ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2015年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

JR山手線東京駅:『アロマ珈琲』   焼かれたチーズの香りにハマったチーズトースト

P7260001.JPG

今日が締切の書きものに追われて…
しかし良いアイデアも浮かばず、気分転換を兼ねて場所を変えて作業することにいたします
滅多にノマドワークをしないワタシではありますが、たまにはそれも良いかもと…



P7260005.JPG
チェーン系のお店のほうがの窓には適しているのかも知れませんが、ちょっと小腹が空いていたってこともあってこちらのお店をチョイスいたします
八重洲地下街にあるってことで、暑さの中を歩かなくて良いってことも大きな魅力だったりもするのですが…


P7260004.JPG
昭和の雰囲気を残すこのお店
実は最近ちょっとお気に入りでありまして、先日もこちらへお邪魔したばかりなのであります
たばこの煙が苦手な方は絶対に利用しないほうが良いのでしょうが、ココでは時が止まっているのではないかと思うおほどにゆったりとした時間を過ごすことが出来るのであります


P7260002.JPG
小腹を満たすため選んだのは先日もいただいたチーズトースト
40mmはあろうかという厚みがあるパンにたっぷりのチーズを乗せて焼き上げられていますので、焦げたことでのチーズの香りと、サクッとした表面の食感としっとりとした中心部の食感が楽しめるトーストが実に良い感じなんですよね
もちろんサイフォンで淹れられるコーヒーも良い香りがしていますし…



他にもサンドイッチなど充実していますので、ちょっと小腹が空いたときにはまたお邪魔させていただくことでしょう

【アロマ珈琲】
東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街八重洲地下1番通り
03-3275-3531


[PR]
by gurumeblog | 2015-07-31 22:45 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:『蕎麦 如月』    喉越し良いお蕎麦とキリッと辛味が効いたつゆ

P7300071.JPG

つくばへ出張する日
乗換駅である北千住でランチをいただくことが多かったのだけど、今日は日比谷線に乗り込む前に八丁堀でランチをいただくことにしましょう



P7300067.JPG
八丁堀駅から徒歩1分
とは言いながらも一軒の幅も無いほどの路地を入ったところにあって、その佇まいは"通"が通う大人のお店って感じでありまして…
知る人ぞ知る名店なのであります


P7300074.JPG
暖簾を潜り、一番奥にあるカウンター席へ
そこは揚げ場の目の前でありまして、職人さんの丁寧な仕事を見ることが出来る特等席だったりするのですが、その距離が近いため慣れないとちょっと緊張してしまいそうですね


P7300073.JPG
今日のように暑い日いただくのは「辛大根蕎麦」
驚かされるのは注文を済ませてほどなく提供される大きな大根と卸し金でありまして…
好きなだけ擦っていただけるのはうれしいことなのですが、さすがにこんなには使わないでしょって位のモノなのです
お蕎麦はキチッと角が立ったものでありまして、特筆すべきはその歯触り
冷水でキチッと締められることでの強靭な歯応えは見事なモノでありまして、これこそが蕎麦の醍醐味って感じがいたします
そしてつゆもキリッと辛味が効いた江戸前でありまして…
それにおろしたての大根を加えますと、その辛味も加わって、暑さを吹き飛ばすような爽やかさを感じることが出来ます


蕎麦をササっと手繰って席を立つ
そんな粋を楽しませていただき、お店を後にいたします
接客良し、味良し、雰囲気良し
ステキなお店であります



【蕎麦 如月】
東京都中央区八丁堀2-22-2
03-5541-5667


[PR]
by gurumeblog | 2015-07-30 23:08 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『上海ダイニング』    名物である「黒の麻婆豆腐」と茶葉が香るウーロン茶

P7290050.JPG

今月末までにやらなきゃならない書きものもありますし、あまりの暑さですから不要不急な外出を避けようと、自宅近くのお店でランチをいただくことにいたします



P7290065.JPG
テラス席からは隅田川や中央大橋を望むことができるオシャレな中華料理店でありまして、これまでに何度となくお邪魔しているいわゆる“行きつけ”ですね
気軽に利用できるお店が近くにあるってことはありがたいことでありまして、そこにお気に入りの商品があるとなればどうしても通ってしまうのです


