ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

JR飯田線船町駅:『福島屋』    この時期にだけいただくことが出来る「湯豆腐」が食べたくて…

P2286531.JPG

20年くらい前に知り合っていたのですが仕事で絡むこともなく、最近ではFacebookを通じて会話する程度になっていた方と会食をすることと成りまして…
ならばお互いのお気に入りであるお店でと『福島屋』
知る人ぞ知る、豊橋三大居酒屋のひとつとしても知られる歴史あるお店なのであります



P2286511.JPG
16:00に開店する居酒屋であるのですが、とにかく常連さまで賑わうお店でありまして…
予約を取ることが許されないために、開店時間を狙ってお邪魔することといたします
若い大将に世代交代をし、お店もリニューアルされたのですが、今も変わらず昔からのお客さまも多く利用されているようですね


P2286515.JPG
P2286518.JPG
P2286533.JPG
P2286526.JPG
大将自らが市場へ出かけ、自分の目に適ったものだけを仕入れるというこだわり
当然その日に使うであろう分しか仕入れないために、遅い時間になるとその多くが売り切れてしまうこともしばしばでありまして…
だからこそ、まだ明るい時間であるにもかかわらず多くのお客さまで賑わうのでありましょう


P2286513.JPG
P2286543.JPG
薄衣を纏ってあげられたフライや煮付けをいただくとご飯が欲しくなったりするのだけど、こちらのお店にはそういった炭水化物系の商品はなく…
これほどの品数をテーブルに並べるお客さまは珍しく、多くの方が2品ほどのお料理をツマミにお酒を楽しんでおられるようででもあり…
そういった意味では、ココは生粋の“飲み屋”なのでありましょう


P2286540.JPG
お魚系の商品が多い中、こちらの名物として君臨しているのが「豚足」
上品にスライスされることなく新聞紙で握ってかぶりつくようにいただくのでありますが、そうすることで旨みを逃がすことなくいただけるのであります
蒸されただけの豚足は苦手なワタシではありますが、こちらではタレを塗しながら丁寧に焼き上げられていることで抵抗なくいただけるのです


P2286528.JPG
そして、そして…
この時期だけに提供されるのが「湯豆腐」
といっても、その辺で目にするようなものとは一線を画したものでありまして、注文が入ってから丁寧にすりおろされた山芋がたっぷりと乗せられているのであります
時間的になかなかお邪魔することが出来ないのですが、これをいただくためにとスケジュールを調整してお邪魔していると言っても過言ではないのです


ご一緒していただいた方とも話が弾み…
なにか新たな展開も見えて来そうであります



【福島屋】
愛知県豊橋市北島町北島44
0532-52-7439


[PR]
by gurumeblog | 2017-02-28 23:23 | 愛知県 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅:『ぎんざ春日』    店主のこだわりを感じる天丼がいただけます

P2276507.JPG

久しぶりにおいしいランチをしようと…
銀座一丁目にある隠れ家的なお店『ぎんざ春日』へお邪魔することにいたします
割烹というだけあって、夜にはあんこうやふぐなどのコース料理がいただけたりするのですが、お昼に提供される天丼を目的に来店されるお客さまも多いようですね



P2276501.JPG
「おいしいお店は路地裏にある」と力説しているワタシではありますが、この路地に入るのは知っている人だけでしょうねぇ
昨年夏に移転してきた『オザミ本店』の脇にある路地なのですが、通り抜け出来るのか? いや通り抜けしても良いのか? と心配になるほどに細い道でありますので…


P2276505.JPG
2階にはお座敷があるようですが、1階は8人が座れるカウンター席とテーブル席が2卓あるだけの小さなお店でありまして…
大将がカウンターの中で丁寧に天ぷらを揚げている姿を見ると、これからいただく天丼のおいしさに必要以上の期待をしてしまいます


P2276508.JPG
海老とキスが2尾ずつと穴子1/4本という魚介をメインに、ピーマン、サツマイモ、大葉と豪華に盛られていますし、味噌汁には海老の頭が入るという贅沢
これでこそ上天丼の名に相応しいものでありましょう
甘みが抑えられたすっきりしたタレは素材の旨みを邪魔すること無くいただけますし、サクッと揚がった薄衣は技術の証といったところでしょうかね



