ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2016年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

東京メトロ日比谷線茅場町駅:『長寿庵』  100年続く長寿に与りたいといと今年の年越しもこちらのお蕎麦

PC315333.JPG

大晦日
今年も多くの方と出会うことが出来た幸せな一年でありました
今年は中途で断念してしまいましたが、来年こそは書籍の出版を実現させたいと思っていますのでお力添えをよろしくお願いいたします



PC315328.JPG
「今年一年の災厄を断ち切る」とも「長寿延命」とも言われる年越しそばでありますが…
折角ならば永く商売をされているお店でいただくことで、その恩恵に与りたいと100年以上の歴史を持つ『茅場町長寿庵』へとお邪魔します


PC315334.JPG
ちょっと硬めに茹でた蕎麦をキュッと冷たい水で絞めることでの歯応えと喉越し
そして、ピリッとした醤油の辛味と、その奥にあるほんのりとした出汁の旨みと甘味
ここ数年はこちらで年越しそばをいただいているのですが、このぶれないおいしさには頭が下がります
そして、長寿と言えば…
背が丸くなるほどにと長寿の願いを込めた海老でありますが、こちらで使われる海老はキチンとお店で皮をむいたモノですから、そのムチッとした食感と海老本来の甘みを感じることが出来るのでありまして…
薄衣を纏った天ぷらがまた実においしいのであります



今年もこのお蕎麦で外食修めでありますが、来年もまたいろんなところでおいしいものと出会いたいと外食を重ねたいと思っております
拙いブログではありますが、お付き合いのほどよろしくお願いいたします
それでは皆さま
ステキな新年をお迎えください



【茅場町 長寿庵】
東京都中央区日本橋茅場町1-9-4 長寿ビルB1F
03-3666-1971


[PR]
by gurumeblog | 2016-12-31 17:59 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線日本橋駅:『海老バル』    量り売りされる活オマール海老はプリッとしていて美味

PC305292.JPG

年の瀬が押し迫った日
友人と今年最後の食事会をしましょうと、東京駅で待ち合わせをいたします
今日からお正月休みに入るお店も多いことから選択肢は限られるのですが、折角ですからおいしいものを食べたいとお店をチョイスいたします



PC305322.JPG
これまで何度もお店の前に停められた軽トラックの荷台に積まれたオマール海老のオブジェを見かけていて…
気にはなっていたのですが地下にあるお店と言うことで何度も二の足を踏んでいたのでありますが、年末ということもあり、ちょっと贅沢をしてみようとお邪魔してみることにいたします


PC305291.JPG
さほど広くはない階段の壁に描かれるかわいいオマール海老に笑みを壁ながら店内へと入りますと、まず最初に目にするのがオマール海老の水槽でありまして…
これからこいつをいただくのだと思うとちょっとかわいそうな気にもなりますね


PC305281.JPG
『海老バル』だけあってお通しも海老
殻ごといただくことが出来るソフトシェルシュリンプでありまして、素揚げされていることでのサクッとした食感が良い感じですね


PC305303.JPG
いくつかの種類の海老をお刺身でいただくこともできまして…
その甘みにも惹かれるところではありますが、海老は調理した方がおいしいとの持論に基づき「ポップコーンシュリンプのフリット」をいただきます


PC305288.JPG
こちらは「赤海老マヨ」
生食が出来るほどに新鮮なものであることから、かつてはアルゼンチンボタンエビと称されたこともある赤海老
それが有頭のままに調理されていますので味噌までをも一緒にいただくことが出来るひと品であります
本物のボタンエビのように高価なものではありませんので、大振りのモノが4尾も乗って680円とはありがたいことでもあります


