ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2016年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

JR東海道本線横浜駅:『天草』  クォリティー高い九州料理に舌鼓 九州から取り寄せらる馬刺しは必食です

PB304615.JPG

横浜駅前に新しく九州料理をウリとする居酒屋がオープンしたと聞き、友人を誘ってお邪魔してみるっことに…
約束の時間を前にちょっと伊勢佐木モールを歩いてみると、スターバックスコーヒーが撤退しそのあとにドトールコーヒーが入っていたり、オデオンのあとにはドン・キホーテが出店していたりと随分と変わったんですね



PB304613.JPG
さて、目的のお店が入るヨドバシ相鉄駅前ビルに着きますと…
そこには多くの呼び込みのお兄さんがいらっしゃいまして「居酒屋をお探しですか? 割引券ありますよ」と声をかけてくるので、どこのお店かと聞いてみますと、なんとそれはワタシがこれからお邪魔しようとしているお店だというではないですか



PB304624.JPG
PB304618.JPG
今日は外れだったのかと不安に思いながらも、いくつかのお料理をオーダーしたのですが…
提供されたお料理は驚くほどに立派なものでありまして、ポテトサラダが自家製であるようですし玉子焼きだって注文が入ってから焼き上げた熱々なもの
九州料理のお店として完全に脇役であるお料理までもがこのレベルなら… と、下がりきっていたテンションも一気に急上昇
これから提供されるお料理にワクワクいたします


PB304617.JPG
そして、お店の看板メニューであろう「馬肉五点盛り合わせ」
熊本代表であります
九州から取り寄せているという馬肉は、色艶を見ただけでも新鮮であろうことが窺えるモノ
馬刺し用にと甘みがある九州のお醤油が用意されていればと欲張る気持ちもありますが、これだけのものがいただけるのであればそれは良しといたしましょう
コクがある旨みが楽しめる赤身にコラーゲンたっぷりのコウネを重ねていただきますと一層おいしくいただけますね


PB304620.JPG
続いては福岡を代表してゴマサバ
といきたいところではありますが、生で提供できるサバを扱うには難しさがあったのでしょう
「ごまカンパチ」であります
すりゴマとお醤油で和えることが多いお料理ではありますが、こちらではゴマペーストで提供されていまして、これがまた風味豊かなゴマの香りと甘みが効いていますのでおいしくいただくことが出来ますね


PB304622.JPG
鹿児島代表は「さつま揚げ」
なんと驚くことに揚げたてなのであります
すり身までもの自家製であるかはわかりませんが、揚げたてのさつま揚げを提供するなんて余程のこだわりがないとできることではありませんから…


PB304628.JPG
大分代表は「とり天」
サクッと揚がった衣に包まれるジューシーな鶏肉
これを辛子ポン酢で… おっと、こちらのお店ではおろしポン酢でいただくのですね


PB304625.JPG
同じ鶏肉を… とも思ったのですが、やはり外すことが出来ないのが宮崎を代表する「チキン南蛮」
南蛮酢の甘酸っぱさを感じることが出来なかったことは残念ではありますが、特製のタルタルソースがユニークで…
オーロラソースに加えられるのは茹で玉子を加えるという点ではそれほど特徴的でもないのでしょうが、こちらで使われるのは卵白
捨てられてしまうことも多い卵白を蒸すことで固めてるのでありましょう 食材を無駄にしないって姿勢も素晴らしいですね


PB304629.JPG
〆を飾るのは長崎を代表して「皿うどん」
炒められたたっぷりの野菜が餡で綴じられて… それがパリパリの麺に乗っかっている姿を想像していたのですが…
提供されたものにはほとんど野菜が乗って無くてテンションダウン
これも昨今の野菜価格の高騰からくるものなのでしょうかね



個室風に造られた客席が160席ほどもあるというのにスタッフを呼ぶコールボタンのようなものは用意されておらず…
ちょっと不安に思っていたのですが、スタッフの方がぐるぐるとラウンドされていますので追加の注文をするにも声をかけやすく助かりました



【天草】
神奈川県横浜市西区南幸1-5-16 ヨドバシ相鉄駅前ビル5F
045-548-6492


[PR]
by gurumeblog | 2016-11-30 22:29 | 神奈川県 | Comments(0)

JR小海線岩村田駅:『かりん亭』  直径300mmを超えるであろう大きな大名椀で提供されるかつ丼は圧巻です

PB294576.JPG

久しぶりの佐久平
6年ほど前までは年に4回ほどのペースで約20年通っていただけに懐かしさも一入で、意気揚々と向かったのでありますが…
北陸まで新幹線が伸びた影響でか、佐久平駅に停まる新幹線の数が減ってしまったようですね



