ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

タグ:そば・うどん ( 344 ) タグの人気記事

東京メトロ日比谷線東銀座駅:『流石』      おいしいお蕎麦を提供するために出汁にこだわるお店

PA125487.JPG

昨日の反省を含め長袖のシャツで出かけてみたらば、日向にいると真夏を思わせる強い陽射しに照らされ熱中症になりそうなほどでありまして…
今日こそTシャツ一枚にすべきだったと反省であります



PA125463.JPG

PA125509.JPG

PA125504.JPG
そんなことで、冷たいお蕎麦がいただきたくなったワタシは日陰を選ぶように歩いて『流石』へと向かいます
"ミシュランガイド東京2017"で星を取ったということもあってか、大通りからは路地を一本二本と入った場所にありながらも12:00を過ぎるとカウンター席までもが埋まる人気店なのであります


PA125471.JPG
いただくのは平日にのみ提供される「昼のお任せ」でありまして…
「小鉢」として出されたのは作りたての湯葉ということですが、黒豆の湯葉とは初めていただきました


PA125480.JPG
そして「小さなかけそば」
つなぎを一切使わない10割の蕎麦をこれほどまでに細打ちできるとは驚きですし、たっぷりの鰹で取られたという熱々の出汁は香り豊かでありまして…
わさびはもちろん本わさび
つゆに溶いてしまうと香りが消えてしまうと、一口ごとにわさびを付けながらいただきます


PA125482.JPG
「桜海老のかき揚げ」
サクッと揚がった…
そんな単純な言葉で表現したくはないのですが、ボキャブラリーに欠けるワタシには良い言葉が思いつかないのが悔しいと思うほどに見事なかき揚げであります
ほんのりと上質な油の香りがあり、追っかけるように桜海老の香ばしい香りが広がるのであります


PA125488.JPG
「冷そば」
ざる蕎麦と冷かけのいずれかを選ぶことができると言うので冷かけをいただくことにいたしますと、薬味として梅おろしを添えて提供されます
まずはそのままおつゆを楽しんでいただき、そのあと薬味を入れて… とのお勧めに従っていただいてみますと、梅おろしを入れることを躊躇うほどにおつゆかおいしくて…
温かいお蕎麦と冷たいお蕎麦を食べ比べさせるなんて、気が利いた構成になっていますね


PA125493.JPG
"つゆをいただくお蕎麦"
そんな言葉がピッタリとくるような見事な出汁に惚れてしまったワタシは、ざる蕎麦のおつゆもいただいてみたくなり追加でお願いいたします
キリッと締まった味わいの中に香る出汁の風味
聞いてみますと、江戸前としては珍しくお砂糖を使っていないとのことでありまして…
おいしいお蕎麦を提供するために、蕎麦へのこだわりはもちろんのこと、それ以上に出汁にこだわっているのだと感じます



老舗や高級店にありがりなふた口三口でいただけてしまいそうなお蕎麦が数千円もするようなこともなく、こんなに良心的なお値段で大丈夫なの? と心配になるほどに魅力的なお店ありました



【蕎麦 流石】
東京都中央区銀座2-13-6 東二ビル2F
03-3543-0404


[PR]
by gurumeblog | 2017-10-12 22:44 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線三越前駅:『日本ばし 吉田』    お値段相当なお蕎麦を気軽にいただくことができます

PA013160.JPG

朝寝坊の後、洗濯や掃除などの雑用をこなす日曜日
お腹が空いたなぁと時計を見たらお昼を過ぎていまして…
そろそろお昼をいただかなければと、日本橋へと向かいます



PA013155.JPG
50年ほどの歴史があるという、老舗感が漂う『日本ばし 吉田』
日本橋三越前という一等地にありながらも、サンプルケースにはリーズナブルなお蕎麦が並べられていまして…
それを見る度に、一度お邪魔して見たいと思い続けていたのであります


PA013158.JPG
一階だけでなく二階にも客席があるようですが…
ひとりでふらっと立ち寄ったワタシでありますから当然のように一階のテーブル席をいただくこととなるのですが、落ち着いた感じがある店内の居心地は悪くありませんし、何よりも家庭的な雰囲気で迎えてくれる接客に好感を持つことができました