PC305289.JPGPC305293.JPG
水槽のオマール海老は量り売りでありまして…
自分で選んだものを手づかみで取り出すこともできるようで、奥の席にいらっしゃった女性グループのお客さまはキャッキャッと奇声を発したり写メを取ったりと楽しそうであります
ホントに女の子ってこういった体験型のイベントって好きですよね
ワタシはと言いますと全てを店員さんに委ね、それを目の前で量っていただきますと517g
ちょっと大きめのモノを選んでくださったようですね
オーブンで焼かれたオマール海老は食べやすくカットしていただけていて…
プリッとした身の弾力を思う存分に楽しむことが出来ますね


PC305306.JPG
先のオマールをパスタにしなかったのはこれが食べて見たかったから
「海老オイルのブラックペペロンチーノ」とのネーミングから、芳ばしく海老の香りが漂うパスタを想像していたのですが…
残念ながらそれは海老オイルが香るものではありませんでしたが、しっかりとしたアルデンテで提供された食感は納得いくものであります



【yaesu 海老バル】
東京都中央区八重洲1-8-9 八洲ビルA B1F
03-6262-3893


[PR]
by gurumeblog | 2016-12-30 23:28 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅:『銀座 梵天』   “極細針麺”使用 新作和風ラーメンをいただきます

PC295275.JPG

はやいもので今年も残すところ3日
先週末に仕事納めをしたつもりだったのですが、ちょっとオフィスへと顔を出す用事が出来て…
その帰り、寒さの影響もあった温かいものが食べたくなりラーメン店を探します



PC295264.JPG
銀座でラーメンとなると『篝(かがり)』などの行列店がいくつか思い浮かぶのだけど、さすがにそんな列に並ぶ気にもなれず…
かと言っていつも通っているお店に行くのもつまらないってことで、新規開拓をしようとブラブラと歩いていて見つけたお店が『梵天』
“昔懐かしのあっさり中華そば”と書かれた看板に惹かれたのであります


PC295280.JPG
10人ほどが座れる分厚い板でつくられたカウンター席と、その背には4名掛けのテーブルふたつと2名掛けのテーブルがひとつというラーメン店としては程よい規模のお店でありまして…
お一人様であるワタシはスタッフに促されるままに入り口近くのカウンター席へ着席
太い梁が演出される民家調の造りとなっていることから落ち着いた雰囲気がありますね


PC295276.JPG
中華そばに惹かれた入店したワタシではありましたが、メニューを眺めていますと…
その中華そば以外にも、「スーラータンメン」であるとか「麻辛丸(マシンガン)」などといくつかの名物らしい商品が並んでいるではないですか
そんな中にあって最も目立つ場所に書かれていたのが、新作「和風ラーメン」でありまして、“極細針麺”使用との文言にあっさりと心変わりをしてしまいます
そんなラーメンはあっさりとしたゆず風味でありまして、極細麺との相性も良い感じでありますね
もう少しスープにインパクトがあったら更においしくいただけるのでは… などと思いながらも完食


PC295270.JPG
これまたいくつからのラインナップがある餃子から、最も基本なのだと思われる「肉汁餃子」をチョイス
モッチリとした厚めの皮で包まれた餃子には具がパンパンに入っていて… それだけでも十分に価値を感じるモノであるのですが、ひと口かじると溢れんばかりの肉汁
冷凍であることは否めませんが、それをしてもおいしくいただけるモノであります



隣の席で召し上がっておられた中華そばですが、見た目には昔懐かしいままのスタイルでありまして…
次回はこれに決定でありますね



【銀座 梵天】
東京都中央区銀座1-9-12
03-5579-9968


[PR]
by gurumeblog | 2016-12-29 17:48 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:『LATINO』 いろんなカレーをいただくことが出来るアットホームなカレー屋

PC285257.JPG

スッキリとした青空が広がる日
日頃の運動不足を少しでも埋めようと、ランチをするお店を求めて散歩することといたします
隅田川を渡る中央大橋から眺めるスカイツリーもくっきりと見えて気持ち良いですね



PC285254.JPG
新川にあるカレーバル『ラティーノ』
いつも近隣のビジネスパーソンで賑わっていることから気になっていたお店ではあるのですが、お邪魔するのは初めてのこと