PB294579.JPG
佐久平駅から車で10分弱
佐久インター近くに佐久インターウェーブなるショッピングセンターがあるのだけど、広い敷地にいろんなお店が軒を連ねている姿はココがアメリカかと勘違いするようで…
そんな施設の一角にあるのが『かりん亭』ってお店
お寿司やとんかつをメインとした総合的な和風レストランでありまして、店内は個室風の造りで落ち着く感じで家族や仲間で利用されているようですね


PB294577.JPG
あまりにもたくさんの商品がありますので何にしようとかと迷うところでありますが、お店の方が一番人気だと勧めてくれた「かつ丼」をお願いしてみますと、なんと直径が300mmを超えるであろう大きな大名椀で提供されるではないですか
ふたを開けたときに広がるほんのりとした丼タレの香り、そしてサクッとした衣とジューシーなお肉、さらには程よく固まった玉子と、どれもがしっかりとしていて…
あれこれと沢山の商品があることや100席を超えるであろう大箱であったことから、それほど期待をしていなかったのですが良い意味で見事に予想を覆されてしまいましたね



【かりん亭】
長野県佐久市小田井613-1 佐久インターウェーブ内
0267-65-9555


[PR]
by gurumeblog | 2016-11-29 22:21 | 長野県 | Comments(0)

JR山手線恵比寿駅:『さ竹』    シャレた雰囲気の中で十割蕎麦がいただける恵比寿駅前の立ち食いそば

PB284569.JPG

知人の出版記念パーティーへ参加するために恵比寿へ
雑誌の編集長だった方で現在ではWEBを通じて多くの情報を提供されているだけに初めての著書だと聞きビックリ
既に何冊も出版されているような風格なのですが…


PB284563.JPG
そんなパーティーに向かっている途中で見つけたお店
立ち食いそばでありながら落ち着きを感じるお店でありますし、十割蕎麦を提供しているというから気になるではないですか
しかもそれが330円とは…


PB284574.JPG
立ち食いそばと表現したのは業態をわかり易く表すためであって、実際には立ったまま食べるのではなく小さな椅子にちょこんと腰かけていただくことになるのですが…
シンプルではありながらも安普請を感じることも無いお店
そこを利用されるお客さまも疲れたサラリーマンではくオシャレに気を使った若い方々が多いようで、女性のお一人さまでもが抵抗なく来店されるのですね


PB284570.JPG
「石臼挽き十割そば」
香りと食感にこだわっているとのことで、店頭に置かれた石臼で挽いたそば粉を茹でる直前に打っているらしく…
つなぎが使われないために細く切ることが困難なのか幅広の麺が提供されますが、それはボソボソとすることも無く喉越しを楽しむとまではいきませんがツルツルっと啜り上げることが出来るものでありました


PB284571.JPG
一緒にいなりでもと思っていたのですが、券売機で目にした「鯖飯」が気になりセットで注文
思った以上にそばのボリュームがあったために食べ切れるかと心配になっていたのですが、芳ばしく焼かれたさばの香りに食欲が刺激されたのか案ずるまでもなく完食
ごはんもしっかりとしたもので、蕎麦だけでなくあらゆるものにこだわりを持ったお店であるようですね



駅前の立ち食いそばと言えば小諸そばや富士そばなどのチェーン店が頭に浮かぶのだけど、最近ではいわもとQや嵯峨谷と言った新興勢力が現れていて…
これまでの安さや速さだけでなく、素材へのこだわりなどを表に出すことで差別化を図っているようですね



【さ竹】
東京都渋谷区恵比寿1-8-14 大黒ビル1F


[PR]
by gurumeblog | 2016-11-28 22:46 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:「ポンテチェントロ」  ゴルゴンゾーラが香るプリップリ牡蠣のクリームパスタ

PB274560.JPG

しとしとと小雨が降り続く日曜日
何処にも出かける気になれず、自宅にこもり事務作業で一日を終えます
せめておいしいものだけでもいただきたいと…



PB274539.JPG
都内にいくつかのイタリア料理店を構える共英グループって会社が手掛ける『ピッツェリア ポンテチェントロ』
日曜の夜ということでかなり混み合っているだろうと思いながらもお店へとお邪魔してみますと、どうしたことかビックリするほどに空席がありまして、ひとりでありながら贅沢にも大きなテーブルをいただくことができました