ちょっと分かりづらいところにあるお店ではありますが、わざわざこれを目指して来店されるお客さまが絶えないことも納得であります



【板前割烹 ぎんざ春日】
東京都中央区銀座1-4-6
03-3561-1887


[PR]
by gurumeblog | 2017-02-27 22:40 | 東京都 | Comments(0)

JR京浜東北線赤羽駅:『赤羽一凛』  赤羽駅から徒歩1分 希少な日本酒とおいしいお料理がいただける居酒屋

P2266491.JPG

住みたい街ランキング急上昇の赤羽
駅構内はエキュートなんかが出来てステキになったけど駅前は昔ながらですね
人気の理由として挙げられているのが、新宿へ乗り換えることなく行ける湘南新宿ラインや横浜方面へ直通する東京上野ラインなどにより交通の便が高まったことが多いようですが、中には駅前にたくさんの飲食店があるからなどと言う意見もあるそうで…



P2266500.JPG
そんな駅前の裏路地にある居酒屋「一凛」
派手なネオンが輝くお店があることから路地へ入ることすら躊躇してしまいそうな場所である上に、勇気を振り絞ってお店の前に来てみると、別のお店の店内ある階段で2階へと上らなければならないという更なる難関が…
1階と2階は同系列のお店であることがわかり納得はしましたが初めてだと抵抗がありますよね


P2266483.JPG
日本酒バルということで常時50種以上の日本酒を揃えているらしく、希少なものも多いために一升瓶を売り切ったらほかのお酒に変わるのだとか
これは日本酒好きには堪らないでしょうね
当然、そんなお店で提供されるお料理には日本酒のアテとして最高なお料理が並んでいまして…
先ずは「香ばし炙り〆鯖」から
残念ながら炙りたてでは無いようでしたので、その芳ばしさを感じることはできませんでしたが脂の臭みは全く無く上質なサバが使われているのではないかと推測されます


P2266485.JPG
そして「二種のなめろう」
写真手前にあるネギが乗っているのがサンマで、奥にあるのがイワシということでいただいてみますと…
程よく味噌が混ぜられていまして、その旨みとともにおいしくいただくことができました
こちらも生臭さを感じることが無く、新鮮なものが使われていることが窺えます


P2266480.JPG
お酒を飲まないワタシですので、やはりほかのお料理にも目が移りまして…
「生ハムとトマトのミルフィーユ」なるものをいただきます
生ハムとトマト? 
あまり聞かない組合せでありますが、生ハムが持つ塩味がトマトの旨みを引き出すことでおいしくいただけます


P2266489.JPG
そして「特製海老塩で食す 大海老メンチ」
大海老と言うのはちょっと大げさな感じもしますが、一本そのままの海老の周りにぎっしりとメンチが巻かれているのですが、そのメンチの調味が実においしくて…
本来ならばソースをかけてかぶりつきたいところではありますが、海老の香り豊かな海老塩を少し付けていただくことで一層のおいしさを感じることが出来ますね


P2266492.JPG
P2266494.JPG
お店のお勧めで多くの方に召し上がっていただいてますとのスタッフからのお言葉に…
それは今の季節だからでしょ!とツッコミたい気持ち一杯ではありましたが『美豚とたっぷり野菜の辛味噌包み鍋』をいただくことにいたします
サラッとしているように見えるのですが、そのスープは“辛味噌”との言葉通りにしっかりとした辛味がありまして…
ただ辛いだけではなく辛味の中に旨みを感じることが出来ますので、先にスタッフが仰っていた人気商品だということも頷けます
お肉でドームのように覆うことで野菜を蒸し煮にするのだということではありましたが、そのお肉の料理にビックリ
これはお得な一品でありますね


P2266499.JPG
そして〆はチーズリゾット
味噌とチーズは同じ発酵食品であることから合わないはずもなく…
先に感じていた辛さもチーズでマイルドになることからリゾットとして仕上げてもおいしくいただけますね



