ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2016年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

JR山手線有楽町駅:『新角』    ガード下でいただくラーメンは昭和の雰囲気が漂う中華そば

P4300008.JPG

銀座とは外堀通りを隔てただけの隣町である有楽町
そこにはB級グルメの名店がたくさんあって…
有楽町駅日比谷口にある立ち食いそば屋「後楽」の焼きそばや、フォーラム口の立ち食いそば屋「新角」のラーメンは捨てがたいものであります



P4300003.JPG
で、今日は「新角」
いつの頃からこの地にあるのかはわかりませんが、平日のお昼間にはサラリーマンの方々で行列が出来るガード下のお店は、何となく美味しいものがいただけるような雰囲気を醸し出しているんですよね


P4300007.JPG
看板には「うどん」「そば」の文字もありますが、ラーメンが赤字であることや店頭に置かれた券売機の最も目立つ左上がラーメンのボタンであったりと、ラーメンに自信があることが窺えます
そして面白いのが、うどんやそばにトッピングするようなコロッケやてんぷらなども、そのラーメンにトッピングできることでありまして…
天ぷらラーメンをいただいてみようと言う気にもなりますが、今日はシンプルにラーメンとミニカレーのセットをいただくことにします
近年ではメーカーで作られる濃縮タイプのスープなどを使って、システムで販売するお店も多いのでしょうが、ココでいただけるラーメンはお店でスープを炊いていることでガラの豊かな香りが楽しめるのが特徴でありますね


P4300013.JPG
カレーはと言いますと昔懐かしいお味でありまして、ソースを掛けていただくと一層おいしさを増すようなモノで…
とくに際だった美味しさがあるわけではないのですが、その懐かしさについつい頼んでしまうようなモノでありますね


看板に書かれた値段よりも少し値上げされているようですが、いつまでもリーズナブルにサラリーマンの胃袋を満たしてくれるお店として残り続けて欲しいと思うお店でありますね




【新角(しんかど)】
東京都千代田区丸の内3-6-1
TEL:非公開


[PR]
by gurumeblog | 2016-04-30 15:04 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線東京駅:『Sarabeth’s』     GW初日はオシャレにいただくブランチから始めます

P4290752.JPG

ゴールデンウィークがスタートしました
2日の月曜日と6日の金曜日を上手く休むと最長10日もの大型連休だと言うことで、いろんな計画をされている方も多いのでしょうね



P4290751.JPG
気持ちが良いブランチをしようと『サラべス』
東京駅八重洲北口近くにある鉄鋼ビルにオープンして以来お気に入りのお店でありまして、のんびりとした時間を過ごしたいと思った時に良く利用させていただいているのです
が…
階段の下にまで席待ちの列が出来ている光景を見るのは初めてのこと さすがゴールデンウィークなんですね


P4290757.JPG
とは言え、30分ほどで入店することが出来まして、窓側の明るい席をいただきます
店内は若い女性に埋め尽くされていますので照れくささを感じたりもしますが、そんな人たちを観察するのも面白く…
仲良くいろんな料理をシェアする人たちがいるかと思うと、3人が同じモノを食べている人たちもいらっしゃいますね


P4290754.JPG
11:00にメニューが切り替わると言うことで…
先ずはブランチの時間に提供されるフレンチトーストをいただきます
カリッとするほどに焼かれていている表面の食感と、たっぷりと卵液を含んだプルンプルンの食感
そのトーストに中にはクリームが仕込まれていますので、いろんなおいしさが楽しめますね


P4290760.JPG
で、11:00からのメニューから、ベーコン、キール、トマトを挟み込んだ「BKTサンド」をいただきます
“ニューヨークの朝食の女王”の称号を持つことから卵料理がおいしいお店って印象もあるのでしょうが、実はココが提供するサンドイッチはかなりのハイクォリティーなんですよね
芳ばしくクリスピーに焼かれたトーストには分厚いベーコンが挟まれていますし、青汁にも疲れるなど栄養価が高いことで知られるケールが使われるなどヘルシーでもありますし…


そんなお料理を楽しんでいますと、隣のテーブルから可愛くはしゃぐが女性の声が…
てっきり20代のグループ化と思いきや、そこにいたのはアラフィー姉妹とそのお母さまではないですか
おいしいお料理とは、ご婦人までもを少女に変えてしまう魔法を持っているのですね
そして銀座へと向かいブラブラと歩いていますと、人生初の街頭インタビューを受けることになりまして…
使われるかどうかはわかりませんが、放送日が楽しみであります




