ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2017年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:『HACHI』    路地裏にある隠れ家的な肉バルでいただくランチ

image4.JPG

夕方からは雨になるとのこと
ならば、それまでに用事を済ませておこうと早目に外出し…
ランチをいただいて帰ることといたします



image5.JPG
新川二丁目の交差点
ラーメン屋さんの脇にある細い路地への入り口で、“肉足りてる!?”と書かれた看板を発見
焼肉も食べたばかりだし、最近焼き鳥もたくさん食べてるし… 決してそれが不足しているわけでは無いのだけど、こう書かれたものを見てしまうと頭の中は肉モード


image1.JPG
そのまま引き込まれるように路地の奥へと入りますと…
黒い外壁に赤い入り口が特徴的な小さなお店がひっそりと佇んでいまして、その赤い扉を開けますとコの字型のカウンター席が迎えてくれますので、ひとりで気軽に利用することも出来ますね
2Fにはゆったりと座れるテーブル席があるらしく、貸し切りでのパーティーなどの利用も多いのだとか…


image3.JPG
お昼のメニューはいろんなお肉が使われるプレートランチが中心でありまして、そのお肉の増量が出来るってこともうれしいですね
今日のワタシは…
カルビにしようか、それともハラミかと迷ったのですがカルビに決定


image2.JPG
5分ちょっと待って提供された「中落ちカルビプレート」
想像以上に肉厚なお肉がミディアムレアに焼き上げられていて…
これだけでも十分に魅力的なのですが、シャリアピンソースが掛けられていることでご飯のお供としての相性が高まりますね
なかなか満足な一品でありました



220gが使われているとのことでありますが、そのおいしさのあまりペロッと平らげてしまいましたので、次回はハラミ100gを増量して…
お肉が足りてないなと思ったらこちらへお邪魔することにいたしましょう



【Meat Dinner & Bar  HACHI】
東京都中央区新川2-12-5
03-3555-1088


[PR]
by gurumeblog | 2017-03-31 22:50 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線神田駅:『酒場五郎』    ねぎ塩でいただく鶏レバ刺はレバーが苦手なワタシでも大丈夫

P3307250.JPG

東京大手町『よいまち』視察ツアー
〆は『二◯加屋長介』で博多うどんをいただこう決めていたのですが…
この施設は閉店が早いようで、まだ22:00を過ぎたばかりであるにもかかわらずオーダーストップとなっていました



P3317274.JPG
博多うどんをいただくために空けておいた胃袋を埋めることなく解散する訳にもいかず…
場所を神田へと移し『酒場五郎』で〆ることにいたします
大手町から神田
地下鉄で移動しようとなると日本橋で東西線から銀座線に乗り換えてと面倒なのですが、外堀通りを歩けば1㎞ほどで行けちゃうんですよね
とは言え、タクシーの初乗り料金が安くなった今、それを使わない手は無いでしょうと…


P3307254.JPG
P3307258.JPG
オヤジが集う大衆酒場ということで懐かしさを感じる商品の数々
そんな中でも最も惹かれるのが「チューリップ揚げ」でありまして、子供の頃のお弁当に良く入っていたんですよね
同じ思いのオッサンや、それに新鮮さを感じる若い子たちがいるのか、この商品は売れ筋No.1でもあるそうですね
そして「ハムカツ」
これを見つけちゃうと頼まずにはおれず…
ワタシ世代の人にはご馳走だったりするんですよね


P3307251.JPG
お店イチオシの「鶏レバ刺し 三味盛り」
と言っても生で提供さるのではなく、低温調理法でミディアムレアに仕上げたということでレバーを苦手とするワタシでもおいしくいただくことが出来ました
おろしポン酢 自家製味噌 ねぎ塩と3種の味わいで提供されるのですが、ネギ塩は最高においしいですね


P3307262.JPG
P3307264.JPG
P3307266.JPG
P3307268.JPG
そして焼き鳥をいくつか
「やげん軟骨」
多くのお店で提供されるひざ軟骨ではなく“やげん”が使われているところにこだわりを感じますし、火を通しすぎると固く黄色くなってしまう部位であるにもかかわらず、見事な焼き加減でもあります
軟骨はコリコリとした食感を楽しめるものの特徴的な味があるわけでも無いために、こちらでは身を一緒に焼いているんですね
「噂のねぎま五郎」
数ある串ものの中で圧倒的な存在感を放っている一品でありまして…
串の先端にあるひと口目はしっかりとしたボリュームで満足感を味わっていただこうというこだわりでありますし、にんにくダレは後を惹くおいしさとリピート必至な商品ですね


