ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2015年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

東京メトロ有楽町線市ヶ谷駅:『福福茶寮』   落ち着いた雰囲気のお店でいただくお蕎麦は上質なモノ

PA312321.JPG

ちょっと気になるお店を見つけて、友人を誘ってランチをいたします
市ヶ谷駅での待ち合わせをしていたため、総武本線が人身事故で運転見合わせをしているとの情報を聞いたときには友人が来れるかどうかと心配したのですが大した影響も無く…



PA312308.JPG
市ヶ谷と言っても靖国通りに面すること無く、とても飲食店がありそうにもない静かな通りにひっそりと佇むお店でありまして…
大きな看板が出されることも無く、暖簾だけがお店の目印と言う隠れ家的な雰囲気がステキですね


PA312319.JPG
オフィスが休みとなる週末ってこともあってか、かなり静かな営業でありまして…
古民家風に造られた落ち着いた雰囲気を独り占めするかのような贅沢を味わうことが出来ました
美味しい食事を楽しむには、お料理の美味しさはもちろんのこと、それをいただく雰囲気って言うのも大切な要素なんですよね


PA312314.JPG
今日の目的はコレ
そばつゆで仕立てられたと言う牛鍋でありまして…
1000円でいただけるランチ商品ってことで上等なロース肉と言うわけにはいきませんが、優しいお出汁で煮込まれたお肉はとっても柔らかく、たっぷりなボリュームを楽しむことが出来て大満足ですね


PA312322.JPG
牛鍋だけでも十分に満足なのですが、ココはお蕎麦屋さんであるってことですから一緒にお蕎麦もいただくことにいたします
そのお蕎麦はキーンと冷えたお水で絞められていまして、1000円もしないリーズナブルなものであるにもかかわらず、歯応えと喉越しが素晴らしいものでありまして…
上等なお蕎麦と言うとお値段ばっかりが高くてザルが空けて見えるほどにしか盛られていないお店も多いのですが、こちらでは高級店に負けないほどに美味しいお蕎麦をお腹いっぱいに楽しむことが出来ますね


PA312310.JPG
そんなランチにはサラダも添えられていまして…
パリッとした新鮮なお野菜に、スッキリとした味わいの和風なドレッシングが使われていますので、お料理のお味を邪魔することも無くおいしくいただけます


お昼に提供される商品には全てサラダが添えられるようで…
多くのお店だと、お蕎麦と牛鍋をいただいたワタシには二つのサラダが出されることになるのでしょうが、こちらでは一つのお皿に盛り付けて提供されるという気遣いもいただけるステキな接客なのであります
こんなお店が近所にあったら…
そう思わせるお店って、そんなにたくさんはありませんよね



【福福茶寮】
東京都千代田区九段北4-3-6 カ-サフジマ102
03-6380-9713


[PR]
by gurumeblog | 2015-10-31 22:47 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『さくら亭』   赤酢が使われるシャリでいただく江戸前「ばらちらし」

PA302302.JPG

クライアントさまの開業計画を考える一日
開業計画とは飲食店の設計図みたいなもので、新規出店の際には最も大切なこと
新規に開業した飲食店の8割が3年以内に撤退する言われるのはこの設計図がいい加減であるから、もしくは書かれていないからでありまして…
客席数や一客当たりの粗利高、それに人件費などをしっかりと考慮した数値計画と、それを実現可能な商品構成が必要になるのであります



PA302301.JPG
そして夜、自宅近くで夜ごはんをいただくことにしようと『さくら亭』
魚の卸業をやっている会社が運営しているとのことで美味しいお魚をいただくことが出来るのですが、ココで提供されるマグロの美味しさは際立っていまして…
それが大間産だということを知り納得であります


PA302305.JPG
月に一度ほどのペースでお邪魔していたお店なのですが…
お寿司メニューはひとりで気軽に食事をいただくにはちょっと高価なラインナップになってしまいましたし、和食メニューには揚げ物の定食が増えたりと、メニューが変わったことで足が遠のいてしまったんですよね


PA302304.JPG
で、いただいたのは「ばらちらし」
最もお手頃なものを選んだのですが、海老に鯛、それにカンパチや小肌などなどが細かくカットされ、イクラやマグロとともに彩美しく盛られて提供されまして…
そのお味には全く不満は無いのですが、ただちょっとだけボリュームに掛ける感は否めませんね
次回はもう一つ上のランクのモノをいただいてみましょうかね


4ヶ月ほど間が空いちゃったってこともあって、女将から久しぶりですねなんて声を掛けていただけまして…
こんな挨拶をされちゃうと、ご無沙汰してしまったことの罪悪感を感じてしまいますよね