【Sarabeth’s】
東京都千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング南館2-3F 
03-6206-3551


[PR]
by gurumeblog | 2016-04-29 22:14 | 東京都 | Comments(0)

京急本線品川駅:『Barbacoa』    余分なお脂が落とされ岩塩がお肉のうまみを引き出すシュラスコ料理

image51.JPG

2日間の新入社員研修を終えて、今回もタッグを組ませていただいたコーチング講師の方が宿泊される品川で夜ごはんをすることにいたします
祝日前ということでか、近隣のレストランはどこも満席で、20:00を過ぎないと空席が出来ないと言う状況でありました



image40.JPG
そんな中でも電話対応が一番心地良かったのがこちら『バルバッコア』
ご存知の通り、都内に数軒の支店を構えるシュラスコ料理専門店でありまして、ふたりしてそれほどお肉って気分ではなかったのですがココならサラダバーも充実しているってことで…


image49.JPG
ワタシたちの隣の席は若者のグループでありまして…
連休を使ってのグループ旅行なのか、それとも何かのサークルの集まりなのか 決してうるさいと言うわけではないのですが、楽しそうにワイワイガヤガヤと食事をしている光景に見惚れてしまいました


image48.JPG
バリエーション豊かなサラダバーから一皿目
大好きな玉子サラダを山盛りにして、その周りをソテーされたキノコや野菜たちで取り囲みます
葉物や既成の食材を並べただけの名ばかりのサラダバーとは異なり、キチンと仕事がされたお料理があるってことがやはり最大の魅力ですね


image52.JPG
そうしているうちに次々とお肉がやって来まして…
大きめのソーセージに始まり、ペッパーステーキやイチボなどなど
原塩だけで調味されたお肉には、炭火で焼かれた芳ばしい香りもあって、ステーキとはまた異なる旨みを楽しむことが出来ますね


image54.JPG
そしてサラダバーの二皿目
今度はたっぷりとホワイトアスパラをいただき、更にはパルミットと呼ばれるヤシの新芽をボイルしたものやチンゲン菜などをいただきます


image56.JPG
卓上に置かれたメダルを赤色にしておくことでお肉はひと休みと言う合図になるそうで、サラダバーからのお料理をゆっくりといただいた後に、再びメダルを青色にすることでお肉を再開
ローストオニオンやポテトに加え、豚肩ロースなど色んなお肉を楽しみました



会計はテーブルで行うことになるのですが、その際それぞれが1万円札を出し領収書をそれぞれに下さいとお願いをしたのですが、持ってきたお釣りは纏まったもので二人で分けることが出来ず…
もうちょっとお客さまが何を望んでいるのかを考えた行動をしていただければと思う二人でありました



【Barbacoa】
東京都港区高輪4-10-18 京急ショッピングプラザウイング高輪WEST-Ⅱ3F
03-5447-5229


[PR]
by gurumeblog | 2016-04-28 23:56 | 東京都 | Comments(0)

京急本線横須賀中央駅:『錦ちゃん餃子』    レトロな雰囲気の中、手作りのおいしい餃子がいただけます

image36.JPG

ありがたいことに今年も新入社員研修の講師として招いていただけまして…
今日がその1日目
と言っても、それはワタシが担当させていただくコマのことであって、新入社員さんたちにとっては入社から一カ月近くに亘る研修の日々となっているのですが…



image39.JPG
昨日の夜ごはんをご一緒いただいた食通な友人に紹介してもらったお店
横須賀市で最も賑わっているであろう横須賀中央駅からほど近いところにこんなディープな横須賀が残っているなんて…


image38.JPG
昭和な雰囲気が残る路地を入ったところにある『錦ちゃん餃子』なる餃子の専門店
30席も無い小さなお店ではありますが、ゴールデンウィークを目前とした平日の中日であるにもかかわらず多くのお客さまで賑わう様は驚きであります
しかもその中には小さな子供を連れたファミリー客までもがいて、このお店が幅広いお客さまに支持されていることも覗えます


image32.JPG
タンメンもしくは野菜スープのように思えるこの商品
実はスープ餃子でありまして…
たっぷりの野菜の中にプルンプルンの餃子が隠れているのであります


image33.JPG
そう言えば、東京の八重洲にある中華料理店で提供される水餃子もこのようなものでありまして…
本場中国ではこんなスタイルが水餃子のデフォルトなのかもしれませんね


