ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2016年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

JR山手線新橋駅:『銀座うらら』    落ち着いた雰囲気でいただく小麦の香りが楽しめる上質なおうどん

P7311363.jpg

あんなに過ごしやすい陽気だったのに、梅雨明けとともに灼熱の陽射しが襲って来まして…
順応力が落ちてきたワタシは食欲がないと言うか、冷たいモノをツルツルっと食べることしか頭に浮かんでこないんですよね



P7311354.jpg
このホテルにはお気に入りの中華料理『桃花源』があって、そこの痺れるような四川麻婆を久しぶりに…
なんて思ったりもしたのですが、やはり今日の気分はツルツルのシコシコであることに変わることなく、階段をトントントンと下ります


P7311356.jpg
うどん屋さんだとは言えホテル内にあるお店ですから、その設えは落ち着きがあるものでして…
平日のお昼どきでしたらご婦人たちで賑わっているのでしょうが、日曜日のお昼過ぎとなれば閑散としておりまして、ひとりであったにもかかわらず個室的な席をいただくことが出来ました


P7311364.jpg
暑い日にはカレーってことで、メニューから自信作であることが窺える「カレーおうどん」にも惹かれるところではありまして、冷たいカレーうどんがあったら間違いなく注文していたことでありましょうが…
冷たいおつゆにスッキリとした酸味が楽しめる「すだちおうどん」をいただくことにいたします
小麦の香りが残っていることから上質な小麦粉が使われていることが窺える上モノでありますし、出汁も香り高いモノであるのですが…
残念ながら今日のそれは冷水での〆が甘かったようでモッチリとした食感を出し切ることも無く、氷を使った演出であるにもかかわらず冷たい喉越しを味わうことが出来ませんでしたね
小麦の香りを楽しめるようにあまり冷たく提供しないのかも… とも思いましたが、今日のような暑い日には冷たさの方を望んでしまうワタシであります


P7311373.jpg
歩行者天国となっている中央通りでは「ゆかたで銀ぶら2016」ってイベントが行われていまして…
たくさんの浴衣美人や氷像などに涼しさを感じることが出来ました



【おうどん 銀座うらら】
東京都中央区銀座8-6-15 銀座グランドホテルB1F
03-6228-5800


[PR]
by gurumeblog | 2016-07-31 22:13 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『相馬屋』     佃島の雰囲気を残す下町エリアのお蕎麦屋さん

P7301305.jpg

お腹が空くことも忘れて、ボーっと過ごしてしまった土曜日
これからどこかへ出掛けるって気にもなれず、近場で夜ごはんをいただこうと外へ出てみますと…
隅田川の花火大会へと向かうのでありましょう 浴衣姿の女性と手をつなぐ若いカップルがたくさん歩いていますね



P7301303.jpg
そんな光景を横目に、佃島の情緒を残す下町エリアにある『相馬屋』ってお蕎麦屋さん
ひと月ほど前に初めてお邪魔したお店なのですが、リーズナブルでありながらも歯応えがあるお蕎麦がお気に入りでありまして…
丼メニューも用意されていることがうれしいですね


P7301306.jpg
ということで、今日は天丼とのセット
海老とキス、それにピーマンが乗るだけのシンプルな天丼ではありましたが、その海老はムチッとした歯応えを感じるものでありまして…
海老本来の食感と旨みを楽しむことが出来ますね
そして、ふっくらとした身が厚いキス
これまたおいしくて…


P7301308.jpg
いつもだったら大盛りで頼みたいお蕎麦も、こちらではこのボリュームで提供されますので大盛りの必要なし
と言うか、大盛りなんかで注文しちゃうと大変なことになってしまいそうです
決してごわつくことも無く、麺の太さも一定で…
更にはその長さも程よくあって、啜る醍醐味を感じることが出来るお蕎麦はさすがと言いたくなるほどであります
つゆもキリッとしていて後味が良く、細目の更科風蕎麦との相性が抜群ですね



出前も出来るってことで、そのメニューをいただいてはきましたが…
やはり、茹でたてのおいしさはお店でしか味わうことが出来ないでしょうから、またお邪魔することになるでしょうね



【そば處 相馬屋】
東京都中央区佃2-6-3
03-3531-4405


[PR]
by gurumeblog | 2016-07-30 22:34 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線新橋駅:『新橋ぎょうざ』  半月型の餃子に“にんにく・ニラ醤油”を掛ける新しいスタイルの餃子

