身のコク
それにほど良く塩味が効いていて、お替りまでしちゃいましたよ


P6300526.JPG
そしてハンバーグ
一人前では無く、テーブルのみんなで取り分けられるように大きな塊で焼き上げられていまして…
表面はカリッと焼き固められながらも、中はしっとりとしたジューシーなもの
ステーキだけでなく、ハンバーグも大きな塊で焼いた方が美味しくいただけるんですね


P6300529.JPG
更にステーキ
いつもいきなり!ステーキでいただいているリブロースなのですが、これだけの塊ですとまた違った美味しさがありますね
1kg近くあったように思えますが、これくらいだったらひとりでも食べられたかも…
やっぱりワタシは肉好きなのでしょうね


まだパーティーは途中でしたが、お肉をいただき満足したってこともあり、この後にちょっとした所用もあって、失礼させていただきましたがとっても楽しい時間を過ごすことが出来ました
やっぱり成長を続ける会社ってスタッフにも元気がありますね




【ペッパーランチダイナー】
東京都台東区上野公園1-57 UENO3153ビル2F
03-3836-3153


[PR]
by gurumeblog | 2015-06-30 22:47 | チェーン店 | Comments(0)

東急田園都市線三軒茶屋駅:「いきなり!ステーキ」   本当に美味しいステーキを提供するからこその躍進

P6290501.JPG

日中はデスクワーク
そして夕方はお誘いいただいたレセプションへ参加するために三軒茶屋へと向かったのですが、ちょうど帰宅される時間と重なったことで電車内では座ることも出来ずに立ちっ放し
毎日通勤されている方は大変ですね



P6290512.JPG
明日30日にオープンする三軒茶屋店は駅から歩いて2分ほどと言うところにありまして、店前の通行者が絶えない好立地
ココもまた繁盛しそうな物件ですね


P6290508.JPG
今日のレセプションにも多くの方が招かれていまして…
こちらのお店の魅力の一つでもある、自分が食べたいだけのお肉を切り分けてくれるカット場ではカメラを構えたりとみんな楽しそうであります
美味しい食事とは楽しい食事でもあるんですよね


P6290502.JPG
大きな肉の塊から、ワタシのために切り分けていただいた300gほどのリブロース
それを炭火のチャコールで丁寧に焼き上げてくださるのですが、そのこんがりとしたきつね色と網目が実に美味しそうで…
提供していただいたときの第一印象となるビジュアルって大切ですよね


P6290505.JPG
定番となるステーキソースに加え、わさびやニンニク、醤油など、お客さまが自分の好みでいただくことが出来るようにと気遣いがされているお店ではあるのですが、新たに登場したのが「いきなりソース」でありまして…
興味本位でこれをいただいてみますと、これまでのステーキソースと比べて甘みが増したモノになっていまして、白ごはんとの相性が抜群ですね


S__5038082 - コピー.jpg
美味しいステーキを堪能して、お店を出ようとしたら…
なんとそこにはマツケンサンバの振付師として有名な真島さんがいらっしゃっているではないですか
それで、ちょっとお願いしてツーショット写真を撮っていただきました
とっても気さくで優しい方ですね


それにしてもこの「いきなり!ステーキ」
1号店の開店からわずか19カ月で47号店を出店する躍進は、いま最も勢いがあるチェーン店でありましょう



【いきなり!ステーキ】
東京都世田谷区三軒茶屋2-13-11
03-6453-2129


[PR]
by gurumeblog | 2015-06-29 22:45 | チェーン店 | Comments(0)

東京メトロ銀座線日本橋駅:「根室食堂」     ご当地居酒屋の先駆けと言われるお店でランチ

P6280472.JPG

梅雨の晴れ間で気温も上がった日曜日
所用で出かけたついでにランチをいただこうと思うのだけど、八重洲界隈のお店のほとんどが定休でありまして…



P6280468.JPG
ご当地居酒屋の先駆けとして多くのメディアに取り上げられた『根室食堂』
中目黒や渋谷などを中心に展開していたお店が八重洲にも出店していると知って気になっていたのですが、なかなか伺う機会が無くて…
それで今日、お昼の時間ではありますがお邪魔してみることにいたします


