人気ブログランキング |
ブログトップ

年間500店以上を食べ歩く飲食店プロデューサーの食日記

koutagawa.exblog.jp

タグ:定食屋 ( 117 ) タグの人気記事

京浜急行本線汐入駅:『一福』    昭和にタイムスリップしたかのような食堂でいただくオムライス

P4247895.JPG

某社の新入社員研修のひとコマを担当させていただいて5年目
ほぼひと月ほど時間を掛けて行われる研修の〆として毎年この時期にやらせていただいているのでありますが、これほどまでに研修に時間と費用をかけてもらえる新入生って幸せですね



P4247887.JPG
そんな研修の前泊で横須賀へと来ているのですが、何処で夜ごはんをいただこうかと迷うところでありまして…
友人にいくつかのお店を教えていただいたのですが、結局ホテル近くにあったレトロ感満載の定食屋さんへお邪魔することといたします


P4247891.JPG
ドブ板通りにあるこのお店
なんと1947年創業なのだそうで…
厨房を覗き込みますと、そこには煉瓦が積まれた“かまど”があり現役で活躍しているようであります


P4247893.JPG
和食から中華、それに洋食まで揃えられているお店で最初にいただいたのは「肉豆腐」
きめ細やかな絹ごしのツルンとした舌触りがおいしいお豆腐と、甘みを感じることができる牛肉のコラボレーションが楽しくいただけますが、ちょっと醤油辛かったかな


P4247906.JPG
そして「ウインナー野菜炒め」
シンプルな味付けで炒められた玉ねぎやピーマン それに懐かしい魚肉の風味が加わって…
これは好きですねぇ


P4247896.JPG
懐かしさが滲み出るような「オムライス」
最近ではフワフワのトロトロばかりがもてはやされていますが、丁寧に調味されたケチャップライスを薄焼き卵で包んだ昭和スタイルのオムライスは間違い無くおいしいですね


P4247899.JPG
そんなレトロ感を更に期待して「カツカレー」をいただいてみますと…
これが見ごとに“昭和”でありまして、レストランではなく食堂で提供されるカレー粉の風味が効いたものでありまして、ソースをかけていただくと一層おいしくいただけるモノでありますね



夜ごはんとして少し早い時間にお邪魔していたのですが、次々に近隣の会社員らしきお客さまが来店されまして…
その多くはこちらを居酒屋として利用されているようですね



【和洋食・中華 一福】
神奈川県横須賀市本町3-12
046-822-3881


by gurumeblog | 2017-04-24 22:32 | 神奈川県

東京メトロ有楽町線月島駅:『めし屋』    天然の寒ブリを塩焼きでいただく夜ごはん 佃煮最高!

P4027300.JPG

明日の予約をしようと美容院へ行ってみたら、担当の方から「明日来られると思ってましたよ」と声を掛けられて…
今、空いてますから良かったらどうぞと促されるままに、カットをしていただきました



P4027296.JPG
そして、その足で夜ごはん
陽が落ちたせいか肌寒さを感じるので遠出は止めて、近場のお店で済ませようと『めし屋』
ここ数日お肉系のごはんが多かっただけに、干物を使った焼魚定食メニューが豊富なこちらが重宝するのであります


P4027301.JPG
残念ながら“かれい”が品切れでだとのことで、ブリ定食をいただくことといたします
照り焼きか塩焼き いずれかを選ぶことが出来るのですが、そのどちらもがおいしそうで…
焼鳥屋のように塩とタレを1本ずつなんて行かないことが悩ましく、しばらく悩んだのちに塩焼きでお願いいたします
10kg以上の天然ブリだけを使っているとのことで、その脂ののりや寒ブリならではの身の締まりだけでなく、塩がその旨みを引き出してくれるのか、ブリならではおいしさをいただくことが出来ました


P4027306.JPG
そして卓上に置かれた佃煮
これがあったら何杯でもごはんがいけそうで…
居酒屋として利用されるお客さまも多いようではありますが、“めし屋”である以上、ご飯がおいしくいただけるからこその繁盛ですよね