P3307270.JPG
〆にいただいたのは…
お酒を飲まれるお客さまの健康を気遣ってか、しじみ出汁で提供される「五郎のしじみうどん」
もちろん“とり天”乗せでいただきます
昆布出汁の甘い香りの中にしじみの香りがほんのりと漂う一品は、明日も元気に仕事が出来ると感じることが出来るモノですね


P3307261.JPG
で、こちらは看板娘と店長
店長のキャラクターも楽しくて良いのですが、オッサン的には看板娘の笑顔が一番でありまして…
今日の疲れも一気に吹っ飛んでしまうのであります



とってもリーズナブルなお店だと聞いて、正直あまり期待していなかったのだけど…
いただくお料理のほとんどは手作りされているようでおいしいものばかり
会計では予想していた金額よりも一人当たり1000円ほどお安くて大満足であります



【酒場五郎】
東京都千代田区内神田3-4-6 富士エレベータービル1F
03-5256-2626


[PR]
by gurumeblog | 2017-03-30 23:56 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄三田線大手町駅:『たん之助酒場』 TORAJIが手掛ける牛タン酒場でいただく牛タンのタタキは絶品

P3307235.JPG

東京大手町『よいまち』視察ツアー
参加者4名それぞれが、お店のイメージやコンセプトなどから入ってみたいお店ランキングを付けてみますと…
ある程度予想はしていたものの、そのランキングは様々なのですが上位に入るお店はいくつかに絞られますね



P3307248.JPG
で、2軒目に選んだのはコンセプトが明確であるとのことで高評価だった『たん之助酒場』
牛タンのおいしさに定評がある『焼肉トラジ』が手掛ける業態であるだけに、タンの美味しさには期待が高まるところであります


P3307234.JPG
びっしりとお客さまで埋め尽くされていたのですが、タイミング良く一組のお客さまがお帰りになられるところでありまして…
牛タンというわかり易い食材とお料理が人気なのでしょうか 閑散としている『よいまち』に中でも、こちらのお店が最も人気であるようです


P3307236.JPG
さて、そんなお店で最初にいただくのは「牛タンのたたき」でありまして…
その、美しいまでもピンク色には食欲が掻き立てられます
厚切りであるにもかかわらず柔らかくいただけるのも素晴らしいのですが、添えられるニンニクや生姜と一緒に醤油をつけていただきますと、その風味豊かな味わいに感動を覚えますね


P3307240.JPG
「牛タンかつ」
茹でタンをカツにされているようで、その柔らかさは魅力的なのですが、パン粉がバリバリであったことが残念
これはもうひと工夫欲しいところですね


P3307242.JPG
ちょっと箸休めにと「珍味三種盛り」
クリームチーズチャンジャ、タコわさ、イカの塩辛とシンプルなものなのですが、これが予想外に秀逸でありまして…
とくに、チャンジャの辛味にコクとまろやかさが加わったクリームチーズチャンジャにはハマりそうです


P3307246.JPG
もうひとつ
とってもお気に入りになったのが「ほろほろテール焼き」
煮込んだテールを焼き上げたものなのですが、これがとってもトロトロですし、旨みも濃厚で…
食べるところがそれほど多くないことが残念ですが、こちらで頼むべき一品であろうと思います



スタッフの方も明るくフレンドリーで…
このお店、とってもお気に入りであります



【肉匠の牛たん たん之助酒場】
東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディングB1F
03-5220-1129


[PR]
by gurumeblog | 2017-03-30 23:16 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄三田線大手町駅:『ルンゴ』    オシャレなカウンター席でいただく肉豆腐とジビエ

P3307214.JPG

先日の吉祥寺繁盛店ツアーがあまりにも楽しかったので…
美魔女ひとりとオッサン二人というメンバーに新しくオッサンひとりを加えた4人で、東京大手町にオープンした『よいまち』を視察することにいたします



