ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2016年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

東京メトロ銀座線日本橋駅:『やまや』 博多の郷土料理「がめ煮」と食べ放題の明太子でお腹いっぱいランチ

P2292377.JPG

今日は4年に一度のうるう日
一日得をしたような気にもなる日でありますが、それを有意義に使う術を思いつくことも無く、ごくごく普通に過ごしてしまったワタシであります



P2292372.JPG
月末ってこともあって銀行での所用を済ませ、地下鉄日本橋駅とも直結する東京建物ビルの地下にある飲食フロアへと向かいます
お昼の忙しい時間を避けたつもりだったのですが、目的としたこちらのお店には席待ちのお客さまが4組ほどいらっしゃるではないですか
スタッフの方が入口のところで呼び込みをするお向かいのお店へと移動しようかと迷いましたが、やはり明太子が食べ放題って売り文句には逆らえず…


P2292374.JPG
厨房を目の前にするカウンター席をいただきます
二人掛けの椅子ではありましたが、知らない人同士をそこに掛けさせることはお店の方も控えているようですね
かなりおひとりのお客さまも多いようですので、お店としては効率を追求したいところでもあるのでしょうが、それをしないところにおもてなしの心を感じます


P2292378.JPG
いただたいのは「がめ煮定食」
筑前国があったとされる朝倉地方で食べられていた煮物がおいしかったことから、博多でもそれを真似るようになって生まれたのが「がめ煮」でありまして…
盗むことの方言である"がめる"が語源になったとの説もありますね
また、最近では明確に区別されることはないようですが、筑前煮が具材を油で炒めたあとに煮込まれるの対し、がめ煮ではそのまま煮込まれると言った調理法の違いもあるようです
で、こちらではどのように調理されているのかと興味津々だったのですが、残念ながらそれは事前に調理されていましたね

たっぷりのごぼうと筍が入っていることから、今日はなか理の繊維質を取ることが出来たでしょうし、味がしっかりと浸みた鶏肉からはたんぱく質がいただけたに違いなく…
ヘルシーなお昼ごはんでありました


P2292380.JPG
卓上には売り文句でもある食べ放題の明太子と高菜が置かれていまして…
明太子の老舗ブランドが親会社であるだけに、そこから出てくる贈答用としては使えない"切れ子"や"規格外"といったモノが使われているのでしょうが、どうせ解していただくものでありますし、味付けや質には区別がありませんので、何の不満もありません
ってことで、炊き立て感があるごはんとともにふた腹くらいをいただいて…
贈答品では大体100g1000円ほどですから、小ぶりなふた腹だと700~800円分位になるのかも知れませんね



おいしい高菜もいただきたかったことから、ご飯をお替りしてしまったことでお腹がパンパン
午後の仕事に支障が出るのではないと心配をしながらお店を後にいたします
おいしいモノってつい食べ過ぎちゃいますよね



【博多もつ鍋 やまや】
東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビルB1F
03-3276-8080


[PR]
by gurumeblog | 2016-02-29 22:49 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線日本橋駅:「串特急」     アップ画像でおいしさを伝える看板商品「月見つくね」

P2282360.JPG

日曜日の夜、友人と食事をすることになります
東京駅の八重洲口で待ち合わせをし、日祝日を店休とするお店が多い八重洲エリアにあって無休でやっている居酒屋へと向かいます



P2282344.JPG
静岡の沼津に本社を構え、静岡エリアを中心としながら関東へも店舗網を拡げる『串特急』
焼鳥と串揚げをメイン商品とした居酒屋でありまして、このお店の前を通る度に気になっていたんですよね


P2282367.JPG
入店をした18:00過ぎにはガラガラで、やっぱりこのエリアは日曜日は集客できないんだなぁなんて思っていたのですが…
19:00を過ぎた頃から続々とお客さまがやって来られますし、その多くは今日もお仕事だったのだろうと想像させるスーツ姿の方々が中心ですので、平日の夜だとかなり混み合っているであろうことが窺えます


P2282350.JPG
「串特急サラダ」と屋号を背負ったサラダは冷やされていますし、和風系のドレッシングでサッパリといただけるモノ 蒸し鶏とドレッシングも良く合っていますね
そしてちょっと興味をそそったのが「ハバネロ激辛フライドポテト」
激辛とは如何ほどのモノなのかと心配もあったのですが、言うほど辛いモノではなくビールなどとの相性が良さそうですね
もちろんビールを飲まないワタシもおいしくいただくことが出来ました