【めし屋 奈良間】
東京都中央区月島1-5-2 キャピタルゲートプレイス ザ・レジデンス1F
03-3534-0486


by gurumeblog | 2017-04-02 22:41 | 東京都

福岡地下鉄空港線赤坂駅:『博多ごまさば屋』    福岡の郷土料理であるごまさばをメインにした超人気店

P3136809.JPG

今日の福岡は朝から小雨が降っていて…
傘を差すほどではないのですが、昨日がとっても暖かだっただけにジャケットだけではちょっと肌寒さを感じますね



P3136801.JPG
さて、午後からのセミナーを前に腹ごしらえをしようと向かったのは『博多ごまさば屋』
郷土料理でありますからそれをいただけるお店はたくさんあるのですが、店名にするほどに特化したお店となれば自ずと期待も高まります
最近でこそ都内でも生さばを提供するお店も増えてきましたが、日本海側で採れた新鮮なさばだけが生でいただくことが出来るモノなのですよね



P3136812.JPG
11:30開店ということなのですが、それも待っていたかのように多くのお客さまが来店されまして…
30人ほどが入れるお店はあっという間に満席になってしまうほどの人気ぶり
もちろん地元の方々が大半でありますが、中にはキャリーバッグを引っ張って来られる観光客らしき方もいらっしゃってますね


P3136803.JPG
お昼は店頭にある券売機で食券を買って入店するというシステムでありまして…
漬物や鯵の南蛮などをフリーでいただくことも出来ましたよ
さて、ワタシがいただいたのは「ごまさばとさばの塩焼き定食」とさば尽しであります
近くにある長浜魚市場で仕入れたものでしょうか?
見るからに新鮮さが伝わるサバの色にテンションが高まって、勢いよくパクっと一口いただいたらワサビの塊まで一緒に…
大変なことになりましたが何とかそれも収まり、その後は落ち着いておいしくいただくことが出来ました



【博多ごまさば屋】
福岡県福岡市中央区舞鶴1-2-11 おがわビル1F
092-406-5848


by gurumeblog | 2017-03-13 23:10 | 福岡県

都営地下鉄大江戸線勝どき駅:「三好弥」    味噌仕立ての牡蠣豆腐で身体を温める夜ごはん

PC235187.JPG

Xmas連休の初日
ちょっと体調を崩したようで、頭はボーっとしているし身体はだるいし…
ってことで日中は何もすることなくベッドで過ごし、外が暗くなってきた頃になってお腹が空いていることを思い出します



PC235178.JPG
それで向かったのは月島と勝どきの間にある『三好弥』
江戸川橋や神保町などに同名のお店があることから暖簾分け店であると思われるのだけど、チェーン店のような金太郎飴スタイルではなく、各店独自の商品を提供しているところが魅力的でありまして…
こちらのお店では30代と思われる店主が元気な声で迎えてくださいます


PC235185.JPG
何か温かいものが食べたいと思っていたワタシの目に飛び込んで来たのは「牡蠣豆腐」
それはみそ仕立てのすき焼きのようでもありまして、柔らかい牛肉と熱々の豆腐に交じって小ぶりな牡蠣が入っていて…
真ん中に鎮座する卵を崩していただきます


PC235184.JPG
そしてここへ来る目的の一つでもある「ロースのしょうが焼き」
グローブカットされたお肉はとっても柔らかく、5mm厚ほどのロースが3枚乗るボリュームあるひと品でありまして…
生姜の香りが効いた逸品なのでありまして、その食欲を誘う香りのおかげもあって、このふた品を見事に完食させていただきました



客数を増やしたければ客単価を上げろ!
というのが、ワタシがクライアントさまに申し上げていることの一つでありまして…
それは、お客さまが外食に期待していることは中食では味わうことが出来ない価値ある商品なのであってどこででもいただけるような安さをウリにした商品ではないということなのであります
こちらのしょうが焼きを定食でいただきますと1500円近いお値段になるのですが、それを払っても価値があると感じられる商品なんですよね



【三好弥】
東京都中央区月島3-28-1
03-3531-1041


by gurumeblog | 2016-12-23 22:40 | 東京都

JR山手線新橋駅:『つばき食堂』     銀座で家庭料理 「大人様ランチ」でお昼ごはん

PC054710.JPG

木曜日のこと
友人がアップしていた画像を見て、どうしてもお邪魔してみたくなったお店であります
金曜日にはちょっと予定が合わず、土日はお休みとのことで、今日という日が来るのを首が長くなるほどに楽しみにいしていたのです



PC054702.JPG
銀座とはいえ、そこからはもう新橋駅が見えるのではと思えるほどのところ
ラーメン店の脇にある間口一軒ほどの暖簾を潜ると現れる急な斜面の階段を上った2階にお店の入り口があるのだけど、その階段はさらに上に続いていて…
3階にもお店があるのでしょうかね?


