ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

<   2017年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

JR境線佐藤駅:『麦笛たまき』     出雲で古くから伝わる「釜揚げそば」を初めていただきました

P5228579.JPG

先週末に崩していた体調は完全に回復し米子市へと出張いたします
メニューの改善に関した打ち合わせをする中で話題に上がったのですが、日本三大蕎麦の一つとして有名な出雲そばがある島根県では、割子そばのほか、冷水で〆ることの無い釜揚げのお蕎麦を食べる習慣があるのだとか…



P5228574.JPG
釜揚げうどんは一般的でありますが、蕎麦の釜揚げとは食べたことは基より聞いたことも初めてで…
百聞は一見に如かずとお蕎麦屋さんを探してみたのですが、18:00を過ぎた時間にやっているお店を見つけることができず、ようやくたどり着いたのが『麦笛たまき』であります
麦笛とあることから想像できる通り手打ちうどんを看板とするお店ではありますが、釜揚げのお蕎麦をいただくこともできるということでお邪魔することにいたします


P5228580.JPG
これが「釜揚げそば」
茹でたそばを水洗いすることなく蕎麦湯ごと丼に盛り、それに割子にかけるそばつゆと同じものを直接かけていただくのだそうで、寒さが厳しい山陰の冬には、このような熱々の釜揚げそばを食べることが多いとのことであります
まずお箸で手繰るであろうお蕎麦に狙いを定め、そこにそばつゆを垂らしたら混ぜることなく麺と絡めるように手繰り上げることで、お蕎麦と蕎麦湯、それにそばつゆの三位一体をたのしむのだというのですが、麺が少なくなるにつれ蕎麦湯とつゆが混じる割合が増えるために薄味になってしまいました


P5228582.JPG
手打ちうどんが看板でもありますから、一緒に「大海老の天おろしうどん」を注文
大海老と言うには期待外れではありましたが、おうどんそのものは柔らかめに茹でてあり、おつゆと供にワタシの好みに近いものでありましたのでおいしくいただくことができました



“郷に入っては郷に従え”
ひと言にお蕎麦と言っても、その地その地で古くから食べられている文化があって…
面白いものだと、改めて勉強させていただくことができました



【麦笛たまき】
鳥取県米子市新開2-3-2
0859-38-1245


[PR]
by gurumeblog | 2017-05-22 22:46 | 鳥取県

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:『CoCo壱番屋』    1200店舗を超える業界No.1のカレーハウス

P5218557.JPG

ランチをいただこうと外へ出てみると、そこは灼熱の地
5分も歩かないうちにTシャツの色が変わるほどに汗が流れます
なんでも今日は5月としては珍しい真夏日なのだとか…



P5218549.JPG
そんな日にいただくのはやっぱりカレーでしょうってことで『CoCo壱』
実は友人が食べていたこちらのカツカレーがあまりにもおいしそうに見えたんですよね


P5218558.JPG
そんなカツカレーをいただこうと思ってやってきたのですが…
いざ注文という段になると保守的な面が頭をのぞかせ、いつもの「チキン煮込みカレーを2辛でソーセージトッピング」と言ってましたね
これまたいつものツナサラダも忘れずに…


P5218561.JPG
いつもの… なんて言ってますが、『CoCo壱』へお邪魔するのはかなり久しぶりのことでありまして…
以前は先割れスプーンだったのに普通のものになってますし器も深さがあるものに変わってはいましたが、変わらないおいしさに満足のランチでありました



【カレーハウス CoCo壱番屋】
東京都中央区八丁堀1-7-8 若狭ビル1F
03-3537-0568


[PR]
by gurumeblog | 2017-05-21 23:08 | チェーン店

東京メトロ日比谷線八丁堀駅:『ポニー食堂』 余分な脂が落ちた鶏肉と特製辛味ダレがおいしいカオマンガイ

P5208539.JPG

車酔い状態が抜けることも無く…
身体のだるさも続いているのだけど、食べるものを食べないと元気も出ないだろうと重たい身体を奮い立たせて出掛けることにいたします



P5208548.JPG
今日のような暑い日はタイ料理をいただきたい気持ちになるものでありまして…
八重洲にあるお店へと向かっていたのですが、何度かお邪魔したことがある『ポニー食堂』が土曜日でもランチをやっていることを思い出し予定変更であります