PB274544.JPG
客席からも眺めるとが出来る石窯で焼き上げるピッツァを看板料理とするお店でありますから、いつもはそれをいただくのですが…
メニューを眺めていて、あまりにもおいしそうなパスタを見つけてしまいましたので今日はパスタをいただくことにいたします


PB274551.JPG
そんなパスタが「牡蠣とほうれん草のクリームパスタ」
それは思った以上の大粒でプリップリの食感が楽しい牡蠣が5個ほど入っていましたし、ゴルゴンゾーラを加えてあるという濃厚なクリームソースとの相性も抜群
ある程度食感を残して茹でられたほうれん草が良いアクセントになっていて、そのバランスが見事なものでありました


PB274547.JPG
一緒にいただいた前菜は「きのことサーモンのカルパッチョ」
「キノコだけでいただくと酸味が強く感じられますからサーモンと一緒に召し上がってください」とのアドバイス通りカルパッチョと言うよりもマリネに近い味わいでありますね
脂が乗っていることでトロンとした舌触りのサーモンとシャキッとした歯触りがあるオニオン、それにシイタケやエリンギと言ったキノコの食感と風味が加わることで一層おいしさを増しているようです



と、落ち着いた雰囲気の中でいただく、かなりクォリティー高い商品の数々
使い勝手も良くコスパも悪くありませんので、贔屓にさせていただいています



【PIZZERIA PONTE CENTRO】
東京都中央区佃2-1-6 リバーシティM-SQUARE 1F
03-5547-3030


[PR]
by gurumeblog | 2016-11-27 22:45 | 東京都 | Comments(0)

東京モノレール羽田線羽田空港第1ビル駅:『羽田寿司幸』   イクラが宝石のように輝く「生ちらし寿司」

PB264532.JPG

機材到着遅れってことで1時間弱の延着となってしまったフライト
ちょうどお昼どきの移動であったためにお腹がペコペコだったワタシは、次の移動となるバスの時間までの40分ほどを利用し腹ごしらえをすることにいたします



PB264526.JPG
それほどゆっくりと食事を楽しむことが出来ませんので、チャチャっとお寿司をつまむことにしようと『寿司幸』へ
銀座寿司幸の姉妹店と言うことではありますが、提供される商品はリーズナブルでありまして…
空港内ということで気軽に利用していただけるようにと言うことなのでありましょう


PB264531.JPG
とは言え、カウンターの中には身だしなみがキチッとした職人さんがずらりと並んでいますので、ひとりカウンターへ座ることには気後れしてしまいテーブル席をいただくことにいたします
15:00という時間ということもあってそれほど多くのお客さまはいらっしゃいませんが、夜の仕込みもあってのことでしょう キビキビと動く職人さんの姿はカッコ良いものですね


PB264533.JPG
いただくのは「生ちらし寿司」
ウニやイクラが宝石のように輝く姿は美しく…
カンパチやマグロの中トロに加えて、キチンとした仕事が為されたサヨリや小肌 そして存在感がある車海老とご馳走感に溢れています
これだけのものでありますから一つひとつのネタを堪能させていただきたいところではありますが、今日はそれを許すだけの余裕がないことが残念であります




【羽田寿司幸】
東京都大田区羽田空港3-3-2 羽田空港第1旅客ターミナル3F マーケットプレイス
03-5757-8838


[PR]
by gurumeblog | 2016-11-26 22:06 | 東京都 | Comments(0)

JR吉備線備前三門駅:『城下町』     夜限定販売の厚切りとんかつは肉汁が染み出るご馳走とんかつ

PB254525.JPG

倉敷へ移動した後、再び岡山市内へ
そしてひと仕事終えた後に、おいしいとんかつを食べようとやってきたのは『城下町』ってお店
お昼をいただいた『たいぞう』と同じ通りにある繁盛店であります



PB254511.JPG
通りから目立つ大きな看板と、一見して何屋かがわかる店舗
繁盛するお店って、おいしさだけでなくお店から受ける印象も重要な要素でありまして…
温かい明かりでライトアップされることでおいしさ感が伝わってくるようであります


PB254518.JPG
かつ丼500円をウリにするお店でありますが、夜にはご馳走と言える食事を提供しようとはじめたのが「厚切りとんかつ」
200gのお肉を使う20mmほどのとんかつはご馳走と呼ぶにふさわしく…
サクッと揚がった衣に包まれるお肉はジワッと肉汁が染み出るほどの上質なものでありまして、これだけのカツを提供してくれるお店は多くはありませんね
カウンター席だけでなく、家族でゆっくりと食事が楽しめるテーブル席もあるってこともありがたいことであります