P6280473.JPG
週末に提供されるランチは1000円
お刺身だけのモノから、お刺身と揚げもの そしてお刺身と焼き物などの組み合わせが6種類ほど用意されていますから、その日の気分で商品を選べる楽しさがありますね
ってことで銀鮭の塩焼きとお刺身三点盛が定食になったものをお願いしてみたのですが、提供されたそれを見てガッカリ
脂がのった銀鮭と書かれたものはあまりにも小さく、お刺身にだって盛り付けに色目が全く無くて…
素材的には悪くないのですが、やっぱり料理は目で楽しむってことも重要なんですがね
そして、ご飯は柔らかすぎたし、味噌汁は温いしとこれまた残念なものでしたね


P6280474.JPG
根室の美味しい食材をリーズナブルに提供するために店舗への投資は抑えていることは良くあることですが、20席にも満たない小さなお店で、お客さまの入店に気付かないような接客ではお客さまを喜ばせることは出来ませんね
コンセプトは楽しいけれど、その運営力に課題ありって感じですね



【根室食堂】
東京都中央区八重洲1-4-7 石井ビル1F
03-3274-0034


[PR]
by gurumeblog | 2015-06-28 22:50 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線神谷町駅:「天雷軒」   スッキリとした琥珀色のスープが美味しいラーメン屋

P6270465.JPG

昨年末から業績改善のプロジェクトに関わっているクライアントさまとの打ち合わせ
メニューの改善を行ない、それなりの集客がありながらも利益につながっていなかったランチの営業を止め夜の営業に専念することにし、4月からは新しいスタッフでの新体制へ
ってことで結果も出始めてきましたよ



P6270455.JPG
ランチを済ませて打ち合わせに向かおうと思ったのですが、オフィス街でもある神谷町では土曜日にランチの営業をしているお店が少なくて…
それで、ちょっと前にもお邪魔した『天雷軒』へと行ってみたらばそこには席待ちの列が出来ているではないですか
かなり評判が良いラーメン屋さんではありますが、まさか土曜日のお昼に列が出来ているとは思いもよらず…


P6270457.JPG
わざわざココを目指して来られたのでしょうか 小さなお子さまをベビーカーに乗せたママ友らしき二人連れのお客さまがいらっしゃることには驚きましたが、そんなお客さまが食べたくなるようなラーメンがあるってことには期待が高まって…
先回いただいた、女性スタッフが作ったと言う汁無し担々麺の美味しさを思い出します


P6270461.JPG
そして今日、こちらの看板商品でもある「琥珀醤油ラーメン」をいただくことにいたします
スッキリと澄んだスープに中細の縮れ麺
チャーシューはハムのようなモノでありますが、その塩味がサッパリとしていながらもコクがあるスープと見事に調和していまして…
これは美味しくいただけますね
ワタシはいただいたのは、チャーシューと煮玉子をトッピングしたのものでありますが、ベイシックなものは500円と言うことでこれまた驚きです


オシャレ感ある店内でいただく、スッキリ琥珀色のラーメン
これは男性だけでなく、女性のお客さまに愛されるのも頷けますね



【天雷軒】
東京都港区虎ノ門5-2-7 土井ビル1F
03-3436-3837


[PR]
by gurumeblog | 2015-06-27 22:58 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線京橋駅:「旬鮮酒場 天狗」    700円で提供される生まぐろの丼はお値段以上の美味しさ

P6240408.JPG

お昼を日本橋
チェーン系の居酒屋化提供するランチを利用することは多くないのだけど、いつもお店の前を通りがかる度に、地下にあるお店へとお客さまが吸い込まれるような光景を目にしていて…
どうしてもソレが気になって仕方ないため、思い切ってその波にのまれることにいたします



P6240403.JPG
お店の前には「お昼の定食 500円からやってます」と書かれた看板が出されていて、美味しさではなく安さでお客さまを集めているような印象が強いのですが、果たして本当にお客さまは安さだけでお店を選んでいるのか…
そんなことが気になって『天狗』のランチ初挑戦であります


P6240410.JPG
店内に入りますと…
11:30の開店時間から程ないタイミングであるにもかかわらず、多くのビジネスマンで席が埋められているではないですか
この様子だと、100席を超える席数を有するであろうB1Fだけでも、お昼の営業時間だけで300人近いお客さまが利用されているのではと思わせる繁盛ぶりですね