image37.JPG
そして、7つのバリエーションがある焼餃子から、最もシンプルである野菜餃子、しそ餃子、海老餃子といただくことにいたします
それらは羽根つきであることからパリッとした食感を楽しむことが出来るだけではなく、丁寧にお店で仕込まれているに違いないジューシー感も味わることが出来るのです
いやぁ、この餃子だったら飽きること無く何個でもいただけちゃいそうですね


image30.JPG
サイドメニューとして冷奴やマカロニサラダなど4種のお料理が用意されているのですが、最も食指が動いたのが「ホルモン焼き」
商品が少ないからと言うこともあるのでしょうが、周りのテーブルを見渡しますとそのほとんどにこの「ホルモン焼き」が乗っていまして…
これは絶対に食べてみるべきとオーダーをしてみたのですが、これが大正解
プルンプルンのホルモンとシャキッとした食感を残す程度に炒められた玉ねぎ それらがちょっと甘みあるタレで調味されていてご飯にピッタリ
お酒を飲まないワタシには必需品ですね



最近では餃子居酒屋や餃子バルなどこだわりの餃子をメインとしたお店が増えてはいますが、こちらが営業を始めたのは13年も前のこと
元祖!餃子居酒屋と言っても良いでしょう




【錦ちゃん餃子】
神奈川県横須賀市若松町1-10 第2野口ビル1F
046-825-5229


[PR]
by gurumeblog | 2016-04-27 22:28 | 神奈川県 | Comments(0)

京急本線横須賀中央駅:『THAI ERAWAN』    タイ人シェフが作る本場のタイ料理がいただけます

image20.JPG

明日からの業務に備えて横須賀で前泊
それで横須賀に住む食通の友人を誘い出し、彼女お勧めのお店で夜ごはんご一緒していただくことに…



image11.JPG
チョイスしていただいたのは横須賀中央駅からほど近いところにあるタイ料理のお店
ちょっと怪しげなビルの3Fへとエレベーターで上ってみますと、そこは何とも言えぬ異国情緒があるお店でありまして…
タイ料理店であるのにアメリカ人客で賑わう不思議さもあるのですが、そこは横須賀ってことだからでしょうね


image1.JPG
生春巻きに始まり海老のすり身揚げといつもの流れでいただいたのですが…
生春巻きにはスィートチリにナッツが乗せられていることから、その食感がアクセントとなってひと味違った感じがいたしますね
辛いモノが得意でないと言うメンバーがいましたのでヤムウンセンは辛さを控えめにしていただいて…
プリッとした大ぶりの海老のおいしさに驚かされますし、具だくさんであることもうれしいですね


image10.JPG
そして外すことが出来ないパッポンカリーでありまして…
こちらのお店では蟹爪か海老をチョイスすることが出来るってことなんですが、そのどちらもがパッポンカリーの具材としては初めてのモノ
タイ旅行に行ったときに『ソンブーン』でいただいた「プーパッポンカリー」の印象が強すぎるのですが、タイでもこのように色んな具材でパッポンカリーが作られるのでしょうね


image18.JPG
タイだけではなく、マレーシアやシンガポールなどでも日常的に食べられるお料理でありまして、最近では炊飯器のCMでも見かけるようになった「カオマンガイ」
サッパリとしていながらも鶏肉の旨みもあって、女子ウケするのも頷けますね
簡単に調理できるってことで、ご一緒したステキ女子2人はお家での作り方について盛り上がってましたよ


image19.JPG
世界で最もおいしいお料理だとも言われる「マッサマンカレー」
グリーンカレーやレッドカレーに加えて、これを商品化しているお店が増えてきましたよね
とは言え、マッサマンとは「イスラム教の」と言う意味らしく、宗教上の理由から豚肉を食べないイスラム教徒を中心として広まったカレーであるようで、多くが仏教徒であるタイではそれほど知名度が無いのだとか…
で、そのお味なのですが、ほんのりとした辛味の中にジャガイモの甘みやココナッツミルクの甘みが感じられ、刺激的な香辛料の辛味や風味を想像するカレーとは、ひと味違って面白いですね



【THAI ERAWAN】
神奈川県横須賀市若松町1-2 三橋ビル3F
046-825-6352


[PR]
by gurumeblog | 2016-04-26 23:19 | 神奈川県 | Comments(0)

JR山手線神田駅:『炎麻堂』    怖いもの見たさでずっと食べて見たかった炎麻堂の麻婆豆腐

P4250743.JPG

新規出店のプロジェクト
将来的にはチェーン店を目指すという目標を達成するためにも1号店となるお店の物件選びは慎重にならざるを得ず…
どんなお客さまにどのように使っていただくのかと言うコンセプトを明確にし、そのようなお客さまが商圏内にどのくらいいるのか そしてそのお客さまが来店するための導線は良いのか…
と、経済条件も然ることながら、先ずはその物件選びが大切なんですよね



