ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

タグ:和食 ( 511 ) タグの人気記事

東京メトロ銀座線日本橋駅:『杜の都 太助』      上品な雰囲気の中でいただく仙台牛たん焼でランチ

P7310850.JPG

打ち合わせのために日本橋へと向かったのでありますが、真夏日になったとのではと思うほどの炎天下でありましたので10分ほど歩いただけでも額からは流れるような汗が吹き出しまして…
持っていたタオルハンカチが絞れるのではないかと思うほどでありました



P7310841.JPG
14:00近くとなったランチをいただくのは『杜の都 太助』
創業地である山形に工場を構え、営業の拠点は東京という食品メーカーの外食事業部が運営しているようで…
特に仙台とは無縁のようにも思えるのでありますが、牛たん焼きの発祥とされる『味太助』からの分店とされる『旨味太助』との関係があるようですから期待が持てそうであります


P7310848.JPG
店内は落ち着きと上品さを兼ね備えていまして…
一人だということでカウンター席をいただいたのでありますが、狭さを感じることも無い居心地の良い空間での食事をたのしむことができました


P7310851.JPG
"塩焼き"か"味噌焼き"との2種の焼き方があるようで…
まだいただいたことの無い"味噌焼き"にも興味が湧いたのですが、先ずはベーシックであろう"塩焼き"の1.5人前をいただくことといたします
程よい厚みにスライスされた牛タンは歯応えを楽しむこともできますし、噛むたびに塩が引き出す旨みがお口の中に広がって…
これこそが仙台の牛たん焼だとひとり頷きます


P7310858.JPG
P7310860.JPG
添えられる熱々なテールスープのサッパリとしたテールの旨みとネギの香りを楽しむことができますし、ととろも文句なしのおいしさ満足いくものでありまして…
南蛮味噌漬のピリッとした辛味とともにいただきました



『利久』『喜助』『伊達の牛たん』『杜』などと、東京駅周辺には多くの牛たん焼のお店があるのですが…
上品な雰囲気の中でで牛タン焼をいただこうと思えば、こちらへお邪魔することが正解かも知れませんね



【仙台牛たん焼専門店 杜の都 太助】
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワーB1F
03-6214-3620


[PR]
by gurumeblog | 2017-07-31 17:38 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線銀座駅:『大和田』     明治から続く老舗店でいただくふっくらと焼き上がった鰻

P7250715.JPG

土用の丑の日ということで、お昼は鰻をいただくことにいたします
古くからあったとされる栄養価の高い鰻を食べて暑い時期を乗り切ろうとする習慣でありますが、この土用の時期には暑い日が続くことが多いようで…
7月に入ってから連続する真夏日のお陰でバテバテであります



P7250699.JPG
明治26年創業という鰻の老舗『大和田』
新橋にある本店へお邪魔しようかとも思ったのですが、そこはサラリーマンの聖地とも言われる新橋でありますから間違いなくお昼どきには混み合うことであろうと、コリドー街にある支店へとお邪魔することにいたします


P7250707.JPG
5年ほど前にオープンしたお店だということもあり、老舗らしさを感じることの無い明るい店内でありまして…
40席ほどの客席が幾つかのエリアに区切られていますので、落ち着いて食事ができる空間となっていることもうれしいことであります


P7250716.JPG
こちらで提供されるうな重は、乗せられるうなぎのボリュームによって"兎""鶴""亀""特上""鳳凰"となっていまして…
お昼の時間には1/2尾の"華"もいただくことができるようですが、それではあまりにも寂しさがあるでしょうと1.5尾が盛られる「亀」をいただくことにいたします
ふっくらと蒸された鰻に甘めで上品な味わいがあるタレを付けて焼き上げる
そんな職人の技を感じることができるものであり、ふっくらとした食感と芳ばしい香りに舌鼓を打つことができました



今年は8月6日が二の丑となるようですので、またおいしい鰻をいただこうかと思うのですが、残念なことにこちらのお店は定休日であるようですね



【鰻割烹 大和田】
東京都中央区銀座7-2先 銀座コリドー1F
03-6228-5503



[PR]
by gurumeblog | 2017-07-25 23:04 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅:『宮下』    オシャレなお店でいただく黒毛和牛のすき焼き

P7230641.JPG

ちょっと買い物したいものがあって銀座へと出かけ…
マロニエゲートにある『宮下』ってお店ですき焼きをいただくことにいたします
2週間ほど前にも他のお店でいただいたばかりではあるのですが、そのおいしさが忘れられずに…



