ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

JR中央線国分寺駅:「月と猫」   駅近でありながら隠れ的な佇まい 落ち着いた居酒屋で大人の集い

P1301186-a.JPG

お仕事で国分寺へと出かけます
もう20年以上も前のことではありますが、小金井と言うところに勤務したことがあって…
中央線が下っていくにつれ懐かしさを感じることが出来ました
ですが、当時は車を使う生活をしていましたので駅周辺には不案内でありまして、目的のお店に辿り着くかどうか不安だったのですが迷うことも無く無事に到着であります



P1301175-1.JPG
「月と猫」って居酒屋さん
どういいう経緯でそのような名前になったかはわかりませんが、三日月に腰掛ける猫がメルヘンチックですね
さて、入口の扉を開けますと…
なんとそこには階段がお出迎え それをトントンと上った2Fと3Fがお店なのであります
その雰囲気は昭和の時代に良くあった居酒屋でありまして、メルヘンチックな店名とは似つかわしくない雰囲気にもビックリ
何かと意外性があるお店であります


P1301183-1.JPG
提供される商品も幅広く、和もあれば韓国もありますし、なんと洋までも…
創作酒菜工房でありますから、ジャンルに捉われることなく美味しいお酒のつまみを創作すると言うことなのでありましょう
京都から届けられる漬物の盛り合わせに始まり、居酒屋テッパンの刺し盛りをいただきます
京都のどこそこから… と言ったことは書かれていませんが、オーナーが美味しいと思うモノをあちこちらら取り寄せているのでしょうかね なかなかしっかりとしたモノでありましたよ
そして玉子焼き
コレがちゃんと焼きたてでありまして、卵が焼かれた芳ばしい香りが食欲をそそります
こちらのお店では煮込まれた牛タンを使った商品が揃えられていますので、きっとそれに自信があるのだろうと「牛タンと九条ねぎのジョン」をいただきます
これに関しては、もう少しカリッと焼いていただくことやごま油の香りなどを加えていただけると更に美味しくいただくことが出来たと思います


P1301194-1.JPG
焼き物のカテゴリーからはつくねと合鴨を
こちらの焼き物に揃えられている商品は、その辺の居酒屋で提供される焼き鳥のようなモノでは無くて、ひと串にしっかりとしたボリュームがある大串が提供されます
大山地鶏を使ったモノもあったのですが、合鴨を使ったモノは珍しいとそれをいただいてみたのですが…
マスタード、わさび、柚子胡椒と3種の薬味が添えられていまして、その柚子胡椒との相性が抜群なのでありました
何でもこちらの姉妹店には『すぷ~ん』と言うカレー屋さんがあるようで…
ならば、〆はカレーでしょうってことで牛タンのカレーをいただきます
トロトロに煮込まれた牛タンに、香辛料が香るカレー
さすがに専門店の味ですね 癖になるような… 後を引くような… 


駅からほど近いトコロにありながらも隠れ家のような佇まい
決して痛んでいるわけでは無く、懐かしい雰囲気が感じられて…
フレンドリーな接客も感じ良いお店でありました




【創作酒菜工房 月と猫】
東京都国分寺市南町2-16-19 加藤ビル2・3F
042-328-5063


[PR]
by gurumeblog | 2014-01-30 23:32 | 東京都 | Comments(0)
<< 東京メトロ日比谷線茅場町駅:「... 東急東横線武蔵小杉駅:「あかゆ... >>