ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2017年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

東京メトロ有楽町線豊洲駅:『とんかつ 田』   薄ピンク色に揚げられた肉厚なロースかつがおいしいとんかつ店

PB216930.JPG宮崎へ出張する日いつものように豊洲から羽田空港へと向かうリムジンバスに乗ることにして、豊洲フォレストにある『とんかつ 田』で腹ごしらえをすることにいたしますPB216925.JPGこちらのオープン当時に一度お邪魔したことがあって、おいしいとんかつを提供してくださることは知っていたのですが、その後なかなかお邪魔することができず…と言うのも、お昼時には長蛇の列ができていますし、夜の時間だって多くのお客さまで席が埋め尽くされているんですよねPB216926.JPGそれで今日お昼どきと言える時間をとっくに過ぎた14:00過ぎ流石に満席ということもなく久しぶりにお邪魔することができたのでありますPB216936.JPGいただいたのは「上ロースかつ定食」お昼としてはなかなか厳しいお値段ではあるのですが、20mmほどの厚切りにされたお肉が薄ピンク色に揚げられたことでのしっとりとした舌ざわりとジューシーな味わいはそれを勝るものであります5つにカットされたかつのうち、比較的脂身が多い部分となる右ふたつには添えられるピンクソルトをつけて脂身の甘みを引き立ていただき、残る3つの断面にはソースを垂らすように掛け衣のサクサクとした食感を損なうことなくご飯のお供としていただきます柚子が香るキャベツの浅漬けやたっぷりのシジミが入ったお味噌汁と脇役もしっかりとしていて…やはり人気店と言うのはメインとなるお料理だけでなく、脇を飾る一品一品もしっかりとしていますし、接客だって感じが良いものでありますね【とんかつ 田】東京都江東区豊洲3-2-24 豊洲フォレシア1F03-5859-5709

[PR]
by gurumeblog | 2017-11-21 21:23 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄大江戸線門前仲町駅:『牛和鹿』   近江牛専門 希少部位を提供する焼肉店の元祖

PB206908.JPG

一昨日おいしい牛鍋をいただいたばかりなのでありますが、友人がどうしても焼肉を食べたいと言うので…
ちょくちょくお邪魔しているお店でも良かったのですが、ちょっと気になっているお店へ行ってみようと門前仲町で待ち合わせることといたします



PB206888.JPG
門前仲町駅から歩いて2分ほどのところにある『牛和鹿』ってお店なのですが、赤札堂の脇にある細い路地を入ったところにあるビルの2階と言う場所にあることから、壁面に描かれた大きな看板が無ければ見つけることができなかったかも…


IMG_2950.jpg
狭いエントランスにある小さなエレベーターでお店へ伺いますと、近江牛専門店ということで入り口を入ったすぐのところに証明書が貼られていますし…
一頭買いによる希少部位を提供するお店の元祖とも言われていることから、ミスジであるとかザブトン、イチボなどという売り方はここから始まったのでありましょう


PB206911.JPG
テーブル席や掘りごたつの席もあったのですが、そこは既に予約で埋まっているとのことで、お店の奥にある小上がり席ヘと案内されますと…
その後にやってきた10数名のグループの宴が始まり賑やかになってきました


PB206894.JPG
そんなお店で最初にいただくのは「特上厚切りタン塩」でありまして…
冷凍されることのない生の旨みと食感を楽しむことといたします
タン元の柔らかいところだけが使われているということで、厚切りであってもその硬さを感じることなくいただけますね


PB206900.JPG
そして「本日の特選5種盛り」
一頭買いによる希少部位がいただけるものでありまして、厚切りのサーロインから時計回りにザブトン、ランプ、とうがらし、ヒウチと並べられているとのことですが、素人目には下の3種類は見分けがつきませんね
そして初めて耳にする「ヒウチ」ではありますが、一般的にはトモサンカクと呼ばれるもも肉なのだそうでありまして…
どれもしっとりと舌にまとわるような柔らかさと甘みを感じることができるものでありました