旨いものが食べたいなら路地裏にあるお店を探せ
これはワタシが良く言っていることではあるのですが、このお店はまさにそれ
あまり見かけることが無い希少な日本酒をいただくことも出来ますし、それにあるおいしいアテも充実しているだけでなく、色んな創作的なお料理もいただくことが出来ました



【個室日本酒バル 赤羽一凛】
東京都北区赤羽1-2-8 中央商事ビル2F
03-5939-6276


[PR]
by gurumeblog | 2017-02-26 23:23 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線神田駅:『和ガリコ』    池袋の人気店が神田駅前にオープン 気軽に楽しめるジビエが魅力です

P2256452.JPG

今日の夜はどこでご飯を食べようかなぁ なんて考えていたタイミングで、いつもお世話になっている社長さまからのお誘いがありまして…
ちょっと所用を済ませてからになるけど… というので20:00に神田駅にて待ち合わせといたします



P2256442.JPG
目的としたのは『和ガリコ』
ジビエをリーズナブルにいただくことが出来るということで、池袋ではかなりの人気店であるとのことであります
そんなお店が、神田駅前にオープンしたのが昨日のこと
ならば… と早速お邪魔してみることにいたします


P2256445.JPG
先ずは定番のポテトサラダから…
定番と言いながらも、ちょっと手を加えるのがこちらのお店の特徴でもありまして…
鶏節の燻製が振りかけられているんですね
そんな鶏節の香りを楽しみながらいただいていますと、きゅうりのシャキッとした食感に加えて、いぶりがっこのカリッとした食感もあり楽しくいただくことが出来ますね


P2256449.JPG
そしてハムカツ
子供の頃、こんなに厚切りのハムカツが食べられていたらどんなに幸せだったことでしょう
夢を叶えてくれたようなうれしさと、ハムの間にチーズが挟まれるという贅沢感
もう、これだけで幸せであります


P2256453.JPG
「鴨とネギのオイル煮」
オイル煮とありますが、いわゆるアヒージョなのでありますが、“鴨が葱を背負って来る”とも言われるほどに相性が良いもの同士が使われるだけでなく…
多くのお店ではバゲットが使われるところをこちらではおこげが添えられているってことに面白さがありますね


P2256457.JPG
「猪の西京味噌漬け焼き」
臭味があったら嫌だなぁ と恐る恐るいただいてみますと…
フワッとお口の中に西京味噌の香りが広がることで、ジビエ初心者にも抵抗なく食べていただけるよう工夫されているようですね


P2256465.JPG
〆には「ウニぎり」
ウニを塗したご飯をたい焼き機に入れて焼き上げた上等な焼きおにぎりであるだけでなく、さらにウニをトッピングしていただけるなんて贅沢ですよね



初心者でも抵抗なくいただけるジビエと、創作されたお料理の数々
楽しいお店であることから、池袋での人気も頷けます



【和ガリコ】
東京都千代田区内神田3-9-8 神栄ビル1F
03-6206-8883


[PR]
by gurumeblog | 2017-02-25 23:18 | 東京都 | Comments(0)

JR根岸線関内駅:『来々軒』    優しい味噌の味とコシがある麺がおいしい味噌ラーメン

P2246440.JPG

ちょっとしたお仕事で久しぶりに横浜
打ち合わせを終えた後に、かつてこの街に住んでいた頃に通っていたマッサージ店へお邪魔し、2時間かけての身体のメンテナンスをいたします


P2246427.JPG
そして遅いお昼をいただくことにいたします
そう言えば近くに『ニュータンタン本舗』がオープンしていたはずだと向かってみたのだけど、何故だかシャッターが下りていて…
なんと、このお店は夜だけの営業なんですね
それで気を取り直して『来々軒』
昨日に続いてのラーメンとなるのですが、先のニュータンタン本舗のこともあり、頭の中がすっかりラーメンモードになっていましたので…


P2246432.JPG
味噌チャーシュー麺をいただきます
ワタシの経験の中ではココの味噌ラーメンを超える味噌ラーメンに出会ったことが無いほどにお気に入りなのであります
優しい甘みがあるスープに、本場札幌から空輸される西山製麺所のコシがある麺
久しぶりという調味料も加わってそのおいしさは一入であります