P3307211.JPG
皇居のほとりにあるエリアであることから名付けられた三菱地所がてがける『大手町ホトリア』
そこにある「大手門タワー・JXビル」と「大手町パークビルディング」の地下をつないだ商業施設『よいまち』には、わざわざでも行きたくなる個性豊かな16店舗がラインナップされているということなのですが…
たまたまかも知れませんが、開業から一ヵ月でこの閑散とした状況に些かビックリであります


P3307232.JPG
そんな中から最初の視察店として選んだのは『ルンゴ』ってお店
一見したところでは何を売っているお店なのかはわかりませんが、その個性あふれるお店造りに興味をもちまして…


P3307212.JPG
お通しとして提供されたぬか漬けと生きくらげ
なんと150年もの間受け継がれたという“ぬか”で漬けられているというだけあって、その風味は格別なものでありますし、ポン酢で和えられたきくらげも初めていただく感覚でおいしくいただくことが出来ました


P3307218.JPG
厨房内の目立つところに置かれている銅鍋
そこでは、こちらの名物である「肉豆腐」が煮込まれていまして、スタッフの方が焦がすことが無いように、そして丁寧に灰汁を取っていたりと、ずっとお守りをしているのであります


P3307215.JPG
それほどまでに手間を掛けているのならばと、先ずはソレをいただくことにいたします
一昼夜寝る間を惜しんで煮込んだという肉豆腐はお豆腐にしっかりと味が染みていますし、お肉だってトロトロ
もちろんそのままいただいても充分においしいものなのですが、お昼の時間にはこれをご飯に乗せた丼が提供されていると聞くと、もう頭の中は丼モード
次回はそれを目的にお邪魔することにいたしましょう


P3307223.JPG
P3307225.JPG
そして、もう一つの名物がジビエ
まずは“雉”をいただいてみたのですが、レアに焼き上げられたそれは…
コリッとした歯応えがあって地鶏をいただいているかのようでありますし、ビネガーを掛けられていることもあってか全く癖を感じることが無くいただけます
そして“猪”
大きくカットされたものには強い歯応えを感じますが、これまた全く嫌な癖を感じることは無く…
これなら、ジビエ初心者にも抵抗なく召し上がっていただけそうですね


P3307229.JPG
そしてそしてそして…
佐賀県の黒木農園で育てられたという新鮮な“白石れんこん”
素焼きされただけの商品が出されたときには驚きましたが、ひと口目にはお芋のようなホクッとした食感もあり、その後は蓮根のおいしい風味が…
灰汁が少ない蓮根だからできることだというのですが、新しい蓮根のいただき方を知ったような気がいたします



このお店
渋谷神宮前にある『ALA』を運営する会社の新業態であるそうで…
センスある店造りと商品づくりも納得ですね



【ルンゴ】
東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルB1F
03-6551-2503


[PR]
by gurumeblog | 2017-03-30 23:00 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線豊洲駅:『TORAJI』   毎月29日は肉の日 名物である「ダイヤモンドcut」が半額

P3297188.JPG

29日
肉の日ということで、お気に入りのお店では大盤振る舞いのイベントが行われていまして…
会社帰りの友人と焼肉をいただくことといたします



P3297173.JPG
18:30にお邪魔してみますと、お店の前に行列は無いものの既にお店は満席でありまして…
19:15にならないと席が空かないとのこと
今日は90分という時間制限を設けているらしく、次に席が空く時間が明確になっているんですね


P3297182.JPG
ちょっと小さ目な2名席ではありましたが、時間通りに席をいただくことが出来まして…
逸る気持ちを抑えてメニューを眺めるのですが、お腹ペコペコであるワタシはついつい頼み過ぎてしまいようであります


P3297184.JPG
先ずは「4代目トラジサラダ」
摩り下ろした野菜や果物のドレッシング、そして何よりもドライベジタブルが使われていることでの食感の変化が楽しいんですよね
また、干されていることで旨みが凝縮しているだけなく、栄養価の凝縮も期待できますし…