PB206897.JPG
続いていただくのは「切り落とし」
塊のお肉を切り分ける際に出る端材ということなのでしょうが、そうは思えないほどにキレイに切り分けられていますし、お肉の厚みも満足できるもののでありまして…
どんな部位が入るのかはそのとき次第となりますが、お値打ちな商品であると思われます


PB206905.JPG
さらに「漬け込みカルビ」
その名の通りタレに漬け込まれたお肉でありまして、濃厚なタレが焼ける香りにご飯が欲しくなる一品でありますね


PB206907.JPG
そしてそして「昭和のカルビ」なる気になる商品を…
昭和ということでありますからタレで揉み込まれた懐かしいものかと思いきや、サシが美しい上質なカルビが提供されたのであります
これがなぜ昭和なのかは不明なままでありますが、今日は肩バラの一部である「サンカク」という希少な部位が使われているとのことでありまして、サシの甘みを存分に楽しませていただきました


PB206913.JPG
〆にいただくのはいつものように「冷麺」であります
こちらでは盛岡冷麺タイプのものでありまして、ちょっと太めな麺のシコシコとした食感と甘みがあるスープをいただくことができます
これが見事にワタシの嗜好にどストライクでありまして、シェアしようといただいたのですが、ひとりで全部を食べてしまいたいほどでありました



【炭火焼肉 牛和鹿】
東京都江東区門前仲町2-9-5 あずまビル2F
03-3820-2522


[PR]
by gurumeblog | 2017-11-20 23:25 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:『Denny's』  女性を意識した商品づくりとプロモーションが上手いデニーズ

PB196885.JPG

八丁堀へ行く用事があるから…
久しぶりに会えないかとの連絡があって、駅近なデニーズで待ち合わせをすることにいたします
前にあったのはいつだったかなぁと記憶をたどってみるとそれはちょうど一年前の11月のことでありまして、これほどにご無沙汰しているにもかかわらず連絡をいただけるなんてありがたいことですね


PB196876.JPG
最近、平日に提供されるランチメニューが17:00までいただけるようになったことで話題となってもいますが…
この会社のプロモーションが魅力的であることから、ファミレスの中でもこちらを利用することが多気なってしまうんですよね


IMG_2943.JPG
秋というにはちょっと寒さを増した今日でありますが…
熱々な煮込みハンバーグは魅力的でありますし、濃厚なデミソースのコクや酸味を想像しただけでもおいしそうであります


PB196886.JPG
小腹が空いてきた時間だとは言えハンバーグをいただくほどではなく…
コーヒーとともにクラブハウスサンドをいただくことにいたします
ベーコンとチキン、それにみずみずしいレタスやトマトと卵までが挟まれた贅沢なサンドイッチでありますし、胚芽パンが使われるところは女性を意識しているデニーズらしいところでありますね



【Denny's】
東京都中央区八丁堀2-25-10 三信八丁堀ビル1F
03-3551-9812


[PR]
by gurumeblog | 2017-11-19 23:42 | チェーン店 | Comments(0)

京急本線日ノ出町駅:『太田なわのれん』   1868年創業 牛鍋の元祖とも言われる横浜の老舗

PB186856.JPG

しとしとと雨が降る日ではありましたが、おいしいものを食べようと横浜へ出かけます
横浜に住んでいた頃には毎日のように歩いていた伊勢佐木モールを久しぶりに通ってみますと、家系ラーメンが軒を連ねるようにオープンしていて…
街は客層に応じて変わっていくんですね



PB186821.JPG
そんなことを考えながら歩いていた伊勢佐木モールから裏通りへと入ったところにある『太田なわのれん』
1868年に創業した牛鍋の元祖とも言われるお店でありまして…
お肉を食べ慣れない時代に、その臭みを感じさせないようにと牡丹鍋からヒントを得た味噌ダレでお肉を煮る牛鍋が生まれたのだそうであります