PC054706.JPG
ガラガラっと引き戸を開けて店内へと入りますと…
9人掛けのカウンターの奥に4名掛のテーブルがひとつ
そのカウンターもワタシのような大きな人間が座ると後ろを通ることも困難になりそうなくらいに小さなお店でありますが、優しさ溢れる笑顔で迎えて下る女性スタッフにホッといたします


PC054711.JPG
サバの味噌煮やサバの塩焼き、ホッケや赤魚の焼き魚のほか、ハンバーグや唐揚げなどと言った商品が並ぶメニューをよそ目にワタシがお願いしたのは…
友人がアップしていたものと同じ「大人様ランチ」であります
目玉焼きが乗せられたハンバーグと海老フライ それにマカロニサラダとタコちゃんウインナーが添えれる大人も喜ぶ「大人様ランチ」なのです
ふっくらとしたハンバーグは肉汁溢れるものでありますし、それを一層引き立ててくれるのが濃厚なデミグラスソース
とろける卵の黄身もアクセントとなってご飯のおかずとして最高のひと品に仕上がっているのです
そして海老フライ
ちょっと揚げ過ぎている感はありましたが、ムチッとした身の食感がおいしいものでありました
何と言っても、この商品の魅力となっているのは昔懐かしいタコちゃんウインナーでありまして…
これが大人心をくすぐるんですよね



壁面にはずらりと並ぶ商品の数々
夜にはそれらをツマミに一杯やることもできるようですし、夜だけに提供される定食もあるようで…
これは独身男性にとってはうれしいお店でありますね



【焼魚と家庭料理 つばき食堂】
東京都中央区銀座8-3-4 MJ銀座八丁目ビル2F
03-6274-6181


by gurumeblog | 2016-12-05 20:16 | 東京都

JR山手線有楽町駅:『東京銀座食堂』     天然本マグロ入荷! との誘い文句に惹かれて…

PA233655.JPG

アジアンなお料理がいただきたいと出掛けたのだけど…
目的としたお店ではビュッフェしか提供していないとのことで断念し、インズ内のレストランを散策することといたします
ちゃんぽんのお店にも惹かれたのですが、ここ最近は麺料理に偏っているってこともあってパス
そしてさらにブラブラとしていますと…



PA233648.JPG
インズ1の地下に面白そうなお店を発見
あまり立ち寄ることが無かったインズも進化しているのだと感心しながら店頭を眺めていますと、天然本マグロ入荷!との看板とともにそのカマが飾られていまして…
マグロ好きなワタシとしてはこのお誘いを断る理由はないでしょうと、今日のランチはこちらに決定であります


PA233653.JPG
店内に入りますと、スタイリッシュかつオシャレな雰囲気ですし、夜にはお酒も楽しむことができるようなのですが…
そこは食堂と名付けられたお店でありますので、手頃なお値段のお料理をいただくことができるようですね


PA233656.JPG
天然本マグロ入荷!
とあったので、特別に今日乳化されたのかと思いきや、メニューには堂々と「天然!本まぐろのお造り定食」と書かれた商品がありまして…
つまりこちらでは常時天然本マグロをいただくことができるってことでありましょうから、先ほどまで抱いていた特別感は無くなってしまいすね
さて、そのマグロ
発色も良くおいしくはいただけるのですが、残念ながら“生”ではないようで、しっとりとしたきめ細やかな繊維が舌に貼りつくような食感はありませんね
まぁ1000円ほどで提供されるお昼の商品としては十分なものなんですけどね

定食に添えられるみそ汁が「秋の3種きのこの味噌汁」か「わかめと豆腐の味噌汁」の何れかを選ぶことができるとのことで…
よろこんで「秋の3種きのこの味噌汁」をいただいたのですが、それに入っていたのはほんの少量のえのきとシメジとエリンギがそれぞれ一片だけ
お鍋の底に沈んだ具材をすくうことなく上澄みだけをすくってしまったのだとは思いますが、これにはガッカリですね