【さくら亭】
東京都中央区佃1-11-8 ピアウエストスクエア1F
03-5560-3321


[PR]
by gurumeblog | 2015-10-30 21:40 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線上野駅:『いきなり!ペッパーランチダイナー』   肉好きが集まる「いきなり!肉友クラブ」

PA292296-1.JPG

月末ってこともあって溜まった事務仕事を熟します
夜には予定しているパーティーへの参加があるため、お昼もそこそこに済ませてPCと睨めっこ
さすがに疲れます



PA292290.JPG
JR上野駅不忍口を出て直ぐ
"UENO3153"って商業施設の2Fにある『いきなり!ペッパーランチダイナー』ってお店を貸し切って開催された"いきなり!肉友クラブパーティー"
肉好きの方々が集まり、美味しいお肉をいただきながら楽しく語り合うこのパーティーだということで、初めて参加させていただきましたが、多くの参加者で賑わっていますね


PA292286.JPG
今回のメインイベントは、『いきなり!ステーキ』でのマイレージカードで累計200kgを食べた強者を表彰することでありまして…
どんな巨体な方かと思っていたらば、ごくごく普通の方なんですね
このマイレージカードサービスがスタートしたのが去年の9月と言うことですから、14カ月ほどで200kgを召し上がられたってことでありまして…
1ヶ月で14kg以上 一日平均で500gほどという計算になりますね


PA292274.JPG
そんなパーティーで供されたのは"肉"
生ハムで始まり、ローストビーフや1kgくらいあるのでは?と思える肉塊ハンバーグ、さらにワイルドステーキからリブロースステーキと続きます
テーブルを囲んだ人でこれらをシェアしていただくのですが、ひとり換算してもかなりのボリュームですよ


PA292296.JPG
こちらは鳴尾ビーフと言う特別なお肉の塊
初めて目にする1kgというステーキの迫力に圧倒されるだけでなく、柔らかいだけでなく、お肉の甘みも感じられるものでありまして…
鳴尾ビーフのおいしさに感動ですね



そして、そして…
先に表彰された方ですが、副賞としてニューヨーク店オープンの際にご招待いただけるようですよ
お肉も豪快ならば副賞も太っ腹なんですね



【いきなり!ペッパーランチダイナー】
東京都台東区上野公園1-57 UENO3153ビル2F
03-3836-3153


[PR]
by gurumeblog | 2015-10-29 23:17 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線日本橋駅:『お多幸』   老舗おでん屋が提供する「とうめし」が凄い!

PA282245.JPG

所用で出かけた日本橋
老舗のおでん屋さん『お多幸』の前を通りがかりますと、10月も終わろうとしているのに夏日を記録したってことでか、いつも行列が出来るお店に空席があるようで…
これはチャンスと暖簾を潜ることにいたします



PA282240.JPG
『お多幸』で提供されるおでんは甘辛くて濃い関東風のおでん出汁
見た目には黒々としているのだけど、塩気は強すぎず、深みのある味わいをいただくことが出来るものでありまして…
その出汁は創業期から継ぎ足しながら使われると言う伝統の味なのであります


PA282242.JPG
そんなお店に、とってもリーズナブルにいただくことが出来る看板商品がありまして…
それが「とうめし」
おでん出汁で炊き込まれたのであろうご飯の上にドーンと鎮座する分厚いお豆腐は見た目にもインパクトがあって、お昼どきにはコレを目的とするお客さまが列をなしているのであります
しっかりと出汁が染み込んだお豆腐をそのままいただくのも良いのですが、お行儀は悪いかも知れませんが、それを崩してご飯と混ぜるようにいただくのがワタシ流
出汁の優しい味わいと、ご飯とお豆腐と言うシンプルなおいしさが一体になった幸せご飯であります


PA282248.JPG
洒落っ気のない窮屈な店内、そして相席必至のお店であるにもかかわらず、最近では若いお嬢様方にも人気であるようで…
今日もグルメ誌を片手にやって来たお客さまが楽しそうに「とうめし」を召し上がっておられました


一昔前だとオヤジがおでんをツマミにお酒を…
ってお店だったのでしょうが、時代は変わっているようですね



【お多幸】
東京都中央区日本橋2-2-3 お多幸ビル
03-3243-8282


[PR]
by gurumeblog | 2015-10-28 23:02 | 東京都 | Comments(0)

豊橋鉄道渥美線高師駅:『天ぷらのすずき』   目の前で揚げられる熱々の天ぷらをリーズナブルに!