PB186824.JPG
店名にもなっている縄で作られた暖簾をくぐり、たたきで靴を脱いだ後にお部屋へと案内されます
4名以上であれば個室をいただくこともできるのですが、今日はふたりということで山吹の間へ
他のお客さまとの相部屋ではありますが、落ち着きがあるお部屋でありますし、お庭を臨むこともできて…
店格の高さを感じることができますね


PB186833.JPG

PB186836.JPG
いただくのは「牛鍋御膳」
まずは前菜として有馬山椒煮と蟹とかぶらの冷菜が提供されまして…
山椒煮ではホロホロと柔らかく煮込まれたお肉の甘みとピリッとした山椒の風味を楽しめますし、ほんのりとかぶらが香る冷菜にはしっかりと蟹の身が入っていて満足いくものでありました



PB186844.JPG

PB186852.JPG
木箱に入れられた七輪と薄い浅めの鉄鍋
それにゴロゴロとサイコロにカットされたお肉とたっぷりの江戸甘味噌
これが創業から150年近く守り続けられているスタイルであるとのことでありまして…
お昼の営業がある土日祝日だけに提供されるサービスメニューであるにも関わらず、ちゃんと仲居さんが目の前でおいしく調理してくださいます
サッパリとしたサシが入った上等なお肉をミディアムレアほどに煮込んだあとは卵を潜らせて…
トロンとした食感と甘みを増したネギと一緒にいただきます


PB186857.JPG

PB186859.JPG
ひとしきり楽しんだ後は、お味噌をしっかりと煮詰めて…
濃厚さを増したお味噌はご飯との相性が抜群でありまして、このお味噌だけでご飯のお替りができるほどのものであります




【太田なわのれん】
神奈川県横浜市中区末吉町1-15
045-261-0636


[PR]
by gurumeblog | 2017-11-18 23:24 | 神奈川県 | Comments(0)

東京メトロ半蔵門線三越前駅:『天松』   こだわりの素材と秘伝のタレがおいしい江戸前天丼

PB176813.JPG

日本橋へ出かける用事があって…
ついでにランチも日本橋で済ませることにしようと、以前から気になっていた『てんぷら 天松』ってお店へお邪魔することにいたします



PB176805.JPG
1936年に渋谷道玄坂で産声を上げたとのことなのですがその店は今は無く…
ここ日本橋のお店が本店としての位置付けになるのでありましょうか
一階と二階には目の前で揚げられる天ぷらをいただくことができるカウンター席が、そして三階にはテーブル席と、その風格も本店としての位置付けに恥じることがないものであるように思えます


PB176810.JPG
暖簾を潜ったすぐそこにある帳場で食券を買うこととなるのですが、13:30近くになっても一、二階ともに満席であるとのことでありまして…
次の予定への時間が迫っていることを伝えると三階のテーブル席ならばと案内していただくことができ、狭い階段をグルグルと回って登ります


PB176814.JPG
いただくのは「花てんどん」
海老2本とイカやキス
それに季節の野菜としてかぼちゃとしめじと舞茸の天ぷらが載せられ、さらには小海老とミニホタテのかき揚げまでもが盛られる贅沢なものでありますし、タレに浸けられた天ぷらの姿はまさに江戸前でありますね
素材にこだわるというだけあって、使われる海老はかき揚げの小海老までもがしっかりとしたものでありまして…
最近のコストや手間を嫌うお店とは別格であることが感じられます
そんなお店でありますから、お味噌汁にだって手抜きはなく…
出汁の香りが鼻から抜けますし、具だって丁寧にカットされたお豆腐となめこがバランス良く入っていましたよ



お昼の営業終了に向けクローズの準備をしていたであろう三階に快く案内してくれるおもてなしの気持ち
そして、お見送りも自然な笑顔で…
おいしいお料理がいただけるお店は少なくないのですが、接客が素敵なところは少ないだけにうれしい気持ちになりますね



【てんぷら 天松】
東京都中央区日本橋室町1-8-2
03-3241-5840


[PR]
by gurumeblog | 2017-11-17 20:29 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ東西線門前仲町駅:『煙』   10月23日オープン 炭火での塩焼きにこだわるお店で焼鳥三昧