P3297189.JPG
こちらでいただくタンは格別で…
いつもならば、厚切り“生”上タン塩をいただくところではありますが、今日は肉の日ということで「ダイヤモンドcutタン」が半額でいただけるのですから他を頼む気にはなれません
大判にカットされたお肉を豪快に片面だけ焼き、程よく焦げ色が付いたところでハサミでひと口大にカット
そして、もう片面を軽く炙るように焼いたくらいがいただきどきであります


P3297192.JPG
そして…
同じくダイヤモンドcutである、ハラミ・ロース・カルビをいただくことといたします
これらも全て半額で提供されるというの大盤振る舞いには感謝の言葉しかなく… つい調子に乗って頼み過ぎてしまいます


P3297203.JPG
〆には、いつもの「ユッケジャン麺」
おいしくいただいた焼肉の脂をスッキリとさせようと冷麺を… と思うのですが、トラジではいつも決まってコレなんですよね
辛味の中に旨味とコクがあるスープと麺のコシ
これが見ごとに一体となったおいしさが癖になっているようであります



名物である「ダイヤモンドcut」が半額でいただけるだけでもうれしいのに、会計時には3000円の優待券を人数分いただくことが出来まして…
こんなにサービスしていただいて良いのかと思いながらも、ニッコリとしてしまう自分に気付きます



【焼肉トラジ】
東京都江東区豊洲3-2-24 豊洲フォレシア1F
03-3531-4129


[PR]
by gurumeblog | 2017-03-29 23:41 | 東京都 | Comments(0)

西武新宿線本川越駅:『おいでや』   新鮮なモツが自慢 おいしい焼鳥もいただけます

P3287159.JPG

川越市
人口は約35万人と埼玉県内ではさいたま市、川口市に次ぐ都市であることから、その名前は知っていたけど訪ねる機会は無く…
池袋から東武線に乗って初めてやって来ました



P3287146.JPG
川越と言う町には多くの商店街があるようで…
そのひとつであるクレアモール川越新富町商店街をテクテクと歩いて、本川越駅近くにある『おいでや』ってお店で仕事がらみで仲良くさせていただいている管理栄養士さんとの懇親することといたします


P3287161.JPG
18:00位からお邪魔させていただいたのですが、こちらはかなり繁盛されているようで…
客席は幾つかのエリアに区切られているにもかかわらず、テンションが上がったお客さまの声で、店内には活気が溢れていますね


P3287160.JPG
P3287158.JPG
P3287162.JPG
新鮮な素材に自信があるようで、タン刺しやハツ刺しなどの“モツ刺し”がイチオシとしてお勧めになっているのですが…
残念なことに二人とも臓物が苦手でありましたので、焼鳥をいくつかいただくことにいたします
「とりかわ」に「もも」
それに「ささみ」と「つくね」
提供には少し時間が掛かるようですが、これはおいしさにこだわるために丁寧に焼かれているからでありましょう
どれも芳ばしくはありながらも身はふっくらとしているものでありました


P3287149.JPG
P3287152.JPG
一緒にいただいた「シーザーサラダ」はカリカリに焼かれたベーコンとサクッとした食感のクルトンがアクセントとなっていて、とってもおいしくいただけましたし、熱々に焼かれた「三代目じゃが明太チーズ」ではとろけるチーズとホックホクのじゃがいもに明太の絡みが合わさって…
たぶん、よりおいしくするために改善を加えたことでの三代目なのでしょうね


P3287172.JPG
水炊きもお勧めのひとつであるようでしたが、一昨日にいただいたばかりでしたので今日は注文しなかったのですが…
〆にといただいた「鳥ラーメン」をいただきますと、あまりのスープのおいしさから水炊きを注文しなかったことを少し後悔いたしましたね
濃厚な旨みと香りにほど良い塩味のスープに、コシがある麺
ラーメンもおいしくいただくことが出来ました



【焼き鳥 やきとん おいでや】
埼玉県川越市新富町2-1-15 小熊ビル 1F
049-299-8604


[PR]
by gurumeblog | 2017-03-28 23:51 | 埼玉県 | Comments(0)

