ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2017年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

JR日豊本線宮崎駅:『あめいろcafe』   古民家のテラス席でいただく本場宮崎の「チキン南蛮」

PA316160.JPG

福岡からひとっ飛び
約40分の空の旅で到着した宮崎では雲ひとつない青空と心地よい風に迎えられ…
お気に入りの古民家カフェでランチをいただくことにいたします


PA316150.JPG
大きな看板が出されることもなく官庁街の裏路地にひっそりと佇む小さなお店なのですが、なんとなく心休まるような雰囲気に惹かれてか、どこからともなくお客さまが集まって来る『あめいろカフェ』
こちらにお邪魔していますと時間が過ぎていくことを忘れしまいそうになるのであります


PA316169.JPG
不思議なことに宮崎へ出張した日には雨が降ることが多く、こちらへお邪魔することはあってもテラス席を使わせていただくことができなかったのですが今日はまさにテラス日和ということで…


PA316161.JPG
いただくお料理は「チキン南蛮」
最近では東京でいただくこともできるようになりましたが、その多くは似て非なるものだったりするのでありまして…
ふっくらとした卵衣にまとわれた鶏肉をたっぷりの甘酢に潜らせ、これまたたっぷりのタルタルソースでいただく
これこそがホンモノのチキン南蛮なのでありまして、胸肉を使うのかもも肉を使うのかはお店次第
タルタルソースにもお店ならではの工夫が凝らされていて、オリジナリティを出しているのであります
こちらではもも肉が使われていますが、タルタルソースには細かく刻まれた人参を加えるなど女性を意識したヘルシーなものになっていますね



【あめいろcafe】
宮崎県宮崎市宮田町10-18
0985-69-4566


[PR]
by gurumeblog | 2017-10-31 22:46 | 宮崎県 | Comments(0)

福岡市営地下鉄空港線赤坂駅:『釜喜利うどん』   サクッと揚がったごぼう天とつゆがおいしいうどん店

PA306126.JPG

福岡の夜
ひとりごはんをすることになったので、先日東京でお邪魔したにわかや長介ってうどん屋さんの本店であるへ『釜喜利うどん』へお邪魔してみることにいたします



PA306115.JPG
福岡の中心と言える天神から歩いても移動できる赤坂というオフィス街にあって…
市内にある有名どころと比べますと200円程高いようでありますが、お昼はそこで働くビジネスパーソンの胃袋をうどんや丼もので満たす人気店であるとのことであります


PA306130.JPG
夜には天ぷらメニューのほか、お酒のあてがいくつか用意されていて…
そんな商品の名物とも言えるのが「雲仙ハムカツ」
薄いパン粉を纏った20mmほどの厚みがあるハムはインパクトがあるだけでなく、添えられるからしとソースをつけていただきますと、ソースのスパイシーな香りが加わって一層おいしくいただくことができますね


PA306129.JPG
そして「ゴボ天うどん」
薄くスライスされたごぼうがチップスにようにサクッと揚げられていますし、イリコと昆布でとられたであろうつゆのおいしが際立っているのでありますが…
上質な小麦粉が使われることで粉の香りを楽しむことができるものではあるのですが…
博多うどんファンとしてはもっと柔らかくなるまで茹でて欲しいと思うところであります


PA306120.JPG
福岡のうどん屋さんでは当たり前のように卓上に置かれているものなのですが、こちらの天かすには桜えびの粉が混ぜられていることからピンク色に染まっていまして…
ほんのりとした香りと芳ばしさが、おうどんのおいしさを引き立てますね


PA306123.JPG

PA306122.JPG
たまたまなのかもしれませんが、お邪魔したタイミングでは女性のお客さまの方が多く…
その楽しそうな笑い声が聞こえる中、ひとりカウンターでうどんをすする寂しさを感じます



うどん屋さんといえば夜の集客が望めないことから早い時間に閉店してしまうところが多いのでしょうが、福岡では飲んだ後のシメにラーメンではなくうどんを食す文化もあって24時間営業するうどん屋があるほどなのです
ならばシメのうどんだけでなく、居酒屋としても利用してもらうことはできないのかと開発したブランドがにわかや長介ということなのでありましょう