PB254514.JPG
そしてこちらは「贅沢海老フライ」
先の厚切りとんかつと同じく夜だけの販売であるようですが、ムチッとした食感が楽しめる極太な海老がおいししさの決め手ですね
キャベツもたっぷりですので、十分にお腹を満たすことが出来ますしヘルシーさもあって…
満足度高い一品でありました



お昼は気軽にかつ丼を
そして夜にはちょっと豪華なとんかつを
そんな使い勝手の良さも人気なのでしょうね



【かつ丼 城下町】
岡山県岡山市北区伊島北町25-1
086-250-2900


[PR]
by gurumeblog | 2016-11-25 23:03 | 岡山県 | Comments(0)

JR津山線法界院駅:『たいぞう』     豊かな節の香りと濃厚な背脂 それに太縮れ麺との相性がバッチリ

PB254498.JPG

松江市から「特急やくも」に乗って岡山市へと列島横断2時間の旅であります
幸いにも天気に恵まれ、車窓から眺める紅葉に心安らぐ時間も必要ですね



PB254508.JPG
先ずは腹ごしらえをと、ミスタードーナツの跡地にこの夏オープンしたばかりの『たいぞう』ってラーメン屋さんへ
実はこちらがオープンする前に、人を介して『たいぞう』ってどんな会社かとの質問がありまして…
たまたま本部の社長さまとの面識がありましたので、とてもやる気がある真面目な会社ですよとお答えをさせていただいた経緯もあって気になっていたのであります


PB254495.JPG
お邪魔したのは12:30位でしたが、それほど混み合うこともなくスムーズに席をいただくことが出来ました
本店である池袋のお店は男性スタッフが中心であったように思うのですが、こちらのお店では女性スタッフが頑張っておられまして…
濃厚なラーメンを提供する男性的なお店にもホッとするような優しい空気が流れていて良い感じであります


PB254500.JPG
いただくのはこちらのデフォルトでもある「節骨こってりたいぞうらーめん」
節の香りが豊かなスープと太い縮れ麺との相性がバッチリで… 
背脂と共に濃厚な味わいがガツンと飛び込んできますが後味はスッキリとしていますので、ハマってしまう方も多いのではないでしょうかね


PB254505.JPG
本店には何度かお邪魔したことがあったのですが、餃子をいただくの初めてでありまして…
モッチリとした餡に包まれる餡がとっても香り豊かでありまして、そのおいしさにすっかりファンになってしまいました
脇役と言うことでそれほど力を入れていないお店もの多いのですが、やはりラーメンと餃子は切っても切れない間柄でありましょうから、これがおいしいと自ずとお店の評価も高まりますよね




【節骨麺たいぞう】
岡山県岡山市北区伊島町2-22-29
086-959-4331


[PR]
by gurumeblog | 2016-11-25 22:23 | 岡山県 | Comments(0)

JR山陰本線米子駅:「中海の郷」      古民家レストランで過ごす時間は日頃の雑踏を忘れます

PB244489.JPG

昨夜の予報では今朝は雪が積もっているとのことだったのですが、目覚めたときには積もることはなく…
けども昼にかけて大荒れになるとのことでしたので1時間早く出て空港へと向かい、問題なく定時に空港へは到着したのですが、フライトが12:15とのことで大丈夫なのかとヒヤヒヤしておりましたが30分ほどの遅れで米子空港へ着くことが出来ました



PB244492.JPG
市内でひと仕事を終えて、隣町である安来にある『中海の郷』
こちらは1903年に建てられたという松江市の旧家川上邸を移築したらしく、梁の太さなど目を見張るものであります
が、如何せん昔の建物であるために梁が低く、油断して歩いていると頭をぶつけてしまいましたよ


PB244487.JPG
そんなお店から臨むお庭はきれいに手入れされていて…
敷かれた白砂に描かれた紋様で水の流れを現した枯山水がステキなのですが、残念なことに隙間風による寒さを防ぐために障子が閉められていること多いのだとか
何とももったいないことであります


PB244490.JPG
さて、そんなお店でいただくのは「上天ざるそば」
ムチッとした本物の海老が2本と野菜の天ぷら、それに出雲そばがセットになっていまして…
盛られた白木の料理箱もオシャレでありますから目でもおいしさを楽しめますね
蕎麦の実の皮を残した状態でひかれることが特徴だという出雲そば
黒みを帯びた蕎麦は香りもしっかりとしていますね



古民家の佇まいとおいしいお料理
ココで過ごす時間はとても心地よいもので…
あっという間に2時間以上の時間を過ごしてしまい、お店を出る頃にはすっかり陽が落ちてしまいました