P6240409.JPG
メニューボードに書かれていた500円で提供される定食とは鶏の唐揚げ定食ともうひと品の二種類
他に日替わりで提供されるランチ600円などと並びまして…
どれもそのお値段でいただくにはとってもお値打ちなモノなのですが、ワタシが惹かれたのは「絶品!生まぐろとねぎとろの2色丼」
どうして生まぐろで敷き詰められた丼を700円で提供できるのかと疑心暗鬼な気持ちもあったのですが、提供されたそれは1000円以上を出していただいても十分なほどのモノでありますし、そのボリュームもしっかりとしていまして…
これなら、この界隈のビジネスマンの胃袋を掴んでいることも納得ですね



効率を優先するサービスには些か不愉快も感じますが、これさえ目をつぶればお値段以上の価値が感じられる商品をいただけるのですから人気があるのも頷けます
お客さまにとって何が一番大切なことなのか お客さまが一番望んでいることは何なのか
それを考えることが繁盛のポイントですね



【旬鮮酒場 天狗】
東京都中央区京橋1-1-6 越前屋ビルB1・B2F
03-3275-3691


[PR]
by gurumeblog | 2015-06-26 22:16 | チェーン店 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線北千住駅:「海鮮三崎港」    本鮪3貫盛に注文が集まる回転寿司

P6250444.JPG

つくばへの移動途中、北千住駅構内でランチをいただきます
ココには「てんや」さんや「プロント」などいくつかのレストランが並んでいますので、乗換の際にわざわざ駅から出なくても済むととっても便利でありまして…



P6250452.JPG
限られた時間の中で提供時間を心配すること無く、しかも好きなモノを好きなだけいただけるってことで回転寿司
タイミング良く入店時には空席がありましたが、その後は席待ちのお客さまが出来るほどに賑わっていまして…
ビジネスマンだけではなく主婦仲間のような方もいらっしゃいますね


P6250445.JPG
中落ちの軍艦、中トロ、そしてシマアジといただき、季節のおすすであると言う貝の三種盛り
この赤貝が想像以上にしっかりとしたモノでありまして、ネタの大きさと言いコリコリとした食感と言い満足いくモノでありました


P6250451.JPG
お昼時でありますから手頃なお値段のお寿司を中心に選ばれるお客さまが多いのかと思いきや、期間限定、一日の数量限定として提供されている「本鮪3貫盛」を注文される声が多いこと
それでワタシもそれにつられて注文してみますと… これがまたなかなかに立派なモノでありまして、一皿550円と回転寿司としては値が張るモノもではありますが、内容と見合わせますと納得がいくモノですね


安く手頃なもので済ませたいと言うお客さまもいらっしゃることも間違いないことでしょうが、多少のことなら美味しいものをいただきたいってお客さまも多いようで…
誰を相手に商売をするのかターゲットを明確にすることが大切なんですよね



【海鮮三崎港】
東京都足立区千住旭町42-1 東京メトロ北千住駅2F
03-5284-4388


[PR]
by gurumeblog | 2015-06-25 22:46 | チェーン店 | Comments(0)

東京メトロ銀座線日本橋駅:「北海道八雲町」  大手と差別化することで多くのお客さまを集める居酒屋

P6240418.JPG

セミナー終了後の打ち上げ
予約をしていたわけではないのですが、まだ18:00前でありますから混み合ってもいないでしょうと、一度お邪魔してみたかった居酒屋へと向かいます



P6240411.JPG
居酒屋と言えば焼鳥とお刺身があって… とどこも同じような商品を提供するところが多く、なかなか特徴を出しているお店が少ないのが現実でありまして、わざわざそのお店へ行く理由が欲しいと思っているお客さまとの間にギャップがあるんですよね
そこでこのお店、厚岸の牡蠣をメインに扱い行列が絶えない「北海道厚岸」ってお店の系列でありまして、その名の通り八雲町からの食材をメインにすることでココでしかいただけない商品を提供しているのであります


P6240416.JPG
そんな商品の一つである「ホッケの刺身」
日持ちがしないことから一夜干しのような加工をされることで流通しているものがほとんどで、刺身を提供するお店は滅多にないのです
脂がのった身はとても柔らかく、甘みもあって舌の上でとろけるようで… わさびの香りとの相性も抜群ですね


P6240419.JPG
ポテトサラダをいただいてみますと、そこには八雲牛のコンビーフがトッピングされていまして…
旨みが詰まったコンビーフが実に良い味を出していますね
そして、居酒屋の定番でもある出汁巻き玉子も、たっぷりの牛乳が使われているとのことでMILK出汁巻とのネーミングが…
いただいてみましても、その牛乳がまろやかな感じに仕上がっていて、いつもの出汁巻とはひと味違うモノに仕上がっています