P5208544.JPG
20席ほどと小さなお店からはいつもお客さまが溢れていて、待つことなく入店できるなんてことは滅多にないのですが…
オフィスが閉まっている土曜日は比較的入りやすいようですね


P5208540.JPG
いただいたのは「カオマンガイ」
グリーンカレーをとも思っていたのですが、鶏肉のスープで炊かれたごはんの風味が頭を過ったのであります
茹でられたことで余分な脂が落されたさっぱりとした鶏肉に特製の辛味タレをかけて…
それをご飯と混ぜてパクチーの香りとともにいただきます
ちょっと前だと、タイ料理の代表格はガパオライスだったのでしょうが、今ではすっかりこのカオマンガイが代表の座に就いたようでありまして…
売り切れてしまうこともしばしばであるそうですよ




【バンコック ポニー食堂】
東京都中央区新川2-12-17 マルコウ八重洲通りビル1F
03-6228-3392


[PR]
by gurumeblog | 2017-05-20 22:30 | 東京都

東京メトロ有楽町線月島駅:『PIZZERIA PONTE CENTRO』 トマトの酸味が効いたポモドーロスパゲッティーニ

P5198523.JPG

昨日に続いて、朝から車酔い状態でありまして…
今週末までに提出をする約束をしている見積書を作らなければならないのに、何もする気になれずダラダラと過ごしてしまいました



P5198518.JPG
夜になって、お腹が空いてきたので近所にある『ポンテチェントロ』へと出掛けます
石窯で焼き上げるピッツァがおいしいってことで贔屓にしていて、これまでに何回もお邪魔せていただいているのであります


P5198519.JPG
近隣にお住いのファミリーが利用されることが多いお店でありますが、雰囲気が良いカウンター席があるということで…
一人での利用するにもありがたいのであります


P5198521.JPG
こちらへお邪魔したときにはピッツァをいただくことが多いのですが、今日はトマトのスッキリとした酸味を楽しもうと「ポモドーロ スパゲッティーニ」をチョイスいたします
しっかりとアルデンテに茹で上げられたスパゲッティーニはモッチリとした弾力がありますし、それと合わせられるトマトソースも期待通りでありまして…
シンプルながらもガーリックの風味もあって大満足であります



【PIZZERIA PONTE CENTRO】
東京都中央区佃2-1-6 リバーシティM-SQUARE1F
03-5547-3030


[PR]
by gurumeblog | 2017-05-19 23:00 | 東京都

東京メトロ有楽町線豊洲駅:『そじ坊』    冷たく〆られた「おろしざるそば」を手繰る夜ごはん

P5188512.JPG

軽い車酔いをしているような感じで身体がだるく、お腹が空いている感じはあるのだけど、何かを食べたいという思いにもなれず…
朝からダラダラと過ごしていたのだけど、何も食べない訳にはいかないと友人を誘い出して夜ごはんをいただくことにいたします



P5188501.JPG
軽くお蕎麦を手繰ることにしようと『そじ坊』へお邪魔することにしたします
ご承知の通り実演手打ちうどん杵屋など全国に展開しているチェーン店なのでありますが、ココのお蕎麦にはしっかりとコシがあることからお気に入りなのであります


P5188505.JPG
夜は居酒屋としての営業に変わるとのことで、近隣にお勤めされるビジネスパーソンの憩いの場となっているようで…
蕎麦屋らしく落ち着いた雰囲気というのも魅力となっているのでありましょう


P5188506.JPG
P5188508.JPG
居酒屋メニューから「冷やしトマト」
冷たく冷やされたトマト丸ごと一個をスライスしただけの商品なのですが、そのサッパリ感が今日のワタシには最高のご馳走でありまして…
添えられたマヨネーズをつかうことなくいただきました
そして「揚げ茄子」
これまた、生姜のスッキリとした辛味が食欲に火をつけてくれまして…
これからいただくお蕎麦が一層おいしくいただけそうであります