ちょうど唐揚げ祭と言うものが開催されていまして…
シンプルな醤油ダレを基本にタルタルを掛けたモノやおろしポン酢でいただくモノ、そして黒胡椒風味のモノとバリエーションが用意されていましたので、ワタシはタルタルをいただくことにしたのですが、自分好みでタルタルを掛けていただきたかったため、タルタルソースを別添えでいただけないかとワガママにも対応してくださいまして…


P2282361.JPG
メニューブックのトップページには大きな画像とともに「こだわり卵の月見つくね」が紹介されていますし、別の1ページにもつくねのバリエーションを紹介していることから、こちらのお店ではつくねがイチオシなのだろうと…
それだけ力を入れているだけあってふっくらとした食感は美味しくあるのですが、あまりにもきれいな画像とのギャップにはテンションが下がり気味
アップ画像のビジュアルに期待を高め過ぎたようです


〆におにぎりをいただいてお腹も満足
居酒屋さんではあまりご飯を使うことが無いことから業務用食材にある「焼きおにぎり」だけを提供するとことも多いのですが、それを好まないワタシにはうれしいおにぎりでありました



【串特急】
東京都中央区日本橋2-2-21 日本橋2丁目ビルB1F
03-3276-0259


[PR]
by gurumeblog | 2016-02-28 23:33 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:『鶏鬨』     3月2日のグランドオープンを前にお邪魔してきました

P2272339.JPG

九州への1泊2日、そして愛知への1泊2日と、今週は出張続きでありまして…
そんな疲れが出たのかちょっと風邪気味な様子
それで今日はゆっくりと養生することにいたします



P2272336.JPG
そんなこともあって、お昼を近場で済ませることにしようと思案しておりますと…
勝どきで人気のお店が新川で工事をしていたことを思い出しホームページでオープン日を確認したところ、正式なグランドオープンは3月2日であるようなのですが、先日からプレオープンしているようですから早速お邪魔してみることにいたします


P2272338.JPG
まだ何の告知もしてないのでしょうが、お店を工事していることが最大の告知でもありまして…
プレオープンとは言いながらも多くのお客さまがいらっしゃったのですが、調理場を目の前にするカウンター席をいただくことができました
カウンター席と言いながらも奥行きがあるカウンターですので、落ち着くと言うか居心地は悪くないですね


P2272340.JPG
親子重をいただきます
こちらの親子に使われる鶏肉は煮込まれること無く炭火で焼かれていますので、その芳ばしい香りにおいしさを感じます
玉子は白身にはキチンと火が入り、黄身だけにトロミが残ると言う絶妙な加減にこだわりを感じますね

そして、お蕎麦
確か勝どきのお店でいただいたお蕎麦がおいしかったような記憶があっていただいてみたのですが…
わさびを擦らせることで香り高い新鮮な風味を楽しんでいただこうと言う思考は良いのですが、お蕎麦には既成感がありちょっと残念な感じでありました



このエリアにあるお店は日祝日を定休とするお店が多いだけに、無休であるこちらは便利な存在になりそうで…
これからも利用させていただく機会があることでしょう




【鶏鬨】
東京都中央区新川2-26-11
03-6280-3262


[PR]
by gurumeblog | 2016-02-27 16:02 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄浅草線三田駅:「駒八」    手作り料理にこだわり繁盛を続ける和風居酒屋

P2262315.JPG

豊橋での仕事が予定よりも早く終えることが出来、いつもの新幹線よりも1本早く東京へと戻ります
その途中、東京へと出張してきていた仕事仲間もタイミング良く業務を終えたとのことを知り一緒に夜ごはんをすることにいたします



P2262313.JPG
浜松町のホテルに泊まるとのことでしたので、会食の場に選んだのは『駒八』
都内に15店ほどを展開しているのですが、提供するお料理を手作りにこだわることで繁盛を続けるお店であります


P2262316.JPG
30分ほどで伺いますと連絡を入れて、お店に着いてみますとなんと名物オヤジもお店にいらっしゃいまして…
今日は北海道からの美味しいイカが入っているからそれをメインに刺し盛りを作りましょうとお勧めをいただきます
そんなイカの鮮度が良いのは然ることながら、マグロやカンパチなどもおいしくて…
そしてこちらの名物でもある「モツ煮」と「牛スジ煮込み」
どちらも捨てがたいので両方をいただいたのですが、モツ煮は味噌で調味されていますし、牛スジは柚子胡椒でサッパリといただくことができますね


P2262322.JPG
そして焼鳥
つくねやネギ間はサッパリと塩でいただき、鶏皮はちょっと濃厚なタレでいただきます
コロッケをいただいてみますと、女性の拳くらいはありそうなくらいに大きなものが提供されてビックリ
熱々でホクホクで… 手作りながらのおいしさでありますね