P6240443.JPG
〆にいただいたお茶漬けは…
松前漬けがたっぷりと乗せられたモノでありまして、数の子のプチプチ感とイカのコリコリ感が良い感じでありますし、お茶漬けにすることで昆布の出汁が出るのも美味しさを一層増してくれますね
また食べたい一品であります


P6240433.JPG
多くのチェーン店が一生懸命お客さまを呼び込んでいる中、こちらのお店では予約をして来店されるお客さまがいっぱいでありまして…
それも外食の経験も豊富な大人なお客さまが中心ですから、賑やかではあるけども騒々しくは無い大人な空間でありますね


今の東京は、このように地方色豊かなお店にお客さまが集まる傾向にもありまして…
今日のセミナーに集まっていただけた方々と力を合わせ、地方の方が売りたい食材と、それを買いたいと思う都心のお店をつなぐネットワークが出来ればと願っています



【北海道八雲町】
東京都中央区日本橋2-2-4 日本橋せっつビル2F
03-3548-8713


[PR]
by gurumeblog | 2015-06-24 22:21 | 東京都 | Comments(0)

豊鉄渥美線芦原駅:「鍾庵」  ふわっとしていてサクサク 桜えびのかき揚げを看板とするお蕎麦屋さん

P6230396.JPG

仕事途中でかき揚げの話題になりまして…
それで思い出したのが「鍾庵」ってお店
随分とご無沙汰していますが、桜えびのかき揚げが美味しいお蕎麦屋さんなのであります



P6230380.JPG
実は下地にあるお店へと向かったのだけど、そこはお昼だけの営業ってことで急きょ浜道へ
そこまでするかって感じなのですが、食べたい時が美味しい時でもありますし、ここで食べておかないとずっとかき揚げが頭から離れそうにもなくて…


P6230381.JPG
カウンター席を中心とするお店でありますが、奥には小上がりが2テーブルほど用意されていまして…
一人客だけでなくグループで利用されるお客さまも多いようですね
お店の入り口近くにはおでん鍋が置かれていまして、それをつまみにお酒を楽しまれるお客さまも多いのでしょうね


P6230387.JPG
いただいたのは「桜えびおろしそば」
暑い日につるつるっと啜る冷たいおそばはいくらでも食べられそうな気がするものでありまして…
そして今日、偶然にも大盛りサービスの日であるとのことで、当然のように大盛りでいただきます
茹で上げられたおそばを冷水でキュッと締めて、それにたっぷりの冷たいおつゆを注いで、さっぱりとする大根おろしを乗せる
ワサビのツーンとする香りと辛みがあるおろしでさっぱりといただけますね


P6230382.JPG
こちらのお店のウリは何と言っても桜えび
旬の美味しいときに漁獲した新鮮な桜えびを急速冷凍することで、いつもで香り豊かなものが提供できるだけでなく…
天ぷら粉を最小限にすることでふわっとサクサクに揚げられるかき揚げはここでしかいただけないであろうと思うほど
桜えび1尾1尾が立っているようなかき揚げは何度いただいても飽きることがないものですね



10年ほど前に初めてこのかき揚げをいただいた時にはまだ数店舗だったお店も、今では関東エリアにも出店をしていて50店近くになっているようですね
東京駅や八重洲周辺に早く出店していただけると嬉しいのですが…



【鍾庵】
愛知県豊橋市浜道町字浜道85-1
0532-48-3993


[PR]
by gurumeblog | 2015-06-23 23:45 | 愛知県 | Comments(0)

名鉄三河線重原駅:「焼肉や大善」  肉屋さんだからこそできる上等なお肉を焼肉で…

P6220357.JPG

会合の後の楽しみは…
それは懇親会であります
そして今回の会場は、銘柄牛をいただくことが出来る焼肉屋さんっだってことでテンションも高まります



P6220341.JPG
近くにある『肉や大善』が運営する焼肉屋さんで、その名も『焼肉や大善』
ステーキ屋さんで提供されるような上等なお肉がいただけるお店とあって期待が膨らみます
名鉄線の知立駅とJR線の刈谷駅の中間辺りにあるお店の近くにはデンソー本社なんかもあったりして、近隣にお住いの方だけでなく、多くの法人さんにも利用されているのでしょうね