PA013161.JPG
定番である蕎麦メニューが並べられたメニューのほかに、大きな写真が載せられた「鴨せいろ」だけのメニューがありまして…
それがお勧めであるに違いないとそれをお願いいたします
キリッと醤油の辛みあるつゆには細切れではあるけども多めの鴨が入っているのだけど、残念なことにはネギが思いの外に少なく、鶏のつみれが入っているというプラスを持っても補いきれない失望感が…
小口に切られたネギが3~4本ほどは入っていて欲しいところであります


PA013167.JPG
蕎麦は好みの細切りの更科ではありますが、コシが弱いために喉越しを楽しむことができず…
お値段的には相当なものだとは思うのですが、お店の佇まいから自ずと期待が高まってしまうんですよね



【そば處 日本ばし 吉田】
東京都中央区日本橋室町1-5-1
03-3241-3629


[PR]
by gurumeblog | 2017-10-01 20:50 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線東京駅:『玉丁本店』     東京駅でいただける本格的な名古屋名物「味噌煮込みうどん」

P8161379.JPG

分厚い雲に覆われているために陽射しが弱く涼しさを感じる日であります
こんな日にこそ…
と、土鍋でグツグツと煮込まれる、名古屋名物「味噌煮込みうどん」をいただくことにいたしましょう



P8161372.JPG
というのも、友人との会話の中でこちらの店が話題になったこともあり、ずっと頭から離れなかったのであります
暑い日には冷たいおつゆでいただくきしめんに気持ちが揺らぐのですが、今日ほどの気温であれば熱々な煮込みうどんも悪くないですよね


P8161384.JPG
海老の天ぷらが入ったものをチョイス
こちらで提供される海老は、ギュッと身が締まったムチっとした食感と、本来の甘味を味わうことができるってことでお気に入りなのでありまして…
なかなかそう言った海老を提供してくれるお店と出会うことがないんですよね
関東でいただく煮込みうどんは一度茹でられたうどんを使うことが多いのですが、本場では茹でられることのない麺を鍋の中で煮込まれるのでありまして…
もちろんこちらでも鍋の中で煮込まれますので、麺の中にまで味噌の味が染み込んだおいしさと独特な歯ごたえを楽しむことができるのであります


P8161392.JPG
お気付きの方もいらっしゃるでしょうが、名古屋でいただく煮込みうどんの鍋蓋には湯気逃しの穴が空いてないんでしよね
と言うのもそれは、その鍋蓋にグツグツと煮込まれたうどんを取り分けることで食べごろにすることができるのでありますし、そうすることでおつゆが跳ねて胸元を汚すことも少なくなると言う知恵の結晶なんですね



【玉丁本店】
東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街 外堀地下2番通り
03-6225-4831
[PR]
by gurumeblog | 2017-08-16 22:00 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『玄粋庵 KITSUNÉ』    細打ちされたお蕎麦の喉越しを楽しむランチ

P8131288.JPG

お盆休みと言えば、13日から15日を中心とし、その年のカレンダーで前後が変わることが多いようでありまして…
今年は13日が日曜日となることから、昨日の12日から15日までがおやすみとする企業が多いいうでありますね



P8131283.JPG
ってことで、ビジネスが多い町ではそれに合わせるように店休としてるお店が多いってこともあり、今日は自宅近くでお昼をいただくことにしようと『玄粋庵 KITSUNÉ』
挽きたての10割蕎麦がいただけると言うことでお気に入りなのであります


P8131298.JPG
何度もお邪魔しているお店でありますから、、だんだんのその感動は薄れてきてるのですが、上等感があるこのエントランスを通るたびに姿勢を正すというか、ちょっとした緊張感が好きなのであります


P8131289.JPG
いただくお料理は「梅おろしそば」
暑い日が続いているということで、こういったさっぱりとしたお料理をいただきたくなるものでもありまして…
梅干の酸味やおろしの辛味が食欲を掻き立ててくれますし、何より冷たいおつゆでお蕎麦をツルツルっと手繰るってことが良いのであります
大根の食感を残す鬼おろしも好きではありますが、こちらのように細かくおろされたおろしがおつゆに馴染み、その旨みがおつゆと一体化するおいしさも良いですね



