人気ブログランキング |
ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

カテゴリ:鹿児島県( 6 )

鹿児島市交通局谷山線騎射場駅:『焼肉なべしま』  各店舗でお肉を手切りすることだわりがおいしさの秘密

P1315968.JPG

今日は鹿児島
ひと昔前であれば博多から鹿児島への移動には半日ほどを要していたのでありますが、九州新幹線が開通した今となっては90分ほどで移動できてしまう身近な町でありますね



P1315977.JPG
業界関係者100名ほどがあつまる交流会でお邪魔するのは『焼肉なべしま』
100名を超える人数にも対応できる宴会場を備えているということも選択肢の一つなのでしょうが、それだけの大箱でありながらも本当においしいお肉を提供していただけるってことが、ワタシとしてはありがたいことでありまして…


P1315959.JPG
先ずはテーブルにセットされていたお料理の数々
チャプチェやナムルなどの定番に加えて、他ではあまりいただくことが出来ないであろうハチノスの燻製や郷土色を感じるボンタンが乗せられれたサラダが提供されるなど、お店側の“お・も・て・な・し”をも感じることが出来ます


P1315957.JPG
そしてキムチ
これまた、九州を代表する焼物である古伊万里の器に盛られるというおもてなしを受けて気分も揚々
アルバイトさんではあると思うのですが、スタッフの方にこの器について尋ねてみたのだけど、この器が古伊万里であることは知らなかったようで…
折角のおもてなしなのですから、器についてもちょっと触れる話などがあれば一層すばらしかったのにと残念に思います


P1315962.JPG
いよいよメインとなるお肉が登場いたしまして…
まず始めは黒毛和牛の網切カルビ
お肉の両面から包丁を入れ、それを伸ばすと網のようになることから名付けられた商品でありまして…
豪快に焼いてハサミで切り分けながらいただきます



P1315971.JPG
続いてはタン塩と赤鶏の砂ずり
タン元のおいしいところだけが使われる上塩タンの素晴らしさは言うまでも無いのですが、あまり好まないワタシでもおいしくいただける砂ずりの新鮮さにはビックリでありまして…
コリコリの食感をしっかりと堪能いたしました


P1315973.JPG
そして、ヒレ、ロース、イチボの盛り合わせ
お口の中でとろけてしまいそうなロースは絶品でありますし、ヒレの柔らかい食感は高級ステーキ屋さんでいただいているかのようであります


P1315976.JPG
ご飯をお持ちしましょうかと食事の途中にサジェッションをいただいていたのですが、その意味がここにきてようやくわかりました
と言いますのはこのご飯が驚くほどにおいしいのでありまして、自信があるモノだからこそキチンとお客さまにお勧めする
そんなことが浸透しているんでしょうね



鹿児島を拠点に九州一円に60店ほどの店舗を構えていながらも、提供するお肉は各店で手切りすることにこだわり続けているそうで…
おいしいものを提供するためとはいえ、このこだわりには頭が下がります



【焼肉なべしま】
鹿児島県鹿児島市与次郎1-9-53
099-255-8929


by gurumeblog | 2017-01-31 23:29 | 鹿児島県

鹿児島市交通局谷山線騎射場駅:「なべしま」   生業店当時のおいしさを守りながら店舗展開する焼肉店

P2232264.JPG

羽田からビューンと2時間ほど
鹿児島で行われる会合に参加させていただいたのですが…
会には100名ほどの方が参加れ、その熱気には圧倒されそうでありました



P2232252.JPG
3時間ほどの情報交換とお勉強の時間を終えた懇親会は『なべしま』って焼肉屋さん
鹿児島で発祥し福岡から沖縄まで、九州各県に支店網を広げるチェーン店でありますが、ココ与次郎店は100名ほどが一堂に会することができる宴会場を持つ総本山であります


P2232254.JPG
"親子3世代で楽しめる焼肉専門店でありたい"をコンセプトに、郊外への出店を中心とする『なべしま』の魅力の一つは新鮮な野菜を好きなだけいただくことができるサラダバーでありまして…
おいしいお肉とともにヘルシーに野菜をいただくことができるってことがうれしいですね


