人気ブログランキング |
ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

JR総武線浅草橋駅:『やきとりセンター』  焼鳥2本280円をメインに絞り込まれた商品構成で展開する居酒屋

P1141393.JPG

プロジェクトをご一緒しているメンバーと今後の取り組み方などを打ち合わせた後に…
折角だからちょっと一杯やっていきましょうと『やきとりセンター』にお邪魔します
コロワイドが展開するブランドのひとつで、歌舞伎町に出店した1号店から3年で17店にまでに拡大させているお店を視察してみようってことであります



P1141412.JPG
かつて居酒屋チェーンの雄とまで言われた『和民』の凋落に代表されるように、空中階にある大箱居酒屋はどこも苦戦しているようでありまして…
その打開策として280円均一といった低価格路線に転換したチェーンは姿を消してしまいましたね


P1141392.JPG
そんな中、ココ『やきとりセンター』も串もの全てが280円であったり、時間限定の早割ではありますが最初のドリンク1杯を55円で提供するなど安さをウリにしたお店であるようで…
で実際に商品をいただいてみますと、これが悪くないんですよねぇ
それなりにしっかりとしたボリュームもありますし、丁寧に焼かれていることでジューシーに仕上がってまして、これが280円であれば十分に満足できますね


P1141389.JPG
これまでの大箱居酒屋と言えば焼鳥あり刺身ありと幅広い商品構成が中心だったのですが…
こちらでは、焼鳥をしっかりとしたこだわりを持って焼き上げるほかは、揚げ物と冷たいままでも提供できる商品などに絞り込むことで、手間が掛かる商品を省くことで少ない人員で運営できるビジネスモデルになっているようですね
もう一つのウリが、いつの頃からか博多の名物となった「冷やし手羽唐」でありまして、一度揚げた手羽先を凍らせることで凝縮した旨みになると言う商品のネーミングが「夢のいいとこ鶏」
博多の名店である『努努鶏(ゆめゆめどり)』からのリスペクトなのですかね
『塚田農場』が元気があることからか、九州料理のラインナップが多いようで「水炊き」「炊き餃子」「チキン南蛮」などおいしくいただきましたよ



ご一緒していただいたメンバーがメガサイズのサワーやハイボールをがぶがぶと飲んでいまして…
通常サイズが280円であるのに対して、メガサイズでも380円と言うお得感が良いのでしょうね
お客さまにはお得感があって、お店としてはサービスが楽になると言ったメリットがあるのでしょうし、「角ハイ」のCMによる効果も大きいのでしょうし、いろんな果実を使ったラインナップを充実させることでビールよりもコストが低い商品を売り込むことも出来ているようですね

17:00頃に入店させていただいたのですが、なんと22:30まで滞在してしまって…
やっぱりオヤジはストレスが溜まっているのでしょうね



【やきとりセンター】
東京都台東区浅草橋1-18-10 アックビル4F
03-5833-8860


by gurumeblog | 2016-01-14 23:20 | 東京都
<< 東京メトロ有楽町線豊洲駅:『V... 西武新宿線西武新宿駅:『とん豚... >>