ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2017年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

JR山手線東京駅:『白えび亭』   "富山湾の宝石"を東京駅でいただくことができます

P8312125.JPG

東京駅の八重洲口にある東京駅一番街
"東京キャラクターストリート"や"東京ラーメンストリート"に続いて、集客力のあるゾーンを作ろうと北は北海道、南は鹿児島から地元での知名度が高い有名店を集めた"にっぽん、グルメ街道"なるゾーンがオープンしたのが昨年11月のこと
8店舗の味を楽しむことができるってことで、一年が経とうとしている今でも多くのお客さまで賑わっていますね



P8312113.JPG
今回お邪魔したのは、富山県外初出店となる『富山 白えび亭』
希少性と美しさから"富山湾の宝石"とも呼ばれる白えびがいただけるお店なのですが…
かき揚げにしたときの淡白な味わいとサクッと軽い食感がおいしいことは知っているのですが、桜海老のような強い香りをがあるわけではいことから強い印象を持つことが無く、わざわざこれを目的に出かけるってところまではならなかったんですよね


P8312126.JPG
それで今日、他に食べたいものが思いつかないってこともあり、こちらのお勧めメニューのひとつである「富山スペシャル丼」をいただくことにしようとお邪魔して参りました
約200尾もの白えびが使われているという「白えび刺身丼スペシャル」にも惹かれるところではありますが、やはりかき揚げにしたときのサクッと感に勝ることは無いであろうと…
白えび・ブリ・ホタルイカと富山を代表するお魚の天ぷらは素材のおいしさを失うことが無いように薄衣で揚げられていますし、タレも濃すぎることなくバランスがよい丼でありました
そこにもう一つ、お漬物くらいでしか食べることの無い赤かぶの天ぷらが入っていたのですが、これが実においしくて…
赤かぶの新しい世界を知ったような気がいたします



【富山 白えび亭】
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 にっぽんグルメ街道
03-5223-0525


[PR]
by gurumeblog | 2017-08-31 20:20 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線日本橋駅:『蓬莱』   八重洲の路地裏にある穴場的な中華料理店で夜ごはん

P8302084.JPG

東京に戻った夜
これまでお昼にしかお邪魔したことがなかったお店へと伺ってみようと八重洲へと出かけます
丸の内側の洗練されたお洒落な雰囲気とは正反対に、雑多な印象さえ受ける大衆的な街並みであることからオッサン率も高く…
会社帰りに仲間と気軽に一杯!なんて方々多いようですね



P8302108.JPG
そんな街の路地裏にある『蓬莱』って中華料理お店
名物的な存在でもある大きな餃子も然ることながら、ランチでいただいた「冷やし担々麺」や「牛バラ肉角煮ご飯」のおいしさが記憶に残っているのでありまして…
19:00近い時間だということもあって、残り一卓となっていたところへ滑り込むことができました


P8302081.JPG
とりあえず「前菜の四種盛り合わせ」
中華前菜の定番でもあるクラゲと棒棒鶏に加えて、なんと豚耳の香味煮や貝の醤油煮が…
しっとりと茹で上げられた棒棒鶏が一番のお気に入りでしたね 


P8302099.JPG

P8302089.JPG
そして点心を…
大きな焼餃子をいただこうかとも思いましたが、それひとつで終わるのも寂しさを感じて、もっちりとした厚めの皮で包まれた餡はとってもジューシーな「水餃子」とムチムチっとした豚肉のミンチがおいしい「焼売」をいただきます
それぞれにリーズナブルでありますから注文もしやすくて良いですね


P8302086.JPG
そして「海老のチリソース」
ケチャップ煮ではなく、キチッと豆板醤を使った辛味が楽しめる海老チリを食べたくって…
しかし残念ながら、悪くはないものの期待を満たしてくれるほどのものではなく、些か残念な気持ちが残ってしまいました


P8302104.JPG
シメにしようといただいたのは「焼きビーフン」
たっぷり目の野菜に程よい食感を残したビーフン
絶妙な塩加減で調味された薄味の中に、アミ海老の風味と旨みが加わることでのおいしさをいただくことができました



終わりよければ…
ではありませんが、お口の中に広がるアミ海老の香りを余韻として楽しみながら家路につくことができました



【中国料理 蓬莱】 
東京都中央区八重洲1-5-10
03-3271-6027


[PR]
by gurumeblog | 2017-08-30 22:30 | 東京都 | Comments(0)