P7291294.jpg

ここ数年来の餃子ブームに乗っかるように今年3月に開店した『新橋ぎょうざ』
気になっていながらもタイミングを失い忘れていたのだけど…
先日お店の前を通りかかって思い出したので、今日はココを目的に新橋へと向かいます



P7291291.jpg
リーズナブルにおいしいお料理がいただけるってことで…
餃子をメインとした酒場スタイルのお店が人気のようでありますが、こちらでは定食スタイルでお腹を満たすためのお店
ワンコインでいただくことが出来る『かつや』を展開するアークランドサービス㈱の新業態であり、ココ、ニュー新橋ビルは系列店で埋め尽くされていますね


P7291293.jpg
カウンター席スタイルと言う点では『かつや』と同じですが、ステンレスを多用しているってことでシャープな印象を与えるデザインは女性のお客さまも入りやすいのでしょうか
餃子と言う男性的な商品を提供するお店ではありますが、近隣のショップに勤務されているのであろう女性がおひとりでランチされていましたよ


P7291295.jpg
焼と蒸の両方をいただいてみたいと「合盛新橋餃子」
こちらのでは“にんにく・ニラ醤油”を後掛けして提供するのが基本商品であるようですが、先の女性のようなお客さまにはそれを掛けない「しろ餃子」も提供されているようですね
餃子よりも先にご飯とスープが提供され、卓上に置かれた塩辛と一緒にいただきながら焼き上がりを待つと言うのもこちらのスタイルであるようですが、それは“秘密のケンミンSHOW”でも取り上げられた博多の人気天ぷら店をリスペクトされたのでしょうかね

さてさて、その餃子なのですが…
100mmほどの大きな皮に包まれていまして、一般的な餃子と比べると平ぺったく半月板のような形状でありまして…
これはお店で手握りする際に難しい技術を排除したことから生まれたのでしょうが、それを逆手に取ってウリにしているところなんかは抜け目ありませんね



餃子に詰める餡はどこからか納品されているように思えますが、キチンとお店で握っているところはきっちりと専門店を意識しているようでありまして…
チェーン展開をする企業が始めた専門店と言うことで、冷凍モノが使われているに違いないと高を括っていたのですが見直しちゃいましたよ



【新橋ぎょうざ】
東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル1F
03-6268-8735


[PR]
by gurumeblog | 2016-07-29 23:04 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線神田駅:『葡萄舎』 コクがありながらもスッキリとした味わい 身体にも良さそうなカレーであります

P7281275.jpg

今の住まいに転居するちょっと前に被せモノが取れてしまって、転居後に近所の歯医者で治療を済ませたのだけどインプラントばかりを勧める院長にへきへきとしてしまっていたので…
今回は知人の女医にお願いすることにして神田へと出掛けます



P7281272.JPG
問診のあとに歯を見ていただき、歯磨きの指導と今後の方針を決めて…
ランチをご一緒していただくこととなり、彼女が贔屓とするカレー店へと移動いたします

特に目立つ看板があるわけでも無く、とんかつ店の脇にある間口が狭い階段を上り、そこからエスカレーターで…
そのエスカレーターも4人定員と小さなモノでありますから、些か不安に思っていたのですが店内は想像と異なる空間が広がっています
常連である彼女が言うには、こちらのオーナーが南インドに滞在していた際に体調を壊したことがあったらしく、カレーを食べたことでその効能から回復した経験からそれに惚れ込み、今のお店があるのだとのことであります


P7281276.jpg
チキンカレーやナストマトカレー、それに豆のカレーやココナッツミルクで煮込まれたズッキーニのカレーなど5種ほどが用意されていまして…
季節ごとに変わるそれらを、シングル、ダブル、トリプルとお好みでチョイスすることが出来るとのこと

辛口だと言うチキンカレーと興味をそそるナストマトのダブルでいただくことにいたしますと、ご飯を境として左右にカレーが掛けられると言うビジュアルで提供されまして…
チキンカレーは見た目の通りガラムマサラをメインとしたクミンが香るオーソドックスなモノでありますが、ナストマトに関しましては、完熟のトマトソースの甘みに漢方のような香りがする香辛料が加わっていて…
コクがありながらもスッキリといただくことができるおいしさにちょっとハマってしまったようであります


食後に100円で提供して下さる「チャイ」をいただきながらゆっくりと過ごしたいところではあったのですが…
残念ながら急遽14:30までにオフィスへと行かなくてはならなくなってしまい今日は断念であります
また今度、ゆっくりとお邪魔させていただき、他のカレーもいただてみたいものであります