PA272224.JPG

豊橋2日目は雲ひとつない青空を駅前のスターバックスから眺めるゆったりとした朝からスタート
朝のこう言った時間は頭を整理することが出来る貴重なひとときですよね



PA272214.JPG
お昼をいただこうとお邪魔したのは、今年7月にオープンした天ぷらの専門店
と言っても高級路線ではなく、1000円ほどでいただくことが出来るリーズナブルなお店ってことで気軽に揚げたての天ぷらがいただけるお店ですね


PA272215.JPG
揚げ場を囲むカウンター席が二つ並んでいまして、目の前で揚げられた天ぷらが数回に分けて提供されることで、最初から最後まで熱々の天ぷらがいただけるうれしいスタイルのお店でありまして…
キレイな白衣を着たスタッフの方のテキパキとした動きや、笑顔溢れる接客が、その美味しさを一層引き立てていますね


PA272221.JPG
ワタシがいただいたのは「えび天定食」
海老3本と野菜3種にイカが揚げられて1280円と言うお値打ち感あるモノでありまして
先ずは、かぼちゃとナスが提供されます
何れも想像以上に大きめなカットでありますし、卓上に置かれた漬物が食べ放題であることも魅力的ですね


PA272225.JPG
続いては海老が3本
薄衣でサクッと揚げられた見栄えはとても美味しそうなのですが、使われている海老は保水材が使われた伸ばし海老でありまして…
プリッとした食感を好むお客さまが多いことからこの手の海老を使うお店は多いのですが、ワタシはどうにもその薬品ぽい香りが苦手なんですよね
牛肉の赤身をおいしく提供するために牛脂を差し込んだものには加工肉としての表示が必要なのに、プリッとした食感を出すために保水剤が使われた海老には加工の表示義務がないのは何故なのかといつも疑問に思うワタシであります


PA272226.JPG
そして、最後にイカとピーマン
大根おろしがたっぷりと入れられた天つゆはご飯のおかずとして天ぷらをいただくに相応しい濃さになっていますし、ご飯も甘みがあるおいしいものでありますから、しっかりと満足させていただけました


実は福岡に同様のお店の超繁盛店がありまして、そこを視察した経営者が各地で同じようなお店を出店しているのですがその成功例はあまりにも少なくて…
とは言えこちらのお店の運営は地元の有力企業でありますから、きっと成功へ導かられることでしょう
楽しみであります



【天ぷらのすずき】
愛知県豊橋市大山町字下青尻70-5
0532-48-8228


[PR]
by gurumeblog | 2015-10-27 22:59 | 愛知県 | Comments(0)

豊橋鉄道東田本線駅前大通駅:『かつさと』   秋刀魚フライが丼に? それが意外に美味しくてビックリ!

PA262203.JPG

豊橋へ出張
クライアントさまの店舗視察と店長面談、更にはスーパーバイザーの育成と内容濃い業務を終えて…
豊橋駅前の繁華街にあるお店で夜ごはんをいただきます
ココ豊橋は地方都市でありながらも駅前が賑わう街だと思っていたのですが、最近ではその雰囲気は無くなってきているようで…
ちょっと寂しい感じがしますね



PA262211.JPG
豊橋市を中心として全国に50店近くを展開する『かつさと』ってチェーン店
ココで提供される「かつ丼」は500円ととってもリーズナブルでありながら、十分な厚みがあるロースかつと、程よい甘みのタレがおいしいってことでお気に入りのお店でありまして、出張の際にはよく利用させていただいているのであります


PA262206.JPG
今日もそんなかつ丼をいただこうとお店を訪ねてみますと、店頭に"さんまフェア"なるのぼり旗が立てられているではないですか
メニューを眺めてみますとそこには秋刀魚のフライが丼になった商品がありまして、多少の違和感を持ちながらもそれをいただいてみますと…
かつ丼のように卵でとじられるのではなく玉子丼の上に秋刀魚フライが乗せられていますので、サクッとした食感が生きていますし、フライに掛けられた照り焼きソースが意外にも秋刀魚と合っていて美味しくいただけましたね


どのような過程でこの商品が生まれたのかはわかりませんが、商品開発には発想の転換ってことも必要なんですね



【かつさと】
愛知県豊橋市広小路1-24
0532-57-6638


[PR]
by gurumeblog | 2015-10-26 22:45 | チェーン店 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線東銀座駅:『京華小吃』    肉汁溢れる小籠包を看板とした軽い食事が楽しめるお店