P7230649.JPG
12階へとエレベーターで上りますと、その正面で迎えてくれるのが『宮下』でありまして…
広々としたエントランスには落ち着いた雰囲気を感じますし、そこに掛けられた暖簾からは老舗店かと思うようなおいしさを感じることができます
吸い込まれるように店内へと入りますと一面の窓ガラスが迎えてくれまして、開放的な雰囲気でありますし、窓際の席からは銀座の街が一望できますので夜だと更に雰囲気が良くなることでありましょう


P7230636.JPG
A5ランクの黒毛和牛が使われるという「すき焼き御膳」をいただきますと…
さすがにランチとして提供されるものでありますからサシが入ったロース肉とはいかないようですが、お肉の柔らかさや脂身の甘みは黒毛和牛ならではのものでありますし、お肉で隠されるように長ネギや玉ねぎ、えのき しらたき お豆腐とボリューム感もあって満足度も高いものであったのですが…
炊き上がって時間が経っているであろうと思われるご飯とぬるいお味噌汁にはガッカリさせられました



サービスも期待されるものではなく…
言われたことだけを間違いなくこなすと言ったレベルでお客さまへの気遣いとまでは至っておらず、折角の雰囲気のお店であるだけに勿体無さを感じました



【江戸前肉割烹 宮下】
東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート12F
03-3538-4129


[PR]
by gurumeblog | 2017-07-23 23:57 | 東京都 | Comments(0)

福岡地下鉄空港線中洲川端駅:『てら岡』   老舗料理店でいただく活いかは見惚れるほどに透き通る美しさ

P7180416.JPG

お気に入りの『THE CITY BAKERY』が運営する『BAR & BURGER RUBIN』でランチを済ませ…
軽く打ち合わせをした後は福岡で一緒に仕事をしている仲間との会食であります



P7180442.JPG
で、お邪魔させていただくのは1976年創業という福岡を代表する日本料理店『てら岡』
お店の看板にもあるように一年を通じていただくことができる"活いか"が名物であるとのことですし、創業以来の人気メニューでもあるとのことですから「いかづくしコース」をいただくことにいたします


P7180424.JPG
九州一番の歓楽街である中洲への入り口となる春吉橋の袂にあるということで、今回いただいた3階のお部屋からは那珂川の流れを望むことができ…
水の流れで涼しさを感じることもできますし、向こう岸に見える"Grand Hyatt"も良い感じであります


P7180412.JPG
提供された前菜には「てら岡の三珍」と名付けられていまして…
柚子を加えた唐辛子のタレに生いかを漬け込んだてら岡オリジナルの名物商品である「いかじゅぽん」と明太子、そしてもう一品は…
白身魚のフライだったのですが、そのお魚はあらだったのかふぐだったのかわかりませんでした


P7180418.JPG
そしてメインとなる「いか活造り」
博多に来たなら…
と、これまでにも活いかをいただいたことはあるのですが、これほどまでに身が厚いものは初めてでありまして、そのコリコリとした食感と甘味は期待以上でありまして…
仲居さんにお勧められた藻塩でいただいてみますと、その甘みが一層引き立てられるような感じでおいしくいただけますね


P7180432.JPG
いつの頃からか、博多のお土産ランキングに名を連ねるようになった「いわし明太子」
確か、その始まりは老舗明太子屋さんが開発したと記憶しているのですが、こちらてら岡でもお土産として販売されているようですね
とは言え、これがいかづくしコースに入れられる必要性は無いようにも思えるのですが…


P7180434.JPG
「いかしゅうまい」
確かにリーズナブルなお料理ではありますが、先のいわし明太に続いてまたもや既成商品が提供されまして…
確かにおいしくはいただけるのですが、福岡を代表する料理屋さんとの期待にはそぐわないように思えるのですがね


P7180428.JPG
「いかの後作り」
先にいただいた活造りのゲソやエンペラーを塩焼きのほか天ぷらや唐揚げに二次加工していただけるとのことですから、天ぷらにしていただけるようお願いいたします
活いかを提供するお店では当たり前になっているサービスではありますが、そこは歴史ある料理屋さんだけにサクッと揚がった衣の食感は見事なものでありますし、出汁の旨みが感じられる天つゆはさすがといえるモノでありました


P7180437.JPG
〆の食事は白飯の上に刺身と卵黄が乗せられた「いか丼」は、九州の甘みある醤油でいただく卵かけご飯のおいしさの中にイカのコリコリとした食感と甘味が加わって…
海苔の風味も良いアクセントになってますね
そして…
添えられた味噌汁の、甘みある白味噌がまた良い感じでありました