JR日豊本線宮崎駅:『四季乃一つ葉』   一ッ葉エリアにある雰囲気ある和食店でいただく夏懐石

P8292034.JPG

宮崎へフライト
福岡〜熊本〜鹿児島といった西海岸の移動は九州新幹線の開通で飛躍的に便利になったのですが、宮崎への移動となれば、やはり飛行機を選択することになるんですよね



P8292006.JPG
いつも通りにお昼過ぎに宮崎入りをしまして…
先ずは腹ごしらえをと『四季乃一つ葉』ってお店へと向かい、雰囲気がある門に掛けられた暖簾を潜り奥まった所にある個室へと案内していただきます


P8292010.JPG
前菜として提供されたのがコレ
夏らしく涼しげな器が使われるところにも和食らしさを感じることができますね


P8292013.JPG
そしてお刺身
鮪はよこわでありましようか?
舌に纏わるようなしっとりとしたモチモチ感があり、さっぱりとした味わいが良い感じであります


P8292015.JPG
焼物は西京焼きなのですが、その味噌の塩分がお魚の水分を抜いてしまったのでしょうか
ふっくらとした食感がなく残念に思えます


P8292020.JPG
宮崎と言うこともあってか牛肉のしぐれ煮
脂身が少ない赤身を煮込んであるのでしょう 牛肉の旨味とコクをしっかりと楽しむことができました


P8292022.JPG
そして天ぷらはあられが塗される変わり揚げでありまして…
その鮮やかな彩りに美しさを感じるお料理なのでありますが、残念なことに油切れが悪いためかベチャっとしていてあられが歯に挟まってしまい残念でありました


P8292037.JPG
お食事は宮崎の郷土料理である冷や汁でありまして…
これもまた夏の懐石らしくって良いですね
自宅のキッチンがIHであるために、グリラーで味噌を焼くという荒業を使ってまで自炊するくらいに好きなお料理で〆をすることができ満足であります


P8292042.JPG
コーヒーと一緒にデザートのフルーツをいただいたのですが、メーカーの協賛とも思わせる興ざめするようなコーヒーカップであったことが残念でなりません



【日本料理 四季乃一つ葉】
宮崎県宮崎市新別府町1401-24
0985-26-8316


[PR]
by gurumeblog | 2017-08-29 23:22 | 宮崎県 | Comments(0)

福岡地下鉄空港線赤坂駅:『利花苑』   1964年創業 福岡を代表する焼肉店でいただく上カルビは美味

P8281970.JPG

お昼に会食ができなかった仕事仲間が夜に時間を作ってくれましたので、一度お邪魔しておきたいと思っているイタリアンのお店へと伺ったのですが残念なことに今日は予約でいっぱいであるとのこと
さらに次に伺った中華のお店も貸し切り営業だとのことでありまして…



P8281983.JPG
気を取り直し、焼肉をいただこうと『利花苑』へと向かいます 
地下鉄赤坂駅から歩いて数分
如何にも高級店だという印象を受けるレンガ造りのビルの2階へと上りますと、レトロな高級感とともに黒服の店員さんに迎えられ…
ちょっとした緊張感とともに、プロがもてなしてくれるであろうという安心感も感じられますね


P8281958.JPG
いただくのは「真セット」
カルビやロースなど牛肉だけをいただくことができるセットメニューでありまして、先ずはキムチ三種盛合せとナムルから始まります


P8281964.JPG
続いては塩ものでありまして…
最近流行りとなっているタン先からタン元までを一度に楽しむことができるカットがなされたタン塩をメインにリブやミスジをいただきます


P8281971.JPG
タレものとして提供されるのは上カルビ・上ロース・ホルモン・上ミノの4種でありまして、上質なお肉の証でもあるしっとりとした滑らかな舌触りを楽しみます
歴史ある焼肉店らしくタレのおいしさも際立っていまして、甘みの中にフルーツのほんのりとした酸味を感じることができました


P8281977.JPG
食事ものは石焼ビビンバかクッパを選ぶことができるとのことで、散々迷いましたがクッパをいただくことに…
野菜の旨みが出たスープには疲れた身体をいたわるような優しさを感じることができ、十分にお腹も満たされていたのですがハーフではなくフルサイズでいただきたいほどでありますね



【利花苑】
福岡県福岡市中央区大名2-3-12
092-752-8833


[PR]
by gurumeblog | 2017-08-28 23:01 | 福岡県 | Comments(0)