PC285260.JPG
ちょっと緊張しながら扉を開けますと、壁紙に掛かれたポップな色合いの絵に迎えられまして…
その絵の優しさで緊張が解れます
いただいたカウンター席からは厨房が臨めるものでありまして、店主と思しき男性が一人前ずつ手鍋で丁寧にカレーを作っておられますね


PC285258.JPG
インド料理であるカシミールカレーやタイ料理であるグリーンカレーなどが並ぶランチメニューを眺めていたところに目に入ったのが「煮込みハンバーグカレー」
壁面に掲げられたパネルにある“肉食系おすすめ”との文言に惹かれてそれを注文したのですが、提供されたそれにはあまりにもかわいいハンバーグが…
その時点ではちょっとガッカリしていたのだけど、カレーをいただいてみますと、お口に入れたときにはそれほど辛さを感じることが無いもののじんわりと辛味が追いかけてくるなかなかのモノでありますし、メキシコを代表するサルサがトッピングされることからその酸味が辛さを和らげてくれる…
よく考えられていますね



店主らしき方を含めスタッフの方全てがとっても感じ良く…
明るい家庭的な雰囲気がステキなお店でありますね
ドライカレーや焼きカレーなど興味をそそった商品もありますので、またお邪魔させていただくことにいたします



【CARRYBAR&MEXICAN LATINO】
東京都中央区新川2-7-7 クレール八重洲通り103
03-3206-2726


[PR]
by gurumeblog | 2016-12-28 19:27 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『PONTE CENTRO』     高温の石窯で焼き上げる本格ピッツァ

PC275241.JPG

冷たい雨が降り続いておりまして…
こんな日はどこへも出かけたくないなぁと、自宅近くにお店でランチを済ませることにいたします
中華は先日食べたばかりだし、お蕎麦は寒そうだし…



PC275233.JPG
で、おいしいピッツァをいただくことにしようと『ポンテチェントロ』
石窯で焼き上げるピッツァを看板商品とするピッツェリアでありまして、おいしいお料理を提供してくれることでお気に入りなお店であります


PC275238.JPG
お昼どきを過ぎた時間となりますと、近所にお住まいであろうご婦人方の憩いの場となっているようで…
話に花を咲かせてる楽しそうな笑顔がお店に華を添えていますね


PC275245.JPG
日替わりで用意される5種のランチメニューからチョイスしたのは「アンチョビ、ケッパー、オレガノ、にんにくオイルのトマトソースピッツァ」
アンチョビとケッパーという基本中の基本とも言える組み合わせではありますが、まさにワタシの好みでありまして…
待つこと5分ちょっと
コルニチョーネに出来た気泡のような焼け焦げは高温の窯を見事に扱い焼き上げたピッツァであることを証明しているものでありまして…
焼き手の技術の高さを窺うことが出来るものでもあります
お昼に提供されるリーズナブルなピッツァでありながらもたっぷりと上質なチーズが使われていることにも大満足
こちらで提供されるピッツァはいつも安定したおいしさを提供してくれますね



サクッとしていてモッチリ
なかなかおいしいピッツァを提供してくれるお店が少ない中、自宅近くにこんなお店があるって幸せなことであります



【PIZZERIA PONTE CENTRO】
東京都中央区佃2-1-6 リバーシティM-SQUARE1F
03-5547-3030


[PR]
by gurumeblog | 2016-12-27 22:34 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線豊洲駅:『CAFE;HAUS』     ゆったりとした空間がステキなカフェでサンドイッチ

PC265230.JPG

先週から引き続いて作成していた焼肉店のメニュー案はようやく完成したものの、来年に向けた書きもの仕事もあって…
今年のお正月休みはそれに取り組むことと成りそうであります



PC265225.JPG
夜、豊洲に勤める友人と『カフェハウス』
開放的でゆったりとした空間がお気に入りなお店であるのですが、近くに結婚式場があったりすることから2次会のパーティーなどの予約が入るのでしょう
頻繁に貸し切り営業となるために、営業確認をしてみますと先週はほとんどがお昼だけの営業であったようですが今日は運よく通常営業であるとのことでありました