P2246438.JPG
卓上に置かれる辛味噌とニンニク
エメラルドグリーンに輝くものがニンニクなのですが、なぜこんな色なのか…
実はニンニクは酸化することでこのような色に変色することが自然なのでありまして、変色していないものは何らかの薬品が入っているってことなのです
見た目には決しておいしそうに思えないかも知れませんが、こちらではキチンとお店ですりおろしたニンニクを使うことで、余計な添加物を提供しないってこだわりがあるのかも知れませんね



【北海道ラーメン 来々軒】
神奈川県横浜市中区末広町2-3-13
045-252-9495


[PR]
by gurumeblog | 2017-02-24 21:57 | 神奈川県 | Comments(0)

東京メトロ東西線門前仲町駅:『大阪王将』   専門店顔負けの「フカヒレらーめん」に舌鼓

P2236422.JPG

3月に出張するためのチケットをネットで購入したのだけど、旅行会社から同じ日のチケットが届いて…
すっかり忘れていたのですが、既に11月に購入していたんですね
同じ日、同じ宿なのにそのふたつには17,000円ほどの違いがありましたので、旅行会社で買ったものをキャンセルしてきました
今の時代、何かを買おうとするときにはいろんな情報を見た後に、どこで買うのかを決めないと大きな損をすることになるんですね



P2236414.JPG
その足で向かったのは門前仲町
あまり使うことが無い路線でありますが、東西線に乗ると日本橋からふた駅で行けちゃうんですね
さて、その目的はと言いますと…
一週間ほど前から期間限定での提供が始まっている大阪王将の「フカヒレらーめん」が気になっていたのであります


P2236418.JPG
大阪王将と言えば餃子
目的の「フカヒレらーめん」と餃子がセットになった商品もあったのだけど、木曜日である今日は餃子の日ってことで単品で買った方がお得になるのだとか
こういった情報をキチンと提供して下さるスタッフがいるお店ってうれしいですね
ってことで、ふた皿
パリッと芳ばしく焼かれているし、ジューシーだし…
何より、薄皮であることから何個でも食べられちゃいそうな軽さがお気に入りであります


P2236423.JPG
目的の品がやって来ます
980円でフカヒレらーめんがいただけるってことで、ペラペラで小さなフカヒレが乗っているんだろうと高を括っていたのですが…
肉厚とは言えないものの、これだけのフカヒレが乗っていれば不満に思う人はまずいないでしょう
そしてオイスターソースが香るトロミあるスープもおいしく、フカヒレならではのコリッとした食感や歯ごたえも充分で…
ちょっとした専門店のレベルに達しているのではないと思うほどのクオリティーに大満足であります
それもそのはず、このフカヒレは国内シェアNO.1だという中華高橋という業者が作っているものなのですね



【安く売ることではなく、ちょっとした贅沢を提供することこそがお客さまを集めるために必要なこと】

そんな持論を持つワタシでありますが、まさにそれを実践してくれているかのようなこの商品
980円とは言え大阪王将でいただくラーメンとしては高価な商品となるのでしょうが、それを上回る価値をお客さまに提供することで納得してもらえる商品に仕上がってますね



【大阪王将】
東京都江東区門前仲町1-5-7 長谷川ビル1F
03-5639-1661


[PR]
by gurumeblog | 2017-02-23 23:01 | チェーン店 | Comments(0)

東京メトロ銀座線京橋駅:『Pietro YASAI Café -Deli&Pasta-』    ピエトロが提案する新業態

P2226400.JPG

お昼前からの打ち合せが長引いたために遅めのお昼ごはんとなったのですが…
銀座からちょっとだけ歩いて京橋へと向うことにいたします



P2226410.JPG
昨年夏に開店した野菜カフェ
ドレッシングで有名なピエトロが提案する新しい業態でありまして、お店の前を通る度に気なっていたのですが、外から覗いてみる限りゆったりとした席があるわけでもなく“Deli”がメインであるように思えたのでこれまで敬遠していたのであります
しかし、今日は野菜が食べたい気分でもあり、思い切って突入してみることにいたします