P6220343.JPG
お店に入りますと、最初に迎えてくれるのがこのお肉のショーケース
画像ではうまく伝わりませんが、美しいサシが入ったサーロインやリブなどがズラリと並べられる姿は圧巻でありまして…
これだけのモノを他で見ることはきっとできないでしょうね


P6220344.JPG
前菜、キムチ、ナムルなどが提供されたあとには地元である三河牛のタン塩
タン元とも呼ばれるタンの根元の部分をキレイに磨くことで、サシの甘みと柔らかさが楽しめます
更にその甘みを引き出すに最適なだけの塩が振られていまして…
表面を炙る程度でいただきますと、舌に乗せただけでもとろけてしまいそうですね


P6220352.JPG
そしてそして…
ブランド牛のおまかせ盛が提供されます
伊賀牛のロースやのざき牛のサーロインなどのほか5等級と記された飛騨牛のカルビなど、どれも色艶が美しいものばかりなのであります
これだけのお肉が一人当たり5,000円で提供されると言うのですから、そのお値打ち感には驚かされますね


P6220367.JPG
〆に提供されたフルーツにもビックリ
こちらのお店ではお肉だけではなくフルーツにも大変なこだわりがあるようで、入り口にあったショーケースには1個2,000円ほどで売られるマンゴーなどが並べられていまして…
メロンやスイカなど美味しいところを満喫させていただきましたよ



メニューの中には「Dream盛 1,000,000円」なんて商品がありまして… 何人前くらいが盛られているのかはわかりませんが、一度はいただいてみたいものであります



【焼肉や大善】
愛知県知立市上重原2-26
0566-83-8337


[PR]
by gurumeblog | 2015-06-22 22:53 | 愛知県 | Comments(0)

JR東海道本線豊橋駅:「天源」   ビカビカの銅鍋で揚げていただける天ぷらをいただくランチ

P6220323.JPG

今日の予定は午後からの会合だけ
ってことで、久しぶりにお気に入りのお店でランチをいただきましょうと、開店時間を目指してチェックアウトいたします



P6220339.JPG
目的のお店は『天源』
美味しい天ぷらがリーズナブルにいただけるってことで、ワタシがお店に着いた開店時間の10分前には、同じくお店の開店を待つお客さまがふた組いらっしゃいまして…
こちらの人気は不動のモノであるようですね


P6220327.JPG
カウンター席が8席と奥に小さなテーブルがふたつあるだけのお店ですから、開店の時間を逃した時には13:00過ぎくらいに伺うのがベストかも…
歴史があるお店だけに多少の老朽化はあるものの、きれいに手入れされていますので油でべたつくことも無く嫌な臭いがすることも無く、いつも気持ちよく利用できることもうれしいことですね


P6220328.JPG
当然揚げ油も透き通っていまして、提供される天ぷらは専門店らしく薄衣でサクッとしたモノ
いつくかのランチメニューが用意されているのですが、ワタシがいただくのはほとんどの場合「海老とホタテのかき揚げ定食」でありまして…
丁寧にお店で殻を剥いたプリップリの海老がたっぷりのかき揚げから始まります


P6220333.JPG
続いて野菜の天ぷらが提供されるのですが、それはその時々で一番美味しくいただける野菜が選ばれているのです
今日は厚切りにされたカボチャの天ぷらがありまして、低温でじっくり揚げられたホクホクの美味しさを楽しませていただきましたよ


P6220337.JPG
ホタテのかき揚げで天ぷらは〆になるのですが、そのホタテは見事なレアな状態で揚げられていますから甘みを堪能することが出来ます
もちろんそのままいただいても美味しいのですが、お替りをした熱々のご飯にそれを乗せ、最初に提供されている天丼のタレをを掛けていただくのもまた美味しくて…
ワタシはこれにハマってますね


真剣に油と向き合う大将はちょっと強面に思えるかもしれませんが、話しかけますと優しい笑顔で応えて下さいますし、奥さまの気が利いた接客もお料理を一層美味しくしてくれるものですし…
やっぱりココでいただく天ぷらは良いですね




【天ぷら専門店 天源】
愛知県豊橋市広小路1-42
0532-54-9002


[PR]
by gurumeblog | 2015-06-22 22:03 | 愛知県 | Comments(0)