PC265227.JPG
待ち合わせ時間よりも少し早く着いたワタシではありますが、お店には自由に使うことができるWi-Fiがありますので、それも苦になることも無く…
Facebookなどで時間潰しをしていますと、30分ほど遅れてしまいそうだという連絡があった友人も15分ほどの遅れで到着


PC265231.JPG
メニューを眺めますと、最近の肉ブームを受けてかワンポンドステーキなる商品が導入されていまして…
かなりそれにも惹かれましたが、今日は軽くサンドイッチをいただくことにしようと「チキンバジルサンド」
これまではバーガーをいただいてばかりでありましたので気分を変えてみようとサンドを頼んでみたのですが、提供されたソレはライ麦が使われたパンでありまして…
これも健康志向と言う流れなのでしょうが、ワタシとしては普通のパンをクリスピーに焼いたものの方が好きなんですよね
更にふっくらと焼き上がったチキンにバジルの香りが爽やかなものを期待していたのですが、チキンにはブロイラー特有の臭いがしますしバジルが香ることも無く…
と、期待外れであったことにテンションダウン
気分転換にと、ららぽーとへと移動しコーヒーを楽しみことといたします



【CAFE;HAUS】
東京都江東区豊洲2-1-9
03-5534-8025


[PR]
by gurumeblog | 2016-12-26 23:00 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『上海ダイニング』  5種のお料理から選べる3種のランチセットはとってもお得

PC255214.JPG

今年のクリスマスはカレンダーに恵まれたようで街には若いカップルが溢れていましたし、ご家庭で家族揃ってのパーティーをやられたところも多かったようですが…
ワタシはと言えば来春にオープンする焼肉店のメニュー案作成に追われる週末であります



PC255205.JPG
そんなこともあって、近場でランチを済ませようと『上海ダイニング』
一面ガラス張りであったりテラス席があったりと、一見するとカフェのようにも思えるお店でいただく中華料理は不思議とオシャレな感じがいたします


PC255207.JPG
忙しいであろうお昼の時間は避けたのでありますが、それでも小さなお子さまを連れたファミリーが楽しそうにお食事をされておりまして…
それは先ほどまでパソコンとの格闘で疲れ切ったワタシの脳までもが回復するようなほのぼのとした光景であります


PC255215.JPG
こちらのお店ではその時々で変化する5品のお料理から選ぶことができる2品ランチと3品ランチという土日祝日用のランチメニューが用意されていて、それが夕方4時過ぎまでいただくことができるという幸せ
当然のようにお店の看板商品でもある「黒の麻婆豆腐」と「海老のマヨネーズ和え」それに「サンラータンメン」をチョイスした3品ランチをいただくことにいたします
豆鼓の甘みとコクの奥にある辣の辛味が癖になる麻婆豆腐
サクッ、プリッとした食感がおいしいエビマヨ
そして、酸味のあとに辣の辛味が追っかけてくるサンラータン
その全てに満足することが出来お腹もいっぱい


PC255219.JPG
さらにデザートまでもがセットになるという週末ならではの幸せ
濃厚かつ滑らかな杏仁豆腐
それに爽やかなソースが掛かられることで食後のスッキリ感も味わえます



今日のワタシはバタバタとしていましたが…
おいしい料理をいただきながら川の流れとともにのんびりとした週末を過ごしたいなんて方にお勧めです



【上海ダイニング】
東京都中央区佃2-1-3 共同通信社・研修交流センター1F
03-5166-0105


[PR]
by gurumeblog | 2016-12-25 22:36 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線日比谷駅:『紅鹿舎』    1957年創業 ピザトースト発祥のお店でもある老舗喫茶店