【釜喜利うどん】
福岡県福岡市中央区大名1-7-8
092-726-6163


[PR]
by gurumeblog | 2017-10-30 23:19 | 福岡県 | Comments(0)

福岡地下鉄七隈線桜坂駅:『MAIN DINING CABANA』   素材のおいしさと調理の技術が魅力的なビュッフェ

PA306087.JPG

ビジネスパートナーと会食
ゆっくりと落ち着いた雰囲気のお店でランチしたいねってことで選んでいただいたのは、繁華街である天神から少し離れたところにある山の上ホテルへと向かいます
経営母体が代わりリニューアルされているようですが、福岡の老舗ホテルのひとつに数えらるところであります



PA306106.JPG
若い頃にはサービスのスキルを高めようとホテルレストランへお邪魔することも多かったのですが、しばらくご無沙汰している間に朝食だけでなくランチまでもをビュッフェスタイルで提供しているところが多くなったようでありまして…
少々寂しさを感じてしまいますが、これも時流ということなのでありましょう
さて、こちらには和食を提供する『暦』とメインダイニングとして洋食を提供する『ガバーナ』がありまして、いずれもビュッフェスタイルであるとのことすから、市内を一望することができる『ガバーナ』をチョイスさせていただきます


PA306069.JPG

PA306067.JPG

PA306068.JPG

PA306075.JPG

PA306077.JPG

PA306081.JPG

PA306083.JPG

PA306097.JPG
決して高価な食材が並べられたビュッフェではないのですが、茄子 白菜 きのこと言った季節の素材を使ったお料理が並べられていまして…
それぞれに素材の味を活かしながらも、飽きることのない調理がなされた魅力的なものであります
2,000円でいただけるホテルビュッフェということで正直なところ全く期待をしていなかったのですが、素材の質を落とすのではなく、比較的コストのかからない食材を使い調理技術で魅力を付けるという素晴らしいビュッフェでありました


PA306088.JPG

PA306093.JPG
メインディッシュはそれぞれで異なるお料理をいただきシェアしましょうってことで「糸島豚ロースのグリル」と「生ハムのブッタネスカ」を…
「糸島豚ロースのグリル」では豚肉のおいしさである脂身の甘みが際立っていて、マスタードのソースとよく合っていますし、「生ハムのブッタネスカ」ではニンニクの香りがとってもおいしく、ケッパーの酸味やトマトの甘味とバランス良く仕上げられたものであり、これまた満足なものでありました


PA306071.JPG
ということで、も開店時間を狙って来たであろうご婦人方で賑わっていまして…
おいしいお料理は人を幸せにするものであるようで素敵な笑顔と楽しそうな笑い声が聞こえてくるのであります
一階には和食ビュッフェのお店があるのですが、そちらは予約でいっぱいとなっているようでしたし、このホテルはちょっとした穴場としてこれからも使わせていただくことにいたします



【MAIN DINING CABANA】
福岡県福岡市中央区輝国1-1-33 アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ 5F
092-771-2254


[PR]
by gurumeblog | 2017-10-30 17:22 | 福岡県 | Comments(0)

JR佐世保線大町駅:『マルトヨラーメンセンター』   ラーメン450円 コスパの高さに驚かされます 

PA296056.JPG

昨日から降り続いた雨は午前中に上がったのだけど、台風の影響もあってか強い風が吹き荒れていたのですが…
4月に行った御船山楽園で開催されている"かみさまがすまう森のアート展"を見てみたくって、武雄って町に向かいます




PA296037.JPG
帰りに立ち寄ろうと決めた焼肉屋さんが伊万里牛がいただける焼肉屋さんへと伺ったのでありますが、お店の都合とかで21:00に閉店されたそうでありまして…
地方の田舎町でありますから、こんな時間から入れるお店など無いのではないかとの不安に襲われ、急いで帰路へつきます
そんな帰り道で見つけたのが「マルトヨラーメンセンター」なるお店
トラック運転手でも遠慮することなく利用できるようにと大きな駐車場を持ったお店でありまして…
国道3号線にある有名店、丸星ラーメンセンターや丸幸ラーメンセンターと同じようなスタイルですね