東京メトロ銀座線京橋駅:『伊勢廣』     1921年創業 老舗の暖簾に恥じない職人技をたのしめる焼鳥屋

P3277136.JPG

とくに体調が悪いと感じているわけでは無いのだけど、先日の検診で不整脈があると言われ、念のためにと冠動脈CTなるものを撮ることとなりまして…
お昼過ぎまでの2時間ほどを病院で過ごしたあと、おいしいランチをいただくことにしようと銀座へと向かいます



P3277129.JPG
京橋にある『伊勢廣』って焼鳥屋さん
1921年創業と間もなく100年を迎える老舗でありまして、熟練した職人が焼き上げる焼き鳥を目的としたお客さまがいつも列を作っているのでありますが…
昨日から残る雨の影響なのか、スムーズに焼場を臨む特等席をいただくことが出来ました


P3277132.JPG
次から次へと入ってくる注文に手際よく対応しながらも、その目は真剣そのものでありまして…
一切の妥協を許さず一串ひと串を丁寧に焼き上げる姿を目の当たりにしながら、お料理の提供を待つことが出来る幸せ
これも醍醐味の一つでありますね


P3277137.JPG
「焼鳥5本丼」をいただきます
丼一面に盛られる焼鳥は、皮身・もも肉・団子・ささみ・肝ということでありまして、その肝においてはレバーとハツの2種が一本の串に打たれていますね
肝を苦手とするワタシでありますから何か他のものに変えていただこうかとも思ったのですが、ココで提供されるそれには全く臭みがないことを知っていますので…
きちんと近火で焼かれることでの芳ばしさ、そしてふっくらと焼き上がった身の柔らかさ
これぞ職人技と言えるおいしさをいただくことが出来ました



【伊勢廣】
東京都中央区京橋1-5-4
03-3281-5864


[PR]
by gurumeblog | 2017-03-27 21:55 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線東銀座駅:『みのる食堂』    JAプロデュース 健康野菜がいただけるカフェが大人気

P3267123.JPG

小雨が降るとっても寒い日
所用を終えたのが15:00近くでありまして…
日曜日だとは言えこんな時間にやっているお店は少なく、三越のレストランフロアへと向かいます



P3267120.JPG
お邪魔するのは評判高い『みのる食堂』
これまでいろんなところで農協が運営するレストランを視察したことがあるのですが、そのどこもがお客さま目線に立ったコンセプトワークが出来てないことや、サービス精神を感じることが無い中年男性が接客と担当していたりと、良い印象を持ったことが無いんですよね


P3267126.JPG
しかし、こちらのお店はこれまでのそれとはちょっと異なっているようで…
健康志向の高まりに乗じて産地を明確にした野菜が使われることや手作り感あるお料理に力を入れているだけでなく、ココで過ごす時間をもオシャレなものにしようとした店舗デザインが施されていますね
そんなことでか、若い女性のお客さまは小さなお子さまを連れた方々が集まっていますね


P3267124.JPG
そんなお店で提供されるメンチカツをいただいてみたかったのですが、残念なことにそれをいただくことが出来るのは15:00までであるようで…
ティータイムとなっていたためにドリンクやデザートメニューが中心で、食事物がほとんどないんですよね
それで「お惣菜ごはんセット」ってものををいただいたのだけど、おかずは切り干し大根一品のみ
おいしくはあったけども、さすがに寂しい見栄えですね
次回はちゃんとランチの時間にお邪魔して、いろんなお料理を楽しむことにいたします



【みのる食堂】
東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越9F
03-5524-3128


[PR]
by gurumeblog | 2017-03-26 22:34 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線京橋駅:『ばんぺい柚』     小鍋でいただける水炊きと九州料理の数々にお腹は大満足

P3257110.JPG

友人の買い物に付き合うために行った幕張からの帰り、どこで夜ごはんをいただこうかと悩んだのだけど…
荷物もあるし、寒いし…
遠くへは行きたくないよねと、東京駅の京葉線ホームから直結するパシフィックセンチュリープレイス内にあるお店へお邪魔することにいたします



P3257097.JPG
牛タンをいただこうかとも思ったのですが、水炊きで身体を温めようとこちらに決定
九州料理との響きを耳にすると、あれやこれやとおいしいお料理が頭に浮かび…
もう他へ行く気にはなれません


