ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

2017年 10月 27日 ( 1 )

東京メトロ有楽町線豊洲駅:『青ゆず寅』   看板料理でもある銀だら西京焼きは身が厚くふっくらしっとり

PA275964.JPG

スッキリとした秋晴れ
それで、今日も開放感があるカフェ的なお店ランチをしようと思ったのだけど、お邪魔したお店のランチメニューがあまりにも魅力なく…



PA275970.JPG
悩んでいてはランチ難民にもなりかねないと、銀だらがおいしい『青ゆず寅』へと急ぎます
ピーク直前でもあり、ひとりということでカウンター席を勧められたのでありますが、両サイドに先客がいらっしゃることで窮屈なほどに狭く感じられましてきっとワタシの顔には不満の文字が浮かんでいたのでありましょう
気が利く店員さんが飛んで来て2人がけのテーブルでもよければ…
と対応していただけたのであります


IMG_2686.JPG
月末感謝祭とのことで、銀だらをメインに天ぷらやお刺身が添えられる「青ゆず寅御膳」や本まぐろが使われる「鉄火丼」など2,000円ほどの商品が500円引きでいただけるらしく…
スタッフの方々も積極的にそれを勧めてくださるのであります


PA275959.JPG
そんな「青ゆず寅御膳」をいただこうかとも思ったのですが、商品の説明を聞いて見ますとシンプルに銀だらを楽しむ定食のほうが、あれこれと添えられる御膳よりも大きなものが使われているらしく…
ならばと「銀だら西京焼定食」をいただくことにいたします
身厚な銀だらは約200gほどあるそうで見た目のインパクトだけでも満足なのですが、脂を落としてしまわないようにと遠赤でじっくりと焼き上げられていることでのふっくらとした柔らかさでありますし、西京味噌の塩味も優しく…
これほどに満足度が高い西京焼きを提供していただけるお店はそれほど多くなく、看板料理とはこうでなくちゃと感心いたします



ワタシの着席後、あっという間に満席となったのですが、お店を出ることには20人ほどの列ができていまして…
多少のイベント効果もありましょうが、こういった光景は特別なものではなく、お値段以上に価値ある商品を提供してくれるお店として評判高いのであります



【魚河岸料理 青ゆず寅】
東京都江東区豊洲3-2-24 豊洲フォレシア1F
03-5534-9284


[PR]
by gurumeblog | 2017-10-27 20:55 | 東京都