P4250736.JPG
神田駅から徒歩1分ほどと言うトコロに物件を視察に来てみたら…
なんと、その物件のすぐ近くにずっと気になっていた『炎麻堂』の支店があるではないですか
三軒茶屋や赤坂に行かないと食べることが出来ないと思っていた「麻婆豆腐」が目の前にあるとなると、お昼をいただいた直後であっても、お邪魔しない手はありませんよね


P4250740.JPG
お店は3階建てになっているようで、1F部分は調理場とそれを目に前にするカウンター席があるだと言う小さなお店
お昼の忙しさが一段落した時間ってこともあって厨房の中では辣油が作られているのですが、それが見るからに辛そうで… 


P4250744.JPG
そんな自家製の辣油で作られるのがコレ
辛さが5段階から選べると言うことなのですが、メニューブックにはスタンダードな辛さが2辛で辛口好きには3辛が一番と書かれていますので、ビビりなワタシも思い切って3辛をチョイス
見た目には見るからに辛そうというような真っ赤な色合いではないのですが、じんわりと辛味がお口の中に広がって来まして、そのままいただくにはちょっと辛すぎたような…
定食のご飯にオンザライスしながらいただくと、辛味だけでなく、その奥にある旨みを感じることが出来る程よい辛味でおいしくいただけましたよ


こちらのお店にはいくつかの中華商品があるのですが、ウリとなっているのはこの麻婆豆腐と担々麺であるようでして…
今度は担々麺に挑戦してみることにいたしましょう




【炎麻堂】
東京都千代田区鍛冶町2-8-2
03-3526-7788


[PR]
by gurumeblog | 2016-04-25 22:53 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『玄粋庵』    蕎麦の喉越しとつけ汁の旨さが光る「鴨汁蕎麦」

P4240728.JPG

何故だかあまり食欲が無くて、軽くピッツァでもつまもうとご近所にあるピッツェリアへと入ったのだけど…
そこはこれまでにも何回となく利用していてサービス面には期待してはいけないことは学習してはいたのだけど、今日のスタッフは特に気配りに掛けていて10分近くも注文を取りに来ないばかりかそれを窺う様子も感じられなかったのでお店を後にします



P4240726.JPG
で向かったのがこちらのお店
先日お蕎麦をいただいたばかりだと言うことで候補から外してはいたのだけど、お気に入りのお店でありまして…
お店挽いたそば粉10割で作る喉越しが良いお蕎麦がおいしいんですよね


P4240729.JPG
いただいたのは「鴨つけ汁蕎麦」
最初につけ汁だけをひと口味見したときにはちょっと濃いめかなと思ったのだけど、乾燥すること無く水分を纏ったお蕎麦を潜らせいただくとそれが見事に調和していて…
キチッと冷水で〆られたお蕎麦の喉越しと、深みがあるつけ汁のおいしさはさすがであります



落ち着いた雰囲気のお店でいただく上等なお蕎麦は満足度高いものですね




【玄粋庵 KITSUNÉ】
東京都中央区佃1-11-8 ピアウエストスクエア1F
03-3536-1919


[PR]
by gurumeblog | 2016-04-24 23:08 | 東京都 | Comments(0)

豊鉄渥美線新豊橋駅:『SUBWAY』    シャキシャキ野菜と、クリスピーに焼いたパンが良く合います

P4230718.JPG

出張で豊橋
新規出店に向けての物件視察と既存店の新メニューを試食することが目的ではありまして…
エアコンを利かせた車での移動が中心であったために助かりましたが、もう冬物のスーツでは限界ですね



P4230716.JPG
『サブウエイ』が新商品を発売しているとのことで、ちょっとした時間潰しも兼て、豊橋駅に隣接するココラアベニューへと向かいます
それほど大きなお店ではないのですが、平均規模の売上をしていると言う優秀店であるそうで…
元気をもらえるような笑顔でサービスしていただけますね


P4230719.JPG
いただくのは『スパイシーチキンフィレ』
辛さ爽快とのことではあるのですが、それほどに辛さを感じることはなく万人でも美味しくいただけるレベルに抑えられていまして…
ワタシにはちょっと物足りなさを感じるものでありましたが、しっかりと挟まれた野菜のシャキシャキ感とレモンドレッシングの爽やかな酸味がとってもおいしくいただけますね