P7290060.JPG
平日には近くの企業さまからのお客さまで賑わっているのですが、お昼の時間を少し過ぎたタイミングでありましたのでゆったりとした空気が流れていまして…
ワタシと同じように遅いランチを楽しまれるご夫婦もいらっしゃるようですね


P7290056.JPG
お気に入りの商品とはこちらの名物でもある「黒の麻婆豆腐」でありまして…
自家製だと言う豆鼓の旨みやコクを感じますし程よい辣油の辛味が加わった美味しさも然ることながら、たっぷりとミンチが使われることでの贅沢感が魅力的なのです
そして二品選ぶことが出来るランチでありますから、もう一品は「細切り牛肉とニンニクの芽の炒め」
これがまたご飯とピッタリ合う商品ですので、ご飯が進んで進んで… 十分にお腹が満たされているにもかかわらずお替りをしてしまいましたよ


P7290062.JPG
デザートやドリンクがセットになっているのですが、これにはそれほど期待をしていなかったのですが…
お店で仕込まれているのであろう「杏仁あんみつ」も良いお味でありますし、何よりウーロン茶がおいしいのです
お店で茶葉から出したであろうモノにはペットボトルのそれとは異なる香りがありまして… 
まさかアイスでこのようなモノをいただけるとは思っても見ませんでしたよ



【上海ダイニング】
東京都中央区佃2-1-3 共同通信社・研修交流センター1F
03-5166-0105


[PR]
by gurumeblog | 2015-07-29 22:10 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線銀座駅:『レストランあづま』   創業からの秘伝ソースでいただく「じゅうじゅう焼」

P7280044.JPG

郵便物などの整理をするために久しぶりに事務所へ
駅からそれほど遠くは無いのですが、ちょっと歩くだけでも汗が流れるような暑さにグッタリであります



P7280037.JPG
ランチは近くにある『あづま』ってお店
創業から40年を超える洋食屋さんでありまして、昔懐かしい洋食メニューがいただけるのであります
そこは銀座でお買いものを楽しむマダムが利用するようなオシャレなところでは無く、近隣にお勤めの方などを中心とした常連客に支持されているのです


P7280038.JPG
扉を開けて入った1Fにはカウンター席を含め20人ほどが座れるだけの客席
そして急な階段を下ったB1Fに客席があるのですが、やはりそちらも20数人でいっぱいになってしまうほどのものでありまして…
直ぐにお客さまでいっぱいになってしまいますので、時間をずらしてお邪魔した方が良さそうですね


P7280039.JPG
創業期からある人気メニューだと言うことで「じゅうじゅう焼き」
豚肉と牛肉を選べるのですが、この手の商品には豚がおいしいに違いないと直感が働きまして…
しょうが焼きのようにも見えますが、提供された時点では何のソースも掛かっておらず、シンプルに塩とコショーだけで調味されただけであるようですね
それに創業期から受け継がれていると言う秘伝のオニオンソースを自分の好みに合わせて掛けるのですが、熱々の鉄板から立ち上がる蒸気はおいしさを演出してくれますね
酸味が効いていてサッパリとしたソースは今日のような暑い日にはピッタリのモノでありまして、大盛りを頼んだワタシもペロッと平らげることが出来ましたし、ごはんとの相性も抜群ですね


ハンバーグやオムライスなど懐かしの洋食が食べたくなったらココへ
お値段も手頃ですから日常使いに良いお店です



【レストランあづま】
東京都中央区銀座6-7-6 西六ビル1F
03-3571-0392


[PR]
by gurumeblog | 2015-07-28 22:34 | 東京都 | Comments(0)

東急東横線学芸大学駅:『いきなり!ステーキ』 暑い日が続く中でのスタミナ補給はやっぱりステーキでしょ

P7270029.JPG

今宵もレセプションのご案内をいただいて『いきなり!ステーキ』でありまして…
日中の打ち合せ場所であった銀座から、暑さにも負けず電車で移動いたします



P7270026.JPG
52号店となるお店は学芸大学駅
学芸大学駅と言っても、その大学はずっと昔に移転しているため学生の町ってことではないのですが…
そんな駅の東口から徒歩1分くらいでしょうか
ちょっと路地に入っているのですが、首を左右に振りながら歩いているとすぐに見つかりますよ