P5188513.JPG
居酒屋営業と言うことで提供されるお蕎麦は限定されてしまうのですが、冷たいお水で絞められたお蕎麦をツルツルとっと手繰ることができれば問題なく…
「おろしざるそば」
大根のサッパリ感でおいしくいただくことができたのですが、お腹いっぱいになってしまったワタシは、食欲がないなんて言いながら大盛りを頼んでしまう自分の欲張りぶりを後悔いたします



【信州そば処 そじ坊】
東京都江東区豊洲3-3-3 豊洲センタービルあいプラザB1F
03-5546-0960


[PR]
by gurumeblog | 2017-05-18 23:36 | チェーン店

都営地下鉄大江戸線築地市場駅:『うに虎』   ウニと本マグロをメインとした丼を提供するこだわりのお店

P5178495.JPG

今日は終日を築地で過ごす日
となればランチも築地でいただくということになり…
どこで何をいただこうかと考えを巡らせます



P5178499.JPG
それで頭に浮かんだのは『うに虎』
“うに”と“本マグロ”という贅沢感ある食材をメインとして扱うという、誰もの興味をそそるコンセプトに興味津々でありまして…
一度はお邪魔してみたいと思っていたお店なのであります


P5178492.JPG
雑多な雰囲気が漂う狭い路地を入ったところにありながら、板前さんを目の前にする白木で作られたカウンター席だけの小さなお店には高級感がありまして…
他にお客さまがいらっしゃらないってこともあって、些か緊張を覚えながらも思い切って入店いたします


P5178496.JPG
いただいたお料理は「中トロ丼」
メニューに書かれていた商品は輸入物のウニが使われているのですが、国産のものに変更することもできるとのことですから、そこは迷うことなく国産への変更をお願いいたします
その赤身のおいしさと脂が乗ったトロンとした舌触りである本マグロの中トロにも満足させられましたが、感動すべきはウニのおいしさでありまして…
口に入れた瞬間に広がる磯の香り、そして濃厚な旨み そして形を保つために使われることが多いミョウバンの苦味や薬くささを感じることが無いのであります
確かにちょっとお値段は張りますが、それだけの価値がある商品だと思います



それにしても、この虎杖って会社
こちらの“うに”のお店のほか、“鮑”をメインとするお店や“牛タン”のお店、更には食堂業態など興味を惹くお店を多く展開されていて…
マーケティングに長けた会社であるようですね



【築地虎杖 うに虎】
東京都中央区築地4-10-5 カネシン水産ビル1F
03-6327-5874


[PR]
by gurumeblog | 2017-05-17 22:44 | 東京都

東武東上本線大山駅:『東京MEAT酒場』     新名物「くらべ焼」が登場 気軽にジビエが楽しめます

P5168470.JPG

お昼前に日吉へと出掛け…
打ち合わせを終えた後に、慶応大学キャンパス内にある学食でお昼ごはんをいただいたのですが…
学食でありながらも、九州沖縄フェアなるものが催されていますし、それが始まったばかりだというのに来月からの初夏のおすすめの予告ポスターが貼られるなど下手な飲食店よりもきちんとした販促が行われていることにビックリ
そして、お値段以上のクォリティーにまたビックリでありました



P5168458.JPG
そして夜は大山
いつもお世話になっている会社が運営する『東京MEAT酒場』が18日にオープンするということで、そのレセプションへお邪魔いたします
ハッピーロード大山商店街へのオープンだということで、お店の前を通る人たちからも注目も高いようですね


P5168463.JPG
P5168465.JPG
ココへ来たなら…
と、いつもの「牛塩もつ煮 しみしみ大根豆腐」
こちらのお店では入り口に置かれた銅鍋で煮込まれるという演出が加わり、一層名物に相応しい商品へと進化しているように思えます
そして「真イワシのオイルサーデン梅肉ソース」
丸々と太ったイワシを骨までいただけるほどにしっかりと圧が掛けられていて…
無添加無化調だというこだわりの梅肉の優しい酸味が、そのおいしさにアクセントを付けてくれています