【玄粋庵 KITSUNÉ】
東京都中央区佃1-11-8 ピアウエストスクエア1F
03-3536-1919


[PR]
by gurumeblog | 2017-08-13 23:04 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ東西線門前仲町駅:『萬寿庵』    香りがおいしい茗荷の天ぷらが乗る「夏の海老天ぶっかけ」

P8061098.JPG

今日は二の丑だということでおいしい鰻をいただこうと門前仲町へと出かけたのでありますが、目的としたお店が夜からの営業となっていたために鰻を求めてさ迷うこととなりまして…
歴史がある街であることから多くの鰻店があると思っていたのですが、日曜日だということもあってか炎天下の中を30分ほど歩き回ったにもかかわらず、やっている鰻屋さんを見つけることができずに予定変更といたします



P8061093.JPG
初詣などで訪ねる神社の近くには歴史あるお蕎麦屋さんが多くありまして…
富岡八幡宮近くにあるこちらもそう言った一軒であろうと思ったのですが、6年ほど前に港区赤坂から移転してきたとのことでありまして、揚げたての揚げ玉を客席でつゆそばに乗せることでの「音のでるたぬきそば」が名物であるようです


P8061099.JPG
当然そんなお蕎麦にも興味を惹かれるのでありますが、さすがに汗ダラダラなワタシは熱いそばをいただく気にはなれず、夏のおすすめ蕎麦とあるメニューから「夏の海老天ぶっかけ」をいただくことにいたします
冷たいぶっかけが夏のお勧めであることは頷けるのですが、商品名にある"夏の…"とは何を意味するのかと関心が湧くところでありまして…
海老天の脇にはみょうがとオクラのてんぷらがそえられていることから、それが"夏の…"であることに納得すると同時に茗荷の天ぷらがこれほどまでにスッキリとした香りでおいしいとはこれまで気付くことがありませんでした


P8061094.JPG
入り口を入ったところには複数組が利用することができる大テーブルのほか4人掛けのテーブルが4つほどあり、奥には落ち着いた雰囲気のテーブル席もあるようで…
気が利いた気さくなサービスとともに、気軽にお蕎麦をいただけるお店でありますね



こちらのお店には唐辛子のほか、こだわりの薬味が多くあるようで…
次回はそれを楽しみながらおいしいお蕎麦をいただきたくもありますし、今日いただくことの無かった「音のでるたぬきそば」にも興味がありますし…
何度か足を運ぶ必要があるお店でありますね



【石臼挽き手打ちそば 深川 萬寿庵】
東京都江東区富岡1-22-29 中村ビル1F
03-6458-8248


[PR]
by gurumeblog | 2017-08-06 22:22 | 東京都 | Comments(0)

JR長崎本線神崎駅:『百年庵』     1873年創業 140年以上の歴史を持つ老舗製麺所直営

P7170392.JPG

連続する真夏日
こんなに暑い日が続くと頭に浮かぶのは冷たい麺を啜る姿ばかりでありまして…
とくに目的も無くランチへ出掛けたところで気付いたのですが、素麺を名産とする佐賀県の神崎って町は筑後からは意外と近いんですよね


P7170374.JPG
そんな神崎市内から15分ほど車で走ったところにある『百年庵』
背振渓谷の水系を利用している老舗製麺所が営むお店だということから、そのお味には間違いないであろうとお邪魔してみますと、炎天下の中で20人近いお客さまが並んでおられるではないですか
そんな光景を目にして怯みはしたものの折角ここまで来たのだからと…


P7170381.JPG
とは言え、ちょうど先客と入れ替わるタイミングであったようで…
15分足らずで席へと案内をしていただくことができたのですが、城原川の清流を眼下にする座敷席で無かったことが残念でなりません


P7170393.JPG
メニューを眺めますと…
通りにある大きな看板にも"神の白糸"とあるように素麺の専門店かと思いきや、冷麦やうどんにとどまらず、蕎麦までもがあることにビックリでありますし、いろんなセットメニューなんかもあって観光地のレストランのようですね
さて、そんなメニューの中から選んだのは「桶そうめん」でありまして、氷水に泳ぐ白糸がとっても涼しげで良い感じであります
気さくなスタッフの方にわがままを言って、少し多めにいただいた生姜でサッパリといただくことができ大満足であります


P7170384.JPG
素麺だけではちょっと物足りだろうと天ぷら盛り合わせをいただきます
とくに何の捻りもないシンプルなものではありますが、麺料理と天ぷらの相性ってホントに良いですよね
しかも、これで580円とはお安くないですか?