PB166788.JPG

ひと通りの予定を終えて自宅へと戻ってみたら、電気設備の点検、修繕工事とのことで17:00まで全てのエレベーターが停止しているとのこと
もちろん事前告知はあったのだけど、それをすっかり忘れていたのでありまして…
仕方がないので30分ほどの時間をマンションのロビーで潰すことにしたのですが、時間になっても復旧することはなく担当の方は溜まっていく住民に頭を下げ続けておられました



PB166756.JPG
なんとか17:30前に復旧し、一旦お部屋へ戻ったあと夜の会食へと出かけます
目的とするのは門前仲町に10月23日にオープンしたばかりの『炭火焼鳥 煙』ってお店でありまして、予約しておいた19:00にお邪魔してみますと女子会で盛り上がっている30代であろうグループや会社帰りのビジネスマンたちでワイワイガヤガヤと賑やかであります


PB166772.JPG

PB166778.JPG

PB166784.JPG
お刺身や揚げ物など多くの商品を提供する"総合居酒屋"ではなく炭火で焼き上げる焼鳥に特化した"焼鳥屋"であることから、そのおいしさには期待が持てそうだと、あれこれといただくことにいたします
最初の一皿は手前から「むね」「もも」「かわ」
ふた皿目は「つくね」「ねぎま」「はらみ」「せせり」
さらに三皿目は「うずらの豚巻き」と「ぼんじり」
リクエストがあればタレでの提供もするそうですが、こちらでは自信を持って提供する塩をデフォルトとしているとのことでありまして…
これだけの焼鳥を一度にいただくことなんてめったにあることではないですが、そのどれもが素材の旨味をキチッと引き出されたおいしさであることから、こちらのこだわりも納得であります


PB166767.JPG

PB166795.JPG
一緒にいただいたのは「鶏みそ坦々サラダ」と「鶏だし巻き玉子」
長崎皿うどんに使われる麺のようなパリパリが乗ったサラダはその食感が楽しく辛味が効いた鶏みそとの相性も良いものでありましたし、何よりもたっぷりと出汁を含んだプルンプルンのだし巻き玉子は何も付けずともおいしくいただける見事なものでありました


PB166801.JPG
そして〆には「深川釜飯」をいただくことにいたします
固形燃料で炊き上げられるのですが、それほど待つこともなく…
湯気が噴き上がるタイミングではその香りが広がることでのご馳走感がありますし、炊き上がったご飯には薄っすらとおこげもできていまして…
門仲というご当地らしくアサリがふんだんに使われたことでの旨味が加わった釜飯でありました



【炭火焼鳥 煙】
東京都江東区富岡1-25-4 NICハイム八幡2F
03-6458-5632


[PR]
by gurumeblog | 2017-11-16 23:56 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅:『いっぱい喰い亭』  期待を裏切るおいしさだった「しいたけそば」

PB166749.JPG

朝から、築地 、銀座と予定を済ませ、お昼をいただくことにしようと京橋
あまり時間がないために軽くそばを啜ることにしようと、お気に入りの立ち食い蕎麦屋へと向かっていたのだけど…



PB166742.JPG
東京スクエアガーデンの裏手に4年ほど前にオープンした『いっぱい喰い亭』
その店名からおいしいものがいただける気がせずにスルーを繰り返していたのだけど、怖いもの見たさってこともありお邪魔してみることにいたします


IMG_2895.JPG
券売機を眺めていますと、そこにはなんと「しいたけそば」の文字があるではないですか
もちろんフレッシュなしいたけもおいしいのですが、乾燥したそれの戻し汁の旨味と香りが大好きで…
迷うことなく、そのボタンを押すことにいたします


PB166750.JPG
中サイズほどのしいたけが4個
それにお麩が乗せられたお蕎麦を啜りますと、醤油とミリンが香る濃いめのおつゆがおいしくありますし、しいたけも期待を裏切ることのない旨味を出していまして…
期待以上のおいしさに箸が進みます