「パンを良く焼いてください」とのリクエストにも笑顔で対応していただき、その焼き加減もワタシ好みでありまして…
やっぱりココのパンはクリスピーに焼いた方がおいしくいただけますね




【SUBWAY】
愛知県豊橋市駅前大通1-135 豊橋ココラアベニュー2F
0532-35-9831


[PR]
by gurumeblog | 2016-04-23 23:51 | チェーン店 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線豊洲駅:『石楽』   サクッと揚がったおいしい天ぷらと、つゆの香りがおいしいお蕎麦

P4220707.JPG

餃子が食べたいってことで、友人と待ち合わせて夜ごはん
日中は上着があると汗になるほどにポカポカだったのに、まだにが沈むと涼しさを感じますね



P4220689.JPG
しかしながら人気高いそのお店は満席でありまして…
他の中華屋さんで餃子をいただくと言う選択肢もあったのですが、まだお邪魔したことが無いお店を覗いてみましょうと気分を変えて、目的としていたお店の隣にあるお蕎麦屋さんへ突入いたします


P4220713.JPG
春の恵みと言うことでお勧めされていました「桜えびのかき揚げ」をいただいてみたのですが…
見た目はかなり美味しそうではあるのですが、メニューブックにある画像から想像する大きさとは随分とかけ離れた小さなモノ
これにはちょっとテンションが下がってしまいますし、いただいてみましても、桜えびの香りよりも玉ねぎの甘みばかりが感じられる一品
何だか損した気分であります


P4220705.JPG
続いて提供されたのが「筍のはさみ揚げ」なのですが、これまた先ほどのかき揚げ同様に想像よりも小さなモノでありまして…
いくらつまみメニューだからと言ってもねぇ
お値段だってそこそこなんだし…


P4220709.JPG
そして、お蕎麦は「鶏つけ汁そば」
つけ汁はなかなかにおいしいものなのですが、これまたメニュー画像と比較すると具材が少なくて…
確かにメニューの画像は美味しさを伝えるために必要なものではありますが、それがあまりにも良く出来過ぎていると現実との乖離を生むことにもなると言う実例のようでもありまして、商品がおいしいだけに残念でもあります



【石臼挽きそば 石楽】
東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント1F
03-6204-2670


[PR]
by gurumeblog | 2016-04-22 23:12 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線東銀座駅:『晴れる家』   福井の鮮魚をウリにする居酒屋なのですが…

P4220682.JPG

雨が降ることは無さそうですがどんよりとした雲が広がっていますし、ちょっと出張の疲れも出たのか、のんびりと過ごしたいって気分なのですがオフィスへと出掛ける用事もありまして…



P4220674.JPG
おいしいお店は裏通りにあると言う信念に基づき、中央通りと昭和通りに挟まれるエリアを散策していますと、如何にもおいしい魚料理を食べさせてくれそうな日本海北陸荒波鮮魚と書かれた看板を見つけまして…
それに興味を惹かれるものの、地下にあるお店ってことで多くの情報を得ることが出来ずにしばし悩みます


P4220680.JPG
そんなところに近隣にお務めであろうサラリーマン風の男性2人が現れまして、躊躇する様子も無くお店へと吸い込まれていきます
彼らはきっと常連に違いないとそれに続いてお店へと入りますと、そこは正にオジサマ天国とも言えるような昭和な佇まい
ちょっと印象と違いましたね


P4220683.JPG
お昼に提供される商品は揚げ物や焼き物が中心でありまして、北陸の鮮魚を期待したワタシにとってはちょっと残念な感じでありまして…
もう少し入り口に置かれていたメニューをよく見れば良かったと後悔しながらも、アジフライをいただくことにいたします
冷凍モノと言うことではないのでしょうが、衣が固くサクッとしていると言うよりもガリッとした感じにテンションが下がりますね
ご飯も一度に大量に炊かれているのでしょう その重みで潰されてしまっているようで、ふっくらとした感じがありませんね


接客を担当されている女性は感じ良い方だったのですが、このお店は板場主導であるような空気が流れていますし、あれがヤマであるとか、やっぱりヤマ解除とであるとかの会話が飛び交っていまして…
それを聞いていますと、このお店の在庫管理はどうなっているんだろうと心配になってしまいました
それなりに人気があるお店ではあるようですが、ワタシが再訪することは無いでしょうね



【日本海北陸荒波鮮魚 晴れる家】
東京都中央区銀座4-9-15 銀座吉岡屋ビルB1F
03-6264-0861


[PR]
by gurumeblog | 2016-04-21 22:53 | 東京都 | Comments(0)