P2232255.JPG
テーブルを囲む仲間とつつき合えるようにと大皿に盛られたキムチは辛さの中に旨みがありますし、センマイサシではコリコリとした食感が楽しめ…
大好きなチャプチェやみずみずしさが感じられるチョレギサラダもおいしいですね


P2232261.JPG
昆布締めされた牛タンは初めていただきましたが、アミノ酸の効果なのでしょうか? とっても旨みがあって…
タレで揉まれたヒレやハラミ それにカイノミと黒毛和牛のおいしいところを丁寧にミディアムレアほどに焼いていただきますと、とろけてしまいそうなほどの柔らかさを堪能することができます
そしてたっぷりと脂がのったホルモンは皮目をきちっと焼き上げ、それをひっくり返した脂身の面は脂を落としすぎないように注意しながら焼き上げ、コリコリした食感と脂の甘みを楽しみます


P2232272.JPG
〆めにテールスープ
白濁するまで丁寧に煮込まれていますので、コクの中に旨みがあって…
箸で崩れるほどのテールもおいしくいただくことができました



効率を追求することが多いチェーン店ですが、こちらのお店では提供するお肉のほとんどがお店で手切りされているのだとか…
そんな手間暇がお客さまが納得するおいしさを作り出しているのでしょうね




【焼肉なべしま】
鹿児島県鹿児島市与次郎1-9-53
099-255-8929


by gurumeblog | 2016-02-23 22:59 | 鹿児島県

鹿児島市交通局谷山線騎射場駅:「なべしま」   チェーン店でありながらも専門店のクォリティー

P2170150.JPG

雪が舞うほどに冷え込む東京を後にして鹿児島へ
空港を降り立ってみますとそこは春のポカポカ陽気でありまして…
なんと17℃近くもあったそうですね
市内行きのバスに飛び込みますと補助席しか空きがないほどに混みあっていたってこともあって車内はムシムシ状態
30分ちょっとではありましたが耐え難い時間でありました



P2170160.JPG
会合の後の懇親会はココ
鹿児島を拠点に熊本や福岡に店舗網を広げる九州一の焼肉チェーン『なべしま』の総本山であります
1000坪ほどあろうかという広大な敷地に建てられた300席を超えるお店でありまして… 
これだけのお店をどうやって埋めるのかと気になることろであります


P2170140.JPG
名産のきびなごが使われたフェやチャプチェなどが盛られた小鉢から宴席が始まります
お店で漬けられているというキムチは、韓国から取り寄せられた唐辛子が使われているのでしょう 辛味の中に旨味があって、程よい酸味とともにコクがあるモノ
60店を超えるチェーン店でこれだけモノのが提供できるとは驚きであります


P2170146.JPG
常温に戻されただけで脂がにじみ出るほどにサシが入った上質なタンは、その姿を見ただけで美味しいモノであることが覗われます
片面を強火で焼いて、脂が浮いてきたところで裏返して10秒ほどでいただきますと…
とっても柔らかい歯応えと、とろける脂の甘みがお口の中に広がります


P2170149.JPG
通常のメニューにはない商品でありますが、今日のためにと提供していただけたのが“網切りカルビ焼き”
しっかりとした技術を持った調理人がいることを裏付けるように均等な切り目が入っています
これまたきれいなサシが入っているものですから、ハサミで切り分けようとする手に立ち上がった炎があがりるためにスタッフの方も苦労しているようでしたが、とっても美味しくいただけましたよ


P2170153.JPG
そして和牛の上ロースやヒレ
パサつくことが多いロースでありますが、こちらで提供されるものはとってもしっとりとしていますし、しっかりと赤身のコクとうまみが楽しめるものですね
ヒレも厚みがあるものでしたし、一緒に提供していただいた“なべしまカルビ”に至っては安価でありながらも本格的なタレで揉み込まれることで、甘味と芳ばしく焼かれる香りで美味しくいただけます


P2170155.JPG
ぷりっぷりの脂がのったホルモンとミノは味噌ダレで揉み込まれていまして…
ほんのりと香る味噌の風味にホルモンの甘い脂が絡み合った味わいは、ご飯が何倍でもお替りができそうなほど
これはもう、均質が効率を追い求めるチェーン店の域を超えてますね