西鉄天神大牟田線西鉄福岡天神駅:『たつみ寿司』   1980年創業 福岡を代表する創作寿司の名店

P8281934.JPG

九州での仕事仲間であるコーチングの先生とビジネスランチをしようと思っていたのだけど、ワタシのスケジュールミスで…
今日ではなく、明日と連絡をしていたようであります



P8281951.JPG
とは言え、頭の中は会食に予定していたお寿司屋さんのことでいっぱいでありまして…
他に食べたいものが思い浮かばず、とはいえ本店に1人でお邪魔するには敷居が高すぎるようにも思えますので岩田屋の7階にある支店にお邪魔することといたします


P8281921.JPG
カウンターをいただくことができましたので…
お好みでいただこうかとも思いましたが、A・B・Cと3つ用意されているコースの中から、9貫のお寿司にサラダ・吸い物・茶碗蒸し・デザートまでが付く「Bコース」をいただくことといたします


P8281920.JPG

P8281923.JPG

P8281926.JPG

P8281929.JPG

P8281935.JPG
茶碗蒸しとサラダをいただいたあとにお寿司が提供されるのですが、そのどれもにキチンとした仕事がされていて…
お醤油を付けずにそのままいただくというのがこちらのスタイルであるようですね
中でも、こちらの名物的なお料理であるのが「南関いなり」であるそうで…
熊本 南関町の名産であるサクサクとした食感が特徴の"南関揚げ"を使っているとのことであります
袋状にした揚げの中にシャリを詰めると言った一般的なスタイルではなく、揚げでシャリを包むという独特なものでありまして…
レンコンの薄切りが挟まっていることでのシャキッとした食感が華を添えてくれますね
そして「雲丹といくらのカクテル」
これをお寿司と呼ぶかどうかはさておいて、カクテルグラスを器として使ったこのお料理はインスタ映えすること間違いなしであります


P8281940.JPG
こんなスタイルで"ガリ"を出されたのは初めてでありましたので、最初にこれが出されたときにはそれが何だか分からなかったのですが…
意外にもそれは柔らかく、辛味も少ないものでありました


P8281946.JPG
デザートが提供され、おいしく楽しいひとときも終宴
おいしいお寿司と感じ良いサービスが提供されるステキなお店でありましたので、福岡でプチ贅沢なランチを楽しみたいときにはここで決定ですね



【たつみ寿司】
福岡県福岡市中央区天神2-5-35 岩田屋本店 新館7F
092-723-0236


[PR]
by gurumeblog | 2017-08-28 22:37 | 福岡県 | Comments(0)

西鉄天神大牟田線蒲池駅:『Taj』   親不孝通りから移転して15年 多くのファンに支持されているようです

P8271902.JPG

1日をのんびりと過ごした日曜日
ちょっと足を延ばして、大川市にあるカレー屋さんへとお邪魔してみることにいたします



P8271911.JPG
田んぼの真ん中にあるお店であり、道路側には何故だかCOFFEEの文字が…
それがなぜかはわからないものの大きな目印になっていることは間違いのだけど、お店の正面に回って見ても店名が入った看板を目にすることができないためにここが目的のお店なのかと不安になるのであります


P8271873.JPG
入り口脇の壁面にあった小さな看板を見つけ、店内に入りますと…
これまたインドカレーを提供するお店とは似つかない雰囲気であることにもびっくり
どうやら、かつては家具の町大川らしく、家具屋さんの倉庫として使われていた建物を改装されたようですね


P8271879.JPG

P8271903.JPG
いただいたのは2種のカレーとナン、それにタンドリーチキンやサラダ、ドリンクまでがセットになった「 タージプレミアムセット」
10数種のカレーメニューから選んだのは、お店で最も辛いと言われるインドカレーとカシミールカレーであります
黒胡椒が使われるというインドカレーは確かに激辛ではあるのだけど、辛いものが好きな人であれば問題なく食べられるレベル
そしてカシミールはちょっとコクがなくて残念な感じに思えます



かつては福岡市内でお店をやられていたそうですが、2002年にこちらへ移転されたそうで…
1981年に福岡市で創業してから30余年、それそれの場所できちんとお客さまに支持され続けているお店であるようです



【Taj】
福岡県大川市大字上巻436-4
0944-87-0855


[PR]
by gurumeblog | 2017-08-27 20:16 | 福岡県 | Comments(0)