P2226407.JPG
先ずはこちらのカウンターで商品を注文して、それを装っていただきながら奥へと進み、最後に会計を済ませるのすが…
スタッフの方とのちょっとした会話も楽しく、面倒さを感じることありませんでした


P2226401.JPG
お昼の時間に提供されるのは「デリセット」や「サラダパスタセット」が中心であるようですが、今日ワタシがいただくのは「スペシャル・デリ」と言うモノ
ほとんど全種類のデリをいただくことが出来、さらにごはんかフォカッチャを添えることが出来るという贅沢版でありますから、たっぷりと野菜をいただくことが出来てうれしいですね
自家製であろうスムージーがプラス300円でいただけるというので、マンゴー&キャロットなるものをあわせていただき、今日は身体の中からキレイになったような気分に浸ります


P2226402.JPG
ご飯と言っても白飯でなく…
今日はバジルや枝豆、ベーコンなどで炊き上げられたスペシャルなもの
バジルとごはん?
なんて思ったりもしたのですが、これが全く違和感なく交わっていて、とてもおいしくいただくことが出来ました


P2226406.JPG
ただ…
周りにいるのはきれいな女性ばかりでありましたので、目のやり場に困ると言いましょうか 下を向いたままモクモクとお料理をいただく羽目になってしまったことが残念で…
次回は女性と一緒にお邪魔することにいたします



【Pietro YASAI Café -Deli&Pasta-】
東京都中央区京橋2-5-22 キムラヤビル1F
03-5524-5611


[PR]
by gurumeblog | 2017-02-22 23:29 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線京橋駅:『KUISHINBO』 『くいしんぼ』の新業態でいただくハンバーグは軟らかくふっくら

P2216392.JPG

今のようにワインと言う飲み物が浸透していない時代から、お肉をいただくときにはワインだよねなんてことをよく聞いていたのですが…
今の時代になっても、ワインを楽しむにはお肉が良いのでしょうか?
多くのバルがステーキやローストビーフといった肉メニューを導入するようになってきましたね



P2216381.JPG
一週間ほど前にもハンバーグを食べたのだけど、今日も何故だかそんな気分でありまして…
それでやって来たのが『KUISHINBO』
お店の前を通るたびに、その看板に書かれた英語を“クシノボウ”って呼んでいて、どうして串揚げ屋さんがこんな業態をやっているのかと不思議に思っていたんですよね
それで今日、じっくりと看板を見てみますとそこに書かれているのは“クイシンボ”でありまして、都内を中心に30店舗ほどを展開する『くいしんぼ』の新業態であるようですね


P2216383.JPG
これまでのお店はステーキやハンバーグを定食スタイルでいただくお店だったのですが、こちらはステーキのほかいろんなサイドメニューが用意されていてワインとともに食事を楽しんでいただくというコンセプトであるらしく、店内にはワインが飾られたりその箱が壁面に貼り付けてあったりとの演出もなされています


P2216389.JPG
メニューを眺めますと、お昼ってことでライスとスープがセットになった商品が並んでおりまして、サーロインやハラミ、ほかにもいくつかのステーキに惹かれはしたのですが、初志貫徹ということでハンバーグをいただきます
そのハンバーグはふっくらと焼き上げてあり、とっても柔らかくおいしくはあるのですが…
ワタシが食べたかったのはギュッとお肉を噛みしめるような肉肉しいものであっただけにちょっとテンションダウン
次回はステーキをいただいてみることにいたしましょう



夜には「バズーカ―ハンバーグステーキ」と称される2.2ポンド(約1kg)のハンバーグなども用意されていますので、それを数名で分け合いながら楽しむのも良さそうですね



【STEAK&HAMBURG KUISHINBO】
東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビルB1F
03-3535-2585


[PR]
by gurumeblog | 2017-02-21 23:38 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:『福島屋』   たっぷりの餡が詰まった餃子とタンメンがおいしい中華屋さん