P2170163.JPG
スッキリと冷麺で〆て…
細く腰がある麺とサッパリとしたスープが良い相性ですし、それにりんご酢でコクを加えたり、キムチの酸味と辛味を加えてみたり…
色んな味わいが楽しめる冷麺って奥が深いですね


美味しいモノをいただく時間って過ぎるのも早いもので…
あっと言う間に2時間が経っていましたね
なるほど、これだけの美味しい商品と100名近い宴席を手際良く熟すサービスを見ていますと、最初の疑問も解決ですね



【焼肉なべしま】
鹿児島県鹿児島市与次郎1-9-53
099-255-8929


by gurumeblog | 2015-02-17 22:55 | 鹿児島県

鹿児島市交通局谷山線騎射場駅:「なべしま」    新鮮野菜のサラダバーと美味しいお肉に大満足

P2260104-a.JPG

何年ぶりのことでしょうか?
久しぶりにやって来た鹿児島は雨模様ではありましたが、とっても暖かくてコートなど不要なものでありました
空港から1時間 高速を突っ走って市内へ
好きな街なんですが、このアクセスの悪さはどうにかなりませんかね?



P2260095‐1.JPG
向かったのは、鹿児島で焼肉と言ったらココというほどに有名な焼肉屋さん「なべしま」
その本店とされるこちら与次郎店は300席を超えるほどに大きあお店でありまして…
国道沿いとは言えども、市街地からは車でも15分ほどかかるところでありますし、鹿児島湾にも面していますので商圏円は半円になるトコロ
そんな場所でも、これだけの席を埋めるってことからも、地元の方に支持されるお店であることが窺えます


P2260098‐1.JPG
なべしまと言えばサラダバー
品揃えが充実していることや、その商品の鮮度かキチンと管理されていることが魅力であるようですね
ここを真似してサラダバーを設置しているお店も多いのですが、大きな反響が出ていないのはそこが違うんですよね


P2260103‐1.JPG
なかなかレベルが高いキムチでありますが、サンチュのみずみずしさには敵いませんね
サラダバーもそうなのですが、ここの野菜の管理には何か特別なことでもあるのでしょうか? 
美味しいお肉と一緒に野菜もたくさん食べて…


P2260105-1.JPG
この厚切りタン
芯の部分だけを刳り貫いたようでありまして、隠し包丁が入れられているのですがそれが必要ないほどに柔らかくて… これが厚切りであったことも忘れてしまいそうです
そして珍しいテール焼き
よく動かす部分でありますから硬めなのでありますが、骨についたお肉は旨みが詰まっていて… 骨をしゃぶりたくなるほどです
続いて贅沢にも厚くカットされたヒレと、ロースをいただいたのですが… 何れもファミリ向けの焼肉店でいただけるレベルのものではありませんね


P2260122‐1.JPG
〆には冷麺を
本格的な冷麺かと言うとそうでは無いのですが、硬く噛み切れないような麺でもなく、甘味が立った牛骨スープでもなく…
万人が美味しくいただくことができるスッキリ味に仕上げられているところが、ファミリー向け焼肉店でありますね
美味しい商品を追求することは大切なことではありますが、それが本格的なものであることだけが美味しいモノだと言うことでもなくて…
来店されるお客さまが美味しいと思える商品を作ることが大切なんですよね


鹿児島で始まって、熊本・福岡と九州を支配しそうなほどに元気が良い焼肉店の真髄を学んだように思います



【焼肉なべしま】
鹿児島県鹿児島市与次郎1-9-53
099-255-8929


by gurumeblog | 2014-02-26 22:49 | 鹿児島県

鹿児島:「こんぴら丸」      漁師さん直営だから出来ること

鹿児島の南部「谷山」ってところに、「ZEROCITY」ってホテルが7月5日に開業する
その1Fの「こんぴら丸」って和食のお店が開店するって言うので、レセプションに参加してきた