【百年庵】
佐賀県神埼市神埼町的1779
0952-53-2853


[PR]
by gurumeblog | 2017-07-17 23:04 | 佐賀県 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線豊洲駅:『石楽』   シャキシャキの山芋 梅肉の酸味でおいしくいただけます

P7140292.JPG

九州への出張の日
いつものように豊洲から羽田空港へと向かうリムジンに乗る前にランチをいただこうと出掛けたのですが、それが少し出遅れてしまったために、どこのお店にも長蛇の列ができていまして…



P7140280.JPG
改めて豊洲のランチ事情を体験したワタシは、そんな中でも最も列が短かかった蕎麦屋さんに並ぶことにいたします
女性のお客さまが多くいらっしゃったことで、席の回転が遅いのではとの不安もあったのですが…
こちらのお店の中央にある大テーブルがひとり客をドンドンと飲み込んでいって、10分も待つことなくその大テーブルの一角をいただくことができました


P7140284.JPG
赤い椅子が印象的なカフェのようなオシャレな雰囲気が女性客を呼び込むのか、蕎麦屋としては珍しいのではないかと思う客層でありまして…
それがまた、あたらな女性客を引き込むのでありましょう
ワタシが席をいただいた大テーブルには女性おひとりさまも多くいらっしゃいました


P7140293.JPG
あまりの暑さだったこともあり、いただくお料理は「たたき長芋と梅肉の冷かけそば」
冷たく冷やされたかけ汁によりサッパリといただけるだけでなく、叩かれた長芋のシャキッとした食感や梅肉の酸味や大葉の香りが食欲を掻き立ててくれる一品でありますね
出汁は鰹節と昆布でとられているようで、その旨みもあっておいしくいただくことができました


P7140295.JPG
お昼のサービスとして提供されるいなり寿司
これがまたしっかりと旨みを染み込ませた揚げでありますので、先のかけ汁との相性も良く…
お腹を空かせたビジネスパーソンにはうれしい一品ですね



忙しいお昼どきではありますが、手が空いた瞬間には冷たいそば茶のお替わりに回るなどサービスもしっかりとしていまして…
おいしさだけでなく、心地良いひとときを過ごすことができました



【石臼挽きそば 石楽】
東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント1F
03-6204-2670


[PR]
by gurumeblog | 2017-07-14 23:10 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『相馬屋』     サクッとした揚げ玉の食感がおいしい冷やしたぬきそば

P7080073.JPG

ちょっとした所用のために出かけていたのだけど…
猛暑日とも言えそうな暑さのために早々に予定を切り上げ帰宅したあと、ちょっと暑さが和らいだであろうと夜ごはんへと出掛けます


P7080067.JPG
とは言え、この厚さの中で食べたくなるものと言えば、ツルツルっと啜れる麺料理ばかりが頭に浮かんでくるのでありまして…
近場にあるお蕎麦屋さんで蕎麦を手繰ることにいたします


P7080070.JPG
平日だと仕事終わりのビジネスマンが一杯やっていることが多いのですが、今日は土曜日だと言うことでか近隣にお住いのファミリーと思われるお客さまで賑わっていまして…
気取ることの無い雰囲気が地元密着として人気なのでありましょう


P7080074.JPG
で、いただいたのは「冷やしたぬきそば」
これまでは、蕎麦と言えば"ざる"をいただくことが多かったのですが、今年ハマっているのが「たぬきそば」でありまして、揚げ玉のサクッとした食感の虜となったのであります
冷たく〆られていることでの蕎麦の喉越し、そして節が香る出汁のおいしさ 
とリーズナブルでありながらも、こちらはホントにおいしいお蕎麦を提供してくださいますね



いつもだと蕎麦屋の出汁で作ったおいしい丼を一緒にいただくところではあるのですが、今日は暑さに負けて食欲ダウン
お蕎麦だけをいただいて帰る寂しい夜ごはんでありました



【そば處 相馬屋】
東京都中央区佃2-6-3
03-3531-4405


[PR]
by gurumeblog | 2017-07-08 22:41 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線三越前駅:『金子半之助』    コシの強さを楽しめる稲庭うどんと一緒にぜいたくめし