ホントはお互いにお腹はそれほど空いてないってことだったのですが、美味しいお料理とはドンドンと進むものでありまして…
気付くと立ち上がるのが苦しいほどにお腹いっぱいでありました
勧め上手な名物オヤジとおいしいお料理の数々でもてなしていただきまして、とっても楽しい時間を過ごすことが出来ました




【駒八】
東京都港区芝5-16-1 橋本ビル1F
03-3453-2530


[PR]
by gurumeblog | 2016-02-26 23:16 | 東京都 | Comments(0)

JR東海道本線豊橋駅:『たん繁』    たっぷりのとろろでいただく麦とろに幸せを感じます

P2252290.JPG

昨夜、東京へ戻ってみますと急激な寒波でありまして…
深夜から朝方に掛けては雪も降ったようですが、今日の移動に支障が出るほどでも無くてひと安心
新幹線に乗って豊橋へと出張いたします



P2252293.JPG
クラインとさまのところへ銀行から提案があったと言う物件視察の業務のあとに、お昼をいただきましょうと豊橋駅ビルの1Fにあるレストラン街へ
うどんやお寿司を提供する和食店、地元ではかなり有名なラーメン店、そして全国区のチェーン店などが軒を並べているなかから、今日は牛タンをいただくことにいたします


P2252291.JPG
折角ならば厚切りをいただきましょうと「厚切りたんとろ定食」
しっかりと味を染ませたタンを丁寧に焼き上げられていますので、噛むほどの旨みが滲み出るようなおいしさを楽しむことが出来ますし、何よりも硬すぎる事の無い歯応えが魅力ですね

そして定食にはたっぷりのとろろが添えられていまして、麦飯に掛けようとしますとお茶碗からこぼれそうなほど
他のお店だったらもう少し欲しいなぁと思うことが多いのですが、こちらでは麦飯をお替りしても良いくらいの量がありますので幸せを感じることが出来ます



仕事終わりで新幹線の時間待ちも兼てこのフロアで食事をすることも多いのですが、その時の気分によってお店を使い分けることも出来ますし、それにハズレが無いってこともありがたいことですね




【とろろ・牛タン専門店 たん繁】
愛知県豊橋市花田町西宿無番地 カルミアビル1F
0532-56-6119


[PR]
by gurumeblog | 2016-02-25 23:00 | 愛知県 | Comments(0)

JR豊肥本線武蔵塚駅:『火の国 文龍』    今、熊本で大人気だと言うこってりラーメンをいただきます

P2242282.JPG

鹿児島から熊本へと移動
途中、サービスエリアで大好きなすり身のてんぷらを食べて小腹を満たしながら…



P2242278.JPG
熊本への移動の目的はココ
今、最も熊本で人気があるお店だというので、それを視察しましょうってわけ
"熊本で最強のこってりラーメン"を謳うお店には週末には交通渋滞を招くほどのお客さまが訪れるといいますので期待は山よりも高く…


P2242281.JPG
平日の14:00近くの訪店となりましたが店内にはほぼ満席のお客さまがいらっしゃいますし、その後もお客さまの足が絶えること無く…
"こってり"と言うから若い男性のお客さまばかりかと思いきや、カップルで来店される方や年配のサラリーマンなんかもいて、正に老若男女って感じですね


P2242283.JPG
提供された「こってり」がコレ
これでもかってほどに背脂が降られていて、それが乗せられたチャーシューを隠すほど…
まるでとろろそばを見るかのようであります
熊本には熊本ラーメンと呼ばれる博多ラーメンに焦がしニンニクを浮かべたようなラーメンがあるのですが、ココで提供されるラーメンは横浜家系のような豚骨醤油ラーメンを思い出させるようなモノでありまして、カエシの甘みがとっても印象的です
最強のこってりラーメンと言う謳い文句や背脂たっぷりの見た目ほどくどさを感じること無く、その甘みがリピーターを作っているようにさえ感じさせます
卓上には直径100mmほどのボールに入れられたニンニクが用意されていることから、そのニンニクをたっぷりと入れて召し上がられるお客さまも多いのでしょう


P2242289.JPG
替玉も用意されているのですが、先に自家製だと言う中太麺と一緒にスープを半分ほどいただいてしまいましたので、お店の一角に用意される無料取り放題の辛子高菜が用意されていますので高菜ライスを…
それほど辛味が強いものではありませんので、ご飯に乗せてもおいしくいただけますね