P5168471.JPG
新しい看板料理として登場したのが「くらべ焼」という商品
豚や鶏、それに牛肉といった馴染みあるお肉だけにとどまらず、鴨や羊、そして脂身が少なくヘルシーだと人気が高まっている鹿や猪と言ったジビエをいただくことができます
それぞれ単品でいただくこともできるのですが、それぞれを少しずついただくことができる「おまかせ5種盛り合わせ」をチョイスし、豚・鶏・猪・鹿・羊をいただきました
スペイン塩で調味されたお肉をそのままいただくことでそれぞれの旨みを確認し、次はオリジナルで作られれたイタリア味噌を付けていただくのですが…
“ケッパー”や“タプナード”、それにワタシにはとっても発音が出来ない“ンドゥイヤ”
これらがとっても良い味を出していますし、キチンとお肉のおいしさを引き立ててくれます


P5168467.JPG
P5168478.JPG
そして「梅肉といぶりがっこのポテサラ」と「マッシュルームのオムレツ トリュフ風味」
もちろんそのままいただいてもおいしいポテサラでありますが、先のイタリア味噌を少し加えていただいてみたところ一層のおいしさを感じることができまして…
ワタシの好みではタプナードがお勧めであります
オムレツはその名に恥じることの無いほどにたっぷりのマッシュルームが入っていたりと、一皿ひと皿がしっかりとしたお料理ですので満足度も高まります


P5168487.JPGP5168490.JPG
〆でいただいたのは「無添加タラコ」と、メディア注目の「のっけ麺」
たらこスパゲッティというとピンク色のそれを想像するところではありますが、こちらで使われるタラコは無添加とのことで麺とクリームの色と同化してますね
そして、のっけ麺
これまでミートソースだけだったのっけ麺に仲間が加わって…
ジェノベーゼの緑レンジャー、カルボナーラの黄レンジャー、アラビアータの赤レンジャー、イカ墨の黒レンジャーと遊び心も満載ですね



【東京MEAT酒場】
東京都板橋区大山町30-11
03-5926-8309


[PR]
by gurumeblog | 2017-05-16 23:02

東京メトロ有楽町線豊洲駅:『万豚記』     パラパラに炒められたチャーハンと肉汁溢れる大餃子

P5158424.JPG

福岡から戻った日の夜
友人と待ち合わせをし夜ごはんを共にすることといたします



P5158417.JPG
ららぽーと豊洲にある中華料理店『万豚記』
先月の末にお邪魔した際にいただいた“赤海老”のおいしさが忘れられずに再び訪ねてみたのですが残念ながらそのフェアは終了していて…
目的のお料理がいただけないことは残念でありますが、その赤海老と一緒にいただこうと思っていたチャーハンが頭から離れないってこともありココに決定


P5158431.JPG
P5158432.JPG
先ずは名物でもある「大餃子」と「パクチー餃子」
皮が弾けそうなほどにたっぷりの餡が包まれた大餃子は肉汁たっぷりでありますし、パクチーがたっぷりと乗せられた茹で餃子はプルンとした皮の舌触りが良くて…
高が餃子ではありますが、されど餃子でもありますね


P5158428.JPG
P5158435.JPG
そして「青椒肉絲」と「干焼蝦仁」
シャキッと炒められたピーマンがいただきたくてチンジャオロースをいただいてみますと…
それは老酒と塩で調味されたと思われるシンプルな味わいでありまして、素材の旨みが活かされていますね
そして、海老チリ
今日の目的であった赤海老をいただくことはできませんが、おいしかったチリソースだけでもと…
しかしそれは前回いただいたものとは違うモノであったことが残念ではありましたが、それはそれでおいしくいただくことができました


P5158425.JPG
〆はチャーハン
先のチリソースを一緒にいただこう思ってのことですから、シンプルなものでも良かったのですが折角なのでと「エビ海鮮五目チャーハン」
しかし、とくにおいしさを感じる海老でもありませんし、海鮮と言ってもイカのほか大したものは使われていませんので、これであれば欲を出さずに、最もシンプルであろう「玉子レタスチャーハン」で十分でしたね
パラパラに炒められたチャーハンはおいしくいただくことが出来るモノでありましたし…


P5158436.JPG
それにしても際コーポレーションと言う会社
商品の企画力やお店造りには長けているようでして…
今日も多くのお客さまで賑わっているのですが、サービススタッフの教育という点では残念に思えることも少なくありませんね



【万豚記】
東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドックららぽーと豊洲3F
03-6910-1434