定食屋さんのテッパン商品である「しょうが焼き」や揚げ物の定食もありますし…
銀座で気軽に定食をいただきたくなったらまたお邪魔することでしょう



【東京銀座食堂】
東京都中央区銀座西3-1 銀座インズ1 B1F
03-3535-0709


by gurumeblog | 2016-10-23 17:54 | 東京都

都営地下鉄大江戸線勝どき駅:『三好弥』   お気に入りの定食屋さんでいただくメンチカツ

P1221615.JPG

昨日一昨日とあんなにかつを食べ歩いたのに…
その食べ歩きの最中にメンチカツの話をしたために、ワタシの頭の中にはメンチカツがずっと居座っているのであります
それで、今日のお昼はメンチカツをいただくことにしようと…



P1221610.JPG
しょうが焼きのおいしさにハマってしまい、ちょくちょくとお邪魔させていただいている『三好弥』さん
そう言えば…
ずいぶん前にこちらで「メンチカツ」をいただいたことがあったと思いだし、自宅からテクテクと歩いて向かいます


P1221613.JPG
メンチカツには濃厚なデミソースが掛かってて…
それがしっかりと調味されたメンチに負けないほどの味わいであるだけでなく、サクッと揚げられた衣の歯触りのあとにはジュワっと肉汁が拡がるおいしさ
しょうが焼きほどのボリュームはありませんが、その分お値段もお手頃でありまして…


P1221617.JPG
一緒にいただいたのは野菜炒め
肉入りと卵入りと言うものがありまして、ワタシが選んだのは卵入り
目玉焼きが乗っている姿を勝手に想像していたのですが、提供されたモノは卵とじのような野菜炒めでありまして…
玉子が入ることで味がぼけるのではとの心配をよそにしっかりとした塩味が効いていて、コレはこれでおいしくいただけますね


店主の元気な掛け声と自然な笑顔で接してくれるホールスタッフ
それがなんと心地良いことか…
こんなお店が近くにある幸せを感じます



【三好弥】
東京都中央区月島3-28-1
03-3531-1041


by gurumeblog | 2016-01-22 22:02 | 東京都

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅:『三州屋』   名物「鶏豆腐」と旬の牡蠣フライに大満足

P1051227.JPG

仕事始めの日
オフィスへ出向いて届いた年賀状の確認をいたします
いただいた方に出してないと失礼になりますからね



P1051221.JPG
そしてお昼はこちらでいただきます
銀座並木通りにありながら奥まった場所にあるために目立つことは無く、通りがかりの人がお店に入ることはまずないでしょうね


P1051223.JPG
しかし暖簾を潜ってみますと…
ビックるするほどのお客さまでお店は賑わっていまして、相席ではありましたが待つことなく席をいただくことが出来ました
まだお正月なのでしょうか
お店には日ごろ目にすることが無いお子さま連れのお客さまも多くいらっしゃることにビックリ
やはりネット効果なのでしょうかね


P1051228.JPG
こちらへお邪魔したら必ずいただくのが「鶏豆腐」でありまして…
鰹と昆布の和風出汁で煮込まれた鶏肉がゴロゴロ
その鶏肉が驚くほどにおいしいんですよね 身が締まり過ぎると無くしっかりと出汁の旨みを含んでいて…
これがなかなか真似できないんですよね
もちろんお豆腐も熱々でありますから、冬場には特にそのおいしさを感じます


P1051231.JPG
そして「牡蠣フライ」
特別なパン粉が使われているわけでなくタルタルソースなんてオシャレなものは添えられることも無い、いたってシンプルなものなのですが身が大きい牡蠣がとってもジューシーでありまして…
こちらのこの季節にははずせない商品でありますね
豆腐となめこの味噌汁が添えられていまして、その熱々感もフライのおいしさを引き立ててくれます

卓上の置かれたお醤油を垂らしていただいていますと、同席していた家族連れの奥さまが「醤油で良かったんですか?」と声を掛けてくださり…
きっとテーブルの奥にソースがあったため、ワタシが気を使ったのだと思われたのでしょう
しかしワタシはこのお店に限らず、牡蠣フライはお醤油でいただくのが常なのであります



フライの隣にはフルーツサラダが添えられる昭和レトロを感じながら、仕入にこだわった魚介料理がお手頃価格でいただる『三州屋』
銀座を中心に数店の暖簾分け店がある東京を代表する大衆割烹店ですね