DSC_5216-1.JPG
漁師さん直営のお店らしく、新鮮な魚がウリモノであるらしい
お店の前には、実際の漁船に使われてたスクリューやイカリが飾られ、店内には大漁旗がなびく
そんな美味しさと活気が伝わる演出のステキなお店


DSC_5203-1.JPG
先ずは鯵の刺身から
甘いです、濃いです
さっきまで生きていたモノですから新鮮そのモノ


DSC_5212-1.JPG
そして鯛
これまたシコシコとした身の締まり
美味しいです


DSC_5210-1.JPG
で、鮪
鹿児島には串木野ってマグロの町があるほど、マグロの漁獲でも有名
そんな地物のマグロであります

これらの刺身
すべて500円以下で、このボリューム
知らなかったとは言え、頼みすぎちゃいました


DSC_5215-1.JPG
漁師の間では、マヨネーズ醤油ってモノで、赤身をいただくのだという
その食べ方で勧めてくれる
もっとも美味しい食べ方を知っている漁師さんが勧めてくれるのだから、間違いは無いでしょう
マヨネーズだから、たくさんはいただけませんが、コレもアリですね


DSC_5207-1.JPG
で、これは「漁師飯」
ごはんの上に、たたきの鯵をどっさり乗っけて、ガッツリいただきましょう
ごま油の香りが美味しい、塩ダレで調味された鯵がとっても良い感じで、コレお気に入りです
絶対お勧めです


DSC_5201-1.JPG
一緒に貝汁
アサリの出汁がとっても良く出ていて、これまた絶品
どんぶりのように大きなお椀で提供され、器が熱いからとトンスイまで用意してくれる気の効きよう
感動です


漁師さん直営だからこそ出来る、このボリュームと価格
絶対に他では味わえませんよ

鹿児島に来たらまた立ち寄ります
今日はご馳走様でした



【大漁市場 こんぴら丸】
鹿児島県鹿児島市南栄5-10-1
099-201-3800


by gurumeblog | 2009-07-02 23:26 | 鹿児島県

日置市:「横綱」      名物「鯖寿司」は絶品であります

葦北の町から、ルート3の旅
海岸沿いをひたすら南下し、日置市までの2時間のドライブ
途中、道の駅で「肥薩揚げ」を購入し車内でいただく
魚介のすり身を油で揚げたもので、コレも九州ならではの甘さ
やっぱり美味しい


DSC_3834-1.JPG
夜ごはんは、「横綱」って回転寿司
全皿100円っていう大型の回転寿司ではなく、その半分ほどのお店
以前、立ちのお寿司屋さんだった大将が、10年ほど前に回転寿司に転換したお店であるらしい


DSC_3820-1.JPG
夕方、それもワタシ達の入店とほぼ同時に入荷したばかりの鯵
それを刺身でいただきます
回転寿司で刺身
これも、すし屋だったお店だからなのでしょうか


DSC_3822-1.JPG
この付近は太刀魚が名産なんだとか
コレだけ大きな太刀魚だと、東京ではびっくりするほどのお値段なんですが、ココでは手が届く範囲でありました


DSC_3826-1.JPG
そしてカワハギ
肝や特性のポン酢ゼリーが添えられてます
肝までいただけるとは、さすが元すし屋
ネタも、仕事も立派であります


DSC_3831-1.JPG
中トロに程近いマグロ赤身であります
九州ではあまり重宝されることがないマグロでありますが、ココの隣町“串木野”はマグロの漁獲地
その影響でありましょうか、立派なマグロであります


DSC_3830-1.JPG
そしてコレが、このお店の名物「鯖寿司」であります
秘伝だと言う、橙酢が利いてるポン酢を使ってあるらしく、鯖の嫌な香りは全くありません
だから、鯖好きはもちろん、鯖はちょっと・・・ 
って方でも大丈夫
身が厚く、脂がのった美味しい鯖でありました

お持ち帰りしたいほどでありますが、まだまだ出張が続く身
泣く泣く諦め、宿を取った鹿児島市内へ向かうことに・・・
後ろ髪惹かれる気分でありました




【回転寿司 横綱】
鹿児島県日置市東市来町湯田2627
099-274-4238


by gurumeblog | 2009-04-23 23:10 | 鹿児島県