PA296040.JPG
こんな時間ですからお客様はあまりいらっしゃいませんでしたが、お隣で食事されていたのは家族連れの方でありまして…
3年ほど前にオープンしたばかりとあって、まだまだキレイですから、ファミリーでも入りやすいのでありましょう


PA296052.JPG
特製であるとか九条ねぎであるとかいくつかのラーメンがありましたが、定番であろうシンプルなものをいただくことにいたします
スッキリとしたとんこつのスープに低加水のストレートな細麺といわゆる長浜ラーメンのようでありまして…
特別な印象はありませんが、安心のおいしいさでありますね


PA296041.JPG

PA296047.JPG

PA296045.JPG
そして、セットでいただいた焼きめしや唐揚げ、それに餃子も安心レベル
焼きめしにはお好みでソースをかけてと言われたのですが、これが佐賀流ってことなのでしょうかね?




【マルトヨラーメンセンター】
佐賀県杵島郡大町町大字大町276-1
0952-82-5050


[PR]
by gurumeblog | 2017-10-29 23:33 | 佐賀県 | Comments(0)

JR久大本線筑後吉井駅:『まぁぼや』   辣の辛味が際立つおいしい麻婆豆腐と心地良い接客に大満足

PA286004.JPG

おいしい麻婆豆腐を提供するお店が隣町にあるんですよ
とのお誘いをいただいて、久留米市街地から車で1時間ほどの浮羽という町に移動することにいたします



PA285985.JPG
渋滞にはまってしまい、お店に着いたのは13:30
8テーブル22席と小さなお店ではありますが、こんな時間になりながらもお店の前には席待ちのお客さまがいらっしゃって…
30分近く待っていただくことになるかもとのことでありますが、折角ここまで来たのですし他に当てがあるわけでもありませんので、のんびりと待つことにいたしましょう


IMG_2692.JPG
麻婆豆腐専門店と謳うだけあってメニューは至ってシンプルでありますので、迷うこともなく「麻婆豆腐」をプラス100円でいただける大盛りでいただくことにいたします
辛さを好みに調整していただけるとのことですから辛めでお願いし、さらにミニサイズの坦々麺を添えることにいたします


PA286005.JPG
日本に四川料理を広めたと言われる陳健民が率いる四川飯店で修行をされたオーナーであるらしく…
山椒の辛さだけが引き立っているものではなく、自家製かと思われるラー油が使われることで、辣の辛味の奥にしっかりと旨味がある麻婆豆腐を提供していただけます
食べている時にはそれほどの辛さを感じることはないのですが、食べ進めるうちにジワッと額に汗が滲んで来ましたよ
卓上に花山椒が置かれていますので、お好みの量をふりかけその香りとともにいただくことをお勧めします


PA286011.JPG
そして担々麺
スープにコクがあまりなくゴマの風味も物足りない点は残念な感じではありますが、低加水のストレート麺が使われていることでスープとの絡みがよく、メインに添えられるものとしては十分なものであると思います



PA285991.JPG
流石に名店で修行をされた方らしく、オーナーは一点のシミもない真っ白なコックコートを着ておられますし、接客5人 調理2人 全てのスタッフがビシッとユニフォームを着こなしていることにも好感が持てるお店でありますし、その対応も心地よく…
繁盛とはおいしいお料理だけではないと感じさせられます



会計をしていると、ちょうどオーダーが途切れたタイミングだったのでしょう
オーナーが一声かけてくださりましたので一言二言お話をさせていただきましたが、優しい言葉遣いや笑顔に人当たりの良さを感じる方でありました



【麻婆豆腐専門店 まぁぼや】
福岡県うきは市吉井町1349-1
0943-75-2196


[PR]
by gurumeblog | 2017-10-28 21:14 | 福岡県 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線豊洲駅:『青ゆず寅』   看板料理でもある銀だら西京焼きは身が厚くふっくらしっとり

PA275964.JPG

スッキリとした秋晴れ
それで、今日も開放感があるカフェ的なお店ランチをしようと思ったのだけど、お邪魔したお店のランチメニューがあまりにも魅力なく…



PA275970.JPG
悩んでいてはランチ難民にもなりかねないと、銀だらがおいしい『青ゆず寅』へと急ぎます
ピーク直前でもあり、ひとりということでカウンター席を勧められたのでありますが、両サイドに先客がいらっしゃることで窮屈なほどに狭く感じられましてきっとワタシの顔には不満の文字が浮かんでいたのでありましょう
気が利く店員さんが飛んで来て2人がけのテーブルでもよければ…
と対応していただけたのであります