【火の国 文龍】
熊本県熊本市東区戸島4-2-47
096-388-7055


[PR]
by gurumeblog | 2016-02-24 22:40 | 熊本県 | Comments(0)

鹿児島市交通局谷山線騎射場駅:「なべしま」   生業店当時のおいしさを守りながら店舗展開する焼肉店

P2232264.JPG

羽田からビューンと2時間ほど
鹿児島で行われる会合に参加させていただいたのですが…
会には100名ほどの方が参加れ、その熱気には圧倒されそうでありました



P2232252.JPG
3時間ほどの情報交換とお勉強の時間を終えた懇親会は『なべしま』って焼肉屋さん
鹿児島で発祥し福岡から沖縄まで、九州各県に支店網を広げるチェーン店でありますが、ココ与次郎店は100名ほどが一堂に会することができる宴会場を持つ総本山であります


P2232254.JPG
"親子3世代で楽しめる焼肉専門店でありたい"をコンセプトに、郊外への出店を中心とする『なべしま』の魅力の一つは新鮮な野菜を好きなだけいただくことができるサラダバーでありまして…
おいしいお肉とともにヘルシーに野菜をいただくことができるってことがうれしいですね


P2232255.JPG
テーブルを囲む仲間とつつき合えるようにと大皿に盛られたキムチは辛さの中に旨みがありますし、センマイサシではコリコリとした食感が楽しめ…
大好きなチャプチェやみずみずしさが感じられるチョレギサラダもおいしいですね


P2232261.JPG
昆布締めされた牛タンは初めていただきましたが、アミノ酸の効果なのでしょうか? とっても旨みがあって…
タレで揉まれたヒレやハラミ それにカイノミと黒毛和牛のおいしいところを丁寧にミディアムレアほどに焼いていただきますと、とろけてしまいそうなほどの柔らかさを堪能することができます
そしてたっぷりと脂がのったホルモンは皮目をきちっと焼き上げ、それをひっくり返した脂身の面は脂を落としすぎないように注意しながら焼き上げ、コリコリした食感と脂の甘みを楽しみます


P2232272.JPG
〆めにテールスープ
白濁するまで丁寧に煮込まれていますので、コクの中に旨みがあって…
箸で崩れるほどのテールもおいしくいただくことができました



効率を追求することが多いチェーン店ですが、こちらのお店では提供するお肉のほとんどがお店で手切りされているのだとか…
そんな手間暇がお客さまが納得するおいしさを作り出しているのでしょうね




【焼肉なべしま】
鹿児島県鹿児島市与次郎1-9-53
099-255-8929


[PR]
by gurumeblog | 2016-02-23 22:59 | 鹿児島県 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線豊洲駅:『珉珉』    強力粉で作られる皮がモチモチな餃子と海老の天ぷらに大満足

P2222233.JPG

今日は一気に冷え込んだ一日
深夜から雨になるという予報ではあったのですが、夕刻からしとしとと雨が降り始めたこともあってマフラーを巻いて出かけても寒さを感じるほどでありました



P7060655.jpg
夜は豊洲にある『珉珉』
こだわりの餃子を看板とする大人気の大衆中華居酒屋でありまして、18:30くらいに入店してみますとほぼ満席の状態
どこか他のお店へ行くしかないなぁって思っていたのですが、運よく1卓だけが空いていて…


P2222234.JPG
着席と同時に餃子3枚とドリンクを注文
1枚に7貫が盛られますので結構なボリュームではあるのですが、白菜をメインとした餃子でありますから、その食感は軽く…
いくつでも食べられそうな気がするほどに、ペロリといけちゃうんですよね


P2222245.JPG
そして「大根もち」
モチモチの食感の中に、網エビの香ばしい香りがありまして…
こちらのお店では初めていただきましたが、これはおいしいですね


P2222237.JPG
「海老の唐揚げ」との商品名ですが、提供されたものは天ぷらでありまして…
東京の中華料理店でこれを提供するお店が少なくて残念なのですが、ココ『珉珉』は関西に拠点を置くお店であるってことでメニューに載せられているのでしょうね


P2222241.JPG
「ナスの辛子炒め」
辛みが効いたタレがご飯によく合いそうで…
これをおかずに定食でいただきたくなるような一品ですね


P2222244.JPG
〆には「珉珉チャーハン」
五目チャーハンなどよりもお手軽なお値段であるにもかかわらず、そこにはカニのほぐし身が加えられていまして…
適度に効いた塩味が、チャーハンの味を引き締めてくれています
多くのお店の場合、お客さまからのしょっぱいというクレームを怖がるあまりに塩味が足りないことが多いだけに、こちらの調理技術の高さを感じさせます