IMG_2896.JPG
店頭にはそば粉にこだわっている旨の貼り紙があるのですが、全てのお蕎麦がそうではないようでして…
自家製麺されたお蕎麦に変更するには、差額の券を買わなければならないようですね
あまりそれを売る気がないのか、不親切なのか…
ちょっと残念でありました



【いっぱい喰い亭】
東京都中央区八重洲2-10-10 新八重洲ビル1F
03-6225-2484


[PR]
by gurumeblog | 2017-11-16 21:55 | 東京都 | Comments(0)

都営地下鉄大江戸線勝どき駅:『まんぷく苑』   お昼から満席の賑わいである人気の焼肉店

PB156740.JPG

勝どきに評判高い焼肉屋があって…
スケジュールがぽっかりと空いている今日を逃してはと、月島のもんじゃストリートを通り抜け勝どきへと向かいます



PB156704.JPG
大江戸線勝どき駅に直結するタワーマンションの二階部分にあるお店は大きな通りからその姿を臨むことは出来ず…
通りがかりで見つけて入店するお客さまはいないのではと思われるのですが…


PB156714.JPG
お店に入りますと、ワタシがいただくこととなった2人掛けのテーブルを除いて全てが埋まっているという繁盛ぶりでありまして…
近隣にお勤めであろう方々を中心とした客層であるのですが、ビビンバやカルビ丼と言ったランチ商品ではなく、昼間っからお肉を焼いている姿に評判に違わないことを察することができます


IMG_2881.JPG
ということでワタシもお肉を焼くことにしようと看板に大きく書かれた元祖タン塩をいただこうと思ったのですが…
残念なことにお昼の時間にはタンの販売がないとのことでありまして、かなりショックを受けながらも「カルビランチ」に追加メニューとある「ハラミ」をいただくことにいたします


PB156716.JPG
お肉の前にライス等のセットが提供されるのですが、ひと口いただいたワカメスープや小鉢として添えられた煮込まれたタンのおいしさに驚かれまして…
もちろんご飯だって炊きたてのツヤツヤで甘みを感じることができるものであります


PB156728.JPG

PB156732.JPG
程なく提供された「カルビ」と「ハラミ」
サラッとしていながらも程よい甘みがあるタレで揉み込まれていますので、焼いている最中には芳ばしい香りが広がって…
ミディアムほどに焼けるまでが待ちどうしく思えます
つけダレとのバランスも良くご飯がおいしくいただけるものでありますし、セットに添えられるキムチもあって、次のお肉が焼ける前にご飯だけが進んでしまいそうであります
ランチ価格ということもあって過剰な期待はできないのでありましょうが、もう少しお肉に厚みがあると更にうれしいですね



【まんぷく苑】
東京都中央区勝どき1-7-1 勝どきサンスクエア2F
03-3531-2989


[PR]
by gurumeblog | 2017-11-15 22:50 | 東京都 | Comments(0)

第一三共胃腸薬60周年特別企画『人生おいしく横丁』でメガ盛り宴会は如何?

PB146698.JPG

11月14日である今日
第一三共胃腸薬が生まれて60年ということで…
それを記念した特別企画『人生おいしく横丁』のメディア試食会にお呼びいただくことができました
第一三共胃腸薬のCMでタレントの石塚英彦さんが発する「人生おいしく」というキャッチコピーをもじった企画であるようで、有楽町産直飲食街と新橋産直飲食街とのコラボであります
おいしいものをお腹いっぱいにいただいても、胃腸薬があるから大丈夫ってことなのでありましょうか、製薬会社のイベントしては面白い内容でありますね



PB146685.JPG
◆「人生おいしくメガカツ盛り」
厚切りロースカツを高さ21cm に積み上げた総重量1kg のメガ盛りであるのですが、岩手県のブランド豚「佐助豚」が使われるなど素材へのこだわりもあるようで…
サクッとしたパン粉としっとりとジューシーに揚げられたお肉をいただくことができます