IMG_2686.JPG
月末感謝祭とのことで、銀だらをメインに天ぷらやお刺身が添えられる「青ゆず寅御膳」や本まぐろが使われる「鉄火丼」など2,000円ほどの商品が500円引きでいただけるらしく…
スタッフの方々も積極的にそれを勧めてくださるのであります


PA275959.JPG
そんな「青ゆず寅御膳」をいただこうかとも思ったのですが、商品の説明を聞いて見ますとシンプルに銀だらを楽しむ定食のほうが、あれこれと添えられる御膳よりも大きなものが使われているらしく…
ならばと「銀だら西京焼定食」をいただくことにいたします
身厚な銀だらは約200gほどあるそうで見た目のインパクトだけでも満足なのですが、脂を落としてしまわないようにと遠赤でじっくりと焼き上げられていることでのふっくらとした柔らかさでありますし、西京味噌の塩味も優しく…
これほどに満足度が高い西京焼きを提供していただけるお店はそれほど多くなく、看板料理とはこうでなくちゃと感心いたします



ワタシの着席後、あっという間に満席となったのですが、お店を出ることには20人ほどの列ができていまして…
多少のイベント効果もありましょうが、こういった光景は特別なものではなく、お値段以上に価値ある商品を提供してくれるお店として評判高いのであります



【魚河岸料理 青ゆず寅】
東京都江東区豊洲3-2-24 豊洲フォレシア1F
03-5534-9284


[PR]
by gurumeblog | 2017-10-27 20:55 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄浅草線宝町駅:『京橋テラス』   都会の雑踏を忘れるオアシスのような雰囲気がステキなお店

PA265949.JPG

雲ひとつない青空が広がる秋晴れ
こんな日には開放的なお店でゆっくりとお昼を楽しみたい気分になるのでありますが、それに見合うようなお店が思い当たらずに…
せめてオシャレな空間でランチをいただくことにしようと『京橋テラス』へお邪魔することにいたします



PA265953.JPG
宝町駅から徒歩1分
昭和通りに面したビルの1階にあるお店なのでありますが、壁面にからまる蔦の緑が雑踏を忘れさせてくれるような気がして印象に残っていたのであります
『京橋テラス』という店名や大きなガラス面から店内を覗いた雰囲気からカフェだと思っていたのですが、夜には肉料理をメインにワインを楽しむことができるお店だったんですね


PA265945.JPG
入り口の重たい扉を開けて店内へと入りますと壁面に埋め込まれたオシャレな水槽が目に入りますし、木を基調にされていることから落ち着いた雰囲気を感じることもでき…
そんなことからか女性のお客さまが多いようですし、お昼の時間にはカフェとして利用させていただいても絵になりそうであります


PA265940.JPG
お昼に提供されるのは、定番として毎日いただくことができるハンバーグと、週替わりのグリル、パスタ、プレートの4種類でありまして…
お肉を食べたいって気持ちがまだ続いているワタシは今週のグリルであるリブロースに惹かれたのですが、それを召し上がっておられるお客さまのテーブルを見ますとあまり厚みがないように思え「京橋テラス特製!!極粗挽きハンバーグ」をいただくことにいたします
赤ちゃんの拳ほどに丸められたハンバーグの厚みは40mmほどと魅力的でありますし、粗挽きメッシュであることからお肉を噛みしめるギュッとした歯応えを楽しむことができ、癖のないソースでお肉の旨みを味わうことができました



と、ステキな空間でいただくおいしいお料理と満足なのですが、残念なのは接客でありまして…
ニコッとすることもなくつまらなそうに、マニュアルに決められた通りの作業をそつなくこなしているだけの接客にはガッカリでありました



【WINE&GRILL 京橋テラス】
東京都中央区京橋3-9-6 GM-3ビル1F
03-6228-6105


[PR]
by gurumeblog | 2017-10-26 23:00 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ東西線大手町駅:『TOSCANA』   オフィスタワーにありながらも17:00までランチが楽しめます