P7180441.JPG
ゼリー寄せのツルンとした舌触りが涼しげな感じがするデザートで「いかづくしコース」も〆
おいしい活いかもいただきましたし、仲間との楽しい時間も過ごせましたし、大満足のひと時でありました



次回こちらへお邪魔することがあれば…
ふぐの白子がたっぷりと入った白子の雑炊をいただいてみたいものであります



【日本料理 てら岡】
福岡県福岡市中央区西中洲1-3
092-734-3988


[PR]
by gurumeblog | 2017-07-18 23:42 | 福岡県 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線銀座駅:『松重』    松阪牛専門の老舗精肉店直営 お肉の舌触りがおいしいすき焼き

P7070026.JPG

この春に開業したGinzaSix
ひと月ほど経ったときに見学へ行ったのですが人が多くって…
それで、そろそろ落ち着いて来たようですので再訪してみることにいたします



P7070037.JPG
6階にある銀座大食堂
こちらには全国から選りすぐられたという7店舗が軒を連ねるのれん街と、そのお店に囲まれるモダンテラスエリアと言うものがあって…
各店に用意される10席ほどのカウンター席でこだわりのおいしさを楽しめるのはもちろんのこと、モダンテラスエリアでは各々のお店が用意したセレクトメニューをランダムにいただくこともできるようですね


P7070031.JPG
ってことでお邪魔したのは『松重』
三重県津市で60年近い歴史を持つ松阪牛専門の精肉店『朝日屋』の直営店として、おいしいすき焼きと牛しゃぶを提供して下さるお店であります
店内にはピシッと白衣を着た、いかにも肉職人らしき方がいらっしゃいまして…
ちょっと緊張しながらも仲居さんに促されるままにカウンターに着席いたします


P7070007.JPG
P7070011.JPG
松阪牛を…
とも思いましたが、さすがにお値段も立派なものでありますので、今回は比較的リーズナブルな黒毛和牛のすき焼きをいただくことといたします
とは言え、そのサシの美しさは見事なものでありますし、思いのほかしっかりとした厚みにスライスしていただけますからご馳走感は半端ないですね


P7070018.JPG
P7070002.JPG
そんなお肉を仲居さんが丁寧に焼いて下さいまして…
ジューっと立つ音とともに拡がる割り下が焼ける香りに幸せを感じます
そして焼き上がったお肉を玉子に潜らせてお口へと運びますと、とろけるように柔らかな舌触りとサシの甘みが拡がる至極のひと時を満喫
お肉のおいしさだけでなく、程よい甘みがある割り下のおいしさも光ります



数あるお肉料理のなかで一番好きなのがすき焼きでありますし、最期の晩餐に何が食べたいと聞かれると間違いなくすき焼きと応えるでありましょう



【すき焼き 牛しゃぶ 松重】
東京都中央区銀座6-10 GinzaSix 6F 銀座大食堂内
03-6274-6829


[PR]
by gurumeblog | 2017-07-07 22:17 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ銀座線日本橋駅:『八重洲 とよだ』     百余年続く八重洲の老舗でいただく「檜物町定食」

P6269649.JPG

おいしいお魚料理が食べたい
そんなことを思う日は少なくないのだけど、そんな気持ちに応えてくれるお店と言うのが少ないのが現実でありまして…
リーズナブルにいただこうとなると、その選択肢は更に少なくなってしまうのであります



P6269655.JPG
オシャレな雰囲気が漂う丸の内側とは異なり、雑多な雰囲気を残す八重洲にある『とよだ』ってお店
大きな看板が出されることが無いために見過ごしてしまいがちでもありますし、その佇まいから察することは難しいのですが1913年創業という百余年続く八重洲の老舗店なのでありまして…
四代目が作るおいしいお魚料理を提供していただけるのであります


P6269646.JPG
夜の時間ですと一万円近く掛かってしまうのでしょうが、お昼の時間に提供さるお料理は比較的リーズナブルであることから人気となっているのでありまして…
そのお客さまの多くはフライ料理を目的とされているようなのですが、ワタシがいただいたお料理はお魚料理とお刺身のふたつがいただける「檜物町定食」であります
今日のお魚料理は身が厚い鮭の照り焼きであったのですが、そのふっくらとジューシーな味わいは見事ななものでありますし、お刺身だって生だと思われる本鮪の中トロにイカと〆さばが添えられる3点盛と十分な価値を感じることができるものなのでありまして…
その満足度はお値段以上であります



それほど大きなお店ではありませんが、おいしいお料理だけでなく行き届いたサービスを受けることができることもこちらの魅力でありまして…
人気が高いフライ料理にも惹かれはしますが、おいしいお魚料理が恋しくなったらお邪魔したいお店の一軒であります