P2206369.JPG

近いところではあるのだけど、夕方から降り始めた雨がまだ残っているし…
こういうときこそタクシーを使わなければ初乗り運賃が下がった恩恵には与れないと、目の前にいたタクシーに飛び乗り目的地へ
ギリギリではありましたがワンメーター410円で到着することができましたよ



P2206366.JPG
19:30開店であるはずなのに、到着したときにはまだ真っ暗で…
80代であろうおじいちゃんが鍋を振るお店でありますから、ひょっとして体調でも壊してしまっての休業か?
などと勝手に心配をしていたのですが、“本日は20:00より営業します”との張り紙を入り口横で見つけてホッといたします


P2206376.JPG
こちらへ来店されるお客さまの大半が召し上がられるという「タンメン」
いや、きっとそれを目的にやって来るお客さまが多いと言ったほうが正しいのかも知れないほどに人気高い商品でありまして…
シャキッとした食感を程よく残す炒め加減は熟練したおじいちゃんだからこその技なのでしょうか
たっぷりのもやしとキャベツをおいしくいただくことが出来るのです

たっぷりと盛られた野菜を食べているうちに、もともと軟らかめに茹で上げられた麺は野菜の重みで押し潰されますし、なかなか麺にたどり着かないためにスープを吸っていきますし…
某ラーメン店のような天地返しのような技を以って食べたくなるようなタンメンではありますが、また食べたくなるんですよね


P2206370.JPG
そして餃子
これほどにたっぷりと餡が詰まった餃子は他にあるでしょうか?
バナナ餃子とも呼ばれるような大きな餃子を売るお店はたくさんありますが、こちらのように丸っこくてボテッとした形は見たことありませんね
ひと口ではちょっと食べることが出来ないので、口元で半分にしようとするとジュースが吹き出しますので要注意ですよ
当然それを焼き上げるにはそれなりの時間を要することになるのですが、こちらでは商品の提供時間よりもおいしいものを提供することを大切にされているようですね


P2206378.JPG
そんなこともあってか20:30を回った時間であるにもかかわらずお客さまが来店されます
何れも近隣の方なのか、接客をされているおばあちゃんとも仲良しであるようで…
何だかホッとするお店であります



いつまでも元気に頑張って欲しい
そんなことを思うお店でありました



【中華 福島屋】
東京都中央区湊1-3-3
03-3551-8539


[PR]
by gurumeblog | 2017-02-20 22:57 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄大江戸線月島駅:『MOS BURGER』   お客さまを惹きつけるのは安さではなく贅沢感なのです

P2196362.JPG

期間限定で販売されている『リッチ海老カツバーガー 蟹チリソース』
最近のトレンドとして"プレミアム"や"リッチ"といったちょっとした贅沢的なことがあるんだけど…
ココで提供されるリッチ海老カツバーガーとは如何なるものかと、勉強を兼ねてお邪魔してみることにいたします



P2196355.JPG
ということで、月島にあるモスバーガー
清澄通り沿いにあって、お隣に地域密着型のスーパーがあることでか、いつもたくさんのお客さまで賑わっているお店であります


P2196365.JPG
それなりに古い店舗のようで多少の傷みやくすみは感じられるもののきれいに掃除されていていますし、なにより、スタッフの方が感じ良いことが長くお客さまに支持されている秘訣なのでしょうね
今日、接客をしてくださった方も片言の日本語ではありましたが、一生懸命さが伝わってきて…


P2196364.JPG
海老カツと言えば、言わずと知れたモスバーガー
ワタシもこちらが提供する海老カツファンのひとりでありまして、あのサクッとした食感の中にあるプリッとしたエビ
それにかかるタルタル
思い出しただけでもよだれが出て来そうであります

そんな海老カツが“リッチ”なのだと聞いて、勝手に海老がたっぷりと入った厚みがあるモノを想像していたのですが…
リッチなのは海老カツではなく、蟹を使ったチリソースだったんですね
注文してから丁寧に調理されているので、サクッと揚がったカツの食感はとっても良いのだけど…
ちょっと残念




【MOS BURGER】
東京都中央区月島1-27-9
03-5547-3711


[PR]
by gurumeblog | 2017-02-19 23:04 | チェーン店 | Comments(0)