PA255910.JPG

今日はパスタの日
だからということでもないのでしょうが、なぜだか急にスパゲティーが食べたくなって…
決してシャレたイタリアンでいただくものではなく、ナポリタンやミートソース、または明太スパゲティーのようなガツンとお腹を満たしてくれるものが食べたいのであります



PA255922.JPG
そんなときにフッと頭を過ぎったのが「日本一おいしいミートソース」を提供してくれる『トスカーナ』ってお店でありまして…
大手町ならば東京駅から雨に濡れることなく地下で移動できるということもあって、曲りくねり、上ったり下ったりしながら案内表示だけを頼りに向かいます


PA255898.JPG
多くのお店がお昼の営業を終えてしまう14:00を過ぎても開けていただけていることだけでもありがいことでありますが、 とってもお値打ちにいただくことができるランチメニューを17:00まで提供してくれるという優しさに感謝であります


IMG_2672.JPG
ミートソース目的でやって来たのではありますが…
今日のおすすめパスタは「ナポリタン」であるとのことですし、期間限定だという「牡蠣ときのこのアラビアータ」にも惹かれますし、さらには契約農園から取り寄せるというバジルを使った「ジェノベーゼ」も捨て難いと、散々悩まされることとなったのであります


PA255911.JPG

PA255907.JPG
で、「ナポリタン」
贅沢にも海老が使われていますし、その海老も加水することでプリプリ感を出したものではなく、ムチっとした海老本来の旨味と食感がありますし…
ベーコン、玉ねぎ、ピーマンのほかきのこまでもが入る具沢山なものなのであります
そしてそして、こちらでいただくスパゲティーの醍醐味は麺のおいしさでありまして、これほどまでにモチっとしていながらもプリッとした食感を出している生パスタは他でいただいた経験がありませんね


PA255909.JPG
ナポリタンといえば、タバスコとチーズ
こちらのお店ではそんなところにまでもこだわりがあるようで、提供されるチーズはは酪農の国オランダで作られるエダムチーズでありますし、タバスコだけでなく自家製のハラペーニョソースも用意されていて…
そのハラペーニョソースが実においしいものでありました



そんなお料理の魅力だけでなく…
ナポリタンを注文した際にワタシのお腹を見たのか「普通サイズですか?」と問いかけけてきた小憎い男の子は、ワタシの後に来店された外国人にひと品ひと品を細かくお料理の説明をするなど、自然な会話が出来るだけでなくお料理に対する知識も持っているようです
そんなスタッフがいるからこそ、おいしいお料理を安心していただくことができるのだと感じます



【イタリアンバール&ジビエ TOSCANA】
東京都千代田区大手町1-9-7 大手町フィナンシャルシティサウスタワー B1F
03-6225-2393  


[PR]
by gurumeblog | 2017-10-25 18:09 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ東西線大手町駅:『二◯加屋長介』   昆布出汁の香りがおいしい博多うどんで〆る居酒屋

PA245862.JPG

有楽町にあるうどん屋さんへ行きたいと友人に誘われたのだけど…
一時はお気に入りとしてよく通っていたお店ではありますが、ある時期からおつゆに香りがなくなったような気がしてますし、何より夜ごはんがうどんを啜るだけじゃつまらないでしょということで…



PA245843.JPG

PA245847.JPG
その代わりにと向かったのは大手町にある『二◯加屋長介(にわかや長介)』
福岡で人気の『釜喜利うどん』ってお店のセカンドブランドである"うどん居酒屋"でありまして、都内には中目黒と大手町に出店されているようですね
うどん居酒屋とはあまり馴染みが無い表現ではありますが、飲んだ後の〆にうどんを召し上がられる方がお多い福岡ではそれもアリって感じでありますね


PA245879.JPG

PA245869.JPG
寒くなってきたのでおでんなんかがあるとうれしいなぁと思っていたのですが、それは残念ながらかないませんでしたがいくつかのお料理をいただきます
まずは本日のおすすめから「秋茄子の揚げだし」
秋茄子は嫁に食わすなとも言われるほどにおいしい季節でありますし、熱々の出汁が身体を温めてくれそうだと言うことで…
そして「牛すじ煮込み」
トロンととろけるほどにじっくりと煮込まれたアキレスがとってもおいしいですね
柚子胡椒があると更においしくいただけたのでしょうが、卓上にそれは無く…
声を掛ければいただけたのかも知れませんが、一味をふりかけいただきました