【八重洲 とよだ】
東京都中央区八重洲1-6-15 登代田ビル1F
03-3271-9235


[PR]
by gurumeblog | 2017-06-26 22:56 | 東京都 | Comments(0)

東京メトロ日比谷線人形町駅:『玉ひで』     1760年創業 親子丼発祥の店でいただく「“極”親子丼」

P6249538.JPG

どうしても親子丼が食べたいからランチに付き合えとの友人からの申し出がって…
それでどこへ行くのかと尋ねるとまだ決まってないと言うし、親子丼発祥のお店される人形町の『玉ひで』にも行ったことが無いと言うので…



P6249530.JPG
観光客が増える土曜日だということもあり、多くのお客さまが押寄せるに違いないと開店前である11:00にお店へ到着してみますと既に10人ほどの列ができていて…
その後も続々とお客さまが集まって来られてあっという間に列が折り返していましたが、そんな光景も日常茶飯事なのでありましょう
お店の方も手馴れていまして、本来の開店時間よりも10分ほど早くから案内を開始していただけます


P6249539.JPG
帳場で注文と会計を済ませますと、本日は相席になりますので… と声を掛けながら順に席へと誘導して下さるのですが、とても運が良い我々は小さな2名席をいただくことができました
ほどなく注文した「“極”親子丼」が到着
お昼の時間に提供される親子丼は、当初から引き継がれる奥義を頑なに守りぬいた「親子丼」に、手羽・もも・むね肉を使った「三味親子丼」 更には“白レバ”が添えられた「白レバ親子丼」などと種類があるのですが、ワタシがいただいたのは“熟成軍鶏のささみ”が添えられたものでありまして…
お味はそれほど違うことも無いのでしょうが、これだけの種類を用意するのはお客さまの嗜好や好みに対応しようってことなのでしょう



老舗とは言え、時代が望む商品を提供し続けない限り繁昌の継続はあり得ない
そんな見本のようなお店でありますね



【鳥料理 玉ひで】
東京都中央区日本橋人形町1-17-10
03-3668-7651



[PR]
by gurumeblog | 2017-06-24 21:58 | 東京都 | Comments(0)

名鉄名古屋本線黒田駅:『牧原鮮魚店』   仲買直営を武器に展開する海鮮丼のお店のかき揚げ丼が凄かった

P6239518.JPG

名古屋へ出張し、この春に第一弾、そして6月からは第二弾とリニューアルが進んでいるイオンモールを視察しようと木曽川へと向かいます
イオンモールと言うところ、このように一定期間でテナントの入れ替えを含めたリニューアルをすることで、お客さまが飽きることなく長く利用していただけるよう努力されているんですよね



P6239511.JPG
東海地区にあるイオンモールを中心に展開している『牧原鮮魚店』
こちら木曽川の施設には4月にオープンしたばかりでありますが、仲買会社直営であることを武器に1000円弱のお値段で提供する海鮮丼が人気であるようで…
お店イチオシだと言う「仲買の海鮮丼(上)」が980円でいただけるのであります



P6239519.JPG
そんなお店でいただいたのは「海老入りかき揚げ丼」
どんなお客さまがどんな商品を買われているのかと視察をしたときに見かけたかき揚げがあまりにも大きく目を見張るものがありましたので、それをいただいてみることにしたのであります
直径150mm弱で厚みも100mmほど
そんな大きなかき揚げがドーンと丼に乗っかっているにもかかわらず、そのお値段は580円と言うから驚きでありまして…
サクッと揚がったかき揚げの食感も悪くありませんし、ちょっと甘みがあるタレもおいしく満足できるに相応しいものなのでありました



山盛りの唐揚げ定食を売る『マウンテン』と言うお店も同じ4月にオープンしているようで…
女性のお客さまの利用が多いと思われるショッピングモールにこのようなニーズが隠れているとは思いもしませんでした
やはり、視察をするといろんなことが見えてきますね



【牧原鮮魚店】
愛知県一宮市木曽川町黒田南八ツヶ池25-1 イオンモール木曽川 1F
0586-82-0668


[PR]
by gurumeblog | 2017-06-23 23:26 | 愛知県 | Comments(0)

JR山手線神田駅:『神田きくかわ』    1947年創業 老舗の名に恥じない関東風のうな重がいただけます

P5098305.JPG

5月だとは言え連休が明けますと夏日となる日が続いていますし、たまたま鰻の話をしていた美魔女の誕生日が今日だということで…
ならば、おいしい鰻でランチをしましょうと神田で待ち合わせをいたします