P7270031.JPG
いただくのはリブロースステーキ
いつもながらのおいしそうな焼き色に食欲を掻き立てられます
お肉の塊を切り分けて下さいますので、その時の判大きさで厚みは変わっちゃうのですが、今日は346gでありながらこの厚み
やっぱりステーキは厚い方が美味しいですよね


P7270035.JPG
一緒にガーリックライス
残念ながら注文が入ってから作ってくださるわけではないのですが、ミンチがたっぷりと入っていますのでとってもおいしくいただけますよ
お肉だけでお腹もお腹は十分に満たされるのですが、是非これも合わせて注文して欲しいひと品ですね



【いきなり!ステーキ】
東京都目黒区鷹番3-3-19
03-6303-4329


[PR]
by gurumeblog | 2015-07-27 22:16 | チェーン店 | Comments(0)

JR山手線東京駅:『つばめグリル』  お客さまの笑顔に包まれるステキなお店で名物のハンブルグステーキ

P7260018.JPG

友人に誘いだされてブラブラと買い物をすることに…
久しぶりに大丸を歩いていて見つけたカジュアルジャケットがあまりにもステキで、ついついスラックスと一緒に衝動買いしてしまいましたよ



P7260021.JPG
そう言えばココのレストランフロア、中々の名店が揃っていまして、どこのお店もハズレが無いトコロばかり
そんなこともあってか、どこのお店にも席待ちの列が出来ていますね
そんな中から選んだのがこちら
わざわざココへ来なくてもってってお店ではあるのですが、好きなお料理がいっぱいあるんですよね


P7260008.JPG
そんな好きなお料理をあれこれと…
「トマトのファルシサラダ」と並んで名物的な存在である「シーザーサラダ」
以前のようにロメインレタスを目の前でザクザク切りわけるサービスは無くなっていましたが、チーズの旨みが光る味わいには変わりはありませんし、ゴロっと大きな塊の「ポトフ」もキャベツの旨みが溶け込んだブイヨンがとっても美味しくて…

メインとしていただくのは当然、アルミホイルに包まれた「ハンブルグステーキ」
フワッとした柔らかいハンバーグとビーフシチューの美味しさが一度にいただける欲張りメニューですね
ゴロっとしたシチューのお肉も柔らかく、欲張りなだけでなく贅沢な感じもうれしいのです


P7260010.JPG
場所柄もあるのでしょうが、来店されているお客さまには女性が多く…
楽しそうな笑顔で食事をされていますね
お客さまの笑顔が溢れるお店って、美味しいお料理はもとより、キチンとしたサービスも提供されているお店ってことですよね



【つばめグリル】
東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京12F
03-5221-7421


[PR]
by gurumeblog | 2015-07-26 22:42 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄浅草線本所吾妻橋駅:『ニューラホール』   お客さまが絶えること無い馬蹄形のカウンター席

P7251046.JPG

今夜は隅田川花火大会
多くの人で賑わう花火大会でありますが、いつもお世話になっている社長さまのご自宅がベストロケーションであるってことで昨年に続いてお招きをいただきました



P7251051.JPG
せっかく吾妻橋へ行くのなら『かつき亭』ってとんかつ屋さんで海老フライをいただこうと思ったのですが、残念ながらそのお店は準備中でありまして…
それで仕方なくって言うとこちらに失礼ですが、気軽に利用できるカレーショップへとお邪魔いたします
看板にはステーキ&カレーとありますが、メニューを眺めますとカレーをメインとした洋食店って感じでありまして…


P7251047.JPG
あれこれとトッピングを選ぶことが出来るお店でありますから、シンプルにカレーだけをいただくのはちょっともったいないって気がして…
それで、メンチカツにしようかハンバーグにしようかと迷ったのですが、今日はハンバーグカレーをいただきます
クイックサービスがウリのお店ですから注文が入ってからハンバーグが焼かれるようなことはありませんが、ふっくらとした食感のハンバーグはどこか懐かしい感じがしますし、特に香りや辛味に特徴がある訳では無いカレーも、そのハンバーグとの相性が良く仕上がっていますね
福神漬けやらっきょうも好きなだけいただけるってこともうれしいことですね