PB146690.JPG
◆「新記録!9.98RUN バーグ」
男子100m走日本新記録「9,98 秒」にちなんだ998gのハンバーグは圧巻の大きさでありまして、これをどのようにして焼き上げたのかというのが気になるところではありますが…
しっかりとしたお肉の旨味とデミグラスの酸味が調和していることでおいしくいただくことができます


PB146692.JPG
◆「富士4 段盛り」
前人未到の連勝で時の人となった藤井聡太四段
その勝負メシまでもがメディアに取り上げられるなど話題が絶えることはなく…
そんな彼の勝負メシの中からその中から、卵チャーハン、豚からあげ、鶏から揚げ、豚キムチめを贅沢に4段積み重ねたというものであります


PB146673.JPG
開催されるのは有楽町と新橋の産直飲食街でありまして…
そのスケジュールは
有楽町:11月14日(火)~11月27日(月) 
新 橋:11月29日(水)〜12月12日(火)
それぞれ14日間の開催でありますが、それほど離れていない場所でありますから期間中には仲間と予定を合わせてメガに挑戦されてみるのも良いかも…


PB146696.JPG
◆「プレミアムブラックフライ」
11月24日(金)はブラックフライデーとプレミアムフライデーが重なることから、この特別な一日を記念し“プレミアム”で“ブラック”な“フライデー”を表現した真っ黒なから揚げ「プレミアムブラックフライ」を期間限定で提供されるそうで…
イカ墨と竹炭がミックスされたブラックを楽しんでみては如何でしょう?
有楽町:11月24日(金)~11月27日(月) 4日間
新 橋:11月29日(水)~12月01日(金) 3日間



【有楽町 産直飲食街】
東京都千代田区有楽町2-1-1 インターナショナルアーケード

【新橋 産直飲食街】
東京都港区新橋2-5-6 大村ビル1F

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/info/info00532.html
[PR]
by gurumeblog | 2017-11-14 23:19 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線京橋駅:『京橋モルチェ』   旬を迎える牡蠣と寒い日には食べたくなるドリアのコラボ

PB146665.JPG

お昼をいただこうと出かけてみたらば…
八重洲付近の上空にはヘリコプターが止まっていましてバタバタと騒音を出していますし、何台もの消防車がサイレンを鳴らしながら走り去って行くしと、何があったのかはわかりませんが賑やかであります



PB146659.JPG
そんな中、向かったのはエドグラン
明治40年に開業したという洋食のパイオニア的存在である『中央亭』の歴史を受け継ぐという『京橋モルチェ』が今日の目的であります
ずっとお邪魔したい思っていたお店なのですが、土日はお休みでありますし貸切となる日も多く…
これまでタイミングが合わなかったのであります


PB146666.JPG
そんなお店の自慢料理がハンバーグだということで、それをいただくつもりでやってきたのありますが…
時折降る小雨での冷えこみもあって、身体が冷え切っていたワタシは旬の味覚なるメニューにあった「カキドリア」に心奪われます
待つこと10分ちょっと サラダをいただいている内にそれは提供されます
グツグツと音を立てながら… とはいきませんが、十分に舌を火傷しそうなくらいに熱く、フーフーと息を吹きかけながらいただきます
濃厚かつ程よい塩味で調味されたベシャメルとミディアムレアほどに火が通った牡蠣から溢れるジュースが一体となることでの風味を楽しむことができます
残念に思えるのはそれに敷かれるライスが白飯であったことでありまして…
少しアルデンテが感じられるほどのバターライスであれば最高でしたね


PB146660.JPG
昼は洋食屋、夜はビアホールとふたつの顔を持つことから、180席を有する店内は300名ほどの立食パーティーも可能であるとのことですし、会合などにも使える個室が2部屋あるとのことで…
今日もなにやらオジサマたちの宴会が催されていたようですね



それぞれの季節に、食べたくなる素材とお料理があるものでして…
それを上手くお客さまに伝えることで、お客さまの満足とお店の利益の両方を得ることができるのでありましょう



【京橋モルチェ】
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグランB1F
03-3274-3891



[PR]
by gurumeblog | 2017-11-14 18:07 | 東京都 | Comments(0)