【葡萄舎】
東京都千代田区鍛冶町1-3-10 松栄ビル5F
03-3254-0637


[PR]
by gurumeblog | 2016-07-28 22:23 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線新橋駅:『おにやんま』    リーズナブルに本格的な讃岐うどんがいただけます

P7271266.jpg

夕方からの商談を前にひとつ仕事を片付けて、新橋へと向かうのでありますが…
今日はそれほど暑さを感じること無く、ジャケットを羽織っていても汗が流れることが無く助かります



P7271264.jpg
待ち合わせ前に手早くランチを済ませておこうと『おにやんま』
讃岐うどんをリーズナブルにいただくことが出来るってことでお昼どきには行列となる人気店であるのだけど、さすがに14:00を過ぎるとその列も無いようですね


P7271265.jpg
お店の外に置かれた券売機で食券を買って店内に入り、出来上がった商品を持って客席へと移動するセルフスタイルでありまして…
券売機で券を買った時点で厨房にオーダーが流れているようで麺が既に茹で始められていますのでさほど待つことはありませんし、立ち食いスタイルでありますからお客さまの回転も速く、時間がないビジネスマンに人気なのも納得ですね


P7271267.jpg
大きめのとり天がふたつとちくわ天が乗せられた温うどんがワンコイン以下でいただけると言うお値打ちにもビックリでありますが…
注文が入ってから揚げておられるのでしょうか 熱々でサクサクとした天ぷらのおいしさにもさらにビックリであります
そしてうどんはと言いますと、決して硬すぎること無く、しっかりとコシを感じるものでありますね



新橋駅から徒歩3分ほどと言う好立地にありながら、駅そばほどの価格でこれだけの商品をいただくことが出来るなんて…
是非とも八重洲や日本橋界隈にも出店していただきたいものですね



【おにやんま】
東京都港区新橋3-16-23
TEL:非公開


[PR]
by gurumeblog | 2016-07-27 23:14 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線新橋駅:『鳥九』    朝〆の新鮮な焼鳥をいただくならココ ひと串の大きさも特徴

P7261243.jpg

明日の商談に向け前のりして来た九州のビジネスパートナーとの会食
どうしても新橋で焼鳥が食べたいと言うので…



P7261238.jpg
新橋で焼鳥と言えば…
いくつかの有名店があるのですが、ワタシ的にはこちらが一番のお勧めなのであります
18:00の待ち合わせならギリギリなんとか入れるだろうと思ってはいたのですが、お互いに15分前行動が習慣化しているようで…
早速お店へと向かいますと先客がふた組
その後続々とお客さまが来店されて、18:30位には満席となっていましたね


P7261241.jpg
こちらでは10本の焼鳥がいただける「鳥丸コース」と6本の「半コース」がありまして…
先ずは「ささみ」から
シンプルに塩だけで焼かれたささ身をわさびでいただくのですが、これだけのワサビでもツーンとくることも無く…
焼き上がりのタイミングに合わせてわさびをすることで香りが活きているだけでなく、レアに焼き上げられた柔らかさを堪能することが出来ますね


P7261244.jpg
こちらは「ねぎま」
ネギを包み込むように串に打たれた姿は独特でありまして…
こうすることでネギの甘みが鶏肉と一体化するおいしさがあるのでしょうかね
スッキリとしたタレの風味とともにいただきます


P7261251.jpg
そして「だんご」と称されるつくねであります
ゴルフボール大の団子は見た目にも圧巻でありますし、いただいてみますととてもジューシーで…
これまでいただいたつくねとは別物であるようですね


P7261256.jpg
そして「モモ肉」
これがまた実に柔らかくておいしいこと
こちらで提供される焼鳥は塩やタレで食べさせると言うものではなく、素材の旨みを引き出すためだけの調味しかされていないと言っても過言ではないでしょう
朝〆であろう鮮度感ある鶏肉のおいしさが引き立っています


焼場を仕切る大将は強面だったのですが…
臓物は食べられない
お酒は飲めない
とお店にとっては嫌な客であるに違いないのですが、嫌な顔をすることも無く対応していただけたことができました
本当にご馳走さまでした



【鳥九】
東京都港区新橋2-8-14
03-3591-2686


[PR]
by gurumeblog | 2016-07-26 23:23 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:『The Royal Host』夏が来れば思い出す… ロイヤルホストのカシミールカレー