JR長崎本線佐賀駅:『牛匠』    溶岩石のプレートで焼き上げる国産牛のハンバーグ

P8261865.JPG

福岡出張2日目
先月に引き続いて、滞在地の周辺に多くあるハンバーグ専門店の視察をいたします



P8261854.JPG
今回は車で小一時間走った佐賀市内にある『牛匠』ってお店
佐賀牛をメインとした国産牛で作るハンバーグを溶岩石で作られたプレートに乗せて提供する「炭焼き溶岩ハンバーグ」をウリとしているようであります


P8261861.JPG
粗めのメッシュでひかれたミンチをラグビーボールのように丸めて…
表面は炭火でしっかりと焼き上げていながらも、中はお客さまの注文に合わせた焼き上がりとしていて…
ミディアムレアでお願いしたハンバーグを二つに割ると綺麗なピンク色した生肉が現れます
それを熱々に焼かれた溶岩石好みに仕上げていただくのですが、ほど良い塩が使われているためにソースを掛けずともおいしくいただけますし、お店がお勧めするわさびステーキソースをかけると一層おいしくいただけますね



【炭焼き溶岩ハンバーグ 牛匠】
佐賀県佐賀市若宮2-5-59
0952-97-9124


[PR]
by gurumeblog | 2017-08-26 23:34 | 佐賀県 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線豊洲駅:『青ゆず寅』    身が厚く脂が乗った銀だらの西京焼きがおいしい豊洲ランチ

P8251846.JPG

福岡出張であります
毎月のことでだんだんと定番化してきましたが、空港へ向かう前に豊洲でお昼を済ませることにいたします



P8251851.JPG
開店から間がない時間にフォレストへと到着し、今日のお昼はどこにしようかと一軒ずつ見て回っていますと、目が合ったスタッフさんが「おいしいお魚のランチは如何ですか」と笑顔で話しかけてくださるではないですか
街頭で呼び込みに良くある方向性のない掛け声とは別物の声かけに気を良くして『青ゆず寅』に決定であります


P8251840.JPG
いただくのは「銀だらと天ぷらの定食」
前回はこれにお刺身がついた御膳をいただいたのですが、今日は手軽な定食をいただくことにいたします
期待を裏切ることのない身の厚さ 
そして皮目はパリッと焼かれながらも身はふっくらと柔らかく…
見事な焼き上がりであります


P8251848.JPG
天ぷらはミニかき揚げ丼に変更することができるというので…
西京焼きの味噌がご飯によく合うのですが、サクッと揚がったかき揚げの魅力も捨てがたく、今回はかき揚げ丼をいただきます
海老や玉ねぎが薄衣に包まれ、サクッとした揚げ上がりの食感は期待を裏切らないものでありました



【魚河岸料理 青ゆず寅】
東京都江東区豊洲3-2-24 豊洲フォレシア1F
03-5534-9284


[PR]
by gurumeblog | 2017-08-25 23:15 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線東京駅:『resonance』   この季節にだけ限定で販売される「桃の冷製カペッリーニ」

P8241800.JPG

夏になると食べたくなるのがカッペリーニ
そこに大好きな桃があしらわれたものがあるとなると食べない理由はどこにもありませんよね
ってことで、そんな桃のカッペリーニが大評判だというレストランへにお邪魔することにいたします



P8241756.JPG
国際フォーラムの向かい側 東京ビルTOKIAの二階にある『レゾナンス』
フレンチレストランでありながら、夏の間だけ提供すされる「桃のカッペリーニ」を目的に来店されるお客さまも多いようでありまして、フリーで伺ったのではそれをいただけないこともしばしばなのだとか…


P8241772.JPG
予約をしていたことでスムーズに厨房を目前とする窓側の席へと案内していただくことができまして…
足元から天井まで一面をガラスで囲まれた店内からは東京駅を発着する新幹線やJR線を臨むことができますし、厨房側では次々とおいしそうなお料理が完成していく光景を眺めることができます


P8241763.JPG
そんなカッペリーニがいただけるランチコースもあったのですが、それでは目的とするカッペリーニが前菜的に出されると言うことでしたので、スープとデザートが付いたカッペリーニをメインとする商品をいただくことにいたします
で、今日のスープは「かぼちゃのポタージュスープ」
その鮮やかな色合い、そして滑らかな舌触り、チーズが乗せられることで加わる酸味
とどれをとっても見事なものであります