PC245201.JPG

早いもので今年も残すところ1週間
ちょっと早いのですが、今日で仕事納めにしようとオフィスへと出掛けます



PC245192.JPG
ちょっと小腹も空いたことだし、お茶でもしようと立ち寄った日比谷駅近くの喫茶店『紅鹿舎(べにしか)』
昭和32年に創業したという歴史あるお店でありまして、日本中の喫茶店には無くてはならない定番商品となったピザトーストもこちらのお店から始まったのであります


PC245194.JPG
喫茶店ブームの影響もあり最近では昭和時代の喫茶店を模した新店が続々とオープンしているようではありますが、こちらは60年近い歴史の中で風格を築き上げたホンモノでありまして…
天井の梁や調度品からもそれを感じることが出来ます


PC245199.JPG
いただくのはもちろんピザトースト
四つ切りにされた厚みがあるトーストにたっぷりのチーズが乗せられて、パンの耳から垂れるチーズに贅沢感を感じます
パンはサクッと芳ばしく焼かれていますし、とろけるチーズからは焼かれたことでの芳ばしさがありますし、ピザソースとのバランスが絶妙で…
発祥と言う言葉がそう思わせるのか、これまでいただいたものとはひと味もふた味も違うような気がしますね



それにしてもこれほどにたっぷりのチーズを使っているにもかかわらず、くどさを感じないのはその配合からなのでしょうかね
元祖というだけのこだわりを感じることが出来るモノでありました




【珈琲館 紅鹿舎】
東京都千代田区有楽町1-6-8 松井ビル1F
03-3502-0848


[PR]
by gurumeblog | 2016-12-24 22:12 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄大江戸線勝どき駅:「三好弥」    味噌仕立ての牡蠣豆腐で身体を温める夜ごはん

PC235187.JPG

Xmas連休の初日
ちょっと体調を崩したようで、頭はボーっとしているし身体はだるいし…
ってことで日中は何もすることなくベッドで過ごし、外が暗くなってきた頃になってお腹が空いていることを思い出します



PC235178.JPG
それで向かったのは月島と勝どきの間にある『三好弥』
江戸川橋や神保町などに同名のお店があることから暖簾分け店であると思われるのだけど、チェーン店のような金太郎飴スタイルではなく、各店独自の商品を提供しているところが魅力的でありまして…
こちらのお店では30代と思われる店主が元気な声で迎えてくださいます


PC235185.JPG
何か温かいものが食べたいと思っていたワタシの目に飛び込んで来たのは「牡蠣豆腐」
それはみそ仕立てのすき焼きのようでもありまして、柔らかい牛肉と熱々の豆腐に交じって小ぶりな牡蠣が入っていて…
真ん中に鎮座する卵を崩していただきます


PC235184.JPG
そしてここへ来る目的の一つでもある「ロースのしょうが焼き」
グローブカットされたお肉はとっても柔らかく、5mm厚ほどのロースが3枚乗るボリュームあるひと品でありまして…
生姜の香りが効いた逸品なのでありまして、その食欲を誘う香りのおかげもあって、このふた品を見事に完食させていただきました



客数を増やしたければ客単価を上げろ!
というのが、ワタシがクライアントさまに申し上げていることの一つでありまして…
それは、お客さまが外食に期待していることは中食では味わうことが出来ない価値ある商品なのであってどこででもいただけるような安さをウリにした商品ではないということなのであります
こちらのしょうが焼きを定食でいただきますと1500円近いお値段になるのですが、それを払っても価値があると感じられる商品なんですよね



【三好弥】
東京都中央区月島3-28-1
03-3531-1041


[PR]
by gurumeblog | 2016-12-23 22:40 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄新宿線岩本町駅:『フジヤマドラゴンカレー』    男ならガッツリカレーを食ってみろ!