中国人スタッフを中心にオペレーションがなされていますが、追加注文などで声をかけようとすると、大声を出すことなく気づいてくれて…
おいしいお料理だけでなくサービス面でもしっかりと教育されていることが、繁盛店になっている要因なのでありましょう



【元祖餃子舗 珉珉】
東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント1F
03-3536-0030


[PR]
by gurumeblog | 2016-02-22 23:34 | 東京都 | Comments(0)

JR京葉線東京駅:『どいちゃん』    平家物語ではありませんが「盛者必衰」を感じてしまいました

P2212227.JPG

『GranAge』にある飲食店でお昼をいただこうと思って出掛けたのだけど、日曜日ってことで人も疎らで…
そのためか、お店に活気を感じることも無く空気が澱んだ感じ
それで気分を変えて、線路の反対側である『TOKIA』へと足を向けます



P2212223.JPG
東京国際フォーラムで何かの催しがあっているようで、こちら側は打って変わったように活気に溢れておりまして…
『TOKIA』内へと入ってみますと、お好み焼きの『きじ』や関西うどんの『つるとんたん』などには長蛇の列が出来ているのですが、そんな2軒と軒を連ねている『どいちゃん』はガラガラ状態
開業期にはかなりの人気を集めたお店だったと記憶しているのですが、居酒屋業態であることからお昼の集客は弱いんでしょうかね?


P2212228.JPG
そんなことが気になり、今日のお昼はこちらでいただくことにして「牛バラ炒め」をチョイスいたします
売上が無いってことは人も投入することが出来ず… かと言って提供時間が遅くなってしまったのではお客さまを逃してしまう
そんなジレンマなのでしょうか
事前に炒めて調理しておいたものが湯煎にいれられ、注文が入ったらそれを温められた鉄板に乗せて提供する
そんなオペレーションが取れられているようですね
でありますから、玉ねぎはとろけそうなくらいに柔らかくなっていますし、キャベツに至っては鉄板の温度が低いために火が通ることも無く…
しまいには、ご飯だっていつ炊きあがったのだろうと思うほどのものでありまして、これではお客さまのリピートは望めそうにありませんね



上層階や近隣のオフィスが稼働している平日にはこのようなことはないかも知れませんが、お昼の集客が難しいのであれば営業を止めたほうが良いのでは? なんて思ってしまいまして…
施設との契約もあるのでしょうから簡単にはいかないのでしょうね




【どいちゃん】
東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA B1F
03-5223-8266


[PR]
by gurumeblog | 2016-02-21 17:22 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『玄粋庵』  蕎麦の喉越しとつゆの香り 天ぷらは海老のおいしさが決め手です

P2202213.JPG

とくに誰とも会う予定もありませんし、これと言ってやらなきゃならない仕事も無い
久しぶりにのんびりと過ごせる週末なのですが、朝からしとしとと雨が降っていて、どこに出掛ける気にもなれない日
ならばと本気でダラダラと過ごすことにいたします



P2202205.JPG
それでご近所で軽くお昼を済ませましょうと『玄粋庵』
自宅近くにこのようなお店があるって言うのはとってもありがたいことでありまして…
落ち着いた雰囲気のお店で、ひとりゆっくりと蕎麦を楽しめるなんて大人な感じがします



P2202214.JPG
蕎麦の実を臼で挽くことから始めるほどのこだわりのお蕎麦はキチッと角が立った喉越しの良さが魅力なのでありまして…
箸で持ち上げたお蕎麦の下1/3ほどをつゆに浸け啜り上げますと、鰹出汁の香りやインパクトある宗田の香りが拡がります
喉越しと鼻から抜ける香り その両方を味わえる優雅なひとときですね



P2202219.JPG
そして天ぷらには甘みが豊かな才巻海老が使われていまして…
サクッと揚がった衣の食感と、海老のプリプリ感のアクセントがとっても良い感じ
活のモノが使われているのか、ちょっとレアな感じで揚がっているのもうれしいですし、足のから揚げが芳ばしさまでもが味わえるなんて…
もう言うこと無しですね



天ぷらと言えば海老
天ぷらに最適だと思われるのが才巻海老だと思っているのですが…
それを使っているお店が少ないことが残念ですね



【玄粋庵 KITSUNÉ】
東京都中央区佃1-11-8 ピアウエストスクエア1F
03-3536-1919


[PR]
by gurumeblog | 2016-02-20 16:38 | 東京都 | Comments(0)