P7251230.jpg

今日は書きものに追われていまして…
夕方になった初めて外に出ます
日中はそれなりの暑さがあるものの、陽が落ちると肌寒さを感じることもあるほどに涼しい日が続いていますから、ワタシのような暑がりには過ごしやすくて助かりますね



P7251218.jpg
梅雨も明けてないってことで夏本番とは言えませんが、この季節になると食べたくなるものにカレーがありまして…
今年34回目となるカレーフェアを目的にロイヤルホストへとお邪魔してみます


P7251221.jpg
かつてはファミレスと言うカテゴリーに埋もれかけていたようにも思えますが、最近では店内のイメージも変えたりドリンクバーを廃止したりと、そこと一線を画すブランド作りに力を入れているようですね
こちらのお店はそのモデル店とでもいうのでしょうか
店名である『Royal Host』の前に“The”と冠を付け、差別化を図っているように思えます


P7251226.jpg
34回全てと言うわけではありませんが、こちらのカレーフェアで提供される商品をいただいた中でお気に入りなのが「カシミールカレー」でありまして…
ルーを使うこと無く、十数種の香辛料と野菜を煮込むことで作られるサラサラのカレーには刺激的な辛さがありまして、汗をダラダラと垂らしながらいただくことにおいしさを感じていたのであります
が、最近はその辛さが抑えられているのでしょうか
見た目や香りに大きな変化はないのですが、かつてのように汗を垂らしながらってことは無くなりましたね



本格的なお料理を提供してくれることに魅力を感じていたワタシとしてはちょっと残念なことに思えますが、これがお客さまの声だとすると致し方ないことなのでしょうね
出来ることならば、万人に好まれる特徴の薄い商品を提供するのではなく、あくまでも本物にこだわるレストランであってほしいと願います



【Royal Host】
東京都中央区八丁堀1-13-7 ホテルサードニクス東京1F
03-6222-0054


[PR]
by gurumeblog | 2016-07-25 22:59 | チェーン店 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:『しなり丸』     500gもの野菜を盛ったラーメンのビジュアルが凄い

P7241211.jpg

野菜が不足している
外食生活をしているとどうしても感じてしまうことでありまして、時折、大衆中華料理店の野菜炒めを無性に食べたくなる時がありまして…
そんな野菜炒めをおかずに、チャーハンやラーメンをいただくことも少なくないのであります



P7241216.jpg
今日もそんな気分で出掛けたのですが、新川2丁目って交差点に差し掛かったときに思い出したのがこちらのお店
オーブン当初に一度お邪魔したことがあって、その際に提供されたラーメンのビジュアルが蘇ってきたのであります


P7241199.jpg
オープン当初にはかなりの行列が出来ていまして19:00位には売り切れていたようですが、今ではそれも落ち着き22:00までやっているようですね
と言うことで待つことも無くテーブルの席をいただきます


P7241212.jpg
今回は野菜ラーメンを赤味噌で
こちらで提供される味噌ラーメンは太麺を使う白味噌と細麺を使う赤味噌の何れかをチョイスすることが出来まして…
先回白味噌をいただいたワタシは、赤味噌に挑戦してみることにいたします
5分ちょっと待ったでしょうか
変わることの無い山のように野菜が盛られたラーメンが運ばれてきます
スープが受け皿にこぼれるのも一つの演出に思えるほどのボリュームでありまして、500g以上の野菜が使われているのだとか…


P7241205.jpg
ホントはチャーシュー麺も食べて見たかったのですが、さすがにこの野菜にチャーシューを乗せることはムリだろうと、おつまみチャーシューをいただいてみますと…
一度煮込まれたチャーシューを更に焼き上げたようでありまして、しっかりと旨みが詰まったおいしさがありますね


国産野菜480gを盛った「野菜たっぷりちゃんぽん」で業績回復したリンガーハットには、その野菜たっぷりちゃんぽんを麺抜きで注文する女性が増えているのだとか
野菜不足を感じる人はワタシだけでは無いようで…
外食店でのメニューに“野菜”が望まれていることは間違いないようですね



【味噌らーめんの店 しなり丸】
東京都中央区新川2-12-12
03-6222-1175


[PR]
by gurumeblog | 2016-07-24 23:06 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線中目黒駅:『il Lupone』    生地の香りがおいしいピッツァは癖になりそうです

P7231159.jpg

気温も高くなく、吹く風も心地良い日
おいしいピッツァが食べたいと言う友人に誘われ中目黒へと出掛けます
この辺りには多くの有名店があり、そのどこへ行こうかと迷うところでありますが…
ワタシがリクエストしたのは、ピッツァの世界選手権で2年連続優勝を果たした世界チャンピオンが焼くナポリピッツァを提供するお店だけは外して欲しいとの一言だけ
かつて、そのお店を訪ねたときの対応があまりにも感じ悪かったんですよね