PA252174.JPG

今年が43回目になるという「大江戸活粋パレード」なるものが開催されておりまして…
そんなことを全く知らないワタシは11:30に銀座で友人と待ち合わせをしていたのですが、パレードのための交通規制でバスは遅れるし歩道は人の波でまともに歩けないしで、遅刻をしてしまいました
横浜の仮装パレードほど大掛かりなものではなさそうですが、吹奏楽団なんかもあってちょっと面白そうなので、来年はゆっくりと見物してみましょうかね



PA252166.JPG
待ち合わせの目的はこちらでのランチをいただくことでありまして…
「小吃」の名の通り点心と麺をメインとした軽食を提供するお店でありまして、シンガポールの本店では小籠包が大人気なのだとか
そして、豚肉、海鮮、野菜を使った「三鮮餃子」なんてものにも興味津々であります


PA252189.JPG
40席ほどとそれほど大きなお店ではありませんが、12:00前であるにもかかわらず満席状態で、しばし席が空くのを待つことにいたします
とはいえ、11:00の開店と同時に入店されたお客さまの食事が終わるタイミングってこともあって10分ほどで案内されましたよ


PA252170.JPG
あれこれとアラカルトでいただこうかと思っていたのですが、週末のランチタイムにのみ販売される『週末祝日限定京華セット』なる商品を見つけまして…
その内容を見ますと、こちらの美味しいところをすべていただけるモノになっていまして…
1500円と言うお値段でありながら、看板料理でもある「小籠包」が3個にフカヒレ餃子までもが入った蒸籠が提供されたことにはビックリであります
そして、その小籠包
箸で持ち上げますとモチッとした皮の中がプルンプルンになるほどに肉汁が入っていまして、レンゲの上で皮を破り、その肉汁をいただいてみますと…
旨みたっぷりのスープが実に美味しいものでありますね
そして、もう一つの看板料理である「三鮮餃子」もカリッと焼かれていまして…
ひと口大にカットされたそれをいただきますと、具材の旨味とパリッとした皮の食感を同時に楽しめるモノでありました


PA252182.JPG
〆にいただいたのは「ジャージャン麺」
旨みたっぷりの肉味噌と添えられる野菜を麺と良く絡めていただくシンプルなお料理なのですが、きっとこの肉味噌が母の味ってほどにそれぞれの家庭で異なるもので、現地では日常的に召し上がられているものであるようですね
そんな家庭的な優しさを感じさせるおいしさって、飽きること無くいただけますね


外食が飽和した現在
餃子をメインとした居酒屋であったり、こちらのような点心をメインとした軽食を提供するお店など、総合的な中華料理店においても利用動機を明確にした細分化が進んできているようですね



【京華小吃】
東京都中央区銀座5-9-6
03-6274-6406


[PR]
by gurumeblog | 2015-10-25 22:57 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『玄粋庵』    蕎麦の実を挽くことから始まる十割蕎麦が絶品

PA242160.JPG

季節の変わり目ってことでしょうか
ここのところ体調が今ひとつ優れず、いつも眠たいし、疲れやすい
そんなこともあって、今日はのんびりと自宅で過ごして、夜もご近所で済ませることにいたします



PA242152.JPG
脇を囲む商品はイマイチって印象が拭えないものも多いのだけど、メインであるお蕎麦はかなりの優れモノでありまして…
定期的にお邪魔しているお店の一軒なのであります


PA242156.JPG
平日のお昼どき以外はそれほど混み合うことも無く…
小洒落た雰囲気とゆったりした空間が心地良いこともこちらの魅力であったりもいたします
また、隅田川に面していることもあって、席によっては川のながらを楽しむことも出来そうですし、スカイツリーだって望むことだってできますよ


PA242165.JPG
お店で蕎麦の実を挽くことから始めると言う、こだわりの十割蕎麦
香りを感じることも出来ますが、こちらのお蕎麦の魅力は何と言ってもその喉越しでありまして、冷たいお水で絞められることによる麺のコシには惚れ惚れといたします
さらに、つゆは優しい鰹出汁の風味と、パンチが効いた宗田の香りを楽しめるモノですし、添えられるわさびだっておろしたてのモノ
ちょっと辛めであることから、初めてお邪魔したときにはツボにはまることが無かったのですが、お邪魔する回数が増える度にこのつゆにハマっていくんですよね


PA242163.JPG
そして今日は、旬でもある舞茸の天ぷらを添えることにいたします
サクッと揚げられた天ぷらは天つゆでいただくも良し、焼塩でいただくも良し
その両方を提供してくれるサービスにもありがたさを感じますね