P3257100.JPG
オフィスタワーの地下にあるお店でありますから、週末もなると人の姿も疎らでありまして…
お店も混み合うこと無いことから、二人ではありましたが四人掛けのテーブル席をいただくことが出来、ゆったりとした空間で食事を楽しむことが出来ました


P3257114.JPG
P3257106.JPG
P3257108.JPG
熊本を代表する馬刺しに始まり、宮崎のチキン南蛮や福岡と各県の代表的なお料理をいただいてみますと…
残念だったのは、チキン南蛮が甘酢に付けられていないことでありまして、サクッとした揚げ上がりに満足なのですが、甘酢が無い南蛮なんて… って感じですね


P3257103.JPG
そして、長崎からはハトシロール
名前は聞いたことがあるのですが、実際にいただくのは初めてでありまして…
タイ料理でよく見かける海老パンの海老を魚のすり身で作ったようなものでありまして丸く丸めてあるところがかわいいですね
もちろんそのお味にも満足させていただきました


P3257111.JPG
そして水炊き
大きなお鍋ですと、他のお料理をあまりいただけないのですが…
こちらでは小鍋でも提供してくださいますので、あれこれといただきたいワタシにとってはありがたいことであります
しかも、小鍋と言うわりにたっぷりと鶏肉が入っていましたし、〆にいただいたちゃんぽんでお腹も大満足であります



まだまだいただきたい九州料理があるのですが、一度に全てをいただくということは叶う訳もなく…
また改めて伺うことといたしましょう



【九州素材と酒 ばんぺい柚】
東京都千代田区丸の内1-11-1 PCP丸の内ビルB1F
03-6266-0505


[PR]
by gurumeblog | 2017-03-25 14:19 | 東京都 | Comments(0)

京王井の頭線井の頭公園駅:『よしむら』   旨い肴と旨い酒 大人が集うに相応しいお蕎麦屋さん

P3247084.JPG

吉祥寺繁盛店視察
『東京MEAT酒場』の次は焼鳥屋さんを予定していたのですが、ちょうど最も忙しいであろう時間となっていたために満席で入ることが出来ず…
急遽、〆でお邪魔しようと思っていたお蕎麦屋さんへと移動いたします



P3247081.JPG
駅前にあるMEAT酒場から歩くこと10分ほど
井ノ頭通り沿いにあるオシャレな古民家風のお店が目的である『よしむら』ってお蕎麦屋さんでありまして、店頭にあるライトアップされた竹が目印となりそうですね


P3247073.JPG
囲炉裏が似合いそうな雰囲気の店内はとっても味がありまして…
こちらはオッサンと言うよりも、粋に日本酒を傾けたあとに蕎麦を手繰る大人のカップルが絵になりそうであります


P3247075.JPG
P3247079.JPG
ってことで我々も…
蕎麦屋と言えば、自慢のお出汁をたっぷりと含ませ焼き上げた「出汁巻」でありましょう
焼き色を付けること無く丁寧に… ふわっふわに巻き上げられた食感は見事でありました
そして「かき揚げ」
海老をメインにニンジンや春菊に薄衣を纏わせ、サクッとした食感に揚げられていまして…
これまた香り豊かな天つゆのおいしさとともにいただきました


P3247085.JPG
「吉祥寺」と名付けられたお蕎麦は“都会的な細打ち”であるそうで…
更科とまではいきませんが、実の中心部を使っていることでの色白な美しさと、ほんのりした甘みを楽しむことが出来る上品なものであります


P3247089.JPG
「開田」と称されるお蕎麦は“田舎風の真っ黒い挽ぐるみ”であるそうで…
甘皮までもが混ぜ込まれていることでの食感と蕎麦の香りを楽しむことが出来ますね


P3247093.JPG
そして…
こちらはゆずの皮が練り込まれた「柚子切」でありまして、ほんのりと黄色を帯びた蕎麦からは柚子の香りが広がりまして…



と、3人でお邪魔させていただきましたので三様のお蕎麦をいただき、それぞれの特徴を楽しませていただけました
お酒が飲めないワタシではありますが…
自宅が近ければ入り浸ってしまいそうなお店であります



【蕎麦㊁味酒 よしむら】
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-29-8
0422-43-1717


[PR]
by gurumeblog | 2017-03-24 23:50 | 東京都 | Comments(0)