P7231152.jpg
目黒川沿いに中目黒駅から大崎方面へ10分ほど歩き、“Meguro river park”を過ぎた交差点をちょっと入ったところにあるナポリピッツァ公認店『イル ルポーネ』
今ではそれほど珍しくも無くなりましたが、店頭に掲げられた「VERA PIZZA Napoletana」の看板がその証でありますね


P7231158.jpg
かなりの人気店でもあるようですし、24席と言う小さなお店ですから予約で埋まっていたらどうしようなんて思いながら向かってみますと…
今日の予約はひと組だけであったようで待つこと無く席をいただくことが出来ました
“TRATTORIA PIZZERIA” と言うわりには落ち着いた雰囲気でもありますし、お客さまも大人な感じでありますから、ココなら薪窯で焼き上げるピッツァを気分良く堪能できそうですね


P7231155.jpg
お昼はプリフィクススタイルでいただくランチコースのみが提供されているようで、先ずはパテやマリネなど4種の前菜盛り合わせから始まります
見た目にはそれほどオシャレ感はありませんが、その一つひとつのお味はしっかりとしていますのでピッツァだけでなくセコンドをいただいても満足することが出来るに違いないと確信いたします


P7231160.jpg
ピッツァはクワットロフォルマッジをチョイス
ボリューム感ある生地はサクッとしていていながらもモッチリとした食感に焼き上げられていますし、濃厚なチーズも惜しげなく使われているようで…
それだけでも十分に満足いくモノでもあるのですが、その生地の粉の味までもを引き出すほどに見事なまでの塩味であることには感動を覚えますね


P7231166.jpg
そしてパスタ
ちょっと硬めのアルデンテではありますが、ソースの味がしっかりとしていることで麺との絡みも良く…
サイコロにカットされたカジキマグロも良い味わいに仕上がっていますね
オリーブの香りも良いアクセントになっていますし…


P7231170.jpg
デザートはベリーのシャーベット
シンプルではありますが、甘みが抑えられているために後味が良くピッツァやパスタの印象を消し去ることが無いものですね


今度は夜の時間にお邪魔し、ピッツァだけでなくセコンドまでもを堪能してみたいと思わせるお店でありますね



【il Lupone】
東京都目黒区中目黒2-10-19
03-5722-6789


[PR]
by gurumeblog | 2016-07-23 23:00 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線銀座駅:『グリルスイス』    1947年創業 カツカレー発祥として知られる洋食屋さん

P7221150.jpg

オフィスから徒歩圏内でのランチ
銀座エリアにはたくさんのお店があるのですが、気軽におひとり様ランチを楽しめるところはそれほど多くは無く…
今日もブラブラと散策をしていて、思い出したのがこちらのお店



P7221141.jpg
戦後お店を開業する際に平和を願って永世中立国であるスイスから名を取ったとの話もあり、紅白のテントは赤地に白十字というスイス国旗をモチーフにしているようにも思えますね
そんなお店の名物は元プロ野球選手の千葉氏が注文したことから始まると言う「カツカレー」でありまして、その歴史は50年ほど
今ではチキンカツカレーやビーフカツカレーなどバリエーションも広がっていますね


P7221143.jpg
昭和を感じる懐かしさと落ち着きがある店内はピカピカに磨き上げられていまして、歴史を感じることがあっても古ぼけた感じを受けることはありません
本当に良いお店とはこう言ったお店のことを言うんでしょうね


P7221151.jpg
いつもここに来てカツカレーじゃ芸がない?
そんなことを思って、今日は日替わりサービスであるメンチカツとチキンピカタをいただくことにいたします
ふんわりと柔らかく焼き上げられたチキンとサクッと揚がった衣に包まれた肉汁溢れるメンチカツは日替わりレベルでいただくにはもったいないほどでありますね


アルバイトさんなのでしょうか
二十歳前後の女性がいらっしゃったのですが、この方がとっても感じ良くって…
これは教育で出来たものではなく天性にサービス精神をお持ちなのだと思うのですが、今どきこんな素敵な子がいるなんて… と久しぶりに感動いたしました



【グリルスイス】
東京都中央区銀座3-5-16
03-3563-3206


[PR]
by gurumeblog | 2016-07-22 23:25 | 東京都 | Comments(0)