ひょっとすると大粒の牡蠣を使った牡蠣南蛮が始まっているかもと期待をしていたのですが、それは次回のお楽しみってことで…



【玄粋庵 KITSUNE】
東京都中央区佃1-11-8 ピアウエストスクエア1F
03-3536-1919


[PR]
by gurumeblog | 2015-10-24 23:22 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線神田駅:『旭軒』   過剰な期待があったことは確かですが、ちょっと残念なとんかつでした

PA232137.JPG

所用で出かけた神田
月に一度ほどの割合で出掛けているのですが、この街には多くの飲食店がありますので、新しいお店を探すことが楽しみになっていたりするのです



PA232130.JPG
西口商店街を歩いていて見つけたこのお店
造りは新しそうではありますが、白時に黒文字と言うシンプルな暖簾に老舗の臭いを感じて…
代官山の『ぽん太』にフラれてからずっと美味しいとんかつが食べたいって気分だったこともあり、今日のお昼はココでいただくことに決定であります


PA232131.JPG
お店に入ってみますと、14:00近い時間でありながら多くのお客さまがいらっしゃいますし、厨房の中には職人っぽい雰囲気を醸し出している中年のオジサマがかつを揚げている姿が見えまして…
これは期待が持てるぞとワクワクする気持ちが高まります


PA232134.JPG
お昼のサービスメニューとして「とんかつ定食」ってものもあったのですが、きっとココなら美味しいカツがいただけるに違いないと「ロースカツ定食」を注文
しかし提供されたカツは、衣はお肉から剥がれていますし、お肉はしっかりと火が通った白色をしていまして…
衣の食感もサクッとしていると言うよりガリガリとしたもので更にガッカリでありました

しかし添えられた味噌汁はしじみの出汁が効いている素晴らしいものでありまして…
この汁を目的に再訪しても良いかと思うほど
漬物もご飯もしっかりとしていただけにちょっと残念ですね


ワタシが考える美味しいとんかつとは…
①お値段に左右されるモノではありますが、ある程度の厚みがあること
②薄ピンク色に揚げられた断面からは肉汁が滲み出ていて、汗をかいたようなしっとり感があること
③さらにその断面はプクッとした膨らみがあること
なんですよね



【とんかつ 旭軒】
東京都千代田区内神田3-11-2 笹原ビル1F
03-3252-0703


[PR]
by gurumeblog | 2015-10-23 23:15 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線東銀座駅:『船見坂』   利尻昆布を使うこだわりのスープとプリップリのあさり

PA222126.JPG

昨日のランチをご一緒した方から教えてもらった、浅利らーめんがおいしいというお店
お店まで案内していただき、店構えを見た瞬間にココはおいしいに違いないとピンときて…
すぐにでも入ってみたかったのですが、夜に予定されていた会食を考えその場は断念
早速、今日のお昼にお邪魔することにいたします



PA222112.JPG
昭和通りの銀座東二丁目交差点近くにあるこのお店
最近はやりの活気をウリにする若者のお店ではなく、大人でも入りやすい落ち着きを感じさせる店構え
そして、そこからは昆布と鶏ガラの優しいスープの香りが漂ってきて… 
それが呼び水になっているようですね


PA222113.JPG
まずは券売機で食券を買うことになるのですが、函館ラーメンと聞けば塩ラーメンや味噌ラーメンをいただきたくなる気持ちを抑えて、目的である「浅利らーめん」のブタンをぽちっと!
案内されたカウンター席から周りを見渡してみますと…
女性の一人客なんて方もいらっしゃいますし、噂通りに多くの方が浅利らーめんを召し上がっておられるようですね


PA222117.JPG
待つこと5分ほど
塩ラーメンをベースにたっぷりのあさりが乗せられたラーメンが提供されます
あさりの旬といえば潮干狩りで賑わう春先を思い浮かべるところですが、実は秋にも産卵をするということで今の時期も旬だったりするんですよね
そのためか使われるあさりの身は太っていて、殻に納まりきれないのではと思えるほどにプリップリなものが15個ほども入っていることで贅沢感も演出されていて…
イタリア料理で言うところのボンゴレビアンコではないですが、少々のニンニクとともにオリーブオイルで炒められることでの風味がラーメンとも良く合っていて、これは身体に優しいおいしさですね


細いストレートな麺もスープと良く合っているものでありますし、そのボリュームも十分に満足度があるもの
これは人気であることに納得ですね
この浅利らーめんに満足することなく、塩や味噌を試してみたくなるお店であります



【函館らーめん 船見坂】
東京都中央区銀座2-12-11
03-5565-5541


[PR]
by gurumeblog | 2015-10-22 22:02 | 東京都 | Comments(0)