P7029828.JPG

チキンバスケット発祥のお店として知られる『銀座キャンドル』が惜しまれつつも64年の歴史に幕を下ろしたのが2014年11月のことでありまして…
あのチキンバスケットをまた食べたいとの声が多かったのか【銀座キャンドル復活祭】なるイベントが開催されるとの情報を得て、今日、それに参加して参りました



P7029845.JPG
おいしいチキンに満足したとはいえ、それだけで夜ごはんを終えるにはあまりにも寂しくて…
お邪魔したのはコレド室町にある『金子半之助』
このお店、連日行列が絶えないことで有名な日本橋の天丼専門店『金子半之助』や八重洲の海鮮丼専門店『つじ半』の系列店でありながら、並ぶこと無くその両方の名物である丼をいただくことができるのであります


P7029843.JPG
それぞれを単品でいただくことはできずメイン商品である稲庭うどんとのセットでいただくこととなるのですが、落ち着いた雰囲気の店内でゆっくりと食事を楽しむことが出来ることを考えると、こちらの利用価値は高いと思うであります


P7029830.JPG
フライドチキンをいただいた後でありますので、今日いただくのは「つじ半のぜいたくめし」
サイズが小さいことや鯛茶漬けがいただけないことなど残念な点もありますが、そのおいしさは変わることなく…
十分に満足することができます


P7029837.JPG
そして稲庭うどん
今日は(冷)のぶっかけをチョイスし、テーブルに作り込まれた薬味入れから温泉卵と山菜、それに天かすをトッピングいたします
キュッと冷たいお水で絞められた稲庭うどんのコシと、冷たく冷やされていながらも出汁の風味を感じることができるおつゆでおいしくいただくことができます


P7029822.JPG
薬味ケースには5種のトッピングと、ひとつの漬物が用意されていまして…
好きなものを好きなだけいただけるってことも魅力なのであります



次回は…
海老 小柱 イカと言った海鮮のほか、舞茸やシシトウなどが添えられる「金子半之助の天ばらめし」を目的にお邪魔することにいたしましょう



【稲庭うどんとめし 金子半之助】
東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2 B1F
03-6265-1650


[PR]
by gurumeblog | 2017-07-02 23:12 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線月島駅:『玄粋庵 KITSUNÉ』    店内で蕎麦の実を挽くこだわりの10割蕎麦

P6309779.JPG

昨日に続いて体調が優れず…
今日のランチも近場で済ませることにいたします



P6309775.JPG
タワーマンションの一階部分にありながらも、しっかりとしたお店の顔を持つお蕎麦屋さん『KITSUNÉ』は、自店で蕎麦の実を引くことから始めるというほどにこだわりが高いお店でありまして…
その蕎麦のおいしさがお気に入りで何度もお邪魔しているのであります


P6309780.JPG
体調が悪いなんて言いながらも食欲が落ちことは無く、どれだけ食いしん坊なのかと自分でもびっくりするほどでありまして…
今日は平日のお昼と言うことで、丼とセットになったお得なランチメニューをいただくことにいたします
丼とセットになると言うことでお蕎麦は少なめになっているようですが、ワタシはそれを並盛に変更してもらい、10割蕎麦でありながらも細切りされた喉越しの良いお蕎麦をいただきます


P6309783.JPG
お蕎麦屋さんでいただく丼と言えば、お蕎麦との相性が良いことから欠かすことのできない天ぷらを使った天丼であったり、夜に焼き鳥などを提供するお店が多いことやお蕎麦屋さんならではのこだわりの出汁で煮込む親子丼がデフォルトなのでありまして…
今日はその親子丼をいただくことにしたのですが、こちらでは胡椒で下味をつけた鶏肉を一度焼き上げたものが使われているようで、芳ばしさがある鶏肉のおいしさが光っています



ワイングラスで提供されるそば茶はとてもお洒落に感じますし、冷たく冷やされていながらもしっかりと蕎麦の香りがして…
食後のお口をサッパリと流してくれますね



【玄粋庵 KITSUNÉ】
東京都中央区佃1-11-8 ピアウエストスクエア1F
03-3536-1919


[PR]
by gurumeblog | 2017-06-30 13:39 | 東京都 | Comments(0)