P5098292.JPG
神田駅から中央通り沿いに3分ほど歩いた須田町一丁目交差点にある洋館っぽい建物
そこが今日の目的である1947年創業の鰻屋さん『神田きくかわ』でありまして…
老舗のこだわりからか使われる鰻にはかなりのこだわりがあるようで、かつて鰻が高騰しているとニュースになっていたことには、鰻2尾が使われたうな重は7,500円で提供されていたほどであります


P5098295.JPG
そんな名店でありますから、シーズンともなると行列ができることが日常的でありまして…
これまでなかなかお邪魔することが出来なかったのですが、勇気を振り絞って開店直後を狙っての訪問であります
一階には4名掛けのテーブルが5つほど、そして二階には座敷席があるとのことですが、12:00を回った頃には満席となっていたようですね


P5098306.JPG
P5098302.JPG
さすがに2尾は予算的にも厳しいので1.5尾が使われる「うな重(ロ)」と、脂が乗った大ぶりな鰻が使われているという「特撰丼」をいただき、シェアしながら鰻の違いを楽しむことといたします
こちらで提供されるうな重は鰻の尻の部分が折り返されているのが独特なスタイルでありまして…
一度この実物を見て見たかったんですよね
注文を受けてから鰻を蒸すために時間が掛かると聞いていたのですが、さすがにお昼の時間にはある程度の予測で蒸されているのでしょう
10分ほどで提供されたうな重はとってもふっくらとしていまして、箸で持ち上げようとすると身崩れしてしまうほど
サッパリとした甘みを感じられるタレでありますから、ちょっと物足りなく思われる方も多いのでしょうか 
卓上には追いダレが用意されているのですが、ワタシはそれを使うことなく鰻の旨みを感じながらいただくこと出来ました
さて、特撰丼
うな重に使われる鰻の1.5倍ほどあるのではないかと思われる大きさでありまして…
その豪快さに圧倒されます
確かに脂の乗りは十分なのですが、鰻の旨みとしては大味でありますので、旨味よりもボリュームと言う方にお勧めなのでありましょう



老舗ではありますが、さほど敷居の高さを感じることなく接客もフレンドリーでありまして…
お茶の差し替えなどにもキチンと気遣いをしてくださいますし
決してリーズナブルとは言えない価格ではありますが、鰻の高騰時のようなお値段ではなく…
仕入価格に応じて適切なお値段で提供してくれるってことにも、老舗の名に胡坐をかくことの無い良心的なお店であることが伝わってきます



【神田きくかわ】
東京都千代田区神田須田町1-24-2
03-3251-1506


[PR]
by gurumeblog | 2017-05-09 22:44 | 東京都 | Comments(0)

JR山手線有楽町駅:『牛たん ITADORI』  数量限定で提供される厚切り特上たんはレアで軟らかい食感が美味

P5048135.JPG

好天に恵まれ、日中には陽射しの強さで汗ばむほどの陽気であるゴールデンウイーク
ちょっとその陽射しを避けようと、久しぶりに銀座インズの地下にある飲食フロアを散策してみることにしたのですが、気になっていた餃子のお店『北京』は店休でありまして…



P5048138.JPG
『ITADORI』なる牛タンのお店でランチをいただくことにしたのですが、何と築地に本店を持つ海鮮丼の虎杖の系列店であるようでして…
軒を連ねるイタリアンの『Taverna Tokyo』や和食堂の『東京銀座食堂』も同じ系列だと知りビックリであります


photo_recommend_02.jpg
ゴールデンウイークフェアと題して2つの商品が用意されておりまして…
A-5ランクとの響きに誘惑される和牛グリルにも惹かれるとことではありますが、ココは牛タン屋さんであるということで食べ比べをいただくことにいたします


P5048130.JPG
熟成牛たんと厚切り上たん それに希少であることから数量限定で販売されている厚切り特上たんの食べ比べということでありまして…
熟成牛たんが焼き過ぎであったことは残念でありましたが、厚みがある上タンや特上タンはレアな状態で焼き上げれれていますし、その素材の良さが十分に伝わってくるものであります
しかし、調味された塩味が足りず、添えられているネギ塩と一緒にいただいてみても、味が締まることは無く…



メニュー写真と比べると些か貧相に見えてしまいましたし、サービス面に於いても行き届いた感じも無く…
虎杖系列ということで、ちょっと期待をしていただけに残念な気持ちが否めないお店でありました



【牛たん ITADORI軽井沢】
東京都中央区銀座西3-1先 銀座インズ1B1F
03-6385-4195


[PR]
by gurumeblog | 2017-05-04 23:55 | 東京都 | Comments(0)