P8241801.JPG
そして、これが目的とした「桃とフルーツトマトの冷製カペッリーニ」
数年前から徐々にこれを提供するお店が増えていたのですが、一昨年辺りからインスタ映えするってことで人気に火が点いたようですね
トマトソースの色合いが薄めであることからちょっと物足りない味わいではないかと心配をしたのですが、桃のリキュールやハーブが上手く使われていて、オリーブオイルとともに香り高いパスタとなっているんですね
周りに添えられる桃はちょっと硬めなものでありますが、決して熟していないと言うことではなく甘みやジューシーさに物足りなさを感じることはありません
また生ハムが多めに使われていることで、その塩味が味を引き締めてくれていますので、人気の高さも頷ける完成度であります


P8241835.JPG
食事は十分に満足しているのですが、目の前で調理され完成品は運ばれていく姿を見ていて、どうしても食べてみたくなったのが「和豚もちぶたのローストポーク」でありまして…
身の厚さに惚れて追加オーダーをしちゃいました
その名の通りローストポークでありますので事前にじっくりと焼き上げられているのですが、注文が入るとそれに網目が入るように仕上げの"焼"が加えられることでビジュアル的にもお料理の完成となります
しっとりとした舌触りと顎を使うこと要しない柔らかさ、そして絶妙な塩加減と調理の技が感じられる一品でありまして、添えられるマスタードソースを付けていただくことでのおいしさは癖になりそうなほどであります
実はこのお料理
後で知ったのですが、このお店を代表する人気商品であるようで…
そのおいしさにも納得であります


P8241804.JPG
デザートとして提供されたのは「オレンジのパウンドケーキ」
ふんわりしっとりとした食感に、上品な甘さとピールが使われていることでのオレンジの爽やかな香り
と、〆にまで満足させていただくことができました



おいしいお料理をリーズナブルに提供してしただけるだけでなく、お店の雰囲気やサービスにも満足できるお店でありまして…
いろんなシチュエーションで利用することができそうですね



【resonance】
東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA 2F
03-3215-7707


[PR]
by gurumeblog | 2017-08-24 22:41 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄浅草線宝町駅:『RESTAURANT SAKAKI』   お昼には60余年続く伝統の洋食がいただけます

P8231737.JPG

築地でのお約束が14:00
ならばその前にお昼をいただくことにしようと「レストラン サカキ」へと向かいます
夜には高級フレンチを提供するお店ではありますが、お昼の時間には1954年から続く伝統の洋食をリーズナブルに提供していただけるのでありまして…
ミシュランガイド東京ではビブグルマンとして掲載された経験もあることから、地元の方のみならず観光で来られた方にも大人気店であるようで、タイミングが悪ければ30分くらい列に並ぶことになるために時間に余裕があるときにしかお邪魔できないんですよね



P8231715.JPG
11:30に開店と同時に滑り込もうと思っていたのですが、出がけにかかってきた電話の対応をしていたために間に合わず…
20人ほど並んでいる列の後ろに付きましたが、12:00を回った頃から最初に入られたお客さまがお帰りになられ始めましたので、15分ほどの待ち時間で席をいただくことができました


P8231718.JPG
外から見るよりも広いお店でありまして、入り口を入ってすぐの所にあるダイニングのほか、奥にもあるようで…
ワタシが案内されたのはその奥のダイニングでありまして、外からの光もあって明るい雰囲気がステキであります


P8231729.JPG
いただくお料理は「ハンバーグ」
50mmほどの厚みがあるのではないかと思われるハンバーグにナイフを入れてみますと、ロゼ色の切り口から旨みたっぷりであろう肉汁が滲み出てきます
それがデミグラスソースと合わさることでのおいしさこそが"サカキ"のハンバーグなんですよね
目玉焼きの黄身がとろりと流れることでコクが深まるような感じも良いであります


P8231725.JPG
どうしてもエビフライも食べたいと言う、ワタシのような食いしん坊が多いのでしょうか?
1本350円で追加することができるとのことでしたので、ワタシは2本いただくことに…
サクッと揚がったパン粉とムチッとした海老
このおいしさは当然のこととして、タルタルソースのおいしさも光っていますね



次回のお目当ては限定20食の「もち豚のポークジンジャー」
開店と同時に品切れになってしまうこともしばしばだという人気メニューをいただくために、11:00過ぎにはお店に着けるよう頑張ります



【RESTAURANT SAKAKI】
東京都中央区京橋2-12-12 サカキビル1F
03-3561-9676


[PR]
by gurumeblog | 2017-08-23 22:43 | 東京都 | Comments(0)