[PR]
by gurumeblog | 2017-05-15 23:03 | 東京都

西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅:『立花うどん』    柔らかい麺の伸びとコシがおいしい筑後うどんの代表格

P5148413.JPG

今日は柳川
ぽかぽか陽気であったためにジャケットを羽織らずに出掛けたのだけど、これが大正解
シャツだけで歩いていてもじんわりと汗ばむほどでありました



P5148406.JPG
そんなときには、ツルツルっといただくさっぱりとしたおうどんをいただきたくなるものでありまして…
先日、久留米でお邪魔してお気に入りとなった『立花うどん』の本店へお邪魔することにいたします
1977年に創業し、あまりの人気から2年後には30席だったお店を80席に拡げ、1999年には200席という規模にまで改装されているにもかかわらず、今でもピーク時間には席待ちの行列ができるそうであります


P5148409.JPG
そんなピークの時間は避けはしたものの、今日は日曜日ってことである程度の席待ちは覚悟していたのですが…
思いのほかに席が空いていることに拍子抜けではありましたが、20人近いスタッフがいらっしゃることから先ほどまでは混み合っていたであろうことが想像できます


P5148414.JPG
夏季限定メニューがちょうど今日から始まっているようで…
そこにあったえび天おろしうどんにも興味津々ではあったのですが、先ずは久留米でいただいたときに大きな海老が乗っていたことで満足させていただいた「えび天うどん」にごぼう天をトッピングしていただくことといたします
ブニュッとした柔らかさに伸びとコシがあるうどんの食感、それにしっかりと昆布と削り節の出汁が効いたおつゆ
そして、注文を受けてから揚げられているわけでは無いのでしょうが、サクッとした衣の食感がおいしい天ぷら
と、こちらのおうどんをいただいて以来、福岡でよくお邪魔していたお店でのおうどんに魅力を感じなくなってしまいました



そして何より、こちらのお店のスッタフは感じが良い方たちでありまして…
マニュアルなどに縛られることの無い自然な会話と笑顔溢れるサービスを受けることができるのも魅力でありますね



【立花うどん】

福岡県柳川市三橋町高畑191
0944-73-1011


[PR]
by gurumeblog | 2017-05-14 23:45 | 福岡県

JR鹿児島本線久留米駅:『中央亭』    久留米市民が長く愛する日田焼きそばの名店

P5138403.JPG

久留米市民のソウルフードの一つとして挙げられるのが『中央亭』の焼きそばでありまして…
藤井フミヤさんをはじめとして、久留米出身の芸能人が多く通っていたということでも有名なお店でもあるのです



P5138393.JPG
創業は1972年
45年にもわたり愛され続けるお店が提供するのは日田焼きそばと餃子だけ
専門化しているからこそのおいしさなのでありましょう


P5138398.JPG
鉄板で焼かれたお肉の上に茹で上がった麺を拡げるように乗せ…
それに焦げ目が付いたタイミングで大量のもやしを投入 それを一気に混ぜ合わせる技は熟練の証
そこに特製のソースを回しかけ、更に天地返しを数回
そんな鉄板には中央部に凹みがあるのだけど、これは長年使われたことによるものなのか、それともノウハウなのか…


P5138404.JPG
仕上がった焼きそばがコレ
パリパリの麺とシャッキシャキのもやしの食感が特徴的で…
一見濃そうにも見えるソースの色だけど、これが油っこさを感じることがないサッパリとした仕上がりとなっていますので並としては驚くほどのボリュームもペロッといただけてしまいます


P5138400.JPG
餃子も野菜メインのサッパリ系
肉汁溢れる… なんて餃子も悪くありませんが、いくつでも食べられてしまいそうな野菜餃子の方が好きなワタシとしては大満足
パリッと焼かれた食感も良い感じでしたし…



店内に貼られるいくつかの注意書きに対していろんな意見もあるようですが、マナーと言いましょうか、最低限の常識を失ってしまったお客さまが増えてしまったことに残念さを感じます



【焼そば 餃子 中央亭】
福岡県久留米市中央町27-8
0942-34-3170


[PR]
by gurumeblog | 2017-05-13 23:28 | 福岡県