PA245863.JPG

PA245873.JPG

PA245878.JPG
福岡の居酒屋料理といえばゴマサバと言いたいところでありますが、さすがにそれをいただくことは出来ず…
「ゴマかんぱち」をいただいてみますと、歯応えを感じるほどに身が締まったカンパチを風味豊かなごまダレで和えられていて、本場にも引けを取らないおいしさでありますね
うどんのトッピングとしても使えるおつまみをと丸天
メニューには「焼丸天」とあったのですが、わがままを言わせていただき焼かずにとお願いしていたところ、そのままでは冷たいのでと、わざわざ温めて下さった気遣いには頭が下がります
そして「サックサクごぼ天」
博多うどんの定番でもあるごぼ天でありますが、その名の通りチップスのようにサクッとした食感には驚かされました


PA245887.JPG
シメには「あつもり」
珍しく「ぬるもり」なんてものもありましたが、やっぱり寒い日にはあつもりでありましょう
博多うどんのファンとしてはもう少し柔らかく茹で上げて欲しいところではありましたが、しっかりと小麦の香りがする麺のおいしさには納得
さらにそのおつゆは昆布出汁を使った香り高いものでありましたので、福岡へと出張した際には『釜喜利うどん』へも立ち寄ってみたいと思います



こちらのお店
場所柄ランチの営業もされているようで、お昼にはかしわ飯をいただくこともできるようでありますし、うどんに入れると香りがおいしい干しエビの天かすも用意されているとのことで…
お昼にもお邪魔したくなりました



【二◯加屋長介】
東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディングB1F
03-6206-3889


[PR]
by gurumeblog | 2017-10-24 23:13 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線有楽町駅:『THE ROSE & CROWN』   漫画に出てくるような、骨に握り付けらたミートバーグ

PA245829.JPG

有楽町での用事を済ませ、このエリアに10店舗ほどを構える『まるや』ってとんかつ店へお邪魔しようと有楽町ビルの地下へと向かったのですが、おいしいとんかつがリーズナブルにいただけると人気であるお店だけに、お昼どきを過ぎた時間でありながらも満席でありまして…



IMG_2661.JPG
お肉が食べたい気分だなぁ
なんて思いながら歩いていたところ、目に飛び込んできたのがこの看板
漫画に出てきそうな「骨付きミートバーグ」なる商品に惹かれます


PA245831.JPG

PA245816.JPG
『ザ・ローズ&クラウン』
複数種類のビールとローストビーフを看板とするヴィクトリアンパブであることから、お肉料理は得意でろうとの期待を持ってお邪魔してみますと…
英国紳士が集っていそうな落ち着いた雰囲気のお店でありました


PA245830.JPG
目的とした「ミートバーグ」を注文して5分弱
注文した後に調理したとは思えないスピードで提供された商品がコレ
骨の周りに握りつけたハンバーグでありまして、両サイドから骨が出ていたら漫画そのものですね
さて、そんなハンバーグにナイフを入れてみますと…
ミンチのようなふっくらとした柔らかさではなく、ギュッと締まったお肉を切るような感覚でありますし、いただいてみましても噛みしめるたびにお肉の旨味が滲み出るような感覚なのであります
これこそがハンバーグではなくミートバーグなる所以なのでありましょう
特にソースが掛けられることもないのですが、ミートバーグにネギとともにトッピングされた香辛料が良い仕事をしていてお肉の旨味と見事に調和しています



先入観とは怖いもので…
ナポリタンの上にミートバーグが乗っていると思い込んでいたワタシは、商品が提供されると空かざずメニューにあった写真と見比べてしまいました
せっかく画像が乗せてあるのですから、ちゃんと見なきゃダメですね



【VICTORIAN PUB THE ROSE & CROWN】
東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル1F
03-3214-7920


[PR]
by gurumeblog | 2017-10-24 16:27 | 東京都 | Comments(0)