PC225173.JPG

広島県福山市で今年4月に産声を上げたばかりの『フジヤマドラゴンカレー』
フランチャイズ店を中心として全国展開を目指しているらしいのだけど、1,245店を展開する『COCO壱番屋』が2位以下の上等カレー(75店)やゴーゴーカレー(65店)を圧倒的な数で上回る独壇場である市場
そこに参入するとはどれほどの実力があるのかと、今月18日にオープンしたばかりの秋葉原店を訪ねてみることにいたします



PC225153.JPG
沖縄に次ぐ、3号店となる秋葉原店があるのは都営新宿線岩本町駅からすぐのトコロだというのですが、カレーショップとしては珍しくビルの2階というまさかの展開
ちょっと離れると2階の壁面に掛かれた大きな看板が目につくのですが、足元にいるとそれを目にすることも無く…
辺りをキョロキョロとしてしまいます


PC225156.JPG
間口半間ほどの階段を見つけて2階へと上りますと、ドアの片面を使った看板に迎えていただけます
まだ3店舗目ってこともあって、チェーン店によくある金太郎飴のようなパッケージではなさそうですが、居抜き物件に大きな投資をすることも無く上手く雰囲気を出す力はあるようですね


PC225168.JPG
PC225169.JPG
店内に入りますと、壁面の至るところに面白いフレーズが並んでいまして…
それを見ているだけでも楽しい気分になれますし、ついつい色んなトッピングに手を出してしまいそうです
客席は30席足らずではありますが、カウンター席を主としたレイアウトですし、中央にある10人ほどが座れる大テーブルにもお一人さまが座れるなどの工夫が成されていますので効率面でも優れています


PC225157.JPG
PC225171.JPG
色んなトッピングを楽しむのがこちらのお店の特徴であるようで…
手仕込みとんかつカレーであるとか、ダブルチキンカレーであるとか、更には全部のせちょいワイルドカレーであるとかの商品がずらりと並んでいます
その上トッピングも充実していて、ガリ豚、ベーコン、ハンバーグなどなどとどれも追加したくなるようなものばかり
また卓上には、薬味となるピクルスのほかに、その昔カレーにソースをかけるとおいしくなるなんて都市伝説のように言われていたことがありますが、こちらにはその専用ソースや、カレーの辛さを調整できる辛味調味料などが用意されているなんてことも面白いですね


PC225174.JPG
色々と考えた結果、先ず初回である今日は人気No.1と書かれた「全部のせちょいワイルドカレー」をいただきます
全部のせとは書かれていますが、実際にはトッピングのすべてか乗せられているわけでは無く厳選されたトッピングが乗せられているようで…
大きなベーコンに迫力を感じますし、刺激のない豚はただの豚とのキャッチフレーズ通りに生姜の刺激があるガリ豚と海老フライが真っ赤な丼に鎮座しています
1番から10番の間で辛さを選ぶことができるカレーはコクがあるモノでして、3番が基準であるとのことからちょっと辛めにしてみようと5番でお願いしてみたのですが、もう少し辛くしても良かったかなという感じ
カレーは飲み物なんて言うお店もありますが、こちらのカレーはガッツリと食べるカレーでありますね


PC225172.JPG
ビックリするのは残ったご飯に白湯スープをかけるカレー雑炊でありまして、卓上に置かれたポットに入ったスープを自由に使うことが出来るのですが、そんなカレーなんてこれまで食べたことも無いしと疑心暗鬼の中いただいてみますと…
不思議なことにこれが全く違和感なく、今までなかったことの方が不思議に思えるほどであります
お邪魔した時間がお昼営業が終わる寸前だったってこともあってか、ポットに入れられたスープが熱々でなかったことは残念でしたが、これにハマる人も多いのではないでしょうかね



1番おいしいのはお母さんが作ってくれるカレーで、2番目においしいカレーを目指そうというところから世界で2番目においしいカレーと謳っているらしく…
福山にある本店を『フジヤマドラゴンカレー研究所』と改名し、その試行錯誤はまだまだ続いているのだとか
今後が気になるお店であります



【フジヤマドラゴンカレー】
東京都千代田区神田岩本町1-13 清新ビル2F
03-3252-0141


[PR]
by gurumeblog | 2016-12-22 23:22 | 東京都 | Comments(0)