【中海の郷】
島根県安来市中海町118-1 安来道の駅あらエッサ
0854-23-2501


[PR]
by gurumeblog | 2016-11-24 23:30 | 島根県 | Comments(0)

都営地下鉄大江戸線勝どき駅:「丸中」  ムチッとした海老のおいしさとねっとりとした鮪のおいしさ

PB234483.JPG

明日からの出張を前に片づけておきたい仕事があって…
一日中事務作業に没頭しておりまして、お昼もそこそこに済ませていたためにお腹がペコペコになった夜
ガツンとお腹を満たそうと月島にある天ぷら屋さんを目指します



PB234475.JPG
『天ぷら 丸中』
決して高級店ではなく、かと言って安売りのチェーン店でもない
そんな天ぷら屋さんはそれほど多くなく、自宅近くにこのようなお店があるというのはありがたいことであります


PB234479.JPG
久しぶりにお邪魔してみますと、ご主人の首にギプスのようなものが…
聞いてみますと職業病とも言える頚椎症だそうで、笑顔で話しては下さいましたが、その痛々しい姿はかわいそうでなりません
そんな中でも来店されるお客さまのためにとお店を開けて下さる姿勢には尊敬の念を抱きます


PB234481.JPG
今日は「海老天丼」
手間をはぶくためにと業務用の剥き海老などを使うことなく…
一尾一尾を丁寧に殻剥きして背ワタを外す
そんな丁寧な仕事がされた海老はムチッとした食感がありますし海老本来の甘みもあっておいしくいただくことが出来るのであります
江戸前でありますから揚げられた種は丼タレを潜っていますので、衣のタレが染みるだけでなくしっとりとした食感の衣もまた良い感じであります


PB234484.JPG
折角だからとお刺身を添えて…
こちらで提供されるお刺身はマグロの赤身と中トロを盛り合わせたものでありまして、それはねっとりとした食感やコクがある旨みからは“生”であることが伺えるのです
脂の甘さととろけるような食感である中トロにわさびを多めにつけると、その香りとともに一層おいしくいただけますね



年配のご夫婦ということで心配をしていましたが、今回のような姿を見ますといつまでこのお店があるのか…
無責任にいつまでも頑張ってとは言えませんが、無理をしない程度で長く営業していただけることを願います



【天ぷら 丸中】
東京都中央区月島3-15-7
03-3531-8463


[PR]
by gurumeblog | 2016-11-23 21:55 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅:『銀座佐藤養助 養心蔵』    1860年創業 160年以上続く老舗店の味

PB224406.JPG

幾つかやらなきゃならないことがあって銀座の街をあちこちと歩き回ります
今日は久しぶりに20度を超える陽気であったこともあってかツルツルっと冷たいおうどんをいただきたいような気分でありましたので…



PB224403.JPG
稲庭うどんの本場である秋田県湯沢市稲庭町に本社を構える『佐藤養助商店』
井伊直弼が暗殺された桜田門外の変が起こった年であり、勝麟太郎や福沢諭吉が咸臨丸でアメリカへ行った年でもある1860年に創業したというから160年以上もの歴史を持つ老舗店であります
東京へ初出店したのが10年前のことで、当時はその銀座店へと良く足を運んだものでしたが最近はちょっとご無沙汰をしていて…
それで今日は久しぶりに老舗の稲庭うどんを堪能することにしようと、都内4店目となる『銀座佐藤養助 養心蔵』へとお邪魔することにいたします


PB224407.JPG
いただいたのは1日限定10食だという旬の魚を使った海鮮丼とおうどんがセットになった定食
おうどんは大盛りが無料というのでそれをお願いいたします
キラキラと輝くような艶が美しく、冷水でキュッと締められた麺にはしっかりとしたコシがあり、細麺であるが故の喉越しは滑らかで...
せいろに盛られた姿も美しく、これはもう一つの芸術の域に達していますね


PB224414.JPG
そして海鮮丼
鮪、鯛、鰆、しらす などが盛られた丼にはイクラがトッピングされていまして…
その美しさも然ることながら、ネタのすべてが新鮮なものであるようでシコシコとした歯応えまでもを楽しむことができるものであります



ビルの9Fということで、それほど知られていないためなのか…
6丁目のお店ほど混み合っていないようですから隠れ家的に利用するのも良さそうですね



【銀座佐藤養助 養心蔵】
東京都中央区銀座2-6-9 Ginza269ビル9F
03-3538-6099


[PR]
by gurumeblog | 2016-11-22 22:50 | 東京都 | Comments(0)