P7251050.JPG
食事の時間としてとっても中途半端な時間であるにもかかわらず、入れ代わりお客さまが来店されていまして…
花火見物の人たちで賑わっている街ではありますが、このお客さまたちは花火目的の方ではなさそうですし、いつもこのようにお客さまが絶えないお店なのでしょうね



【ニューラホール】
東京都墨田区吾妻橋3-7-4 ライオンズマンション吾妻橋1F
03-3829-0799


[PR]
by gurumeblog | 2015-07-25 23:04 | 東京都 | Comments(0)

JR山陽本線西川原駅:【あずまや/天丼家天吉】 ダブルネームを持つ地元密着型の和食ファミリーレストラン

P7241030.JPG

大阪のホテルがあまりにも高値であったこともあって昨夜のうちに岡山入り
暑さの中の移動で疲れたのか昨夜はぐっすりと眠ったようで、スッキリと目覚めた朝は晴れの国おかやまらしく青空であります



P7241024.JPG
午前中に打ち合わせをした後、ランチに向かったのは『すし うどん 和食 あずまや』と『天丼家 天吉』のダブルネームを持つお店でありまして…
かつては同じ入り口から入った店内は別々の二つのお店だったようですが、今ではそのダブルネームだけが残っているようですね


P7241035.JPG
入口を入って右手は大テーブルを中心にお一人さまが気軽に使えるエリア、そして左手はゆったりとしたテーブルが置かれた家族連れなどのお客さまに好まれるエリアになっていて、多様なお客さまに対応できるお店づくりになっていますね
かなり年代が経ったお店であるようで至るところに痛みはありますが、しっかりとした造りですから年代を重ねたことでの味が出ているようにも感じられます


P7241027.JPG
いただいたお料理は天丼でありまして、ワンコインほどでいただけるそれにうどんをセットにしてみました
ワンコインとは言えどお値段以上の価値が感じられるものでありまして、油切れが良いサクッとした軽い食感の衣は専門店レベルを感じるものであります
丼タレは地域性でしょうか ちょっと甘みが強めではありますが、炊き立てと思われるごはんにかかる量も適量でありまして、かなりの満足度がある商品でありました
うどんは冷凍のモノが使われているようですが、程よく茹で上げられているために硬すぎることも無く、香り高い出汁が美味しさを際立たせていますね



ファミリーで気軽に利用できる和食店ということで年配のお客さまにも支持されているようで、お昼から多くのお客さまで賑わっていますね
とっても元気ある接客員の声にも活気を感じて…
地域密着型の良いお店でありました




【あずまや/天丼家天吉】
岡山県岡山市中区浜3-1-15
086-271-5707


[PR]
by gurumeblog | 2015-07-24 23:25 | 岡山県 | Comments(0)

JR東西線新福島駅:『牛タン ベコ串』   古民家を改装した素敵な空間でいただくおいしい牛タン

P7231006.JPG

いつもお世話になっている社長さまからレセプションの案内をいただきまして、久々に大阪へと出張します
せっかくの大阪ですからいろんなお店を見て回ろうと思ったのですが、夏休みに入っていることやインパウンドなどの影響もあって、ホテルが通常の3倍以上のお値段になっているではないですか…
ってことで、視察は諦めることにいたします



P7231021.JPG
向かったのは新福島駅からすぐのところにオープンする『牛タン ベコ串』ってお店
ちょっと路地に入っていますが通りからも十分に視認できましたので、迷うことなく到着することができました
以前は「趣味の教室」っていうことだったようで、その"趣"って文字だけを×で消していることろなんて、社長らしいユーモラスを感じます


P7231001.JPG P7230999.JPG
昭和の初期に建てられたであろう物件を名残を残しながら見事に改装されていまして、ふた棟を渡り廊下でつないだというテラスも素敵ですし、その別棟となる座敷のお部屋はとってもオシャレですね
そのテラスからは中庭を望むこともできるという素晴らしい空間の演出がなされています