【大衆割烹 三州屋】
東京都中央区銀座2-3-4
03-3564-2758


by gurumeblog | 2016-01-05 20:48 | 東京都

東京メトロ日比谷線八丁堀駅;『小町食堂』   30年ぶりくらいにいただくお雑煮に感動です

P1031184.JPG

正月も3日となれば、お節にも飽きたよね 
なんて言われる方が多いのでしょうが、ワタシはもう30年近くおせちやお雑煮と言うモノを食べたことが無く…
それで今年こそはお雑煮を食べてやろうと思うのですが、なかなかお正月料理を提供してくれるお店って無いんですよね



P1031180.JPG
ひょっとしたらココだったらお雑煮くらいはあるかも…
と向かったのは、いろんなおかずをセルフ方式で提供してくれるリーズナブルな定食屋さんであります
年中無休24時間営業を謳っているトコロでありますから、お正月中くらいそう言ったものがあってもおかしくないなってワケ


P1031182.JPG
いつものようにズラリとおかずが並べられた棚を見てみますと、
なんとそこには予想通りに、紅白なますに伊達巻、昆布巻や黒豆などが少しずつ盛られたおせち料理があるではないですか
まめに働いて喜び多い年になることを願って、それをいただきます


P1031185.JPG
そして念願のお雑煮
昆布と鰹の合わせ出汁には焼かれた角餅と鶏肉いう東京スタイルのモノでありまして、その出汁の優しい味わいや柔らかいお餅に心までもが優しくなるようでありますし、ワタシの大好きな椎茸までもが加えられていまして…
最高のお正月になったような気分であります


最近では家庭でおせちやお雑煮を作らなくなっているとの話も聞きますので、こちらのように簡単なものでも提供することが出来れば売れそうな気がするんですけどね



【小町食堂】
東京都中央区新川2-17-14
03-3537-7227


by gurumeblog | 2016-01-03 22:25 | 東京都

東京メトロ銀座線三越前駅:『SABAR』    脂質25%以上だというトロサバをいただきます

PC261052.JPG

市場が飽和すると細分化する
飲食業界も同様に専門店の時代が来ているのでありまして、ハンバーグの専門店やスパゲッティの専門店などをはじめとして様々な専門店が話題になっているのでありますが…
そんな中でもユニークなお店は、鯖の専門店やのど黒の専門店でありまして、これまでの海鮮料理の専門店をさらに細分化したコンセプトになっていますね



PC261058.JPG
それで今日は12月にコレド室町内に開店したばかりの『SABAR』へとお邪魔してみることにいたします
大衆魚の代表格のように思われていた鯖は逆に言えば多くの人が好む魚ということでありますから、これをウリにすると繁盛することは間違いないと言うマーケティングであるようですね
それは当たりに当たって、昨年年1月に大阪・福島にオープン後、大阪市内3店舗、京都市内2店、東京都内3店舗と拡大を続けているのであります


PC261046.JPG
それぞれのお店ごとにコンセプトが異なるようで…
本当は恵比寿のお店へとお邪魔したかったのですが、そこは日祝日が定休と言うことでこちらへ
ココ日本橋のお店は定食を中心とした商品構成でありまして、ちょっと物足りない感じもしますが、先ずはそのトロサバのおいしさだけでも確かめてみることに…
デリを主軸に壁面に向かって食事が出来るイートインスペースが用意されていまして、意外にも女性のお客さまが多いようですね


PC261053.JPG
「さば重」なる変わり種商品が名物料理だということなのですが、それがなかなかの人気商品であるようで…
残念ながら今日は売り切れだと言うので「塩焼き定食」
一夜干しされたであろうサバは店頭に置かれた炭火の焼台でカリッと焼き上げられていて、皮目はカリッと、そして身はふっくらとジューシー
半身ではありますが、脂がたっぷりとのった青森県産のサバを使っていながらも、これだけ大きなさばに小鉢までもが付いて1000円とはリーズナブルですね

他所でリーズナブルな塩焼きを食べるとその脂の臭みがいつまでも残ってしまうことがあるのですが、こちらで提供されるモノには全く臭みが無くて…
しっかりと素材にこだわっている証拠ですね


PC261056.JPG
そして青森繋がりで…
添えられるのは「せんべい汁」
人生初でありましたが、コレなかなかイケますね
煎餅のほんのりとした塩味が良い感じですし、出汁が効いた澄ましが胃にも優しい感じです


トロサバのおいしさがわかったところで、近いうちに恵比寿のお店を訪ねていろんな鯖料理をいただいてみたくなりました



【とろ鯖料理専門店 SABAR】
東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2 B1F
03-3527-9538


by gurumeblog | 2015-12-26 22:30 | 東京都