P7231004.JPG
さて、そんなお店で最初にいただいたのは「だしのせ冷奴」
牛タンをメインとするお店ってことで、東北地方のおいしいものも提供してくださるようで…
シンプルな冷奴に山形名物の"だし"を乗せただけのものなのですが、その"だし"がめちゃくちゃ美味しかったですね


P7231008.JPG
そして串焼きの数々
牛タンのネギ間をいただきますと一度煮込まれたことでの柔らかさを堪能することができますし、ハラミやカルビなども甘みがあるタレがとってもよく馴染んでいておいしくいただくことができますね
ポテトサラダにも牛タンがトッピングされていたことにはちょっと驚きだったのですが、これかまた不思議によく合うんですよね
ワサビの香りが効いた茹でタンはこちらの名物らしくトロトロでありましたよ


P7230996.JPG
お店に入った時に迎えてくれた彼女
まだまだ不慣れで緊張も絶えないようですが、ステキな笑顔と一生懸命な姿勢で対応してくださいまして…
これからいろんなことを覚えなくちゃいけなくて大変だとは思いますが、頑張って欲しいですね



【牛タン ベコ串】
大阪府大阪市福島区福島2-8-15
06-4256-7421


[PR]
by gurumeblog | 2015-07-23 23:28 | 大阪府 | Comments(0)

東京メトロ丸ノ内線新宿三丁目駅:『東京MEAT酒場』   浅草橋のオッサンを虜にした人気店が新宿に上陸

P7220972.JPG

「日本一おいしいミートソース」を提供するイタリアンレストランが新業態として浅草橋に酒場をオープンさせたのが昨年12月のこと
気取ることなくイタリア料理をオッサンにも食べてもらいたいと酒場スタイルのお店をオープンさせたそうなのだけど、それがウケにウケて、連日行列になるほどに盛況ぶりであるとのこと
そして、今月20日に2号店をオープンさせたとのことですから早速お邪魔してみることにいたします



P7220981.JPG
場所は新宿三丁目駅と新宿御苑駅のちょうど中間辺り、新宿通りに面する一等地であります
それほど広くは無い間口ではありますが、大きな看板や酒場らしい提灯が飾られることで、その存在をしっかりとお客さまに伝えることが出来るものになっていまして…
通りを歩く人たちも興味津々で、店頭に掲げられた看板にあるメニューに目をやっていますね


P7220964.JPG
4人掛けのテープルがふたつとカウンター席があるだけの小さなお店に見えるのですが、2Fには30人以上が座れるとのことですから、お店を覗いたときにお客さまがいっぱいでも暖簾をググってみるてください
きっと元気と愛嬌があるスタッフが2Fの席へ案内してくれることでしょう


P7220953.JPG
極力添加物を使わずに、素材が持つ旨みをこだわりのお塩で引き出すことで作られているという商品の数々をいただいてみますと…
アンチョビを頼んでみますと想像とは異なるほどに身が大きなものが提供されまして、梅肉が塗されることでの風味と旨みが増していますし、市販のモノに良くあるあのしょっぱさはほとんどありませんね
名物と称されている塩モツ煮込みは見事なモノでありまして、塩の旨みが癖になること間違いなし! フリッとしたモツの美味しさもあってお替りしてしまいましたよ


P7220973.JPG
そして、看板商品である日本一おいしいミートソースで〆ることに…
こちらではのっけ麺というソースの上に麺が乗せられたスタイルで提供されるのですが、すぐ混ぜ禁止なのです
どうしても麺がくっつかないうちにソースと混ぜたいところなのですが、先ずはそのまま麺の味を味わって欲しいと言うお店のこだわりでありまして…
小麦の香りが鼻に抜ける感じがとっても良いですね


酒場らしく元気いっぱいの接客にも好感が持てますし、なんと言っても、ほとんどの商品がワンコインほどのお値段であることもうれしいですね



【東京MEAT酒場】
東京都新宿区新宿2-7-2 サニーコーポ新宿1~2F
03-5366-5636


[PR]
by gurumeblog | 2015-07-22 22:02 | 東京都 | Comments(0)